searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

tsukuba3877さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
つくば発 山ある記
ブログURL
https://tomoquito.hatenablog.com/
ブログ紹介文
2018年12月に山歩きを始め、ハマりました。筑波山・宝篋山で季節の移ろいを楽しんでいます。
更新頻度(1年)

135回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2019/06/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tsukuba3877さんの読者になりませんか?

ハンドル名
tsukuba3877さん
ブログタイトル
つくば発 山ある記
更新頻度
135回 / 365日(平均2.6回/週)
読者になる
つくば発 山ある記

tsukuba3877さんの新着記事

1件〜30件

  • 筑波山(第49回):御幸ヶ原コースで一瞬、道迷い

    私は冒険しないタイプなので、一人で行くのは筑波山と宝篋山の知ってるコースだけ。同行者が居ないと知らない山には行けません。なので、今のところよほどの事がない限り道迷いすることはないだろうと思っていました。そんな私がまんまと道に迷った話です。それも筑波山で。 2020年9月10日(木) 神社のサルスベリが綺麗だった朝。たまたま近くに居た人の会話から、これがサルスベリだと知りました。 去年は見た記憶も写真もなく、見逃していたようです。 鮮やかなピンクがきれい。 今日は御幸ヶ原コースで男体山へ往復。道草食わずに歩くことを目標にしました。 御幸ヶ原コースの脇には登山道と平行な踏み跡が多くあり、階段を避け…

  • 双子池ヒュッテで驚愕した事と今後の課題

    雨のそぼ降る朝、屋外のタープ下(ここです↓)で遅い朝食を取っていた時のこと。 昨晩、テント場で泊まったという若い男性が、座って雨が止むのを待っていました。昨夜の様子や今日の予定などありきたりな会話のあと、止みそうにないからもう出ると、立ち上がったその人。お気をつけてー、と見送った私達は彼が踵を返した瞬間、思わず顔を見合わせました。 何、この小さいザック!?…(声は出せない) 小さくなっていく後ろ姿を見ながら、私たちの頭上には?と!がいっぱい。テント泊したのに、大きさは日帰りハイキング程度。28リットルもないように見えました。それでもパンパンじゃなく、まだ充分余裕がある。。。テントはいずこ?? …

  • 蓼科山(百Y山#19):③2日目、最終日

    2020年9月6日(日) 昨夜テント泊したお客さんに聞くと、雨は一晩中降っていたとのこと。小屋に泊まって大正解でした。乾いたお布団に清潔なシーツでぬくぬく眠れ、昨日の行動中濡れた装備も殆ど乾いた。テント経験僅か2回目の私が立てたテントなんて、大雨の中で何が起こったかわかりません。少なくとも寒かっただろうなぁ。こんな修行はもう少し経験積んでからでいいや。 ルート変更して今日歩く距離が減ったので、ゆっくり出発することに。有り合わせの材料でてるてる坊主作って、小降りになるのを待ちました。 雲は厚かったけど午前9時少し前、雨が止んだ隙に出発。昨日泊まらなかったテント場の側を通ったら、確かに小屋から遠い…

  • 蓼科山(百Y山#19):②最大の予定変更

    2020年9月5日(土)の続きです。 ①はこちら↓ tomoquito.hatenablog.com 蓼科山から下山してデポしていたザックを再び担ぎ、出発したのが14時43分。雨雲に追われるように降りてきたけどすぐ持ち直し、さっきまで居た山頂がよく見えました。 本日の幕営地、双子池を目指します。 道はどんどん下って… 16時前に大河原峠到着。本当なら今朝、ここから行動開始の予定でした。やっとスタート地点に立てた…。あとは双子山の山頂を通過して、その先が双子池。もう一登りだ! ゆっくりしていられないのであまり写真も撮れず、百Y山も諦めて通過。最後はしとしと降られながら17時22分、双子池に到着し…

