住所
出身
ハンドル名
maisanaさん
ブログタイトル
maisana's blog
ブログURL
https://www.maisanakamone.com/
ブログ紹介文
maisanaです。読んだ本について書きます。自己啓発本や哲学的な本を読むことが多いです。3歳男児の親。研究者。
自由文
-
更新頻度(1年)

9回 / 21日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2019/06/05

maisanaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(IN) 31,561位 35,288位 32,426位 29,929位 30,027位 33,197位 30,586位 964,799サイト
INポイント 10 0 0 10 10 0 10 40/週
OUTポイント 20 10 30 60 100 80 130 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 202位 237位 206位 182位 180位 206位 184位 12,817サイト
読書備忘録 19位 22位 20位 17位 16位 19位 17位 834サイト
子育てブログ 1,655位 1,828位 1,705位 1,501位 1,496位 1,761位 1,558位 65,543サイト
2015年4月〜16年3月生まれの子 42位 46位 46位 41位 41位 48位 42位 1,392サイト
科学ブログ 71位 80位 73位 64位 65位 71位 63位 2,258サイト
科学ライフ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 18サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(OUT) 18,945位 19,157位 19,428位 20,074位 21,365位 25,059位 29,365位 964,799サイト
INポイント 10 0 0 10 10 0 10 40/週
OUTポイント 20 10 30 60 100 80 130 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 37位 42位 43位 43位 49位 72位 102位 12,817サイト
読書備忘録 5位 6位 7位 8位 7位 8位 11位 834サイト
子育てブログ 1,683位 1,686位 1,713位 1,760位 1,870位 2,153位 2,420位 65,543サイト
2015年4月〜16年3月生まれの子 49位 50位 47位 48位 50位 59位 73位 1,392サイト
科学ブログ 15位 16位 15位 12位 17位 27位 36位 2,258サイト
科学ライフ 2位 2位 1位 1位 1位 1位 1位 18サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 964,799サイト
INポイント 10 0 0 10 10 0 10 40/週
OUTポイント 20 10 30 60 100 80 130 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,817サイト
読書備忘録 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 834サイト
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,543サイト
2015年4月〜16年3月生まれの子 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,392サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,258サイト
科学ライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 18サイト

maisanaさんのブログ記事

  • 子育て話④ 記憶が正確ではないツライ日々

    ここに我が息子が生まれてからの話を記しておきたいと思います。 これから親になる人へ向けた経験談です。 万が一、自分の子供が病気を持って生まれた場合に注意しておくことを記します。 参考になれば幸いです。 【退院編】 続編です。 子育て話① 壮絶な自然分娩の立ち合い - maisana’s blog 子育て話② 小児科に従うだけでなく、親も疑問を持たなくてはならない - maisana’s blog 子育て話③ 親は願うしかできないのか - maisana’s blog 小児医療センターへ転院 息子がかかった医大病院では膀胱尿管逆流症の治療が行えないので、小児医療センターへ転院することになりました…

  • 子育て話③ 親は願うしかできないのか

    ここに我が息子が生まれてからの話を記しておきたいと思います。 これから親になる人へ向けた経験談です。 万が一、自分の子供が病気を持って生まれた場合に注意しておくことを記します。 参考になれば幸いです。 【病気発覚編】 続編です。 子育て話① 壮絶な自然分娩の立ち合い - maisana’s blog 子育て話② 小児科に従うだけでなく、親も疑問を持たなくてはならない - maisana’s blog 病名の宣告 息子は元気です。 保育器の中で、ひっくり返された亀のようにゆっくりと手足をジタバタしています。 まだ回りが見えていないようですがおっぱいを探して吸おうとするので、哺乳瓶のふただけを枕元…

  • 子育て話② 小児科に従うだけでなく、親も疑問を持たなくてはならない

    ここに我が息子が生まれてからの話を記しておきたいと思います。 これから親になる人へ向けた経験談です。 万が一、自分の子供が病気を持って生まれた場合に注意しておくことを記します。 参考になれば幸いです。 【入院編】 続編です。 前話 子育て話① 壮絶な自然分娩の立ち合い - maisana’s blog 出産翌日。んん? 出産した翌日、ベビーベッドの息子を見ていてふとあることに気がつきました。 片耳の上部がくるんと内側に入り込んでいました。(たしか右耳) 見た目が少し気になるので、コンプレックスになったりしないかな。 メガネかけるときに困るな~と思ったりしました。 両親とも目が悪く、息子も視力は…

  • 子育て話① 壮絶な自然分娩の立ち合い

    ここに我が息子が生まれてからの話を記しておきたいと思います。 これから親になる人へ向けた経験談です。 万が一、自分の子供が病気を持って生まれた場合に注意しておくことを記します。 参考になれば幸いです。 【出産編】 陣痛から出産まで ちなみに私は父です。 陣痛の始まり 我が家に待望の長男が生まれたのは3年前の2月でした。 出産前の検査は順調でした。 男の子であることもわかり、生まれてきた後の準備を着々と進めていきました。 甥っ子のおさがりで色々なもの、とくにベビーベッドとチャイルドシートを貰えたは金銭的にとても助かりました。 陣痛が始まったのは金曜の夜中でした。 かかっている産婦人科の病院に電話…

