chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • じんりきのげんかいへ

    大阪の堺市にあるシマノ自転車博物館にサイクリングで訪れた際、印象的だったのが「人力の限界への挑戦」と題されたヒューマン。パワード・ビーグルという名称の自転車。1980年に人力で走る乗り物では世界で最も早い時速91.19kmを樹立した乗り物。流線型の美しいデザインでした。スピードを求めていくと、やっぱり必然で新幹線や飛行機のようになっていくものなんだなぁと感じました。

  • じてんしゃ

    大阪の大和川沿いをサイクリングしながら、堺市にあるシマノ自転車博物館に訪れました。随分昔に堺市でサイクリングした時は、自転車博物館サイクルセンターだったのですが、引越しをして、シマノ自転車博物館としてリニューアルしたみたいです。展示物は、ほぼそのままの印象ですが、建物、館内の空間、演出など以前よりも素敵になっていました。自転車の歴史をゆっくり堪能できました。

  • いちご

    奈良の明日香村サイクリングでの最終目的地のいちご狩りのハウスです。夜がメインのイベントだったので、夕暮れの時間帯は、人が少なくてのんびりいちご狩りを楽しめました。人間の目は大したもので、見慣れてくると、甘いいちごを見分けられるようになるもんなんですね。色を見ているのか気を見ているのか何か知らないセンサーが働きます。

  • みじかなこふん

    奈良の明日香村でのサイクリングコースには、いくつも史跡や古墳が点在しています。生活の身近に、こういった遠い昔の時間に遡れるスポットがあるっていいなぁと思いました。撮影したのは、とおりすがりにみかけた古墳らしきもの。多分、古墳ではないのですが、周りの風景をみていると、あれもこれも古墳にみえてきます。

  • いしぶたい

    奈良の明日香村でのサイクリングで立ち寄った国営飛鳥歴史公園内の石舞台地区にある石舞台古墳です。小学校の遠足で訪れてからの何度目かの見学になります。幼稚園の時は、でっかい石があるな。くらいでしたが、歴史を知るようになると見え方が違ってきます。桜の季節に訪れたのは初めてだったので、こんなに桜が咲いてたんだと驚きました。

  • ほそいみち

    奈良の明日香村でのサイクリングで細い道が入り組んだ地域に出くわしました。迷路のような細い道は大好物です。時間予約がある予定地に向かう途中だったので、寄り道ができませんでしたが、たっぷり時間があるなら、ぐるぐるまわってみたい道でした。

  • ことだま

    奈良の明日香村でのサイクリングで「ことだま」というカフェで昼食をいただきました。瓦屋根の建物は落ち着きます。暖簾や、格子、駒寄せなどもいい雰囲気です。勘違いかもしれませんが昔に来たときは、こんな場所じゃなかったような気がしました。でも、その当時も、小さいながらも日本家屋のいい雰囲気の空間だったことは覚えています。昔ながらの木造住居は維持が大変だと思うのですが、こんな感じで気軽に食事を楽しめたり、お茶を楽しんだりすることが、

  • さくら

    奈良の明日香村でサイクリングとイチゴ狩りを楽しんできました。帰り道に小川のそばに咲いていた桜が印象的で撮影しました。たくさん桜が咲いている場所もいいけれど、こういう景色のほうが好みです。桜のスポットに行かなくても電車の窓の景色からも自転車でたまたま走っていた通りでも日本ではいろんな地域でどこでも、この季節に観れるってすごいことだなぁと思います。

  • Nächste

    世界の「次へ」の言葉をテーマに、ドイツ語の次へ「 Nächste (ネヒステ)」をモチーフにして、ロゴタイプをつくってみました。

  • Suivant

    世界の「次へ」の言葉をテーマに、フランス語の次へ「 Suivant (シュイヴァン)」をモチーフにして、ロゴタイプをつくってみました。

  • NEXT

    世界の「次へ」の言葉をテーマに、英語の次へ「 NEXT (ネクスト)」をモチーフにして、ロゴタイプをつくってみました。

  • Alivio

    世界の「安堵」の言葉をテーマに、スペイン語の安堵「 Alivio (アリビオ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Lättnad

    世界の「安堵」の言葉をテーマに、スウェーデン語の安堵「 Lättnad (レットナッド)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Helpotus

    世界の「安堵」の言葉をテーマに、フィンランド語の安堵「 Helpotus (ヘルポトゥス)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • ふじのひので