  • 蓼科山(百Y山#19):①女3人、テント担いで…

    2020年9月5日(土) 朝5時、女神さまに拾ってもらい、家を出発。途中の道の駅でホワイト夫人と合流して、女3人のテント旅が始まりました。沖縄・九州に台風10号が接近している影響で、本州にも大量の雨雲が流れ込んでいた週末。それでも、目的地の蓼科方面はそんなに悪くない予報でした。 大幅な予定変更が色々あった1日目。最初のアクシデントは高速乗り口でカーナビのミスリードに気づかず、反対方向に乗ってしまったこと。でも最近は、出口で申告すれば無かった事にしてくれるんですね。優しい社会になったものだ。 次のアクシデント、通行止めのため予定していた大河原峠登山口にたどり着けませんでした。 蓼科山7合目登山口…

  • 爺ヶ岳(百Y山#18)

    今年も8月に行きたいと師匠にお願いしていた北アルプス。実は私、調べたり計画を立てるのが面倒くさくて、ついて行くだけで安心して楽しめるガイド登山が結構気に入ってます。北アルプスのどこか、、とお願いしていたところ、爺ヶ岳へ行くことになりました。 2020年 8月29日(土) 金曜日の夜10時40分、桜川筑西インター近くで集合。自分の車を駐車場に置いて師匠の車に便乗させてもらいます。今回の弟子は私の他、とても感じの良い青年が一人。新しい趣味を始めたいと山に興味を持ち、最近入門した新弟子君です。今回、運転手のお相手は新弟子君と交替で務めたので、非番の間は後部座席で爆睡出来ました。 扇沢ターミナルに着い…

  • 筑波山(第48回):やっぱりそうだったか

    2020年8月26日(木) 久しぶりの筑波山。いつも車を停めさせてもらっている駐車場の奥さんと朝から話しこんでしまいました。気さくで話好きな奥さん。最近の筑波山は東京からレンタカーで来るお客さんが多いとおっしゃってました。 やっぱりー!?実は私も各地の高速道路や登山口の駐車場で感じていた事なんです。東京は車無くても生活出来るから車を所有しない人も多いでしょう。今まで公共交通機関で山へ来ていた人達も、今はレンタカーで密を避けるWithコロナ時代。慣れない車で車庫入れなど大変そうですが、どうぞ皆さま、安全運転を。そんなこんなで7時34分スタート、迎場コース、おたつ石コースからの左回りで2つのピーク…

  • 宝篋山(第53回):ナノミストのシャワー

    2020年8月22日(土) 珍しく涼しかった朝。その日、宝篋山の右半分はすっぽりと笠被っていて、宝篋山には見えませんでした。次の予定の関係で朝6時半スタート、道草は極力控えて2時間で極楽寺コース往復。 田んぼはもうこんなに。 脇目もふらず登ったので、山頂まで写真なし。 笠の内部に到達。山頂は風に乗ってミストシャワーが吹いていて、気持ちよかったー。みんな、髪の毛が濡れていました。「降る」んじゃなくて「流れて」くるのが心地よい。 山はもう秋の気配が漂い始めています。ご訪問ありがとうございました。いいね!のクリック頂くと嬉しいです。↓ にほんブログ村

  • 金峰山②(百Y山#17):リベンジ山ごはん

    金峰山①の続きです。 tomoquito.hatenablog.com 朝日岳を降りて金峰山へ向かいます。小ザレた急斜面を下り、苔の森をしばらく歩くと… 何やら頭上が開けた感じ。 登り切ると、この景色が広がっていました。 森林限界を越えて高い木がなくなり、富士山がまた見えるように。 一瞬頂上かと思ったけど、道はまだ続きます。ここから先はこんな道。 頂上付近はテトラポット大の石を渡り歩く感じでアスレチック感満載。 2,500mを超えると、下界でなかなかお目にかかれない植物がいっぱい。その小ささや生え方から気候の厳しさが想像出来、華やかさはないけど不思議な魅力を持つ高山植物。 金峰版弁慶の七戻り?…

  • 金峰山①(百Y山#16):2,500m越え

    谷川岳、那須岳と約2,000mの山が続いたので、次は2,500m位までまで上がりたい!と、選んだのが金峰山。自宅から登山口駐車場まで車で3時間半、距離は遠いけど最後の1時間以外はずっと高速を走ります。日帰り登山で行く山は片道3時間半圏内が限界かな。 2020年8月15日(土) 7時15分、大弛(おおだるみ)峠駐車場着。標高すでに2,365mの峠は一般車両が通行できる全国2番目の高さだそうです。駐車スペースが狭いので路駐は暗黙の了解。ご来光目的で車中泊する登山者も多いのだとか。 車を降りた途端、涼しい〜! なんか日本じゃないみたい、、、と、よく考えたら、日差しが強いのに乾いた涼しいこの空気、前住…

