ベイスターズが勝ったら更新するブログ
住所
出身
ハンドル名
RXI04141さん
ブログタイトル
ベイスターズが勝ったら更新するブログ
ブログURL
http://i-love-baystars.blog.jp/
ブログ紹介文
シーズン中は原則「勝ったら」更新します。時々、気分によって「号外」がでます。
自由文
-
更新頻度(1年)

78回 / 308日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2018/04/10

RXI04141さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(IN) 15,281位 16,675位 16,504位 20,040位 19,902位 11,333位 10,397位 969,397サイト
INポイント 10 10 30 50 10 0 10 120/週
OUTポイント 30 70 620 1,160 200 30 0 2,110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
野球ブログ 170位 179位 182位 214位 212位 145位 141位 8,514サイト
横浜DeNAベイスターズ 16位 17位 17位 20位 19位 15位 15位 460サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 5,972位 6,210位 6,236位 7,941位 8,571位 3,491位 3,491位 969,397サイト
INポイント 10 10 30 50 10 0 10 120/週
OUTポイント 30 70 620 1,160 200 30 0 2,110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
野球ブログ 191位 196位 209位 229位 233位 157位 157位 8,514サイト
横浜DeNAベイスターズ 23位 24位 26位 29位 30位 20位 21位 460サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,397サイト
INポイント 10 10 30 50 10 0 10 120/週
OUTポイント 30 70 620 1,160 200 30 0 2,110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
野球ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,514サイト
横浜DeNAベイスターズ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 460サイト

RXI04141さんのブログ記事

  • 8/18ロペスの一発をエース今永が守り切り見事な完封1-0!

    エース今永の熱投に応える必殺仕事人ロペスの一降り。1-0、最高の形で大事なカープ3連戦の勝ち越しを決めました。なんといっても今日は今永。立ち上がりこそピンチを迎えますがここを切り抜けると力のあるストレートにチェンジアップ、スライダー、いずれも非の打ち所の

  • 8/17石田好投に打線も序盤から効果的な援護で連敗ストップ!

    1週間ぶりの更新になってしまいました。この間、チームは投手陣が先発、ブルペンとも総崩れで5連敗。いよいよ最終コーナーというところで厳しい状況になりましたが、今日は先発の石田が頑張ってくれました。初回から150キロを超えるストレートなど気合い満点。味方の援

  • 8/10伊藤裕季也驚異の2打席連続弾!最後は乙坂が決めてサヨナラ勝ち!

    昨日の勢いそのままに、ルーキー伊藤裕季也が大活躍!6回に小笠原の難しい内角球をレフトスタンドに放り込むプロ1号に続き、8回にはロドリゲスの速球をとらえて2打席連続の同点2号2ラン。予想を超えるニューヒーローの誕生です。そして同点の9回は先頭の大和がセンタ

  • 8/9驚きの2番サード筒香、3安打2本塁打7打点の大暴れ!

    うーん、凄すぎて言葉が出ませんね。「2番サード筒香」よくも思いついたというか、決断したというか、いい意味で、考えた方も考えた方だし、全然準備していないはずなのにやりますと言った方も言った方だというところでしょうか。しかも打っては勝ち越し満塁弾含む3安打2

  • 8/7濱口6回11奪三振の好投!祝!ロペス、ヤスアキ月間MVP受賞!

    首位に0.5ゲーム差と迫って勝負所の9連戦。初戦はいい感じにリードを奪いましたが、上茶谷が粘りきれず逆転負け。仕切り直して今日の一戦は、先発濱口が好投。球数は増えましたが6回で11奪三振で無失点。特に味方が点を取った直後をしっかり抑えてくれたことでカープ

  • 8/4接戦を制してジャイアンツを3タテ!ヤスアキお見事。

    地味な得点の取り合いでしたが接戦を制してジャイアンツを3タテ。ついに首位に0.5ゲーム差の貯金8となりました。先発今永は球の力はありましたが、結構出塁を許して5回を6安打3四球、なんとか1失点にまとめました。それでもリードを守って先発の役割は果たしてくれ

  • 8/3接戦をものにして6カード連続勝ち越し。パットン頑張って!

    今日は初回から神里が四球で出塁、盗塁と内野ゴロで三塁に進むとソトが初球をあっさり犠牲フライで先制。理想的な形で1点を奪うと、3回にはまたまたソトが今村のカーブをうまくすくい上げてレフトスタンド中段に放り込む28号3ラン。4回には中井がバックスクリーン直撃

  • 8/2平良の好投に打線がワンチャンスで菅野を攻略し逆転勝利!

    今日から首位ジャイアンツとの3連戦。初戦は菅野と平良の投げ合いになりましたが、打線がワンチャンスを見事ものにして逆転勝ち。大きな1勝を挙げました。先発の平良は今日も好投。初回、相性の悪い丸に高めのシンカーをライトスタンドに運ばれ、4回にも丸のヒットでチャ

  • 7/31宮﨑サヨナラタイムリー!好調の7月を締めくくる。

    スターナイト2戦目。濱口の好投に打線も応えてリードして終盤を迎えますが、今日も山田哲人に同点弾を浴びて試合は振り出しに。それでも同点の9回裏、制球に苦しむスワローズ近藤から代打乙坂の二塁打をきっかけにチャンスをつかみ最後は宮﨑のサヨナラタイムリー!いい形

  • 7/30神里4安打!スターナイト初戦は快勝!

    連勝は止まってしまいましたがホームに帰って今日からスターナイト。しっかり勝って上を目指していきたいところでしたがラミレス監督、筒香を4番に戻して、1番神里、2番佐野という新オーダーで挑みました。この1・2番コンビが大当たり。初回、いきなり神里が出塁して佐

  • 7/27松坂を初回KO!7連勝で貯金5!

    松坂対策の横浜高校打線が大爆発。初回に一挙9安打8点の猛攻。2回にも4点を奪い、3回までに先発全員安打と打ちまくって勝負あり。得てしてこういう試合、投げる方は大変だったりしますが先発石田がヒットを打たれながら決定打は許さず5回無失点。6回からはビハインド

  • 7/26今週も平良が好投!筒香の2ランを守りきり6連勝!

    今日からナゴヤドームで3連戦。1週間前と同じマッチアップでしたが、試合も同じような展開に。3回、今日は筒香のオールスター後1号となる18号2ランで先制。これを平良が丁寧なピッチングで守り切り、7回途中までビシエドのソロ本塁打の1点でしのぎます。今日も無四

  • 7/25今永完封!だけど今日は都市対抗野球。JFE東日本須田投手、おめでとうございます!

    エース今永、やってくれました。9回124球、4安打の完封勝利!ブルペンが大変なこの時期にコメントは不要でしょう。さすがエース!ありがとう!打線は今日も3回、ロペスが勝利打点となる先制タイムリー。6回には相手のエラーがらみで内野ゴロの間に追加点。そして9回

  • 7/24ハマちゃん期待に応える好投でロペスの2ランを守り抜き5勝目!

    延長12回の激闘から1夜明けて、ハマちゃんがやってくれました。7回6安打1失点の好投。ここのところお約束のようなロペスの先制2ランを守り抜き、見事5勝目を挙げました。昨日はブルペンフル稼働でしたのでこのピッチングは本当にありがたい。また、ここのところ鬼門

  • 【号外】7/23筒香、あと1球コールの中の同点打で勝ちに等しい引き分け!

    甲子園に乗り込んでのタイガース戦。見事な集中打で逆転しながら、勝ちパターン継投を崩されてしましましたが、それでも9回表、あと1球コールの中筒香がドリスから同点タイムリー二塁打。9回裏からは国吉、ヤスアキ、武藤のリレーでタイガースにサヨナラは許さず。延長1

  • 7/21まさかの3試合連続1点差勝利で貯金1!

    うーん、2度あることは3度あるといいますが、まさか3試合連続の1点差勝利。しかも今日もヒーローはロペス。8回に1点差に迫られるのも同じ。実に不思議な展開ですが、見事な勝利で待望の貯金1となりました。まずはロペスでしょうか。今日もここぞというところでの一発

  • 7/20石田好投!山井攻略!5割復帰!パットン心配(/_;)

    勝率5割をかけて石田が今季初先発。期待に応えて初回から全力で飛ばして3回までをパーフェクト。打線も苦手にしていた山井から3回裏、2死満塁のチャンスを作ってソト、ロペスの連続タイムリーで一気に4点。大きな先制点を奪いました。石田は4回に平田にソロを浴び、5

  • 7/19ロペスの先制3ランを平良から継投で守り抜く!

    今日は8連勝と勢いに乗るドラゴンズから初回、好調の筒香がチャンスを作るとロペスの21号3ランで見事に先制。得点はこの1発のみでしたが、先発平良が6回3安打無失点の素晴らしいピッチング。終盤、パットンがドラゴンズ打線に捕まり1点差に迫られますが、緊急登板の

  • 7/17濱口「らしい」ピッチングで久々ハマスタ白星!祝ヤスアキ通算150S!

