chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
BETTY
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/04/04

1件〜100件

  • 電車でGO!

    「でんしゃ!」目の前で静かに止まった電車に、ユノが嬉しそうな声をあげた。乗せるために、抱き上げようとすると。「やだっ」と、身を捻って手から抜け出し、開いた扉か…

  • Entropy Ⅳ 〜その時チャンミンは〜

    出国ゲートを抜けて、携帯の電源をオンにする。三件のメールと二件の着信をチェックすれば、先輩医師のイトゥクから留守電が入っていた。嫌な予感、と表するには深刻さが…

  • Entropy Ⅳ

    誰かの呼び掛ける声が遠い。重く自由の利かない身体は糸の切れたマリオネットのように崩れ落ちた。視界が徐々にブラックアウトする―「あら、お目覚めね」瞼を仕上げて最…

  • VAMPIRE 60 

    先日のシウォンがいない間のことについて話をするために、教会にチャンミンと連れ立って来ていた。チャンミンは少し迷惑そうだったけど。話が終わると"無事で良かった"…

  • sometime somewhere

    「・・・・シムくん。シムくんでしょう?」道端で不意に名を呼ばれて立ち止まり、振り向いた先に居た顔を思い出すまでに、チャンミンは頭の中でしばらく時計の針を巻き戻…

  • お久しぶりです

    お久しぶりになってしまい申し訳ございません(_ _;)昨日あげた妄想に、21時以降にコメントくださった皆さま、なぜか承認ができない状態になってまして……💦シ…

  • 一番のプレゼント 

    「ちぃーすっ」挨拶ともに勝手知ったる他人の家とでもいうようにそのままあがりこみ、居間にと入ってきたのは。「ヒチョー」キッチンの方からぱたぱたとユノが駆けてきて…

  • Holy Night 4完 〜Cafe de Loco〜

    「・・・・俺に?」「他に誰がいるの?」「ありがとう」本当に、外は雪で、暖かい部屋にはケーキとシャンパン。テーブルの向こうにはチャンミンがいてくれて、そしてプレ…

  • Holy Night 3 〜Cafe de Loco〜

    カレンダーは二十四日。世間で言うところのクリスマスイブだ。家族であろうが友達であろうが恋人であろうが、それぞれにそれぞれの過ごし方があるようで。確かに天気は曇…

  • Holy Night 2 〜Cafe de Loco〜

    「・・・・なんなの、あれは。あなたの仕業?」挨拶もそこそこに彼女が指差すのはリボンの付いたレジ横の鉢植え。「随分なお言葉ではないかと思いますけど?」「あなた、…

  • VAMPIRE 59

    ドンドンドンものすごい勢いで家の扉が叩かれた。びっくりして、飛び起きる。昨日は、いっぺんにいろんなことがありすぎて。でも戻ってきたチャンミンがどこにもいかない…

  • 美しきマイロード Ⅶ

    自分の性格の気まぐれさについては、多少自覚している。それから、相手の同じく気まぐれな性格についても。「明日の予定は、まず午前中に本社から送られてきます書類の確…

  • VAMPIRE 58

    柔らかな朝の光に目が覚めた。時間はわからないが、まだ早いのだろう。身体が重く、だるいのは、昨日の行為のせい。だけど、なんだかさっぱりとした感じがしている。それ…

  • VAMPIRE 57

    一瞬の出来事に、なにが起きたのかよくわからない。だけど、視力が戻ってきたとき。目の前に、片手を抱える神父の姿があった。掌が赤く爛れている。「・・・・おのれ、守…

  • 特別

    トントン、と控えめなノックの音がして、静かに扉が開いた。コーヒーの良い香り。「ひと息いれませんか?」なかで打合せをしていたチャンミンとヒチョルの顔があがる。少…

  • VAMPIRE 56