  • ツイてない山ごはん三連発…

    このところ、標高の高い山で涼しく心地よく過ごしていたその裏で、実はごはんの災難が続きました。今回は楽しみにしていた山ごはんが一瞬にして消え去った、悪夢の記録です。 【第一弾:尾瀬カレー撒き散らし事件】 先日、記事にも書きましたが初めてのテント泊での夕飯、それも空腹を抱えて歩き回った後、カレーの良い香りを胸いっぱい吸いこみながらご飯ができるのを待ち、さぁこれから食べるぞと言う時の出来事。天国から地獄。ですがこれは悪夢の序章に過ぎなかったんですねぇ。 tomoquito.hatenablog.com 【第二弾:谷川岳玉子焼滑落事故】 日帰りの時はおにぎり作って、味噌玉と冷蔵庫の残りおかずをもって行…

  • 朝日岳:赤とんぼ(百Y山#15)

    2020年8月11日(火) 後編 茶臼岳を一周して峰茶屋避難小屋に戻り、朝日岳へ。こんなにくっついているのに、茶臼岳とは一味違った山容でした。 登り始めてしばらくすると見えてきた巨岩を、私たちは「那須のトレスデルパイネ」と命名。トレスデルパイネは2002年にパタゴニアを旅行した時見た有名な巨岩です。その時はまだ山にハマっていなくて普通のツアーで行ったのですが、今思えばパタゴニアまで行ってトレッキングしないなんて、なんてもったいない事したんだ〜。 さらに進んで見る角度が変わると、きれいなツインタワー。本家は3つ岩が並んでいましたが。 お花はほぼウラジロタデの独占状態だった茶臼岳。お花の種類は朝日…

  • 茶臼岳:活火山とウラジロタデ(百Y山#14)

    つくトレのメンバー数人で宝篋山に行くことになっていたこの日。熱中症警戒アラートが発動されたので延期して、個人的に那須岳へ行きました。 2020年8月11日(火) 前編 遅く着くと駐車場が一杯になると書いてあったので3時43分発。6時過ぎに着くと余裕で空いていました。(峠の茶屋駐車場利用) つくばからアクセスが良い東北道方面の山。所要時間が短いうえ、高速利用区間が少なくて済むのでおサイフに優しい♪ ロープウェイもあるけど、今日は歩きます。 森林限界を超えると広がる非日常な空間。見慣れない石の色や質感に心が躍る〜♪ この辺りで沢山見られたウラジロタデ。赤く色づいているのは少なく、上の方にはまだクリ…

  • 猛暑とコロナの影響で身体に異変が!

    谷川岳から戻った夜、寝ていると両腕が猛烈に痒くなり、もうろうとしながら必死で掻いていました。朝、起きると二の腕から下に疎らな湿疹のようなものが。。。その範囲は丁度、アームカバーとグローブで覆われていた辺り。 レインウェアを脱いでからは半袖のTシャツ1枚で歩き、日焼け止めと虫除けのためアームカバーを付けていました。このアームカバー、今まで何度も使っていますがこんなになったのは初めてです。いろいろ調べているうちに原因がわかってきました。 まず、大量の汗をかいたこと。猛暑の影響で大人の汗疹や肌トラブルが増えているそうです。汗の塩分やアンモニアなどが悪さをするそうで。谷川岳ではそれほど暑いと思わなかっ…

  • 谷川岳:涼を求めて(百Y山#12、#13)

    梅雨明けと同時に訪れた猛暑。赤薙山で2,200mの涼しさに味をしめ、どうにかして高い山へ行きたいと画策する様になりました。そんな時、好日山荘で見つけたこのガイドブック。 この中から「日帰り出来そうな2,000m級の山」と選んだのが谷川岳。実はこのガイドブックを読むまで、谷川岳には私なんか近寄っちゃいけないと思っていました。遭難件数が確か日本一と認識していて。でもそれは一ノ倉沢などクライマーが集まる岩壁の話で、登山道のグレーディングは意外にも筑波山とほぼ同じだったのです。 2020年8月9日(日) 自宅を出たのが朝4時過ぎ。カーナビの設定ミスで30分ロスしたけど、何もなければ谷川岳ロープウェイ駐…

