searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

SitarHarmonicsさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Emotion Explorer
ブログURL
https://emotionexplorer.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
日々のプログラミングでのささやかな思いを徒然に綴っています。 自分の面白いと思ったものなど、プログラミングし、サンプルコードなどの掲載 しています。
更新頻度(1年)

179回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2020/02/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、SitarHarmonicsさんをフォローしませんか?

ハンドル名
SitarHarmonicsさん
ブログタイトル
Emotion Explorer
更新頻度
179回 / 365日(平均3.4回/週)
フォロー
Emotion Explorer

SitarHarmonicsさんの新着記事

1件〜30件

  • ミニワゴンのようなものを作ってみる

    ラナンキュラスと言う花だそうです。綺麗なものです。あれやこれや、やらねばならぬときぃーーと爆発しそうになり、部屋の雑多な空気清浄機が目に入りました。DIYで怪しげなテネモス 飯島秀之さんが紹介されていた空気清浄機を作成、稼働中なのだが、床に直置きの状態で配線が乱雑。この状況を何とかしたいと思いました。直置きは風水的にも良くないし、スイッチ配線もゴチャゴチャなのでこれもキレイにしたい。その空気清浄機を置...

  • タミヤ バギー模型の作成

    タミヤ バギー工作基本セット買ってしまいました。ロボットなど流行り出し、興味がありましたが、現物を買おうとするとちょっと高いですし、そもそも4輪自動車のメカニズムが良く分からなかったので、ステアリング機構を持ち、簡易的なバネサスペンションを持つこの模型をとりあえず作ってみようと思いました。その後、マイコンとサーボでも積んでみましょうか。部品箱を開けてみると.... こんな感じ。プラモと違って金属部...

  • Python PyAutoGuiによるWindows GUIオートメーション事始め。

    WindowsのWordやExcelを勝手に自動運転で動かして仕事してくれないかなと思う事しょっちゅう。出来たら便利だ。なかなか、どうしたものかと調べていたら、GUIで仮想的にキー入力やマウスクリックなどしてアプリケーションを制御する方法があり、これをGUIオートメーションと言うのだそうです。PythonのPyAutoGuiモジュールが一体どんなものか、基本的な操作を行い、その感触を味わってみたいと思います。PyAutoGuiとPyWin32今回はP...

  • OpenCVで風景写真に虹を合成してみる

    殺伐として、どうしようかと迷う日々。ある時、雨上がりの空をふっと見上げたら虹を見ました。天命のようなものを感じ、そこまで言うかと感ぜられ愕然とするものがあるものの、少し元気づけられます。さて、OpenCVの画像処理のお遊びとして、風景に虹を合成してみたいと思います。Pythonサンプルプログラムimport cv2import numpy as npimport numpy.polynomial.polynomial as nppimport colorsysdef main(): # 合成元画像 f...

  • Scikit-Learn 凝集クラスタリング

    前回、非線形次元削減を行いました。余興ではありますが、この2Dデータに対して教師なし学習の凝集的クラスタリング(AgglomerativeClustering), K-meansクラスタリングで分類してみたいと思います。前回の非線形次元削減データなお、今回は各クラスタリングでどのように分類されるか、その傾向を見るもので、精度などは問いません。Pythonサンプルプログラムfrom sklearn import manifold, datasetsfrom matplotlib import pyplot...

  • Scikit-Learn 非線形次元削減(SpectralEmbedding)

    今回もAI、機械学習についての関連について書いてみます。主成分分析(PCA)による特徴空間の次元圧縮などは、以前ブログ記事に書きました。今回は非線形次元削減について、Scikit-LearnにSpectralEmbeddingという処理がありましたので、これについて、書いてみようかと思います。今回は試すこと今回は、手書き数文字の認識向けに、8×8の64次元から2次元に次元圧縮を行ってみます。インターネット中には、文字が黒で背景を白と...

  • Pythonで自立系移動計画を考えて見る(2)

    自立ロボットなどで使用する移動計画立案、経路探索の続きです。前回ブログで上記画像より経路を求めました。求めた経路道がない所に道を作って、その道の上をどのように動くかというお話です。この段階先は結構面倒なので、この段階でやめておこうかなと思いましたが、この経路から最短ルートを求めたいと思います。一応断っておきますと、このやり方は定番の方法ではありません。一般にはベクトルで行うのが良いのでしょう。Pyth...

