searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

花鳥風月・・・気ままな写真日記さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
花鳥風月・・・気ままな写真日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/donko1515
ブログ紹介文
ようこそ、どんこの小部屋へ。ゆっくりくつろいでください。 日常を出来得れば自然と融合したいと思って
更新頻度(1年)

121回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2018/09/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、花鳥風月・・・気ままな写真日記さんをフォローしませんか?

ハンドル名
花鳥風月・・・気ままな写真日記さん
ブログタイトル
花鳥風月・・・気ままな写真日記
更新頻度
121回 / 365日(平均2.3回/週)
フォロー
花鳥風月・・・気ままな写真日記

花鳥風月・・・気ままな写真日記さんの新着記事

1件〜30件

  • 荒尾海岸の瓦礫撤去作業・・・2021年9月

    2021年(令和3年)9月24日(金)9月中旬、荒尾干潟水鳥・湿地センター前の海岸へ出てみたら瓦礫はそのままでした。南へ15分ほどの牛水海岸まで歩いてきたら、重機の音が聞こえ撤去作業が始まっていました。作業中の人に聞いたら、県の建設業組合玉名支部の人たちで、4つの業者が来ているとのことでした。北の方はまた別の業者だろうとのことです。重機での能率はさすがです。あっという間にきれいになっています。8月お盆の蔵満海岸です。足の踏み場もありませんでしたが・・・。9月20日にはこうなっていました。干潟で遊ぶ家族連れです。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】荒尾海岸の瓦礫撤去作業・・・2021年9月

  • 晩夏の夕陽を浴びて・・・2021年8月

    2021年(令和3年)9月3日(金)この夏は猛暑続きで、きれいな夕陽を見にいくこともあまり出来ませんでしたが、8月の末に散歩がてら出かけたときの画像です。荒尾干潟水鳥・湿地センター下の蔵満海岸には夕陽を見に来る人でいっぱいでした。犬連れの老夫婦もいました。満ちている海面に陽光が光っています、薄雲も染まっています。この夏は渡り鳥の姿はまばらでした。鳥たちの声もなく、静かに日が暮れていきます・・・。晩夏の夕陽を浴びて・・・2021年8月

  • 旧荒尾競馬場跡地利用を垣間見る・・・2021年9月

    2021年(令和3年)9月18日(土)日本最南端にあって海の見える競馬場で有名だった荒尾競馬が廃止されて間もなく丸10年になろうとしています。荒尾市役所都市計画課へ行って跡地利用計画のパンフレットを貰ってきました。詳しい計画については市のHPでも閲覧できます。この表紙からは位置関係がお分かりいただけると思います。正面の建物は旧競馬場のスタンドを含む建物です。今も地方競馬共同場外発売所「BAOO荒尾」が運営されています。もう埋め立てて整地され、競馬場だった名残はほとんど伺えません。着々と工事が進められています。工事の人に「ここは何が出来るのですか?」と聞いても「さあ~、私たちには分かりません」と言う言葉しか返ってきません。ここ北の外れは「あらお海陽スマートタウン」となっていて、分譲が行われています。すでに建った家...旧荒尾競馬場跡地利用を垣間見る・・・2021年9月

  • コロナ渦の「こくんどさん」(四山神社大祭)・・・2021年9月

    2021年(令和3年)9月15日(水)お昼のローカルニュースで「こくんどさん」のニュースが流れていたので、小雨模様でしたが福銭(5円玉)をお返しがてらお詣りに行きました。この日は歩行者天国も露天商も中止になっていました。いつもは露天でいっぱいになる道路も参詣客の駐車場になっていました。この広場にもいっぱいの露天がありましたが・・・。昔はサーカスやお化け屋敷などの興業で賑わいを呈していました。3年前の9月13日です。参詣の帰りにはここでお土産を買っていました。参詣客はまばらです。この5円玉のアーチをくぐります。今期の福銭(写真右下)は金色の袋入りでした。社務所に福銭の倍返し(実際は20倍)をしてきます。コロナ渦の「こくんどさん」(四山神社大祭)・・・2021年9月

  • 荒尾海岸瓦礫(ガレキ)続報・・・2021年9月

    2021年(令和3年)9月12日(日)9月の上旬です。まだ瓦礫が山積しています。普段は車が通行出来ますが、これでは通られません。足の踏み場もありません。大きな木の根っこ。大きなゴム管でしょうか。行政もコロナ対策で忙殺されているようで、完全撤去には時間がかかりそうです。歩きながら荒尾干潟の瓦礫を撮りました。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】荒尾海岸瓦礫(ガレキ)続報・・・2021年9月