  • 筑波山(第47回):イワタバコを探して

    2020年8月4日(火) 記録を見ると最後に筑波山へ行ったのが6月16日。1ヵ月半もご無沙汰していました。筑波山は水はけが悪いので、梅雨の間足が向かなかったのです。 でも去年の今頃を思い出して、ユリやイワタバコ咲いているかなーと気になっていました。 去年と同じ場所にイワタバコありました。弁慶茶屋の少し下。自然観察路にもあるそうですが、まだ見たことありません。 女体山山頂に居たオニヤンマ、カッコいい。 男体山から下りようとした時、行く手を阻むように目の前に舞い降りた蝶々。道の真ん中に陣取って動こうとしません。 一瞬羽をバタつかせた時、見えた華やかな羽の色。すぐ閉じてまたしばらくじーっとして。何度…

  • 赤薙山:梅雨明け(百Y山#11)

    最近、体力落ちてきた気がするから確認のため女峰山に行きたい、と女神さま。宝篋山でさえ登りの時疲れるとか。あれ、登ったら疲れるってそれ、普通だと思うけど…?ともあれ、誘われたので喜んでお供しました。 2020年8月1日(土) 朝4時半出発。かなりずれてる「ダイヤモンド筑波」を横目に一路栃木県へ。 予報では梅雨明けするかどうか微妙な週末だったけど、霧降高原に着いたときには晴れてました。久しぶりの太陽! 1,445段の階段は先を見ると心が折れそうになるけど、青空だから気持ち良し。やっぱり山は晴れてなんぼでしょ。 評判のニッコウキスゲはもう終わり、コバギボウシとシモツケソウがたくさんありました。 見た…

  • 宝篋山(第52回):ニコニコ岩の看板

    2020年7月27日(月) 先週からさらに雨が降り続いて、道はぐずぐずだし空は灰色。あぁ、山行きたい〜♪って気分じゃないけど、自分の予定と今後の予報を合わせると今日行くしかない。女神様の来る時間めがけて行ったけど、いつもの場所に車はありませんでした。 この日気がついたことに、ニコニコ岩の看板が新しくなったみたい。いつからかわからないけど、前はもう少しくたびれた感じだった気がする。 よく見ると、ペンキで書かれてるのではなく何かを切り貼りした感じ。それもニコニコ岩は石模様の素材で凝ってるー。 雨上がりのお楽しみはクモの巣。 山頂の草がきれいに刈られていました。ボランティアの皆さんに感謝。 筑波山の…

  • 宝篋山(第51回):拝見!ハイブリッドDIYストック

    今年は「お天気悪くて山いけないでしょう」とよく言われたけど、雨の合間を縫って行ってました。 2020年7月21日(火) モノの受け渡しのため、待ち合わせて女神さまの朝の宝篋山に合流。今日も梅雨空。宝篋山はすっぽり雲で覆われていたけど、そのうちなくなる気がしていました。 テント泊の翌々日だったので、背中が軽くてスイスイ登れる。 写真に撮りたいものもあまりなかったけど、山頂で女神様の友達に遭遇。その方のストックが凄かったのです。 折れたストックの先っぽがジャストな太さの枝に連結したハイブリッドDIYストック。捨てられなくて…と仰る世代の方ですが、枝がしなって良いんだよ、とお気に入りのようでした。ご…

  • テントのカスタマイズ

    私のテントはアライテントのエアライズ1、オーソドックスなモデルの一つです。オーソドックス=使っている人が多い…という事は周りに同じテントが並ぶ可能性が高く、今回お世話になったテン場でもこの通りでした。 こうなる事を見越して一目で自分のテントとわかるよう、事前にテントにお絵かきして行きましたー。 拡大すると。 英語のことわざです。山にぴったりでしょ。名前書くのが一般的だけど、それじゃわくわくしないから何か良い目印ないかなーと考えていたのです。5月にもらったバースデーカードに書いてあったこの言葉を思い出して、これだ〜!と。反対側にも書きたかったけど時間がなかったので、追って追加していきます。 張り…

