searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

waenaviさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

※この動画は、著作者であるわえなび管理人の許可を得ることなく、授業・講義・研修・勉強会等で自由に使用することができます。営利、非営利にかかわらず、どんどん使ってください。 チャンネル登録で最新の動画をチェックできます。 わえなびチャンネル→ http://www.youtube.com/c/waenavijp わえなび公式→ http://waenavi.jp わえなびtwitter→ https://twitter.com/waenavi_jp

ブログタイトル
わえなび練習問題集(ワード&エクセル)
ブログURL
https://www.waenavi.com/
ブログ紹介文
Word・Excelの使い方を解説する無料講座(練習問題集)です。
更新頻度(1年)

116回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2018/07/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、waenaviさんの読者になりませんか?

ハンドル名
waenaviさん
ブログタイトル
わえなび練習問題集(ワード&エクセル)
更新頻度
116回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
わえなび練習問題集(ワード&エクセル)

waenaviさんの新着記事

1件〜30件

  • 【Excel】IF関数の共通部分を外に出す、ある条件のときだけ計算を追加する

    IF関数を使うときは最初に論理式を考え、その後に真の場合と偽の場合を考えるという順序で数式を作ります。そのため、真の場合と偽の場合で共通する部分があっても、それに気が付かず同じ式を2回書いてしまうことがあります。そして、数式が長くなってしまいます。 IF関数の式が長くなるのは、真の場合と偽の場合で分けて考える必要が無い計算も重複して記述することが原因であることが多いのです。スマートな数式を書くには、真の場合と偽の場合で共通する部分を外に出し、条件によって異なる場合だけIF関数で記述するようにします。 そこで、今回は、真の場合と偽の場合で共通する部分を外に出す方法と、ある条件を満たした時だけ計算…

  • 長いIF関数の式に慣れるには、まずIF関数の中に簡単な計算式を入れる練習をしよう

    初心者にIF関数を解説するときには「~であればX、そうでなければY」といった単純な例を紹介することが多いです。市販されているExcelの教科書やネット上の講義でも、単純な例だけを紹介しているため、初心者の皆さんは「な~んだ、IF関数って簡単なんだ~」と勘違いしてしまいます。 しかし、実際にはそんな単純な数式では済まないことが多いです。IF関数には論理式、真の場合の値、偽の場合の値の3つの引数があり、それぞれ計算式を記述することができます。そのため、IF関数を使った数式は長くなることが多いです。いきなり初心者が長い数式を練習するのも大変だと思いますので、まずは、足し算、引き算などの簡単な演算を入…

  • 【IF関数】以上と以下の練習問題、未満との違い、イコールの有無の判断基準と注意点

    IF関数の論理式で大小関係を記述する場合、最も注意しなければならないのは不等号にイコールを付けるかどうかという点です。イコールを付けるかつけないかはExcelが決めることではなく、人間が決めることです。 原則として日本語で「以上」「以下」のように「以」という漢字を含む表現はすべて基準値を含むので、イコールが必要ですが、「以外」のように否定を表す場合はイコールが不要です(イコールの有無が逆になる)。このように、日本語を論理式に直すのは正確な日本語の知識が要求されます。しかし、世の中の日本人が全て正確な日本語を知っている保証はないので、複数の人が共有で使用するファイルの場合は誤解のないように十分確…

  • IF関数は、判定しているのではなく「変換しているだけ」であることを理解せよ【Excel】

    IF関数は「判定」する関数であると説明することがあります。当サイトでも説明の便宜上、「IF関数を用いて判定する」などと表現することがありますが、厳密に言えば間違いです。 マイクロソフトによると、IF関数は、「論理式の結果がTRUEまたはFALSEの場合に別の値(指定した値)を返すことができる」と説明しています。実は、判定そのものは論理式(第1引数)の部分だけですでに終わっています(参考:【Excel】真と偽の意味と比較演算のメリットを知らずしてIF関数を語ってはいけない)。IF関数は、判定結果であるTRUEとFALSEをセルに表示する代わりに、別の値に「変換」して表示しているだけなのです。 そ…