    教会の重い扉を開けて中に滑り込む。正直、神さまが守ってくれるとか、そんなことは考えていなかった。どういう経緯かは知らないが、あの人は代行とはいえ神父なのだ。こ…

  • Holy Night 1 〜Cafe de Loco〜

    『無駄に忙しい』そう小さく零した土曜出勤のチャンミンを送り出してから、珈琲豆の買い付けに出掛けた続きの回り道。馴染みの店主に驚かれるほど浮き足立っている自覚な…

  • VAMPIRE 55

    一人で生きていけるだけの強さを持たなくては、と思っていた。大切なものを守るためには、ちゃんと自立していなければできないから。他の人を当てにしていては、譲れない…

  • VAMPIRE 54

    泣き疲れて、そのまま眠ってしまったらしい。目を開けると、目蓋が腫れぼったかった。辺りはもう明るくなっていたが、光は弱々しい。まだ明けたばかりなのだろう。起きる…

  • VAMPIRE 53

    パタン、とドアを閉め。「・・・・・ただいま」小さく呟いてみるが返事はない。いつもここにいた人は―「―・・・・っ」涙がこぼれそうになって、慌ててこらえる。ダメだ…

  • VAMPIRE 52

    電話が鳴った。スマホの画面に表示されたのは教会の電話番号で。  「シウォン、昨日はどうしたの?大丈夫?」慌ただしげにシウォンが出かけて行ったのは一昨日のことだ…

  • VAMPIRE 51

    司祭館の一角に、神父が生活の場として使っているところがある。そこの一室の扉をそっと開いた。きちんと片づけられて、ベッドと机の他にはなにもない部屋が目の前に現れ…

  • VAMPIRE 50

    夜が明けていく。どんなに朝が来ないようにと願っても、時をとめることなんてできはしない。雨戸もカーテンもない台所の窓から入ってくる光で、だんだんと明るくなってい…

  • VAMPIRE 49

    遠ざかる温もりに、無意識のうちに身を寄せた。ふっと、頭の上に暖かな息がかかり、もう一度温もりに包まれる。安心して身をまかせていると、額の髪をさらりとかきあげら…

  • VAMPIRE 48

    バイトから帰ってきて、扉を開けようとしたところ。「わっ」内側からドアが開いて、出てこようとしたチャンミンとぶつかりそうになり、バランスを崩したところを受け止め…

  • VAMPIRE 47

    10月に入ってから、いわゆる『ブライダルシーズン』というやつで忙しくなっていた。家に帰った途端、眠くて限界という日が続いている。その日も、風呂から出てほとんど…

  • 愛しのマイロード 17

    Y「・・・・寝ていた、か」C「えぇ、そんなに長い時間ではありませんでしたが」Y「そうか・・・・・陽の下で昼寝なんて、何年ぶりだろう」C「ぐっすりお休みになられ…

  • 愛しのマイロード 16

    Y「書類は?」C「こちらに」Y「電話が来ても取り次ぐなよ。適当にあしらえばいい」C「・・・・本気でこちらでお仕事をなさるおつもりですか?」Y「あぁ、折角の晴れ…

  • 愛しのマイロード 15

    C「・・・・お出掛け、と仰られませんでしたか?」Y「あぁ、言ったな」C「お言葉ですが、ご自分のお屋敷の庭に出られただけではお出掛けとは言いませんよ」Y「なんだ…

  • VAMPIRE 46

    お月見は二回するものなんだよ。そうチャンミンを誘って、先月と同じく教会の屋根の上に。でもあいにくの曇空で、月は見えそうで見えなかった。風が強く、雲の流れが速い…

  • 愛しのマイロード 14

    C「おはようございます。朝ですよ」Y「・・・は、よ」C「はい、お目覚めになられましたか?」Y「ん・・・、眩し・・・」C「えぇ、本日は大変良いお天気です。暖かく…

  • VAMPIRE 45

    花を抱えて、家に帰ってきた。一応、教会にも寄ってきたけれど、最近チャンミンは教会にはいない。俺のことでシウォンとちょっとあったからだろうか。あそこはチャンミン…

  • VAMPIRE 44

