プロフィールPROFILE

散文的で抒情的な、わたくしの意見さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
散文的で抒情的な、わたくしの意見
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kafuka1955
ブログ紹介文
大河ドラマの話。歴史小説の話。戦国時代の話が中心です。
更新頻度(1年)

194回 / 365日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2018/06/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、散文的で抒情的な、わたくしの意見さんの読者になりませんか?

ハンドル名
散文的で抒情的な、わたくしの意見さん
ブログタイトル
散文的で抒情的な、わたくしの意見
更新頻度
194回 / 365日(平均3.7回/週)
読者になる
散文的で抒情的な、わたくしの意見

散文的で抒情的な、わたくしの意見さんの新着記事

1件〜30件

  • 大河ドラマ「麒麟がくる」 第一回「光秀、西へ」・感想・素晴らしかったと思う。

    麒麟がくる初回「光秀、西へ」の最初の感想です。ビデオを見返したら、また書くと思います。ツイッターのように、短文を連ねます。・画面が綺麗だ。カラフルだ。・音楽もよい・初回を見て、特に大きな不満がない大河ドラマは珍しい・斎藤道三が槍を振るっていた。良い演出だ。・経済にこだわる道三対武士のほこりの光秀、という構図は、やがて崩れていくと思う。光秀も軍団を動かせば、経済について学んでいくはず。・それでも光秀のキーワードは「誇り」なのであろう。本能寺の変の原因も「誇り」ということになろう。・「人買い」「奴隷商人」が描かれていた。・関所の理不尽、夜盗の姿も描かれていた。・帰蝶が「すでに結婚して」いた。一応史実に近いけど。・あれだけ駒に心を開きながら、結局はヒロ子と結婚する。どう整合性をつけるのか。つけないのか。・駒を救った「...大河ドラマ「麒麟がくる」第一回「光秀、西へ」・感想・素晴らしかったと思う。

  • 源頼朝は征夷大将軍を辞任していた・鎌倉殿=征夷大将軍ではない。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

    「いだてん」を見ていなくて、「書くこと」があまりなく、韓国史劇を見て書いたりしていたのですが、今年は「麒麟がくる」があるし、2022年は「鎌倉殿の13人」があって、一気に「学習意欲」が高まっています。「源頼朝は征夷大将軍を辞任していた」、割と有名なことのようですが、私は一年ぐらい前に知りました。辞任したのか、本人は辞任したけど朝廷は受理しなかったのか、判然とはしないようです。とにかく頼朝の意識としては「オレは征夷大将軍ではない。鎌倉殿だ。官位というなら、一応、前右大将ということでヨロシク」という感じだったのでしょう。官位なんていくら高くても「それで現実に御家人たちが自分に従う」なんてことはないわけです。官位に従うというなら平清盛なんて前太政大臣です。そんなことに関係もなく、反平氏の動きは高まっていきました。つま...源頼朝は征夷大将軍を辞任していた・鎌倉殿=征夷大将軍ではない。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

  • 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・キャスト予想・その3(三谷幸喜が好きな俳優を考慮しなければ)

    三谷組俳優(西田敏行さんとか)を配慮した、キャスト予想その2はここにあります。☆脚本は三谷幸喜さんです。☆「頼朝の挙兵あたりから、承久の乱あたりまでを描く」と三谷さんが言っています。☆ここでは、三谷幸喜組俳優を考慮しません。「1180年時点」とは「頼朝が挙兵した年の年齢」源頼朝(1147-1199)1180年時点33才・・・内野聖陽☆ここから「鎌倉殿の13人メンバー」ただし三浦義村を加えている。北条義時(1163-1224)1180年時点17才・13人の中で最年少・・・小栗旬(決定)北条時政(1138-1215)1180年時点42才・・・吉田鋼太郎大江広元(1148-1225)・おおえひろもと・・・高橋一生1180年時点32才・1199年時点51才大江姓は晩年・それまでは中原広元・中原親能は兄・嫡男大江親広は承...2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・キャスト予想・その3(三谷幸喜が好きな俳優を考慮しなければ)