  • 【Excel】真と偽の意味と比較演算のメリットを知らずしてIF関数を語ってはいけない

    IF関数では「真の場合」「偽の場合」という言葉が出てきます。 一般的には、等号や不等号が成り立つ場合は真の場合、成り立たない場合は偽の場合と説明されることが多いですが、厳密にいえばこの説明は正しくありません。「真の場合」「偽の場合」とは、論理式に入力された比較演算等をしたときに、TRUEまたはFALSEを返した場合という意味です。IF関数を理解するには、真偽の意味、TRUE・FALSEの意味を理解しなければなりません。 ところで、比較演算のメリットは自動的に判定できることだけではなく、2つの集合(グループ)に分けられること、上限や下限を設定して判定できること、異常値や入力をミスを見つけることが…

  • 【Word】1行のなかに2行入れる「割注」と「組み文字」の設定方法と違い

    Wordには拡張書式と呼ばれる、通常の書式にプラスアルファの特殊な設定があります。その中には「割注」と「組み文字」という機能があります。 これら2つの共通点と言えば、1行の幅の中に小さい文字で2行入れられることです。なぜ、同じ2行入れる機能が2つもあるのでしょうか?そもそも割注って何でしょうか?なぜ、文字を組むのでしょうか? 割注と組み文字の操作方法を理解する前に、それぞれどのような機能で何の役に立つのかを理解しなければ、正しく使うこともできません。そこで、今回は、割注と組み文字の意味と使い方、設定と解除の方法について出題します。 目次 1.割注 (1)割注とは何か (2)割注の設定と解除 (…

  • 【Excel】EOMONTH関数を用いた練習問題、年月一致判定、締め日の計算

    EOMONTH関数は月末を求める関数ですが、月末を計算するだけの関数ではありません。すべての日付を「月に1回しかない月末日に統一できる関数」ととらえるべきです。 月の初めから月末までを1か月の期間として集計することを月末締めといいますが、月初と月末の日付を求めるにはEOMONTH関数を使います。そして、月末締めの期間計算を20日ずらすだけで20日締めの計算となります。20日締めだろうが、15日締めだろうが「月末じゃないからEOMONTHではない」などと考えてはいけないのです。 そこで、変則的な月末の求め方、月末でない締め日の求め方、月末日に統一して年月の一致を判定する方法など、EOMONTH関…

  • 【Excel関数】COUNTIFやSUMIFの検索条件で、不等号をダブルクォーテーション(二重引用符)で囲む理由

    COUNTIF関数やSUMIF関数のような「~IF」という関数は、引数に検索条件を指定する必要があり、何らかの条件で抽出したデータまたは行について集計するものです。検索条件の指定について初学者が疑問に思うことと言えば、「なぜ不等号をダブルクォーテーションで囲む必要があるのか」ということだと思います。特にIF関数を学習した直後の場合、違和感があるかもしれません。 ~より大きい、~より小さいという条件を指定するときの不等号は比較演算子と呼ばれていますが、検索条件で使われる不等号は比較演算子ではなく、「比較演算子のような記号」であり単なる文字列とされています。演算子ではなく単なる文字列なので、ダブル…

  • 【Excel】検索する関数の検索文字列、検索値、検索条件の違いを横断的に学習しよう

    Excel関数にはデータを検索して結果を表示する関数がいくつかあります。データを検索するには、もちろん引数に探したいデータを入力しますが、「検索文字列」「検索値」「検索条件」と表現が異なっているため、どのような違いがあるのかが気になります。 ところで、Excel関数がある程度使えるようになったら、複数の関数を比較して共通する部分と異なる部分を知ることによって、さらに関数を深く知ることができます。また、状況に応じて適切に関数を選び、関数を使うことができます。 そこで、今回は、データを検索して結果を表示する関数の引数について、「検索文字列」「検索値」「検索条件」の違いについて出題します。 目次 1…