    リアルタイムの初日の出ではないですが、昨年の旅行で撮影した富士山越しの日の出です。早朝の森から聞こえる鳥たちの鳴き声が印象的で、非日常的な時間を味わいました。今年は緑がある場所にたくさん訪れたいなぁと思います。

  • HAPPY NEW YEAR 2024

    あけましておめでとうございます。健康と幸せと成功がいつもみなさまのそばにありますように。今年も宜しくお願いいたします。

  • Erde

    世界の「地球」の言葉をテーマに、ドイツ語の地球「 Erde (エルデ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Tierra

    世界の「地球」の言葉をテーマに、スペイン語の地球「 Tierra (ティエラ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • EARTH

    世界の「地球」の言葉をテーマに、英語の地球「 EARTH (アース)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Rymden

    世界の「宇宙」の言葉をテーマに、スウェーデン語の宇宙「 Rymden (ウムメン)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Avaruus

    世界の「宇宙」の言葉をテーマに、フィンラン語の宇宙「 Avaruus (アヴァルース)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • universe

    世界の「宇宙」の言葉をテーマに、英語の宇宙「 universe (ユニバース)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • みのおのたき

    滝の音と水を感じられる場所へ久しぶりに訪れました。紅葉にはなっていませんが、心地よい空気と秋空でとても気持ち良い時間になりました。観光スポットで人の往来が多く、道が整備されているので、山の中を歩いているというより公園を歩いている感じなので物足りない感じはありますが、森林に囲まれた環境は気持ちが休まります。

  • そふとくりーむ

    じっとりした空気からすっかり涼しくなって心地よい天候になってきてくれたのですが、日中まだ暑さが少し残っているせいか、冷たいものが食べたくなります。そんな時に見えるソフトクリームのサインは絶大です。誰が最初に作ったのか調べてみたいですが、ほんとに美味しそうに、魅力的に作っているなぁとつくづく思います。

  • compassion

    世界の「思いやり」の言葉をテーマに、英語の思いやり「 compassion (コンパッション)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Myötätunto

    世界の「思いやり」の言葉をテーマに、フィンランド語の思いやり「 Myötätunto (ミュータトゥント)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Medfølelse

    世界の「思いやり」の言葉をテーマに、ノルウェー語の思いやり「 Medfølelse (メドフェルセレ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • すぽーつ

    スポーツの中で最も関心がないのが野球とサッカーなのですが、人が入っていない球場やスタジアムを眺めているのは、開放感があってとても好きです。ぼーっとしていられます。日差しはまだ暑いですが日影や風が涼しくなってきたのでスポーツをしないのにスポーツの秋だなぁと感じています。

  • partner

    世界の「相棒」の言葉をテーマに、イタリア語の相棒「partner(パルトネル)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Kumpel

    世界の「相棒」の言葉をテーマに、ドイツ語の相棒「kumpel(クンペル)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • buddy

    世界の「相棒」の言葉をテーマに、英語の相棒「buddy(バディ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • おおさかじょう

    大阪城にサイクリングした際の写真です。大阪城はこの地点とあともうひとつの地点から見える風景が好きです。堀と緑とお城の三点セットで眺めることができ、タイミングが合うと内濠を遊覧する御座船も一緒に見ることができます。記念撮影の人混みがない場所なので落ち着いて眺めていられます。

  • あるドワーフの見聞録 ー 窓辺から ー

    ドワーフハムスターが人間の世界を観察する「あるドワーフの見聞録」をテーマに、タイトルロゴとハムスターのイラストを描いてみました。Photo by Diversity Photos on Unsplash

  • あるドワーフの見聞録 ー 虫眼鏡 ー

    ドワーフハムスターが人間の世界を観察する「あるドワーフの見聞録」をテーマに、タイトルロゴとハムスターのイラストを描いてみました。Photo by Colin Maynard on Unsplash

  • あるドワーフの見聞録 ー 旅の始まり ー

    ドワーフハムスターが人間の世界を観察する「あるドワーフの見聞録」をテーマに、タイトルロゴとハムスターのイラストを描いてみました。Photo by pixabay

  • しょうとくたいし

    随分前の今頃、大阪を南下するために、サイクリングのゴール地点にした叡福寺内の聖徳太子御廟所の写真です。聖徳太子が眠っていると言われる御廟は、境内の奥にあり、堺市にある古墳のように、静寂で、別の世界に繋がっているような風景が印象的でした。平日だったので、ほとんど人もいなくてお寺の中をゆっくり、ぶらぶらとさせてもらいました。

