searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

TOI学習会(とわがく) -15才までの学力UPトレーナー-さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

インスタでは中学生に向けた、ゆるネタ投稿やってます。勉強の息抜きがてら眺めてください。

ブログタイトル
小中学生の子をもつ保護者のためのブログ
ブログURL
https://toigaku.com/hint
ブログ紹介文
子どもの勉強で困った時に、何かのヒントになればと思います。自身の経験を踏まえ、心理学や教育の視点などから言えること、考えられることを気の向くまま書いてあります。
利用SNS・
コンテンツ
Instagramアイコン

Instagram

https://www.instagram.com/toi.gaku
ブログ村参加
2020/03/17
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、TOI学習会(とわがく) -15才までの学力UPトレーナー-さんをフォローしませんか?

ハンドル名
TOI学習会(とわがく) -15才までの学力UPトレーナー-さん
ブログタイトル
小中学生の子をもつ保護者のためのブログ
フォロー
小中学生の子をもつ保護者のためのブログ

TOI学習会(とわがく) -15才までの学力UPトレーナー-さんの新着記事

1件〜30件

  • 高校入試の面接対策 好印象を与える回答を考えよ

    よく聞かれる高校受験での面接の質問を紹介し、面接官に好感を持ってもらえるような回答を考えます。面接官が知りたいのはあなたがどういう人なのかということ。と同時に面接は、あなたがその学校を詳しく知るための機会でもあります。だから学校とあなたの相性が良ければそれだけ、その学校とのご縁があるということになります。あなたの良さをアピールするために、そしてそのアピールを好感度アップにつなげるために、面接対策のコツをつかんで下さい。

  • 面接までに身につけておきたいコミュニケーションスキル

    高校受験の面接では、面接官の先生にいかに好印象を残すかも大切です。好印象を残せなければ面接官の記憶にも残らないことにつながります。ここでは面接を通過して無事に合格を勝ち取るための話し方のコツ、話し方の技術を2点紹介します。この技術は面接に限らず様々な場面で応用が効くものなので、覚えておけば必ず役に立つ時が来ます。

  • 高校入試の面接対策 緊張しないための心構え

    面接はどうしても緊張するものです。だからこそリラックスして自然体な所をアピールできればそれだけ有利に進めることができます。ここでは人生最初の大きな決断を迫られている高校入試で、特に面接についてどうやってうまく乗り切るか、どのようにして緊張せずにリラックスした状態で面接に臨めるかについて考えます。なれない場面で緊張してしまい不安がある受験生は参考にしてください。

  • プログラミングの自由研究 ー日常生活に役立つもの作りー

    プログラミング学習を楽しく取り入れるための教材を紹介します。プログラミングを勉強しようとしても、まとまった時間が取れないとなかなかできません。だからこそ時間のある夏休みはプログラミングを勉強する絶好のチャンス。どうせならプログラミングを夏休みの自由研究にして、物の見方や考え方を大きく広げてみるのも良いかと思います。

  • 第一志望の学校に合格するために知っておきたい思考法 【逆算思考】

    何かと上手く色々なことをやってのける人は、物事を考えるときに無意識的に「逆算思考をしている」という特徴があります。まず目標を設定し、その目標にたどり着くにはどのようなことをしていけばよいか。それを考えて具体的な行動を起こすという習慣がついているといえます。逆算思考で計画を立てると、進学希望の学校へ行くためのメンタリティーを身につけることもできるといえそうです。

  • 体育、音楽、技術家庭、美術、4教科の期末テスト対策をどうするか

    副教科の体育、音楽、技術家庭、美術は、普段の授業であまり教科書を使わないだけに、テスト対策として何をどのように勉強すれば良いのか困っている人も多いと思います。ここでは副教科のテスト対策のコツとして、一般論にはなってしまいますが「こんなところに注意してテスト対策をしていこう」という提案をしていきます。この部分に注意すれば1教科あたり10点UP、合計50点UPも狙えるかもしれません。合計50点UPは大きいですよね。

  • 自由研究のテーマに悩んだら卵焼きを作れ

    夏休みの自由研究のテーマを決められずに困っている人のために、「こんな題材で自由研究を進めてみてはどうですか」という提案をしていきます。ここでは卵焼きについて紹介。たかが卵焼き、されど卵焼き、作ってみると奥の深さを実感する卵焼き。奥が深いということは立派な研究対象です。「日常の身近にあるものでできる自由研究を」ということで、ここでは卵焼きをにスポットを当て、どのような所に着目して研究を進めれば良いか提案します。

  • 大人も遊びながら数学に強くなる

    ハノイの塔  ハノイの塔。これは当ブログの 別の記事 で既に記事にしているのですが、「学習玩具・知育玩具」のカテゴリーを作ったので、改めて紹介します。 数学の本質が随所にみられるパズルゲームです。  【遊び方】 以下のルールに従い、真ん中の

  • 子どもも大人も楽しく頭のトレーニング!! 知育玩具・学習玩具 紹介

    「子どもの能力を高めたい」と思うなら遊びながら学ぶのが一番!! 楽しみながら学べば子どもの知力や能力が自然と高められることが期待できます。ここでは子どもだけでなく大人も楽しめる、知的好奇心を刺激する学習玩具を紹介します。親子で一緒に頭のトレーニングをして、一緒に学んで、楽しい時間を過ごしてみませんか?

