searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ケンイチさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
くすりやのつぶやき
ブログURL
https://kusuriya.info/
ブログ紹介文
薬剤師による雑記です
更新頻度(1年)

55回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/06/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ケンイチさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ケンイチさん
ブログタイトル
くすりやのつぶやき
更新頻度
55回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
くすりやのつぶやき

ケンイチさんの新着記事

1件〜30件

  • ホクナリンテープ(ツロブテロールテープ)の正しい使い方:Q&A

    ホクナリンテープ(ツロブテロールテープ)とはホクナリンテープ(ツロブテロールテープ)年齢を問わずよく使われる、胸などに貼るタイプのお薬です。先発品(元の特許のあるお薬)の名前がホクナリンテープですが、近年はジェネリック医薬品のツロブテロール

  • 経口補水液とスポーツドリンクの違い:どういう時に飲むべき?

    経口補水液とは近年、熱中症や胃腸風邪の時には「経口補水液」が良いよ、と聞く機会が増えました。CMをやっていたり、ドラッグストアで大きなコーナーができていたりする場合もあります。では、経口補水液とは具体的にどんなものでしょうか。結論から言うと

  • 市販の抗ヒスタミン薬の強さと副作用の比較一覧

    抗ヒスタミン薬とは花粉症や鼻炎・湿疹・蕁麻疹など、いわゆるアレルギー疾患に用いられる代表的な薬として、「抗ヒスタミン薬」があります。簡単に言うと、脳内のヒスタミンという伝達物質が必要以上に発生することによりアレルギー反応が引き起こされるため

  • 疎経活血湯の成分や効能・味・おすすめ市販薬

    疎経活血湯とは疎経活血湯(そけいかっけつとう)は、漢方薬の製剤の1つです。関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛などの痛みに効果のある漢方薬です。どちらかというと慢性的な痛みに効果が期待できるので、ある程度長く服用するお薬です。今回は、そんな防風通聖

  • 芍薬甘草湯の成分や効能・味・おすすめ市販薬

    芍薬甘草湯とは芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)は、漢方薬の中でもかなり使用頻度の高い商品です。葛根湯のように誰もが知っている漢方薬ではないと思いますが、厚生労働省が公表している資料によると、全漢方薬のうち、なんと処方量2位となっています

  • 小建中湯の成分や効能・類薬との違い・味・おすすめ市販薬

    小建中湯とは小建中湯(だいけんちゅうとう)は、小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、小児夜尿症、夜なきなど、色々な症状に用いられる漢方薬です。お腹の症状の改善に用いられることもありますが、どちらかというと神経的な症状に用いられることが

  • 大建中湯の成分や効能・類薬との違い・味・おすすめ市販薬

    大建中湯とは大建中湯(だいけんちゅうとう)は、お腹の不調に用いられる漢方薬です。葛根湯のように誰もが知っている漢方薬ではないと思いますが、厚生労働省が公表している資料によると、全漢方薬のうち、なんと処方量1位となっています!ちょっと専門的に

  • 防風通聖散の成分や効能・味・おすすめ市販薬

    防風通聖散とは防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は、漢方薬の製剤の1つです。便秘や浮腫みに効果があります。さらに「肥満症」という適応も明記されているので、なんとダイエットに堂々と保険適応できる漢方薬です。そのため、知名度もそこそこ上昇して

  • 小青竜湯の成分や効能・味・おすすめ市販薬

    小青竜湯とは小青竜湯(しょうせいりゅうとう)は、漢方薬の中でも比較的使用頻度の高い商品です。何に使用するかというと、アレルギー性鼻炎や花粉症などです。「アレルギーの薬は眠くなる」という人もいますので、そういう人に処方される傾向にあります。今

  • 麻黄湯の成分や効能・類薬との違い・味・おすすめ市販薬

    麻黄湯とは麻黄湯(まおうとう)は、風邪の初期などに用いられ漢方薬です。ちょっと専門的に表現すると、「悪寒、発熱、頭痛、腰痛、自然に汗の出ない症状」に用いられます。ちなみに、インフルエンザの初期に対する使用に保険適応が認められている漢方薬です

  • 桂枝湯の成分や効能・類薬との違い・味・おすすめ市販薬

    桂枝湯とは桂枝湯(けいしとう)は、風邪の初期などに用いられる漢方薬です。漢方薬で最も有名なものの1つ、葛根湯と似た構成成分となっています。ちょっと専門的に表現すると、「体力が衰えたときの風邪の初期」に用いられます。ここまで書くと当然、「じゃ

  • 葛根湯の生薬成分や効能・味・市販薬

    葛根湯とは葛根湯は、漢方薬の中で最も有名な商品の1つです。風邪薬の漢方薬=葛根湯という方程式すらできているかもしれません。ちょっと専門的に表現すると、「自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力のある症状」に用いられます。その

  • 漢方薬の味(苦み・不味さ)を改善させるための飲み方

    漢方薬とは漢方薬は、古代中国で生まれた、生薬を組み合わせた薬の総称です。使用する生薬は一般的にイメージする植物由来のもの以外にも、動物性や鉱物性のものも含まれます。漢方薬の味漢方薬というと、「苦い・不味い」というイメージをお持ちの方が大半だ

  • プラズマ乳酸菌とは?花粉症などアレルギーの改善にも効果が期待

    乳酸菌とは乳酸菌とは、「糖類を分解して乳酸を合成する菌の総称」です。乳酸を作るので乳酸菌という分類なわけですが、具体的な菌としては、ビフィズス菌、ガセリ菌、シロタ菌などが含まれます。ヨーグルトのパッケージで見る菌ばかりですし、体に良さそうな

