アメリカ発!伯Go の「バフェット流」米国株投資
読者になる
住所
アメリカ
出身
ハンドル名
伯Goさん
ブログタイトル
アメリカ発!伯Go の「バフェット流」米国株投資
ブログURL
http://kabuandbooks.blog.jp/
ブログ紹介文
投資家ウォーレンバフェットに学び、投資と読書で人生を10倍楽しむブログ!
自由文
10億万長者から100億万長者にゴールを格上げだ!
更新頻度(1年)

219回 / 324日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2018/10/14

伯Goさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 13,588位 13,346位 13,356位 15,229位 16,390位 15,468位 16,497位 975,023サイト
INポイント 20 0 20 10 20 10 50 130/週
OUTポイント 150 50 50 40 30 50 530 900/週
PVポイント 0 30 0 0 0 0 50 80/週
本ブログ 236位 239位 240位 255位 264位 252位 259位 12,639サイト
読書日記 56位 58位 56位 59位 63位 58位 61位 2,876サイト
株ブログ 349位 345位 347位 403位 426位 404位 443位 13,558サイト
米国株 91位 90位 93位 100位 107位 102位 109位 927サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 10,784位 7,685位 7,765位 7,932位 7,854位 6,485位 6,421位 975,023サイト
INポイント 20 0 20 10 20 10 50 130/週
OUTポイント 150 50 50 40 30 50 530 900/週
PVポイント 0 30 0 0 0 0 50 80/週
本ブログ 108位 61位 64位 68位 66位 45位 43位 12,639サイト
読書日記 25位 12位 12位 12位 13位 10位 9位 2,876サイト
株ブログ 478位 390位 394位 407位 399位 349位 350位 13,558サイト
米国株 113位 100位 101位 101位 99位 93位 94位 927サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 18,695位 18,233位 19,055位 18,271位 16,756位 14,406位 13,903位 975,023サイト
INポイント 20 0 20 10 20 10 50 130/週
OUTポイント 150 50 50 40 30 50 530 900/週
PVポイント 0 30 0 0 0 0 50 80/週
本ブログ 254位 247位 253位 249位 238位 211位 203位 12,639サイト
読書日記 72位 71位 73位 73位 68位 57位 54位 2,876サイト
株ブログ 594位 584位 600位 581位 553位 498位 482位 13,558サイト
米国株 119位 116位 120位 118位 115位 104位 101位 927サイト

伯Goさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、伯Goさんの読者になりませんか?

ハンドル名
伯Goさん
ブログタイトル
アメリカ発!伯Go の「バフェット流」米国株投資
更新頻度
219回 / 324日(平均4.7回/週)
読者になる
アメリカ発!伯Go の「バフェット流」米国株投資
  • 暴落「なら」買う

    Big picture 「暴落時」に買うと儲かる。しかし問題は暴落を待っても来る保証はない。なので暴落「なら」買うと言うのが正確だろうと思う。大暴落時、小暴落時に買えるかどうかで長期のパフォーマンスには大きな差がつくマーケットが何らかの理由で大きく下げるということは

  • 今目の前にあるバブルは何か?

    ハイテク IPOはバブルか?今のハイテクIPOとかも赤字でも株式市場ではウン Billion $$という値段が付いたりするわけだがこのバリュエーションのベースになったいるストーリーはホントなのか?Uber や Lyftしかり今利益が出ていない企業の価値は「将来利益の蓋然性」に全てが

  • ハイテクバブルか?

    バブルは見えないアメリカ経済バブルがあるとしたらどこか?歴史を通じて10年〜20年に一度くらいの頻度でバブルが生まれてははじけて来た。バブルが弾けた時の株式市場への影響は非常に大きい。もし事前に予見ができれば助かるわけだがバブルがはじけるタイミングを当てるこ

  • コカ・コーラをケーススタディ

    コカ・コーラの今の株価は高いのか安いのか?代表的なバリュー投資銘柄コカ・コーラ(ティッカー KO) の現在の株価は$54.54過去1年で18.8%上昇している。過去5年で21.6%上昇している。KOの株価はすでに高いのだろうか?それともまだ安いのだろうか?バリュエーションというと

  • Paycheck が決算発表!

    Paychex社Paychex (PAYX) とは給与支払いサービス、HRサービス会社で伯Goのグレートビジネスの一社で保有している。この会社は5月決算で本日1Qの決算発表があった。決算内容良かったEPSは予想の$0.69に対し実績$0.71と2.9%上回りダウが 500ポイント下がる中、株価は上昇。

  • ダウ暴落!どうする?