  • 中学生のための自分に合った参考書の選び方

    中学生向けの学習参考書を購入するときの注意点やポイントを紹介します。自分に適した学習参考書を購入するには、実際に自分の目で見て確認するのが一番。友達や先生から勧められたものでもそれが自分に合っているとは限りません。参考書選びの参考にしてください。

  • 1つの物事を様々な視点で考える

    どうして勉強しないといけないのか、勉強なんてめんどうだ、つまらない。そう思っている中学生もたくさんいると思います。勉強は大切だと頭ではわかってはいるものの、なぜ学校で勉強する必要があるのかと疑問に思うと、ふに落ちないこともたくさんあると思います。ここでは「何で勉強しないといけないのか問題」に悩んでいる中学生に向けて、こんな考え方をしてみたらどうですか、という提案をしています。

  • コーヒーショップでテスト勉強

    テスト勉強に集中できなかったり、やる気が起きなかったり。勉強しないといけないとわかっているのになかなか進まないときは気分転換が必要。そんな時には勉強する環境を大きく変えてみることも大切です。たまにはコーヒーチェーン店で勉強してみるのも良いんじゃないですか?という、中学生に向けたお話です。

  • 中学生になって初めての定期テスト

    中学1年生にとって初めての定期テストとなる1学期の中間テスト。この時は100点を取る生徒がたくさんいるのもまた事実。ただ、100点を取れたと油断すると、後々になって痛い目に遭うことも。高得点を取れた時こそ油断することなく頑張っていきましょうね、というお話です。

  • こんな塾では成績は伸びない

    「自塾のアピールが不自然」、「何かと手探りを強調する塾」、「大切なのは人間性だと言い張る塾」。入塾説明会でこれらのフレーズを聞いたときは要注意!! 子どもの成績が上がらなかった時の言い訳を前もって用意している危険があります。ここでは学習塾を選ぶ際に気を付けたいことを紹介します。

  • 失敗しない塾選び こんな塾はやめておけ!! 

    ここでは塾選びで失敗しないためのヒントとして3点紹介します。新学期前ともなれば、子どもをどの塾に通わせようかと考える機会も増えてくると思います。お子さんに合った塾を選ぶには入塾説明会への参加は必須。この時に塾の本質的な部分もしっかり見極めて、お子さんに合った塾に通わせたいですよね。

  • 「楽しく勉強」とアピールする塾に通わせる前に考えてほしいこと

    塾のチラシなどを見ると、「勉強が楽しくなる」のように勉強の楽しさをアピールするものが良く見られます。ここで注意しておきたいのが「楽しさのニュアンス」。何をもって楽しいとしているのか少し注意が必要です。「この記事、楽しく読めますよ。ぜひ読んでください。」こう書いてあったら何を期待しますか?

  • 成績が伸びる子の性格的特徴

    大人も子どもも結果を残せる人にはいくつかの共通する性格的特徴があるように感じています。ここではその性格的特徴の一つである「謙虚」であることに注目し、子どもの学校での成績と性格の関係性を考えてみます。子どもの成績が伸びないと悩んでいる保護者の方は、勉強とは少し視点を変えたところからアプローチするためのヒントにしてみてください。

  • 「〜しなければならない」思考をするまじめな人へ

    努力をしながらも結果が伴わなかったら少なからずショックを感じるものです。ストレスを引きずり長く気分的に落ち込んでしまうよりかは、できるだけ早い段階でストレスを解放しておきたいものです。ただまじめな人ほど、まじめであるがゆえに上手くストレスの開放ができないなんてこともあります。ここでは私の経験も踏まえ、完璧思考の人に一言おくります。

  • 中学数学は日常生活や恋愛で役に立つ!?

