searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

伯Goさんのプロフィール

住所
アメリカ
出身
未設定

バリュー投資でアーリーリタイアを目指す

ブログタイトル
伯Go の「米国株グレートビジネス投資でセミリタイアを目指す」
ブログURL
http://kabuandbooks.blog.jp/
ブログ紹介文
投資家ウォーレンバフェットに学び、投資と読書で人生を10倍楽しむブログ!
更新頻度(1年)

197回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2018/10/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、伯Goさんをフォローしませんか?

ハンドル名
伯Goさん
ブログタイトル
伯Go の「米国株グレートビジネス投資でセミリタイアを目指す」
更新頻度
197回 / 365日(平均3.8回/週)
フォロー
伯Go の「米国株グレートビジネス投資でセミリタイアを目指す」

伯Goさんの新着記事

1件〜30件

  • Squareが Afterpay を買収

     BNPL市場拡大中つい先週「VISAの決算発表!」でVISAについて述べた時に出てきた"Buy Now Pay Later" (BNPL=割賦払い)の "Afterpay" がSquare に買収されるというニュースが流れた。非常に儲かるビジネスなので新規参入の脅威が大きいというコメントをしたばかりでタイムリ

  • 7月末の伯Goのポートフォリオ

     アルファが改善7月末のポートフォリオは以下の通り。1月から7月のアルファは +0.30% だった。「2021年前半の成績」で紹介したが6月末ではアルファは -3.0% だったのがプラスに転じた。年初来成長率6月末7月末S&P50014.4%17.0%伯Goポートフォリオ11.4%17.4%アルファ-3.0%0.3

  • マクドナルド (MCD) 決算とビジネスモデル

     四半期決算今回はマクドナルド (ティッカー"MCD" )28日発表のQ2決算は強かった。売上は戻してきて四半期売上では過去最高の$5.88bil に達した。売上利益とも成長し且つ予想も超えた。COVID-19に素早く対応した経営の好例だろう。モバイルでの注文など今後もデジタル化に投

  • VISAの決算発表!

     VISAの四半期決算発表今週は毎日決算発表。VISAのQ3決算が発表されたので見てみよう。売上は前年同期比27%増。EPSは41%増と非常に強い内容。CFOコメントによるとコロナ変異種の影響(相関)は見られないと。旅行、レストランは増加してきていて消費者行動が戻ってきたと

  • アルファベット(グーグル)業績発表

     四半期決算発表売上は前年同期比62%増。EPSは166%増と爆発。今四半期は前年同期が2020年2QとCOVIDの影響で売上が落ち、ボトムとなったところなので売上増が大きく見える(下表)。しかし仮に2020年2Qがコロナの影響なく2019年の1Q→2Qへの成長率 (+7%)だけ成長していたとし

  • アップル四半期決算

     四半期決算発表6月期四半期決算が本格的に始まった。今日は引け後にアップルのQ3発表。結果は非常に強かった。売上は前年同期比+36%増と非常に強かった。予想に対しても11%高かった。売上の半分を占める i-Phone の売上はなんと50%増。利益率の一番高い Service 売上は33%

  • 「最強の投資家バフェット」おススメ本

     久々にバフェット本読んだのでご紹介。ジャーナリストの視点からバフェットの投資人生をかなり入念な調査をもとに詳しく紹介している本で本質的な部分を詳しく切り込んでいる良書。特にコカ・コーラ、ソロモンブラザーズへの投資についてはかなり詳しく書いてある。2,3

  • 【バブル再考② 】ここまで行ったらバブル

     バブルとは?株式相場絶好調だがこうなるとそのうち暴落が来るのではないかと心配になるものだ。バブルとはファンダメンタルズでは説明できない株価がつき、買いが買いを呼ぶ状態。市場が愚かになることだ。前回ブログでS&P500のPERは40倍近くまで高くなっていると述べた。

  • 【バブル再考① 】 暴落は近い将来くるのか?

