プロフィールPROFILE

hsnさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自転車でフラッと海へ行くブログ
ブログURL
https://charideumi.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
海が見たくなって自転車で出かけた 白浜、沖縄、タイのタオ島を経て紅海まで行く予定。なおダイビングのライセンスはまだ届いてない
更新頻度(1年)

28回 / 110日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2019/08/22

読者になる

hsnさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,210サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,471サイト
インド旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 206サイト
マリンスポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,977サイト
ダイビング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 907サイト
自転車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,630サイト
ロングライド 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 351サイト
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(OUT) 76,895位 76,895位 77,169位 77,179位 77,089位 58,016位 58,178位 980,210サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 4,487位 4,487位 4,508位 4,476位 4,476位 3,477位 3,524位 43,471サイト
インド旅行 17位 17位 17位 17位 17位 12位 12位 206サイト
マリンスポーツブログ 293位 293位 307位 301位 293位 230位 228位 2,977サイト
ダイビング 75位 75位 77位 79位 83位 61位 59位 907サイト
自転車ブログ 1,064位 1,064位 1,062位 1,055位 1,050位 834位 850位 9,630サイト
ロングライド 31位 31位 31位 31位 31位 21位 23位 351サイト
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,210サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,471サイト
インド旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 206サイト
マリンスポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,977サイト
ダイビング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 907サイト
自転車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,630サイト
ロングライド 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 351サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hsnさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hsnさん
ブログタイトル
自転車でフラッと海へ行くブログ
更新頻度
28回 / 110日(平均1.8回/週)
読者になる
自転車でフラッと海へ行くブログ

hsnさんの新着記事

1件〜30件

  • バラナシからデリーまで自転車漕いで行きます

    久しぶりに電車に乗る。 ディマプールからバラナシまではずっと自転車自走で走ってたので特に書くことがなかった。 チャリダーのブログじゃないんだから。 ダージリンでお茶飲んだりダバに泊まったり初パンク修理したり、そういうのは誰かやっとる。 ルドラで沈没とかも。 バラナシ駅 昼の2時に出発。 電車は速いなあ。自転車なら二週間くらい掛かってたはず。 寝てたら朝6時にはニューデリー着いてる 出る前に無くして必死で探してやっと見つかったサイクルコンピュータ、デリーで降りたらまた無くなってた。そういう運命だったのか。 インド飽きてきたとこで、バハールガンジ、メインバザールの端っこでワッペン発見 40ルピー6…

  • キャラダイス風サドルバッグの自作

    アラヤディアゴナールという自転車はクラッシック調のツーリング自転車に現代のコンポを乗せたデザインをしている。 コレに最新のバイクパッキングバッグなんて合わない。 見た目だけじゃなくてサドル下からタイヤ、フェンダーまでの高さも低いせいで実際に付かないか干渉する。 だからといってロウ引き帆布なんて古臭い。 革のバックルなんて見た目だけで不便だし。 だから作る事にした。 ざっくり設計図 型紙貼り合わせて確認 防水ぽいナイロン布買ってきてチャコペン 裁断 ひたすら縫う。ミシンないから全部手縫い 反射テープも縫い付け バンジーコードは100均のゴム紐 穴は革細工で処理。この部品作るためにレザークラフト始…

  • インドを自転車で走っていて気をつける事

    高速道路、ナショナルハイウェイを自転車で走っていると牛がのそのそ歩いてて邪魔。 maps.meは自転車でルート検索をするとわざわざハイウェイを避けてくれる糞仕様なんだけど先進諸国の発想で考えるとそっちが当たり前なんだろう。牛が高速にいたら事件、みたいな。 舗装が穴ぼこだらけだとか、逆走車とか動物たちとか、そんな当たり前のこととか、でも信号は意外と守る、みたいなインドでは常識な交通ルールにとやかく言っても仕方ない。 特に自転車でこれは危険と言うものだけ挙げて行こうと思う。 一つはトラックが停まっている横を通る時。 ドアか窓が開いていないかしっかり見て、開いていたら極力離れて通る事。 下を通る自転…

