searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

SitarHarmonicsさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Emotion Explorer
ブログURL
https://emotionexplorer.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
日々のプログラミングでのささやかな思いを徒然に綴っています。 自分の面白いと思ったものなど、プログラミングし、サンプルコードなどの掲載 しています。
更新頻度(1年)

172回 / 298日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2020/02/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、SitarHarmonicsさんの読者になりませんか?

ハンドル名
SitarHarmonicsさん
ブログタイトル
Emotion Explorer
更新頻度
172回 / 298日(平均4.0回/週)
読者になる
Emotion Explorer

SitarHarmonicsさんの新着記事

1件〜30件

  • キュウリの曲がり具合を画像処理でみてみる(3) 曲がり具合を測る

    前回、前々回から、キュウリの曲がり具合を画像処理検討している。前回、前々回リンク    Emotion Explorer - キュウリの曲がり具合を画像処理でみてみる(2) 幅と長さを測る    Emotion Explorer - キュウリの曲がり具合を画像処理でみてみる。いよいろ実際のキュウリの曲がり具合を測ってみたいとおもいます。現状の運用ですと、モノサシで現物を計測するのでしょう。それですと輪郭から...

  • キュウリの曲がり具合を画像処理でみてみる(2) 幅と長さを測る

    前回、キュウリの曲がり具合を測ってみました。    Emotion Explorer - キュウリの曲がり具合を画像処理でみてみる。下画像のキュウリの重なりを何とかならないものかと、ちょっとやってみたが結局、通常の方法では厳しい。機械学習の守備範囲かな?  キュウリ画像の重なりを際立たせる撮像を行うか、別のレーザーセンサーなどを平行で使うか、AIかというかんじでしょうか。色が同じで、材質も同じ...

  • キュウリの曲がり具合を画像処理でみてみる。

    キュウリが曲がるというのは、実にストレスがかかっているから曲がるので、味はもしかしたら変わっているかもしれないけれど、曲がっていようと味は変わっているかどうかは私にはわかりません。ただ、まぁ規格化された梱包、輸送方法の問題から実が曲がっているのが問題になっているのだと思います。きゅうり。夏野菜で関係ないなと思っていたのですが、ちょっと気になりましたのできゅうりの曲がり具合を画像処理として、ちょっと...

  • リサジュー図形を描く

    AI、統計計算関連ばかりにブログ記事が重くなりすぎるので、ときどきお絵かき・幾何学模様などを掲載します。簡単なパラメータで描けるリサジュー図形。書物によってはリサージュとも記述があります。フランスの物理学者ジュール・アントワーヌ・リサジューによって考案されたと言われています。オシロスコープで、何かしらの周波数調整、サイクル調整の時、このような画像を表示させることがあり、ピッタリ合うと周波数が合ってい...

  • Scikit-learn 機械学習分類器の混合行列による評価

    機械学習などの分類器の性能評価で、ただ単に正解率だけを追い求めていたのでは片手落ちになってしまいます。これだけで評価、判断基準とするのもどうか?「scikit-learnとTensorFlowによる実践機械学習」Aurélien Géron (著)ではいかに機械学習について評価するかについて多くの紙面が割かれていて、この中の一つの評価法が交差検証と混合行列があり、それをちょっと勉強してみたいと思います。Scikit-learnの交差検証と混同行列S...

  • ペンタグラム、ヘキサグラムなど多角形を描いてみる

    輪郭について、いろいろ試してみたときにテスト画像作成用にペンタグラム(五芒星)、ヘキサグラム(六芒星)を描いていました。ペンタグラム(五芒星)は、西洋では魔除けとして米国国防総省の建物形状にも採用されていたりしますが、上下逆にすると悪魔的な意味合いを持つのだそうです。光があれば闇もある。対局の存在があることは考えられることではありますが、私は解釈では悪魔的というのは物質的なものにとらわれている状況で、仏...

  • OpenCV 輪郭線同士の距離

    五色に変化する神秘の湖 北海道のオンネトー。適当に写真を物色していたら、こんなのがあり、気に入ったので掲載してみました。さて、以前、OpenCVの輪郭について考察し、記事の中で輪郭マッチングのことを書きました。    Emotion Explorer - 輪郭の探究cv2.matchShape()以外で、輪郭間の距離を求めるタイプの形状マッチングを見つけたました。createShapeContextDistanceExtractor()です。2つの画像輪郭...

