searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

葉咲透織さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
いろ葉書房
ブログURL
https://hazaki714.com/caution/
ブログ紹介文
オリジナル小説(BL・ライト文芸系)&レビューのサイト。高身長受けBLの人と呼ばれたい。
更新頻度(1年)

408回 / 365日(平均7.8回/週)

ブログ村参加:2020/03/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、葉咲透織さんをフォローしませんか?

ハンドル名
葉咲透織さん
ブログタイトル
いろ葉書房
更新頻度
408回 / 365日(平均7.8回/週)
フォロー
いろ葉書房

葉咲透織さんの新着記事

1件〜30件

  • クレイジー・マッドは転生しない(92)

    <<はじめから読む!<91話「僕はそんな姉さんを不気味に感じて、子供ながらに距離を置くようにしていた。母も同じだ。自分がお腹を痛めて産んだ子が、なんだか不気味で仕方ない。そう感じてしまう罪悪感で、次第に心を病んでいった」 父は娘の操り人形と

  • クレイジー・マッドは転生しない(91)

    <<はじめから読む!<90話「先輩のお姉さんは……いいや、日向瑠奈は、サイコパスだと思います」 ネットで調べた情報だけではなく、関連の本も読んだ。 サイコパス。それはとても魅力的な人々。話術に長け、頭の回転も速い。そんな特徴を持つ人間の一人

  • クレイジー・マッドは転生しない(90)

    <<はじめから読む!<89話 一週間は短かった。それでも得るものは得られた。そう思う。あとは瑞樹先輩と話をするだけだ。 杉原と面会した後で、俺はSNSの海を探し回った。俺みたいなオタクからすれば信じられないけど、世の中には本名に顔写真アイコ

  • クレイジー・マッドは転生しない(89)

    <<はじめから読む!<88話「ひとつは、日向瑠奈を悪魔だと言った女の子。その子、インタビューの数か月後に、死んだんだ」「え?」「自殺だったそうだ」 瑠奈の場合と違って断定されたのは、自室で首を吊って死んだからだった。遺書は残っていなかったが

  • クレイジー・マッドは転生しない(88)

    <<はじめから読む!<87話 二人とも、瑠奈のクラスメイトだった。瑠奈は読者モデルをしながら、学級委員も務め、成績も優秀な美少女だったらしい。天は二物も三物も与える。呉井さんと同じ……いや、呉井さんの上位互換が、日向瑠奈だ。呉井さんは学級委

  • クレイジー・マッドは転生しない(87)

    <<はじめから読む!<86話 待ち合わせ場所として指定されたのは、喫茶店だった。俺たちがよく……でもないけど、行くことのあるカジュアルな場所ではない。若い客は俺一人で、働いているのも老夫婦とその娘らしいおばさんだけ。「ご注文は?」 ファミレ

  • クレイジー・マッドは転生しない(86)

    <<はじめから読む!<85話「あった……」 思わずつぶやき、熟読する。『美少女高校生、悲劇の誕生日』 誕生日、だったのか。この日が瑠奈の十七歳の。そして読者モデルをしていた名門女子校の生徒という情報も得られた。山本に「県内の名門女子校ってど

  • クレイジー・マッドは転生しない(85)

    <<はじめから読む!<84話 文化祭後の一週間、俺は学校をサボることにした。このときばかりは、髪をピンク色に染め直しておけばよかった、と思う。白茶けた髪だと、私服でも高校生に見えてしまうが、ピンク髪なら……というところまで考えて、そもそも俺

  • クレイジー・マッドは転生しない(84)

    <<はじめから読む!<83話 楽屋挨拶に行く予定だったが、呉井さんは、「気分が優れないので」と辞退した。誰が見てもはっきりとわかるくらい、真っ白な顔をして涙目になっていたので、柏木は心配そうだ。「そんなに心配なら、先に呉井さんのこと送

  • クレイジー・マッドは転生しない(83)

    <<はじめから読む!<82話 脚本は、なんてことのない話だった。いくつもの童話の主人公たちを組み合わせた、いわゆるパロディもの。さすがに受験生だからな。イチからキャラクターを練り上げて一本の舞台作品を書き上げるのは、大変だ。 なんてことはな

  • クレイジー・マッドは転生しない(82)

    <<はじめから読む!<81話「明日川、お疲れ~」 柏木は文化祭を満喫している。タピオカドリンクを片手に、もう一方に綿あめの袋を抱えている。頬にはフェイスペイントが施され、クラスTシャツも裾を結んでアレンジしている。全体的に派手だ。 中身はオ

  • クレイジー・マッドは転生しない(81)

    <<はじめから読む!<80話 注文が入れば、笑顔で「はい!」と請け負って、たこ焼きをひっくり返す。大阪人ではないが、我が家にはたこ焼き器があって、定期的にたこパが開かれる。誰とって? 言わずともわかれ。母親とだよ! そんなわけで、俺のたこ焼

  • クレイジー・マッドは転生しない(80)

    <<はじめから読む!<79話「ああ、もう帰るところだった?」 瑞樹先輩がやってきた。結局俺たちは、彼のクラスが何をしているのか知らない。「お疲れ様。ひとまずこれ」 疲れたときには甘いもの……と、購買横の自販機で売られている紙パックジュースが

  • クレイジー・マッドは転生しない(79)

    <<はじめから読む!<78話 石けんもできあがり、スペースのレイアウトも決まった。配布レシピの印刷もOK。いよいよ文化祭当日となった。 結局、呉井さんの家に行けたのは、最初で最後だった。静香さんに写真の少女のことを聞きたかったが、こればかり

