searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

万年平人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
将棋観戦日記あれこれ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/noboru262001
ブログ紹介文
人気者の藤井7段は多くの方が応援してるので、あえて対局相手の棋士を応援したいと思います。
更新頻度(1年)

92回 / 355日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/06/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、万年平人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
万年平人さん
ブログタイトル
将棋観戦日記あれこれ
更新頻度
92回 / 355日(平均1.8回/週)
フォロー
将棋観戦日記あれこれ

万年平人さんの新着記事

1件〜30件

  • 予定(?)の1勝だが

    順位戦B1級、藤井2冠VS屋敷9段は予定通り藤井2冠の勝利で終わりました。解説陣は盛んに藤井2冠を誉めまくっていましたが、決して会心の勝利ではないでしょう。そもそも(屋敷9段には悪いが)勝が保証されているような相手に終局が翌日までかかることがおかしい。また自玉も詰めろがかかっていたわけだから危なげのない勝ともいえない。これも前最年少タイトル獲得者の意地でしょうかね(^^)/でもこんなことでは残りの対局も全勝は望めない気がする。少なくとも1.2回は負けそうな予感がするのは私だけか。予定(?)の1勝だが

  • A級同士で12連敗とは

    対局前は、豊島ファンの私としても、いくら11連勝中で相性の良い対佐藤天彦元名人とはいえ、逆にそろそろ豊島竜王が負けるころと思っていた。しかし今回も(粘りは見せたが)佐藤元名人の負けとなりました。それにしても佐藤元名人の髪形は何なんだ。気分転換なのかもしれないが、一瞬誰だか分かりませんでした(^^)/あとファッションをいうなら、豊島竜王のカッターシャツなんとかならんか。いくら細身の体型とは言え、最近は既成でももう少し身に合った商品売ってると思うのだけど(^^)/A級同士で12連敗とは

  • お遊びとはいえアベマトーナメント

    優勝候補とされていた豊島チーム(あとのメンバーは大橋6段と佐々木大地5段)が予選敗退。それも昨年と同様にリーダーによる決定戦で豊島竜王が負けての敗退。彼は決して持ち時間の短い将棋が苦手なわけではないのだがね。それともこんなお遊びに全力投球したくないと思っているのかも。そういえば公式戦でないイベントの対局などもよく負けてるな。本音は千田7段みたいにこんなお遊びは辞退したいと思っているのかも知れない。でもリーダーに指名されてるからそうもいかないのかな。でもアベマトーナメントなんかが公式戦より人気がある状況は将棋界本来の形としてどうなんでしょう。お遊びとはいえアベマトーナメント

  • 鬼の棲家

    鬼の棲家に鬼はいた。藤井ファンにとっては藤井2冠の既定のコースと思われていたB1級1期抜けも簡単ではないと判った。もう1敗すると順位から言って苦しくなりそう。頑張ってください。鬼の棲家

  • 藤井2冠、試練の連戦

    本日の叡王戦の対永瀬王座を皮切りに、藤井2冠にとっては試練の連戦が続く。6月3日に順位戦(稲葉8段)、6月6日は棋聖戦第1局(渡辺名人)、6月13日は順位戦(屋敷9段)、6月18日は棋聖戦第2局、そして6月29日に王位戦(豊島竜王)、7月3日棋聖戦第3局、7月13日王位戦第2局、7月15日順位戦(久保9段)というわけである。そしてこの間に渡辺名人に1敗でもしていれば、7月18日棋聖戦第4局があり、続いて7月21日の王位戦第3局と続く。確実に勝てそうなのは屋敷9段ぐらいしかいない(ごめん屋敷さん)ちなみに王位戦は持ち時間8時間の1泊の戦いである。藤井ファンは全勝での進撃を願っているだろうが、藤井2冠がアスペルガーででもない限り不可能な気がする。いずれにしても藤井2冠の真の実力が測れそうな期間と言えるでしょう。藤井2冠、試練の連戦

