プロフィールPROFILE

geneiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
幻影日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/illusion0214
ブログ紹介文
仕事と猫の世話をしながら、新旧織り交ぜて造りたい物を感じるままに造っています。
更新頻度(1年)

89回 / 88日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2019/08/26

geneiさんのプロフィール
読者になる

geneiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(IN) 16,728位 18,137位 18,115位 18,048位 18,090位 19,312位 20,894位 978,575サイト
INポイント 10 10 10 10 20 20 20 100/週
OUTポイント 0 20 0 0 30 10 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
コレクションブログ 88位 99位 101位 101位 103位 106位 118位 7,345サイト
ロボットアニメプラモデル 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 197サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 43,735位 43,529位 43,690位 39,542位 37,846位 41,593位 44,035位 978,575サイト
INポイント 10 10 10 10 20 20 20 100/週
OUTポイント 0 20 0 0 30 10 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
コレクションブログ 303位 298位 300位 262位 255位 285位 303位 7,345サイト
ロボットアニメプラモデル 3位 3位 3位 3位 2位 3位 3位 197サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,575サイト
INポイント 10 10 10 10 20 20 20 100/週
OUTポイント 0 20 0 0 30 10 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
コレクションブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,345サイト
ロボットアニメプラモデル 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 197サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、geneiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
geneiさん
ブログタイトル
幻影日記
更新頻度
89回 / 88日(平均7.1回/週)
読者になる
幻影日記

geneiさんの新着記事

1件〜30件

  • 2019年11月のお買い物(あみあみ)

    まだ月末まで10日もあるのに、最近では珍しく早めに荷物が揃って、昨日到着致しましたので、夕飯後に整理を始めました今月分では唯一のバンダイ新製品、HGFCデスアーミーになりますGガンダム自体、それ程興味が無いので、これを複数個購入して並べる事は無いと思います。多分、この後バリエーション的に、違った形態が発売されると予想していますので、少量購入する方向で良いと考えています。数か月前に発売されていましたが、ちょっと遅れて購入したHGUCムーンガンダムです先日プレミアムバンダイで、バルギルが発売されるアナウンスがあったので、それならこれも購入しておきたいと思い、今回入手しました。新しいガンダムシリーズに手を出すのは、かなり久しぶりなので、ちょっと楽しみです。1/144ガリルナガン、これもかなり以前に購入していましたが、...2019年11月のお買い物(あみあみ)

  • 1/100 プロメウス その3

    ズレてるズレてる、パーツを合わせる度に段差が激しく、まともなラインにする為に若干盛りながら削りまくって整えましたパーツが大きいので作業的にはやり易いのですが、ズレるラインの範囲も広いので、一長一短です今回、本体色をエアクラフトグレーにするか、エアスペリオリティブルーにするかで悩んだのですが、本体色の色違い部分をロイヤルブルーにしたいので、ブルー系に合わせる事にしました関節のギア部分は、昔はガンメタ(黒鉄色)にしましたが、今回は明るめにしたいので、シルバーで塗ってみます足首と膝関節は、片側にしかポリキャップが付かないので、逆側はポリライナーで補強してあります。見た目は、普通にキットを組んだものと同じですが、関節はMGよりガッチリしています。1/100プロメウスその3

  • 1/100 プロメウス その2

    プラパーツ同士で可動軸を形成する部分があり、仮組の段階で既にスカスカな関節がかなりあります1/100クラスはパーツが大きい為、それなりに関節の強度が必要ですので、基本的に軸か受け側のどちらかにはポリパーツを仕込んで、耐久性と保持力を安定させます昨日の股関節の補強は、最初の幅でやってみましたが、太腿の合いが悪くなったので、画像の様(白い部分)に小さい補強にしました昔造った時も、この辺りは結構緩かったような記憶がありますが、流石に今やるとなると、ちょっとそのままには出来ないですね。現在のHGから、いきなりこの時代のキットに変わると、結構辛いかも知れませんね。足首の補強は手間取り、何種類かの受け軸を造ってみましたが、どれも上手く付けられないので、軸の方に補強をすることにしました受け側の取付穴の口径が大きく、左右パーツ...1/100プロメウスその2