  • 【Excel】COUNTIFやSUMIFの「検索条件」総まとめ、ワイルドカード、比較演算子との違い

    COUNTIF関数やSUMIF関数のように検索条件を引数とする関数は多くあります。この検索条件について、マイクロソフトの公式サイトの説明を見ると、原則として文字列または数値で指定することになっていますが、ワイルドカードや比較演算子(正確には比較演算子のような記号)を使ってもよいことになっています。 しかし、ややこしいことに、検索条件の先頭に比較演算子のような記号を付けた場合、論理式の比較演算子とは挙動が異なることが分かっています。そのため、比較演算でTRUEだったとしても、検索条件ではFALSEになり抽出されないこともありますし、その逆もあります。 通常の使い方をしていれば細かい仕様を意識する…

  • 「PDFとは何か」をざっくり説明してペーパーレス化するための初心者向け解説資料

    紙の使用をなくすことをペーパーレスと言いますが、業務の効率化、生産性の向上などさまざまなメリットがあり、今では、ペーパーレス化するのは当たり前となっています。しかし、紙媒体に慣れている抵抗勢力のせいでなかなかペーパーレス化が進んでいないのが現状です。「PDF」すら分からない経営者や事務担当者もいるそうで、あきれて物も言えません。 しかし、本当にPDFが分からない人にPDFの歴史や仕様を長々と語るのはもってのほかです。紙を使うのに製紙工場の詳細を知る必要はないし、専門用語を知る必要もないのです。「PDFとは何か?」という質問は、PDFの性質を知りたいのではなく、紙でやっている業務をPDFに切り替…

  • 【Word】文字の横幅の拡大縮小、文字間隔、縦位置の設定、解除の方法と注意点

    25年以上前、パソコンが一般家庭に普及する前には「ワープロ」と呼ばれる機械で日本語の文書を作るのが主流でした。現在のパソコンほどの表現力もなく、限られた機能の中で活字を打つだけのものでした。 その名残が今でも残っていて、文字の横幅を意味もなく拡張したり、縦長の文字にしてみたりと、なぜこんな変な形にしているのか疑問に思ってしまうほどの変な文書をよく見かけます。SNSやメール等でそんな引き伸ばした文字を見たことあるでしょうか?? Wordには、Wordの文字の調整方法があるのですから、基本をしっかりと習得して、正しいWord文書を作りましょう。そこで、今回は、Wordの文字の横幅の拡大縮小、文字間…

  • 【Excel】EOMONTH関数は月末を求める関数ですが、月初も計算できます

    EOMONTH関数のEOMONTHとは、End of Month(エンド・オブ・マンス)の略であり、月の終わりの日付(月末)を求める関数です。月末の日付は28日~31日と月によって異なるため、関数を用いて月末日が求められるのは非常に便利です。 ところで、月末を求めるEOMONTH関数があるのに、月初を求める関数が無いのはなぜでしょうか? それは、月末の翌日は翌月の1日であり、EOMONTH関数に1を加算するだけで翌月の月初の日付を求めることができるからです。EOMONTH関数は月末を求めるだけでなく、月初の日付を求める関数でもあるのです。それだけでなく2日も3日もN日もすべてEOMONTH関数…

  • 年単位、月単位の更新で最も現在に近い日付を求める計算【EDATE関数・DATEDIF関数】

    年単位または月単位の契約をして、その期間満了の前に解約の意思を示さなければ同じ期間、同じ条件で自動更新される契約というのはたくさんあります(アパート、インターネット、ジム、スマホ、はてなブログPro・・・)。逆に更新の手続きをしなければ契約が終わってしまうものもあります。 このような契約の場合、最初の契約日から年単位または月単位で加算して、今日の日付を超える(または超えない)日付を求めなければなりません。年単位または月単位で日付を加算するEDATE関数、今日までの年数または月数を求めるDATEDIF関数、さらにその年数または月数を倍数で切り捨てるFLOOR関数の3つの知識が必要となります(それ…