  • 草だらけの畑にジャガイモを植えました・・・2021年9月

    2021年(令和3年)9月9日(木)左側にはサツマイモの1畝がありますが、伸びた草でほとんど分かりません。連れ合いがジャガイモを植えるためサツマイモを掘りました。夜は早速ふかして食べました。その後にジャガイモを植えました。この道具でビニールシートに穴を空けて植え付けます。棒には穴を空ける目印を付けています。これは私の受け持ちです。畑いっぱい草だらけです。手前は大豆。落花生は草に埋もれて見えません。その落花生を少し掘りあげてきました。茹でてみたら美味しかったです。こちらは家の敷地内の菜園です。私が小型耕運機で鋤いて、畝を作りました。秋野菜などを植える準備が整いました。こちらは裏手の菜園です。狭いので鋤きにくい狭さですが頑張りました。早速連れ合いがチンゲンサイ、ホウレンソウ、小松菜、シンギクなどの種まきをしました。...草だらけの畑にジャガイモを植えました・・・2021年9月

  • 荒尾干潟のキアシシギ...2021年8月

    2021年(令和3年)9月6日(月)8月下旬、荒尾漁港の近くまで行きました。防波堤の向こうは雲仙普賢岳です。満ち潮でした。コンクリートの波止めにキアシシギ(黄足鴫)が休んでいました。足の黄色が特色です。思い思いのポーズで休んでいます。手前はウミネコです。カモメ科の鳥ですが鳴き声が猫に似ているので、この名が付いています。全長47㎝。キアシシギの25㎝のほぼ倍の大きさが分かります。浅瀬にいます。餌を見つけようとしているのでしょうか。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】荒尾干潟のキアシシギ...2021年8月

  • 車いすラグビー・銅メダル・・・郷土荒尾市の誇り:乗松聖矢選手・・・2021年8月

    2021年(令和3年)9月3日(金)2020パラリンピックのアスリートたちの活躍はコロナ渦の中、多くの人々に感激と力を与えてくれています。車いすラグビー日本チームは、金メダルは逃したもののリオパラリンピックに引き続き銅メダルを獲得しました。わが荒尾市出身の乗松聖矢選手にスポットを当ててみました。地元の熊本日日新聞の記事です。表彰式直後の聖矢選手。ニコニコ顔です。(写真は父・康浩さんの提供です。)8月15日、家族に送られて熊本空港から上京。父親の康浩さんとツーショット。激励の寄せ書きと(上)と送られてきたユニホーム(下)地元ではメディアの取材も多かったようです。代表チームの面々。もうすっかり名前も覚えました。改めて選手やスタッフの皆さんに祝福の言葉を贈りたいと思います。おめでとうございます!!ご両親の還暦祝いに天...車いすラグビー・銅メダル・・・郷土荒尾市の誇り:乗松聖矢選手・・・2021年8月

  • 荒尾海岸のダイサギ、コサギ・・・2021年8月

    2021年(令和3年)8月31日(火)この夏、シギ、チドリ類の姿はあまり見られませんでした。防波堤の石垣にダイサギなどが10羽以上いました。見えるのはダイサギです。アオサギが1羽いました。一番奥のはコサギです。コサギです。羽を広げるダイサギ。北へ向かって飛んでいきました。荒尾海岸の瓦礫の動画です。あすから9月です。コロナの収束を切に願いつつ・・・。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】荒尾海岸のダイサギ、コサギ・・・2021年8月

  • 晩夏の雲

    2021年(令和3年)8月28日(土)晩夏の雲、夏の忘れ形見。バラバラのように見えるがまたいつかくっつき、雨を降らすのだろうか。きょうもいつものように歩く散歩道の上空。蔵満神社の鳥居が小さく見えて・・・。浦川にかかる烏竿田(うかんだ)橋。稲の青さと白い雲。雲仙普賢岳の雲は雨模様。陽に染まる淡い夕雲。きょうもコロナの収束を願いながら家路に向かいます。(写真は全てスマホ:iPhone12ProMaxです。)晩夏の雲

  • 8月のハマシギ・・・2008年~2009年

    2021年(令和3年)8月25日(水)この夏、荒尾海岸ではハマシギの姿を渡しは全く見ていません。蔵出し画像にしますた。2008年8月6日。この日は広島原爆忌でした。同じ日。心なしか黙祷しているように見えます。飛び立つ姿です。同じ日。2006年8月15日。終戦記念日でした。2009年8月4日。着地の画像です。多くのシギチドリ類が混在しています。同じ2009年8月4日。どれがハマシギか判別するのは難しいですね。2009年8月21日。この写真だったら分かりますよね。動画:荒尾干潟のハマシギたち。これは2016年1月中旬の撮影です。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】8月のハマシギ・・・2008年~2009年