  • Matplotlib.pyplotで等高線をプロット

    3次元を2次元で表現しようとすると、3Dグラフがあればいいのですけれど、普通に表現しようとすると等高線を用いる方法があります。例えば地形を現す地図など。等高線機能 matplotlib.pyplot.contourf()について、ちょっとやってみようかと思います。2つのサンプルを作りました。テスト1 - np.meshgrid使用一般的な等高線を書くサンプルです。これだけだとつまらないのでテスト2を用意しました。テスト2 - np.meshgrid未使用過去の...

  • Scikit-learn ロジスティクス回帰を試す

    秋の秋田にある玉川温泉。ガンも治すと噂されれていたので八幡平をツーリングで通りかかったおり、一度行ってみたが、泉質は強酸で飲むと歯が解け、皮膚はビリビリくるほど。入浴後、体調が少し崩れてしまいました。瞑眩反応なのかもしれないけれど、健康体には強すぎるんじゃないかと感じました。さて、最近Scikit-learnにはまっているが、もう少し突っ込みたいと次はロジスティクス回帰について遊んでみようかと思います。ロジス...

  • Scikit-learn サポートベクターマシンで手書き文字を推定

    写真は富士山8合目の御来光です。良くきれいに撮ったものだと思います。さて、機械学習 決定木で遊んでみましたが、サポートベクターマシンで手書き数字画像を認識することをちょっとやってみようかと思います。Pythonサンプルプログラムimport matplotlib.pyplot as pltfrom sklearn import datasets, svm, metricsfrom sklearn.model_selection import train_test_splitimport numpy as npimport cv2def getLayoutPanel(xImages,...

  • 機械学習 決定木で分類してみる

    天空の山城 備中松山城。9月下旬から4月初旬(とくに10月、11月)は雲海に包まれる幻想的な姿を見ることができるのだそうです。秀吉に水攻めにされた城でもあり、古戦場という史跡の他、こういった面もあるのかと見入ってしまいました。さて、機械学習 決定木です。これをもうちょっと。Scikit-Learnにはクラス分けと言いますか分類機能も用意されています。決定木に取り掛かった手前、DecisionTreeClassifierを使ってみた...

  • 年間気温を近似する(3) 決定木をAdaBoostでブースト

    写真は竹林にならぶ足軽長屋。武家屋敷は見学したことがあるけれど、足軽長屋はまだないので、来年春以降、一度見に行きたいものです。さて、お手軽な機械学習 決定木(DecisionTreeRegressor)さらにブーストさせるAdaBoostという機能(AdaBoostRegressor)がありますので、これについて進めてみたいと思ます。そこまで決定木使わなくてもと思うところはある物の、ニューラルネットワークを使ったディープラーニングなどは計算過...

  • 年間気温を近似する(2) 決定木(DecisionTreeRegressor)を使ってみる

    写真は秋の白川郷です。いっすね。行ってみたいとは思うのだけれど、なかなかなかなか訪ねる機会が無く、今日に至ります。さて、前回、最小二乗法で年間気温の近似グラフを作ってみました。前回記事    Emotion Explorer - 年間気温を近似する教師あり機械学習にアルゴリズムとして決定木があります。ここでいう決定木はデータから木構造を作る機械学習の手法のことを指します。回帰計算から、今度は決定木の...

  • 過去の気温データから近未来の気温推定する

    写真は紫色の菊。品が良い花ですね。さて、積算温度での植物栽培計画には、近未来、植え付けから収穫までの温度情報の推測が不可欠なのだが、さて、どうやるものか?一番手っ取り早いのは、過去数年分同月同日の平均値なんだけど、それだと芸がないので、回帰分析による近未来をちょっとやってみましょうか。Pythonサンプルプログラムimport matplotlib.pyplot as pltimport csvimport mathimport calendarimport numpy as npfrom ...