  • 【Excel】EDATE関数を用いて1か月後、1年後の期限の判定と色を変える方法

    今日の日付と比較して過ぎていれば自動で色を変えるという場合、TODAY関数と条件付き書式を使えば良いです。今日の日付を過ぎている、近づいていることの判定ができれば、それを条件付き書式の数式に入力すればよいのです。また、1日単位、1週間単位で条件を設定する場合も、日付の足し算または引き算で良いです(参考:【Excel】日付の比較、期間の経過と期限が近付いていることの判定、色を自動で変える設定)。 しかし、「1か月前に近づいている」「1年を経過している」など、月単位の判定の場合、EDATE関数が必要となります。この場合も、「大小比較」「IF関数」「条件付き書式の設定」の3つに分けて練習しなければな…

  • 偉そうに「Excelの計算が信用できない」と言うなら電卓のピン留めくらい覚えてくれ

    Excelが使えない人に限って「Excelの計算は信用できない」などと言うことがあります。そして、目の前にパソコンがあるのにわざわざ電卓を取り出して検算するというお馬鹿な話をよく聞きます。少しはスキルの無さを自覚したほうが良いです。Excelの計算を電卓で検算する必要はまったくありません。 しかし、Excelが表示されていないときでも計算したいときはあるので、パソコンで電卓をいつでも起動できるように設定する方法を知っておいたほうが良いと思います。 そこで、今回は、パソコンで電卓を起動する方法とピン留めの方法、電卓の最前面表示、テンキーを用いた入力などについて解説します。 目次 1.Excelが…

  • 【Excel】日付の比較、期間の経過と期限が近付いていることの判定、色を自動で変える設定

    Excelで、期限や納期が近付いている、もしくは指定している日付や日数を経過してしまったということを自動的に知らせるには、Excel関数を用いて表示する方法と、条件付き書式でセルの色を変える方法があります。 自動的に知らせてもらうためには、日付同士を比較する計算式を入力する必要があります。なぜ計算式を入力するかというとExcelは「表計算ソフト」だからです。特に、本日の日付TODAY()を基準とする場合は、TODAYを用いて式を入力しなければなりません。 色を付けることを考える前に、まずは、日付の比較演算の方法を習得し、TRUE・FALSEを求められるように練習しましょう。 そこで、今回は、日…

  • 【EDATE関数】年月を加算して年や月だけを表示したい場合であってもシリアル値で計算しましょう

    例えば、2020年11月の3か月後の年月(2021年2月)を求めたい場合、年と月だけで3か月を加算することを考えるのではなく、2020年11月1日に3か月を加算したほうが簡単です。EDATE関数を使えばよいです(参考:【Excel日付】月単位や年単位の加算、EDATE関数の使い方基本編)。 このように、Excelで西暦年や月だけ入力して、その数か月後または数年後を求めるには、日付にしてからシリアル値で計算したほうが簡単です。また、Excelで年月を入力するときには、本当に年と月だけを入力するのが正しいのかを検討すべきです。 元の年月は本当に年と月だけ入力すべきか? 計算結果は本当に年と月だけで…

  • 【Excel日付】EDATE関数と他の関数を組み合わせた応用の練習問題と注意点

    EDATE関数をExcelで用いる場合、単独で用いる場合と他のExcel関数を組み合わせて使う場合があります。他の関数と組み合わせる場合はその関数の知識が必要です。例えば、EDATE関数で元の日付のセルが空白だった場合に空白を返したい場合は、IF関数を使います。この手法はEDATE関数の問題ではなく、IF関数の基本です。IF関数を知っていれば処理できる問題です。 また、DATE関数やEMONTH関数のような日付関数と混同しがちなので、EDATE関数を用いるときには他の日付関数との違いも知っておく必要があります。 そこで、今回は、他の関数と組み合わせたEDATE関数の応用事例と、他の日付関数との…

