searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

shebrokeherwristさんのプロフィール

住所
港区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
十番ホネ日記
ブログURL
http://shebrokeherwrist.seesaa.net/
ブログ紹介文
うっかりアラセヴマダムEikoと、肺がんと余病を乗り越えてきた夫Satoshiの二人三脚な日々……。
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2018/04/05

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、shebrokeherwristさんをフォローしませんか?

ハンドル名
shebrokeherwristさん
ブログタイトル
十番ホネ日記
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
十番ホネ日記

shebrokeherwristさんの新着記事

1件〜30件

  • パラリンピック

       芝公園の芝生広場の隣りのバラ園では、このきびしい暑さにもめげず、かれんな一重や華やかな大輪のバラが思いのほかたくさん咲いていました。  きれいですね。  バラ、強い花です。

  • 高い空の虹

     芝公園の通路のそばに白いサルスベリが咲いていました。  シロバナサルスベリ(白花百日紅)と呼ばれているそう。たっぷりの花をつけているのに花色のせいか重い感じがしません。

  • 星に願いを

     7月7日。七夕ですね。   『一生おいしいものが食べられますように』 『わるくなった足がよくなりますように』 『(娘が)コロナからはやく回復し、1日もはやく笑顔で学校に行けますように』  公園の芝生広場に設けられた一対の笹飾りには、それぞれの願いごとが書かれた色とりどりの短冊がぶら下がっています。  うんうん、そうよね、という感じ。気持ちがこもっています。  みんなの願い、今夜、星に届きま…

  • えっ、キャンセル?

     街のあちらこちらにアジサイが咲いています。やわらかな色あいがやさしげです。  このあいだ、有栖川公園のなかにある都立中央図書館のそばで、『雨に唄えば』と名づけられた…

  • 半年で1.5パーセントアップ

     芝公園の片すみに春からずっとヤグルマギクが咲いています。  小さなかわいい花です。花の色は白やピンク、目に痛いほどの濃い青。  春、(もの想うことの多かった)3月中旬は、あざやかな黄色のナノハナに混じって咲いていたせいかその鋭い青い色がひときわ目立っていました。見つめていると心がシーンとなるというか、静かに諫められているような気がしたものです。  いま思うと、だらけていてはいけませんよ、と励…

  • 4月から通っています

       新緑がきれいですね。  梅雨のころは白やピンクやうす青のアジサイの花でうまる、芝公園の狭い通り路もいまは一面みずみずしい緑。伸びた葉っぱのあいだからやわらかな光がこぼれます。  小路を通り抜けるだけでも体のなかがきれいになりそう。  そんな新緑のころ、毎年友だちからスズランが届きます。  一束とって小さな花瓶にさします。  緑と白の色あいがすがすがしい感じ。  大好きな季節。短いけれ…

  • また、サクラの季節へ

     今日は春分の日。  春到来ですね。コロナ禍のなかで迎える2度目の春です。    東京では1週間前にサクラの開花が発表されました。  サクラが咲いた、と聞くと特別な気分。気がはやいのはわかっているのですが、このところあたたかい日が続いているのでそわそわします。  街なかのサクラの木も公園の並木もまだそれほどたくさんの花をつけてはいません。でもあっという間に見ごろになりそう。楽しみですね。 …

  • いまできることは

     芝公園の梅林のウメの花がきれいに咲いています。  この週末にはゆったりとお茶をいただきながら花見ができる梅まつりが開催される予定でしたが、残念ながらコロナの影響のため中止になってしまいました。  それでも、白やピンクのかれんな花を眺めていると、はやい春のやわらかい光のぬくもりを感じます。  もうすぐあたたかい春。待ちどおしいですね。

  • ライオンもマスク

     植え込みに濃いピンク色のサザンカが咲いています。  ツバキとそっくりですね。地面に散っている花びらがなければまちがえてしまいそう。  寒いころに咲くせいか、サザンカもツバキもかわいらしい花の姿のなかにりんとしたたたずまいがあって惹かれます。

  • こんにちは。2021年!