  • 1/100 プロメウス その1

    本業のスケジュールが空きそうなので、この期間を利用して作業を始めますパーツ確認の際に袋の中からセメダインが出たり、流石に1982製ですから37年の年季は感じますねポリパーツは元気な状態で、製作には問題無く使用出来そうですが、各パーツは当時から合いが悪いので、ほぼ全部修正が必要になりそうです第一段階からポリキャップと受け軸の口径に差があり、かなりやばい事になっています何処かの作例みたいに、MG辺りの関節を移植するという手もありますが、あの方法は転用元のキットが可哀そうなことになるのでやりません。3mmと1mmのプラ板で、受け軸側の嵩を増して、ポリキャップが緩まないように加工します。1/100プロメウスその1

  • 1/100 プロメウス 検討中

    かなり懐かしいキットですが、無くなった叔母の家で年末年始に毎年造っていた時に、珍しくロボット等には興味の無い祖母が、「良いねそれ」と言ってくれたのを憶えています現在、かなりの数をオークション用に整理していますが、やっとHGの整理が付き始め、MGのリストとの見比べを始めた所で、Wシリーズの個体数が多いのが目立ち、そこら辺を造ってみたくなっていますザブングルの1/100シリーズは、どちらかというと戦車や戦闘機に通じる様に、フォルムとモールドは現在でも通用しそうですポリキャップ付属ですが、キット自体に年季が入っているので、差し替えを考えているのですが、この時代の1/100の規格が現状のポリパーツと合わないのが問題です。このまま制作に入ったとして、過去に造ったのは冒頭の時以来ですが、特別弄らず手寧に組んでみたいと思いま...1/100プロメウス検討中

  • HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (デストロイモード)

    3体造った中で、フレームの色合いと装備が一番気に入っていますデストロイモードのシールドは、設計図に記載はありませんが、余剰パーツで組み事が出来ますので、それも追加で装備させてみましたビームマグナムにリボルビング・ランチャーが装備されていますが、これは外せない仕様になっています。アームド・アーマーXCですが、苦労して塗装した割に、完成するとよく見えない位置取りになるのが悲しいです。展開状態で背面に接続すると、アームド・アーマーDEはやたらと派手に見えますこの状態で高速移動するようですが、個人的な感想としては、ちょっと大きすぎるのではないかと思えます。リボルビング・ランチャーから、ビームジュッテと言うビーム刃が出ますが、これって何か形状が変な感じですね。(何故この位置から発生させるのか、意味が分からない。)アームド...HGUCユニコーンガンダム2号機バンシィ・ノルン(デストロイモード)

  • HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (デストロイモード) 塗装完了

    フェネクスより塗装箇所が少ないのですが、色の調合と重ね塗りに手間がかかって、3機の中では一番面倒でした今回デストロイモードで3機揃えましたが、ユニコーンモードは構造が同じなので、暫くは手を出さないと思いますアームド・アーマーXCは、ゴールド塗装後にクリアーイエローの三度塗り、更にライン部分はクリアーオレンジを重ね塗りしていますアームド・アーマーDEは、フェネクスとは違う塗り方をしていますが、設定等を見てもこの辺りはハッキリしていません。バンシィ・ノルンは、本体色が暗いので、組みながら追加で色分けするかも知れません。HGUCユニコーンガンダム2号機バンシィ・ノルン(デストロイモード)塗装完了

  • HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード)

    アームド・アーマーDE自体長いとは思いましたが、接続位置が上の方なので、中々の全長になります一応ビームマグナムとシールドが付属するので、持たせてみましたが、シールドがアームド・アーマーDEと干渉してしまいます不死鳥のイメージだと思うのですが、自分らの時代だと聖闘士星矢のフェニックス一輝ですかね。1・3号機と造りましたが、腕部・脚部共にパーツ構成と組み方が、非常に上手く出来ているので、組んでいて飽きません。背面から見ると、MAのような感じに見えるので、ちょっと異質ですねクリアーパーツの配置も、適度に効いていて、アームド・アーマーDEの見た目は気に入っています。スタビライザーの関節が4関節しかなく、各パーツが外側に沿っているので、画像にように外側に流れる位置取りしか出来ないので、ちょっと残念です。アームド・アーマー...HGUCユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)

  • HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) 塗装完了

    引き続き3号機フェネクスに取り掛かっております順番だと2号機なんですが、バンシィ・ノルンのデストロイモードは、塗装が一番大変なので、ラストに回しましたアームド・アーマーDEの裏側は、悩んだ末に画像のような感じにしましたが、先程仮組してみたら、半分以上は見えなくなる事が判明しましたアームド・アーマーDEですが、ゴールドメッキの方は、無塗装でも良いような気がします。1・2・3号機、それぞれで関節色等が違うので、ビームマグナムの色も微妙に変化しています。HGUCユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)塗装完了

  • HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム (デストロイモード) おまけ

    かなり大きな余剰パーツが出るので、残りの2号機と3号機の設計図と見比べて、パーツ請求で補えば、パーツを捨てずに何か出来るのではと検討しましたシールド中央の展開時の接続パーツ(A-3)と、全体を繋ぐ背面のパーツ(A-1)があれば、画像右のデストロイモードのシールドが組めますこのキット、多分在庫としてもう2箱程度は持っていそうなのと、レッドVerも2箱位購入した記憶があるので、複数個メーカーに注文しました。フルアーマータイプは、シールドを普通に装備出来る仕様ではありませんので、これが完成すればノーマルタイプのデストロイモードも再現出来そうです。HGUCフルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)おまけ

  • HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム (デストロイモード)

    予想はしていましたが、飾る際に通常のHGを、縦に3体並べる程度の場所が必要になります流石に設計のフォーマットが新しいので、関節の保持力が満足のいくレベルにまとまっていますこれってHGだよねと言いたくなる程、縦方向と前後に滅茶苦茶出っ張り、完成させてからちょっと後悔していますガトリングガンの固定部分が非常に硬くて、取ったり付けたりを繰り返すと、そのうち緩くなりそうです。レッドVer.の方は、この状態にビームアックスが追加されているようですが、この段階でもう良いって感じがします。大型プロペラントタンクには、支え棒が付けられるので安定はしますが、動きに制限が出ます支え棒は、長さの調整が出来ますが、画像の状態が最大の長さになり、これ以上短くしても、本体の状態が反り返るだけですので、使えない様な気がします。これって、この...HGUCフルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)

  • HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム (デストロイモード) 途中経過

    予定通りユニコーンガンダム3機始めていますまずは内容量が一番多い、フルアーマー・ユニコーンガンダムから造り始めています部分的に塗装しながら、武装以外が組み上がった状態で、ノーマルのユニコーンガンダムになります脹脛部分の内部パーツ(余剰パーツ扱いになっています。)と外装パーツを、ミサイルコンテナを取り付ける場所に取り付ければ、ノーマル版に仕上がります。付けたり外したりが、結構しんどいパーツなので、どちらかの形態で統一する方が安全と言えば安全です。フルアーマー時は、バックパックに追加装備を取り付ける為の、大型のジョイントアームを取り付けますこれは簡単に外せるので、画像のような状態に換装するのは楽に出来ます。サクサクとここまで進みましたが、サイコフレーム部分の外装パーツは、かなり上手い具合に取り付けられる仕様になって...HGUCフルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)途中経過

  • HG アルケーガンダム

    う~ん、造る前から妙なスタイルだとは思っていましたが、いざ完成したのを見ても凄いバランスの機体です胴体部が非常に小さく、手足がこれでもかと言う位に長い機体ですGNバスターソードも、本体並みに長いので、攻撃時のリーチは半端なく、接近戦は有利だと想像出来ます。何故か、航空機の尾翼のようなパーツがあちこちにあるので、変形しそうなイメージがありますね。炉心が3基、胸部と両足にあるので、出力的にもかなりのものがあるようです多分、搭乗者が戦闘狂なので、全戦闘レンジでオールマイティに戦える装備なのだと思います。スローネ系の継承機なのに、ガデッサ系の脱出ポッドも装備しているので、ともかく何でもいいから付けまくっていますね。トリッキーな攻撃用なのか、爪先にGNサーベルの発生器が付いています左手に装備した、GNシールドは画像のよう...HGアルケーガンダム

  • HG アルケーガンダム 塗装終了

    予想通りに面倒だった塗り分けの境界が、見ずらい上に細かいので、やたらと時間がかかります細かく確認してみたら、当初の予定より塗装箇所が増えましたGNファングの収納部は、予め塗り難いと分かっていましたが、GNバスターソードが展開時と収納時で、擦り合わせで塗装の剥げを考量しないといけないのが、非常に面倒でした。明日一杯で、組み上げて完成予定です。HGアルケーガンダム塗装終了