  • Excelの「セル内改行」は改行するだけではない!正しい使い方と注意点を解説します

    セル内改行とは1つのセルの中で改行を入れる事であり、すでに別の記事で解説しているとおり、Alt+Enterのショートカットキーで改行を入れることができます。この改行文字(LF=ラインフィールド)も文字コードの一種なので、セル内に入力しても何ら問題はありません。 しかし、長い文字列を改行で区切ることによって、1つのセルの中に2つ以上の情報を入れることになり、1セル1情報の原則に反するのではないかという問題点もあります(参考:【神Excel】8個の基本パターンで完全習得「リスト形式」の教科書)。この問題については、Excelをデータベースとして使用するのか、帳票として使用するのか、データ加工ツール…

  • 月または年単位の期間の「終了日」をEDATE関数で計算するための基礎知識【Excel】

    鉄道などの定期券の有効期限、賞味期限、文書の保存期限、契約更新日など期間の最終日を求めるとき、開始日に月単位または年単位の期間を加算して求めます。そして、通常は開始日の前日の日にちが終了日になります。例えば、開始日が1月28日の場合、終了日は1月27日となります。しかし、2月30日や11月31日のように存在しない日になってしまった場合の処理が難しいです。 ところで、この最終日の計算方法は誰かが勝手に決めているのではなく、日本の「法律」で明確に定められています。ExcelのEDATE関数を用いて期間の終了日を求める場合も、民法をはじめとする期間計算の規定を理解したうえで計算するべきです。 そこで…

  • 【Excel日付】月単位や年単位の加算、EDATE関数の使い方基本編

    EDATE関数(イーデイト)は、指定された日付から数か月後、または数か月前の日付を求める関数です。月単位または年単位で日付を計算することができます。 ところで、EDATE関数は、DATE関数と名前が似ていますが、DATE関数とは全く関係ありません。EDATEとは、Expiration Date(エクスピレーション・デイト)の略と言われており、有効期限や満期日という意味です。お金の支払いに限らず、食品の有効期限や製品の保証期間などの期日は、通常「月単位」「年単位」で計算するため、このような関数名になっているのではないか考えられます。 そこで、今回は、EDATE関数の基本的な使い方について解説しま…

  • Excelで数え年を計算する方法、厄年のお祓いと長寿のお祝いをする年の求め方

    最近では満年齢を使用するようになり、数え年を使うことが減ってきているため、神社に掲示されている厄年表を見て勘違いする人もいるようです。また、古稀、喜寿などのご長寿のお祝いも数え年で計算します。 ところで、Excelで数え年を計算する方法について、DATEDIF関数やDATE関数などを駆使して求めるなどと意味不明な説明をしているサイトが多くみられます。数え年を計算するのになぜDATEDIFが関係あるのかまったく理解できません。たぶん、神仏への信心が足りないものと思われます(?)。神仏の怒りに触れる前に、正しい計算方法を知って、厄払いをしたほうが良いでしょう。 そこで、今回は、あらためて数え年とは…

  • 住所を手入力するのに都道府県や市町村をわざわざ入力するのはやめましょう。【事務職パソコン】

    最近では、郵便番号から自動で住所を検索するシステムが増えてきましたが、パソコンで住所を入力することはあります。特に、事務職の人はExcelで住所録を作ったり、システムに取引先の情報を入力したり、個人情報を登録したりするときに手入力することがあります。 パソコンには住所を楽に入力する機能があるにもかかわらず、それを知らないためにわざわざ都道府県や市町村から入力しようとする人がいます。入力するのが面倒だからといって都道府県や市町村を適当に省略すると統一感のない住所録になります。また、地域によっては住所の読み方が難しい場所もあり、それをわざわざ調べて入力するのも時間の無駄です。 皆さんのまわりで住所…

  • 【初心者】パソコンを教えるときは遠慮なくカタカナ語を使うべきです!