  • 斬新で真面目な盆栽師の話

    真面目について真面目に考えてみた。 と言ってみたくなりました。 おはようございます。maisanaです。 週末、土曜日の朝に、録画していたクレイジージャーニーを観ました。 今回は盆栽師 平尾成志さんに密着していました。 盆栽をかっこ良く見せたいという一心で斬新なパフォーマンスをしている方でした。 盆栽に大事なこと 30歳を過ぎた最近では盆栽に少しだけ興味が湧くようになってきました。 本来大きく育つ木を小さく鉢に納めているのが可愛らしい。 それを手入れするという、少しだけゆっくりと進むであろう時間が美しいと思うのです。 ただ、今は、子供と遊ぶことだったり、自分の趣味であるサッカーをしたりと私の生…

  • 研究者の苦労はアブストラクトの中に

    私は研究者という仕事をしています。 研究ってドンピシャで同じ研究をしていないと、他の人の研究がどれくらいすごいことなのかわからない。 なので、研究者は素晴らしい研究であることを表現しなくてはならない。 私はこんな研究していて、それは世の中にこんな良いことがありますよってことを。 現代では、世の中を良くするのが研究開発の使命だ。 しかしどんなに優れた研究であっても、人に知ってもらわなければ意味がないのです。 研究者の100文字の思いと苦労 研究者の人生はアブストラクトとして数秒で消費される運命にある これは「やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論」から引用しました。 研…

  • 人生におけるピークエンドの法則

    さっき小説を読み終わりました。 新書とか自己啓発本しか読まない日々が続いておりましたが、Kindleストアでふと表紙が気になった本でした。 prime会員の方は今のところ無料です。 延命治療と緩和ケアをめぐって、医者3人の友情と葛藤を描いた小説です。 登場人物が結構な不運に見舞われるのでちょっと悲しくなります。 テレビドラマよりも小説の方がいい 本作品の話ではありません。 私の好みの話で恐縮です。 私の奥さんはテレビドラマが好きで毎シーズンいろいろなものを見ています。 私は1話と最終話だけで十分だと思っています。 1話を観るとその物語の世界観がわかります。主人公が最終的に何を目指しているかもわ…

  • 30代の私の読書法

    私は本を読んで得た知識を仕事やプライベートで活用できるようになりたいと思っています。 本を読んでいるときは、 「なるほど、ふむふむ、確かにそうだ。よし実践しよう。」 と思います。 影響されやすいタイプなので、あまり否定的にとらえることはありません。 インプットしたことを自分なりに消化してアウトプットできたらカッコイイ大人だなと憧れます。 そんな大人になりたいです。 そんなことを思い描きながら、通勤電車で自己啓発本やビジネス本を読んでいます。 20代のころはいろいろな知識を自分のものにしてやろうと読み漁っていました。 読んだ内容を自分なりに解釈して、会話の流れにのせてうまく使えたときは嬉しいです…

  • 夢は1つじゃなくてもいい、叶えなくてもいい、でも目標は必ず達成する。

    夢と目標を使い分ける。 みなさん、夢はありますか?目標はありますか? 私はこれらをハッキリと分けることで幸せになれる確率が上がると思っています。 塾講師バイトのときの先輩と、バイト先の近くの焼酎をメインとしたオシャレな店でよく語っていた。 その店は焼酎飲み放題をやっていて、そこで焼酎の味と銘柄を覚えていった。 あるとき、自分の夢の話になった。 海外住んでみたいとか、化学っぽい仕事をしたいとか、人の役に立っているのが感じやす仕事をしたいだとかざっくりとした小さな夢はいくつもあるんですけどねぇ。 って話をした。 先輩は間髪いれずにこう言った。 夢は1つじゃなくて良いでしょ。 確かに!って思いました…

  • なんで勉強しなくちゃいけないの?

    塾講師のバイトのときにある中学生が質問してきた。 「なんで勉強しなくちゃいけないの?」 この疑問は今でも納得のいく答えが見つかっていない。 その子はそれほど勉強ができないわけではなく、「あまり必要じゃなければゲームしていたいんだけど」とか言っていた。 私はそれまで勉強することに疑問に思ったことがなかった。 なんだか用意されていて、高校、大学を卒業するために必要なものとして受け入れていました。 幸い、勉強自体が嫌いではなかったことも大きいかもしれない。 しなくちゃいけないという強制の感情を持っている子がいるのは教育が成功している証ではないかと思うんです。 字の読み書きができる、お金の計算ができる…

