searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

高齢発達ママ mikiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自閉症の四角い青空〜発達障害親子の子育て奮戦記〜
ブログURL
https://hattatsumama.com
ブログ紹介文
主人激務、両家両親遠方、転勤で周囲に友人ゼロのコミュ障で発達障害(ADHD傾向)と相貌失認を持つ高齢出産ママが、自閉症スペクトラムの長男を四苦八苦しながら育てるブログ。
更新頻度(1年)

57回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/06/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、高齢発達ママ mikiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
高齢発達ママ mikiさん
ブログタイトル
自閉症の四角い青空〜発達障害親子の子育て奮戦記〜
更新頻度
57回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
自閉症の四角い青空〜発達障害親子の子育て奮戦記〜

高齢発達ママ mikiさんの新着記事

1件〜30件

  • 発達障害児は学童保育か放課後デイサービスか#2

     この記事は前回の続きです。放デイで事件が起きる 放デイというのは当然ふつうの学童保育にはなじめない子たちばかりなので、普通の子たちよりも統制がきかない部分はあると思います。それに、多動の子も多いので、普通の子が騒ぐよりはかなりうるさくなる

  • 発達障害児は学童保育か放課後デイサービスか#1

     全然更新できてなくて申し訳ないです。10年ぶりに仕事に行き始めて体がついていかないのもありますし、アヤちゃんが小学校に入学するにあたっての入学準備などがいそがしく(なんで同じような書類を何枚も何枚も書かされるのでしょうか?この令和の時代

  • 好きな子とかけっこ対決!その結末は

     これは現在のお話です。アヤちゃんの初恋の相手、同じクラスのルカ君。降園後に園庭でじゃれあう二人をほほえましく見守る私でしたが、女って生まれながらに女優なのかしらと思わせる出来事がありました。好きな子からの挑戦状男心をわかっている保育園児 

  • 保育園入園後DQ58の発達障害児タカくんに変化が現れる

     保育園に通い始めたころ、一目でお察しの発達障害児だったタカくんに、急激な変化が訪れます。集団生活の成果なのか?それともそういう時期だったのか?保育園の影響その1 まあ普通の子なら赤ちゃんの時点で母親や家族を認識できるのでしょうが、タカくん

  • コロナで発達障害児のママの就職活動はいばらの道(余談)

     初めての就職活動で惨敗した私。しかし、敵は他にもいたのです。働くのを邪魔してくる謎の勢力? 私が就職しようと奮闘していた時、なぜか横やりを入れてくる人がいました。それは近所の人や知り合いの人たちです。たとえばmikiこういう求人募集があっ

  • コロナで発達障害児のママの就職活動はいばらの道4

     これは現在のお話です。10ねんぶりに仕事を始めようと面接にやってきたはいいですが、思っていたのと違っていて…?面接当日 面接の日、指定された時間より10分早く会場に着き、心の準備を整えました。ハロワの相談員によると、この前の説明を聞いても

  • コロナで発達障害児のママの就職活動はいばらの道3

     これは現在のお話です。諸事情により10年ぶりに働こうと一念発起した私。発達障害児を抱え、自分自身もコミュ障でADHDなのに働ける場所はあるのか?Googleのソフトを入れたらPCの調子がおかしくなって更新できずすいませんでした。10年ぶり

  • 恐れていたことが…田舎の発達外来で起きがちなこと

     この前、発達外来の定期通院に行ってきたんですが、ちょっとした事件が起こりました。田舎の市民病院で タカくんが小学三年生となった今、たとえ発達外来の診察とはいえおいそれと学校を休むことはできません。なので、今は母である私が発達外来の主治医に

  • お医者さんごっこで衝撃の結末

     これは現在のお話です。クリスマスプレゼントにお医者さんごっこセットをもらったアヤちゃん。さっそく患者にさせられてお医者さんごっこに付き合わされることに… タブレットで絵を描き始めて半年ほど経ちましたけど、最初の頃より少しマシになっているで

  • コロナで発達障害児のママの就職活動はいばらの道2

    前回の続きです。仕事を探す理由 前回、仕事を探し始めた理由は旦那さんの残業代やボーナスやその他もろもろが無くなったからとお話ししましたが、もう一つ大きな理由があります。 それはズバリ旦那さんといっしょにいるのが大変だから!コロナ禍でテレワ

  • コロナで発達障害児のママの就職活動はいばらの道

     発達外来や言語訓練など何かとやることのある発達障害児。果たしてママはどんなふうに働けばいいの?専業主婦からの社会復帰 私が働こうと思ったのは、ほかでもないコロナ禍のせいです。旦那さんの給料は目に見えて減り、残業代はゼロ!ボーナスもカット!

  • 孤独な発達障害児ママに忍び寄る黒い影3

     まだ1と2を読んでない方はそちらから読むことをおススメします。今までと違う集まりに行くまで 今まではあるママさんのアパートの一室に集められて、同じ保育園のママさんたちとお菓子を食べながらおしゃべりするだけでした。しかし、ことあるごとにこん

  • 孤独な発達障害児ママに忍び寄る黒い影2

     この話は前回の続きです。できればこちらをご覧になってからお読みください。ママさんの家に集まれた理由 保育園ママの自宅のアパートで行われるお茶会みたいな悩み相談会みたいな集まり。それは2、3か月に一回くらい行われました。そのたびに先生っぽい

  • 孤独な発達障害児ママに忍び寄る黒い影

     つらい時に優しくされるととても嬉しいですよね。孤独な時に声をかけてくれる人なんてまるで神様みたいに思えますよね。でも、それが思わぬ罠だったとしたら?孤立する私たち親子 年中から普通の公立保育園に転園した自閉症スペクトラム(DQ58)のタカ

  • サンタさんへのお手紙

     これは現在のお話です。サンタさんに手紙を書くアヤちゃん(年長)果たしてその内容とは…サンタクロースへの手紙 なんと「サンタさんはいつもプレゼントを配るばっかりでもらえないのがかわいそうだから、私がプレゼントをあげたいの」と言うのです。 普

  • 定型児の妹のお友達が初めて遊びに来てボコボコに!?