    感染症や大規模災害のように、人の生命や生活を脅かす非常事態が発生した時にはできるだけ分かりやすい言葉で説明したほうがよいです。そして、すべての市民を対象として注意喚起をする場合、年配者や学生にとってなじみのないカタカナ語の使用を控えたほうがよいことは言うまでもありません。 しかし、新しいルールや仕組みを説明する場合、説明に必要なカタカナ語があれば、そのままカタカナ語を用いるべきであって、変な日本語に訳してはいけません。当サイトにおいても、WordやExcelの機能に関する説明はできるだけ正式名称(カタカナ語または英語)を用いるようにしています。 そこで、パソコンの初心者、WordやExcelの…

  • 【Excel日付の前後】以降は大きい、以前は小さい、最近の日付は最大値を求める

    何年何月まで、何年何月以降のように日付の前後を判定することがあります。日付が大量に入力されている場合、日付の前後関係を判定するのを目視で行うのは大変危険です。Excelの演算によって判定を行うべきです。 日付の前後を判定するにはまず、日付のシリアル値について理解する必要があります。Excelで「1」と入力すれば1日=24時間を表し、1900年以降の日付は全て整数で管理されています。そのため、日付の前後関係はシリアル値の大小関係に置き換えることが可能です。 そこで今回は、改めて日付のシリアル値について簡単に復習したうえで、何日以降、何日以前の判定や比較演算、最近の日付、最古の日付の求め方について…

  • 【Excel】確定申告の家事按分(かじあんぶん)の意味と計算方法、複式簿記の仕訳

    個人事業主などが確定申告をするときに、収入から必要経費を差し引くことができます(これで所得税が下がる)。しかし、何でもかんでも必要経費にしていいわけではなく、明らかに仕事のために購入したものは必要経費ですが、逆に明らかにプライベートで出費したものは必要経費ではありません。 ここで問題となるのは、仕事とプライベートの両方を兼ねているものです。これについては、支出した金額のうち業務の遂行上必要である部分に相当する金額を必要経費として良いことになっています(これを「家事按分」という)。会計ソフトを使えば、家事按分の計算は自動でやってくれますが、当サイトはExcelを解説するサイトなので、あえてExc…

  • 漢字変換、全角と半角、記号の入力を説明する講義の実況中継【Word_Excel入門講座実況中継その3】

    パソコンでマウスによる操作と文字入力ができるようになると、簡単な文書やメールが作れ、インターネットがつながっているパソコンであれば情報を調べることができるようになります。 パソコンを教えてくれる人は当然パソコンを使い慣れている人ですが、残念ながらパソコンが得意な人のほとんどが、「自分がどうやってパソコンを覚えたのか」ということを忘れてしまっているので、それを人に教えることもできません。 そこで、前回、ローマ字入力とひらがなの入力方法を練習したことを前提として、漢字変換の練習ができるようになるまでの流れを解説します。 問題 パソコンの超初心者に、カタカナ、漢字変換と記号入力の練習方法について詳し…

  • Excelで検索(Ctrl+F)をしても見つからないというエラーが表示される理由

    Excelの検索機能を用いて検索をした結果、該当するセルが無かった場合、「検索条件に一致するデータが見つかりません」「検索対象が見つかりません。[オプション]をクリックして、検索方法を変えてみてください。」といったメッセージが表示されます。これはエラーではなく、見つからなかったことを表示しているだけです。 しかし、確実にデータがあることが分かっているのに見つからなかったり、検索結果が思った以上に多かったりすることがあります。それは、検索の画面の操作方法が間違っている可能性があります。検索できない原因は1つではないため、1つずつ確かめながら原因を探すしかありません。 そこで、Excelの検索で見…

  • 【Excel】TEXT関数で数値を日付や時刻のシリアル値に変換する、日付の変換方法まとめ

    TEXT関数と言えば、数値の表示形式を変える関数なので、日付や時刻とは何の関係もないように見えます。しかし、Excelにおいて、日付や時刻の実体は数値(シリアル値)であり、しかも日付の表示形式(書式記号)もあるため、日付や時刻の変換は原則としてTEXT関数を使うべきなのです。 しかし、そのことを全く理解していないのか、日付を曜日に変換するだけなのにわざわざWEEKDAY関数やCHOOSE関数を使うといった意味不明な解説をしているサイトが散見されます。勉強不足と言っても過言ではありません。 そこで、今回は、TEXT関数を用いて、日付や時刻のシリアル値を数値に変換する方法、数値を日付や時刻のシリア…

カテゴリー一覧
商用