プロフィールPROFILE

UNeCORNさんのプロフィール

住所
東京都
出身
福島県

オカルトと猫を愛するライターが、怖い話や不思議な話、猫の話などを独断と偏見で選び、蒐集し、展示するWebアーカイブサイトです。不定期といいつつほぼ毎日更新。怖い話・オカルティックな話が読みたい人は、ぜひご覧ください。

ブログタイトル
UNeCORN
ブログURL
https://uneco-occult.hatenablog.com/archive
ブログ紹介文
UNeCORN(ユネコーン)は、古今東西の不思議な話・怖い話・猫にまつわる話などを蒐集して展示するWebアーカイブサイトです。オカルトと猫を愛する管理人が、独断と偏見で気に入った話を不定期で追加しています。
更新頻度(1年)

19回 / 16日(平均8.3回/週)

ブログ村参加:2019/11/06

UNeCORNさんのプロフィール
読者になる

UNeCORNさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/22 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 全参加数
総合ランキング(IN) 42,300位 37,518位 37,507位 46,226位 38,473位 38,399位 34,292位 978,666サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 0 10 40/週
PVポイント 10 150 220 280 270 340 300 1,570/週
小説ブログ 435位 405位 395位 460位 409位 408位 357位 12,024サイト
ホラー・怪奇小説 9位 8位 8位 9位 9位 9位 8位 249サイト
哲学・思想ブログ 830位 692位 694位 861位 717位 716位 609位 13,120サイト
恐怖体験 3位 3位 3位 4位 3位 3位 3位 47サイト
オカルト 14位 13位 12位 14位 14位 13位 13位 148サイト
今日 11/22 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 51,300位 53,320位 53,359位 53,556位 57,867位 63,705位 57,676位 978,666サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 0 10 40/週
PVポイント 10 150 220 280 270 340 300 1,570/週
小説ブログ 480位 509位 509位 504位 579位 633位 567位 12,024サイト
ホラー・怪奇小説 6位 6位 7位 7位 7位 8位 7位 249サイト
哲学・思想ブログ 736位 779位 773位 784位 823位 993位 828位 13,120サイト
恐怖体験 5位 5位 5位 5位 5位 6位 6位 47サイト
オカルト 12位 14位 13位 13位 14位 16位 15位 148サイト
今日 11/22 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 全参加数
総合ランキング(PV) 7,474位 6,664位 6,382位 6,126位 6,190位 6,223位 6,123位 978,666サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 0 10 40/週
PVポイント 10 150 220 280 270 340 300 1,570/週
小説ブログ 93位 81位 74位 72位 71位 74位 72位 12,024サイト
ホラー・怪奇小説 3位 2位 2位 2位 3位 3位 3位 249サイト
哲学・思想ブログ 77位 63位 58位 58位 58位 58位 57位 13,120サイト
恐怖体験 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 47サイト
オカルト 5位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 148サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、UNeCORNさんの読者になりませんか?

ハンドル名
UNeCORNさん
ブログタイトル
UNeCORN
更新頻度
19回 / 16日(平均8.3回/週)
読者になる
UNeCORN

UNeCORNさんの新着記事

1件〜30件

  • ムシャクル様

    前職が前職だったので、不思議な話を聞く機会はそれなりにあった。老若男女問わず、「こんなことがあったんだが、何もしなくて大丈夫か」「あれは一体何だったのか」などを寺に尋ねに来る人は多い。

  • 黒い毛糸玉

    私の実家は東北地方の小さい村にあります。 家は田舎ならではというか結構大きく、敷地内には倉まであって、今思えばかなり裕福な家庭だったのかもしれません。 その倉なんですが、小学生の頃よく親に隠れて中で友達と遊んでたりしました。 ある日、2人で中の骨董品をいじっていた時に変な物を見つけてしまったのです。 大きさは大人のコブシぐらいで、黒い毛糸が絡まったボールのような物で、何であるかはよく分かりませんでした。

  • ガーネットの御守り

    私の学生時代からの友人Aは、仕事柄旅行する機会が多い。 私たちの共通の知人で、占いと天然石のアクセサリーの店をやっている人が、Aの旅の御守りとしてガーネットの指輪を見立ててくれたのが5年前。 この指輪を着けるようになってから、Aはすれすれで危険を回避するようになった。 (間一髪で水害や土砂崩れを免れたとか、乗りそびれた船が座礁したとか) 他人の不運によく巻き込まれるAにとって、この御守りはかなり優秀だと思う。