  • FSS IMS 1/100 シュペルター LIMITED版 追加購入

    これもそろそろ造りたかったのですが、HGユニコーンシリーズよりも、現在の保管場所の状況が悪いので、オークションで落札しましたボークスの方にも少し前に確認しましたが、LIMITED版は予約分の余剰在庫も売り切ったようで、この先の再生産は難しいという回答でした色々と試したい事があるのと、作業的に現在の状況がタイミング的にも良いので、ちょっと高くつきましたが落札しましたシュペルターは、過去のキットでも1/100サイズは造っていないので、非常に楽しみなキットです。今更気が付きましたが、肩部にはナイトマスターの紋章は無かったんですね。(一つ塗装が楽になりました)FSSIMS1/100シュペルターLIMITED版追加購入

  • HG アルケーガンダム 塗装準備

    過去にスローネアイン・ツヴァイ・ドライを造った時に、かなり塗料の調合で時間を食った記憶があり、その上位機に当たるアルケーガンダムは、塗装面の苦労が最初から予想されていましたスローネツヴァイの時も思ったのですが、外れない仕様のGNファングが非常に塗り辛かったのに、アルケーガンダムにも同じ仕様の部分がありますこの間の荷物整理の時に、ガンダムカラーに交じって、ダンバインカラーやボトムズカラーが出て来たのを思い出して、ひょっとしたら使えるものがあるかもと物色して来ましたアルケーガンダムの関節色は、ダークアース系のものですが、スローネツヴァイの時に調合したものと多少違いがありました怪我の功名か、使いもしないのに購入しておいた、ブルーティッシュドックの関節と全く同じ色でした。内容をチェックしましたが、この色さえクリアできれ...HGアルケーガンダム塗装準備

  • 2019年10月のお買い物(あみあみ)の追加注文分

    在庫整理の一環で、HG版をセッセと造っているのですが、目に付いたキットから組んでいっているせいで、シリーズの偏りが出て来ていますそこで、最近造りたくなって来ている、ユニコーン系をと思ったのですが、在庫の積み直しの関係で、1・2号機のデストロイモードが、奥の方に行ってしまったのと、数か所に分かれているので、在庫数が不明になっていましたリハビリ中なので体力的に、引っ張り出してまた戻してというのを、ちょっとやりたくないので、今回追加で購入しました1号機は、何種類かあったのですが、豪華なフルアーマータイプで、フレームがグリーンの方にしましたバンデシネ版の、アームド・アーマーDE付きも気になったのですが、アームド・アーマーDEは2・3号機で組めるので、これで決定しました。HG版だと、バズーカがユニコーンモードの方にしか付...2019年10月のお買い物(あみあみ)の追加注文分

  • 2019年10月のお買い物(あみあみ)

    この所注文した品物の延期と遅滞が多く、その月の内に荷物が届く事はまず無くなって来ています今回は連休中に届きましたが、別の荷物が昨日だったので、一日まって整理していますいい金額だったので、それなりに大きな箱だとは思いましたが、MGの箱より大きかったですクフィーガンダムの名前も、イスラム教の帽子の名前で、ペーネロペーはギリシャ神話の神の名前、何でこんな読み難い名前を付けたのでしょうね。パーツを一通りチェックしましたが、MGより大きくなりそうな感じなので、暫く手を出せません。ST版で、スワンピークラッグが可動する事も確認しているので、降着ギミックが追加されたPS版は、黙って購入していますベルゼルガ系統も発売されるので、タートル系もその内発売されるでしょうね。ストライク系も、ラビドリードッグが出ているので、何時かは出て...2019年10月のお買い物(あみあみ)

  • 首元が寒そうなので・・・

    ちょっと冷え込んで来まして、天気が悪く雨が降ったりすると、家の中でも寒いと感じるような気候になってまいりましたかなり上物のマフラーなのですが、誰が何時頃購入したものか、現状で不明な事が発覚したので、綾波さん用になりました家の者もチャリ移動が多いので、マフラー自体をあまり使用しない格好で外出する為、電車移動の多かった時代に購入していたものだと想像しますが、全くの未使用なので分かりません。スカーフ的な物より暖かそうなので、寒い日には巻いて、暖かい日は掛けるようなスタイルでしばらく使用します。首元が寒そうなので・・・

  • HG プロトタイプグフ (機動実証機 ブルーカラーVer.)

