プロフィールPROFILE

アドバンテージ・メディア英語教室さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アドバンテージ・メディア英語教室のブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/advanenglish
ブログ紹介文
アドバンテージ・メディア英語教室は、60歳からの「大人のためのマンツーマン英語教室」です。短い英語ニュース記事を読みながら楽しく英文法の勉強をしませんか? 本ブログでは、英語ニュース記事に出てくる英文法のポイントなどを解説します。
更新頻度(1年)

28回 / 28日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/10/15

アドバンテージ・メディア英語教室さんのプロフィール
読者になる

アドバンテージ・メディア英語教室さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 21,428位 19,422位 19,435位 19,188位 19,265位 17,819位 19,067位 977,700サイト
INポイント 0 10 10 10 10 20 10 70/週
OUTポイント 0 20 10 10 10 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
英語ブログ 101位 86位 88位 86位 86位 77位 79位 10,709サイト
英語学習者(シニア) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 42サイト
英語学習者(中年) 9位 8位 8位 8位 8位 7位 9位 112サイト
英語学習者 25位 27位 27位 28位 27位 25位 26位 1,141サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 41,728位 41,618位 43,957位 37,983位 38,022位 33,890位 32,789位 977,700サイト
INポイント 0 10 10 10 10 20 10 70/週
OUTポイント 0 20 10 10 10 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
英語ブログ 205位 195位 221位 170位 177位 143位 136位 10,709サイト
英語学習者(シニア) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 42サイト
英語学習者(中年) 10位 11位 10位 10位 12位 9位 11位 112サイト
英語学習者 38位 39位 39位 35位 33位 32位 34位 1,141サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,700サイト
INポイント 0 10 10 10 10 20 10 70/週
OUTポイント 0 20 10 10 10 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
英語ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,709サイト
英語学習者(シニア) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42サイト
英語学習者(中年) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 112サイト
英語学習者 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,141サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アドバンテージ・メディア英語教室さんの読者になりませんか?

ハンドル名
アドバンテージ・メディア英語教室さん
ブログタイトル
アドバンテージ・メディア英語教室のブログ
更新頻度
28回 / 28日(平均7.0回/週)
読者になる
アドバンテージ・メディア英語教室のブログ

アドバンテージ・メディア英語教室さんの新着記事

1件〜30件

  • consist of の使い方 【第28回 英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバンテージ・メディア英語教室です。新しい天皇・皇后の即位祝賀パレードが行われました。今日は、「consistofの使い方」について、「NHKWORLD-JAPAN」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマconsistofの使い方▷今日の例文例▷Themotorcadeconsistedof46vehicles,includingpolicemotorcycles.訳例▷パレードの行列は、警察のオートバイを含む、46台で構成されていました。▷解説「〜構成される」という意味では、よく「consistof〜」が使われます。日本語では「〜される」なので、受け身(受動態)のような印象を受けますが、英語では能動態の形で用います。▷その他の単語procession:行列enthrall:〜を魅了したlavi...consistofの使い方【第28回英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • matchが動詞として使われる時の様々な意味【第27回 英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバンテージ・メディア英語教室です。クロスフィットというハードなエクササイズに取り組み続けている80歳の伝説的人物がいます。今日は、「matchが動詞として使われる時の様々な意味」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマmatchが動詞として使われる時の様々な意味▷今日の例文例▷Hematchesthenumberofexerciserepstohisnewage.訳例▷彼はエクササイズにおける反復回数を自分が新しく迎える年齢に合わせている。▷解説matchという単語は、名詞の場合は、「試合」「(火をつける)マッチ」などの意味です。これが動詞として使われる場合は、さまざまな意味があります。今回のような「matchAtoB」は、「AをBに合わせる」という意味です。その他、...matchが動詞として使われる時の様々な意味【第27回英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • ofではない前置詞を使う「●●の△△」表現【第26回 英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバンテージ・メディア英語教室です。正確な地点に着地できる「ジャンピング・ロボット」が開発されています。将来いろいろな面で私たちの役に立つかもしれません。今日は、「ofではない前置詞を使う「●●の△△」表現」について、「Seeker」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマofではない前置詞を使う「●●の△△」表現▷今日の例文例▷Thekeytolandingeachjumpisitstargetingsystem.訳例▷各ジャンプ後の着地のカギは、ターゲティング・システムにある。▷解説「●●の△△」と言う場合、よく「前置詞のof」が使われますが、使用する言葉によっては、「ofではない前置詞」を使った方がいい場合もよくあります。「●●のカギ(key)」という場合、今回のように「to」を使うのが普通...ofではない前置詞を使う「●●の△△」表現【第26回英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • 「get + 過去分詞」で表す受動態 【第25回 英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバンテージ・メディア英語教室です。ゴミ収集コンテナにはまってしまったクマを警官がクマを怖がりながらも助け出してあげるという話です。今日は、「「get+過去分詞」で表す受動態」について、「Oceana」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ「get+過去分詞」で表す受動態▷今日の例文例▷ThisbearnamedT-shirtgotstuckindumpster...訳例▷Tシャツというあだ名のこのクマはゴミ収集コンテナの中から抜け出せなくなった。▷解説stuckは、stick(〜を動けなくする)の過去分詞です。これが受動態として使われた場合、「bestuckin〜」で、「〜に閉じ込められた」すなわち、「〜から抜け出せない」というような意味になります。このように受動態は普通、「be動詞+過去分詞...「get+過去分詞」で表す受動態【第25回英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • not all の部分否定 【第24回 英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバンテージ・メディア英語教室です。ホームランのボールを、ビールをこぼさないために胸でキャッチした観客がヒーローとして注目されました。今日は、「notallの部分否定」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマnotallの部分否定▷今日の例文例▷Notallheroeswearcapesorgloves.訳例▷すべてのヒーローがマントをはおり、手袋(グローブ)を着けているわけではない。▷解説allは、肯定文では、「すべての」という意味ですが、notallなど否定のnotやnoが前に来ると「すべてが〜というわけではない」という部分否定の意味になります。「すべて〜ではない」(全部否定)とは違うので、注意しましょう。▷その他の単語commemorate:〜を記念するsacri...notallの部分否定【第24回英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • パワーナップ 【第23回 英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバンテージ・メディア英語教室です。海底で仰向けやうつ伏せで昼寝をしているかわいらしいマナティ。そのマナティが絶滅の危機にあるというニュースです。今日は、「パワーナップ」について、「Oceana」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマパワーナップ▷今日の例文例▷Thismanateeistakingapowernap.訳例▷このマナティはパワーナップしているところです。▷解説パワーナップとは、一般的に15〜30分程度の短い仮眠のことである。この用語はコーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースによる造語である。時間あたりに対する睡眠の効用を最大化する睡眠法とされている。キャットナップとも呼ばれる。引用:Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/パワーナップちな...パワーナップ【第23回英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • 第22回 知らないと訳すのが難しい熟語表 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバン英語教室です。どんな悪路でも自由自在に走る「クモのような車」の話題です。今日は、「知らないと訳すのが難しい熟語表現」について、「InterestingEngineering」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ知らないと訳すのが難しい熟語表現▷今日の例文例▷Thisoff-roadunderdogcangiveitslargercompetitorsarunfortheirmoney.訳例▷この一見弱っぽく見えるオフロードカーは、大手競合他社と張り合うことが可能です。▷解説熟語の中には、ある程度意味が想像できるものもありますが、知らないとなかなか訳すのが難しいものも少なくありません。上の文の中の、「giveitslargercompetitorsarunfortheirmoney」は、「...第22回知らないと訳すのが難しい熟語表【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • 第21回 語法をわかりにくくする挿入句 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバン英語教室です。韓国では、中高生のいきすぎたスマートホンの使用抑制するために「スマートフォーンデトックスキャンプ(smartphonedetoxcamps)」が、韓国国内14カ所で行われています。今日は、「語法をわかりにくくする挿入句」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ語法をわかりにくくする挿入句▷今日の例文例▷Campattendeesarealsoledthroughgroupandfamilycounselingtodiscussexcessivephoneusage.訳例▷キャンプの参加者たちはまた、グループカウンセリングや家族カウンセリングを通して、携帯電話の使いすぎについて考えるよう促されます。▷解説動詞leadには、「leadAtodo」(Aをd...第21回語法をわかりにくくする挿入句【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • 第20回 to 不定詞の名詞的用法 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「to不定詞の名詞的用法」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマto不定詞の名詞的用法▷今日の例文例▷Ourgoalistoprintwith50%woodproductsat500poundsperhour,andachievepropertiessimilartoaluminum.訳例▷私達のゴールは、50%の木製素材とともに1時間あたり500ポンドを印刷し、アルミニウムに似た特性を生み出すことだ。▷解説「to不定詞」には、名詞的用法、副詞的用法(目的を表す用法)、形容詞的用法などがありますが、今回の場合は、名詞的用法で、「〜すること」という意味になります。動名詞でも言い換えることができます。Ourgoalisprintingwith5...第20回to不定詞の名詞的用法【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • 第19回 文の中での繰り返しフレーズの省略 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「文の中での繰り返しフレーズの省略」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ文の中での繰り返しフレーズの省略▷今日の例文例▷...sheusuallydivesverticallyratherthanhorizontallyandinthesearatherthancaves,...訳例▷彼女は普通、水平にではなく垂直に、また、洞窟ではなく海で潜る・・・▷解説上の文章では、最初に出てきたsheusuallydivesが後半部分では省略されていると考えることができます。つまり、sheusuallydivesverticallyratherthanhorizontallyand(sheusuallydives)inthesearatherthan...第19回文の中での繰り返しフレーズの省略【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第18回 関係副詞 when の省略

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「関係副詞whenの省略」について、「BBCNews」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ関係副詞whenの省略▷今日の例文例▷ThisisthemomentJapan'sEmperorNaruhitowasunveiled...訳例▷これは日本の徳仁天皇が姿を現した瞬間です。▷解説この文では、関係副詞のwhenが省略されています。省略しない場合は、ThisisthemomentwhenJapan'sEmperorNaruhitowasunveiled...となります。しかし、whenは省略されるのが普通です。▷その他の単語emperor:皇帝、天皇empress:皇后throne:王座、玉座、王位、王権、国王、君主proclaime:を(公式に)宣言する、公布[布...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第18回関係副詞whenの省略

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】 第17回 ハイフンを使った年齢の書き方

    こんにちは、アドバン英語教室です。首里城火災のニュースはショックでした。あるべきものがなくなる喪失感を火災の映像を見ながら感じ、言葉もありません。世界中でも報じられています。今日は、「ハイフンを使った年齢の書き方」について、「BBCNews」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマハイフンを使った年齢の書き方▷今日の例文例▷The500-year-oldcastleisasymbolofOkinawanidentity.訳例▷その500歳の城は沖縄のアイデンティティを表しています。▷解説「その少年は10歳です。」という場合、普通は「Theboyis10yearsold.」と言います。もし「その10歳の少年は〜」と言いたい場合は、「The10-year-oldboyis....」というように、年齢の部分をハイフン...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第17回ハイフンを使った年齢の書き方

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】 第16回 dress up as の使い方

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「dressupasの使い方」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマdressupasの使い方▷今日の例文例▷...whenhersonJackwantedtodressupastheiconic'Ghoastbusters'characterSlimerthisHalloween,...訳例▷このハロウィーンに、彼女の息子のジャックが、『ゴーストバスターズ』の象徴的キャラクターであるSlimerの仮装をしたがった時...。▷解説今回の動画の中のdressupは、「仮装する」「扮装する」などの意味。「〜に扮装する」と言いたい場合は、「dressupas〜」と、表現します。▷その他の単語crochet:〜をかぎ針で編むdope:かっこいいer...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第16回dressupasの使い方

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第15回 文の内容全体を指す関係代名詞のwhich

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「文の内容全体を指す関係代名詞のwhich」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ文の内容全体を指す関係代名詞のwhich▷今日の例文例▷Wealsoseeparticipantsfromothercuntriesintoday'sparade,whichisagoodthingforourcountry.訳例▷今日のパレードには、外国からの参加者もいて、それは私達の国にとっていいことです。▷解説関係代名詞のwhichは、直前の単語や句を指してそれを説明する場合が多いが、今回の例のように、whichが前半部分の内容全体を指している場合もあります。つまり、whichisagoodthingforourcountryのwhichは前半に書いてあ...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第15回文の内容全体を指す関係代名詞のwhich

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第14回 of all time の使い方

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「ofalltimeの使い方」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマofalltimeの使い方▷今日の例文例▷He'scallingit'thelargestYouTubercollaborationofalltime.'訳例▷彼はこの活動を、今までで最も大規模なユーチューバーのコラボレーションと呼んでいる。▷解説ofalltimeは、最上級の形容詞を伴った直前の語句を修飾して、「今までで(一番…だ)」という意味を表します。Heisoneofthegreatestactorsofalltime.彼は古今を通じて最高の俳優の1人だ。▷その他の単語donate:を寄付[寄贈]するsubscriber:寄付をする人▷今日の例文は「NowThis」...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第14回ofalltimeの使い方

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第13回 動名詞か不定詞で意味が変わるケース

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「動名詞か不定詞で意味が変わるケース」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ動名詞か不定詞で意味が変わるケース▷今日の例文例▷Ieventriedcreepingintherewithaflashlightwhilemysonwassleeping.訳例▷私は、息子が寝ている時に、懐中電灯を持ってそっと忍び込んでみたりもした。▷解説try、forget、stopなどの動詞は後ろに動名詞が来るか、不定詞が来るかで意味が変わります。triedcreeping:忍び込んでみた(実際に忍び込んだ)triedtocreep:忍び込もうとした(実際に忍び込んだかどうか不明)forgotpostingaletter:手紙を投函したことを忘れていた(投函は...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第13回動名詞か不定詞で意味が変わるケース

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第12回 時制の一致の would

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「時制の一致のwould」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ時制の一致のwould▷今日の例文例▷In2017,Australia'sgov'tannounced(that)publicaccesswouldbeclosingin2019.訳例▷2017年にオーストラリア政府は、2019年に一般の人はアクセスできなくなる、と発表した。▷解説後半のwouldは、willの過去形です。もともとは、「publicaccesswillbeclosingin2019(2019年に一般の人はアクセスできなくなる)」だったのが、その前に「Australia'sgov'tannounced」という過去形の主節がついたため、(that)以下の文も時制の一...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第12回時制の一致のwould

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第11回 『または』と訳さない『or』

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「『または』と訳さない『or』」について、「Seeker」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ『または』と訳さない『or』▷今日の例文例?...whichistypicallyusedasthebattery'sanodeorthepositivelychargedsideofabattery.訳例?〜それは通常、電池の陽極、すなわち電池のプラスの側です。▷解説orは、「または」ではなく、「すなわち」や「つまり」などと訳さなければいけない場合もあります。つまり、ある言葉を示した後に、or以降でそれを言い換えているわけです。「または」なのか「すなわち」なのかは文脈で判断するしかありません。▷その他の単語cupo'joe:cupofjoe〈米俗〉コーヒーsustaina...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第11回『または』と訳さない『or』

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第10回 後方照応

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「後方照応」について、「Seeker」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ後方照応▷今日の例文例▷Whenthey'rereleased,balloonsflyhigh...訳例▷風船が放たれると、それらは高く舞い上がり…▷解説文の最初の方に来ている代名詞が、同じ文の中の後の方の名詞を指していることを「後方照応」と名付けました。普通は、代名詞は、その前に登場したものを指す場合が多いのですが、後方照応ではこれから出てくる後ろの単語を指しています。すなわち、上の例の場合、「Whenthey'rereleased」の中のtheyは、その前の文章の中の何かを指しているのではなく、後半のballoonsを指しています。ですので、翻訳する時も上のように、theyの方を「風船」と...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第10回後方照応

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第9回 無生物主語

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「無生物主語」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ無生物主語▷今日の例文例▷Butclearlytakingtheboxwon'tstoptheclown.訳例▷(直訳調)しかし明らかに、箱を受け取ることは、ピエロを止めない。(もっと自然にすると)しかし明らかに、箱を受け取ってもピエロは止まらない。▷解説日本語では主語には人や他の生物が来ることが多いのですが、英語は主語に人や他の生物以外のものが来るケースが多くみられます。上の例では、「takingthebox」という動名詞句(箱を受け取ること)という部分が主語になっています。こういう主語を「無生物主語」といいます。無生物主語が主語となっている英文を日本語に訳すと、そのまま直訳では不自然な...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第9回無生物主語

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第8回 前置詞としてのbut

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「前置詞としてのbut」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマ前置詞としてのbut▷今日の例文例▷Lawenforcementsayhetoldthemhedidn'tinendtohurtanyonebuthimself.訳例▷当局によると、彼は自分自身以外の誰をも傷つけるつもりはなかった、と話した。▷解説butは、「しかし」という意味の接続詞として使われる場合が多いのですが、今回の例のように「〜以外」という意味の前置詞として使われる場合もあります。▷その他の単語Lawenforcement:当局、警察、法執行機関※enforcementは集合名詞のためこの文では複数扱いとなっている。▷今日の例文は「NowThis」からタイトル:High...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第8回前置詞としてのbut

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第7回 sellは他動詞にも自動詞にもなる

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「sellは他動詞にも自動詞にもなる」というテーマです。「TECHINSIDER」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマsellは他動詞にも自動詞にもなる▷今日の例文例▷Theysellforaround£5.訳例▷それらは約5ポンドで売られている。▷解説sellという動詞は、最初は「〜を売る」という他動詞の意味で習うことが多いと思います。他動詞として使われる例▷Thecompanysellsinteresitngtoys.(その会社はおもしろいおもちゃを売っている。)ところが自動詞としてもよく使われます。今日ニュース記事で取り上げた「Theysellforaround£5.」の場合も自動詞として使われています。受動態ではないのに、「〜が売られている」というように、訳...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第7回sellは他動詞にも自動詞にもなる

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第6回 expectの意味について

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、expectの意味について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▷今日のテーマexpectの意味について▷今日の例文例1▷ConcptosPlasticosexpectspricestodrop20%whenitsproductsaremadelocally.例2▷Theclassroomsplannedforconstructionareexpectedtoserveapprox26,400students.訳例1▷ConcptosPlasticosは、同社の製品が地元で作られれば価格が20%安くなる、と考えている。訳例2▷建設が計画されている教室は、約26,400人の生徒のために役立つと期待されている。例1例2▷解説学校ではexpectは、「期待する」と習う...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第6回expectの意味について

  • 【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第5回 実際には起きなかったことを述べるwould have + 過去分詞

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「実際には起きなかったことを述べるwouldhave+過去分詞」について、「NowThis」の記事をもとに解説します。▶今日のテーマ実際には起きなかったことを述べる「wouldhave+過去分詞」について▶今日の例文Theywereabletostopthetrainandpullthewomantosafetyjustsecondsbeforethetrainwouldhavehither.訳例(直訳のため不自然な日本語)▷列車が女性を轢いただろう直前に、彼らは列車を止めて女性を安全な場所にひっぱりあげることができた。訳例(自然な日本語)▷列車が彼女を轢くギリギリのところで、彼らは列車を止めて女性を安全な場所にひっぱりあげることができた。▶解説「wouldhave+過...【英文ニュース記事で学ぶ「英文法さかさ勉強法」】第5回実際には起きなかったことを述べるwouldhave+過去分詞

  • 【英文ニュース記事で学ぶ英文法】第4回 疑問詞節の中の主語と動詞の順番について

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「疑問詞節の中の主語と動詞の順番」について、「TheDodo」の記事をもとに解説します。▶今日のテーマ疑問詞節の中の主語と動詞の順番について▶今日の例文Idon'tknowwhatitiswithDebbie.訳例▷私は、デビーに何があったのかわかりません。▶解説Whatisitwithyou?(あなた、どうしたの?/あなた、どうかしたの?)というように、疑問文の場合、「Whatisitwith〜?」は、「〜は、どうしたのだろう?」という意味になります。しかし、この文の先頭に「Idon'tknow」などが来ると、What節(疑問詞節)の中の主語と動詞の順番が変わり、「Idon'tknowwhatitiswith〜.」となります。また、Idon'tknowのような平叙文で...【英文ニュース記事で学ぶ英文法】第4回疑問詞節の中の主語と動詞の順番について