  • 巨頭オ

    ふと、数年前に訪れたある村の事を思い出した。 一人で旅行した時に行った小さな旅館のある村。 心のこもったもてなしが印象的で、また急に行きたくなった。 連休に一人で車を走らせた。 記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。 村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、その看板を見つけたときあれっと思った。 「この先○○km」となっていた(と思う)のが、「巨頭オ」になっていた。 変な予感と行ってみたい気持ちが交錯したが、行ってみる事にした。 車で入ってみると村は廃村になっており、建物にも草が巻きついていた。 車を降りようとすると、20mくらい先の草むらから、 頭がやたら大きい人間?が出て…

  • ナールナーシュ

    7~8年前、自分はパワーストーンにはまっていて、色々集めていました。集めてた理由は別に不思議な効果を期待したりではなくて、単純にキレイだから。男のくせにキラキラしたものが好きで、でも当時社会人になったばかりの自分には高価な宝石なんて到底手が出ないので、安価なパワーストーンに流れたわけです。一度集め始めると熱が入るもので、気がつけばちょっとしたコレクションと言えるくらいに色んな石を集めていました。

  • 青い袴の人、七五三

    事の発端 昔のことなので曖昧なとこも多いけど投下。 こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃けっこう可愛かった。 今はどうかってのは喪女だということでお察しください。 でも、小さい時の写真を見れば、髪も肩でまっすぐに切りそろえてたから、着物着たらマジ市松人形。 が、そのせいで怖い目にあったことがある。 先に言っとくと、変なオッサンに追いかけられたとかじゃない。

  • 姦姦蛇螺(かんかんだら)

    小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で毎日バカやって荒れた生活してたんだわ。 オレとAは家族にもまるっきり見放されてたんだが、Bはお母さんだけは必ず構ってくれてた。あくまで厳しい態度でだけど、何だかんだ言ってBのためにいろいろと動いてくれてた。

  • マネキンの警告

    結構前に、「山奥に家族構成っぽく置かれたマネキンが傷つけられてた」ってカキコミがあったと思うけど、それと似たような体験をした。

  • ひょうせ・渦人形

    高校の頃の話。 高校2年の夏休み、俺は部活の合宿で某県の山奥にある合宿所に行く事になった。 現地はかなり良い場所で、周囲には500m~700mほど離れた場所に観光地の ホテルやコンビニなどがあるだけで他には何も無いけれど、なんか俺達は凄く わくわくしてはしゃいでいたのを覚えている。

  • 鈴木さん(仮名)

    知らない番号から電話が来ておばさんの声で 「鈴木さん(仮名)?」 って聞かれた。 でも自分は田中(仮名)。 いいえ違いますって答えたら 「じゃあ誰?」 って言われてびっくりしたし少しイラっときたから 「誰って、言いませんよ。しかもいきなり失礼じゃないですか」 って言ったら電話切れた。 なんだろうと思ってたら、数日後にまた知らない番号(たぶん↑の時と同じ番号)から電話。 出てみたらまた同じおばさんが 「鈴木さん?」 って聞いてくるから 「違いますよ」 って言って切ってその番号拒否した。 そして一週間くらい経ってから今度は別の知らない番号から電話。 最近変なの多いなと思いながらとりあえず無言で出た…

  • ホテルマン

    839 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/06/29(火) 13:55:28 道東にある某ホテルでフロントをしています先日、予定到着時刻を大幅にオーバーしていらっしゃるお客様に、お電話させていただいたところ、 「あ、すみません。道に迷ったみたいで」 との事。どうもお車を運転なさってるようでしたので、早々に電話を切りあげ、その後、交代の時間になったので帰宅しました。 次の日の朝刊を見てみると、お客様が事故でお亡くなりになっていた事が判明。目撃者ありの事故だった為、具体的な時刻が書いてあったのですが、私がお電話する2時間以上前でした一体どこで迷っていらっしゃったのでしょう…

  • 米人女性、“宇宙人の遺物”を見つけたと主張

    2019年10月23日(水)“UNEXPLAINED MYSTERIES” 1977年に見つかったNortonの遺物のオリジナルと考えられている物の画像(撮影:Paul Dale Roberts) James Norton上級曹長が見つけたUFOの破片と同じモノ? 関連リンク 引用元 James Norton上級曹長が見つけたUFOの破片と同じモノ? この事件は超常現象研究者のPaul Dale Roberts(HPI Paranormal所属ライター)のおかげで明らかになった。 Robertsは先日Stephanie Fullerという女性からの電話を受けたという。 その女性は、婚約者(賃貸…

  • 気づかせるな

    その日俺はバイトのシフトが入っていたので、大学から直でバイト先に向かった。そしていつも通り仕事をしていると、店の外にチラッとなんか変な物が見えた。色は白に近い灰色、人の形をしているのだが胴体や手足頭はあるけど他に体の凹凸みたいな物が何も無くのっぺりしている。服を着ているようにも見えないけれど、色の事もあって全裸という感じでも無さそう、そんな感じの奇妙な物体が店の前を通り過ぎていく。

  • 地下の丸穴

    これは17年前の高校3年の冬の出来事です。あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、わずかに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や会話などは勝手に補足や修正をしていますが、できるだけ誇張はせずに書いていきます。私の住んでいた故郷はすごく田舎でした。思い出す限り、たんぼや山に囲まれた地域で、遊ぶ場所といえば、原付バイクを1時間ほど飛ばして市街に出て、カラオケくらいしかなかったように思います。そんな片田舎の地域に1991年突如、某新興宗教施設が建設されたのです。

  • 海を見てはいけない日

    子供の頃の怖い体験がふと思い出されたので投稿します。 9月にうちのばあちゃんの姉(おおばあと呼んでいた)が亡くなり、一家揃って泊まりで通夜と葬式に行ってきた。 実質、今生きている親族の中ではおおばあが最年長というのと、うちの一族は何故か女性権限が強いのもあり、葬式には結構遠縁の親戚も集まった。 親戚に自分と一個違いのシュウちゃんという男の子がいたんだけど、親戚の中で自分が一緒に遊べるような仲だったのはこのシュウちゃんだけだった。 会えるとしたら実に15年振りくらい。でも通夜にはシュウちゃんの親と姉だけが来ていて、期待していたシュウちゃんの姿は無かった。 この時ふと、小学生の頃に同じように親戚の…

  • 「おい」

    僕の後輩が実際に体験した話。山が好きで、よくひとりでキャンプに行くようなやつなんだけど、その日もテントと寝袋と最低限の荷物だけ持って山に入ったそうだ。キャンプと言っても整備されてるキャンプ場なんかじゃなくて、獣道も無いような本当の山の中に寝泊まりするようなやつ。そんな彼いわく、山で怖いのは一番が野生動物で、二番目が他の人間らしい。

  • 先輩の家族

    俺の職場での話。俺の職場の先輩は面倒見がいいし、仕事もスゲーってほどじゃないけど確実で、取引先からも指名で仕事が来たりする。ただ、ちょっと困ったとこは異様に家族のことを大切にしてること。奥さんや娘さんのことを話し出すと止まらなくって、休日明けなんかは家族となにをやった、どこへ行ったってことを写真を見せびらかして話してる。

  • 止まないチャイム

    ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は2階で昼寝をしていた。 「ピンポ~ン、ピンポ~ン」 誰か来たようだ。

  • 八王子城跡にて

    友達が、東京で一番怖いスポットだって言ってたから、ためしに行ってみた。八王子城跡。何にも怖くねぇ。ただの公園じゃん。

  • まちぶせ

    大学生の頃貧乏旅行した時の話。半日電車に乗っていて、夜の12時近くに関西本線の某駅で降りた。何もない田舎なんだけど、翌朝行きたい史跡の最寄りだから、ここの近くのネカフェに泊まろうと思って調べてみたら、ネカフェあるにはあるんだけど、駅からちょっと遠いんだ。

  • まちぶせ

    大学生の頃貧乏旅行した時の話。 半日電車に乗っていて、夜の12時近くに関西本線の某駅で降りた。 何もない田舎なんだけど、翌朝行きたい史跡の最寄りだから、ここの近くのネカフェに泊まろうと思って調べてみたら、ネカフェあるにはあるんだけど、駅からちょっと遠いんだ。 仕方ないから重いショルダーバッグかついで線路沿いの暗い道をよたよた歩いてた。街灯がチラホラ立ってたんで真っ暗ではなかったんだが、人通りも、開いてる店もなくてちょっと怖かった。 15分くらい歩いていると先の方が林みたいになっていて、木の影がたくさん見えた。うわ嫌だなあ、と思ったが今さら引き返せないし腹くくってそのまま歩き続けた。 だんだん林…

  • 「カガ様のおかげ」

    医者だった祖父が、とある山中の無医村に赴任したときの話。祖父と祖母の家に預けられる形で、当時6歳の俺も一緒にその村で暮らすことになった。喘息持ちの俺の転地療法も兼ねていた。初日から村を挙げての大歓迎だった。鎮守の神だという蛇(カガ)を祀る神社で盛大な祭りが催され、「神様のご加護」「神様の目印」として玄関先と裏口に巨大な鈴のついた幣束がとりつけられた。

カテゴリー一覧
商用