searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

盆樹流さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
盆樹流(ぼんじゅーる)
ブログURL
https://bonjour-bonsai.com/
ブログ紹介文
趣味の『盆栽』『トレッキング』を中心に記事を作成していきます。 盆栽を始めて3年目で、まだまだ初心者ですが、 温かい目でお見守りいただけるとありがたいです。
更新頻度(1年)

37回 / 29日(平均8.9回/週)

ブログ村参加:2020/06/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、盆樹流さんの読者になりませんか?

ハンドル名
盆樹流さん
ブログタイトル
盆樹流(ぼんじゅーる)
更新頻度
37回 / 29日(平均8.9回/週)
読者になる
盆樹流(ぼんじゅーる)

盆樹流さんの新着記事

1件〜30件

  • 「ひこばえ」

    老爺柿の「ひこばえ」が伸びてきたので切り取りました。欲しいところの枝や葉っぱにエネルギーを使って貰いたいので、「ひこばえ」や「忌み枝」などは早めに取り除くのが良いそうです。朝の水遣りのタイミングでもっと前から気づいていたのですが、なんとなく

  • 定期消毒をしました

    月に1回は消毒をした方が良いそうなので、我が家では月が変わったら(月頭に)消毒をすることにしています。日にちをメモして1ヶ月後みないなことをやろうとした事もありましたが、けっこう忘れてしまうんですよね;;なので、「月頭に消毒」というキーワー

  • 自作の盆栽鉢

    去年ですが、自作の盆栽鉢を作ったので紹介いたします。まずは形を作る土をコネコネして、好きな形にしていきます。中央の穴は専用の道具があり、貸して頂けました。他にもいろいろな大きさの穴を開けれます。土を乾かす2週間程乾かすと、色が白くなります。

  • 陣馬山から高尾山への縦走

    2016年9月に挑戦した陣馬山から高尾山への縦走についてアップします。縦走:山から山へ尾根伝いにあるくこと。陣馬山から高尾山の縦走ルートは一日で歩けるルートになっており、難所もないことから初心者向きのルートです。ただし、距離としては結構ある

  • 盆栽の強風対策

    昨日、一昨日と我が家の周辺では強風が吹いていました。小さい盆栽は風で飛ばされてしまうので、ミニビニールハウスに避難させました。ミニビニールハウス自体が飛ばされないようにフェンスに紐で括り付けています。それに加え、ガタガタと揺れないように土嚢

  • 実生の白紫檀

    根伏せで作った白紫檀に続いて、今日は実生で作った白紫檀を紹介させていただきます。根伏せ:植え替えの際に出た根っこを先端だけ土から出るように植えて、樹を増やす手法実生:樹にできた種を撒いて、樹を増やす手法。種を保管しておいて春に撒く方法と、秋

  • 根伏せで作った白紫檀

    植替えの時になるべく細かい根っこで充実させるように太い根っこを取り外します(切り取る)。この植え替えの時に切り取った太い根っこを少しだけ土から頭を出すように植えて上げると芽を出してくれる事があります。(これを根伏せと言います。)今回はその根

  • 昇仙峡

    山梨県にある昇仙峡に行ってまいりました。天気予報では曇りでしたが、晴れ間も覗き渓谷散歩には丁度よい天候となりました。いざ、トレッキング!トレッキングコースは全面舗装されており、普通の運動靴で問題ないコースでした。アップダウンもあまりないので

  • 老爺柿を剪定しました

    先日、樹冠部が重い印象なので整理したいという内容の投稿をしましたが、思い切って実践してみました。もう少し手を入れてみたい所ですが、焦らずじっくりと様子を見ながら進めていきたいと思います。すぐに完成をもとめない!趣味だからなせる技ですね!(謎

  • ヒメシャラを駄温鉢に避難させる

    はじめに春に植え替えたばかりのヒメシャラさんですが、ちょっと元気が無いので駄温鉢にお引越し。植え替える前植え替える鉢ちょっと脇道にそれますが、この駄温鉢は、上野(最寄り駅は根津駅)にあるグリーンクラブの常設売店で3鉢で100円で購入したお買

  • 老爺柿(ろうやがき)

    老爺柿の盆栽を紹介させていただきます。老爺柿は中国原産の樹で、普通の柿と比べて非常に小さい実が出来るので盆栽向きの樹と言われています。私が持っている老爺柿の実は親指の第一関節くらいの大きさにしかなりません。小さく育てても実も小さいのでバラン

  • 百日紅(さるすべり)の幹

    私の盆栽ではありませんが、近所の遊歩道のような場所に百日紅の幹が若木の樹皮が剥がれ、すべすべの幹に変わろうとしている樹があったので、今後の参考としてブログに掲載したいと思います。幹の太さから察するに10年以上はかかるかもしれませんが、種から

  • 実生 百日紅(さるすべり)に模様を入れてみる

    実生の百日紅(さるすべり)の2号さんに模様を入れてみることにしました。元の様子立ち上がりから最初の枝までが長くて変化が少ないですね;;途中で芽切りなどをして枝を分岐させるべきだったのかもしれません。このまま育てても面白みがないので、模様を入

  • 日本棋院 東京本院

    先週末ですが、東京都の『市ヶ谷駅』から徒歩2分のところにある日本棋院 東京本院に行ってきました。関西の関西棋院と合わせて、日本の囲碁界を牽引している組織です。ここには資料館があり、無料で開放されているという話を聞いた事があるので行ってみるこ