  • 年間気温を近似する

    さて、前回記事で累積温度で植物の生長、取り入れ時期について書きました。前回記事リンク    Emotion Explorer - 積算温度というものこの計算式は、データを集め、蓄積することで精度を上げられるものとして、植え付け、収穫をスケジュールするには、時期の気温をある程度推定する必要が出てきます。さて、どうしようか。高度な天気の長期予報システムを構築するなんてことはできない。例年の平均値から今年...

  • 積算温度というもの

    うちの家庭菜園あくまで趣味なのですが、プロフェッショナルな農家さんは、IoT/ICT技術導入について用途としては環境監視、ハウスの温度監視や制御、炭酸ガスの監視など、他には積算温度を算出して収穫、出荷日を推定いくことに使うという事だ。積算温度は品種ごとに温度があり、温度の積算が温度に達した時収穫最適時期というふうに使います。積算温度は温度センサで計測し、それを集めて集計、積算することで計算できますが、収...

  • シヴァ・ヤントラ

    インドのヨガの神様。シヴァ神。 カイラス山に住み破壊と再生を司り、ブラフマー、ヴィシュヌとともに重要な3柱の神とされています。ヨガ、瞑想、芸術の守護神でもあります。シヴァの偶像上の特徴として、額の第三の目、首に巻かれた蛇、三日月の装飾具、絡まる髪の毛から流れるガンジス川、武器であるトリシューラ(三叉の槍)、ダマル(太鼓)などでしょうか。シヴァ神は日本に伝わり不動明王になりましたが、一方で大国主と融合...

  • OpenCV 楕円抽出(2)

    以前、OpenCVによる楕円検出のブログ記事を書きました。画像の輪郭を入力して楕円を検出するものです。  # 画像処理このとき、No.5の三角形から楕円検出がうまくいかなかったという問題があって放置状態にしておりました。ブログ記事    Emotion Explorer - OpenCV 楕円抽出輪郭から楕円を抽出するアルゴリズムについて、調べていくと3つあることが分かりました。Fitzgibbon1995メソッドを実装する...

  • ガネーシャ・ヤントラ

    ガネーシャ神はインドでは現世利益をもたらす神で非常に人気があります。その姿はとても特徴的で、4本の腕をもつ太鼓腹の人間の身体に、片方の牙が折れた象の頭をもっています。母親のパールヴァティーがガネーシャに「見知らぬものを浴室に入れぬように」と命じます。そこへ父親であるシヴァ神が帰ってきたが、ガネーシャは父親の顔を知らなかったため、入室を拒み、怒ったシヴァ神はガネーシャの頭を切り落とし、遠くへ投げ捨て...

  • Tensorflow 2 ことはじめ、再び

    Tensorflow 1.xまでは勉強したのだけれど、Ver 2になってから仕様が変わってしまいなんだか興ざめなこととと、ニーズが無かったことから放置状態としていたが、そうもいかんだろうと、再びチャレンジを始めました。Anaconda環境化で,Python3.9, 3.8でもTensorflow 2以降をインストールがうまくいかなかったので、Python3.7の仮想環境を作ってTensorflow2.1をインストール。軽く動作確認プログラムを作ってみたいと思います。環境作...

  • OpenCVのfindTransformECC(). 画像間の幾何学的変換行列の発見

    毎年11月1日から11月24日まで弥彦神社境内で菊まつりが開催されていて、今年はどうだろう?と懸念しておりましたが、実施されるようです。リンク    彌彦神社・菊まつりさて、OpenCVの関数で、2つの画像からアフィン変換など幾何学変換行列を発見?(推定)する。推定する関数を見つけました。findTransformECC()です。動くのか?どう動かすのか?ちょっと疑問です。C++のサンプルプログラムはありましたが、ち...

  • OpenCVでLUT(Look Up Table)

    上の写真は、陸上自衛隊 16式機動戦闘車の写真が少し暗い目であるため、写真をGIMPでトーンカーブ補正しているところ。画像の左側を変換しているところです。GIMPやPhotoshopでトーンカーブ補正することで、画像のコントラストなどを変えることができます。この辺の輝度をまとめて変更する機能をLUTというのですけれど、これをOpenCVでもやってみたいと思います。ちなみにGIMPでの編集画像はこれ。陸上自衛隊 16式機動戦闘車 ...