  • Pythonで自立系移動計画を考えて見る

    移動するロボなどで使用する移動ルートを計画する移動計画について必要になります。ボロノイ図などを利用する方法はありますが、今回は画像から経路を探索の手前までやってみます。Pythonサンプルプログラムimport cv2import numpy as npDIRECT_NONE = -1ULEFT = 0 # 上段左UCENTER = 1 # 上段中URIGHT = 2 # 上段右CRIGHT = 3 # 中段右BRIGHT = 4 # 下段右BCENTER = 5 # 下段中BLEFT = 6 # 下段左CLEFT = 7 # 中段左def ...

  • pythonモジュール pathlibとsend2trash.

    お盆もでひさしぶりに墓参りをしてきました。道すがらホオズキの実が色鮮やかに染まっています。さて、Pythonで、いつのまにかファイル操作系の関数が整備されていました。従来osモジュール一辺倒で使い心地がイマ一つでしたが、pathlibが3.4で導入され、整備が進みだいぶ使い心地が良くなってきました。また、削除を普通に消すのではなくゴミ箱に転送するsend2trashモジュールも用意されていました。これらについていろいろ試して...

  • オリジナルTシャツをつくる

    通っているヨガのグループがあり、ささやかではありますがグループを盛り上げるためにオリジナルTシャツを今年も夏用のを作ろうと思い立ちました。印刷方式は市販のプリントシートに印刷して、アイロンでプリント方式ではなく、インクジェット方式で業者に印刷を依頼するものです。アイロンプリントでは数が作れませんし、貼り付ける素材が屈曲時の邪魔になってしまいます。そのTシャツの原稿を作成し、制作製作依頼までの過程を話...

  • Scikit-Learn 教師なし学習 クラスタリングで減色ポスターライズド

    前回ブログ記事で、Scikit-Learn クラスタリングを試しました。理屈の上では良く分かるのですが、もうちょっとしっくりこない感じです。このクラスタリングでポスターライズド(減色)をやってみようかと思います。試すクラスタリングは、下記。OpenCV pyrMeanShiftFiltering - 比較の為Scikit-Learn MeanShiftScikit-Learn DBSCANScikit-Learn GaussianMixtureScikit-Learn SpectralClustering - 今回メモリー不足のため実行でき...

  • Scikit-Learn 教師なし学習 クラスタリングを試す

    機械学習とかAIというのは、現在、事前に合否や品種データを学習させて判定する「教師あり学習」が主流です。ただ、事前に合否や、品種のデータを生成、ラベル付けをしなければならず、ものすごい手間です。全部の件を学習できれば良いのですが、データの分布から、事前データを必要としない「教師なし学習」という、いわゆるクラスタリングというものも有効だと考えます。教師なし学習としてK-Mean法、ガウス混合モデルを試しまし...

  • OpenCV ガボールフィルタ係数のカーネル

    引用元:陸上自衛隊 公式Webサイト前回記事でOpenCV ガボールフィルタについて試してみました。このガボールフィルタのカーネルがどのようになっているか?ふと疑問に思いました。また、このカーネル生成パラメータは、どれが動作作用するのか?、どのように動くか?ちょっと探ってみたいと思います。前回記事 Emotion Explorer - OpenCV ガボールフィルタを試してみるガボールフィルタ係数カーネル生成ガボールフィルタカー...

  • OpenCV ガボールフィルタを試してみる

    引用元:陸上自衛隊 公式Webサイト画像処理をやってきたものの使ったことが無いファンクションや、聞いたこともない、正体の分からないフィルタも多くあります。ある時、OpenCV ガボールフィルタというフィルタがあって、何だろう?と疑問に感じ、Wikipediaを検索。ガボールフィルタ(英: Gabor filter)は、画像処理のテクスチャー解析等に用いられる線型フィルタの一種。(2次元のガボールフィルタでは)画像の各点周りの局所領...

