searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

shebrokeherwristさんのプロフィール

住所
港区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
十番ホネ日記
ブログURL
http://shebrokeherwrist.seesaa.net/
ブログ紹介文
うっかりアラセヴマダムEikoと、肺がんと余病を乗り越えてきた夫Satoshiの二人三脚な日々……。
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2018/04/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、shebrokeherwristさんの読者になりませんか?

ハンドル名
shebrokeherwristさん
ブログタイトル
十番ホネ日記
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
十番ホネ日記

shebrokeherwristさんの新着記事

1件〜30件

  • 不都合な真実も見えてくる

     朝夕の空気がひんやりします。  以前Satoshiが、 「きついのでちょうどいいリハビリになるよ」  そう言いながらふうふう上っていた、芝公園の少し幅が広めの石段から見える朝の空はうす青い秋空。  風が通り道に咲いているキバナコスモスをなでていきます。    9月ももう下旬。  だいぶ秋めいてきました。  外国人の客が多いスーパーマーケットではドクロの燭台やカボチャのランタン、魔女の帽子などハロ…

  • 影が長くなりました

     朝6時40分ごろ。  いつものように早朝散歩で芝公園のなかをめぐっていたSatoshiは、長くのびている木の影に気づいてしみじみ見つめてしまったそう。 「だいぶ長くなってきたよね。そういえばサクラ並木の下を通ったら葉っぱも散り始めていたし……。秋を感じますね」

  • あれやこれや詰めた荷物が2つ

     公園の芝生広場のすみに白い小さな花が一群れ咲いていました。近くに寄ってよく見ると、花のかたちが翅を広げて飛んでいる蝶々のよう。かわいいですね。  ガウラと書かれた名札が地面にちょこんとささっています。ハクチョウソウとも呼ばれているそう。  夕方になっても暑さはやわらぎません。それでも、けれん味のない白い花のまわりにふと涼やかな風が流れます。

  • 2週間たって

     用事があって、6月末から1週間ほど高知に帰っていました。  新型コロナウイルスの感染状況をふまえて、高知にいるあいだは、会わなくてはいけない人としか会わず、ひっそりと滞在していました。  大雨がふり、その後もふって九州など各地に大きな被害をもたらしました。九州はSatoshiの両親のふるさと。ゆかりがあります。被害に遭われた方々がはやくもとの生活を取り戻せますよう、お祈りしています。  東京に戻…

  • 5か月と20日ぶりに

     芝公園にある梅林のなかになぜかザクロの木が1本立っていて、Satoshiが見た5、6日前にはパッと目を引くオレンジ色の花をたくさん咲かせていたそう。  きのう、木のそばに…

  • 油断するとホネがスカスカ

     梅雨に入りました。  今年ももう半分ほどたちます。  少し前ですが、晴れ間がのぞく日の散歩の途中、芝公園の日当たりのよい花壇の一角にナデシコが咲いていました。  自然のままのような草姿。かれんな花。  いま、たんすの上に、Satoshiが花屋さんで目にとめた小さなナデシコのブーケを飾っています。 「素朴な感じの花だね。かわいいね」  彼もとても気に入ってるみたい。  花持ちもよいのでピンクのかわ…

  • 髪型だけ若返っても

     公園の芝生広場へと向かう石段の脇にアジサイが咲いていました。    4、5日ほど前に、白い手まりのようなアジサイを1つ見つけて喜んでいたのに、いまはもうブルーやピンクなどのたくさんの花が。  このところ雨もようのお天気の日が多かったからでしょうか。  季節が確かに移っているのを感じますね。

  • お水、飲んだ?

     芝公園のなかのいつもの通り道。敷石の上に、葉っぱのあいだからさす日の光が明るいもようを描きます。  つややかな新緑がきれい。  バラ園には真っ赤やピンクや黄色や白…

  • 小さな公園の遊具とベンチが封鎖されて

     毎年このころ、近郊に住む友だちが庭に咲いたスズランの花を送ってくれます。  添えられた彼女の手紙によると、この春はスズランの花が少なかったそう。いつもの半分ほどのかさの花束。花瓶に生けようとして手にとったら、ふわっと澄んだ甘い香りがしました。  スズランの咲く季節。  はやいですね。もう5月です。

  • スーパーがたいへんですよ!