  • 大人になってもサッカー小僧

    私は今でもサッカー小僧だ。 日曜日は地元のサッカーグランドに行き、社会人サッカーチームの一員として汗を流す。 土曜日は、翌日のサッカーのイメトレと称してサッカーゲームをする。笑 職場への通勤では遠い最寄り駅までバスでいきたいところだかチャリで行く。 駅の上り下りはもちろん階段を使い、かかとを地面につけないようにして太ももの筋肉に負荷をかける。 すべてサッカーをする体力、筋力維持のためだ。 今はそんな生活をしているが、 私は一度だけサッカーをやめようか悩んだときがある。 それは私の人生をさかのぼること20年ほど前、小学4年生の時だった。 私は幼稚園生の頃からサッカースクールに通っている。 幼馴染…

  • 2冊の本をセットでオススメする

    私は知人や好きなブロガーなどで2人以上がオススメしている本は読むようにしています。 「サピエンス全史」は話題になったので名前は聞いたことあると思うのですが、知り合い3人から直接オススメされて読みました。 ビルゲイツが選ぶ今年の10冊とか好きでチェックします。 日本語訳されていれば、わりと買ってしまう。 あと、今求めている情報とタイトルがマッチしているときは買ってしまいます。(こっちで選んだときはあまり私には響かないことが多い) みなさんは本を選ぶときにどうしていますか? amazonのランキングとか、みなさんも見ますか? レビューで評価が高い本は読むと何か身になったように感じます。 私の場合、…

  • レゴブロックで遊ぶ力

    息子(もうすぐ4歳)がレゴデビューしました。 息子は大分集中してなにか作っています。 それに負けじと父と母もけっこうハマっています。 私が幼い頃にも家にありました。 久しぶりに触ると、こんなに小さかったんだな~と驚きます。 幼い手には大きく感じるんですかね。 私は創作ってとっても苦手です。 レゴを手にいれて、目の前に広げて、 「さぁ!なにか作ろう!」 と思っても何にするかで困ってしまう。 そんな親のため(?)に説明書的なものにいくつかの例がありました。 LEGOさんありがとう! これで花屋を作り、父は誇らしげに息子に見せます。 すると息子は感動もせず、「ここに壁を作ろう」、「花はここに置こう」…

  • 白地図を埋めていくというテスト勉強法

    大学生の時は個別指導塾でアルバイトをしていました。(ヒント:たまごかけごはん) いろいろな生徒がいたので、いろいろなアプローチの授業をすることにしていました。 いくつかお試ししているうちに生徒がしっくりくる考え方があるようです。 勉強をする理由って人それぞれです。 希望の高校or大学に入りたい、テストで良い点を取って自慢したいor尊敬されたい、親を喜ばせたい、欲しいものを買ってもらえる、とかとか。 目標が違うので当然に勉強の仕方も変えた方が良いと私は思っています。 今回はテスト勉強の考え方の1つの案です。 すこしトライしてみて、しっくり来なかったらやめてください。 東京大学に通っているすごい人…

  • サッカーと将棋の面白い共通点

    サッカーって様々な視点で議論をすることができる。 例えば、監督の視点で言えば サッカーでもっとも強いフォーメーションは何か。 もっとも強い戦術はカウンターなのか、スペインのようなパス回しなのか。 そんなことよりスター選手が集まれば良いのか。 足が速い選手、フリーキックがうまい選手など、長所を極めた選手を集めるのか。 ある程度の能力の選手たちでも協調性があれば強いチームになれるのか。 1人の選手の視点では オフェンス、ディフェンスすべての能力を高めることができるのか。 得意なことと苦手なことがあるのか。 エースストライカーになるのか。ディフェンスリーダーになるのか。 ドリブラーになるのか。パサー…

  • 他人の心でなく、自分の心でいられるように。

    職場で悩みが生まれた。 私の上司が話をするとき、仕事の話であってもプライベートな話であっても 事実と想像が入り混じっている。 意図してそうしているのか、そうなってしまう癖なのかわからないが、 実際、嘘が混じっていることを知ってしまったことがあった。 それ以来、上司と話をするときに、本当であるかどうかを疑いながら会話をするようになっていった。 これが意外としんどい。内容が頭に入ってこないのです。 言っていることが事実か嘘かを判別しながら、事実だけを拾って回答を考えるというマルチタスクを常にしなければいけないのです。 特に厄介な口癖が「~らしいよ」という語尾でした。これが非常に信じにくい。 そんな…

  • 自己紹介

    おはようございます。maisanaです。 今日からブログをはじめます。 ブログを始めるということがはじめの目標でしたので、1つめの目標を達成しました!! まずは自己紹介をします。 maisanaです。 今は材料系の半人前の研究者です。 今流行っている(?)エネルギー関係の材料がメインです。 まだまだ上司や先輩に助けてもらわないとできないことだらけです。 いつか自分のプロジェクトを持てたらなぁと思いながら、励んでいるところです! 小さい頃はサッカー少年でした。 とにかくサッカー漬けの毎日を送っていました。 今も少しやります。 なのでサッカーで例えることとか多いです。笑 教育的なことに興味がありま…