  • 「しあわせの桃の極みアフタヌーンティー」@ハイアットリージェンシー横浜

    年を取って、めっきり生クリームが食べられなくなった、葉咲透織です。昔は家族旅行で行ったホテルのディナービュッフェ、ケーキ全種類食べたりしていたのですが、とても今では……。なので、ケーキビュッフェも「行きたいけど、そんなに食べられないかも…」

  • クレイジー・マッドは転生しない(78)

    <<はじめから読む!<77話「えっと、確かこの辺に……ああ、ありました」 振り向いた彼女の手には、数冊のフォトアルバム。 重いだろうから、と俺がアルバムを持った。そしてそのまま、隣にあるゲストルームに向かう。「最近使っていないから、埃っぽい

  • クレイジー・マッドは転生しない(77)

    <<はじめから読む!<76話 石けん作りは楽しかった。捏ねて、精油やはちみつなどの素材を入れて、さらに捏ねて成形する。「なんか、幼稚園のときの粘土遊び思い出すよな」「そうですわね」 呉井さんも同意をしつつ、石けんを形作っていく。小判型にしよ

  • ヤクルトアイス&シャーベット@渋谷109

    久しぶりのスイーツ探訪記でございます。美味しそうな最新・限定スイーツはだいたい、ファッションプレスのtwitterで知るのですが、今回食べに行ったのも、twitterで見てのことでした。ヤクルトは別に好きでも嫌いでもない。いや、ぶっちゃけ大

  • 映えない友達

    『のぞみ。しばらくおばあちゃんちで暮らしてみない?』 そうママが言ったとき、てっきり父方の祖父母の家だと思った。鎌倉といえば和の街。渋谷原宿を根城にしている私とは、一見ミスマッチ。でもだからこそ、映える写真がたくさん撮れそうだ。 レンタル着

  • クレイジー・マッドは転生しない(76)

    <<はじめから読む!>75話「ようこそ、皆さん」 洋風建築の屋敷に、呉井さんがドレス姿だと錯覚した。本当は、フリルをあしらったエプロンをしているだけだった。石けんづくりへの並々ならぬ熱意から、彼女は汚れてもいいように、Tシャツとデニムスカー

  • クレイジー・マッドは転生しない(75)

    <<はじめから読む!<74話 練習も首尾よくいって、土曜日。いよいよ呉井家訪問の日である。 俺は山本と待ち合わせて、学校へと向かう。事前の打ち合わせが必要だった。「呉井の家族か、仙川先生以外の人に話を聞くことができたら、ベストだな」「ああ」

  • 梅雨に彩花

     大きく武骨な手から、丁寧な文字――読みやすい、とは言わない。癖はない。だが、ちまちました文字は、老眼鏡にクラスチェンジしたと噂の担任には、読みにくいに違いない――が生まれるのは、興味深い。 この年になってやることはないけれど、昔はてのひら

  • クレイジー・マッドは転生しない(74)

    <<はじめから読む!<73話「く、呉井さん呉井さん、いったんストップして休憩しよ。な?」 慌てて作業を止めさせる。呉井さんは、はっとして俺の顔を見る。それから恥ずかしそうに、自分の彫っていた石けんを見つめる。釣られて俺も作品に目を落とすと、

  • クレイジー・マッドは転生しない(73)

    <<はじめから読む!<72話 呉井家の協議の結果、来週の土曜日に石けん作り大会の開催が決定した。それまでに山本は材料を用意することに。見本分のみなので、数はいらないが、種類はいくつか用意しておいた方がいいだろう。「精油は、うちの母親がアロマ

  • 『銀色きつねは愛されアルファ』(葵居ゆゆ)

    幻冬舎BLの日ということで、電子書籍で購入しました。何買おうかな~、普段は文庫ばっかり買っちゃうから、新書を買おう!と決めて買った一冊がこちら。『 銀色きつねは愛されアルファ』(葵居ゆゆ)↑Amazonの電子書籍ページに飛びます。オメガバー

  • 「ギフテッド~狼先生は恋を諦めない~」(寺崎昴)

    長編を投稿し終えて、またちょっと余裕ができたので、積んでいたBLを読みました。「ギフテッド~狼先生は恋をあきらめない~ 」(寺崎昴)↑Amazonの電子書籍購入ページに飛びます。投稿の先輩、寺崎昴さんのデビュー作です。デビュー本当におめでと

  • クレイジー・マッドは転生しない(72)

    <<はじめから読む!<71話「雑貨扱いでも、原材料とか成分とか明記しなければならないし。僕たちができそうなのは……」 山本は再度、スマートフォンを弄る。「こういうのかな」 彼が示したのは、石けんの彫刻だった。ソープカービング、というらしい。

  • クレイジー・マッドは転生しない(71)

    <<はじめから読む!<70話 九月になって、学校が再開された。変わったことといえば、俺は髪の毛を染め直すのを辞めた。ピンクをきれいに出すためにブリーチしていたので、色が抜けてもやや赤みが残っている状態だ。 新学期、教室に入ってきた呉井さんは

  • ドリップバッグの日本茶「Drip Tea」がティータイムにイチオシ!

    2021年になってから、毎月のように原稿マラソンをしています。今も長編小説の執筆真っ最中。※3月終わり原稿のお供に温かいものを飲むよ~、という人は多いと思います。冬のみならず、真夏でもエアコンの冷えを気にして、冷たいものを摂らないようにして

  • クレイジー・マッドは転生しない(70)

    <<はじめから読む!<69話 出発順は、俺たちが最後だった。そわそわしている呉井さんを、戻ってきた柏木が、「ぜんっぜん怖くなかったよ! 大丈夫!」と勇気づけている。 ひとつしかない懐中電灯は、俺が持った。細い三日月は、明かりの手助けにはなら

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー