searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ただゆめこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
茫々の夢
ブログURL
http://lyric.tadayumeko-bo.com/
ブログ紹介文
絵を描いたり、詩を書いたり。粘土こねたり、木を彫ったり。 ときどき絵本も、作ってます。
更新頻度(1年)

32回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2019/12/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ただゆめこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ただゆめこさん
ブログタイトル
茫々の夢
更新頻度
32回 / 365日(平均0.6回/週)
フォロー
茫々の夢

ただゆめこさんの新着記事

1件〜30件

  • 願わくば

       何気なく描いた絵ほど、愛おしく思える。そこには、何の意図も、企みもない。 無垢な人間には、到底なれないけれど、せめて絵だけは、そうでありたいと思う。    

  • ビリジアン・プラネット

       「ビリジアン」という色の名前を初めて知ったのは、中学のころ。どこか奇妙で、謎めいたその響きが、とても好きだ。 「ビリジアン」は、ちょっと青みがかった緑色をしている。それだけだと、不自然で人工的な

  • 投影

       プライムビデオで、「シャッターアイランド」というサスペンス映画を観た。 舞台は1954年、ボストンハーバー。精神を患った犯罪者だけを収容する施設から、一人の女性患者が突然いなくなる。連邦保安官で

  • テレパシー

       お月様をみつけると、なんだか無性にうれしくなる。 「だいじょうぶ。ここにいるよ」 そう言ってくれているような気がして。    

  • 花の子

       古いスケッチブックを ペラリペラリとめくっていたら、描きかけの顔が、そこにあった。 青い目をした、小麦色の肌。髪はなく、ぼわっと滲んだ紫が、顔の上と下に無造作に置かれている。水彩を始めたばかりに

  • バンザイ・レインボー

       こころに、虹を。 いつの日も どんなときも    

  • 母と子

       せつなくて、あたたかくて、いとおしい。 これはまるで、私の「色」だなと、思う。 絵を描くことで 私は、私自身の孤独を、 抱きしめているのかもしれない。  

  • 心のうち

      今日の夜8時43分頃だと思う。NHKで番組の合間に流れたコロナのCMが、ものすごく胸に響いた。 それはまるで、若者の心のうちを代弁するかのような作品。 ひとり言のように淡々と、早口につぶやく小さな

  • 星の涙

       あの日と 変わらぬ 空響き渡る サイレン祈りの中に、無数の星が、見える。 どうすればいい。 こぼれおちる その涙を、どうすれば、ひとつ残らず、受け止めることができるだろう。 同じ命が、

  • 目覚める

       久しぶりに描いた、カバの絵。なんかすごくかわいいな〜と思い、妙に気に入っている。  カバといえば、旭山動物園の「かば館」が有名かもしれない。設立されたのは2013年。私は行ったことはな

  • 仙人現る

       部屋の流し台の上に備え付けの戸棚があるのだけれど、扉を完全に取り外して、チロ&ミカちゃんが棚の中に飛び乗れるようにしている。 ある晩のこと。「ボンッ」という聞き慣れた音とともに、棚へと飛び移るミ

  • 今こそ

      阪神・淡路大震災から26年。朝の情報番組を見ていたら、黙とうを捧げる人々の様子が映し出された。 一人の女性が、インタビューに応えている。「しんどいたびに、私は亡くなった人のぶんも今を生きてるんやって、思いま

  • 収束祈願

      今年の干支の絵を載せてなかったので。 コロナ禍の大変な世にあって、無事に新年を迎えられただけでも本当に、有難いことだと思う。 医療や介護福祉をはじめとする様々な現場において、自らの使命感を支えに、

  • 鷹匠

      先日、日テレの『ぶらり途中下車の旅』をなんとなく見ていたら、とても素敵な女性鷹匠さんが現れた。 御年まだ二十歳。富士を背に鷹を飛び立たせる姿は、冬の澄んだ空気のごとく、神聖で美しい。 木漏れ日のよ