    10月ヤバイと言っていたらいきなり来た!「2019年3Qが終了!」で10月は荒れがちと言っていたらいきなり荒れた。今日は大型ハイテク株を中心に大きく売られNYダウは一時 585ポイントも下がった。何か変わったのか?変わったのは投資家の心であり大型ハイテク銘柄のビジネス自

  • 製造業景気指数悪化 -米景気は下がるのか?

    製造業弱いアメリカ供給管理協会の「製造業景気指数」が10年ぶりの低水準との発表を受けて本日株価は大きく下落した。景気のターニングポイントは読むことは誰にもできないので景気の読みに賭けるのは賢くない。しかし景気サイクルについて考えることはもちろん大切なことだ

  • 2019年3Qが終了!

    2019年も残すところあと3カ月S&P500は9月終了しyear to dateで18.7%の伸びだった。今のところ非常に強い相場だ。6月末からはほぼ変わらず+1.2%となっているが。因みに過去戦後の歴史の中でS&P500が18.7%以上上がった年は19回あった。約1/4の確率で起こっていることになる。つ

  • 不動産に見る健全なアメリカの個人消費

    アメリカの住宅販売件数はいまだ好調アメリカの旺盛な住宅需要を示す統計があるので紹介したい。ちなみに住宅を買うとそれに付随してさまざまな支出(家具とか、修繕費とか)が発生するため住宅は経済効果が高く且つ先行指標になるため重要なのだ。ホームエクイティが過去1年

  • 不動産に見る健全なアメリカの個人消費

    OGPに表示される記事の概要が入力できます。

  • 株式投資の奥義その①

    いろいろ考えた末、結局これが結論だ!株式投資の奥義。それは。。。株を買うのは「買いたいから買う」のではなく、「買うのが合理的だから買う」のである。これには感情を排するということが含意されている。ここが重要なところだ。人はあまりにも「買いたい、儲けたい」と

  • 投資の奥義其の一

    結局これが結論だ!株式投資の奥義。それは。。。株を買うのは買いたいから買うのではない。「買うのが合理的だから買う」のである。他にもあるかもしれないので其の一だ!

  • FactSet (FDS) で追加購入!

    昨日取り上げたFDS (FactSet Research)社について続き。自分のグレートビジネス銘柄のFDS は昨日決算発表で 11%も下げたわけだが昨日その内容を前回分析した。そして一旦は「買い」と判断した。FDSは一夜明けた今日追加情報は特になかった。従って結論の買いは不変だ。本日株

  • 来たー! FactSet 11%暴落!

    まさに暴落こそバリュー投資家にとってボーナスと前回「サイクルとポジショニング」で話していたその直後に伯Goの主要保有株の一つ FactSet Research Systems(ティッカー FDS) が業績発表で暴落した。FactSet Research社    - “FDS”FDSの今年初めから順調に株価は 36%

  • サイクルとポジショニング

    前回「なぜS&P500は上がり続けるのか?」で「今後株価がさらに上昇する過程でexposure を大きく増やすとかはあまり賢くない」と述べた。これについて今回お話したい。バリュー投資とは「グレートビジネスを割安価格で買い長期保有する」ことで成功確率が高まるものだ。しかし

  • なぜS&P500は上がり続けるのか?

    今回はここ数年ずっと上がってきたS&P500指数と景気サイクルについて。長い株価成長の理由S&P500はリーマンショック後の2009年のボトムから10年間年率平均で約12%で成長してきた。これはすごいペースだ。上がり続ける一番大きな理由は一株利益が上がっているからである。S&P5

  • 投資においてなぜ心を鍛える必要があるのか?

    心を鍛える理由それは投資の成功には頭の良さよりもメンタルが重要だからだ。だからメンタルトレーニング。バフェットも「投資の成功にはIQよりも性格の方が重要」と言っている。株式投資で最も利益が出るのは相場の底で買うことなのだ。つまり企業のファンダメンタルズは

  • 早期リタイアのための投資計画

    サラリーマンやりながら投資で儲けて早期リタイアを目指す!これがこのブログの一つのテーマである。個人が投資 + 貯蓄計画を立てるときのポイントこの話はサラリーマンを想定しているがまず給料を貯蓄することは必要なことではあるが早期リタイアあるいはもっとリッチになる

  • FED利下げ!