  • テント泊デビュー@尾瀬④:2日目

    テント泊デビュー@尾瀬②↓の続きです tomoquito.hatenablog.com 7月19 日(日) 夜は良く眠れました。覚悟していた雨も夜半パラパラ降った程度で大事に至らず。周りがガヤガヤしてきた6時頃、外に出てみるとなんと晴れてる☀️ギリギリまでテントを干して撤収出来ました。 少しは荷物軽くなったかと期待して背負ったけどちっともでしたー。でも、諦めていた青空に今日も恵まれて、心は軽く出発!燧ヶ岳を巻いて御池駐車場に戻ります。 尾瀬は平らなので初心者のテント泊にピッタリだそうです。 でもこの日のルートはアップダウンのある山道中心。落ちたら最後の急な岩場など怖い箇所もありました。荷物が重…

  • テント泊デビュー@尾瀬③:山ごはん

    一連のテント泊練習で一番手薄だったのがご飯。テントの設営や荷物の重さなど、新しいチャレンジにばかり意識が向いていました。ガスバーナーでお湯を沸かすくらい日帰りでもやっているからと、調理の練習何一つしなかったのがいけなかった。。。 軽さと簡単さ優先で用意した食材は、殆どフリーズドライ。 お湯さえ沸かせたら失敗のしようがない、と普通は思うでしょ。 1日目のお昼に食べたきのこのパスタは、ちょっとバリバリしてたけどちゃんと食べられました。フリーズドライ、食器も要らなくていいわと思ったんだけど、、、夜にやっちまった カレー撒き散らし事件。 クッカーの蓋にカレーの素とお湯を入れてかき混ぜていたのですが、ご…

  • テント泊デビュー@尾瀬②:尾瀬ケ原散策

    ↓「テント泊デビュー@尾瀬」を最初から読む↓ tomoquito.hatenablog.com ①の続きです。 見晴キャンプ場にテントを立て、荷物を置いてみんなで尾瀬ケ原へ。実は私、尾瀬に来たのは人生初でした。湿原独特の風景と見たことない植物に大興奮。 家を出る時土砂降りだった事が信じられないほど晴れてきました。でも暑くなく、梅雨明けしたかのように爽やか。 私達の他、見渡す限り誰も居ない貸し切りの尾瀬。なんて贅沢でしょう。 誰もいない休憩所、みんなでベンチを大胆に陣取ってリラックス。気持ちいい〜♪ 雲がかかっていた燧ヶ岳もついに全容を現しました。逆さ燧まで見られると、誰が思ったことでしょう。 …

  • テント泊デビュー@尾瀬①

    2020年7月18日(土)〜19日(日) 初めてテント泊に行ってきました!長雨が続き、直前まで誰もが中止と思っていた天気予報ですが良い方に外れ、まさかの2日連続晴れ☀️ 降らない、暑くない、人少ないの「3ない」な尾瀬で久しぶりの太陽を満喫出来ました。 【メンバー】20代から70代までの男女7名(男4、女3) うちテント泊デビュー者3名 【行程】 1日目:御池駐車場〜沼山峠(バス)〜大江湿原〜尾瀬沼東岸〜見晴キャンプ場 2日目:見晴キャンプ場〜三条の滝〜兎田代〜天神田代〜御池駐車場 家を出た時は大雨だったけど北に進むにつれ止み、那須辺りからずっと道は乾いていました。歩き始めは曇っていたけど、降っ…

  • テント干しました

    蒸し暑かったけど太陽と風に恵まれた月曜日。週末のテント泊で使った装備を全て洗って拭いて、乾かしました! テラスの柱などに張り綱を結び付けて飛ばされ防止。 ウェアの洗濯は昨日済ませ、テント、フライシート、グランドシート、ペグ、シュラフ、インナーシーツ、クッカー、ザック、靴、サンダル、そしてウェアを洗ったり拭いてから、干しました。忙しかったけど、楽しかった時間を思い出しながら片付けるのはテント泊のフィナーレと言えるでしょう。 テント泊デビュー本編は別記事に記録します。お日さまに感謝! ご訪問ありがとうございました。いいね!のクリック頂くと嬉しいです。↓ にほんブログ村