    暴落というとどのくらいの下げのことを言うのだろうか?統計的には市場全体の20%の下げは6年に一度。30%以上の下げは12年に一度来ている。これからすると30%の下げというのは非常に稀であることがわかる。結論から言うと30%を超える株式市場の暴落はしばらくこないと思う。も

  • 投資の成功のカギの一つ 「賢明なる投資家のマインド」

    投資において大切なマインド企業と株価と投資家のマインド。この3つがうまく組み合わさることが投資の成功で重要と伯Goは考えている。Satisfactory return を求めるのが投資家マインド手っ取り早く稼ぎたいと言う気持ちは誰しもが持っているがこの気持ちをうまくコントロー

  • Intuitive Surgical (ISRG) 2Q決算

    インテューイティブ・サージカル社 (ISRG)の今期2Q四半期決算4月22日に「Intuitive Surgical (ISRG) 決算」で紹介したIntuitive Surgical (ティッカー ISRG)の2021年2Q決算発表があった。この会社はロボット手術システム「ダビンチ」の会社。2021年2Qでは前年同期比売上は72

  • 売りたい株は買わないこと

    グレートビジネス投資で成功するには?グレートビジネス投資とはグレートビジネスに長期で投資しその企業価値上昇によって利する。①グレートビジネスか否か?②いくらで買うか?この二つで成功かどうかが大方決まると言っても過言ではない。①の判断で間違った場合失敗は必

  • 次にクラッシュが来たら絶対買いたい銘柄10選

    いつか来る暴落に今のうちから備える何事も事が起こる前に準備をしていることが大切。投資ではとくにそうだ。株式市場が暴落してからなにをすべきかを考えるのでは遅く今のうちにアクションプランを立てておき、待ち構えることが肝要だ。現在株式市場はかなり上昇しており割

  • スモールキャップ "LMAT" に投資

    医療機器メーカーLeMaitre今回は small capの医療関係の会社 LeMaitre Vascular(ティッカー LMAT)という会社に投資してみたので伯Goの分析を紹介する。LMATは売上$135mの非常に小さい会社で血管疾患医療機器を製造販売している。末梢血管を施術・パッチする機器という非常に

  • 良い赤字と悪い赤字

    赤字イコール悪いわけではない「赤字」とは総コストが売上よりも大きい場合に赤字になるわけだがこれは一般的には「損した」と考えられる。しかしそう考えるのは少しトリッキーだと思う。企業分析をする場合損益計算書を分析するがその時企業が何に金を使っているか?は分析

  • 2021年前半の成績

    2021年前半が終了。アルファはマイナス3.0%伯Goのポートフォリオの年初来の成績は +11.4%だった。これに対しS&P500指数は+14.4%だったので3.0%負けている。つまりアルファは-3.0%2021年3月末時点のアルファが -4.6% だったので 1.6%だけ改善したことになる。以下が2021年6月

  • 2021年前半の成績

    2021年前半が終了。アルファはマイナス3.0%伯Goのポートフォリオの年初来の成績は +11.4%だった。これに対しS&P500指数は+14.4%だったので3.0%負けている。つまりアルファは-3.0%2021年3月末時点のアルファが -4.6% だったので 1.6%だけ改善したことになる。以下が2021年6月

  • わざわざ知らない業界に投資しなくて良い

    投資しないと言う選択肢アクセンチュアのようなITコンサル業界はあまり理解しやすい業界ではない。自分が詳しい知識を持っていないのであれば投資しないというのは実は賢い選択肢だ。なぜならわざわざよく知らない業界に投資しなくても自分が良く知っている業界でも十分儲け

  • アクセンチュアの財務・バリュエーション分析

    前回アクセンチュアの定性面の分析をしたが今回は定量面(財務・バリュエーション)のどこを見ていくのかを解説する。アクセンチュアの財務分析成長力ITコンサル業界の成長は5-6% これに対しアクセンチュアの売上成長は7-8%程度とみられる。EPS成長率は11-12%だろう。これは

  • アクセンチュア決算発表 - 伯Go流の企業分析の例

    アクセンチュアの決算発表先週木曜日アクセンチュア(ティッカー ACN)のQ3 決算発表があった(ACNは8月決算)。以下の通り。売上 前年同期比 22%増EPS(adjusted) 前年同期比 26%増結果は非常に強く株価も上げた。この直近業績は申し分ない内容だ。ただ長期投資家は企業の長

  • どのような企業が一番暴落に弱いか?