  • 整腸剤の種類や作用の違い・市販薬について

    整腸剤とは整腸剤(せいちょうざい)とは読んで字のごとく、腸の働きを整えるお薬です。たまに「ちょうせいざい」と勘違いされている方を見かけますが、「せいちょうざい」です。(もっと稀に「成長剤」と勘違いされている方も見たことがありますが・・・)お

  • ビタミンCのお勧めのサプリメントと摂取の注意点

    ビタミンCとはビタミンCは重要な抗酸化作用を持つ、水溶性ビタミンの一種です。具体的な働きで言うと、血管や組織の老化を抑えたり、シミやソバカスが増えないようにする作用が期待できます。ビタミンCの詳しい解説については別記事に乗せていますのでご参

  • アリナミンシリーズとキューピーコーワシリーズの違い

    アリナミンとキューピーコーワアリナミンとは「アリナミン」は、武田薬品の子会社だった武田コンシューマーヘルスケア株式会社が販売しているビタミン製剤のシリーズです。ビタミンB群を中心とした各種ビタミンが配合されています。キューピーコーワとは「キ

  • キューピーコーワ錠剤シリーズの成分・効能・価格の違い

    キューピーコーワとはもはや説明するまでもないかもしれませんが、「キューピーコーワ」は、日本の中堅製薬会社である興和(こうわ)株式会社が販売しているビタミン製剤のシリーズです。社名を商品名に入れているパターンですね。ちなみにキューピー(QP)

  • アリナミン錠剤シリーズの成分・効能・価格の違い

    アリナミンとはもはや説明するまでもないかもしれませんが、アリナミンは、武田薬品の子会社だった武田コンシューマーヘルスケア株式会社が販売しているビタミン製剤のシリーズです。ビタミンB群を中心とした各種ビタミンが配合されています。錠剤シリーズ錠

  • ビタミンB12(シアノコバラミン)の作用、お勧め食材やサプリメント

    ビタミンB12(シアノコバラミン)とはビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンB12は水溶性ビタミンの一種です。ビタミンB12の成分名はシアノコバラミンと言います。これは、コバルトを含む化合物(コバラミン)を人工的

  • ビタミンB6(ピリドキシン)の作用、お勧め食材やサプリメント

    ビタミンB6(ピリドキシン)とはビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンB6は水溶性ビタミンの一種です。ビタミンB6の成分名はピリドキシンと言います。ビタミンB6(ピリドキシン)の作用ビタミンB6は、様々な物質の代

  • ビタミンB2(リボフラビン)の作用、お勧め食材やサプリメント

    ビタミンB2(リボフラビン)とはビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンB2は水溶性ビタミンの一種です。ビタミンB2の成分名はリボフラビンと言います。これは、リビトール(リピトールという薬もありますが全くの別物です

  • ビタミンB1(チアミン)の作用、お勧め食材やサプリメント

    ビタミンB1(チアミン)とはビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンB1は水溶性ビタミンの一種です。ビタミンB1の成分名はチアミンと言います。これは、硫黄【thio-】を含むアミノ酸化合物【amin】の意味から名付

  • ビタミンC(アスコルビン酸)の作用、お勧め食材やサプリメント

    ビタミンC(アスコルビン酸)とはビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンCは水溶性ビタミンの一種です。おそらく、最も有名なビタミンなのではないでしょうか。ひょっとしたら、ビタミン=ビタミンCと勘違いしている人もみえ

  • ビタミンE(トコフェロール)の作用、お勧め食材やサプリメント

    ビタミンE(トコフェロール)とはビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種です。ビタミンEの成分名はトコフェロールと言い、α・β・γ・δの4種類があります。そのうちαトコフェロールが最も強い生

  • ビタミンA(レチノール)の作用、お勧め食材やサプリメント

    ビタミンA(レチノール)とはビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンAは脂溶性ビタミンの一種です。αカロチン・βカロチン・γカロチンという3種類のカロチンが吸収・分解されることによりビタミンAとなります(カロチンは

  • ビタミンとは?種類や違いについて【美容や健康にどう影響?】

    ビタミンという言葉を知らないという人はなかなかいないのではないかと思います。しかし、ビタミンとは何か?と聞かれたら、ちゃんと答えられる人もなかなかいないのではないでしょうか。もちろんイメージは付くと思います。健康のために必要、とか、美容に良

  • H2ブロッカーとPPIの作用・強さの違い

    胃酸の出過ぎを抑える胃薬である、H2ブロッカーとプロトンポンプインヒビター(PPI)。ここでは、これらの2種類のお薬の違いについて見ていきます。なお、このブログのネタとしては珍しく、やや専門的な話になっています。H2ブロッカーとPPIの作用

  • 胃腸炎や食中毒に用いる吐き気止め(制吐剤)の種類と特徴

    胃腸の不調に用いるお薬のうち、吐き気や嘔吐を抑えるお薬である吐き気止め。医療用語では制吐剤と言います。今回は、この吐き気止めについてご紹介します。吐き気の種類まず、なぜ吐き気が起きて気持ち悪くなるかという原因ですが、大きく分けて2つあります

  • 胃荒れ・胸焼け・胃炎や胃潰瘍に使う胃薬:種類や強さ・使い分け

    「胃薬」というと様々な種類のものがありますが、ここでは胃炎や胃潰瘍など、胃が荒れたり炎症を起こしたりすることによって起こる疾患に用いるものをご紹介します。それ以外の種類の「胃薬」については以下でご紹介しています。消化性潰瘍治療薬とは消化性潰

カテゴリー一覧
商用