  • 宝篋山(第50回):グズグズな道

    2020年7月16日(木) 2週間ぶりの宝篋山。稲が大きくなっていました。 根本には浮き草が。 雨続きで筑波山はぬかるんでそうだから宝篋山へ行ったけど、極楽寺コースのほぼ全域がグズグズでした。水はけの良い宝篋山がこんなになっているの、初めて見た。。 本番に備えて膝を守るため、歩荷トレーニングはお休み。一番小さいザックにレインウェアと水だけ入れて行きました。そしたら背中が軽っ!登りもスイスイ歩けてびっくりです。 テント泊本番はいよいよ今週末。まず、行けるのか。行ったら色々ちゃんとこなせるのか。夜中テントが水没したりしないか…どきどきしてきました。 ご訪問ありがとうございました。いいね!のクリック…

  • テン場に着いた!…ところからの練習

    テント泊デビューに向けて色々練習しています。重い荷物を背負って歩く。テントを立てたり撤収する。昨日、おおよその持ち物をザックに入れて庭へ行き、出し入れ込みでテントを立ててみました。 こうなると問題は、ザックのどこに何を入れるかということ。諸先輩の知恵を参考に、取り出しやすく片付けやすいパッキングを目指します。朝、テントの撤収に手間取り、出発が遅れては大変ですから。で、時間を食われそうな「テントやフライを付属の巾着に収納する作業」を省くことにしました。テントとフライは巾着から出し、ラフにたたんで大きいゴミ袋で持って行きます。ちなみにレインウェアの巾着も、同じ理由でずっと使っていません。 では、二…

  • 浅間山・閑居山:やっと歓迎会

    1週間降り続いた雨がやっと止み、のびのびになっていた歓迎ハイキングがついに実現。曇りだけど、梅雨時は降っていなければ晴れなのだ。 7月11日(土) 参加者10名。今日はつくトレに最近入会したタカ先生の歓迎会でしたが、初参加のゲストさんも一人、その場で入会してくれました!(入会金無料♪) 三ツ石森林公園に集合して9時半、行動開始。黒文字平まで稜線を歩き、戻って浅間山の頂を踏んだら閑居山へ。百体磨崖仏へ急坂を降り、洞窟探検して戻るコース。ちょうど3時間でした。 浅間山登頂目前。 写真ではわかりにくいけど、結構な急坂を降りてます。木につかまりながら、百体磨崖仏へ。 洞窟は少し入った所で立ち往生。一段…

  • 強風時のテント設営訓練

    テントを張る時、天気が良いとは限らない。ましてや梅雨時なら晴れている事の方が稀でしょう。今日、つくばは風が強かったのであえてテントを張る練習しました。 雨が止んで十分地面が乾いた頃を見計らって決行。でも雨が降っている想定なので、なるべく早い完成を目指します。また手に持った物や出した袋をその辺にポイ、は絶対ダメ! では、よーいスタート!! チッチッチッチ… 事前に悪天候下のテント張りのコツを調べたり、動画も見て挑んだのだけど、他人様の動きを見るのは極めて自然でスムーズ。自分でやってみるとオロオロ、まごまご。あれ、ここどうするんだっけ、、、と立ち止まってしまうことも多々あり。 フライが風に煽られて…

  • 赤城山:県境を越えて(百Y山#10)

    2020年7月5日(日) ホワイト氏ご夫妻に誘ってもらい、赤城山へ。自粛解除後、初めて県外へのお出かけです。そして私達は初の赤城山。 ビジターセンターの駐車場で待ち合わせ。夫妻と会うのは2回目1年半ぶりで、前回は私が山に登り始めたばかりの頃でした。支度しながら、最近こんな人達と山に行っていて…と女神さまのことを話すと、「その人知ってるー!」と。ホワイト家は私よりずっと以前から宝篋山に通っているので、何度も見かけたことがあるそうです。そのオーラと、いつもすごく速く歩いているから一目置いていたとか。写真で確認するとストライクでした。こんなところでご縁が繋がるなんて、女神さまの有名っぷりを改めて実感…

カテゴリー一覧
商用