  • またまた瓦礫散乱・・・2021年8月

    2021年(令和3年)8月22日(日)大雨によりまた海岸には瓦礫が打ち寄せられています。南の方向です。こちらは反対の北側。四ツ山が右端に見えます。こういう状況なのに家族連れが遊びに来ていました。大きな根っこも見えます。目を覆うばかりです。ゴムボールの持ち主はどこの子だったのでしょうか・・・。清掃されるまでには時間がかかりそうです。またまた瓦礫散乱・・・2021年8月

  • 大雨に咲く花・・・2021年8月

    2021年(令和3年)8月19日(木)線状降水帯による大雨が降り続いています。8月14日の9時過ぎの動画です。50秒ほどあります。雨にもめげず咲く花々です。テッポウユリヒオウギ。千日紅。別名ゴンブレナ。トラノオ。鉢ごと貰いましたが、名前を忘れました。ケイトウ(鶏頭)もつぼみが出始めました。君の名は?【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】大雨に咲く花・・・2021年8月

  • 食足りて・・・2021年8月

    2021年(令和3年)8月16日(月)ご報告:2017年6月に発症した悪性リンパ腫、同年12月に寛解してから、半年に1回のがんの経過検診があります。先日荒尾市民病院に行ってきました。今回は血液検査のみでした。標準値より高かったのが赤血球(MCV)、中性脂肪(TG)、尿素窒素(UN)。低かったのが糸玉体濾過量(eGFR)、好中球(NEUT)でした。専門的な説明は省きますが、主治医の話では「まあまあの状態」とのことでした。次回は2月、血液検査に加えCT検査があります。ある日の夕食です。これは別の日。マジャクの煮付けがあります。また別の日。孫娘が沖縄土産に泡盛を買ってきてくれました。郷土料理の「ひともじ(わけぎ)のぐるぐる。連れ合いが作った饅頭。ご近所に配って喜ばれます。こちらはきな粉でまぶしたぼた餅。ひとり暮らしの...食足りて・・・2021年8月

  • 荒尾海岸から小岱山麓までドライブ・・・2021年8月

    2021年(令和3年)8月13日(金)8月の初旬、午後3時に家を出て海岸の道を車で走ります。蔵満海岸より南の牛水(うしのみず)海岸です。小高い洲(す)が出来ています。向こうは雲仙普賢岳です。お隣の長州町にある「長州港みなと憩い広場」の『喜望の鐘』です。フェリー乗り場付近の棕櫚(シュロ)の木です。南国情緒が漂っています。長洲町高浜の交差点が見えます。ここを右折すると荒尾市の八幡方面に向かいます。向こうの山は福岡県大牟田市の三池山です。荒尾市樺(かば)を流れる清流・硯川(すずりかわ)です。樺地区にある毘沙門天です。小岱山麓の駐車場まできました。みかん山の向こうに雲仙普賢岳が見えます。午後5時近く、家まで車で5分の所です。阿蘇の水力発電所から大牟田の工場地帯に送られてくる電力の高圧線が水田に立っています。【コメントは...荒尾海岸から小岱山麓までドライブ・・・2021年8月

  • 8月のキアシシギ・・・2005~2009年

    2021年(令和3年)8月10日(火)今回は過去の記録を引き出しました。2005年8月5日。キアシシギは文字通り黄色い足のシギ(黄足鴫)です。2008年8月14日。足が黄色く見えています。全長は25センチ。ムクドリくらいの大きさです。手前の1羽は別種(ソリハシシギ)です。2008年8月14日。2008年8月14日。キョウジョシギ(京女鴫)たちと並んでいます。2008年8月4日。ほかの鳥たちと群れ飛んでします。どれがキアシシギかもうお分かりでしょうね。2008年8月14日。着地しようとしているキアシシギです。2009年8月21日。満潮時のキアシシギ。海辺の高台まで潮が満ちてきています。2009年8月21日。漂着した枯れ木に憩うキアシシギたち。8月のキアシシギ・・・2005~2009年

  • 真夏日の散歩道風景・・・2021年夏季

    2021年(令和3年)8月7日(土)8月初旬、午後6時を過ぎてる散歩道です。家から20分経っています。ふり返ってみた東南の方角です。午後6時を過ぎているのにまだ陽は高いです。入道雲!小岱山の峰にも、もくもくとした入道雲が見られます。左側の3階建ての建物は荒尾警察署です。手前の水田には稲よりも稗(ひえ)が茂っています。ここまで30分です。小さな集落を通り抜けてここまで40分かかります。夕陽が竹藪の向こうにかかっています。ここから家まで15分、ほぼ1時間の散歩道です。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】真夏日の散歩道風景・・・2021年夏季