    今日勝つかどうかは今後を考えると非常に大事なところでしたが、先発の濱口が力投。打線もロペスの2試合連続となる20号2ランで逆転するとそのまま継投で逃げ切り。いい形でカード勝ち越しを決めました。濱口は初回こそ押し出し四球を出すなど不安定でしたが、2回以降は

  • 7/16重量打線が威力を発揮しまずは連敗ストップ。

    オールスターは、久しぶりセ・リーグが勝ったのは良かったのですが、近本選手のサイクルヒット、あれはパ・リーグが忖度しすぎでしょう。ちょっと気持ち悪かった。こういうことはこれっきりにしてほしいものです。さて、ベイスターズのオールスター明け最初の試合は先発井納

  • 7/9シーソーゲームを神里決勝打&ロペス満塁弾で勝ちきる!

    オールスター前最後の3連戦。勝ち越して5割以上で終えたいところでしたが、月曜日は飯塚が期待に応えられず序盤でKO。打線もスワローズの勝ちパターン継投に押さえ込まれて痛い敗戦となりました。5割ターンには負けられない今日の試合。序盤から点の取り合いとなりまし

  • 7/7細川同点タイムリー&伊藤光勝ち越し3ランで連敗ストップ!

    借金を完済して意気揚々と乗り込んだ東京ドームでしたが、金曜日は今永が中盤に一気に崩されてしまい完敗。土曜日もメルセデスの攻略に失敗し、終盤ソロ3発で反撃するも届かず。2日間、得点が5本の本塁打によるものだけでタイムリーはなしといういかにもベイスターズらし

  • 7/4前夜の惜敗を取り返す快勝!石田、3回無失点の好救援!

    水曜日は現地観戦に行ったのですが、勝ちパターンのゲームをものにできず惜敗。5連投のエスコバーは責められないし、延長戦で雨の中、熱いピッチングを見せてくれた武藤も決勝点はとられましたが内容は立派でした。攻撃面も終盤はあと一歩。色々意見はあろうと思いますが、

  • 7/2上茶谷から完封リレーでついに5割復帰!

    オールスター前9連戦の大事な初戦。先発の上茶谷が踏ん張り、6回途中から細かい継投でタイガースに反撃を許さず、見事完封リレーで勝率5割、単独3位となりました。とにかく分の悪いタイガース戦だけに先制点は与えたくないところ、上茶谷が持ち味を出してよく頑張ってく

  • 【号外】継投失敗も皆でフォローし大きな引き分け!

    首脳陣の継投ミスを全員で取り返して延長12回引き分け。藤岡は残念でしたが、打たれたボールは失投という球ではなく、起用した首脳陣の問題だと思います。三嶋を休養日とした中で、エスコバーやパットンもできれば休ませたかったであろう気持ちはわからないわけではないで

  • 6/29雨中の投手戦、延長10回宮﨑サヨナラタイムリー!

    アドゥワ攻略を期待したのですが、残念ながら打線が沈黙。しかし伊藤光の見事な一発に平良がアドゥワに負けない好投で投手戦に。7回からは継投に入り、三嶋が無死一、三塁の大ピンチを招きながら田中広輔三振、磯村サードゴロ併殺で切り抜けると、8回はエスコバーが圧巻の

  • 6/28リーグ戦再開!5本塁打13得点で爆勝!

    リーグ戦が再開して今日からカープとの3連戦。先発は今永、大瀬良の開幕投手同士の投げ合いとなりましたが、ベイスターズ打線が爆発、今季最多の17安打5本塁打13得点で見事白星スタートとなりました。序盤はロペスの14号ソロで先制しながら、今永があっさり同点に追

  • 【号外】交流戦までを振り返って選手別寸評【野手編】

    昨日に続いて、交流戦までの選手別寸評、今度は野手編です。以下は開幕前の期待値に対する個人的な評価です。S:予想を遥かに超える素晴らしい活躍。A:予想を上回る活躍ぶり。B:おおむね予想通りの活躍。C:予想を下回ったが、一応合格点。D:期待を裏切る結果。不合

  • 【号外】交流戦までを振り返って選手別寸評【投手編】

    交流戦を終わって70試合で33勝36敗1分け、借金3の4位。3位へは2ゲーム差、首位へは5.5ゲーム差。もっとできたはず、とは思いますが、すべてはあの10連敗でしょうか。とにかくかみ合わず、選手起用、継投なども空回り気味でした。また、パットン、山﨑で負け

  • 6/23上茶谷が投打に活躍!交流戦ラストで完封リレー!

    土曜日は初回から両先発KOの乱打戦、いわゆる馬鹿試合でしたが、中継ぎ陣が踏ん張りきれず逆転負け。それだけに今日の最終戦、勝つか負けるかは天と地の差だったのですが、上茶谷が岸相手に一歩も引かない素晴らしいピッチング。さらに自ら先制の2点タイムリーとワンマン