  • トップナイフ 天才脳外科医の条件・第一回・今後はあまり見ないと思う。 

    トップナイフ天才脳外科医の条件基本、批判しか書きませんから、面白いと思って見ている方は、腹が立つと思います。申し訳ない。「コードブルー」というドラマの脚本家みたいです。このドラマ見てません。医龍も書いているらしい。あれは見ました。面白かった。トップナイフ天才脳外科医の条件は正直、違和感が強すぎて、続きをみたいとは思いません。・リアルに描くというが、あのギスギス感がリアルとはとても思えない。・何より医者たちにヒューマニズムの精神が感じられない。医療ものは「滅茶苦茶な登場人物でも、一応はみんな根底にヒューマニズムの精神を持っている場合がほとんど」、米倉涼子だってそうだし、ブラックペアンの二宮くんだってよくよく見れば人間愛の塊みたいな人物。破天荒にみえて人間愛がある。でもこのドラマ、それをあまり感じない。天海にもあま...トップナイフ天才脳外科医の条件・第一回・今後はあまり見ないと思う。

  • 朝ドラ「スカーレット」・百合子(福田麻由子)・大野信作(林遣都)・松永三津(黒島結菜)・喜美子は何故TVを買わない?

    今週は「優しさが交差して」という題の週です。2020年の1月14日。百合子(福田麻由子)が「かわいいな」と思います。絶世の美女ではない。でも表情やしぐさや声の出し方がかわいい。福田麻由子さんですね。子供の頃より柔和な顔になりました。「百夜行」とか「日本沈没」で拝見したことがあります。まだ少女でした。信作は「ばあちゃんの死をきっかけに大きく変身」したはずですが、やっぱり子供の頃の気の弱さが残っているという設定みたいです。林遣都さんは主役もしている俳優さんなのですね。今回初めて見たわけじゃなさそうです。前も見ていた。しかし今回しっかりと名前と顔を認識しました。いい役をもらったのでは、と思います。百合子と幸福になっていただきたい。松永三津(黒島結菜)。ツイッターなどを見ると、今回初めて「見た」という方も多い。そして「...朝ドラ「スカーレット」・百合子(福田麻由子)・大野信作(林遣都)・松永三津(黒島結菜)・喜美子は何故TVを買わない?

  • 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・キャスト予想・その2

    キャスト予想その1はここにあります。☆脚本は三谷幸喜さんです。☆「13人のメンバー」には、いわゆる「三谷組」の役者を多く並べています。☆「頼朝の挙兵あたりから、承久の乱あたりまでを描く」と三谷さんが言っています。北条義時(1163-1224)・・・小栗旬(決定済)享年61才・1180年時点17才・1199年時点36才・鎌倉殿の13人の一人、13人の中で最年少源頼朝(1147-1199)享年52才1180年時点33才・1192年時点45才・・・妻夫木聡☆ここから「鎌倉殿の13人メンバー」北条時政(1138-1215)・・・中井貴一享年77才・1180年時点42才・1199年時点61才大江広元(1148-1225)・おおえひろもと・・・山本耕史享年77才・1180年時点32才・1199年時点51才大江姓は晩年・それ...2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・キャスト予想・その2

  • 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・13人の名前と年齢

    鎌倉殿の13人とは以下の13人・ただし三浦義澄に代わり子の三浦義村が描かれる可能性がある。大江広元公文所別当→政所別当三善康信問注所執事中原親能公文所寄人→政所公事奉行人。鎮西奉行二階堂行政政所家令→政所執事梶原景時侍所所司→侍所別当。播磨・美作守護正治元年(1199年)失脚(梶原景時の変)足立遠元公文所寄人安達盛長三河守護正治2年(1200年)病死八田知家常陸守護比企能員信濃・上野守護建仁3年(1203年)謀殺(比企能員の変)北条時政伊豆・駿河・遠江守護元久2年(1205年)追放(牧氏事件)北条義時寝所警護衆(家子)三浦義澄相模守護正治2年(1200年)病死和田義盛侍所別当建暦3年(1213年)滅亡(和田合戦)源頼朝(1147-1199)享年52才1180年時点33才・1192年時点45才大江広元(1148-...2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・13人の名前と年齢