  • 過去編・沖縄首里城

    自転車で今はインドのビハール州というところに来てる。 ヒンディー語で「〜から」「〜で」というのは「せ」というらしく、ジャパンセ、サイクルセと言うと日本から自転車で来たって伝わる。 休憩のたびに十人近くのインド人が集まってきて、最初は英語で説明してたんだけど何度も言われるので覚えてしまった。 いつも決まって、「日本から飛行機でタイまで行ってそれからミャンマー インドのマニプール州、ナガランド州、アッサム州、ウエストベンガル州、そんでビハール州までやっと来た。でも自走だけじゃなくてバス、電車も使ったよ」って言う。 日本は沖縄の那覇空港からピーチ航空で飛んだ。 埼玉の友人宅から太平洋沿岸をずっと走っ…

  • 今日はダーバという、インドの食堂に頼み込んでもないけど泊まらせて貰ってみた

    日が落ちてから自転車に跨ったままグーグルマップ見てた。 クソグーグルマップが出してきたゲストハウスが、着いたら大学の構内の学生寮だったからだ。 そこに近寄ってきたおっちゃんに話しかけられた。 東北インドじゃなけりゃ警戒する案件だけど、何も問題ないんだ、って言われてあーそうなんだ、と。最近警戒心が仕事してない。 んじゃあ行くわー。 まー命以外は取られてもリカバリーきく物しか装備してないし、インド人ってガンジー以来だと思うけど基本的には非暴力さ主義だから痛いことは少ないと思う。 大使館にMissingって張り出されるのは相当やらかした人だか 。 田舎の気のいいおっちゃん達 右端のヒゲ濃いのが全部お…

  • インド政府関係者専用高級ゲストハウスに頼み込んで泊まってみた

    今日は90キロも走ってバテて、ゲストハウス探した。 グワハティ〜ベルパタ、Barpetaっていう町。(ちなみに昨日は10キロちょいしか進んでなかった) 頼みの綱のmaps.meにゲストハウスはなかった。ダメ元でGoogleマップを見たらCircuit House ってとこが見つかった。 なかなか評判がいい。 で、行ってみたら制服きたポリさんに守られてる。 ええと、ゲストハウスに行きたいんだけど わかったあっちだ で、そのあたりにいた人に、レセプションどこって聞いたらそんなのないみたい。 謎だった。 待ってろ今呼ぶからって言われていっぱいいる蚊に刺されながらしばらく待ってたらいかつい感じのおっさ…

  • 米印もし戰わば

    ※こめじるし、(但しイケメンに限る)という意味じゃない。 アメリカとインドの話だ。 それも兵力じゃない、想像力について。今やハリウッドよりもボリウッドと呼ばれるヒンディーシネマの方がむしろ勢いがあるが、そういう事でもない。 ちょうどインドではドゥルガープジャという祭典の真っ最中。真夜中0時を過ぎても街のスピーカーから大音量ヒンディー音楽が流れている。 ドゥルガーとは手が10本(一説には18本)もあるヤバい奴であり、全身の毛穴からビームが出せたりチャクラムや三俣の矛諸々数多の兵器で武装している。 これはアメコミのウルヴァリンを超えてるんじゃなかろうか。 つまり、インド神話の超人もとい超神たちと、…

  • インド最大のお祭りドゥルガープジャのさなか、ブッディストテンプルに頼み込んで泊まってみた

    シロンはどこにでもある観光地に過ぎないので書くことがない。 普通のインド人が行ったら涼しいし楽しめるんじゃないかなあ。 雨で出発が伸びたのは激坂をリムブレーキで泥まみれに下りたくなかったから仕方ない。 晴れて標高1.5キロを一気に駆け下りるのは爽快。途中でインド人自転車乗りに会って仲良くなったりした。 普通にいい奴アジャイ君 ドゥルガープジャはペルソナってプレステのゲームやってたら知ってるドゥルガーって女神、ドゥンて名前のライオンを乗り回す、全身の毛穴からビームを出せるヤバい奴。手も10本もあるそいつの祭り。ガネーシャだとかヒーロー揃い踏みで総出演しとる。DCどころかマーベルもまっつぁおの超人…

  • ラングヒン、ナガオン、グワハティからのシロンに寄り道

    推しコメっていったらやっぱりインディカ米でしょ、そりゃインド旅行のブログ書いてんだから。日本のご飯みたいにねちゃねちゃベシャベシャしてないさらっと美味しいお米。全体の80%、世界11億人の食べてる標準はこっち。パナソニックさん宣伝にならなくてごめん、でも基本的にお米嫌いなんだわ。インドだとご飯にダリだかダルだか忘れたけどシャバシャバのカレーを掛けて食べるのが一般的なんだけど写真アップしようとしてなんと一枚も撮ってない事に気付いた。 あ、一枚だけあった。 ナガランド料理。なんと納豆付き シロンという東北インドの避暑地。そこのドミで同室になったダニエル君がナガ料理の店に連れてきてくれた。ソイビーン…

