searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

羊さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
羊のつぶやき
ブログURL
https://note.com/hitujinotubuyaki
ブログ紹介文
日々の出来事などを綴っています。 どうでもいいことから真剣に考えみたことなど 気ままに書いています。 子育てに悩んだら、生き方に戸惑ったら、こんな人もいるんだと誰かが少しほっとするようなことを書けたらいいと思っています。
更新頻度(1年)

351回 / 365日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2019/11/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、羊さんをフォローしませんか?

ハンドル名
羊さん
ブログタイトル
羊のつぶやき
更新頻度
351回 / 365日(平均6.7回/週)
フォロー
羊のつぶやき

羊さんの新着記事

1件〜30件

  • 最近、服を選ぶときに上下同色に凝っ...

    最近、服を選ぶときに上下同色に凝っているおしゃれボーイ。 本日はオールブラックできめている。本人いわくブラックホール仕立て。散歩の目的はもちろん、黒アリ探し。 | 羊

  • どうゆうわけか「脳みそが500個ふ...

    どうゆうわけか「脳みそが500個ふっとんでしまった」らしく、現在、2個、見つかったらしいです。今日は脳みそを探す旅らしく部屋をウロウロしています。何てことを書いていたら、スマホを覗き、自分のことを書いているとわかると少し照れていました。お年頃でしょうか。 | 羊

  • 下書のままで書き進めていないものが...

    下書のままで書き進めていないものが何本かあるのだけれど、その中の1つに全く記憶のないものがある。 読み返しても全く何をどう書こうとしたのか思い出せない。 たぶん、眠れない夜に小説でも書こうとしたのだろうか… その記憶さえ思い出せない。 書いたこと自体を忘れている。 ミステリーだ… | 羊

  • 金木犀の香り

    季節が 夏から秋に変わるころ あなたは わたしにそっと知らせてくれる どこか甘くて どこか爽やかで けれど わたしは あなたを見つけられない ただあなたの香りだけ 毎年のように感じて 思い出す 行き交う人混みの中で あの子が言った この香り 金木犀 あの人と 出会った時もこの花が咲いていたの だから好きなの あの子とあの人は あなたの香りで結ばれた この季節になると思い出す あの子は元気かしら また今度 この香りにのって 会いに行こう 積もる話しばかり あの頃のように あなたの香りに包まれて キラキラと笑ってみたい あの子が教えてくれた金木犀 あなたはど

  • 正直に言うとわたしの食の興味は薄い...

    正直に言うとわたしの食の興味は薄い。食べられない日々もあった、食べないを選択していた時期もある。おまけに料理嫌い。そんなわたしの息子はスーパーな偏食さん。けれど、自分は食べないのに、料理は好きなようで、時々、手伝ってくれる。だから、いつかは2人で作って食べる日がくると信じている。 | 羊

  • おじぎ草の花が咲きました。 この夏...

    おじぎ草の花が咲きました。 この夏の暑さで枯れかけたのですが復活してくれて 元気にスクスク育ってくれています。 ふわふわの可愛らしいお花です。 見てるとほっこりできます。 種を収穫できるといいです。 皆さんにも可愛い花が咲きますように。 | 羊

  • レゴの作り方を見ながらポップアップ...

    レゴの作り方を見ながらポップアップ式トースターを完成させた。すると数日後、ポップアップする仕組みを応用してエレベーターを作ると宣言して1人で自作のエレベータを完成させた。 遊び終わったら分解してしまったので写真に納めなかったことが悔やまれる…それにしてもこの応用力はすごすぎる。 | 羊

  • 論語に触れてみる

    論語と言えば、国語の時間に習った程度の知識しかございません。 教科書に載っていた内容がいまいちだったのか、授業がいまいちだったのがか、わたしは論語が嫌いでした。 気難しそうな老人があーだこーだともっともらしいことを言っていたのをまとめたもの。ぐらいに考え、思春期のわたしには一切、響かず、なんなら諸葛亮公明と孔子を混同していた節もあり、しまいにはろくに読みもしていないのに、あんなのを暗唱なんかするから、明治維新では死ななくていい人たちが亡くなってしまったんだと、お恥ずかしい持論まで持つ始末。 孔子より老子の方が好きだった。 そんな無知極まりないわたしの論語知識。 しかし、論語嫌い

  • 虫眼鏡を手にした少年は、出かける度...

    虫眼鏡を手にした少年は、出かける度に虫眼鏡を持ち、あちこちチェック。 無地のTシャツを観察した結果「模様が見えるよ。きっと糸を編んで作ってるから編んだあとだね。何もないと思ってた」と仮説を立てて、観察、発見と考察ということを何となくやってるではないか!やっぱりすごいよ。息子さん。 | 羊

  • 急に幼稚園が休園になり、遊び相手が...