  • オレンジ

       テレちゃんとポポちゃんの命日に合わせて買った、3本のユリの切り花。 買ったときは、11個のつぼみをつけていた。 ひとつも咲いていなくて、ぜんぶ、つぼみだったのに、花瓶に生けた翌日から、

  • 誕生

      大地、つむぐ。 すべては、いのちの、かたまり。     

  • ポットマム・シスターズ

       「ポットマム」は、鉢植え用につくられたキクの園芸品種。背丈が低く、分枝の多いのが特徴で、こんもり生い茂った緑枝に、たくさんの花を、ぎっしり咲かせてくれる。 花のつぼみは、まるで、「微笑み」のよう

  • みつけた。

       コスモスの 花の中に、 みつけた。 小さな、星。 なんという、神秘。 こんなにも 小さいのに、 まるで、宇宙だ。 自然の美しさには、果てしがない

  • きたかぜとたいよう

       去年彫った「たいよう」の木彫り。ちょっと色が薄かったので、少し色を濃くしてみた。  そして・・・     「きたかぜ」を彫った。&nb

  • メッセージ

       モックンが出てる、JR東海のCMが好き。 すごくいいCMだな〜と、見るたびそう思う。コンセプトが秀逸。すべてが絶妙。押しつけがましくなく、とてもナチュラルだ。 とにかくモックンがいい。

  • メモリ。

      パソコンはいつも兄のおさがりを使わせてもらっているのだけれど、昨年末に譲り受けたパソコンが異常なほど動作が遅く、もはや開くのすら嫌になり、年間契約したadobeの「illustrator」も全く使わぬまま、毎月の使用

  • 化身

       だいぶ前になるけれど、テレビ朝日の『あいつ今何してる?』で、さかなクンがゲスト出演していたときのこと。 さかなクンのリクエストで紹介されたのは、中学時代の大親友。「マンボウ」というあだ名を、さか

  • カマキリのお暇

       カフカの『変身』は、本棚のどこかに眠ったままだけれど、あのカマキリはその後、無事外へ逃がしてやることができた。 夜中、居間に行ったときのこと。机の上のコップを取ろうと手を伸ばしたら、そのコップの

  • 祈りの花火

       音もなく立ち昇る、ひとすじの 白き花火。空へ 空へと 龍のごとく、ただ、一心に。 それは、まるで 祈り。それは、天に捧げし、無垢なる花。 咲け!どこまでも、高く、高く。

  • ちがう

     ぜったい、ちがう。 そんなはず、ない。 たとえ それが、本当のことだとしても、 わたしは、信じない。 ちがう真実が、どこかに、あるはずだ。 きっと、ずっと、問いつづける。&nbs

  • 滞在者

       5日ほど前から、1匹のカマキリが、我が家に滞在している。 いつも壁の高いところか天井にいるし、どうせなら台風が去ってから外に逃がしてあげようと思っているうちに、今日になってしまった。 

  • アキ、イズル。

       きのうまで、何も、聞こえなかったはずなのに、 今宵の静寂は、秋を告げる虫たちの音に、つつまれている。 いったい、どこに、隠れていたのだろう。 不思議だ。 本当に、不

  • 日常

       最近テレビで 時折見かける「無印良品」のCMすごく、いいなぁ・・・ なんの台詞も テロップも入らないけれど、だからこそ、ものすごく、伝わってくる。 何気ない 穏やかな日常が、どうか一日

  • コアラの親子

      コアラの親子と、キャンプする夢を みた。ただのコアラじゃぁ、ないよ。おすもうさんみたいに、とびっきり でっかいの。どうやら、夜らしい。たき火の灯りが、ぼぅっと、辺りをオレンジに照らしてる。 コアラパパは、た

  • 燃ゆる

       毎日毎日、うんざりするほど 暑い。 仏壇に飾っている「ひまわり」の花も、だいぶしおれ、あと数日と、もたないだろう。 無風の部屋の中に座り、しばらくじっと、みつめていた。枯れ行く姿まで、

カテゴリー一覧
商用