     お天気のよい日。ゆっくり歩いて30分、気分転換にでかけた芝公園でも途中の通り道でもハナミズキが満開でした。  サクラのあとにおだやかに咲く花、ハナミズキ。白やピンクの花に見えるのは苞と呼ばれる花をまもるための葉で、その真ん中に見えるのがほんとうの花だそう。  花よりきれいになった葉っぱ。おもしろいですね。 <…

  • いつもと同じ春、いつもとは違う春……

     7都府県に緊急事態宣言が発令されました。  新型コロナウイルス感染症がもたらした状況はきびしい局面を迎えています。  人との接し方、手洗いやうがいはもとより、発酵食品や食物繊維をしっかりとって腸内を整え免疫力をアップ。自分自身やまわりにいる人たちのために乗りこえていきたいと思います。  少し前になりますが、4月3日は母の命日でした。  亡くなってからもう19年たちます。月日がたつのがはやくて…

  • 鼻かぜをひいたら

     3連休の終わり、日曜日、あたたかいお天気に誘われてヒルズのさくら坂を歩いてみました。  散歩するのは1週間ぶりです。  ときおり春の風が吹き抜けます。  ゆっくり歩いていたら、けやき坂とつながっている広場の石段のそばに青い花が一叢咲いているのを見つけました。  小さな青い花、ヒメツルニチニチソウとか。  花のかたちがかわいいですね。

  • 病院が空いている

     公園の広場の枯れた草むらのなかに、黄色いラッパスイセンがぽつんと咲いていました。  やわらかくふり注ぐ光をあつめたような明るい花色。  かわいらしい早春の使者ですね。

  • スマホの字が読めるのは白内障のせい

     中国中部にある都市武漢で発生した新型コロナウイルスが世界中に拡散しています。  日本でも感染者が増え、誰もがなにかのぐあいで感染してもふしぎではない状況に。  ウイルスの詳細はまだよくわかっていません。ワクチンも治療薬もなし。  頼みとするものがほしいですね。投与が始まったという、新型インフルエンザ治療薬がこのウイルスに効くことを願っています。  公園の花壇で、伸びた小枝に釣り鐘のような…

  • 久しぶりのふるさとで……

     芝公園のウメがだいぶほころんできました。  ほのかに漂う品のよい香り。はやい春の予感。  まだ冷たい風が吹き抜けるなか、いろんな花に先んじてきっぱりと咲くウメの花を眺めていると、先への明るいイメージを感じてうれしくなりますね。

  • 痛みがうすらぐにつれて

     久しぶりに散歩をしていたら、大きなマンションの生け垣に鮮やかな紅い花が咲いていました。  寒い冬になると咲き始めるツバキです。    つやつやした深緑の葉とのコントラストが印象的。冬の花らしい、りんとした趣やつつましいうつくしさを感じますね。

  • うれしい、さびしさ

     医療センターの中庭に早咲きのサクラが咲いていました。  花は少し濃いめのサクラ色です。寒風が吹くなか、ぽつぽつと咲き始めているようすがけなげな感じ。  少し前になりますが、16日、木曜日はSatoshiの検診日でした。受付をすませ、肺のCT検査まで少し時間があったのでちょっと外へ。 「先週、骨シンチグラフィー検査を受けたときにももう咲いていたよ。かわいいね」  わりあい日当たりのよい場所にある別の木…

  • 年に1度の会話

     2020年がおだやかに開けました。  元旦からおおむねいいお天気の日が続いて、それだけでもなんだかいい気分でしたね。  週末の5日、なじみの花屋さんはまだ店を開けていま…

  • ケセラセラ

     右ひざをケガしてから丸1か月たちました。  そのあいだなんとか出かけたのは整形外科のクリニック除いて2回。友人が日本画の個展をやっていた銀座の画廊と、人間ドックを受診した医療センターです。  ずっと家のなかですごす日が続いています。  青い空を見上げることもできないし、木や土や花々のにおいや頬に当たる風を感じることもありません。  つくづくいやになってしまいます。

  • 血圧がギュンと上がった!