  • インドの秋

    今週のお題「○○の秋」 まったくもって過ごしやすくはない。 よく聞かれるのは日本は寒いんだろ? 冬はね。でも夏は40度とかになるよ。 マジか。でもインドは45度になるぜ! 負けん気のインド人。 Langhinという村についてバーンリー君は70キロ離れたディプーの家に帰っていった 宿を探してたら、バイクに乗った青年達が教えてくれた、でもそこは閉まってて、じゃあうち泊まる? ええの? そっから4日間、バイク3ケツで滝に行ったり酒盛りしたり祭りに行ったり丁度誕生日だったんで布とかプレゼントもらったりした。 ちょっと感動しすぎるとあんまりブログに書きたくなくなるんねこれ。 ボド族で、ここは小さい村だけ…

  • インドの秘境、東北地方からアッサムまでその1

    ディマプールを過ぎて道はまだ悪い。 数百メートルおきにダートがある。 州境のゲートの警官が「暑いだろ、座ってけ」 ってアッサムティーとクッキー出してくれた。 俺の写真は撮っちゃダメって言われたんでポリさんは撮れなかった。 出発してすぐだったけど直前の坂で汗だくだったので小一時間休憩。タダでペットボトルの水もくれた。 そこからしばらく自転車漕ぐとこの爽やか男。 途中の草むらで立っ○ョンしてたバーンリー君 お前もチャリなんけ、一緒に行くばい、と。 こいつがすごいタフ。 ディプーという街から今朝ディマプールまで着いて、戻ってる途中だそうだ。買い物でもしたのって聞くと、ただ走ってただけ、トレーニングら…

  • インドの東北、地方都市ディマプールにまでメイドカフェが進出していた件

    いらっしゃいませ、ご主人様! 絶対領域が眩しい! 建材屋さんの豪邸を後にして2時間。 ディマプール市内まで15kmくらいの道はずっとラフロードで走りづらい。 整備中みたいで片側だけ舗装されてて、でも車は走ってない。 バイクなんかはOKらしくて自転車を乗り上げてそこを走る。 動画もあるけど視聴率悪いから画面どり 灼熱の道、途中で何度も休憩して水を飲んだりチャイ飲んだり。 ディマプールは電車の駅もあるし、空港もある、アクセスのいい商業都市。 でも道は悪い。 未舗装のドログチャ石ゴロゴロで細タイヤに辛い。 ディマプール駅 カチャリ遺跡という、ナガ族に侵攻される前の部族が作った巨石群、それを飾った公園…

  • インドの東北地方で親切な人に会いすぎて怖い

    大雨泥道激坂下りで、ブレーキから泥がじゅるじゅるホイールを削る嫌な音が鳴り続き、挫折。 押し歩きしてると、山奥に突如豪邸が現れた。 空いてる門から侵入。 すんませーん、ガレージかして?? うん、いいよ! ガレージやあああ、貸してもらお まじですかやった!! 気のいいニイちゃん この人がレビさんといってめっちゃいい奴。 英語が堪能でほかのみんなの通訳をしてくれた。 日本人だと言うと、ナガ族は戦争の時は顔がそっくりな日本人に協力して戦ったんだ、って言ってた。「イギリス人もインド人もかおが違うからな」ナガ族は典型的などとは違って日本人にいそうな顔をしてる。 実は二つ年下。 弟の家に来てたって言ってた…

  • 今からディマプールに向かって自転車担いで行きます

    まだそんなに降ってない、ナガランド州博物館への道 宿のおばちゃんがむかつくコヒマのゲストハウスを後にして、とりあえずナガランドステート博物館に行ってみた。 昨日まではなんとか晴れてたのに、今日は大雨。金魚柄のポンチョが大活躍。 2、3キロ北に向かって自転車を漕ぐ。 ステートミュージアムは泥の激坂を上った途中にある。 びっしょびしょに濡れながら自転車を駐輪。 入り口で、おばちゃんが喋りかけて来た。何語か全然わからない。 英語で適当に日本から来たとか返していると、まあいいから着いてこい、みたいな雰囲気を出す。 自転車を置いて着いて行くと、チケット売り場を素通りした。 係員が俺になんか言ってる。 お…