    「もう閉店か?」次第に夜が深くなっていく繁華街の一角で、露店の花屋を閉めるために片付けをしていたところ、声をかけられた。「ヒチョル」シックな感じのスーツに身を…

  • VAMPIRE 43

    家に帰ってきたら、チャンミンがいなかった。途中、寄ってきた教会にもいなくて。だから当然ここにいると思っていたのに。扉を開けた途端、真っ暗な室内が目に入って。ど…

  • VAMPIRE 42

    目の前に綺麗なお月さまが浮かんでいた。「まんまる」なにがおかしいというわけでもないけれど、なんか笑えた。本当に見事に丸い月。「なんかおいしそー」思わず呟いた言…

  • 花占い

    庭の隅でユノがなにやらごそごそやっているのに気がついてはいたが、特に気にはしていなかった。周囲に一緒に遊ぶ小さな子供がいないせいもあって、ユノはひとり遊びが得…

  • しばらくお待ちくださいm(_ _)m

    今月から始める予定だった新連載……諸事情により、もう暫くお待ちください(_ _;)それまではストックしてある他の連載もの、単体ものを上げていきたいと思います。…

  • 愛しのマイロード 13

    C「私の顔に何か付いてますか?」Y「・・・・目が二つと、鼻と、締まりのない口」C「それは失礼致しました」Y「言ってる傍から緩ませるな」C「恋人との情事の後に顔…

  • Entropy Ⅲ

    仕事のない日は眠りが深い。元々寝付きも寝起きも良好で、職業柄纏まった睡眠時間を取れない生活に慣れていた。けれど広めのベッドにもう一人分の体温を感じるようになっ…

  • DISCORD 4完

    ユノははっと慌てたように飛び起きた。窓の外でちゅんちゅんと小鳥が鳴いている。やってしまった今やすっかり酔いはさめていた。さぁっと血の気が引いて行くのをしみじみ…

  • DISCORD 3

    眩しさに眉をひそめてゆっくりと目を覚ました。目の前の明るさに目が慣れるのを待つ。それから身体を起こせばくらりと頭が重かった。頭痛も酷いし吐き気も少しある。一体…

  • DISCORD 2

    ユノは駆け足で会社のエントランスホールを抜け、自動ドアを潜りぬけた。予定よりも仕事が長引いてしまい約束した場所へ走ると、すでにそこにはチャンミンが立っていた。…

  • DISCORD 1

    ユノは大きく伸びをした。午前はこれで一応のこと終了。今からは昼休憩の時間だ。持参していた弁当を持ってオフィスを抜け出すと、いつもの特等席がある屋上を目指した。…

  • 愛しのマイロード 12

    C「きす、してもよろしいですか?」Y「い、いちいち確認取るな!」C「先日、いきなりキスするなと仰ったのはどこのどなたです?」Y「あ、れは、おまえが・・・・・!…

  • 美しきマイロード Ⅵ

    かつて瞳に儚さを宿していた青年は、麗しさをそのままに艶やかな笑みを浮かべて問うた。「私では、貴女を幸せに出来ませんか?」美しく通った鼻筋。すらりと伸びた四肢に…

  • Genius Ⅱ

    試験場の広い駐車場の、主要道路へと抜けるのとは反対にある、比較的小さな出入り口を出て少し行った所。一緒の車で帰宅する時の待ち合わせは、決まっていつもそこだった…

  • 再・お休みします

    こんにちは⛅毎日暑いですね💦年々、暑さに弱くなってるような気が………(*_*;私事で申し訳ございませんが、17日㈫までお休みさせていただきます🎐とはいえ、…

  • VAMPIRE 41

    夜の教会はしんと静まり返り、ところどころ明かりを消してあるせいで薄暗く、なんだか別世界にいるような感じを受ける。この世ではないどこかにいるような―。いつの間に…

  • Entropy Ⅱ

    あれは静かな雨の日だった。「救急コールです。トラックと乗用車の衝突事故です。男性一名、意識レベル三百」「受けて下さい」午後一番で室内に鳴り響いた電話を取ったド…

  • VAMPIRE 40

    「あの彼の態度、チャンミンさんに対して失礼ですよ。そのままにしとくなんて、あなたも職務怠慢。あれは糧です。同等にはなりません。チャンミンさんはそういうところ、…