    「ほら、もう芝公園はこんな感じだよ」  散歩から帰ってきたSatoshiが見せてくれた写真では、イチョウの葉っぱがすっかり落ちて、ふわふわの黄色いじゅうたんが広がっていました。  きれいですね。  葉っぱの上を歩いてみたいのですが、足を痛めているのでかないません。  残念です。

  • 杖先輩のリードで

     黄色い葉っぱのてっぺんが青い空の方へと伸びています。  先週末、外出したおりにタクシーの窓から見た芝公園のイチョウ並木がとてもきれいでした。  公園のなかの、都営三…

  • やっとSakuraが退院した日にオーマイゴッド!

     公園の芝生広場のバラ園もすっかり冬の風情です。    それでも、枯れた色あいの草やつるに交じってかれんな花を咲かせている白やピンクのバラを見つけるとうれしくなります。  知らず知らずのうちに活力をもらっている気がして。

  • もし、もう1人ダウンしたら

     ちょっと前になりますが、11月20日の水曜日は二の酉でした。    その日の夕方、Satoshiとわたしは来る年の幸せや家内安全を願って十番稲荷神社にお参りしました。地元の人々に親しまれる十番稲荷神社は港区のなかで唯一酉の市が斎行されている神社です。    わたしたちは、去年の三の酉の日に受けた熊手を納め、新しい熊手を手にしました。  福をかき集めるというお守り熊手。年々大きいものに換えていくとよい、…

  • 思い当たるふしがなくても発病する……

     公園の広場を囲む木々の葉っぱが赤や黄色に変わっています。 「朝はまだ暗いしちょっと寒いけどね、だんだん明るい光が広がっていくのでけっこういい気分だよ」  久しぶりに早朝の散歩に出かけたSatoshiは、秋の名残の閑寂な景色を目にして満足げ。  昼間でも吹く風がひやっと感じるようになりました。  もうそろそろ冬ですね。

  • 意識が戻ってから、回復がはやい

     近くのマンションの広場にシイの実が落ちていました。  シイの実はドングリの仲間の一種。小さめですが、ドングリらしくころんとしてかわいい風情です。  まだ小さいころ、父といっしょに出かけたときに焼いたシイの実を買ってもらい、食べたことがあります。    シイの実の入った紙袋はほんのりとあたたかく、殻を割ると小さな白い実が出てきました。  口に入れると、ちょっとかたくて甘みもほとんどなかったけれ…

  • 朝、ピンクのスイフヨウを見た日に

     うす曇りの10月28日、月曜日、午前6時50分。  Satoshiは散歩の途中、芝公園の広場でほんのりピンクに染まったスイフヨウを見つけました。  朝なのに、ピンク色?  スイフヨウ(酔芙蓉)は、朝、きよらかな白い花を咲かせ、お昼ごろからやわらかなピンク色に染まり始めます。そして、夕方には濃いピンク色に変わる、一日花です。  ところが、気温が低めのころに咲いた花は、前の日の夕方にピンク色に変わったあ…

  • お菓子をくれないと……

     台風による豪雨や河川の氾濫、そのあともくり返す大雨によるさまざまな被害に言葉もありません。  被災された方々に心からお見舞い申しあげます。  10月ももうそろそろ終わ…

  • ちょっぴり心残り?

     歩いているとにおいが鼻につきます。つぶれたギンナンが地面にへばりついています。  芝公園にあるイチョウの木の下。  うかつなわたしは、すべらないように気をつけて歩きます。    ついこのあいだまで昼間は半袖ですごしていましたが、このところ急に寒くなりました。  一気に秋が来た感じ。  まだ青いイチョウの葉っぱも少しずつきれいな黄金色に変わっていく季節です。

  • 自然に気持ちが上向く話

     だいぶ前にSatoshiから聞いた、お年寄りの人たちに体操を教えているインストラクターの話。  年を取ってくると肩が丸まってきます。  首の部分も下がってきて、ついつい下を向くようになりがち。  するとだんだん気分も落ちこみ、うつ気味になってきます。    大きく胸を広げて背中を伸ばし、首をしっかり起こしてなるべく上を見上げるように心がけましょう。  こうすれば、ほら、気持ちも上向いてきます。落ち…

カテゴリー一覧
商用