searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ひかり学院さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
神奈川東部の高校受験・中学受験情報
ブログURL
http://hikarigakuin.hatenablog.com/
ブログ紹介文
横浜市鶴見区・港北区、川崎市川崎区の個別指導塾です。 無駄なお金をかけずに高校受験や中学受験で成功するための方法や日々の学習法などを中心に、受験情報を綴ります。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2019/03/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ひかり学院さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ひかり学院さん
ブログタイトル
神奈川東部の高校受験・中学受験情報
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
神奈川東部の高校受験・中学受験情報

ひかり学院さんの新着記事

1件〜30件

  • コロナ禍を家族で乗り越える勉強への取り組み方

    横浜市・川崎市では2か月超の休校期間をを終え、分散登校や短縮授業がようやく開始されました。勉強の遅れを心配する保護者様も多いことと思います。 保護者様としては、「勉強が遅れている分、塾や家での勉強量を増やさなければいけない」と思っていることと思います。中3生の保護者様ならなおさらのことでしょう。 一方、お子様の気持ちはどうでしょうか。・休校期間は、休みといっても外出もままならなかった。 ・夏休みまで短縮された。 ・部活も思い切りできない。 ・マスクをつけたり、新しい生活習慣を守のが面倒。など、ストレスが溜まることが非常に多いと思います。 そんな中、ただやみくもに「勉強しなさい」と言われたらどん…

  • 面接に強くなるために小学生のうちからできること~お母さんはご飯ではありません。~

    「お母さん、お腹空いた。」「お腹空いた?今からご飯作るね。」こんな会話はご家庭でもよくあると思います。しかしこれでは、「お腹が空いている。」という状況説明をしているだけで、「何をしてほしいのか。」という意思表示が出来ていません。意思表示をする前に親が意図を察して対応してしまうと、お子様が順序立てて物事を説明する力が身につきません。こういう時は「お腹が空いたから何なの?どうしてほしいの?」と聞き返してください。 そうすると「お母さん、ご飯」だけで済ませてしまうお子様もいます。今度は「ご飯を作りたい」のか「ご飯を食べたい」のかが伝わっていません。こういう時は、「お母さんはご飯じゃないよ。」と返した…

  • お得な私立中学Vol.2~玉川聖学院~

    お得な私立中学第2回は「玉川聖学院」です。今回も女子校の紹介になってしまいましたが、キリスト教系の女子校は、全体的に指定校推薦が良い傾向にあります。 【立地】東急東横線または大井町線の自由が丘駅から徒歩6分抜群のアクセスの良さです。 【試験科目】・2教科または4教科+面接・適性検査型 【難易度】首都圏模試偏差値:43(2月1日)四谷大塚偏差値:記載なし 【生徒数】1学年100名程度(高校で100名程度募集アリ) 【主な指定校推薦】ICU 1名青山学院 4名(他にキリスト者推薦12名)法政 2名学習院 1名成蹊 6名成城 1名明治学院 16名(高大連携)國學院 4名武蔵 2名(高大連携)東京薬科…

  • ゲーム、スマホでお悩みの保護者様へ

    「スマホばかりいじってて勉強しない」「ゲームのことなら詳しいのに…」とお悩みの保護者様は大勢いらっしゃることと思います。特に中学生になるとスマホの所持率はかなり上がり、スマホさえあればゲームも友達との連絡も、やりたい放題です。 皆様のご家庭では、スマホやゲームをする時のルールを作っていますか?お子様が無制限に触れる状態になっているとしたら、まずはルール作りからしてください。例えば ・1日に1時間までは自由にやって良い。・自分の部屋には持ち込まない。・夜10時以降は触らない。・試験前は保護者に預ける。 などです。ここで大事なのは、一方的にルールを押し付けるのではなく、話し合いで決めることです。お…

  • 「うちの子、本を読まないんです。」とお悩みの保護者様へ

    世の保護者様のほとんどは、我が子に本を読んでほしいと思っています。本を読んだ方が、国語力がつくからです。(それだけで国語力がつく訳ではないですが)しかし、ほとんどのお子さんには読書の習慣がありません。今の時代、様々な娯楽が氾濫しており、子ども達は手軽に楽しめるもの、ゲームなどに流れがちです。 では、どうしたら子ども達は本を読むようになるでしょうか?それにはまず、保護者様の期待値とお子様の希望とのギャップを埋めなければなりません。「本を読む」というと、保護者様がまず考えるのは世界や日本の名作であったり、推薦図書だったりしますが、子ども達にとっては初めからそういう本を読むのはハードルが高く、苦痛で…

  • 「勉強しているのにテストの点数が上がらない」時に読む記事Vol.2~「わかる」「できる」の勘違い~

    「ド忘れ」はなぜ起こる? テストを受けた時に「あ~、この問題やったのに、思い出せない!」という経験は多くの人がしていると思います。「ド忘れ」というやつです。いわゆる「一夜漬け」をした場合によくあることかと思いますが、テスト2週間前から頑張っていたとしても、取り組み方次第では同じ過ちを犯す可能性があります。そこで今日は「わかる」「できる」の勘違いについてお伝えします。 例えば数学で分からなかった問題があった時、どうすれば良いでしょうか。 ①質問をする。②解説を読む。③気にせず先に進む。 の3通りが考えられます。③は論外として(実際にはこういうお子様もいます)、当塾では①よりも②を重視しています。…

  • 2019年神奈川県公立高校入試 県東部地区の状況

    県全体の実質倍率は1.19倍、県東部では1.26倍 2019年の神奈川県公立高校入試の実質倍率は、県全体では1.19倍でした。昨年は1.20倍でしたので、横ばいの状態です。募集定員を100人とすると、119人が受検したことになりますので、合格率は100÷119×100≒84.0%になります。8割以上の受検者が合格する計算です。では、当塾の展開する横浜市鶴見区・港北区、川崎市川崎区から通学しやすいエリアにある高校の状況はどうでしょうか。倍率は1.26倍まで上がり、合格率は79.1%です。昨年よりは下がりましたが、今でも人口増加が続く地域も多く、県全体に比べると厳しい戦いになっています。学校別の状…

  • 「勉強しているのにテストの点数が上がらない」時に読む記事Vol.1~「作業」と「勉強」の違い~

    「テスト勉強を頑張ったのに、思ったほど点数が取れなかった」というのは、よく聞く話です。では、なぜ点数が取れなかったのか、と言えば答えは簡単で、「勉強法が間違っている」からです。今回は、ありがちなパターンの1つ「ノートまとめを頑張る子」についてご紹介します。 「ノートまとめを頑張ったのに、テストで点数が取れなかった」というのは、普段から真面目にコツコツと頑張る子が陥りがちですが、なぜノートまとめを頑張るのかと言えば、「ほとんどの公立中学では提出課題になるから」です。提出したノートの出来栄えが成績(内申点)に直結するので、カラフルなペンを使って一生懸命にノートを作ります。公立中学に通うお子様以外で…

  • お得な私立中学Vol.1~捜真女学校~

    当塾の考える「お得な私立中学」とは「入学時の難易度に比して、有力大学の指定校推薦の数が多い学校」です。神奈川県東部地区から通いやすい学校を、随時紹介していきます。今回はその第1回、捜真女学校です。 【立地】東急東横線反町駅から徒歩15分市営地下鉄三ツ沢下町駅から徒歩13分 【難易度】首都圏模試偏差値:43(2月1日)四谷大塚偏差値 :37(2月1日) 【生徒数】1学年160名程度 【主な指定校推薦大学】※推薦枠の数はHPの進学実績からの推測値で、中学校・高校と小学校の両方のHPから集計しています。正しい数値については、学校説明会などでご確認ください。 国公立筑波横浜市立 1 私立早稲田慶応義塾…

  • 「正しい音読の方法」とは?~国語力をつけるために大事なこと~

    「うちの子、読解が苦手なんです。」という保護者様の声はよく耳にします。実際、生徒たちの多くは長文の読解が苦手だったり、記述問題には手が出せなかったりしています。根本にあるのは「国語力不足」です。 国語力とは何でしょうか。読み解く力、文法の知識、語彙力などをトータルしたものが国語力で、その中でも最も大事なのが「語彙力」だと私は考えます。文章を読んでいて、そこに書いてある言葉の意味が分からなければ、問題を解くことが出来ません。英語で、単語の意味が分からないために文が読めないのと同じです。しかし、国語が苦手な子の多くは、分からない漢字・言葉などを読み飛ばしてしまっているのが実情です。 それを防ぐのに…

  • 集団塾並みの低価格で学べる個別指導塾を目指して

    遠ざかっていたブログを再開しました。 「経済格差による学力格差をなくす」 「無駄に高い授業料を取らず、無駄な授業を受けさせない」 「効率的な学習方法を伝える」 「どんな成績でも、何とかしたい気持ちのある生徒は受け入れる」 ことを信条として、集団塾並みの価格で学べる個別指導塾を開業し、7年が経ちます。 高校受験では、低価格で何時間でも学習出来るコースで、圧倒的な学習量を確保して志望校合格を叶えます。 私立中学受験では、大手塾にありがちな無駄なカリキュラムを省くことで、週2回または週3回の通塾だけで夏期合宿や正月特訓なども行わずに中堅校の合格を実現します。 塾の内容はこちらから 「考える力」を育て…

カテゴリー一覧
商用