  • Scikit-Learn ガウス混合モデルでクラスタ数が不明の場合

    Scikit-Learn ガウス混合モデル(GaussianMixture)をいろいろ試して遊んでいますが、クラスタ数を指定しなければならない制約があります。機械学習はパラメータがいろいろあってたいへんです。どうしたものか?と「scikit-learn、Keras、TensorFlowによる実践機械学習 第2版」 Aurélien Géron著を読んでいたところ、記載があり、ベイズ情報量基準(BIC)と,赤池情報量基準(AIC)という係数を使って判定します。それについて考察して...

  • 道の駅 越後出雲崎天領の里 (新潟県出雲崎)

    新潟県の日本海沿いを走る国道352号線。その脇にある道の駅 越後出雲崎天領の里。昔、佐渡で取られた金を幕府直轄の出雲崎で荷揚げし、ここから陸送しました。来ている人は、そういう堅い話は気にせず来ていますね。この道の駅は海に面したロケーションが素晴らしく居やすさがあり、また、道沿いをここの前後20kmくらいの区間にはコンビニも道の駅も公園もなく寄らざる得ない事情もありますが、突っ走るバイクツーリングや、ドラ...

  • 麻の葉文様の描画

    麻の葉文様(あさのはもんよう)は、大麻の葉をあしらった図柄。麻柄ともいう、日本の伝統的な文様。基本的な形は正六角形で幾何学的な形で、葉の形に似せるなど様々な種類がある。平安時代には仏教の尊像の衣服の図柄に使われており、次第に普及し、江戸時代には着物の流行の図柄となり、赤子の産着としても定番の柄である。家紋や神紋、それ以外にも伝統工芸、ほか一般に様々な場面で図柄として使われている。 引用元:Wikipedia...

  • Pycairo クリップ処理をしてみる

    よくコンピュータでお絵描きをするときクリップという処理があり、指定エリアに描画する./しないを制御できる。さて、PythonでのPycairoではどうするか?Pycairoでのclip処理をちょっとやってみたいと思います。Pythonサンプルプログラムimport cairoimport mathimport sympy.geometry as sg# 星形矩形(五芒星)☆マーク 描画def drawStar(ctx, centerx, centery, radius): points_array = [] fillpoint_array = [] num_di...

  • PYthon multiprocessing Pool オブジェクトによる並列処理

    日本中あちこちで大雨ですね。アジサイはきれいに咲いています。さて、Pythonの実行速度を高めたくて、OpenMPのようなマルチプロセッシング,が簡単にできる仕掛けは無いかな?と探していたらmultiprocessing.pool.Poolというのがありました。本当はプロセス単位ではなくスレッドで処理してほしかったんですが、まあ、今回は、これについて試してみようかと思います。Pythonサンプルプログラムfrom multiprocessing import Pool, cp...

  • フラワーオブライフを描く。その3

    神聖幾何学のフラワーオブライフ。これに魅了され、今年はTシャツのデザインにしようと考えています。今までの単色図形だとシルクスクリーンやカッティングでは有効なのですが数を作る予定はないのでインクジェットでプリントします。フラワーオブライフ単色図形 デザインなのでラスター図形だといろいろ問題があるので、ベクトルデータで作成する必要があります。ですからOpenCVで作図するのではなくCairoを使います。フラワ...

  • 2点と半径から円の中心座標を求める

    もう、梅の身の収穫時期は過ぎましたが、今年は農産物直販所で格安の梅の実を3Kgほど買いました。梅酒、梅干しなどいろいろつくります。さて、梅とは全然関係ないですが、プログラム作成時に2点と半径の条件で円の中心を求めようとすると一瞬、「どうやる?」と考えます。  上図のPT1, PT2の2点とr:半径で円の中心を求めます。以前フラワーオブライフを描画したときに、やっていたのですが、すっかり忘れてしまいました...

  • 気象衛星ひまわり 東アジアの線状降水帯 その2

    引用元:気象庁ホームページ日本にも大雨警報が発令されるようになり、ましたが天気予報では日本付近までの梅雨前線と言いますか線状降水帯しか表示しないので、気象庁からインド洋から日本までの写真をスクレイピングして表示してみました。7./3 13時ころのひまわりの衛星写真です。映している範囲は下記です。引用元:国土地理院ホームページ 50%縮小表示[クリックすると拡大します]雲がインド洋からインドシナ半島北部、三峡を...