  • ちゅういのさいん

    大きな河川だし、川沿いを走っていることもわかっているので、注意しないといけないと思うのだけれど、もはや、この先に川があると思えないくらいに緑が繁々しています。川の流れる音は気持ちがいいし、大きな川はゆっくり流れているから気持ちも穏やかになります。でも人間のコントロールが効かない自然なので少しの緊張感と距離感を持たないといけないんだなとサインを見て思いました。

  • くーる おふ

    暑い日が続いています。身体も心も体調管理が必要だなとしばらくゆっくり過ごしています。夏のお疲れが出るころですので、皆様もどうぞお身体にはお気をつけて健やかにお過ごしください。

  • むこうぎし

    気がつくと、向こう岸に随分とサイクリングへ出かけていないことに気がつきました。でも、朝でも夕方でも、この暑さで走るのがは怖いので涼しくなってからかなと。それまでに足腰を鍛えておこうと思いました。頭のリフレッシュにはサイクリングが最適です。向こう岸に行ったらどこへ行こうか考え中す。

  • list-style-position プロパティ

    リストのマーカーとリストの本文の相対位置を指定。・主なスタイル値outside:マーカーをリスト内容の外側表示inside:マーカーがをリスト内容の内側表示(例)■html<ul class="outside "><li>list001</li><li>list002</li><li>list003</li></ul>■css.outside { list-style-positio

  • こまいぬ

    たまたま訪れた神社の狛犬が立派だったので撮影しました。狛犬や鬼瓦の表情を見るのも好きで気になっているのですが、ハマるとキリがなさそうで、あえてたまに見るにとどめています。石や樹や土を使って目に見えない姿をカタチ作る行為がすごく神聖で神秘的に感じられてただただ凄いなと思ってしまいます。

  • 古樹生華

    「熟語」をテーマに、四字熟語の「古樹生華(こじゅせいか)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • 重見天日

    「熟語」をテーマに、四字熟語の「重見天日(ちょうけんてんじつ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • 万里一空

    「熟語」をテーマに、四字熟語の「万里一空(ばんりいっくう)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • list-style-type プロパティ

    リストのマーカーを指定・主なスタイル値disc:黒丸のマーカーcircle:白丸のマーカーsquare:黒四角のマーカーlower-roman:小文字ローマ数字のマーカーupper-roman:大文字ローマ数字のマーカーdecimal:算用数字のマーカーdecimal-leading-zero:0の算用数字のマーカーlower-latin:小文字アルファベットのマーカー

  • みどりみどり

    強烈に強い日差しでとても暑い日が続いていますが、植物が緑みどりしているのを見ると、気持ちが良くなります。ベランダで日光浴をする植物も天井に向かってピンと葉を伸ばしていて太陽のエネルギーを感じています。嗚呼、育っているなと水をあげつつ、地球にとって太陽の光と水は生命の源だなとつくづく思いました。

  • Bézier Curve

    「ベジェ曲線」をテーマに、「Bézier Curve」をモチーフにしたタイポグラフィをつくってみました。

  • 3次ベジェ曲線

    「ベジェ曲線」をテーマに、「3次ベジェ曲線」をモチーフにしたグラフィックをつくってみました。

  • 2次ベジェ曲線

    「曲線」をテーマに、「2次ベジェ曲線」をモチーフにしたグラフィックをつくってみました。

  • list-style プロパティ

    リストの先頭に表示するマーカー全般を指定・主なスタイル値square:四角のマーカーcircle:円形のマーカーinside:本文より内側に配置url:画像のマーカー指定(例)■html<ul class="ci"><li>list001</li><li>list002</li><li>list003</li></ul>■css.ci { list-style

  • でんわぼっくす

    広島の尾道に旅行に行った時に映画に出てきそうな雰囲気の風情ある電話ボックスを見つけて撮影しました。今では全く利用しなくなったので、電話ボックスを見るとドラえもんの道具の一つ「もしもボックス」のような感じで、異次元に繋がる入り口のような存在に見えてきます。亡くなった人と会話はできないけれど、声が聞けるとか、もしもこんな世界になったらと願った景色が電話ボックスの窓ごしにだけ見えるとか今ある最新の技術でならほんの少しだ

  • いぶきやま

    随分前に滋賀県の伊吹山に訪れた際の山頂からの写真です。7月の高山の花がたくさん咲いていてとても素敵な場所でした。そして、遮るものがなく奥へ奥へと重なっていく山の稜線がとても美しくかったです。手前の山の緑が奥へ行くほど空気のカーテンが重なっていく様で、青緑になって、やがて空の色に馴染んで空色になっていく。とても大きな空間にいるんだなと感じられて気持ちが晴々します。また訪れたい場所です。

