searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

是蘭さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
原初のキス
ブログURL
http://zelan.jp/wp/blog/
ブログ紹介文
コラージュとミクストメディアの美術制作者是蘭の、見ること、創ること、日々の気づき
更新頻度(1年)

99回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2020/01/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、是蘭さんをフォローしませんか?

ハンドル名
是蘭さん
ブログタイトル
原初のキス
更新頻度
99回 / 365日(平均1.9回/週)
フォロー
原初のキス

是蘭さんの新着記事

1件〜30件

  • 東洋/西洋

    日本人の作家は例えば現代美術において、よく言われる処のグローバルな現代美術の文脈にのっかってポジショニングするのではなくて、「全然違う文脈ですよ」と明確に発信していった方がいいような気がする。

  • 『Ten・ten 2021 筆と腕』明日迄

    参加しているグループ展、『Ten・ten 2021 筆と腕』明日5/3迄となりました。横浜赤レンガ倉庫1号館にて、終了17時です。

  • 書道と瓦割り

    赤レンガ倉庫で主には書家の先生方とのグループ展「筆と腕」に出品しているのだが、書道というのは結構コラージュに近い、と思った。

  • 『Ten・ten 2021 筆と腕』5/3迄

    『Ten・ten 2021 筆と腕』が開催となりました。5月3日(月)迄、横浜赤レンガ倉庫1号館にて。コラージュ小品を、新型コロナ医療支援チャリティー品として出品しております。

  • 展示『Ten・ten 2021 筆と腕』4/27より

     明後日27日より、グループ展『Ten・ten 2021 筆と腕』が開催されます。

  • 『TEN TEN 2021 腕と筆』4/27より

    グループ展に参加致します。詳しくはこちらよりご覧ください。

  • 「順番は決まってる」~セス・ゴーディンのブログから

    セス・ゴーディンはアメリカのマーケティングで有名な人だが、彼のブログで事を行う時の順番には正解があり、任意ではないということについて記したものがある。

  • いかなる部分も、そうであること(構図について)

    構図のことは比較的よく考えているのだが、人が美を感じるのは恐らく、等分割か、他の秩序的分割、代表的には黄金比/白銀比などだ(めちゃ雑駁な言い方)。

  • 迷う、しあわせ(?)

    生きてると色んなことに迷ったりするものだが(自分の言ってるのは大層なこととは限らず、例えば特定の色の絵具をリキテックスにするかホルベインにするかとか、そういうことも含む)。

  • NFTアート

    NFTアート、やってみようかなと思っているが、自分にとっては作品を作ることよりまず仮想通貨のウォレットを作ることの方が(主に心理的)ハードルだったりする・・。

  • Udemyからほめられた話

    オンラインラーニングプラットフォームであるUdemyから、「おめでとうございます、学習が進んでいるようですね!」という(ような)メールが来た。Udemy学習者の中で、学習量が上位90%に食い込んだ、と書いてあった(はず)。

  • 展示『かりそめ ~ 方丈記と共に ~』作品リンク

    3月に京都市Gallery35にて開催しました個展の作品の一部を、以下のリンクにて公開致しました。画像をクリックすると詳細をご覧になれます。(価格は全て額付/税込となります。

  • 差別は知識でなく動作である

    文化的な差別(犯罪的なレベルではないという程の意)とそれに対する批判的言説について最近若干の興味がある自分だが、時々、あたかも、美術の領域で例えると、「色彩論理を勉強し知識として知っていれば即ち美しい色で絵が描ける」、と言う論が展開するのを...