  • 時効警察はじめました・吉岡里帆・感想

    今更ながら「時効警察はじめました」第3話ぐらいまではどうなることかと思っていましたが、その後はよかったと思います。吉岡里帆さん色々と心配する声がありましたが、終わってみればよく演じたと思います。壊れた感じの演技がよかったと思います。個人的好みとしては1、趣里さんの回2、ギバちゃんが出てくるプロレスの回3、最終回4、カトちゃんが出てくる部分が好きです。三日月「ババンババンバンバンっていうのは、いい湯だなという気持ちを表しているのよね」霧山「壁を叩いた音じゃないの」彩雲「じゃあ、あービバビバノンノというのは」三日月「そんなの知らないわよ。カトちゃんに聞きなさいよ」ババンババンバンバン・ビバノンノってどういう意味なのでしょうか。時効警察はじめました・吉岡里帆・感想

  • 2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・鎌倉幕府の成立を、どう考えたらいいのか。

    北条義時についての「説明」は、「北条義時は信長より凄い」で書いています。鎌倉幕府を語るにはどうしたって、後白河法皇から始めないといけません。時代は1167年ぐらいです。京都の政務は、以前から「治天の君」(ちてんのきみ)と言われた「上皇」が行っていました。そこに登場するのが後白河上皇です。平清盛とともに、まあ時々は喧嘩しながら、政務を行っていました。政務って、まあ土地の調停とか、治安の「そこそこ維持」といったものです。あとお祈りとか行事とか。いろいろ。彼はあまり品のよろしくない流行歌が大好きでした。「今様」(いまよう)と言います。「梁塵秘抄」(りょうじんひしょう)という歌集が今でも残っていて、彼の最大の文化的遺産です。いい歌が沢山あります。今でもAKBが大好きとかいう「くだけた知識人のおっさん」がいますが、そんな...2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・鎌倉幕府の成立を、どう考えたらいいのか。

  • 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・主人公の北条義時は織田信長より凄い。

    北条義時は、伊豆の在地領主(土豪)の次男です。1180年に17歳で、源頼朝の挙兵に父や兄と共に参加します。その時は江間小四郎という名でした。そののち源頼朝の小姓の頭になります。この小姓のことを「家子」と言います。姉は北条政子で、頼朝の正妻です。従って、三代将軍実朝は「おい」です。その後平氏討伐にも参加し、頼朝の側近として鎌倉幕府の安定化に尽くします。やがて頼朝が死に、二代将軍頼家の政治権がはく奪されます。政治は有力御家人13人の合議制となりますが、義時は最年少の36歳でメンバーに加わります。その後、北条氏は他の有力御家人を排除していきます。梶原景時、比企能員、畠山重忠、平賀朝雅などが排除されます。そして1205年には、父の北条時政も追放します。そして幕府の政所長官となり、やがて「執権」と呼ばれるようになります。...2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」・主人公の北条義時は織田信長より凄い。

  • 朝ドラ「スカーレット」・喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)は離婚しても良いのでは。

    生まれて初めて朝ドラを録画して「ちゃんと見て」います。喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)が離婚しても良いのでは、、私は本当は平和主義で、予定調和も大好きなので「離婚してほしくないな」と思っています。でも喜美子のモデルさんは離婚しているようです。松永三津(黒島結菜)という浮気相手適格者も登場しましたし、またなかなか魅力的な「当時の現代娘」なので、「離婚」かも知れません。ただしちょっと疑問も残るのです。あまりに「八郎さんを人格者として描き過ぎて」いるからです。道徳とか修身の教科書に出てきそうな人格です。だから「八郎苦手」という人もいるのです。また喜美子との関係もかなり「理想的」に描かれています。こんな描き方をしておいて、「夫婦すれ違い」という伏線もさほど強くない状態で、黒島さんと浮気して離婚というのは「急展開過...朝ドラ「スカーレット」・喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)は離婚しても良いのでは。