  • コヒマまで自転車をバスに乗せて降りてから漕ぎます

    バスに乗る直前にバス会社の奴が、自転車は追加料金200ルピーだ、なんて言い出した。 ふざけるな!昨日そんなこと言ってないだろ! でもダメだ、下ろしてくるんだ、と。 その時手持ちがなくてらATMはどこも閉まってる。開いてたと思ったらお金が入ってなくて使用不能。 3、4箇所くらい駆けずり回ってやっと使えるところを見つけて下ろしてたら電話が掛かってきて早く来い、バスもう来てるぞ。 うるせえな。分かっとるわい。 すごくイライラした。 で、やっとバス乗り場に戻るとじゃあ300ルピーだ。とか言われてキレた。 さっき200って言ってただろお前、バス代400で何で何でチャリに300も払わないといけねーんだよバ…

  • インパールの公園と川泳ぎ

    慰霊碑と平和記念館に行ったあと、インパール中心にある公園に行った。 ここはイギリス軍が侵略する前は王族が住んでいた神聖な場所だったそうだ。 チケット売り場には外国人100ルピー、観光客20ルピー、インパール人10ルピーと書いてある。 マニプールには日本人そっくりな人がたくさんいるのでバレないだろうと、しれっと20ルピーを差し出すと、チケット二枚くれた。 うん、だてにピーチ航空でフライトアテンダントに「あ、日本のパスポートをお持ちの方ですか?」なんて言われてない。 自転車は置いてけって言われる。中広いからやだって言ったけどダメ。あいつら自転車じゃん、って乗ってる奴指差して言うと、レンタル自転車の…

  • インパールの慰霊碑と平和記念館

    書きにくい。 いつもの記事のようにちょけたこと書くと炎上商法になりそうだし、殆ど誰も見てないブログとはいえ。 ここは、補給をしないで気合いで敵から奪え、という気の狂った精神論・根性論を振りかざした司令官の指示で、実際に病死、餓死した方が三万人以上、戦死した方が二万六千人いる。そんな場所なのです。 一人の死が三万件起こった、って言い換えたのは誰の言葉だったか。 75年前に実際に起きたことだけど、でも実感がわかない。 自転車で登って、途中で挫折して車に乗ったあの道がそのルートだった。 白骨街道なんて呼ばれているそうだ。 彼らが一人としてたどり着かなかったインパールの地に、慰霊碑が建ってる。 俺がこ…

  • ホステルってそりゃホスをテルするとこじゃなかったの?なんてそこに拝み込んで泊まってみた

    ※緊急告知 まさかのブログ親バレ発覚 「見とるよ、ブログとか」ってギャー恥ずかしい今すぐ読むのをやめてくれさい!! という訳で、インパールから30キロ手前の町kakchingというところで車を降りて、グーグルマップでホテルを探したら、4キロ先にあった。 インドとは思えない綺麗な街並み 行った。 部屋あるの? ええと、ここはホテルじゃなくてホステルなんだ! えっ? ホステル? それが何か? んーなんて言ったらいいのかなあ。 えっ、泊まれないの? ちょっと待って、確認してみる! で、ホステルというのは泊まれるところ以外にもう一つ意味があって、寄宿舎、寮。ようは家が遠くにある生徒の合宿所みたいなとこ…

  • インパールまでヒルクライム強行作戦、やっぱ坂嫌い

    峠の茶屋で会ったやつ。何故かスパイなの?とか聞かれた。んなわけあるかい 乗せてとせがむ子供。降りるときにキンタマ打ってた この子は自転車に乗せてあげたらベルをアホみたいにかき鳴らした。インド人の血だ。そのあとの坂で、しばらく自転車を押してくれた。優しい! 400メートルくらい標高を獲得したところで死にそうになった。 病み上がりに無理したらダメだ。水も切れたし痔もまた出かかってる。 うん、やっぱり「漕ぎます」のパターンか。走行距離はまだ5キロ足らずだ。下ってバスでも乗ろうか。 俺はまだ登り始めたばかりだぜ、この長い男坂を! 未完! とか言って。 バテてその場で座ってたら山からアーミーが下りてきた…

  • 国境の町、モレ

    多分町内に限る。ここでまさか4日間も足止めを食らうとは。 体調不良に加えて、調子に乗って辛いものをたくさん食べすぎたせいだと思うけど、サドルに座るとその、ある部分に激痛が走る疾患をわずらってしまいました。(写真自粛) 冷水バケツシャワーを浴びて清潔に保ち、レストランでは大声で「ノースパイシー!!」と叫ぶ。だんだん腫れが引いてきて、マシになった。 隣室のインド人二人組に辛くない店聞いたりしてたら仲良くなってミャンマー 行こうぜってオートリキシャで連れていかれた、国境。 ミャンマーフレンドシップゲート 友好のために、免許とか簡単な身分証で行き来できるようだ。 多分町内に限る。 向こう側には活気のあ…

  • 今からインドに向かって自転車漕ぎます!!