    利下げ本日FEDは25bps利下げを実行した。前回の利下げに続きなぜこのような決定をしたのか正直意味わからない。仮に理屈わかってもこんな状況で action を取る必要はないと思う。トランプ 行政の圧力なのか?この利下げは経済には影響しないだろう。しかし市場心理には確実に

  • 3Gキャピタルがクラフト・ハインツ売り!

    とのニュースでKHC株下がっているが3Gの投資スタイルは「ターンアラウンド、ビジネスオペレーター」だ。つまり投資家自らがドライビングシートに座って運転するスタイル。バフェットとは全く違う。その3Gがつまり会社の運命をコントロールできる/する本人が株を売るというの

  • 3Gがクラフト売り

    との記事でKHC株下がっているが3Gの投資スタイルは「ターンアラウンド、ビジネスオペレーター」だ。つまり投資家自らがドライビングシートに座って運転するスタイル。バフェットとは全く違う。その3Gがつまり会社の運命をコントロールできる/する本人が株を売ると

  • 欲深いと損するという話

    ウォール街で言われている相場格言暴落の前に売れたらもっと儲かる!という願望はgreedyということを前回「もし株式市場が超暴落したら?」で述べたがここを深掘りしたい。強気相場に賭ける投資家を「ブル」、弱気相場に賭ける投資家を「ベア」などと言うがウォール街の格言

  • もし株式市場が超暴落したら?

    今もし株式市場が超暴落したら買いたい銘柄は?投資家心理とは  強気相場では"Flawless"(非の打ち所がない強気相場)から弱気相場では"Hopeless"(希望のない相場)まで振り子のように動くもの。株の暴落時は投資家心理は悲観的になり(Hopeless)すべてが上手くいかないよう

  • クラフト・ハインツ上がってきたが。。

    最近上昇しているクラフト・ハインツ。ボトム打ったか?クラフト・ハインツが最近鬼上昇しているがここで買うのは危険なゲームだと思う。株価が過去数年間ずっと下がっているため一瞬買いたくなるが伯Goはこのような場合まず自分の心を観察することにしている。「買いたいか

  • Church & Dwight 買い増し実行

    Church & Dwight 社CHDは買い増した。バリュエーションはいまだ高いが今回の下げ10%は特殊でしかもフェイクである確率が高い。コレクションが起こる場合は損するがそれは、ショートセラーが現れる前も同じこと。今までのトレンドが続くなら元の値に戻ると思う。買値が歴史的

  • Church & Dwight 再考

    Church & Dwight 社先週木曜日に Spruce PointというNYのヘッジファンドの Ben Axler 氏が Church & Dwight 社 (CHD) の売り推奨レポートを発表した。これを受けてCHDの株は先週水曜日終値から 本日まで10%も下落した。このCHDについては「NYダウ暴騰!でもCHDは暴落!」でも

  • ビジネスの真実の姿とは?

    ビジネスの実態を知るとは?バリュー投資家はビジネスの実態を知りそこからビジネスの価値を計る。そしてその価値と株価を比較して投資を判断するわけだ。株価は実態価値を表すのか?株価がビジネス実態価値を反映していると思いたいところだが株価はビジネスの真実の姿を表

  • NYダウ暴騰!でもCHDは暴落!

    Church & Dwight 本日はNY暴騰する中、自分の主要保有株で「祝暴落! Church & Dwight」(2019年2月7日)でも紹介した Church & Dwight (CHD) が本日一時 6%も暴落した! CHDは日用品ブランドメーカーでミニ P&Gみたいな会社だ。本日CHDが暴落した原因は Spruce Point Manageme

  • PNC銀行に投資

    PNC - ペンシルバニア州の地銀PNC Financial Service という銀行株をLabor day明けの週初に新規で購入した。PNCとはピッツバーグにある地方銀行。コンサバで堅実な経営で知られる。昔からずっと伯GoのWatch list に載っている銀行だが昨今の長期金利低下で銀行株が弱含んで

  • リスクと恐怖は別物

    今騒がれている貿易戦争はリスクなのか?今は貿易戦争で経済の将来が全てが決まるくらいの勢いだが5年も経てば「あの時の米中貿易議論なんだったんだ?」となる可能性が高いのではないか?もちろん貿易議論が経済を悪い方向に導く可能性はあるのだが現実にはそれが具現化しな

カテゴリー一覧
商用