  • 荒尾干潟の夕暮れ・・・2021年7月末

    2021年(令和3年)8月4日(水)いつもより北寄りの旧荒尾海水浴場の方から撮った画像です。夕暮れの雲仙普賢岳です。干潟には高校生の姿が見えました。貝殻がいっぱい打ち上げられているのはいつもの光景です。手前の黒い部分はテーラーの通り道です。海苔の収穫や貝採りなどに利用される干潟の道です。夏季には多良岳の北の方に陽が沈みます。雲が比較的厚く、太陽の輪郭は見えませんでした。一部漁港からの小さな水路です。遠く貨物船が南へ向かっていました。荒尾干潟の夕暮れ・・・2021年7月末

  • 畑の手入れ・・・2021年7月

    2021年(令和3年)8月1日(日)7月の末、畑は草ぼうぼうになってなっていました。社会人になっている孫(チョロ2)が「連休に帰るけん、何か手伝うことがある?」と言うので、畑鋤を頼みました。私は刈払機で草刈りを、連れ合いは刈った草集めなどをしました。仕事は午後2時過ぎから。この日は曇っていて陽が差していなかった分、いくらか楽でした。3時間半ばかり頑張りました。まだ、サツマイモや落花生の畝は草がいっぱいです。きょうはこれでおしまい。もうくたくたでした。刈り取った草です。なお、孫の母親も残っていた生垣の剪定などをひとりでしてくれました。夜は行きつけの店で慰労会をしました。もう8月です。。コロナの収束を願って・・・。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】畑の手入れ・・・2021年7月

  • 朝焼け・・・2021年7月

    2021年(令和3年)7月29日(木)5時半に起きてみたら東の空が赤紫に染まっていました。すぐ車で出かけました。海下(かいげ)橋から小岱山(しょうだいさん)を眺めました。東北の方角。左に市民病院や屋形山が見えます。南。かすかに造船所のクレーンが見えるようです。浦川の流れは冬の水のように穏やかで空や雲をくっきり映しています。西の空。この道をまっすぐ進むと、荒尾干潟水鳥・湿地センターのある蔵満海岸へ出ます。蔵満海岸から見る雲仙普賢岳です。一回りして浦川近くの高台から陽の昇りかけた小岱山を仰ぎました。(写真は全てiPhone12ProMaxでの撮影です。)朝焼け・・・2021年7月

  • 真夏のオオソリハシシギ

    2021年(令和3年)7月26日(月)以前は真夏に荒尾海岸ではオオソリハシシギの姿が良く見られました。ここ数年あまり見かけなくなりました。10年ほど前の様子を引き出してみました。着地するオオソリハシシギの姿です。岸辺にはダイゼンたちがいます。左がオオソリハシシギ、右側にはキョウジョシギがいます。鳥たちの仲の良いこと!急ぎ足の様子。海面を仲良く飛んでいます。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】真夏のオオソリハシシギ

  • 鳥のいない荒尾海岸

    2021年(令和3年)7月23日(金)自転車で海岸まで出ました。潮は引いていて沖合でも鳥の鳴き声は聞こえませんでした。ハマゴウが茂っています。雲仙普賢岳には雲の帽子が見られました。こちらは多良岳。引き上げられた瓦礫がまだそのままです。ハマゴウの花が咲いていました。沖合に「州(す)」と呼ばれる砂の丘が見えます。向こうは佐賀方面です。州(す)の向こうには貨物船が停泊しています。北側の四山(よつやま)方面。右側には旧荒尾競馬場のビルが見えます。コメントは開いています。鳥のいない荒尾海岸

  • 7月のシロチドリ・・・蔵出し

    2021年(令和3年)7月20日(火)シロチドリの蔵出し画像です。2008年7月1日、生後25日目のシロチドリの雛です。2008年7月6日。別の雛。こちらは生後30日です。同日。少し大人びてきました。2009年7月28日。雄のシロチドリ。同日。ちょっと珍しいポーズです。2010年7月8日。羽繕いをしていました。同日。夕暮れのひととき。同日。岩の上で日予休み。雌です。同日。仲良しのペア。前が雌、後ろが雄。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】7月のシロチドリ・・・蔵出し