    この詐欺タイトルにも自分で書いてて大概飽きてきたけどこのブログを始めて見る読者様がこのページを最初に見つける事だって大いにあるわけだ。 漕ぐ、漕ぐと言ったが今回その時と場所については指定していない。この事をどうか諸君らも思い出していただきたい つまり・・・・我々がその気になればバスで行きます! ぶおん! ※利根川ネタ提供byガチのチャリダー、ヒデアキさん。 言い訳は、滞在日数。風邪のせいで、あと三日で国境行かないと不法滞在に! 自走とか、無理無理。 三列シートのバス代は28500チャットと自転車15000チャット。 お金用意してカウンターで払うと、 「じゃあ明日の2時に来てね!」 「なぬ?」 …

  • ミャンマー で破損・汚損紙幣はセントラルバンクで交換

    下ろしたお金が破れてた ミャンマーじゃ破れたり穴空いてるお札は受け取ってくれない。 インドと一緒。 そのへんの銀行に行ってみた。 「変えて?」 「ごめんムリ」 「なんでよ!下ろしたらこうだったんだよ」 「レシートあるの?」 「捨てた」 「じゃムリ」 なんか普通の銀行じゃダメで、セントラルバンクという所に行けという。 中央銀行、ようは日本銀行みたいなもんだろうか。そんなの街中にあるの? てかマンダレーにあるの? maps.meで探すと最寄りが39km先とか。 遠いよ。こっちは病み上がりだぜ。 そしたら82strと26strのクロスしたところにあるよって言うから何とか探し出した。 距離200mくら…

  • 仏罰覿面!

    ミャンマーは世界有数の仏教国。 観光地なんて寺しかないくらいだ。 なのにパゴダも知らなかった上に、んなもん一切見にいくつもりもないこの所業。(寺なんか一ミリも興味が湧かないんで) 風邪をひきました。 喉がいたい。 宿の人に、ファーマシーどこ? って聞いて、抗生物質の錠剤をGET! Amoxicillin 250mg 日本じゃ処方箋が必須なやつ。 ウィルス性の奴には効かないし、乱用は耐性菌を作り出すリスクがある。 お腹も壊してたし、鼻水、咳もひどかった。細菌感染症ならマシになるだろう。 薬剤系のサイトを探して情報を得ると、このアモキシシリンは主に獣医さんが動物に出す薬だとか。OH! そりゃ安かっ…

  • ミャンマーで発見した美味しい中二

    朗報! ミャンマーにも売ってます。 ダークファンタジー! この無駄にカッコいい名前のクッキーはインドでよく食べた。 インド料理が嫌いなインド旅行者に絶大な人気を誇るダークファンタジー。 小分けでパックされてるので自転車に乗るなら補給食にもなる恥ずかしい名前に反して有能な奴。 800チャット約56円で6枚しか入ってない高級菓子。チョコがたっぷり入っててうまい。 インドでは60ルピー約90円だったので、ミャンマーの方がお買い得。 ×追記 記憶違い。30ルピー45円程度。インドで買おう。 『ダークファンタジーを使ったグレートなデザートの作り方を知ってるかい?もっと知るためにこのQRコードをスキャンす…

  • 世界でいちばん贅沢な旅

    内田百閒という小説家の先生がいる。読み方はひゃっけん、夏目漱石の弟子だった人だ。 阿房列車、あほうれっしゃという、ただ電車に乗ってお酒を飲むだけの旅。その随筆、エッセイを書いていてそれが面白い。 著作権法改悪のせいで保護期間が没後70年に延長されたので残念ながら青空文庫じゃあとしばらく読めない。 観光するでもなく、用事もなくただ電車に乗っていろんなことに行くだけ。大量の魔法瓶に詰めて持って行った熱燗が、電車待ちのホームで飲み尽くされて無くなる。 例えば旅をする人で、気負って日本一周だとか世界一周だとか標榜する人が多い。 旅行中に日本人に会うたびにこう聞かれる。 「世界一周ですか?」 別に一周な…