    株式市場が暴落するとたとえグレートビジネスであっても下げを食らう。しかしすべての株が一様に下がるのではなく一部の株は大きく下がる。どんな企業の株が次の暴落で大きく下げるだろうか。今回はそのような企業の特長を挙げてみたい。もちろん暴落の原因にもよるが景気循

  • 伯Goのポートフォリオ理論 その②

    ポートフォリオはどうマネジすべきかファイナンス理論で出てくる現代ポートフォリオ理論(MPT)は一理あるものの鵜呑みにして上手くいくようなものでもない。そして「理想」のポートフォリオは投資期間を一定に定めた場合その投資期間が終わる将来株価が一番上がっている株にオ

  • 伯Goのポートフォリオ理論 その①ポートフォリオには何銘柄?

    理想の保有銘柄数とは?投資期間を一定に定めた場合ポートフォリオの最適な保有銘柄数はいくつ(何銘柄)くらいだろうか? ポートフォリオ理論では複数銘柄を保有することでリスクが低減されると言う。これは市場全体から受ける影響つまり市場リスク、システマティックリスク

  • 次の暴落に備える

    投資では事が起こってから行動するのではなく常に待ち構えて行動を取りたい。その意味で暴落が来るとしたらどんなパターンかを考えておくことはその訓練になる。以下に暴落が起こるパターンと可能性を挙げてみる。1. 景気の後退:過去10年以上景気良かったためこれが始まると

  • 投資家の中にある問題

    株価をチェックする習慣をどう変えるか株価は気になるが株価をいつも見ているのはあまり意味がないのとむしろ弊害であることを過去に述べてきた。「株価を頻繁にチェックしないほうが良い理由」(2020年12月29日)が一例だ。何度も述べてきた理由はそれができないことの裏返

  • 伯Goのポートフォリオ(5月末)

    今年のパフォーマンスは冴えない。。以下が5月末時点でのポートフォリオの内容。ほとんど変わっておらずアップルが最大でCHDが二番。アップルは今年に入ってさえないため全体のポートフォリオパフォーマンスもS&P500を 7.7%も下回っている。しかし保有株の業況はどこも良いた

  • ポートフォリオを5年で2倍にする

    5年で2倍にするのはどのくらい難しいのか?伯Goは自分のポートフォリオを5年かけて2倍にすることを日々考えている。これはS&P500に投資した場合の約2倍のペースだ。S&P500は長期の平均ではだいたい10年で2倍になる。もちろん3年で2倍にできればよいし2年ならもっと良い。し

  • 株価と感情

    株価が気になる前回チャートを見るなら5年チャートをまずみることについて述べた。投資家としては株価が気になるものだ。毎日株価が上がっていないかどうか気になる。しかしこの感情は本来おかしなことだ。伯Goの場合企業価値が長期的に年間15%程度増加する企業を探しそのよ

  • チャートを見るなら5年チャートを見る

    株価を頻繁にチェックする意味はあるのか?保有株株価の日々の動きを見ることはあまり意味がない。短期の株価は株の需給に大きく影響され企業価値の変化を表すわけではないからだ。見ても感情が発生するだけ。なので害が多いと言える。焦って売ったり買ったりする原因になる

  • バリュー投資の心得

    バリュー投資からグレートビジネス投資へ伯Goの投資人生は「バリュー投資」というものを学ぶところから始まった。今は「グレートビジネス投資」というものを追求しているが根っこにある信条は同じものだ。伯Goはリスクが少なく利益成長が長期で15%程度期待できる企業が投資に

カテゴリー一覧
商用