  • 2022年大河ドラマ「13人の鎌倉殿」・キャスト予想

    2022年の大河ドラマ・三谷幸喜さんの「13人の鎌倉殿」のキャスト予想です。キャスト予想をすると「歴史的事実を勉強できる」「若い俳優さんについて知ることができる」ので私は好きなのです。あんまり「この人に演じて欲しい」とかいう「ファン意識」は入っていません。・真田丸の出演者が出るだろう。・小栗旬が主演だから「信長協奏曲の出演者が出るだろう」。という前提があります。まず「13人の鎌倉殿」とは「誰のことか」。源頼朝死後、頼家の実権を取り上げて合議制にしたときの「13人のメンバー」です。大江広元公文所別当→政所別当三善康信問注所執事中原親能公文所寄人→政所公事奉行人。鎮西奉行二階堂行政政所家令→政所執事梶原景時侍所所司→侍所別当。播磨・美作守護正治元年(1199年)失脚(梶原景時の変)足立遠元公文所寄人安達盛長三河守護...2022年大河ドラマ「13人の鎌倉殿」・キャスト予想

  • みんなエスパーだよ・超能力者の運命・夏帆の魅力的な演技

    「みんなエスパーだよ」は6年前にテレビ東京から放送されました。配信で初めて見ました。驚いた。今の日本の地上波で「ここまでやっていいのか」と驚きました。内容をよく知らなかったので、夏帆のパンチラの連発にも驚きましたし、安田顕が急に助手役の女性の胸を触り始めた時も、何が起きたのかと思いました。本当に地上波放送なのかと、ネットで確かめたほどです。「エロくて、下らなくて、面白いドラマ」ということなのでしょう。でも私の感想はちょっと違います。「ちょっと」です。「エロくて、下らなくて、面白い」ことは全く否定しません。一つは夏帆がよくここまでやったなという感動です。昔の女優さんはよく「根性あるならヌードになれ」とか言われていましたが、ヌードより恥ずかしいかも知れない。それをよく演じています。実年齢は22歳ぐらいでしょうが、ヤ...みんなエスパーだよ・超能力者の運命・夏帆の魅力的な演技

  • 麒麟がくる・人物と戦国史の「新解釈」・放映前に予想すると

    たぶんこんな感じになります。放映前の予想です。1、織田信長の保守的(伝統・幕府・天皇を重んじる)性格も強調される。経済的能力も描かれる。(NHKが公式に発表している)2、明智光秀は最初は幕府を再興して乱世を収束させようとするが、それが挫折する。今度は信長を押し立てて乱世を収束しようとするがそれも挫折する。仕方なくて「泣く泣く本能寺を起こし」、乱世を収束しようとする。3、確実なのは「信長の覇道的暴走を止めるために泣く泣く本能寺を起こす」ということ。4、織田信長には天下統一構想など死ぬまでなかった。特に当初は、畿内を中心とした「畿内静謐」だけが政治目標であった。5、織田信長には天下統一の意思は死ぬ数年前になってもなかった。攻めてくるから戦っただけ。死ぬ年の四国攻めあたりで方針転換をした。6、今川義元は立派な武将であ...麒麟がくる・人物と戦国史の「新解釈」・放映前に予想すると

  • 麒麟がくる・斎藤道三・明智光秀・織田信長をいかに描くか

    「麒麟がくる」の話です。史実とは基本関係ありません。1、明智光秀乱世の収束を願う武士です。「武士の本当の使命とは何か」とか、大河の主人公らしからぬ観念的なことを考えているようです。悩める若者でしょう。脚本家は「太平記」の池端さん等です。つまりは「大河ドラマ太平記の足利尊氏のような若者」だと思います。光秀と尊氏、立場が似ています。最初は悩める若者、やがて成長ということです。脚本には前川さんという人もいて、この方はコメディ的要素担当だと予想します。池端さんだけだと、やや固いのです。「真田丸を意識した作品」となりそうです。2、織田信長既に「古い秩序つまり伝統、朝廷、幕府を重視する保守的側面も強調」とされています。そういう人物だということです。経済的能力も強調されるそうです。「光秀の盟友」とのことです。つまり途中までは...麒麟がくる・斎藤道三・明智光秀・織田信長をいかに描くか