  • empty-cells プロパティ

    テーブルの空のセルの境界線を非常させるか非表示にさせるか指定・主なスタイル値show:空白セルにボーダー表示hide:空白セルにボーダー非表示(例)■html<table><caption>CAPTION TITLE</caption><tr><td class="empty1">001</td><td class="empty2">Layout Rule1</td></tr><tr><td class="emp

  • やまとがわ

    日差しが暑くなってきたので、散歩するにしてもサイクリングするにしても早朝か夕方が最適な時期になってきました。写真は、大阪から奈良へ向かって大和川沿いをサイクリングしている最中のものです。奈良にある美味しいお菓子を求めて走っていました。とても美味しいお菓子でした。また食べたい。

  • 日進月歩

    「熟語」をテーマに、四字熟語の「日進月歩(にっしんげっぽ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • 七転八起

    「熟語」をテーマに、四字熟語の「七転八起(しちてんはっき)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • 一期一会

    「熟語」をテーマに、四字熟語の「一期一会(いちごいちえ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • せきしつ

    奈良の飛鳥にある石舞台古墳の石室の中からの写真です。小学生の頃に一度、大人になってから何度か訪れたことがある場所で、サイクリングも楽しめます。写真ではわかりずらいですが天井の高さは4〜5mほどで、総重量約2300トンある巨大な岩で作られた横穴式石室です。大昔からの建物やこういった古墳を見るとその時代の空気に触れるようでとても不思議な感じがします。サイクリングで周りきれていないのでまた走りに行きたい場所です。

  • ほそいつうろ

    大阪のあべのハルカス展望台での写真です。高い吹き抜けのフロア内に大きな2つの直方体が立っています。その柱のような直方体の間に子どもが走ってすり抜けれる程度の細い隙間があります。どういう目的で作られたのかわかりませんが、子どもってこういう細い通路が好きだなぁと。きっとこういうふうに子どもが走り抜けるじゃないかと意図して作っているように思えて、遊び心があって感動しました。そして子どもの頃も思い出しました。近所の家

  • STUDEREN

    「世界の、学ぶの言葉」をテーマに、オランダ語の学ぶ「STUDEREN(ステゥデールン)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • imparare

    「世界の、学ぶの言葉」をテーマに、イタリア語の学ぶ「imparare(インパラーレ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Learn

    「世界の、学ぶの言葉」をテーマに、英語の学ぶ「Learn(ラーン)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • あじさい

    散歩をしていると紫陽花がちらほら目につく季節になりました。単体で見ても魅力的なのですが、紫陽花の丸みがいくつも見える風景も魅力的です。陽の光に当たるところと影に隠れているところで、小さな奥行きのある世界が出来上がっていて、こちらに迫ってきそうな感じもするし、ふわふわ宙に浮いているようにも見えて不思議な感じがします。

  • 本来無一物

    「熟語」をテーマに、五字熟語の「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • 善因善果

    「熟語」をテーマに、四字熟語の「善因善果(ぜんいんぜんか)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • 千客万来

    「熟語」をテーマに、四字熟語の「千客万来(せんきゃくばんらい)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • ふうしゅう

    奈良の街をサイクリングしたり、散歩したりすると軒下にたまに見かけるお守りの写真です。最初はなんだこれはと思い調べてみると「庚申(こうしん)さん」の使いのサルをかたどった災厄を代わりに引き受けてくれる「身代り申」というものでした。奈良のお守りは目立っているからすぐに気になりましたが、普段の景色の中にもよくよくみると、その土地の風土・風習・文化が見えてくるものってたくさんあるんだろうなぁと思いました。小さいことでも

  • border-spacing プロパティ

    テーブルのセルの境界線の空きを指定・主なスタイル値数値で指定:pxやemやexなどの単位をつけて指定(例)■html<table><caption>CAPTION TITLE</caption><tr><td>001</td><td>Layout Rule1</td></tr><tr><td>002</td><td>Layout Rule2</td></tr></table>■csstable {

  • けいこく

    随分前の5月にサイクリングで訪れた大阪摂津峡の写真です。日差しはそんなに強くない時期だったので気持ちよく走って、ゴール地点の渓谷で疲れた足を冷やしていたのを思い出しました。体力がなくなってきたので、体力作りをしてまた、この場所までサイクリングに行きたいです