    新しい年が明けました。 寒い朝です。 新しい年の始まり。 肩をすぼめて見上げる暗い空の明るい光にあたたかさややさしさを感じます。 2021年がよりよい1年でありますよ…

  • メリークリスマス!

     師走の寒さにもめげず、花びらが幾重にも重なった赤や白やピンクの大輪のバラが咲いています。  それでもあたりがさびしげに見えるのは咲いている花の数が少ないからでしょう。  そんな、冬の風情が漂う芝公園のバラ園のそばを通り抜けていたら、片すみに小さなクリスマスツリーを見つけました。  高さは子どもの背丈ぐらい。双子のようになかよく並んでいます。  かわいいですね。  もうクリスマス。  家で…

  • さようなら、Tamiちゃん

     赤や黄に色づいた葉が風に舞う11月の中旬、SatoshiとSakuraの母親、Tamiちゃんが永遠の眠りにつきました。97歳でした。  食欲もやや戻っていたように思います。看護師さんや…

  • の、まにまに……

     日が短くなってきました。  天気のよい日、Satoshiが日課の朝の散歩のため家をでるのは6時20分ごろ。もう夜は明けていますが、周りはまだモノクロの世界。ゆっくり30分ぐらい歩いて芝公園に着いたころ空がだんだん明るくなってきて、雲がちぎれたりくっついたりしながら秋の青い空が広がっていくそう。 「ああ、いつもの朝だな、と思うよ。変わりない1日の、ね」  なじみの花屋さんのおばさんがすすめてくれた、か…

  • 不都合な真実も見えてくる

     朝夕の空気がひんやりします。  以前Satoshiが、 「きついのでちょうどいいリハビリになるよ」  そう言いながらふうふう上っていた、芝公園の少し幅が広めの石段から見える朝の空はうす青い秋空。  風が通り道に咲いているキバナコスモスをなでていきます。    9月ももう下旬。  だいぶ秋めいてきました。  外国人の客が多いスーパーマーケットではドクロの燭台やカボチャのランタン、魔女の帽子などハロ…

  • 影が長くなりました

     朝6時40分ごろ。  いつものように早朝散歩で芝公園のなかをめぐっていたSatoshiは、長くのびている木の影に気づいてしみじみ見つめてしまったそう。 「だいぶ長くなってきたよね。そういえばサクラ並木の下を通ったら葉っぱも散り始めていたし……。秋を感じますね」

  • あれやこれや詰めた荷物が2つ

     公園の芝生広場のすみに白い小さな花が一群れ咲いていました。近くに寄ってよく見ると、花のかたちが翅を広げて飛んでいる蝶々のよう。かわいいですね。  ガウラと書かれた名札が地面にちょこんとささっています。ハクチョウソウとも呼ばれているそう。  夕方になっても暑さはやわらぎません。それでも、けれん味のない白い花のまわりにふと涼やかな風が流れます。

  • 2週間たって

     用事があって、6月末から1週間ほど高知に帰っていました。  新型コロナウイルスの感染状況をふまえて、高知にいるあいだは、会わなくてはいけない人としか会わず、ひっそりと滞在していました。  大雨がふり、その後もふって九州など各地に大きな被害をもたらしました。九州はSatoshiの両親のふるさと。ゆかりがあります。被害に遭われた方々がはやくもとの生活を取り戻せますよう、お祈りしています。  東京に戻…

  • 5か月と20日ぶりに

     芝公園にある梅林のなかになぜかザクロの木が1本立っていて、Satoshiが見た5、6日前にはパッと目を引くオレンジ色の花をたくさん咲かせていたそう。  きのう、木のそばに…

  • 油断するとホネがスカスカ

     梅雨に入りました。  今年ももう半分ほどたちます。  少し前ですが、晴れ間がのぞく日の散歩の途中、芝公園の日当たりのよい花壇の一角にナデシコが咲いていました。  自然のままのような草姿。かれんな花。  いま、たんすの上に、Satoshiが花屋さんで目にとめた小さなナデシコのブーケを飾っています。 「素朴な感じの花だね。かわいいね」  彼もとても気に入ってるみたい。  花持ちもよいのでピンクのかわ…

  • 髪型だけ若返っても

     公園の芝生広場へと向かう石段の脇にアジサイが咲いていました。    4、5日ほど前に、白い手まりのようなアジサイを1つ見つけて喜んでいたのに、いまはもうブルーやピンクなどのたくさんの花が。  このところ雨もようのお天気の日が多かったからでしょうか。  季節が確かに移っているのを感じますね。

  • お水、飲んだ?