  • 大河ドラマはフィクション・史実通りである必要はない・でも超えてはいけない一線はある気がする

    大河ドラマはフィクションです。史実通りである必要はありません。でも超えてはいけない一線はある気がします。「気がするだけ」です。それを普遍化して正論として主張する気はありません。「女信長」という「時代劇」がありました。天海祐希を起用し、視聴率20%を目論んだけど、10%にも行かなかった。「そりゃ見ないよな」と思います。信長を女にしても、何一つ面白い感じになる気がしません。さっき調べたら「斎藤道三が織田信長の処女を奪う」とか書いてありました。「地獄」です。見るわけありません。一方大河ドラマで「男色を描いたり」「奴隷商人を描いて」もらっても困ります。「そこまで史実を描かなくてもいいです」と言いたくなります。大河ドラマは「ある程度史実を基にしたフィクション」であって、それでいいと思います。この「ある程度」が「どの程度」...大河ドラマはフィクション・史実通りである必要はない・でも超えてはいけない一線はある気がする

  • 麒麟がくる・明智光秀の死をもって戦国時代は終わる

    小学生の頃、私は「明智光秀の死をもって戦国時代は終わる」という考えに「深く影響されて」いました。それから知識は多少増えました。しかし「この考え方」は「さほど間違っていないのではないか」と今でも考えています。「光秀の死とともに、ひとつの時代が終わる。戦国と呼ばれ、乱世と呼ばれた時代、一介の油商人山崎屋庄九朗が、美濃一国の主、斉藤道三となりえた時代、尾張のうつけと呼ばれた悪童が、天下の権を握りえた時代、人が力と知恵の限りを尽くし、国盗りの夢と野望を色鮮やかに織り成した時代は、ここに終わりをつげる。」「そして歴史は中世の破壊から近世の建設へと、新しき秩序を作る人々を迎え入れようとしていた」大河「国盗り物語」の「最後のナレーション」です。斎藤道三は二代で国盗りだよ、ぐらいの批判はできるかも知れません。でも「歴史認識」と...麒麟がくる・明智光秀の死をもって戦国時代は終わる

  • NHK「本能寺の変サミット2020」・光秀の細川への手紙を本心だと論じる不思議な人々

    本能寺の変の後の、明智光秀から細川家への手紙はあまりに有名です。1信長父子の死を悼んで髪を切られた由、私も一時は腹が立ちましたが、考えてみれば御思案あってのことと了解いたしました。この上は私にお味方され、大身の身になられるよう「こい願い」ます。1領地の事は、内々攝州(兵庫県)をと考えて上洛をお待ちします。但馬・若狭の事も色々考えております。ご相談致しましょう。1この度のことは、細川忠興などを取り立てるために起こしたことです。50日100日の内には近国も平定できると思いますので、娘婿の忠興等を取りたてて、十五郎(光秀の長男)・与一郎(細川忠興)等に譲る予定です。委細は両人に伝えます。光秀訳はだいぶ単純になりましたが「こんな感じ」です。この時、光秀は期待していた大名たちの与力(お味方)を得られずに、焦っていました。...NHK「本能寺の変サミット2020」・光秀の細川への手紙を本心だと論じる不思議な人々

  • 織田信長の天下布武の本当の意味・そもそも印章通りに行動しないといけないのか?