  • 梅雨が明けました・・・2021年7月

    2021年(令和3年)7月17日(土)13日、例年より6日早く梅雨が明けました。孫(チョロ2)の高校時代の自転車をリニューアルして乗っています。海岸から浦川沿いをサイクリングしました。入道雲がもくもくと湧いています。もうススキの穂も出ています。稲も雑草も元気です。わが市の一番高い山・小岱山(標高501米)の上の入道雲です。自転車でガタガタ道を走ります。浦川はゆったりと流れています。毎日猛暑日が続いています。坂道でふり返りました。汗びっしょりです。庭のパイナップルリリーも開き始めました。紫の朝顔。コメント・オープンです。梅雨が明けました・・・2021年7月

  • 荒尾干潟の夏雲・・・2021年7月

    2021年(令和3年)7月14日(水)潮が沖合3キロほどまで引いていています。雲仙普賢岳上空には暗雲が立ちこめています。こちらは雲仙普賢岳より北側の多良岳です。南の三角半島も青黒い雲に覆われています。夏の積乱雲のようですが真っ白ではありません。こちらは昨日(13日)、例年より6日早く梅雨が明けました。この不安定な天候なのに家族連れが岸辺で遊んでいました。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】荒尾干潟の夏雲・・・2021年7月

  • 関島秀樹さんからCDが届きました・・・2021年7月

    2021年(令和3年)7月11日荒尾市出身のシンガソングライター・関島秀樹さんからCDが2枚届きました。1枚目です。2枚目です。同封されていたチラシです。ライブの日程等ご覧ください。わが家にも時々見えられます。関島秀樹さん作詞作曲の「帰らんちゃよか」。島津亜矢の熱唱です。島津亜矢★帰らんちゃよか(伴奏:関島秀樹)作詞、作曲者の関島秀樹さんが自ら伴奏を務めています。youtube#video関島秀樹さんからCDが届きました・・・2021年7月

  • 七夕飾り・・・2021年7月

    2021年(令和3年)7月8日(木)今年も七夕飾りを作りました。(パソコンの修復に時間がかかりました。まだ本調子ではありません。)次女一家を初め首都圏の娘たち家族からもラインで願いごとを送ってもらい、手分けして代筆しました。梅雨の中休みでで、時折青空ものぞく天気に掲げました。入院している鳥友の安尾さんの健康回復も願いました。コロナの収束は困難な状況ですが、早く日常が取り戻せればと心から願っています。家で採れたスイカです。七夕に供えてからいただきました。あちこちにもお裾分けしました。知人から差し入れでいただいた新鮮な野菜などです。長い間コメントも出来ずに申し訳ありませんでした。七夕飾り・・・2021年7月

  • 有明公園を守る会グランドゴルフ大会・・・2021年6月

    2021年(令和3年)7月1日(木)数日前にみんなで草刈り作業を終えて、スッキリとなった公園で今年度初のグランドゴルフ大会がありました。コロナ禍で4月、5月の大会は中止されていました。会員も年配者が多くなりました。40人弱の参加でした。和気藹々の競技です。2ラウンドして優勝はスコア37でご婦人のKさん、私は39で4位でした。4位の賞品です。(コメント欄は閉めています。お越しいただきありがとうございました。)7月になりました。ポストカードです。(パソコン、メンテナンス中につき1週間ほど休みます。)有明公園を守る会グランドゴルフ大会・・・2021年6月

  • 6月のシロチドリ・・・2008~2009年

    2021年(令和3年)6月28日(月)18・19年前の画像です。定番のシロチドリ親子です。2008年6月7日。犬や人などの外敵が近づいた時にケガをした振りをしてバタバタと卵や雛鳥から離れて逃げる仕草です。こうして大事なものを守ります。「偽傷行動」と称します。2008年6月10日。波打ち際のシロチドリ。2009年6月2日。同じ日のシロチドリです。珍しい交尾の写真です。この砂浜はシロチドリたちのハーレムでした。しかし、護岸工事で砂がごっそり向こうの埋め立てに使われてしまいました。2009年4月29日。向こうに見える砂浜もなくなってしまいました。2009年6月20日。元通りに白浜が復活するには50年はかかるでしょう。夕暮れです。シロチドリたちも眠りについていた頃でしょう。(写真・再掲もあります。)6月のシロチドリ・・・2008~2009年

  • スマホで撮った荒尾干潟の夕陽

    2021年(令和3年)6月25日(金)スマホ(Iphone12ProMax)で撮った夕陽です。馴れていないのか一眼レフで撮った画像とはかなりの隔たりがありました。まあ、我慢してご覧いただければありがたいです。海岸の漂着物の一部です。生き物の死骸には胸が痛みます。【コメント欄は閉じています。お越しいただきありがとうございました。】スマホで撮った荒尾干潟の夕陽

カテゴリー一覧
商用