  • ヤンゴン〜マンダレー輪行情報

    インド大使館でビザ無事取得、で駅に行くとマンダレーか?って青いナイロンだか綿のペラペラのチョッキ着たおっさんに聞かれた。背番号が121。 ぶっとい腕に唐草模様っぽいイレズミ入れてる。 ここでチケット買うんだとかアッパークラスの方がいいぞ、そんなに値段変わらんとか、アッパーは売り切れだったので大行列のとなりに割り込んでパスポート出せって言ってチケット買ってくれたり、自転車はこっちで払うんだとか全部教えてくれた。超親切な人だ。 ヤンゴンからマンダレー、距離にして約600キロ。(東京〜大阪間よりも全然長い。岡山迄くらい) 計6850チャット、480円。 電車代は4650チャットで安い。 自転車代22…

  • 今からマンダレーに向かって自転車漕ぎます!

    今週のお題「わたしと乗り物」第三章 今回は、電車について インド大使館でビザGETできるのが午後3時過ぎで、それから駅に向かう予定。マンダレー行きの電車は何時に出るのか知らないけど駅で待ってりゃそのうちくるでしょ。 自転車ブログというよりもう海外の電車ブログに近い。あのメロディを頭に思い浮かべて読んでください。 線路の規格はメーター規といいちょうど1メートルととても狭い。これはインドが全部広軌にした時の余りものの払い下げを安く買って使っているから。 ミャンマーはインドと同じ元イギリスの植民地で同じ多民族社会なのに、他宗教社会ではない。仏教が支配のツールとして使われていて、キリスト教やイスラム教…

  • 自転車一人探索INミャンマーのスラム街

    ダラ地区 ヤンゴンの南にある大きな川を渡ったところにあるのがダラ地区というスラム街だと聞いて行ってみた。 広い川で、橋なんて掛かってないのでフェリーだ。 転覆したら泳ぎの得意な人はなんとかたどり着けそうな距離。 汚いから絶対泳ぎたくないけど 2時間くらい自転車で走り回ったけど特筆する事はない。 沼地に竹で作った家が立ってるくらいで、ごく普通。 商店街。ダラ地区南西角にはやけに人が集まってる家があって、聞いたらカジノだった この川を渡るフェリーがなぜか無料だった。 ヤンゴン〜ダラ カーフェリーという西の外れの方にあるフェリー乗り場。 ダラに行く船どこ?って10人くらいに聞いてやっと見つけた。 1…

  • 旅する乗り物 ARAYA DIA アラヤ ディアゴナール 諸元等

    今週のお題「わたしと乗り物」第二幕 例えば世界を旅する為に、自転車に必要な性能などというものが存在し得るのだろうか。 世の中にはチャリダーと称する旅人が少数ながら棲息する。 これはサイクリストとは似て非なる存在である。 サイクリストといえば最先端技術を駆使した高性能のコンポーネントを備えた最速軽量のレーシングマシンを駆り、硬く踏みしめられたアスファルトの舗装路を原付バイクにすら迫る凄まじい速度で走り抜ける、車の世界でいえばF-1レースに匹敵する尖った自転車乗りの事を主に指し示す。 しかしながらチャリダーというのはそのイミテーションめいた、まがい物のような胡散臭い名前から想像がつくように、例えば…

  • 自転車海外一人旅インドビザ取得INミャンマー編

    今週のお題「わたしと乗り物」 ちょうど乗り物のお題なので更新します。 ヤンゴンで沈没中。 自転車は荷物をゲストハウスに置いて、身軽に色々なところに行ってます。 ただ、ヤンゴンが気に入ったとかでは一切ない。 カフェモカ。ほとんど氷、 ビザのせいです。 自転車で、インドまで陸路を行く予定なのですが、むちゃくちゃ手間取ってます。 今後のために注意点などを書いておきます。 ・日本大使館ですること。 →レターを貰う。 書かされる書類は2枚。 1枚は入国書類みたいな奴。 もう1枚は旅程表。 この旅程表がめんどくさい。 ※滞在する都市と、ホテルの住所やら連絡先やらを書かされます、しかも大使館にスマホは持ち込…

カテゴリー一覧
商用