    流石にオリジンシリーズは、塗り易く組み易いので、素早く完成まで辿り着けます戦術実証機は全体的にブルー系ですが、こちらは部分的にホワイトが入り、ザクからの流れを出しているようですまだ内容を確認していませんが、HGグフはこれと同じ構造なんでしょうね。造りながら感じましたが、脚部のバランスが格段に良くなってきている様に思います。オリジンシリーズのデカールは、現状のキットの中で、一番使い易い様に感じていますグフ自体ファーストガンダムの中で、デザインとバランスが、一案上手くまとまっている機体だと思います。08小隊のグフ辺りから、プラキットも良い物が発売されていますが、ここら辺が技術的に最終に近い物のような気がします。今回は、部分的に関節・武器を塗り分けた以外は、無塗装で仕上げていますオリジンのキットは、元々かなりの部分が...HGプロトタイプグフ(機動実証機ブルーカラーVer.)

  • HG プロトタイプグフ (機動実証機 ブルーカラーVer.) 検討中

    退院してから何だかんだで3か月過ぎ、ようやく本業も忙しくなり始め、気候的にも外出が減り始める季節になってきましたまだコタツを出すには早いので、今の内に削りカスの出る作業と、塗装関係の面倒な作業が予想される制作物を片付けておこうと思います次の物の準備前に、久しぶりにオリジンの機体を造ろうと思い、どうせやるなら限定版にしようと、これを引っ張り出してきましたまだ一般販売の、プロトタイプグフ(戦術実証機)も造っていませんが、どちらかというとこちらに興味があるので、先にこれを造ります。よく見ると感じますが、戦術実証機よりも機動実証機の方が、使い勝手が良い様に思えてなりません。HGプロトタイプグフ(機動実証機ブルーカラーVer.)検討中

  • HG ジンクスⅢ(地球連邦型)

    色設定がアロウズ型の時と微妙に違っていて、パーツの成型色も妙に気になるので、画像でチェックしていたのですがハッキリせず、ふと思い出したのがプレミアムバンダイでMGを買っていたような記憶で、そこから設定を見てみました予想通り、当初予定の倍程度の塗り分けが必要な事が分かり、選択ミスだったかなと思いつつ塗りまくっておりました予定より1日多くかかりましたが、完成致しましたこれで、一般販売のHG版は3機種組み終えたので、HGジンクスシリーズは、プレミアムバンダイから発売された機体を残すのみとなりました。しかし、ジンクスは継続機も派系機も、形状的にはかなり似ているので、期間をおかないと組みたくなりません。塗装の件ですが、アロウズ型との大きな違いは、足首と前腕部及び手の甲が、本体色の濃いブルーになる点ですアロウズ型の時は、墨...HGジンクスⅢ(地球連邦型)

  • かなり嫌な空模様

    30年通った床屋さんが、今月で閉店するということで、昨日菓子折りを携えてお疲れさんを伝えに行ってきました個人商店は、家族の継続が無い所が多く、続々と閉店していくのは寂しい所ですね午後の3時ごろに仕事を終えて、菓子折り探しに出かけて時に、ふと空を見るとかなり広い範囲で鱗雲が広がっていました一時話をしての帰り道、鱗雲の横にあった帯状の雲は、形を変えて伸び続けていました鱗雲自体は、横長に繋がって、段々模様になっていましたが、これもかなり広範囲でした。ここまで、あからさまに怪しい空模様は久しぶりなので、ちょっと嫌ですね。かなり嫌な空模様

  • 秋用の衣替え

    先日ニット系のワンピースが届いたので、真冬になる前に衣替えをやりました予想より重い生地でしたが、暖かさは十分なようで、季節的にも丁度良い感じです昨年は、この辺りから涼しいというより、寒いと感じる日が増えて来ていたので、家の中でも薄着では過ごせなくなって来ていますね。進行中のジンクスⅢですが、アロウズ版の時に画像でチェックして、かなり細部まで塗り分けていたので、同系機という事で同様の処理を行っています。秋用の衣替え

  • HG ジンクスⅢ(地球連邦型) 下準備

    ガラッゾで塗装に苦労したので、もう一機体苦労しそうなのも片付けようと思います以前同系機のアロウズ型を組んだ際に、これでもかというぐらいに細かい塗り分けがあったので、多分同等の作業になると踏んでいましたとりあえず、塗り分けが必要なパーツを切り取って並べてみましたアロウズ型よりは少ない量ですが、両機体ともジンクスをベースにしているので、同じ場所は必ず塗り分けになります。濃いブルーは、エクシア系のブルーで対応できますが、薄いブルーは特色系なので、今のところダンバンカラーあたりから調合してみようと考えています。HGジンクスⅢ(地球連邦型)下準備