  • オンラインクラスで二毛作

    Udemyというオンラインラーニングのプラットフォームに、今カルチャースクールでライブでやってるコラージュ技法に関するクラスを作ろうと思っていて、リサーチとベンチマークを兼ねて色んなクラスを購入している。

  • アートがわからない、は一種の文化である

    アートのことがわからないという人、自分の行くべき方向性やそもそも自分自身がなんだかわかんないという人、こういった言葉を聞くのはほとんどが「日本」だ。

  • 構図のパターンは無限大

    よく構図のパターンを何通りかに分類している技法書を見るし、自分もそういうものを比較的信じてきた。三分割とか黄金比とか片流れとか日の丸とかあれです。

  • 消えていくものには価値がある

    洗濯機の横に無印良品のプラスチック製の物入れを置いていて、その自分の目線の辺りに買い物メモを正方形の大き目のポストイットで貼っているのである。そこに今「物品消費!」て、エクスクラメーション付きで大きく書いてある。

  • ザ・多様性

    サムソン高橋氏の書いた森氏への言説をたまたま目にして、驚愕した。「ザ・多様性」って感じだ。インテリの方々が、多様性が重要というのを遥かに超えた次元での、現場・現実・現物的多様性の世界。「オケ専」という言葉を初めて聞いた。

  • 吉川民仁展@ギャルリーためながにて、急ぐ・急がないを考える

    自分の勝手な分類として、絵には急いでる絵と急いでない絵というのがあり、ギャルリーためながで観た吉川民仁氏の絵は全然急いでないのだった。自分の分類ながら、これを言葉で正確に表現するのはむずかしい。

  • 政権が変わっても

    前政権の時に書いたコロナ関連の記事が、現政権でもほぼそのまんま読める。文句を言っても影響力に乏しい自分としては、「コミュニケーション」「ロジ」「誠実」に関し、何であれ自分なりの努力を生活の中でしていこうと思う。

  • 刑事コロンボによって大人になったことを実感する

    毎週水曜日はBSで『刑事コロンボ』をやるので8時頃からワサワサしてしまう。即ち、ゆったり落ち着いてそれを観るために9時までに仕掛りの制作や仕事を片付けようと、生産性が爆裂するという良い効果がある訳。

  • 個展『かりそめ ~ 方丈記と共に ~』3/10より

    2021.3.10(水)- 3.13(土)、京都にて個展を行います。Gallery35本展では方丈記の挿画本を販売します。以下からもご覧頂けます。

  • 是蘭個展『かりそめ ~ 方丈記と共に ~』@Gallery35

    2021.3.10(水)-  3.13(土)、京都にて開催の個展につき、展示ギャラリーのGallery35にて告知ページをご準備頂きました。

  • 『かりそめ ~ 方丈記と共に ~』是蘭 個展のご案内

    2021.3.10(水)-  3.13(土)、京都にて、個展を開催致します。

  • 森さん発言に関する一女性の感想・・

    最近の森会長の発言は完全にアウトなのは確かだが、どこかしら自分の中で彼への「責め方」について納得いかないところがある。言ってみれば文字が読めない人を責めているという感じがする。

  • 歌の意味探偵のその後

    昨日書いた方丈記(流布本)の最後の和歌 月かげは 入る山の端もつらかりき たえぬひかりを みるよしもがなの解釈についてネットで探偵活動を続けていた処、自分は寡聞にして知らなかったが夏目漱石と南方熊楠が方丈記を英訳しているのを...

  • 「月かげは入る山の端もつらかりき」の意味・・今のとこ不明

    京都市よりコロナ関連の緊急アーティスト助成を頂いて、展示の準備と共に鴨長明「方丈記」のアートブックを作っている。方丈記の最後には、以下の句が出てくる。

  • エルズワース・ケリーの言葉

    エルズワース・ケリーは米国の画家で、ハードエッジと呼ばれる境界のくっきりした幾何形体と色彩の絵画で知られる。

  • バ〇なんぢゃないかしら・・・。

    今日仲のいい知人と二人で食事をしていてふと思ったのだが、黙食とかマスク会食とかそれはまあできればやった方がいいのだが、一度ならず試みた自分としては殆ど不可能だ。

  • 文化芸術活動の継続支援補助金受給

    文化庁第4次「文化芸術活動の継続支援補助金」の受給決定となりました。情報発信サイトの改善、美術クラスのオンライン化に向けた準備等の活動に活用させて頂きます。

カテゴリー一覧
商用