    織田信長の天下布武は「天下=畿内の武力闘争を止めること、天下を武力でもって統一するという意味じゃないのだよ。天下とは畿内、五畿内だよ」「ここでいう武とは七徳の武のこと、それは徳目であって武力という意味ではない。天下泰平の世を作りたいという信長の願いが込められているのだよ」「なお、考えたのは信長の師匠と言われる沢彦だよ。たくひこ、じゃないからね。たくげんだよ。」と書けば「少し物知り」という感じが出ます。が、こんなのネットで調べれば「どこにでも書いてあること」です。で「ネットリテラシー」、ネットを正しく使いこなすための知識や能力が問われてくるのです。簡単に言うと「ネットに多くの人が書いているからと言って正しい情報じゃない。しかし正しくないとも言えない。要するに自分の頭で考えることが大切」ということです。沢彦が考えた...織田信長の天下布武の本当の意味・そもそも印章通りに行動しないといけないのか?

  • 麒麟がくる・最終回のあらすじ

    正確には「最終回のあらすじの予想」です。NHKのハンドブックとかに基づいてはいませんし、現時点では最終回まで書いたハンドブックなど出版されていません。つまり「完全に私個人の予想」です。ただし私なりの根拠はあります。1、本能寺の変に至る道光秀は一貫して「乱世の収束」を目指しているわけです。「麒麟がくる世の実現」です。信長は設定上「光秀の盟友」ですから、途中までは光秀と信長の願いは一緒です。しかし本能寺の変の10年前ぐらいから、二人の道は分かれてきます。将軍義昭の追放。まあこれは「それも平和な世のため」なら光秀は受け入れ可能です。しかし「一向一揆の虐殺」、、、天正2年、1574年ころから始まるこの「虐殺」に光秀はついていけなくなる。もっとも「それから8年我慢する」だと長くなりすぎます。だから最終的には「天正伊賀の乱...麒麟がくる・最終回のあらすじ

  • 「麒麟がくる」・キャストの「ビジュアル画像」を分析する

    そもそも、歴史家でもなく、史学科出身でもない私が歴史ブログ(時代劇ブログ)を書いているのは、中学生の頃、司馬さんの「国盗り物語」を「繰り返し繰り返し読んだ」ためだと思います。何度読んだか分からないぐらい読みました。中学時代はその他の司馬さんの作品はさほど読んでいなかったと思いますが、とにかく「国盗り物語」だけは「暗記するぐらい」読んだと思います。いわゆるバイブルというやつです。だから「国盗り物語」のリメイク、たぶん内容的にはかなり違ったリメイクになると思いますが、「どう考えても国盗り物語がベースとなっている」作品である「麒麟がくる」に関しては、とにかく書かずにはいられません。さっきNHKの10分ほどの「作品紹介」を見ましたが、ちょっと「真田丸風」でした。西村まさ彦さんが「黙れこわっぱ的な演技」をしていました。私...「麒麟がくる」・キャストの「ビジュアル画像」を分析する

  • 上杉謙信のイメージ・戦国武将総選挙2位なのはなぜか

    戦国武将総選挙で「上杉謙信が2位」でした。武田信玄は7位です。謙信を主人公にして圧倒的に人気のあるマンガでもあるのかなと思ったのですが、そうでもないようです。ただし「雪花の虎」という作品はあるようです。謙信女性説に基づくみたいです。順位をみると「大河ドラマの影響が強い」ことが分かります。あまり描かれない島津とか長曾我部は20位以内に登場しません。一方、上杉景勝が20位です。真田丸の影響でしょう。上杉謙信は60年代に「天と地と」で、「一回だけ主人公に」なりました。これは映像がほぼ残っていないので、この作品の影響は大きくはないでしょう。ただし「天と地と」は小説としては読まれていますし、映画にもなりました。海音寺さんです。その後80年代の終わりに「武田信玄」で準主役となります。柴田恭兵さんでした。しかし「2位になった...上杉謙信のイメージ・戦国武将総選挙2位なのはなぜか