    数学を苦手と感じる生徒は、数学を日常のいつ使うのかという疑問をよく持つように感じます。もっともその疑問を解消出来たら、数学について興味をもって取り組むこともできるかもしれません。ここでは数学にネガティブな印象を持っている中学生のために、そして恋愛に悩んでいる中学生のために、下世話なネタですが「こんなところに中学数学、特に正負の数の考え方を当てはめられるよ」っていう理論を1つお伝えします。

  • わが子の勉強嫌いを改善する魔法の一言

    勉強嫌いの子どもに「勉強しなさい」と言ったところでほとんど効果はありません。しかし何とか子どもに勉強に向かう姿勢を身につけさせたいものです。ここでは、勉強嫌いの子を勉強好きにするとまでは言いませんが、勉強嫌いを少しでも改善・克服するための声かけについて、1つ提案します。

  • なぜ勉強へのやる気が長続きしないのか

    テスト前などは勉強をやる気になるのは簡単ですが、でもそのやる気を長続きさせるのはやっぱり難しいものです。いずれやる気は下がっていくものですが、その一方で、やる気がずっと長続きしている人がいるのもまた確かです。この長続きするかしないかの違いはどこにあるんでしょうか?ここではやる気が長続きしている人としない人の違いについて挙げ、それを基にモチベーションをキープするコツを考えてみます。

  • 川口市の中学生のために授業料無料の出張授業やります

    川口市にお住いの中学生のために無料学習支援として、数学の出張授業を承ります。コロナ禍で経済的に厳しく学習塾に通うことが難しい方のために、少しでも助けになれればと思います。開催条件として、生徒は2人以上いること、開催場所を予め用意していただくことなど、いくつかあります。詳しくはサイトをご覧ください。

  • 子どもの成績に対する保護者の間違った考え方3パターン

    子どもの勉強に向き合う際、保護者はどのような考え方でいるのが望ましいかを考えてもらうために、保護者によくありがちな勉強に対する間違った考え方を3パターンみてみます。子どもの成績が上がらないと感じている保護者の方はぜひご一読ください。

  • 保護者の凝り固まった思考と子どもへの影響

    人には「既に自分にある決まった答えを持っていると、他の意見や可能性を受け入れなくなる」ところがあります。浅い思考でいるとその性質が顕著に表れるようです。保護者の興味・関心が子どもの学校の成績だけに凝り固まってしまいその他のことが全く見えなくなっている場合も、浅い思考に陥っている危険性が高いと考えられます。ここでは、ちょっとした算数の問題を解きながら、浅い思考でいるとどのような不都合が生じるかを考えてみます。

  • 英語の定期テストが60点以下だった中学生のために

    中間テストや期末テストでは良い結果を残したいと思うものです。ただ、試験勉強をしたにも関わらず、残念な結果に終わってしまった生徒も多いと思います。ここでは定期テストで60点以下だった、平均点を下回ってしまった、あるいは勉強したのに結果が伴わなかったと思っている特に中学1、2年生のために、どのようなところを反省点として振り返り、次回の定期テストにつなげていけば良いかを提案します。

  • 生徒欠席による補講や振り替え授業を認めない理由

    当学習会では、生徒や保護者が原因であることによる欠席の補講や振り替え授業は認めていません。それにはきちんとした理由があります。ここではその理由について紹介します。「学習に向かう姿勢」について少し考えてみていただきたく思います。入会を検討されている方はぜひ1度目を通してください。もしかしたら厳しいと感じる保護者の方もいるかもしれません。その一方、当たり前のことと感じる保護者の方もいると思います。

  • 学習会への入会をお断りする11パターン

    具体的にどんな場合に入会をお断りするかを記します。1人でも多くの生徒に入会してほしいというのが経営上の本音ではありますが、それでも敢えて入会をお断りする場合があります。入会を考えた時にちょっと考えてください。

  • 中学生のための定期テスト対策 無料勉強会

    西新井中学校、鹿浜菜の花中学校、加賀中学校、伊興中学校の生徒の定期テストを全力サポート!! 無料勉強会に参加して中間テストや期末テストの点数を上げるきっかけとしてください。学校の提出物でわからないことがある時はしっかり指導します。勉強で困ったときには「とわがく」へ。

  • 中学3年生が高校入試に向けやっておきたい秋の数学勉強法

    ここでは高校受験を控える中学3年生が、秋にはどのような勉強方法で日頃の数学の学習を進めていけば良いかを提案します。基礎に不安がある場合は無理に応用問題や難易度の高い問題に手を出す必要はありません。むしろ不安があるなら基礎・基本の確認に充分時間を使った方が今後の力になります。ただ、時間の使い方についてはしっかりと自覚を持っておくことが大切です。

  • 中学生には1日何時間家庭学習をさせれば良いか

    保護者からよく聞かれる質問の1つに「家では1日何時間勉強させればいいか?」というのがあります。時間を重視する考えの家庭学習について、それが本当に子どものためになっているのかを考えてみます。家庭学習を何時間させれば良いかと感じた時にちょっと読んでみてください。

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー