searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

鷺さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
徒然草枕
ブログURL
https://www.ksagi.work/
ブログ紹介文
クラシックのコンサートや展覧会のために全国を駆けずり回っている50男。旅行の目的には山城見学や町並み見学、温泉に鉄道など「日本を見直す旅」でもある。
更新頻度(1年)

119回 / 240日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、鷺さんの読者になりませんか?

ハンドル名
鷺さん
ブログタイトル
徒然草枕
更新頻度
119回 / 240日(平均3.5回/週)
読者になる
徒然草枕

鷺さんの新着記事

1件〜30件

  • 麒麟がくる第20話「お駒モテモテ」・・・でなくて「家康への文」

    大者食いっぷりを本格的に開花させているお駒 いよいよ桶狭間前夜になってきたようだが、今回の一番大きな話題は「お駒モテモテ」というわけでもないが、今までの明らかに「少女」というのを前面に出していたお駒のヘアスタイルが変化して「女」を出して来た。そうなると元々「大者食い」だったお駒らしく、早速家康をたらし込んで・・・というわけではないが、ガキの頃からお駒にポヤーンとしていた家康が、もろにお駒に色目を使っている(笑)。お駒からお守り代わりの薬をもらって先鋒として出陣する家康。「必ず生きて帰ってくる」との決意表明。これがアニメかなんかだったら死亡フラグスレスレだが、まあ歴史ドラマだからここで家康が亡く…

  • カーテンコールで朝比奈隆/大フィルの黄金時代の演奏を

    未だコンサート再開への道のりはかなり遠い状況であるが、大フィルがカーテンコールで過去の音源を公開するようである。 www.osaka-phil.com 第一弾は1999年のシューベルトの「未完成」とチャイコの5番。これから4週に渡って順次1週間ほど公開になるとのこと。 curtaincall.media // 朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団 シューベルト/交響曲 第7番 ロ短調 D.759「未完成」(1999.7.11収録)チャイコフスキー/交響曲 第5番 ホ短調 作品64(1990.11.5収録) まずはシューベルトであるが、いわゆる一般的な「美しい」演奏とは随分と異なる。低域を…

  • 麒麟がくる第19話の感想など

    実は私は先週の金曜から謎の発熱をして寝込んでしまった。コロナを疑ったりもしたが、この2ヶ月ほど家からほとんど出てないので、もしコロナなら完全に「感染経路不明」。それに症状としては発熱、異常なだるさ、喉の痛み、頭痛、体の関節の痛みなどはあるのだが、咳が全く出ない。と言うわけでどう考えても「新型肺炎」とは思えない全く謎な病気なんだが、とりあえず3日後の日曜になってようやく熱が下がった。しかしまだ体のだるさは残っており、体の痛みはあちこちにあるのだが(特にずっと寝続けていたので腰の痛みがひどい)何とか起き出してきた。で、起き出したところで最初に見たのがこれという次第。 // 麒麟がくる第19話「信長…

  • 山形響大阪公演中止のお知らせ&ベルリンフィルでスークの交響曲を

    山形交響楽団大阪公演も中止です 今日になって6/22の山形交響楽団の大阪公演が中止と払い戻しを連絡するの案内葉書が到着した。政府は検査数を絞って無理矢理にコロナの終息宣言に持っていこうとしているのが明らかであるが、それに反して現実の状況は混沌としている。何しろ日本ではコロナの感染者数は非常に少ないことになっているのに対し、謎の肺炎死が例年の数倍に増加しているとか。これらの患者はすべて検査していると安倍は口から出任せを言っていたが、それがあからさまな嘘であることはすでにばれている(にも関わらず、この嘘を何度も繰り返しているようだ)。 www.symphonyhall.jp こういう状況ではコンサ…

  • ニートがくる・・・でなくて麒麟がくる第18話

    越前編(ニート編)突入 先週は全く緊迫感なく脱出を始めた光秀一行であるが、今回はなぜか急に切迫している。そこに良すぎるタイミングで駆けつけるお駒。まあこれは話が出来すぎ。さらに帰蝶はいろは大夫を差し向けて光秀一行を朝倉領に落ち延びさせる手はずをつけているという次第。とにかく光秀一行は史実通りに越前に逃亡することに。 そしていかにも戦に弱そうというよりも、いかにも戦をする気もなさそうで天下を覗う気持ちなど毛頭なさそうな朝倉義景と対面する光秀。面倒臭そうに困ってるだろうから金はやろうという義景に対し、プライドからそれを拒む光秀。しかしあばら屋に入った途端にいきなり金に困ってお駒に質屋に行ってもらわ…

  • ロンドン交響楽団のライブ配信でベテランピアニストのウルトラセブン

    ロンドン交響楽団ライブ配信(2014.1.21収録) 指揮:サー・ジョン・エリオット・ガーディナーピアノ:マリア・ジョアン・ピレシュ メンデルスゾーン 「フィンガルの洞窟」シューマン ピアノ協奏曲メンデルスゾーン 交響曲第3番 ロンドン交響楽団の今回の配信は2014年とやや古めの収録。指揮はジョン・エリオット・ガーディナーでピアニストはマリア・ジョアン・ピレシュとベテランコンビである。曲はメンデルスゾーンと「ウルトラセブン」ことシューマンのピアノ協奏曲。 まずジョン・エリオット・ガーディナーによるフィンガルはかなり癖のある演奏である。テンポ設定やバランス設定などが普段聞き慣れているこの曲とやや…

  • HPワークステーションZ230のメモリを増設する

    メモリ増設で作業性向上を狙う 私は以前よりメインシステムにHPのワークステーションZ230を使用している。メモリは予算の関係で8GBを搭載していたのだが、トリプルディスプレイ(デュアルディスプレイ+USBディスプレイ×1)でChromeを複数立ち上げて作業している状況では、デフォルトのメモリ容量ではかなり厳しい状況になってきていた。特にWindows10にアップ後はメモリの負荷が大きいのか、Chromeがしばしばフリーズする状態となり、作業性に問題が出てきている。 私のマルチディスプレイ環境 そこでこの際、メモリを増設することにした。以前に蓋を開けて中を見た時に、メモリスロットが2つ空いている…

  • NHK大河ドラマ「斎藤道三」最終回・・・でなくて「麒麟がくる」第17話

    大河ドラマもいよいよ序盤の最大の山場である斎藤道三の最期がやって来た。ここに向けてドラマの方も盛り上げてきている。とは言うものの、正直な感想を言うとどことなくあちこち締まらなかったなというのが私の本音。 // 今ひとつピリッとしない合戦シーン 長良川の合戦シーンではエキストラも動員してドローンを使用した空撮(これは最初の頃の織田信秀との合戦でも多用していた)を駆使してのかなり気合いの入った撮影・・・を行っていたようなんだが、初期の合戦シーンでも感じたが、どうも生きるか死ぬかの切迫感が伝わってこず、所詮はあちこちの地方の古戦場なんかである「合戦ごっこ祭」のように見えてくるのは何だろうか・・・。エ…

  • HuaweiのMediaPad M5 Liteでフル充電できないトラブルが発生

    充電が出来ない!? 私は今年の2月に中華パッド(HuaweiのMediaPad M5 Lite)を購入して、我が家のDIGA(DMR-BRT1060)で録画した番組をPanasonicの「どこでもDIGA」を使って倍速再生で視聴するという目的に使用していた。 なおこのソフトはPanasonicの比較的新しめのレコーダーでないと対応していない。実は私はDMR-BRT1060はこれのために昨年購入したものである。 我が家の録画機DMR-BRT1060 DIGA本体だと1.3倍速再生が限界なので2.0倍速再生できるこのソフトは非常にありがたく、これによる高速視聴が私の教ドキュの執筆を支えているといっ…

  • ロンドン交響楽団のライブ配信で、ユジャ・ワンとティルソン・トーマスの演奏を

    5/7に配信されたユジャ・ワンをソリストに迎え、マイケル・ティルソントーマス指揮によるコンサートをYouTubeで視聴。 ロンドン交響楽団コンサート 指揮:マイケル・ティルソン・トーマスピアノ:ユジャ・ワンロンドン交響楽団 コリン・マシューズ 隠し変数ガーシュウィン ピアノ協奏曲ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 コリン・マシューズは現代音楽家であり、ロンドン交響楽団の提携作曲家も務めていたという。だからロンドン交響楽団は彼の作品に通じており、ティルソン・トーマスも彼の曲を初演したことがあるらしい。そういう経緯があるからか、よく分からない音楽ながらも「気心知れた」という感があって、演奏に安定感が…

  • ロレンツォ・ヴィオッティ/ベルリンフィルでマーラーの交響曲第3番を聴く

    さて長いお籠もりGWも終わり、明日からまた仕事復帰(本業の方)である。とは言っても、緊急事態宣言が今月末まで延長された以上、私の職場も恐らく今月一杯は半休業状態を余儀なくされるだろう。 とは言いつつも、すべて在宅勤務で終わらせられるわけでもなく、明日はとにかく職場に顔を出す必要がある。正直なところここのところのお籠もりで完全にニートスキルが開花してしまっており、果たして社会人に真っ当に復帰できるかがやや怪しげなところである。 などと今後のことを懸念しつつ、GW最終日はまたベルリンフィルデジタルコンサートホールを楽しむことにする。今回はマーラーの交響曲第3番。本来はヤニック・ネゼ=セガン指揮の予…

  • 麒麟がくる、一気見

    お籠もりついでに今まで録りだめていた「麒麟がくる」を一気見した。話は序盤の佳境である斎藤道三の最期の前夜というところまでであり、どうやら次回に道三は死に、光秀は熙子を背負って明智城から逃亡することになりそうである。 この辺りは光秀の人生については全く何の記録も残っていない時代になるので、脚本家が好き勝手に話を作っているのだが、一応話自体は通っていてまずまずまとも。ここ数年のひどすぎる大河の中ではこれは画期的かもしれない。 もっとも見ているとツッコミ入れたくなる箇所も多々あったので、まずはツッコミを列挙しておくか。 // 1.いろいろな事件に影でからみすぎの光秀 まあ大河の主人公には付きものなの…

  • ロンドン交響楽団のライブ配信でラトルの幻想交響曲を聴く

    ロンドン交響楽団のHPで毎週木曜日と日曜日にかつての公演のアーカイブを順次放送しているようである。送信にはYouTubeを使用。そのためかベルリンフィルデジタルコンサートホールなどよりは画質・音質共に落ちる。なお放送開始は大抵現地時間の午後7時とかなので、日本時間だと夜中の3時とかになってしまう。ただ生で聴かなくても翌日などでも聴けるようである。ただし次の配信までには配信中止にされてしまうようだ。 lso.co.uk 昨日にラトル指揮でジョン・アダムズのハルモニレーレとベルリオーズの幻想交響曲の演奏のライブ配信があったようなのでそれを聴いた。 // ラトル指揮ロンドン交響楽団(2019.5) …

  • ペトレンコ、ベルリンフィル首席指揮者就任演奏会の第9をネット配信で聴く

    ベルリンフィルのヨーロッパコンサートが5/1 18:00より無料中継 コロナの影響で中止されるだろうと思われていたベルリンフィルのヨーロッパコンサートが、ベルリンフィルハーモニーでのペトレンコ指揮の無観客ライブとして公開されることになったとのことである。この模様はベルリンフィルデジタルコンサートホールで5/1の日本時間18:00(現地時間11:00)より生中継されるとのこと。無料放送とのことなので、ベルリンフィルデジタルコンサートホール非加入の方でも視聴は可能と思われる。ベルリンフィルデジタルコンサートホールは私は先日に加入したが、音質・画質共に良好であるのでお勧めである。 www.digit…

  • 新国立劇場の「巣ごもりシアター」で「エウゲニ・オネーギン」を見る

    GWと言っても完全にお籠もりを強いられて何かかにかと不自由と退屈を持て余している今日この頃であるが、今日は新国立劇場が「巣ごもりシアター」として公開しているチャイコフスキーのオペラ「エウゲニ・オネーギン」を見ることにした。 www.nntt.jac.go.jp // チャイコフスキー「エウゲニ・オネーギン」 指揮:アンドリー・ユルケヴィチ演出:ドミトリー・ベルトマン (タチヤーナ)エフゲニア・ムラーヴェワ (オネーギン)ワシリー・ラデューク (レンスキー)パーヴェル・コルガーティン (オリガ)鳥木弥生 (グレーミン公爵)アレクセイ・ティホミーロフ (ラーリナ)森山京子 (フィリッピエヴナ)竹本…

  • 広響の2015「平和の夕べ」コンサートでのアルゲリッチの演奏を聴く

    2015年広響の「平和の夕べ」コンサートのアルゲリッチによるベートーヴェンピアノ協奏曲第1番の演奏が、テレビマンユニオンチャンネルで無料公開されているのでそれを視聴した。 tvuch.com // 2015広響「平和の夕べ」コンサート ピアノ:マルタ・アルゲリッチ指揮:秋山和慶広島交響楽団 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番シューマン:幻想小曲集より 夢のもつれ アルゲリッチと言えば「上手いけど非常にアクの強い演奏」で知られるが、その一端はこのコンサートでも発揮されている。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番という彼の曲にしてはアクの少ない曲が、アルゲリッチの手にかかれば後期の曲のようにアクが強…

  • Sound Blaster Audigy Fx PCI-e SB-AGY-FXを試してみる

    サウンドカードを新規導入 Amazonに注文していたCreativeのハイレゾ対応カードのSound Blaster Audigy Fx PCI-e SB-AGY-FXがやっと到着、早速装着してテストしてみることにした。 私のHPのワークステーションの蓋を開けるのは久しぶりだが、開けると中がとんでもないホコリまみれだったので、この際に掃除も併せて実行。ホコリを除いた後に開いていたベイにボードを取り付ける。ワークステーションは作業性が良くなっており、ドライバーがなくてもボードの取り付けが容易に出来るようになっている。 ロープロファイル用の取り付け金具も付属 // 音量だけでなく音質が向上 再起動…

  • PC用サウンドにFOSTEX アクティブ・サブウーハー PM-SUBmini2を導入、小型ウーハーの効果を確認する

    お籠もりの中PCサウンドシステムを一新 お籠もりのストレスフルな生活が続く中、私はライブ禁断症を誤魔化すためにPCでのベルリンフィルデジタルコンサートホールを楽しんでいる状況だが、そもそも私のPCは仕事用(ただし本業の仕事ではない)に組んだ事務用ワークステーションなので、サウンドシステムの方は全く考慮しておらず、音は「出るだけ」という状況だった。さすがにこれではあまりにお粗末すぎて音楽を聴けるものではないと、先日メインのスピーカーをFostexのものに更新した。 結構素直な特性で、一応ハイレゾ対応を謳っているだけあって高域の伸びはまずまずあるようで(スピーカーの特性以前に高域は私の耳自体がかな…

  • ベルリンフィルデジタルコンサートホールで聴くハイティンクの最晩年のブルックナーは流石に極上だった

    びわ湖ホールから、先月にライブ配信された「神々の黄昏」がBDで発売されるとの案内が出た。最初はDVDで発売と言っていたようだが、私も「今時DVD?」と言っていたのが届いたのか(笑)、高画質のBDでの発売となった模様。発売予定は6月末で販売はびわ湖ホールなどで行うとのことなので、まあ事態が落ち着いてからの話である。当然ながらYouTubeで配信された固定カメラのものでなく、複数カメラを切り替えて編集した物になるようで、2日間の公演のそれぞれが発売される模様。 さて勤め先も半休業状態となってしまい、果たして事態収拾後にまともな会社員としてフル活躍できるであろうかと一抹の不安を抱きつつお籠もり生活を…

  • YouTubeでジャン・チャクムル/岡山フィルによるショパンのピアノ協奏曲を堪能する

    連日のようにコンサート中止情報が伝わってきて、その度ごとに郵便局に行っては特定記録郵便を送るという不毛な日々。つい先日も4/29の関西フィル定期の中止の知らせが舞い込んできたが、会員宛の払い戻しの連絡葉書が到着した。それによると払い戻しは前回の定期の分も合わせて6月の定期か7月の定期でということらしい。これは暗に5月の定期も中止になる可能性が高いことを匂わせている。実際に5/15,16の大阪フィルの定期の中止(デュトワ来日ならず、これは実に痛恨の極み。来年度か本年後半の特別公演辺りをお願いしたい)、さらには5/16,17の京都市響の定期も中止のアナウンスが出ているので、5/22の関西フィルの定…

  • ブロムシュテットのブルックナーをベルリンフィルデジタルコンサートホールで聴く

    コンサートが完全に中止の状態。しかも外出がほぼ禁止の状態なので、美術館にも行けず(そもそも閉館中)、山城に出て行くわけにもなかなかいかず(散歩の延長だと言えば行けないこともないかもしれないが)という状況で、やることもなくこのページの更新ネタもなく、ページの方も閑古鳥が鳴いております(笑)。ほとんど夜のニュースで映っていたこの週末の新宿の状況です(以前に新宿並みの読者が来ていたわけでもないが)。 幸いにして私はこれで食っているわけではないし(そもそも食えるだけの収益なんてない)、なんせ最初からテナント料(はてなの年間費用)もページの収益では賄えてないので、営業の前途を悲観していた飲食店とは違って…

  • フィンランド放送交響楽団も来日中止です

    何か最近の私のブログはコンサート中止情報みたいになってきてますけど、5月下旬のフィンランド放送交響楽団の来日も中止となりました。リントゥ指揮でシベリウスも含むプログラムということで楽しみだったのですが、残念です。 www.symphonyhall.jp いよいよ5月のコンサートも怪しくなってきた状況です。来日オケはともかく、国内オケも5月の公演まで出来なくなるようだといよいよ危険でしょう。現在は5月のコンサートの中止が続々とアナウンスされている状況ですが、国内オケはギリギリまで判断を粘っているようです。恐らくもう既に払い戻しに財務が耐えられなくなりつつあるところも出てきている頃だと思われます。…

  • ベルリンフィルデジタルコンサートホールでペトレンコ指揮のマーラーの6番を聴く

    各地のコンサートの状況も惨憺たる状況で、全く何の支援もない中で事実上の活動停止を強いられている各地のオーケストラはいよいよ断末魔状態。本日、京都交響楽団の4月定期中止のアナウンスが正式に出たが、4/29の関西フィルも中止を余儀なくされるだろう。問題は関西フィルのそれに耐えるだけの財務力があるかどうか。もう既に関西フィルのHPに「関西フィルの存続の危機に対しての寄付のお願い」という断末魔のような要請が出ている。いずこのオケも似たような状況で、関西のオケだけでなく新日フィルや東京フィルなんかも同様の要請を出している。私が資産家かなんかだったら、各オケに数百万ずつとか寄付でもしたいところだが、そんな…

  • 広響チャンネルを聞く

    コンサート欠乏症が深刻化しつつある事態ですが、広響がYouTubeの広響チャンネルでメンバーが練習場に集まって収録した無観客演奏を公開しているのでそれを聴きました。 www.youtube.com 内容・グリーグ:「ホルベルク組曲」から前奏曲・モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」(Vn:佐久間聡一、Cond:下野竜也)・ハイドン:チェロ協奏曲第1番(Vc:マーティン・スタンツェライト)<下野竜也・指揮講座 生徒:高和雅>・ベートーヴェン:ロマンス第2番(Vn:蔵川瑠美)・イベール:木管3重奏のための5つの小品(Ob:板谷由起子 Cla:品川秀世 Fg:徳久秀樹)・モーツァルト:ク…

  • 4オケも飛びました

    まあこれも予想通りではあるのですが、4/18にフェスティバルホールで開催予定だった4オケコンサートも飛んじゃいました。中止かと思っていたら延期とのことですが、その延期日程が2021,3.3とのことなのでまる1年先。正直なところ行けるかどうかの予定なんて分からない・・・とカレンダーを見ていたら平日の水曜日です。開演時刻は変化無しで14時からとのことなので平日の昼からの公演。普通のサラリーマンとかなら休暇を取らないと聞きに行けません。これは結構払い戻しの請求ありそう。私は休みとって行くつもりですが、本当に行けるかどうかはその時にならないと分からない。チケットの払い戻し期間が今月いっぱいというのがツ…

  • ベルリンフィルデジタルコンサートホールでペトレンコを聴く

    外出禁止令でオケの方もリハーサル自体が不可能になってきているので、先月は何件かあったライブ配信も今月は全く期待できない状態。そんな中、次々とコンサートの中止の報が舞い込んできて、その度に特定記録郵便でチケットを送り返している日々である。そろそろコンサート欠乏症が重症化しつつあるので、先月に1ヶ月の無料手続きをしたベルリンフィルデジタルコンサートホールを視聴することにする。 www.digitalconcerthall.com それにしても流石だと思うのは、映像も綺麗し音質も良いこと。また立ち上げ時に一瞬止まるようなことはあっても、一旦始まったら途中で音が途切れるようなこともない。さすがに有料サ…

  • 4月のコンサート軒並み中止へ

    大体予想通りで覚悟はしていたのであるが、ここに来て4月のコンサートが軒並み中止の連絡が相次いでいる。まず4/10,11の大フィルの第537回定期演奏会が中止との報が伝わってきた。続いて京都市響の4/12のスプリングコンサートも中止である。京都市響は4/24に定期演奏会があるが、正直なところそれも怪しいだろう。さらには予想通りではあるがサンクトペテルブルクフィルの来日も中止。これはロシアが出国禁止処置を取っているから当然予測されていた結果ではある。 ちなみにMETライブビューイングの方も上映予定館の閉鎖などが相次いでいる(関西、首都圏の劇場は軒並みこの週末は閉鎖)ことから、ムビチケなどの払い戻し…

  • 7年遅れのアニメ評「翠星のガルガンティア」

    翠星のガルガンティア 2013年作品 2013年というやや昔の作品のようだが、BS11で放送されていたので見ておりました。宇宙の果てでの人類と異生命体との戦闘が繰り広げられる中、レド少尉は戦闘中のワープに巻き込まれて宇宙の果ての地球に飛ばされてしまう。戦闘しか知らない少年が、海ばかりになった地球上のガルガンティアと呼ばれる船上で、ノホホンとした地球の人々にふれあう中で徐々に変化して人間的に成長していくという過程がなかなかに魅力的に描かれていた作品。最近の作品はこの「主人公の成長」という要素が皆無なものが増えてきているので、その辺りにやや「古めかしさ」を感じつつも、私のようなオールド世代は「やっ…

  • 京都市交響楽団のライブ配信を聴く(日本センチュリー交響楽団もチラチラチェックしながら)

    今日は京都市交響楽団と日本センチュリー交響楽団のライブ配信がほぼ重なる時刻に。日本センチュリー交響楽団の方をタイムシフトで聴ければと思っていたが、残念ながらタイムシフト放送はないらしい(なぜ?)。では京都市交響楽団がアーカイブになるのを待つという手もあるのだが、実際にところはこっちもアーカイブになるかは保証がない。結局は両者を天秤にかけて比較した結果、京都市交響楽団をチョイス。日本センチュリー交響楽団は裏で音を切った状態でちょくちょくチェックするという形に。 // 京都市交響楽団第643回定期演奏会 広上 淳一(常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー)森谷 真理(ソプラノ) シューベルト:交…

  • 海外でも無観客ライブ配信が出てきているようです

    日本で各地のコンサートが全滅状況で、無観客ライブ配信が行われていますが、同様の状況は海外でも発生している模様。YouTubeにも複数上がっているようです。 The Philadelphia Orchestra: BeethovenNOW: Symphonies 5 & 6 MSO Live | Rimsky-Korsakov's Scheherazade // フィラデルフィア管弦楽団のライブを聴いてみました。3/12のライブとのことです。指揮はヤニャック・ネゼ=セガンで曲目はHabibiのJeder Baum spricht(すべての木が話す-Google翻訳)にベートーヴェンの交響曲第5,…

カテゴリー一覧
商用
読者になる