    急に幼稚園が休園になり、遊び相手がわたしだけに。とはいえ、家事をしているときは満足に相手をできない。不満満載の彼はわたしのあとをちょろちょろしながらいろいろと手伝い始めた。洗濯、掃除に続き、今日は食器洗いにも挑戦。なかなか手際がよくなってきた。終わったあとはたっぷり遊べたね。 | 羊

  • わたしには何もできないけれど、あなたはひとりではない。

    noteを読んでいると 無性にコメントしたくなる時がある。 けれどそんなときにわたしは気軽にコメントできない。 たいてい、too long になってしまう。 そして、うまくまとめられずにやめてしまう。 おまけに こんなことを赤の他人から言われたところで大きなお世話かなと思ってしまう。 そして普段、まったくその気はないのだが 上から目線で生意気だと怒られることもあるのでなかなか気楽にコメントができない。 けれど、どうしても 気になってなんとか何か伝えれないものかと コメントを書いてしまうことがある。 わたしが書いたところであなたが救われるわけではない。 わたし

  • 「どうして地球は丸いのに僕たちは平...

    「どうして地球は丸いのに僕たちは平らな場所に住んでいるの?」「人間がいなかったら世界はどうなっていたの?」お昼ご飯を食べながらの質問。「つるはしで凸凹を平らにしたんだよね」「きっと人間みたいのが生まれて今みたいな世界になっている」と世界の不思議に挑む少年の目は楽しそうだった。 | 羊

  • いつもわたしの呟きにお付き合いいた...

    いつもわたしの呟きにお付き合いいただき、また、息子の成長を見守っていただきありがとうございます。 6年前の今日、息子が生まれました。 なんとか母をしているわたしのことを「好き」だと言ってくれる優しい子です。 これからも自分らしく育っていこうと思います。 よろしくお願いします。 | 羊

  • 人にはそれぞれ色がある。それでも色で分けたがる。

    よくある話なのだけれど ふと、ある考えが浮かんでくる。 大概はどうでもいい話。 けれど、時々、考え込んでしまうこともある。 わたしは黙々とお風呂掃除をしていた。 スポンジを替えてからどうもうまく掃除ができない。スポンジにうまく力が伝わっていないような、浴槽にスポンジがくっついていないような…。 ギュっと力を込めたそのときに、わたしの意識は別のベクトルを示してしまった。 自閉スペクトラム症なる名のお陰か、その特性の強い子たちをパステルだと称してみたり、診断がつかないので白黒はっきりしないグレーゾーンだからグレーっ子と言われたりなどなど 発達障害であることを別の言葉で表現することがあ

  • 何かを創るとき 人は 扉を開けたり 引き出しをさがしたり しているのだろ。 それは心の中にあって 静かに こちら側の行動を待っている。 わたしは降りてくる。 突然、本当に突然降りてくる。 歩いていようが 眠っていようが お構いなしに 何かが降りてくる。 けれど 駄目なときはまるで何もない。 今のわたしがそう。 こうやって惰性に言葉を綴っていても 心は揺れていない。 だから 読んでも心は揺れない。 それでも ここに書くのはなぜだろう。 書かないと自分を見失いそうだから。 何より好きなことだったはずだから。 ピアノが弾けなくなったピアニス

  • ブロック遊び

    ブロック遊び

  • 最近、全くドラマを見る機会がなくて...

    最近、全くドラマを見る機会がなくて、唯一の楽しみが『おかえりモネ』となっている。 相変わらず夏木マリさん演じるサヤカさんはかっこいいのだけれど、今日は叫びたい。 「菅波せんせーい!」 朝からあなたのことが頭から離れません。モネになりたい。などと久々に妄想が暴走中です。 | 羊

  • 幼稚園まではいつも同じルートを通っ...

    幼稚園まではいつも同じルートを通っているのだけれど「たまには違う道がいいよ」と驚きの発言。予告なしにルートがかわると不安でご機嫌斜めになっていたはずが、いつの間にか違う道を通ってみたいだなんて、成長というのか変化というのか、とにかく嬉しくなり遠回りで向かう幼稚園。楽しかったね。 | 羊

  • 丸く切った折り紙2枚。1枚の裏側に...

    丸く切った折り紙2枚。1枚の裏側に自作の歌詞を書き込む。それをもう1枚の折り紙と外表にしてテープでくっつけて、真ん中に黒丸、そこから放射状に模様を描いて完成させたのはCD 。折り紙の裏側に歌詞を書いたのは録音したのだそうだ。この発想力と創造性、やっぱり天才的だと思ってしまう。 | 羊

  • 明日から幼稚園。 何かと心配ではあ...