  • もみじ-出猩々-

    今日は今年の春に近所のホームセンターで購入した出猩々(でしょうじょう)というもみじを紹介いたします。この樹は『イロハモミジ』の変種で春に赤い新芽が出てきます。赤い新芽は段々と緑色に変わっていきますが、秋になるとまたオレンジや赤く色づき1年に

  • 牧野記念庭園

    『牧野記念庭園』に行ってきました。規模としてはそれほど大きくありませんが、個人の邸宅だったことを考えるとかなり広い敷地だと思います。趣味として盆栽をしている以上、植物にも興味があり、訪ねてみることにしました。牧野記念庭園についてここは世界的

  • 尾瀬トレッキング

    2016年の7月に行った『尾瀬』について書きたいと思います。尾瀬について尾瀬は本州最大の湿原で、高原植物の宝庫とも言われています。なんと、900種類以上の高等植物が確認されているそうです。1万年前に形成された湿地と言われていますが、1万年前

  • 御岳山トレッキング

    2016年に訪れた御岳山を紹介します。御岳山御岳山(みたけさん)は東京都の西にある標高929mの山です。この山は以下の3つの点から初心者の方にもオススメです。ケーブルカーである程度の高さまで登れる沢があり心地よい(ロックガーデンというコース

  • ガジュマル

    根本部分がぽっこりとしており、可愛くみえたので購入しました。ガジュマルは温かい地域に自生する樹なので、寒さには弱い樹です。最初は関東はそんなに寒くないので大丈夫だろうと冬でもお庭においてました。それがそもそもの間違いでした。調べてみると日本

  • 白紫檀

    まだ盆栽と呼べる様な樹形では無いですが、今日は我が家の『白紫檀』を紹介します。春には白い小さい花を咲かせ、秋には赤い小さい実を付けてくれるので、1年中楽しめる樹です。この樹はアブラムシの侵略を受けてしまった為、思い切って枝を切り、風通しを良

  • 紅白梅

    我が家に唯一ある梅の樹です。赤い花と、白い花を同時に咲かせてくれるので二度美味しいです。我が家に来てから2年目の樹になります。2月の様子梅は桜よりも先に花を楽しませてくれ、「そろそろ暖かくなりますよ!」と教えてくれます。今年の我が家の紅白梅

  • 柚子の芽

    柚子の実生食べそこねてしまい縮んでしまった柚子の実を試しに植えてみたところ3つですが芽を出してくれました。ちなみに去年の秋に植えて、毎日コツコツとお水をあげていました。春になって芽が出てくる様を見ると「毎日お水をあげてきて良かったー。」と単

  • 銀杏(いちょう)

    銀杏の実生1年生「お金を掛けなくても盆栽を楽しむことが出来る」をテーマにこの樹をはじめました。植えているのは駅弁の空箱の底に穴を開けた器です。去年の秋に近所の公園から拾ってきた種を10粒程植えて、8本も芽が出てきました。ちなみに実生(みしょ

  • 国宝 松本城

    盆栽でもトレッキングでもありませんが、上高地に行った際に寄り道した「松本城」について書いていきたいと思います。松本城について松本城は戦国時代に築城された数少ない木造天守閣の一つです。全体的に黒いシルエットから『烏(からす)城』の愛称で呼ばれ

  • ヒメシャラ

    去年購入したヒメシャラです。漢字では「姫沙羅」と書くそうです。この樹は、大きくなると樹皮がすべすべの赤褐色になります。天城山を歩いたときにヒメシャラの大木に出会っており、いつか盆栽として育ててみたいなと思っていた樹です。ヒメシャラの大木10

  • 上高地

    自粛、自粛で何処にも行けていないので昔の画像をアップして行きます。今回は2016年5月に行った『上高地』についてです。上高地は標高1,500m程の高さにある高原のような所です。標高が高いのに起伏は少なく、初心者の方でも気軽に山を楽しめる場所

  • 津山桧

    通常の桧よりも葉っぱが小さいので盆栽向きと言われている桧さんです。通常よりも小さく育つことを矮性(わいせい)と言うそうです。購入したときはもっと葉っぱがいっぱいありましたが、蒸れると内側の枝が枯れてしまうそうなので、お互いに邪魔しあっている

  • 蝦夷松(えぞまつ)

    手のひらサイズの蝦夷松さんです。葉っぱの形が特徴的で愛らしいです。松柏類(松や真柏などの針葉樹)は一部の樹種を除いて一年中緑が楽しめるので、初めての盆栽にはオススメです。一部といったのは唐松やメタセコイヤといった落葉する針葉樹もある為です。

  • 百日紅(さるすべり)

    実生2年生の百日紅さんです。百日紅は真夏に花を咲かせてくれる樹木です。近所の街路樹に百日紅があり、落ちていた種を植えてみたのがこの子の始まりです。鬱陶しいほどに暑い時期に可憐な花を咲かせてくれるので、私にとっては真夏の癒やしです。この子はま

  • 真柏

    この真柏も購入してから1年経っていない小さい苗木さんです。根上りの樹形が欲しくて購入しました。根上りの懸崖にするか根上りの模様木にするか悩みどころです。あ、因みに我が家の盆栽は上野にある『グリーンクラブ』で購入しています。盆栽に興味がありま

カテゴリー一覧
商用