  • Genius

    身体の中心を突き抜ける爆音と、地響きのような絶叫と歓声。極限まで高まる鼓動に交じる、興奮を隠しきれないクルー達のざわめき。はらりと前髪を揺らした一陣の風が、チ…

  • VAMPIRE 39

    急速に高められる熱に、いつも身体がついていかない。それは快楽というよりも、苦しさを伴うもので。でもそのうち頭のなかが真っ白になって、なにもわからなくなる。もし…

  • 愛しのマイロード 11

    Y「耳をかせ」C「この距離なら小声で仰って頂いても聞き取れますが」Y「いいから、もう少し寄れ」C「何です、怪しまれますよ」Y「それくらい適当にあしらえ。あ、間…

  • memoir 〜Cafe de Loco〜

    その姿を知らず、視線が追っている。快適であれどそう広くはない店内。カウンターに座っていれば自然と店主の姿は視界に入るのだが、気付けば視線が追っているのだ。腐れ…

  • VAMPIRE 38

    すぅ、っと。家に入る前に大きく息を吸い込んだ。うん。大丈夫。いつも通り。ずっと一緒にいられるわけではない。それをよく考えろ、と言われた。所詮、糧なのだから、と…

  • 夢の中で食べた物は ー15年後ー

    ふわりと抱きつかれ、はむはむと耳朶を口に含まれる。チャンミンは少しだけ目を見開いた。珍しいことだ、と思う。「む・・・・ぅ」しばらくして、ユノが拗ねたような声を…

  • 夢の中で食べた物は

    「・・・・っと」チャンミンはユノの手から離れたプリンを、テーブルに落下するすんでのところで受け止めた。危ないな、とは思っていたのだ。おやつの時間だというのに妙…

  • Entropy

    *ユノの言葉遣い、ちょっと変えました。通知が言ってしまった方、すみません(_ _;)*************洗い立ての白衣を羽織ると、気持ちが引き締まる。こ…

  • VAMPIRE 37

    最寄の駅から家までをちょっと小走りで帰っていた。今日はバイト先で季節外れの送別会があって。それに出てたら帰りが遅くなった。すごくお世話になった人だから、なんだ…

  • ユノ専用目薬

    K「すごい風ですね」Y「ん!いたた・・・・・」D「ユノ?どうした?」Y「目にゴミが入った・・・・」K「大丈夫ですか?」Y「んー」C「擦っちゃダメですよ」Y「だ…

  • アメンバー募集締切ました

    今回もたくさんの申請ありがとうございました☘承認されてないという方、どちらかが抜けておりました。また次回……いつになるかわかりませんが、再度申請いただければと…

  • 再・アメンバー承認途中経過

    只今の時間までに申請された方については、全てにお返事、承認済です。まだ承認されていない方につきましては、どちらかが抜けておりますのでご確認ください。こちらから…

  • この記事は表示できません

    この記事は現在公開停止中です。詳細はヘルプページをご確認ください。

  • 美しきマイロード Ⅴ 7

    誰よりも器用に動く指先が、ほら早く、と急かすようにユノの胸元を辿っていく。主と執事としてではなく、恋人として晒す肌はいつだって、いつもよりもその温度が高い。ユ…

  • 美しきマイロード Ⅴ 6

    「・・・・・それは光栄だ」眠っていたはずのユノの唇が、小さな言葉を紡ぐ。「ユノ様・・・・!」起きていたのかと問えば、綺麗な指先が目元を隠していたストールを引い…

  • アメンバー様募集いたします

    アメンバーについての問い合わせをいただきましたので、下記の日程でアメンバー様を募りたいと思います。募集期間 7月29日(木)10時〜7月30日(金)21時募集…

  • VAMPIRE 36

    目の前に大輪の光の華が咲いた。「すっごい、きれー」ビルのてっぺん。空に一番近いところで花火を見る。アパートでご飯を食べていたら、花火の音が聞こえてきた。ウチか…

  • 美しきマイロード Ⅴ 5