  • 本郷和人の本「天皇はなぜ万世一系なのか」

    この本は「天皇はなぜ万世一系なのか」という題名です。「天皇は万世一系なのか」ではありません。天皇は万世一系じゃない、、、と書いているわけではありません。一応「万世一系なのかも知れないが」という前提に立っています。天皇が「万世一系か、そうではないのか」というのは「むなしい議論になっていく」しかないところがあります。天皇が「天皇を名乗る」のは天武あたりからで、7世紀の終わりです。それから1300年の間、「男系で万世一系であったか」は「科学的には確かめようもない」ことです。「一人でも不倫の子がいたら終わりで、性におおらかな日本で、そういう子がいなかったとは思えない」のですが、それも「科学的に証明できる」わけでもありません。古代や中世の天皇の骨が見つかったというニュースは聞いたことがありません。仮にもしそういうものがあ...本郷和人の本「天皇はなぜ万世一系なのか」

  • 麒麟がくる・実際のキャスト・キャスト予想・生没年付き

    ☆印だけが「2019年12月末日時点」で分かっている「本当のキャスト」です。したがってその他は「予想キャスト」です。カッコ内の「人物解説」は「一般的な説明」です。「麒麟がくるの設定」ではありません。齋藤道三の死去は1556年・桶狭間の戦いは1560年・信長の上洛戦は1568年・義昭追放は1573年・本能寺の変は1582年・関ヶ原の戦いは1600年主人公・明智光秀関連☆明智光秀(1528-1582早くに両親を亡くし、祖父光継に育てられた、道三に仕え、道三死去後、信長と盟友となる、諸国を遍歴、乱世収拾の道を探る)・・・長谷川博己☆明智煕子(没1576あけちひろこ、光秀の妻)・・・木村文乃ちなみに煕子という名はおそらく史実とは違います妻木(実在未詳・明智煕子の妹か、信長側室とも言われる)・・・土屋大鳳☆明智牧(史実で...麒麟がくる・実際のキャスト・キャスト予想・生没年付き

  • 織田信長が「普通の武将じゃないと」、とっても「都合が悪い」のだ

    織田信長という武将に対して「やったことを見ずに」、あれこれといい加減なことを書いている「学者」がいて、どうして「やったこと」を見ないのか、不思議でなりませんでしたが、なるほどなと、徐々にそういう人々の陥った「思考停止状態の理由」が見えてきたような気がしています。一言でいうなら自説にとって「都合が悪い」わけです。以下は参考に中世日本を天皇を筆頭とする単一の国家と見る権門体制論に対し、佐藤進一を筆頭とする東国国家論からの有力な批判がある。この説は、鎌倉幕府を東国において朝廷から独立した独自の特質をもつ別個の中世国家と見なし、西日本を中心とする王朝国家と鎌倉幕府とは、相互規定的関係をもって、それぞれの道を切り開いたとする。両国家は、特に北条時頼が親王将軍を迎えてからは、西日本からの相互不干渉・自立を目指したというので...織田信長が「普通の武将じゃないと」、とっても「都合が悪い」のだ

  • 麒麟がくる・すべての武将が英雄であってはいけない

    「葵徳川三代」、、、初放映時には「なんかコントみたいな大河」だと思っていました。「コントみたい」なのは再放送でみてもそうですが、評価できるのは、徳川家康を偉人として描いていない、秀忠も家光も偉人じゃない、という点です。その反面、石田三成や前田利家などは「そこそこの人物」として描いています。また徳川家康による朝廷の圧迫、その原因となった「朝廷や皇室の腐敗ぶり」もきちんと描いています。韓国に「大王世宗」という作品があります。ハングルを作ったイドを描きました。「出てくる人物がみんな英雄」で、間違った方向に流れた作品だと思います。つまらない。人間が描けていない。「麒麟がくる」も私の予想では「出てくる武将、全員英雄」となると思います。織田信長だけが「少し変人」で、あとは信秀も道三も義元も、松永も「みんな英雄」とされる可能...麒麟がくる・すべての武将が英雄であってはいけない