     芝公園のなかのいつもの通り道。敷石の上に、葉っぱのあいだからさす日の光が明るいもようを描きます。  つややかな新緑がきれい。  バラ園には真っ赤やピンクや黄色や白…

  • 小さな公園の遊具とベンチが封鎖されて

     毎年このころ、近郊に住む友だちが庭に咲いたスズランの花を送ってくれます。  添えられた彼女の手紙によると、この春はスズランの花が少なかったそう。いつもの半分ほどのかさの花束。花瓶に生けようとして手にとったら、ふわっと澄んだ甘い香りがしました。  スズランの咲く季節。  はやいですね。もう5月です。

  • スーパーがたいへんですよ!

     お天気のよい日。ゆっくり歩いて30分、気分転換にでかけた芝公園でも途中の通り道でもハナミズキが満開でした。  サクラのあとにおだやかに咲く花、ハナミズキ。白やピンクの花に見えるのは苞と呼ばれる花をまもるための葉で、その真ん中に見えるのがほんとうの花だそう。  花よりきれいになった葉っぱ。おもしろいですね。 <…

  • いつもと同じ春、いつもとは違う春……

     7都府県に緊急事態宣言が発令されました。  新型コロナウイルス感染症がもたらした状況はきびしい局面を迎えています。  人との接し方、手洗いやうがいはもとより、発酵食品や食物繊維をしっかりとって腸内を整え免疫力をアップ。自分自身やまわりにいる人たちのために乗りこえていきたいと思います。  少し前になりますが、4月3日は母の命日でした。  亡くなってからもう19年たちます。月日がたつのがはやくて…

  • 鼻かぜをひいたら

     3連休の終わり、日曜日、あたたかいお天気に誘われてヒルズのさくら坂を歩いてみました。  散歩するのは1週間ぶりです。  ときおり春の風が吹き抜けます。  ゆっくり歩いていたら、けやき坂とつながっている広場の石段のそばに青い花が一叢咲いているのを見つけました。  小さな青い花、ヒメツルニチニチソウとか。  花のかたちがかわいいですね。

  • 病院が空いている

     公園の広場の枯れた草むらのなかに、黄色いラッパスイセンがぽつんと咲いていました。  やわらかくふり注ぐ光をあつめたような明るい花色。  かわいらしい早春の使者ですね。

  • スマホの字が読めるのは白内障のせい

     中国中部にある都市武漢で発生した新型コロナウイルスが世界中に拡散しています。  日本でも感染者が増え、誰もがなにかのぐあいで感染してもふしぎではない状況に。  ウイルスの詳細はまだよくわかっていません。ワクチンも治療薬もなし。  頼みとするものがほしいですね。投与が始まったという、新型インフルエンザ治療薬がこのウイルスに効くことを願っています。  公園の花壇で、伸びた小枝に釣り鐘のような…

  • 久しぶりのふるさとで……

     芝公園のウメがだいぶほころんできました。  ほのかに漂う品のよい香り。はやい春の予感。  まだ冷たい風が吹き抜けるなか、いろんな花に先んじてきっぱりと咲くウメの花を眺めていると、先への明るいイメージを感じてうれしくなりますね。

  • 痛みがうすらぐにつれて

     久しぶりに散歩をしていたら、大きなマンションの生け垣に鮮やかな紅い花が咲いていました。  寒い冬になると咲き始めるツバキです。    つやつやした深緑の葉とのコントラストが印象的。冬の花らしい、りんとした趣やつつましいうつくしさを感じますね。

カテゴリー一覧
商用