    「おや?」カサカサと小さな音を立てて、開いたままの雑誌のページが風に煽られる。その微かな音は、庭の片隅で横たわるユノ手元から。幾つも重ねたクッションをベッドに…

  • この記事は表示できません

    この記事は現在公開停止中です。詳細はヘルプページをご確認ください。

  • 暑中お見舞申し上げます 1

    「あー、そう言えばさ」ソファに寝っ転がって雑誌を読んでいたユノが、ダイニングテーブルで何やら書き物をしているチャンミンに声をかけた。「はい?」チャンミンも顔を…

  • Cafe de Loco Ⅳ 17完

    ユノの思うようなこと、全てを越えた上で発せられた言葉に聞こえて。『こっちに帰って来てからね、いつまでも俯いてしまう自分が嫌で色々考えてしまって、留学先であなた…

  • 美しきマイロード Ⅴ 4

    こういう印象のリースはどこかで見たことがあるような・・・・屋敷のあちこちにチャンミンが生けた花は飾られているけれど、こうしてリースが作られることは珍しい。どこ…

  • Cafe de Loco Ⅳ 16

    そして世界は実りの季節の始まりに切り替わり鮮やかな喧騒も遠ざかりつつある午後少しばかり遅めの夏期休暇は幸いにも天候に恵まれた。教会脇の墓地はずいぶんと涼しくな…

  • 美しきマイロード Ⅴ 3

    いつになくゆったりとした気分で午後の一時を過ごしながら、ユノは読んでいた紙面から視線を上げた。目の前に広がるのは、よく手入れの行き届いた庭園。美しく剪定された…

  • Cafe de Loco Ⅳ 15

    結局の所、俺たちは何処かが似ているのかもしれない。そしてまた、何処かは全然違うのだ。だからこうして隣同士でいられるし、これからも互いを見ながら歩いて行けるのだ…

  • 美しきマイロード Ⅴ 2

    チャンミンは脱いだ燕尾服を作業用のカートの上に置き、シャツの袖を捲りあげた。今日は生い茂ったハーブの手入れと、そのハーブを使ってあれこれ色々と作る予定だ。「さ…

  • Cafe de Loco Ⅳ 14

     「・・・・おまえ、そんなことを思っていたんだな」暫くの沈黙の後、今度は落ち着いた声でユノがそう言った。柄にも無く情けないことを言ったと。言葉を紡ぐことを止め…

  • 愛しのマイロード 10

    Y「そういう顔、しないと思ってた」C「・・・・と、申しますと?」Y「自分でどんな顔してるのか、わからないのか?」C「はぁ。私としてはいつも通りと認識しておりま…

  • 美しきマイロード Ⅴ 1

    ユノの好みは料理であれスイーツであれ、飲み物であれ、熟知している。もちろん、日々の体調により変化することも、その変化の振り幅も理解している。食べ物に限らず、音…

  • Cafe de Loco Ⅳ 13

    「あなたにはもっと別の選択肢があってもいいはずなんです」普段であれば己のプライドも手伝って口に乗せたりなどしないことを、つい零してしまったと思っても後の祭り。…

  • 愛しのマイロード ⑨

    C「ユノ様・・・・・、ユノ様」Y「・・・ん・・・・・しご、と、おわったの、か」C「えぇ、お待たせ致しました」Y「ちょっと、まて。いま、おきる・・・・」C「はい…

  • Cafe de Loco Ⅳ 12

    「笑ってるだろ」「そんなことありません」「笑ってる。俺ばっかりいつもそんなこと気にして、可笑しいって分かってるけど」「ユノ」「ああ、もう。本当は一緒に買い物に…

  • Cafe de Loco Ⅳ 11

    彼女が帰ってしまえば今日はもう店じまい。掃除用のクロスを手にユノは小さくひとつ、溜息を吐く。『ちょっと出てきます』小さくそう言って背中を見せたチャンミンのこと…

  • VAMPIRE 35

    「うそだろ、おい」向かいに座っていたヒチョルが目を疑うような表情を浮かべて呟いた。飲もうとした薔薇の香のするお茶は、忘れ去られたかのように空中で止まったまま。…

  • Cafe de Loco Ⅳ 10