  • 【英文ニュース記事で学ぶ英文法】第3回 「譲歩の接続詞」について、他

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「「譲歩の接続詞」について」と、「一つの文章の中ではなく、変わったやり方で使われる例」について、「BusinessInsider」の記事から紹介します。▶今日のテーマ解説1「譲歩の接続詞」について解説2一つの文章の中ではなく、変わったやり方で使われる例▶今日の例文Eventhoughthetrucklooksperfectlysymmetrial...Itcanonlybedrivenfromoneside.Liftthehoodonthedriver'ssideandyou'llfindtheengine.Liftthehoodontheothersideandyou'llfindthetrunk.単語の解説▷perfectlysymmetrial:完全に対称hood...【英文ニュース記事で学ぶ英文法】第3回「譲歩の接続詞」について、他

  • 【英文ニュース記事で学ぶ英文法】第2回 繰り返しを避けるための単語の省略

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、「繰り返しを避けるための単語の省略」について、LearnLifeWealthTravelの記事から紹介します。▶今日の英語繰り返しを避けるための単語の省略▶今日の例文Syntheticsupplementsburn!Naturalsupplementswon't!▶解説won'tの後には「burn」が省略されています。同じ単語の繰り返しを避けるためです。別の例文で説明します。Tomwillgototheparty,butHelenwon't.(トムはパーティに行くだろう、でもヘレンは行かないだろう)※gotothepartyが抜けています。Tomwenttotheparty,butHelendidn't.(トムはパーティに行った、でもヘレンは行かなかった)※過去形でも同...【英文ニュース記事で学ぶ英文法】第2回繰り返しを避けるための単語の省略

  • 【英文ニュース記事で学ぶ英文法】第1回 here の使い方

    こんにちは、アドバン英語教室です。今日は、Hereの使い方について、NowThisの記事から紹介します。▶今日の英語here▶今日の例文Oh,herehegoes.▶解説これは日本語で言うと「ほら」というようなニュアンスになります。「あ、ほら、彼が来る」というような意味です。hereの使い方は、私達中高年が学校時代に習った言い回しとは違う用法で英語圏では使われています。よく使われる例Hereyouare.人に物を手渡す時に言う表現です。意味は、「こちらです」「はい、どうぞ」というような意味です。Hereitis.こちらもHereyouare.と同じ意味になります。Hereyougo.これは「あなたの番ですよ」という意味になります。HereIam.Hereweare.「さあ着いたぞ」というような意味になります。H...【英文ニュース記事で学ぶ英文法】第1回hereの使い方

  • 60歳からの「大人のためのマンツーマン英語教室」を開設しました。

    久しぶりの投稿です。英語教室開設のために奔走していて、更新できませんでした。このブログは以前「50歳からの英語練習帳」という名前で運営されていましたが、管理人本人も60歳に近づき、この度、「アドバン英語教室」を開設しました。そこで心機一転ブログも「アドバン文章教室のブログ」として更新していくことにしました。どうぞよろしくお願いいたします。少しだけ教室の紹介をします。「アドバン文章教室」は、60歳からの「大人のためのマンツーマン英語教室」です。短い英語ニュース記事を読みながら楽しく英文法の勉強をすることを目的としています。詳細はホームページからどうぞ▶アドバン英語教室60歳からの「大人のためのマンツーマン英語教室」を開設しました。

  • 「be動詞 + to不定詞」の6つの意味

    be動詞+to不定詞は確実性の高い未来を表す。①予定「~する予定だ」②義務「~すべきである」③可能・不可能「~できる」④運命「~する運命だ」⑤意図「~するつもりだ」しかし、「〜することになっている」とすればだいたいOK(可能・不可能以外)可能・不可能は、否定+受動が多いので、「〜できない」とすればだいたいOK⑥単純な名詞句を導く「〜は〜だ」ただし、toが省略されて、動詞の原型がそのままbe動詞に続く場合も多い。例:"Whattheydidwasclosepublicaccesstoenjoythearts",shesaid.↓"Whattheydidwas(to)closepublicaccesstoenjoythearts",shesaid.Whattheydid(主語)+was(動詞)+(to)closep...「be動詞+to不定詞」の6つの意味

カテゴリー一覧
商用