searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

かんていさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

試験は根性じゃなくテクニックです。 深みにはまらずサクッと受かりましょう。

ブログタイトル
不動産鑑定士になろう!
ブログURL
https://kanteisite.com
ブログ紹介文
不動産鑑定士試験のためのサイトです。
更新頻度(1年)

27回 / 15日(平均12.6回/週)

ブログ村参加:2020/07/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かんていさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かんていさんさん
ブログタイトル
不動産鑑定士になろう!
更新頻度
27回 / 15日(平均12.6回/週)
読者になる
不動産鑑定士になろう!

かんていさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 不動産の価格に関する諸原則(9):予測の原則

    不動産の価格に関する諸原則のうち、変動の原則について解説しています。

  • 不動産の価格に関する諸原則(7):収益分配の原則

    不動産の価格に関する諸原則のうち、収益分配の原則について解説しています。

  • 不動産の価格に関する諸原則(8):寄与の原則

    不動産の価格に関する諸原則のうち、寄与の原則について解説しています。

  • 不動産の価格に関する諸原則(6):収益逓増及び逓減の原則

    不動産の価格に関する諸原則のうち、収益逓増及び逓減の原則について分かりやすく解説します。

  • 短答問題:不動産の価格に関する諸原則

    不動産の価格に関する諸原則に関する短答問題を集めてみました。

  • 不動産の価格に関する諸原則(5):均衡の原則と適合の原則

    均衡の原則と適合の原則<不動産鑑定評価基準>Ⅴ 均衡の原則不動産の収益性又は快適性が最高度に発揮されるためには、その構成要素の組合せが均衡を得ていることが必要である。したがって、不動産の最有効使用を判定するためには、この均衡を得

  • 不動産の価格に関する諸原則(1):需要と供給の原則

    需要と供給の原則<不動産鑑定評価基準>Ⅰ 需要と供給の原則一般に財の価格は、その財の需要と供給との相互関係によって定まるとともに、その価格は、また、その財の需要と供給とに影響を及ぼす。不動産の価格もまたその需要と供給との相互関係

  • 不動産の価格に関する諸原則(4):最有効使用の原則

    最有効使用の原則<不動産鑑定評価基準>Ⅳ 最有効使用の原則不動産の価格は、その不動産の効用が最高度に発揮される可能性に最も富む使用(以下「最有効使用」という。)を前提として把握される価格を標準として形成される。この場合の最有効使

  • 不動産の価格に関する諸原則(3):代替の原則

    代替の原則<不動産鑑定評価基準>Ⅲ 代替の原則代替性を有する二以上の財が存在する場合には、これらの財の価格は、相互に影響を及ぼして定まる。不動産の価格も代替可能な他の不動産又は財の価格と相互に関連して形成される。先生カレーに牛肉

  • 不動産の価格に関する諸原則(2):変動の原則

    変動の原則Ⅱ 変動の原則一般に財の価格は、その価格を形成する要因の変化に伴って変動する。不動産の価格も多数の価格形成要因の相互因果関係の組合せの流れである変動の過程において形成されるものである。したがって、不動産の鑑定評価に当たっては、価格

  • 原価法(1)

    原価法を分かりやすく解説しています。第1回目は再調達原価について。

  • 建付地(2)

    事前学習建付地と更地の関係先生要説P321では、以下のように述べられています。<要説P321>一般に、建付地の価格は、建物が敷地の更地としての最有効使用に適応し、敷地が更地としての最有効使用の状態で利用されている場合には、更地の

  • 建付地(3)

    事前学習建付地の鑑定評価建付地の鑑定評価<不動産鑑定評価基準各論1章>建付地の鑑定評価額は、更地の価格をもとに当該建付地の更地としての最有効使用との格差、更地化の難易の程度等敷地と建物等との関連性を考慮して求めた価格を標準とし、

  • 配分法

    演習問題で必須の知識である配分法について、分かりやすく解説しています。

  • 建付地(1)

    宅地の類型のうち、建付地について2回に分けて学習します。本講義は「建付地の定義」及び要件について、解説していきます。

  • 建付地(1)

    事前学習 ‎建付地の定義<不動産鑑定評価基準総論5章>建付地とは、建物等の用に供されている敷地で建物等及びその敷地が同一の所有者に属している宅地をいう。先生建付地の定義はキチンと基準に記載されています。生徒①建物...

  • 総論5鑑定評価の基本的事項

    鑑定評価の基本的事項をとても簡単な言葉で解説しています。

  • 総論2-2不動産の類型(2)

    不動産の類型先生前回は宅地の類型について学習しましたね。生徒今回は建物及びその敷地の類型ですね!先生今回もかみ砕きつつ、一緒に学習していきましょう。自用の建物及びその敷地...

  • 総論2-2不動産の類型(1)

    不動産の類型先生今日は、不動産の類型について、学習します。生徒基準の文言が分かりにくいです。先生では、ひとつひとつ翻訳していきます。<不動産鑑定評価基準>不動産の類型と...

  • 総論2-2不動産の類型(1)

    不動産の類型先生今日は、不動産の類型について、学習します。生徒基準の文言が分かりにくいです。先生では、ひとつひとつ翻訳していきます。<不動産鑑定評価基準>不動産の類型と...

  • 需要と供給(1)

    ミクロ経済学の基本となる需要と供給。今回は需要、需要量、限界効用、需要曲線、消費者余剰について学習します。

  • 行政法規の勉強方法

    行政法規は試験範囲がとても広いです。試験対策としての勉強方法を紹介しています。

  • 開発法の基礎(3)~問題演習編②~

    一体利用(マンション開発)を想定した開発法の問題を用意しました。論文式問題レベルの開発法の演習問題を解いて、開発法の理解を深めましょう。

  • 開発法の基礎(2)~問題演習編①~

    問題演習編です。平成27年度短答式本試験の問題を一緒に解いてみましょう。

  • 開発法の基礎(1)~開発法の概要編~

    開発法の概要について、不動産鑑定評価基準及び不動産鑑定評価基準運用上の留意点に沿って、やさしく解説しています。 開発法に触れたことのない人向けの講義になります。

  • 2018年度短答本試験

    2018年度短答本試験の肢別正誤

  • 2019年度短答本試験

    2019年度短答本試験の肢別正誤問題です。

カテゴリー一覧
商用