    「うん。私、あなたに今日、会えて良かったわ」ひとしきり笑い終えた後で、彼女はそう繰り返す。その目の端に滲むのはきっと笑い涙に違いないのだけれど、それだけではな…

  • Cafe de Loco Ⅳ 9

    二杯目の珈琲を感謝の笑みで受け取って彼女は話す。留学をする一年ほど前に、弟を亡くしたのだ、と。そしてそこからなかなか立ち直ることが出来ず、周囲の勧めもあって留…

  • Cafe de Loco Ⅳ 8

    「まずかった、かしらね」「え?」ショートカットの髪を行儀悪くぽりぽりとかきながらカウンターの彼女が声を掛ける。「誤解した、わけでは無いでしょうけれど面白くない…

  • VAMPIRE 34

    久し振りの休日。家でのんびりとテレビを見ていたら、後ろから抱きしめられた。「・・・・チャンミン」前と同じで『構え』ということだろうか。でもな。この番組、観たい…

  • Cafe de Loco Ⅳ 7

    予定していたよりもかなり早くに仕事が退けた。次の仕事に取りかかるにはどう考えても中途半端である。と半ば勝手に解釈し、この時間であればまだ店は空けているはずとチ…

  • 仔猫パニック 3完

    「・・・ん・・・・?」ふと目を覚ますと、見慣れた天井が目に入る。僕は何をしていたんだっけ、と散らばる思考をかき集め・・・。「っ?!」一瞬にして蘇った記憶に、勢…

  • Cafe de Loco Ⅳ 6

    「・・・・・ふ」不意にカウンターの向こうから小さな溜息に似た声が聞こえて、途端、空気が変わった。え??と思っている間に先ほどまでの慌てぶりはどこへやら、すっと…

  • 仔猫パニック 2

    まるで、ファンタジーの世界だ・・・・・。あぁ神様。僕は何かあなたを怒らせるようなことをしたんでしょうか・・・。何がどうなってこんなことに?目覚ましの薬としては…

  • Cafe de Loco Ⅳ 5

    「考えが変わったわ。もしよかったら一杯いただけないかしら」暫くの後、軽く頭を振って彼女はそう言った。「はい。何がよろしいですか?」カウンター越しに小さく微笑み…

  • 仔猫パニック 1

    にゃー・・・・・・・・にゃー・・・ん・・・・うるさい・・・・靄のかかったような頭で、先ほどから止まない音に毒づく。にゃーいくらこのマンションがペット可だって言…

  • Cafe de Loco Ⅳ 4

    「珈琲はいかがですか?」「クヤシイ思いをしたくないから、いらないわ」すっかり落ち着いた店主の顔でにこやかに訊ねるユノに、僅かに頬を膨らますようにして彼女はそう…

  • Cafe de Loco Ⅳ 3

    「この辺りにお住まいだったんですか?」「私?いいえ。そうじゃないんだけど」カウンターに席を取り、ユノに話しかけているその客はユノとは数年ぶりの再会である。バリ…

  • Cafe de Loco Ⅳ 2

    夕刻を迎えた往来では蜩が鳴き始めている。強かった日差しもいくらかやわらいで、何処か遠くで時折の風を風鈴が告げる。客足が途絶え、店の入り口の観葉植物を移動させる…

  • VAMPIRE 33

    「包帯」家に帰ると、救急箱のおいてある押入れに向かおうとした。だが、腕をつかまれる。「ダメだよ。手当しなきゃ」引き寄せられるのに逆らうと、ますます強く引っ張ら…

  • Cafe de Loco Ⅳ 1

    表通りを車が通り、夏の欠片がゆらりと揺れる。水出しコーヒー用のウォータードリッパーもそろそろ今年の仕事を終える頃。水出しならではの仄かに感じる喉越しの甘さを楽…

  • 夢の中では

    ユノ→12歳チャンミン→29歳*************「―好きって言って?」思春期を迎えようとしているユノが、最近妙なことを覚えてきた。不意打ちで繰り出され…

ブログリーダー」を活用して、BETTYさんをフォローしませんか?

ハンドル名
BETTYさん
ブログタイトル
HEART LIFE
フォロー
HEART LIFE

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用