  • 麒麟がくる・帰蝶は大河ドラマにおいてどう描かれてきたか

    帰蝶は濃姫の名で有名です。織田信長に嫁いだ後のことは、ほぼ分かりません。生きていたのか、死んだのか。ただし時代劇においては超有名で、1973年の「国盗り物語」で大河ドラマに「本格的に登場」(太閤記でも登場)して以降、織田信長が登場する大河ドラマのほぼすべてに登場してきました。例外は大河「秀吉」で、帰蝶が登場せず、吉乃がメインだったと記憶しています。あるいは少しは登場したのかも知れません。大河「秀吉」は1996年の作品で、このころになると「帰蝶の人生はほぼ分からない」ということが定着していましたし、「信長が本当に愛したのは吉乃だ」ともされていました。このうち「愛したのは吉乃だ」は、今では「怪しい」ともされています。「麒麟がくる」では今のところ吉乃はキャスティングされていません。今後どうなるかは分かりません。さて帰...麒麟がくる・帰蝶は大河ドラマにおいてどう描かれてきたか

  • 麒麟がくる・人物がどう描かれるかを予想

    どうせ一か月後には放送されるわけですが、前もって、人物像を予想しておきます。ベースは間違いなく「国盗り物語」です。が、人物は相当違った感じで描くでしょう。もっともその大本はといえば、いうまでもなく「明智軍記」です。・斎藤道三親子二代で国盗りをしたことになります。これは六角氏の文書で示された新説です。でも親父については名前ぐらいしか分からず、個人的にはそう簡単に旧説を変えていいのかなとは思います。とにかく親父と二代で美濃をとったことにされます。もっとも「盗った」ことにされるかどうかも分かりません。斎藤道三は「明智光秀の師匠であり育ての親」です。それなりに「美化」されるでしょう。悪漢小説というものがあり、悪は魅力的なんですが、善人として美化されてしまうかも知れません。少なくとも外見は美化されます。「まむし」ではなく...麒麟がくる・人物がどう描かれるかを予想

  • 2021年のNHK大河ドラマ・日本資本主義の父・渋沢栄一・「青天を衝け」・コケるに決まっている

    2021年の大河ドラマが、渋沢栄一だと知り、腰がくだけそうになりました。「いだてん」と同じ運命をたどるのはすでに分かっているからです。官邸サイドの「強い意向」も感じられます。なんで新一万円札と連動するのでしょう。歪みきっています。大河は国威発揚のためにあるわけではないし、あってはなりません。安倍内閣で日本は本当に「ゆがんだ国」になり果ててしまいましたが、エンタメまで安倍が支配しようとしても無駄なことです。麒麟がくるの視聴率はたぶん15ぐらい。その次の青天を衝け、つまり渋沢栄一は7パーセントぐらいでしょう。私は見ません。見たくもありません。2021年のNHK大河ドラマ・日本資本主義の父・渋沢栄一・「青天を衝け」・コケるに決まっている

  • 夜警日誌と「もののけ姫」・チョン・イルと東方神起ユンホ

    夜警日誌という韓国ファンタジー史劇は、2015年の作品のようです。「なんでもあり」の作品で、ぶっ飛んだ感じが面白い作品です。「もののけ姫」のような、ジブリの登場人物みたいな少女が登場します。夜警隊の一員となる「ヨハ」です。写真のように完全なるへそ出しルックです。へそはでてませんが、胸はバンドのみです。この格好で朝鮮王朝の都を闊歩するのです。まあ普通なら捕まります。廃された世子が「妖怪ども、鬼神」と戦うというのがストーリーで、彼は最後の最後には「王」となります。そして「奴婢の解放」とか言い出します。これ、朝鮮王朝では絶対あり得ないことです。そもそも「ありえない話」なので、史実にこだわる必要はないのですが。奴婢がいた、のは民主韓国にとっては「恥そのもの」ですから、否定したがる気持ちは分かります。でも百年前まで奴婢が...夜警日誌と「もののけ姫」・チョン・イルと東方神起ユンホ

カテゴリー一覧
商用