  • アベマトーナメント

    これは羽生9段の提案により始まったということですが、羽生9段が将棋界の大いなる貢献者であることは認めざるを得ないでしょうが、このトーナメントはだけは疑問です。はっきり言って将棋本来の文化的な知的ゲームを、直感と指運だけの遊びにしたにすぎません。それが今や公式戦以上に盛り上がっているなんて情けない。そればかりか非公式戦と言ってたのが、いつの間にやら準公式戦なんてなっていた。これは将棋連盟が、この遊びの人気だけに目がくらんで、ゆくゆくは公式戦にしたいという浅慮が伺えて腹立たしい限りです。だいたい出場資格がリーダーの指名制などという情実的なのがプロの対局として正しいのか大いに疑問です。ただ一つ利点(?)があるとすれば、これを公式戦にすると、さすがの天才藤井さんも公式戦の連勝記録を伸ばすのは困難になるということですね(...アベマトーナメント

  • 豊島竜王の覚醒を願う

    昨年のコロナ禍による棋戦のスケジュール変更ごろからの豊島竜王の疑問手が目立つ気がする。「序盤・中盤・終盤隙が無い」と言われる豊島竜王だが、その面影が薄れている気がする。名人の失冠は応援する身にも辛い敗戦であった。多分私の気のせいとは思うが豊島竜王は時々わざと本気出さないで将棋を指しているのかと思うことがある。特に昨年の名人戦ごろから上村5段、村山7段、杉本8段、三枚堂7段などに負けたのは信じられない。(相手には失礼ながら)明らかに実力が下と思える相手に、1年に(1回ぐらいなら許すが)4回も負けてほしくないのである。ということで24日の王位挑戦者決定戦では羽生9段を一蹴して、返す刀で藤井王位も屠ってもらいたいと願う。豊島竜王の覚醒を願う

  • 老兵は死なず

    昨日竜王戦5組の残留戦で桐山9段(73歳)が上村亘5段に勝った。桐山9段と言えば豊島竜王の師匠としても知られている。まずはおめでとうと言いたい。それにしても上村亘5段は昨年だったかに豊島竜王に勝ったことがあるけど、上村亘5段には失礼だが信じられなかったよ。というより豊島竜王はこういう悪い癖を直さないと棋戦の優勝回数が増えないよ。あと上村亘5段は順位戦も段位もなかなか上がらないけど、研究家としては一流で優れた書籍も出してる。やはり実戦は弱くても岡目八目的な才能の優れた人はいるということでしょうね。老兵は死なず

  • 異次元の天才

    昨日からB1級の順位戦が開幕して、三浦9段と対局した藤井2冠が途中まで不利な展開だったが、最後に三浦9段のミスに付け込んで逆転で勝利しました。この藤井2冠を「異次元の天才」と評していた観戦記事がありましたが、本当の天才なら逆転勝ちでなくて、序盤からリードして、そのリードを中盤・終盤と保って押し切るべきだと思います。確かに逆転勝ち(相撲で言うなら、うっちゃりとか、はたき込み)に比べれば派手さはないが、それが本当の強さだと思います。私はB1級では三浦9段より手ごわい相手は何人もいるので、三浦9段に手こずるようでは(藤井ファンには悪いですが)前途多難と予想しています。異次元の天才

  • 予感的中

    嫌な予感はしていたのですが、それでもまさかと思っていた豊島竜王が、王座戦の挑戦者決定トーナメントで三枚堂7段に負けました。なんだかなぁ最近(ここ1年)の豊島竜王に(JT杯の優勝はあるけれど)無双の強さがない。思えばコロナ禍で昨年の名人戦が2か月延期となり、結果名人を失冠したあたりからなんだか変だ。この調子だと今年度中に竜王も叡王も失冠するのではないかという悪い予感がしないでもない。しかもその相手がどちらも藤井2冠なんて最悪のパターンが頭をよぎる。もともと狙った棋戦以外はちょっと手抜きがある気がする豊島竜王ですから私の取り越し苦労と信じたい。それにしてもどんな棋戦も常に勝を求めて気を抜かない藤井2冠はたいしたもんだ(可愛げないけど)予感的中

  • 王座戦挑戦者決定トーナメント

    昨日はその初戦、木村9段が澤田7段に勝って開幕した。今日は「豊島竜王VS三枚堂7段」「大橋6段VS高橋7段」の2局が組まれている。本日はたまたま豊島竜王の誕生日でもあるらしい。ここは拙分より豊島竜王のツイッターから引用させていただき応援に代えたいと思います(手抜きでごめん)三枚堂さんには失礼ながら、どうかよくある変なところで負ける癖が出ないことを祈ります。でも何か嫌な予感がするのは気のせいなのか(^^)/豊島竜王談(今年度に入ってから)対局が少ないのが気になっていて調整が難しいので、王座戦が始まるのがありがたいです。三枚堂さんは勝率が高く、棋風は攻めが鋭い印象。目の前の一局に集中して納得いく将棋を指していければと思います。王座戦挑戦者決定トーナメント

  • 順位戦B級1組

    いよいよ5月13日から開始されますが、注目の藤井2冠の相手は三浦9段です。その後対戦する11名を見ると、さすがの藤井2冠も、この相手なら絶対勝てると思える相手は数人しかいませんね。それでもここを1期で抜けるようなら、いかにアンチ藤井でも彼の実力を認めないわけにはいかないでしょう。でもその時は藤井2冠はアスペルガーに違いないと言い出すかも知れませんが(^^)/順位戦B級1組

  • 出川騒動

    今のところまだTVでは取り上げられていないが、ネット上では大きな話題になってる(セクハラに加担したと告白されている)出川氏だが、多くの男性らは彼を擁護するコメントが多い。そして相手の女性を一方的に非難している。15年も前のことだからとか非難するなら肉体を求めた元漫才師を非難しろとか売名行為だろうとか散々女性を侮辱している。しかしいくらなんでも(やり方はともかくとして個人的な付き合いはないと両者が言ってる)出川氏を根も葉もないことをでっちあげて貶めるとは思えない。また出川氏も本当に身に覚えのないことならば面倒でも名誉棄損で女性を告訴すべきだし、少なくとも告訴も考えていると(事務所経由でなく)自ら発信すべきだと思う。それにしても多くのコメントを見て、いまだに日本の野郎どもは(特にセクハラ行為に対しては)加害者とされ...出川騒動

  • ゴルフ嫌いは非国民(笑)

    数日前から日本のゴルファー(氏名知らん)が世界的に有名な大会で優勝したとかでマスコミが大騒ぎしてますが、この時期に平和なことです。私的には、止まってる小さなボールを打って何が楽しいのか分かりませんが、過去にはゴルフ場の開発は木材の伐採により資源不足を招きまた水害の原因にもなる環境破壊だと問題になったこともありましたが、あの声は最近何処へ行ったのでしょうね(^^)/ゴルフ嫌いは非国民(笑)

  • アベマトーナメント(非公式戦)アベマ開始

    開幕戦の昨夜は藤井チームが稲葉チームに5勝2敗で快勝し予選突破に向けて幸先の良いスタートを切った。しかし2敗のうち1敗は藤井2冠なんだよね。リーダーになったプレッシャーなのかな、それとも案外持ち時間の短い勘に頼る棋戦は苦手なのかも。銀河戦の優勝はあるけどNHK杯は例年早期敗退してるし(^^)/アベマトーナメント(非公式戦)アベマ開始

  • 新型コロナ騒ぎは続く

    マスゴミは連日PCR検査の結果(陽性者)を何とか最大値に見せようと煽り報道しているが日本の死者の数を見れば14か月余りで1万人も行っていない。年間1万人を超す死者の数なんて他の理由でいくらでもある。私の記憶する範囲で過去において、これに似た報道は交通戦争と言われて交通事故死が年間1万人を超えていた頃にはあった気がする。しかしそれも全国のトータルを報道していたが今回のように地域別(挙句は曜日別)に報道などしていなかった。欧米に比べて日本を始めとする東アジア諸国の数字ははるかに少なく、その理由ははっきりしないが、このように大げさに騒ぐものではない気がする。対策も手洗いを奨励し、なるべく密なところは避ける程度で十分と思う(マスクもよほど対面で長く向き合わない限り必要ないと思う。飲食提供者が全員マスクをしだしたのだけは...新型コロナ騒ぎは続く

  • 目指せ連勝記録

    昨日の叡王戦(8段戦)の予選で、期待していた広瀬8段は藤井棋聖に良いところなく敗退。これで藤井棋聖の連勝記録は18に伸びた。気の早いファンは藤井自身が持つ記録(29連勝)にどこまで迫り更新するかと目を光らせはじめている。しかし29連勝を更新するには、今後防衛戦が予定されている棋聖及び王位戦を1度も負けずに防衛する必要があるので、それはかなりハードルが高い気がするが、ファンのために頑張ってください。目指せ連勝記録

  • 人気者登場

    職業は棋士で趣味は詰め将棋という味もそっけもない藤井2冠が本日の叡王戦8段予選に登場します。相手は広瀬8段と糸谷8段の勝者です。ここは何としても二人のどちらかに藤井2冠の連勝(17連勝中)を止めていただきたい。同じ人ばかり勝ってては面白くないよね。藤井2冠もちょっと豊島竜王を見習え。八百長しろとは言わないけど、たまには普段やらない振り飛車とか試してほしいね。よろしく(^^)/人気者登場

  • アベマトーナメント(非公式戦)

    15チーム目のメンバーが決まったらしい。小林7段、梶浦6段、藤森5段が勝ちあがって権利を獲得。アベマトーナメントなど将棋の邪道だとは思うけれど、まっ応援するならこのチームにしたい。でも梶浦6段がドラフトにかからなかったのが不思議なくらいだ。前回の竜王戦トーナメントでは(藤井くんが早くに敗退してる中を)準決勝まで勝ち上がり、そこで挑戦者になった羽生9段に敗れただけだものね(^^)/アベマトーナメント(非公式戦)

  • 藤井棋聖への挑戦

    渡辺名人か豊島竜王で間違いないと思っていましたが、その豊島竜王が最近好調とはいえ山崎8段にあっさり(とみえた)負けて脱落。なんだかなぁ。こういうところでよく負けるんだよね彼は(^^)/山崎8段(及びファン)には悪いけど番狂わせと言いたいです。藤井棋聖への挑戦

  • 最優秀棋士賞

    大方の予想通り藤井2冠が受賞しました。ただ次点の渡辺名人ですが、名人のタイトルを初奪取しても最優秀棋士に選ばれないとは、他の棋戦の成績が悪すぎるとかなら別ですが、なんとなく納得できない気もします。まだまだ藤井2冠を将棋界の看板にしたい連盟の気持ちを感じます(^^)/最優秀棋士賞

  • アベマトーナメント

    一部ファンに絶大な人気があるようなアベマトーナメントの出場選手が(一チームを除いて)決まったようですが、リーダとなってる14名の棋士は全員このお遊びに喜んで参加しているのでしょうか?こんなの邪道だと思っている棋士もいそうな気がしますが、正直私も反対です。将棋人気を盛り上げるための一手段なのかもしれませんが、将棋の本質からは外れている気がします。それより公式戦の持ち時間を含めた改革(順位戦の6時間は棋士の健康面からも長すぎると思う)などいろいろある気がするのですが(^^)/アベマトーナメント

  • 松尾8段惜敗?

    昨夜の竜王戦2組準決勝は短手数に見えが藤井2冠の完勝ともいえない棋譜と思う。それにしても松尾8段はかっこ付け過ぎというか藤井2冠の名前を意識しすぎ。終盤持ち時間が圧倒的に有利な時点での超長考に意味があるのかと思った。悪く言えば下手な考え休むに似たり。もっとどんどん指して持ち時間の少ない相手を焦らしても良かった。最後も変なところに銀を打ってたけど素人目には王手王手で迫った方が相手も嫌だったのではないか?以上あくまで超素人の感想です(^^)/松尾8段惜敗?

  • NHK杯の明暗(改めて怖いトーナメント)

    昨日放送された将棋NHK杯戦決勝はA級から落ちた稲葉8段対これから名人戦に挑む斎藤8段の一戦。今年度の将棋の充実度等から斎藤有利の予想をする人が多かったと想像するが、大熱戦の末稲葉8段の勝利(初優勝)となった。稲葉8段は準々決勝で杉本8段に勝利しているが、その杉本8段が(杉本8段には失礼ながら)僥倖的に豊島竜王に勝っていなければどうなっていたかは判らない。稲葉8段は杉本8段(あるいは豊島竜王)に感謝しなければならないだろう(^^)/NHK杯の明暗(改めて怖いトーナメント)

  • 厄日かな

    昨日は王将奪取のカド番で年間最多勝の記録もかかる永瀬王座を応援していましたが渡辺王将に敗れてがっくりでした。それ以外にも競馬、相撲、野球も応援していた方が負け(実質損は競馬の数千円でしたが)お落ち込む一日となりました。しかし今日は豊島竜王叡王が棋聖戦トーナメントで鈴木大介9段に勝って憂さを晴らしてくれるでしょう。ただこういうところで負けたりすることも少なくない豊島さんなんですけどね(^^)/厄日かな

  • 顔も観たくない相手?

    昨日のお~いお茶王位リーグで戦で佐藤9段が終盤懸命に粘るも及ばず、豊島竜王叡王に負けました。なんとこれで5年越し(千日手1局を挟み)の11連敗です。いくら何でも両者にそれほどの実力差はないと思いますが結果は極端です。(実際豊島竜王叡王は佐藤9段よりはるかに弱いと思われる相手に、ふっと負けることも結構あるわけです)これが相性というものなのか。佐藤9段(私は豊島ファンですが)次は勝ってください(^^)/顔も観たくない相手?

  • 理解不能

    五輪委員会の辞書には開催中止の文字は1ミクロンもない雰囲気ですね(^^)/理解不能

  • 渡辺明名人のブログ

    よく読んでいますが、感心します。特に負けた時でもすぐに更新して冷静に対局を振り返っているのはプロ意識なのか職業人としての割り切りなのか。逆に言えば悔しがるファンがバカに見える気がしないでもない。負けた後(それも残念な負け方)などショックでかなかなかブログ更新しない(できない)棋士も多いというのに(^^)/渡辺明名人のブログ

  • 羽生は死なず

    最近やや精彩を欠いていた羽生8段ですが、昨日の王位リーグ戦(白組)で新鋭の長谷部4段を一蹴して白星スタート。紅組では優勝候補の豊島竜王と斎藤8段が初戦を落としており、藤井王位に対する挑戦者決定に向けて波乱の幕開けとなった。羽生は死なず

  •  強いよね豊島(^^)/

    昨日の順位戦A級最終戦で、名人挑戦の可能性が残り気合十分だったはずの広瀬8段をなんなく危なげなく退けた豊島竜王はやっぱり強いよね。少なくとも格下(B2以下)の相手には常にこのような勝ち方をしてもらいたいと強く願うものです(^^)/強いよね豊島(^^)/

カテゴリー一覧
商用