     最近特に仲良くなったアヤちゃんのお友達が初めて家に来ることになりました。果たしてコミュニケーションが苦手なタカくんは受け入れられるのか?かりんちゃん訪問の巻 かりんちゃんはお人形さんみたいにカワイイ女の子です。お姉ちゃんは1年生だけどすで

  • 定型保育園児は天使か悪魔か?

     すべての面で守ってもらっていた発達支援センター。そこで1年4ヵ月をすごし、年中から保育園に入園したタカくん。そこではセンターではいなかったコミュ強の子どもたちがたくさんいました。そして、決してその子たちに油断してはいけないということも知り

  • 発達障害児の初めての保育園生活のためのお仕度の工夫

    なんだかタイトルが「の」ばっかりになってしまいましたが、前回書ききれなかった分を書こうと思います。なぜこの保育園を選んだのか アヤちゃんを産むときに二歳のタカくんを預けた私立のお勉強系スパルタ保育園ではさんざんな目にあった私たち。先生たちは

  • 発達障害児の保育園生活の最初のハードルは新任の担任?

    更新が滞っていて申し訳ございません。実はこのブログをやっているということは誰にも内緒なのですが、旦那さんがリモートワークになってしまい、テレビ会議の一瞬のスキをついてコソコソ更新しています。私がパソコンやスマホをいじっていると「俺が仕事

  • 発達障害児が初めて一人で保育園の集団生活に挑む

     無事三日間の保育園入園試験に合格し、公立保育園の年中から加配(障害児をサポートしてくれる先生)付きで入園することになったタカ君。果たしてどうなる!?入園はわりとスムーズに 約一年間、月に一回(最後のほうは月に二回)保育園の入園予定クラスに

  • 療育ママそれぞれの人生模様

     この前発達支援センター編は完結させたはずだったのですが、私は思考も多動で(笑)色々前後して思い出してしまうんです。なので、ちょっとだけお付き合いください。パパさんたちはクセが強い 一般的に、母親が高齢だとダウン症、父親が高齢だと自閉症の出

  • 自滅の刃?つい健常児のママに発達障害児の話を振って正論で返り討ちに

     画像はあの有名な主人公に乗っかってみました。見ないで頭の中の映像で描きました。なので何か違うかもしれませんがお許しを。何の気なしに話を振ったら その人はわりと年配で、私の息子タカ君が知的障害を伴う自閉症であることは知っています。なので、私

  • ついに療育園を卒業して保育園へ

     雨の日も風の日も雪の日も、タカ君と自分とアヤちゃんの三人分の弁当(大人用・偏食のタカ君用・離乳食のアヤちゃん用の三種)を作り、眠い目をこすりながら車で30分かけて一年と4ヵ月毎日通った療育園もついに卒園の時が来ました。卒園するまでの経緯 

  • EXIT兼近大樹さんがEテレで発達障害の過去をカミングアウト?

     以前「EXITの兼近大樹さんは支援の必要な子どもだったのではないか」と現役中学教師のかたがnoteに書かれていたことについて書いたことがあります。 この前のEテレの福祉番組「ハートネットTV」を見ていたら、「ワケありさんの森」という企画に

  • 自閉症には考えもつかない恐るべき定型保育園児の世界

     私はタカ君も保育園に行かせていましたが、結局親子ともに友達はできず、ポツンでした。なので、アヤちゃんの保育園生活は親の私も初めてのことばかりです。この前衝撃の出来事がありました。私たち親子がポツンとしている間に定型児たちはこんなやり取りを

  • 家も近所付き合いも人生も袋小路

     皆さんは家を買うとき、どんなことに気を付けましたか?駅近?スーパーや学校が近くにあるか?自然災害に強い土地か?同世代の子どもたちが近くにいそうか?私は、タカ君が知的障害を伴う自閉症だと診断される前に家を買ってしまいました。そのせいで、いろ

  • 療育を頑張れば頑張るほどガックリする理由

     療育に通って半年ほどすぎてから突然成長し始めたタカ君。しかし、健常者との越えられない壁も見せつけられました。何か月も頑張ってようやく人並み 最初は座ることさえできず、床に寝っ転がったりしていたタカ君。しかし療育では「どんな形であれその場に

  • 発達支援センターの迷惑親子と弱気な私

     我が町の発達支援センターは本当に充実していて、有意義な療育をめいっぱい受けられたと思います。しかしながら、親子通園で避けて通れないのがママ友関係。今回は、ママ友関係に悩んだ話をしようと思います。 発達障害と遺伝の関係が取りざたされている通

  • ”いいもの”作った話

     今回は現在のお話です。「いいもの」を作ったタカ君(小3)とアヤちゃん(年長)。はたしてママを喜ばせることはできたのか?なにやら自信ありげに出してくるタカ君。学校で作ってきたみたいです。ドキドキして引かせてもらうと…?なんじゃそりゃー!さ.

  • 発達障害児とその親の運動会の憂鬱

     大多数の子どもたちにとって楽しみなのが運動会ですが、発達障害児とその親にとっては悲しくつらく頭の痛い日であります。発達障害児は運動が苦手 もちろん得意な子もいますが、大多数の発達障害児は健常児よりも運動が苦手な傾向があります。発達性協調運

カテゴリー一覧
商用