  • Random Walkerアルゴリズムのセグメンテーションをもうちょっと

    写真の花はナデシコ(ダイアンサス)。こうしてみるとなかなかのものですね。以前は、うちの庭にもあったけど今は育てていないな。さて、最近Anaconda3 Python3.9の仮想環境に3.9を構築していたりするけれど、なかなか、モジュールがそろわない。環境設定でコンフリクトが発生して、マージするのに1日以上プログラムが動いていた。ブログネタにするには、もう少し先かな。さてさて、本編です。モンテカルロ法で描いた図を見ていた...

  • bc コマンドライン計算機

    計算と言うキーワードで適当なイラストを検索したら上記の絵がヒット。なかなか、素敵なイラストなので掲載してみました。(出典:イラストAC 作者:カメさん)さて、普段使っているbcというプログラム。linuxではお馴染みなのですが,Windowsにもあり便利なので紹介したいと思います。bcについてインターネットのWeb記事では任意精度の計算言語と解説されていますが、私はコマンドラインの電卓くらいに考えて,使っています。良いと思う...

  • フラクタル IFSアトラクタで描く

    シダとか木とか、自然のものは自己相似形になっていると言われています。フラクタル構造になっているといいますか。ローレンツ・アトラクタやコッホ曲線などを記事にして、カオス、フラクタルについてもう少しやってみたいと、奥村晴彦(著)「C言語による最新アルゴリズム事典」を紐解きました。IFS(Iterated function system) 反復関数系の略で、一般に2次元のフラクタルの描画や計算に用いられています。IFSフラクタルは自身のい...

  • シェーディング補正を3Dグラフ表示してみる

    前回のブログ記事で、ABCの文字を描画した濃淡画像の3Dグラフ表示をやってみました。ABCの文字を描画した濃淡画像  文字描画した濃淡画像 3-Dグラフ  前回の記事    Emotion Explorer - Pythonで3D Surfaceグラフ表示過去に手書メモをシェーディング補正してみるというブログ記事をかきました。この時は、画像の色で画像のシェード(影)というか光の傾斜を現しましたが、3Dグラフだった...

  • Pythonで3D Surfaceグラフ表示

    Pythonのmatplotlib三次元グラフに最近凝っている。いろいろ表示出来ておもしろく他にもいろいろやってみたい。濃淡画像(グレイスケール)を三次元グラフ化したらどうなるだろう?ちょっとやってみたいと思います。Pythonサンプルプログラムimport matplotlib.pyplot as pltfrom mpl_toolkits.mplot3d import axes3dfrom matplotlib import cmimport numpy as npimport cv2# 画像を読み込むimg = cv2.imread('test_b.png', cv2.IM...

  • コッホ曲線 雪の結晶(Snow flake)を描く

    めくるめくカオスの世界、フラクタル幾何学の世界なんですが、前回、ローレンツアトラクタの記事を書いたので、今回は自己相似図形であるコッホ曲線 雪の結晶(Snow flake)をOpenCVとPythonを使って描いてみたいと思います。前回記事リンク    Emotion Explorer - ローレンツ・アトラクタPythonサンプルプログラムimport numpy as npimport cv2def koch_snowflake_complex(order, scale): if order == 0: ...

  • ローレンツ・アトラクタ

    非線形やカオス系で、なにか、面白いものはないかと物色していたら、ローレンツ・アトラクタのサンプルがmatplotlib.org に3Dグラフ描画サンプルとしてあったので、有名な蝶の羽のようにもみえる、あのグラフを書いて見たいとダウンロードしました。このローレンツ・アトラクターモデルは、気象学者エドワード・N・ローレンツが1963年に発表した論文「決定論的非周期的流れ(Deterministic Nonperiodic Flow)」で用いたものであり...

  • Pythonでランダムウォークを試す(2) 3次元編

    写真は白川郷です。一度は散歩してみたいですね。歩くつながりで掲載してみました。さて、ランダムウォークです。前回、1次元、2次元のランダム・ウォークを試してみました。前回記事  Emotion Explorer - Pythonでランダムウォークを試す今回はさらにランダム・ウォークに対する知識を深めるべく3次元でやってみたいと思います。グラフを3次元プロットしないといけませんが、まあそれを含めてチャレンジしてみたいと...

カテゴリー一覧
商用