  • Scikit-Learn ガウス混合モデル GaussianMixtureスコアの等高線グラフ描画

    Pythonで機械学習を試していますが、Scikit-Learnのガウス混合モデル GaussianMixtureクラスについて記事をかきました。「教師あり」学習で実施したので、今回は教師なし学習で条件で試してみたいと思います。良い学習モデルなので、もう少しいろいろやってみたい感じです。前回ブログ記事 Scikit-Learn ガウス混合モデル GaussianMixtureを試す。Pythonサンプルプログラムimport numpy as npimport matplotlib.pyplot as plt...

  • Scikit-Learn ガウス混合モデル GaussianMixtureを試す。

    OpenCVのパラメータのわからない複数クラスを推定するEMアルゴリズムについての記事をかきましたが、Scikit-Learnにも同様のものはないかと探したところ、ガウス混合モデル(GaussianMixture)というクラスがありました。これについて見ていこうかと思います。OpenCV EMアルゴリズム実行サンプル 緑色の楕円が理論値で、赤がOpenCVのEMアルゴリズムで推定したものです。こんなかんじのものをScikit-Learnでもやってみたいです...

  • OpenCV リファレンス不要のBRISQUE画質評価(IQA)

    PSNRやSSIMなどはリファレンス画像が必要となるのでFR IQA(Full-Reference IQA)と呼ばれていて、前回ブログ記事を書きました。一方、BRISQUEはImage Quality Assessment(IQA)のアルゴリズムの一つで、リファレンス画像が不要であるNR IQA(No-Reference/Blind IQA)という画質評価方法があります。今回はこれについて見ていこうかと思います。前回ブログ記事Emotion Explorer - OpenCV リファレンス画像を使う画質評価(IQA)BRISQUE...

  • OpenCV リファレンス画像を使う画質評価(IQA)

    画質自体を評価することはあまりやったことがなかったですが、画質の評価方法として、基準の画像とそれ以外の画像を比較する方法がとられています。さらに主観評価の客観評価がありますが、OpenCVでサポートされている客観評価について試してみたいと思います。OpenCVによる画像の客観評価下記列挙の画質評価方法を試します。PSNR - ピーク信号対雑音比ピーク信号対雑音比は画質の再現性に影響を与える信号が取りうる最大のパワー...

  • SciPy 信号データ内のピークを見つける

    人がグラフ見ながら、データを判断して戦略や行動をとることはやりますが、機械がデータ収集してその判断で、動作するこのような場合、人間と同様にデータ値を判断する必要があります。今回はscipy.signalモジュールでピーク(データ中の極大値、グラフにおける頂上)を見つけることをやってきたいと思います。 ピークとは上記グラフの赤いマーク位置のこと。グラフ曲線の頂上と言う意味で使っています。信号のデータ特性に応じ...

  • テクスチャの流れ方向の推定

    京都南禅寺 小方丈庭園の石庭。石と砂利で世界を表します。砂利で描かれた波紋のような模様は、水を表すのでしょうね。さて、このような画像素材(テクスチャ)の流れる模様の方向をOpenCVを使った画像処理で推定してみたいと思います。cornerEigenValsAndVecs()によるテクスチャの流れ方向の推定テクスチャの流れ方向の推定はコーナー検出用の画像ブロックの固有値と固有ベクトルを計算します。すべてのピクセルpについて、関数c...

  • numpy パーセンタイルについて

    パーセンタイルは、小さい数字から大きな数字に並べ変えた値において、指定割合(パーセント指定)の位置の値のことです。データ配列をソートし、インデックスを割合でデータを取得するイメージです。これについてnumpyでは扱うファンクションがありましたので、これをちょこっと試してみたいと思います。パーセンタイルのファンクションパーセンタイルは下記ファンクションで扱います。numpy.percentile - パーセンタイル位置の値を...

  • Scikit-Learn ロバスト・スケーリングを標準化などと比較

    鎌倉の長谷寺。梅雨の時期に美しく咲くアジサイの写真です。さて、ロバストとか堅牢性など品質管理や設計開発時によく出てきますが、外乱の影響によって乱されることなく、影響されずらい仕組みをや性質をロバストといいます。その名前を冠したロバストスケーリングについて、外れ値や荒れたデータの前処理として試してみて、どうか?ちょっと試してみたいと思います。試し方としては、各スケーリングを実行し、どのようにスケーリ...

カテゴリー一覧
商用