  • Vittoria

    「世界の勝利の言葉」をテーマに、イタリア語の勝利「vittoria(ヴィットーリア)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • Sieg

    「世界の勝利の言葉」をテーマに、ドイツ語の勝利「Sieg(ズィーク)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • victory

    「世界の勝利の言葉」をテーマに、英語の勝利「victory(ヴィクトリー)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • ぶつぞう

    随分前に奈良東大寺で撮影した大仏殿内の多聞天立像です。広目天立像と対になっていて、盧舎那仏の左右後方に立っています。何度訪れても迫力がり見惚れてしまいます。横から差し込む自然光でより立体的に見えるし、光と影のつき方で表情が強調されていたり、それぞれのパーツがより強く見えるようにデフォルメされていたり、人が見上げることも視覚的に計算されていると思うと、一つ一つの工程を見てみたい欲求が出てきます。

  • tranquille

    「世界の余白・ゆとりの言葉」をテーマに、フランス語の余白・ゆとり 「tranquille(トランキル)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • leeway

    「世界の余白・ゆとりの言葉」をテーマに、デンマーク語の眠り「leeway(リーウェイ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • hygee

    「世界の余白・ゆとりの言葉」をテーマに、デンマーク語の余白・ゆとり 「hygee(ヒュッゲ)」 をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • そうしょく

    静岡旅行で立ち寄った久能山東照宮での写真です。東照宮は彫刻や模様、組物等に桃山時代の技法を取り入れられた江戸初期の建造物として国宝に指定されています。写真で見るよりも実際に見てみると、その鮮やかさや美しさは感動ものでした。彫刻や模様など様々な箇所に装飾されています。それぞれ描かれている動植物や情景などどのような意味を込めて配されているのか、事前に勉強してから見ればよかったと悔やまれるくらい

  • border-collapse プロパティ

    テーブルのセルの境界線の表示を指定・主なスタイル値collapse:セルの境界線を重ねて表示separate:セルの境界線を間隔をあけて表示(例)■html<table class="separate"><caption>CAPTION TITLE</caption><tr><td class="sb">001</td><td class="sb">Layout Rule1</td></tr><tr><td

  • ふじさん

    静岡旅行に行って参りました。森と湖を眺めながらの富士山を見ることができてとても気持ちが晴れました。富士山を実際に見るのは、数十年ぶりでした。その時は、日本で2番目に高い北岳の登頂から見る富士山でした。北岳から見る富士山は眼下に雲、その雲を突き抜けて富士山の頭頂部だけが遠くに見えるそんな景色でした。その時はその時で随分感動しましたが、今回は、間近に見る富士山の迫力にあらためて感動しました。本当に美しいカ

  • 大寒

    「二十四節気の暦 大寒」をテーマに、節気の草花や生きものをモチーフにした幾何学的な紋様をつくってみました。

  • 小寒

    「二十四節気の暦 小寒」をテーマに、節気の草花や生きものをモチーフにした幾何学的な紋様をつくってみました。

  • 冬至

    「二十四節気の暦 冬至」をテーマに、節気の草花や生きものをモチーフにした幾何学的な紋様をつくってみました。

  • にほんかおく

    随分前に岡山の小旅行で、文化財の家屋に見学した際の写真です。いつ見ても好きな空間です。部屋の影と光がとても心地よく縁側の先に見える小さな風景も落ち着きます。室内の静けさや畳や木の香りが脳内に蘇ってきます。小さな庭、縁側、畳のある部屋など、同じ要素があっても実家ではこうはならない。文化財だからこその空間だなぁと思いました。でも、実家であっても古い木造建築ならではの光と影の空間はどことなく感じるの

  • table layout プロパティ

    テーブルのレイアウト方法を指定・主なスタイル値auto:列幅を自動レイアウトfixed:列幅を固定レイアウト(例)■html<table border="1"><caption>CAPTION TITLE</caption><tr><td>001</td><td>Layout Rule1</td></tr><tr><td>002</td><td>Layout Rule2</td></tr></table>

  • さくらのみち

    いつもの散歩道も桜で満開です。いつもの道にいつもの時期に気持ちよく必ず見ることができる桜は本当にありがたいです。そのうち、緑の葉に変わって、紅葉になって、枝だけになって、蕾がなって、また花を見ることができるわけですが、この道の桜は、誰かが、伸びてきた枝を剪定して通り道の邪魔にならないようにしてくれてます。誰かが落ち葉を掃除して濡れた落ち葉で、滑って転ばないようにしてくれています。い

  • 無心得良悟

    「熟語」をテーマに、五字熟語の「無心得良悟(むしんりょうごをう)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • 笑門来福

    「熟語」をテーマに、四字熟語の「笑門来福(しょうもんらいふく)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • 日日是好日

    「熟語」をテーマに、五字熟語の「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • はるうらら

    寒暖の差が激しいですが、春うららを感じる時期になりました。外の空気をおもいっきり吸ってぽかぽかした日差しの中を桜をみながらゆっくり散歩したいのですが、花粉が気になってマスクを外せません。それでもぽかぽか日和はアレルギーをほんの少し忘れるくらい春うららな気分にさせてくれます。

  • caption-side プロパティ

    テーブルタイトルの表示位置を指定・主なスタイル値top:表の上に表示bottom:表の下に表示(例)■html<table border="1"><caption>CAPTION TITLE</caption><tr><td>001</td><td>Layout Rule1</td></tr><tr><td>002</td><td>Layout Rule2</td></tr></table>■

  • しか

    ストレスが溜まっていたのか鎖を噛んでいるまだ冬毛の鹿。数年前の今頃、桜が少しずつ咲きはじめた奈良公園で撮影した写真です。しばらく動物を近くで見ていないので、奈良の鹿を見に行きたいと思いました。鹿の鳴き声は、独特です。見た目から、ヤギのように口を動かしながら「めぇ〜」と声を出すかと思いきや、声というより、鳥が鳴くような、独特な音を出します。何種類かあるので、何を伝えたくて鳴いているのか今度行く時

  • とうだい

    随分前に南海電車で小旅行した際の灯台からの写真です。日が沈みかけている海の景色がともて綺麗でした。最近、近くの景色しか見ていないので、そろそろ遠くが見渡せる場所に行きたいなぁと写真を見ながら思いました。話はかわりますが、灯台に登ると見渡しがいいので絶対遠くの景色を見たくなります。あらためて、「灯台下暗し」のことわざってなるほどなぁと思ってしまいました。言葉と想像力をフルに活かした昔の人が考えた「諺(こ

  • sommeil

    「世界の眠りの言葉」をテーマに、フランス語の眠り「sommeil(ソメイユ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました

  • Schlaf

    「世界の眠りの言葉」をテーマに、ドイツ語の平眠り「Schlaf(シュラーフ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • hiamoe

    「世界の眠りの言葉」をテーマに、ハワイ語の眠り「hiamoe(ヒアモエ)」をモチーフにして、タイポグラフィをつくってみました。

  • border-bottom-right-radius プロパティ

    要素の下部左右側の境界を角丸に指定・主なスタイル値長さ:楕円半径の長さを指定パーセンテージ:楕円半径のパーセンテージを指定(例)■html<div class="bb-right-r">Layout Rule</div>■cssdiv.bb-right-r {border:solid 10px silver;Border-bottom-right-radius: 30px;}

  • きのみ

    散歩道に、毎年、木の実をたくさん実らせている大きな樹があります。小鳥がその実を啄むので、沢山の木の実が落ちています。この樹木や、ご近所の庭にも樹木があるおかげで、毎朝、窓を開けると小鳥の鳴き声が沢山聞こえます。住宅が密集している町なのに、森林浴の環境音を鳴らしているのかな?と耳を疑ってしまうほど何種かの小鳥の声が聞こえてくるほどです。今までもそうだったのに、心に余裕ができ始めるとそういったことに気づくことがで

  • かいろう

    随分前に小旅行で、訪れた高野山のお寺の回廊の写真です。見返すだけで、その時の凜とした空気感や建物の香りが蘇ってきます。宮大工さんの仕事って本当に凄いなとあらためて思います。この回廊の景色だけでも技術的なことを知らない素人でも一つ一つの造りの質の良さを感じてしまいますし、その場の空気感まで記憶に残っていて、いい仕事をするってこういうことなんだろうなぁと考えてしまいます。知識や説明がなくても質が良いと感じてもらえる

  • 137.51°

    「フィボナッチ数」をテーマに、「葉序の黄金角 137.51°」をモチーフにしたタイポグラフィをつくってみました。

  • 1:1.618

    「フィボナッチ数」をテーマに、「黄金比 1:1.618」をモチーフにしたタイポグラフィをつくってみました。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、TENさんをフォローしませんか?

ハンドル名
TENさん
ブログタイトル
10 OUT OF TEN - BLOG -
フォロー
10 OUT OF TEN - BLOG -

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用