    明日から幼稚園。 何かと心配ではあるけれど早く行きたいというので行くことに。 しかし、寝る前に「とりあえず初日ってことで休もうかなあ」 いろんな意味で悩むよね。 とりあえずは布マスクを不織布にしてみるくらいしか子供は対策できないけれど、何事もなく過ごせますように。 | 羊

  • 虫が苦手なわたし。部屋の掃除をして...

    虫が苦手なわたし。部屋の掃除をしていたら大きなバッタの死骸が…こんなところになぜ?そういえば、いつぞや虫取をしてバッタを追いかけていた息子の後ろ姿が甦る。ポケットからダンゴムシなど、よくある話だけれどバッタに驚愕していたら「大丈夫、大丈夫」と冷静に対処している息子。頼もしすぎる。 | 羊

  • とにかく頭から汗をかき、暑いと、水...

    とにかく頭から汗をかき、暑いと、水浴びをしたのかというぐらい頭が濡れている。タオルでふきはするものの、痒くなってくるらしい。伸ばしたいと頑張っていたのだけれど、さっぱりもしたいらしい。髪型をどうするか悩ましい少年とバリカンでさくっと丸くと思う母。話し合いは明日も続く。 | 羊

  • 2006.8.25

    これはわたしのお話。 何か強い意図があるわけではない。 ふとカレンダーへ目をやると、8月25日だった。 ただ、それだけ。 8月25日。わたしには大切な日。 誰のために書いているものではない。だから読みたければ読めばいい。乱暴なそんなお話。 幼少期よりわたしは25歳でその生涯を終えるものだと思っていた。 理由など特にない。ただ、何となくそんなことを思っていた。 だから、少々、生き急ぐように生きていた。 周りとは違う人なのだと自分に自分で言い聞かせ、夢は見ていたけれど追いかけもせず、その日が来るのを待っていた。 確かに病弱な子供ではあった。聞くところによると、熱性けいれんで救急車

  • 水遊びは好き。けれど、頭や顔に水が...

    水遊びは好き。けれど、頭や顔に水がつくのがダメ。克服すべくお風呂に入ったときや水遊びの時など、水に口をつけてブクブク練習している。本当に少しづつだけれど、できるようになってきた。最近は自分で顔に水をつけて遊んでいる。きっとこう言うことがスモールステップなんだろう。頑張れ! | 羊

  • 久しぶりに身長を測ったら 110c...

    久しぶりに身長を測ったら 110cmを越えていた。 夏休み前と比べるとすくすく成長中。 そしてわたしのウエストも成長中。「これはもう治らないの?」と心配される。トレーニングすれば凹むはずだと伝えたら「明日から一緒にトレーニングしようよ」と応援される。頑張ってみようかな。 | 羊

  • 書きかけのnote。 襲いくる睡魔...

    書きかけのnote。 襲いくる睡魔。 今日は眠ろう。 そして またゆっくり書こう。 想いは消えはしない。 | 羊

  • 月を見て泣くのか笑うのか

    時々、月を探してしまう。 どうしてだろう。 今日、見上げた月はぼやけて二つに見えた。 何度見ても二つに見えた。 なんだか急に寂しくなった。 なんだか急に心細くなった。 そしてふと思った。 なんのために生きているんだろう。 自分のために? それとも この先の誰かのために? それとも これまでの自分のために? キラキラと輝いている人たちがいて そんな人たちを追いかけて 一生懸命 ただ 一生懸命に 生きているような気がして 苦しくなって 悲しくなって つまずいて・・・ そんなことの繰り返し。 ふといろんな記憶がよみがえって なんだか泣けてくる

  • 体調不良に続き、ホルモンバランスの...

    体調不良に続き、ホルモンバランスの乱れか、イライラがとまらなくなってしまった。 なんとか気分を落ち着かせようとしていたら「お母さん、怒ってたらいいことが逃げちゃうんでしょ。楽しくね」と声をかけられる。反省…。そうなのだ、怒っていたっていいことなんてありはしない。まずは深呼吸だ。 | 羊

  • 肩が痛く調子が悪いのを知ってかお風...

    肩が痛く調子が悪いのを知ってかお風呂上がりに背中を拭いてくれた。とても助かったとお礼を言うと「僕が自分で体を拭く修行だからさ」ともはや神対応の息子。 なんて素敵な息子なんだ‼️ と一気にテンションがあがるわたし。いつもより快復が早くなりそうだ。 | 羊

  • 体質なのか、子供の頃から年に一度は...

    体質なのか、子供の頃から年に一度はひどい肩こりでえらく具合が悪くなる。おまけに今回は熱中症気味になりダウンしてしまう。 気を付けていてもダメなときはダメで困ったものだ。こんなときは激しくデトックスだと思って静かにただ静かに体の声を聞くしかできない。 自分に優しくする日々の始まり。 | 羊

カテゴリー一覧
商用