  • HG ガラッゾ

    色の調合は少なくて済みましたが、塗装自体は細かい部分が多く、かなり大変な作業になりました特にビームサーベル型ハンドパーツは、細かいモールドのクリアーパーツを塗り分けるので、境界が判別し辛く厄介です基本的な構造はガデッサと同じなので、腕部と肩周りの形状以外は、組み方も同じでした付属武器が無く、指が尖っていて長いので、異様に手が長く見えます。全体的な配色のせいでしょうか、至ってシンプルにも見えますが、形状はかなり変わっていますね。このシリーズの機体は、脱出ユニットが大きいので、背面はみんなこんな感じになります自意識過剰なのか、安全第一なのか分かりませんが、ここまで大型な物を背負わなくても良い様に思います。確か後一機、ガッデスが残っていたと思うので、そのうち引っ張り出して組もうと思います。塗装に苦労したビームサーベル...HGガラッゾ

  • HG ガラッゾ 塗装

    HGガデッサを造った時に、塗装色の調合を何度もやり直して、ちょっと嫌になったので、同類系のシリーズを少し敬遠していました今回、在庫整理の際にガンダムカラーセットや、昔のアニメカラー等が出てきて、いけそうな感じのものがあったので、実験的に使ってみます本体色は、HG「ガザC(ハマーン・カーン専用機)」用のパープル11を、レッド系は、HG「アヘッド/ジンクスⅢ(アロウズ型)」用のレッド14を使います本体色の濃い方のパープル系には、タカラアニメカラーのブラックバイオレットを使います。これは、数十年前に発売された、ボトムズカラーのベルゼルガWPの、本体色用のカラー(使えるのかな?)です。HGガラッゾ塗装

  • スーパーミニプラ ブラックゲッター

    予定通りに完成しましたやはりスーパーミニプラは、簡単で出来栄えも良いので好きです構造はゲッター1と同じですので、可動範囲やスタイルもそのままです左腕前腕部のカッターは、予想以上に大型で、本体がブラック系で重い感じになったので、結構目立ちます。頭部は、眼球の塗装が大変なので、付属の塗装済みパーツを使いました。肩口の布表現のパーツは、通常のパーツと交換も出来ますが、こちらの方がイメージ的に合っているので、通常パーツを使う事は無いですねゲッター1の時も思いましたが、背面にジャガー号のコックピットがあるのは良いですよね。掌の表現パーツも、貫き手・握り手・平手と付属していて、中々充実しています。前回のvol.1ではゲッター2に同梱されていた、ゲッターマシンガンが2丁付属しています設定だと、前腕部に収納されているようですが...スーパーミニプラブラックゲッター

  • スーパーミニプラ ブラックゲッター 準備

    真(チェンジ!!)ゲッターロボVol.2の中の、ブラックゲッターを造ろうと思います残りのゲッタードラゴンは、Vol.3のライガー・ポセイドンの時、真ゲッター1はVol.4の真ゲッター2・3を組む際に造ろうと思いますパーツと組立図から見て、Vol.1のゲッター1に、同Vol.1のゲッター2付属の武器が同封されて、部分的に形状変更され、全体の配色がブラック系になったものですVol.1のゲッター1が良く出来ていたので、同様のものと考えれば、価格的にも手頃な物と思います。部分塗装込みで、明日には完成すると思います。スーパーミニプラブラックゲッター準備

  • HG Oガンダム

    塗装が楽そうなものに逃げた上に、邪神兵の仕上げ作業の時間待ち段階から、コツコツ塗っていましたので、2日で完成しました細かい塗り分けがあり、何故か特色だらけで、塗装箇所は小さいのですが調合は面倒です腰部のイエローですが、殆どホワイトに近い色で良いのですけれど、メリハリが無いので、若干イエローを濃くしました。見えない胸部の太陽炉は、クリアグリーンで塗装しています。微妙な感じなのですが、シールドの裏側は本体色と同じホワイトのようなので、一応塗り分けましたが、これって画像では確認出来ませんでした試作機のような仕様なので、センサー系は全て墨入れで処理しています。ビームサーベルは、他キットから刃の部分を流用して再現するようです。何かでかいエフェクトパーツが付いていまして、バックパックを外して取り付けられます出来たら映像のよ...HGOガンダム

カテゴリー一覧
商用