searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

クーラーさんのプロフィール

住所
花見川区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
芋づる式読書のメモ
ブログURL
https://imoduru.blogspot.com/
ブログ紹介文
考古・風景などの図書を芋づる式に読んだ時の感想、抜き書きなどのメモです。
更新頻度(1年)

16回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2017/12/28

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、クーラーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
クーラーさん
ブログタイトル
芋づる式読書のメモ
更新頻度
16回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
芋づる式読書のメモ

クーラーさんの新着記事

1件〜30件

  • 方相氏の耳鼻誇張表現

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 16 この記事では設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「弥生時代の顔の変容」の「顔壺にさぐる黥面の継承と変容」の一部について学習します。 1 方相氏の耳鼻誇張表現 有馬遺跡の顔壺(有...

  • 鳥が飛ぶ空を見ている弥生時代の顔

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 15 この記事では設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「弥生時代の顔の変容」の「顔壺にさぐる黥面の継承と変容」の一部について学習します。 1 鳥が飛ぶ空を見ている弥生時代の顔 人頭土...

  • 顔壺

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 14 この記事では設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「弥生時代の顔の変容」の「顔壺にさぐる黥面の継承と変容」の一部について学習します。 1 農耕文化と壺形土器 壺形土器は穀物の増加...

  • 土偶形容器の男女

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 13 この記事では設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「弥生時代の顔の表現」の「土偶形容器にみる男女の表現」を学習します。 1 土偶形容器 弥生時代の東日本に土偶形容器が出土する。縄...

  • 鳥装と非黥面起源

    設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 12 この記事では設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「弥生時代の顔の表現」の「鳥装と非黥面起源」を学習します。 1 黥面と非黥面 弥生時代に入ると黥面のある顔の造形と黥面のない顔の造...

  • 分銅形土製品

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 11 この記事では設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「弥生時代の顔の表現」の「分銅形土製品の笑い顔」を学習します。 1 分銅形土製品の笑い顔 本章では弥生時代を代表する第二の道具で...

  • 出産土偶の顔

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 10 この記事では設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「縄文土偶の顔」の「出産土偶の顔」を学習します。 1 屈折像土偶は座産の姿 屈折像土偶とは膝を折り曲げて腰を下ろし、腕を組んだり...

  • 縄文人はなぜ巨大な耳飾りをつけたのか

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 9 この記事では設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「縄文土偶の顔」の「縄文人はなぜ巨大な耳飾りをつけたのか」を学習します。 1 縄文人はなぜ巨大な耳飾りをつけたのか この章の結論は...

  • 山形土偶からみみずく土偶へ

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 8 この記事では設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「縄文土偶の顔」の「土偶の誇張表現」を学習します。 1 山形土偶からみみずく土偶への変化 関東地方縄文後期の山形土偶からみみずく土...

  • 土偶のダブルハの字文

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 7 設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「縄文土偶の顔」の「縄文人の通過儀礼」を学習します。 1 ダブルハの字文 この節では土偶と風俗にかんする研究・論争の歩みに触れるとともに、縄文...

  • 黥面 追考

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 6 1 目まわりイレズミと口まわりイレズミ 黥面絵画様式の変遷 設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)から引用 設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)掲載の黥面絵...

  • 黥面(ゲイメン 顔のイレズミ)の歴史

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 5 設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「黥面考」を学習しました。顔イレズミの歴史全貌の最新知識を整理したかたちで知ることができました。著者に感謝、感謝です。 黥面絵画の分布分析、3...

  • 人面墨書土器

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 4 設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の方相氏、辟邪の概念に触発されて、過去に熱中したことのある人面墨書土器についてふりかえってみました。 5年前に下にリンクしたような人面墨書土器関...

  • 笑う盾持人埴輪

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 3 設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「方相氏と「鬼は外」の起源」で、弥生時代に紀元前漢帝国からもたらされた辟邪(へきじゃ)[邪悪なものを退散させる想像上の動物]としての方相氏につ...

  • 方相氏

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 2 設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)の「方相氏と「鬼は外」の起源」で、弥生時代に紀元前漢帝国からもたらされた辟邪(へきじゃ)[邪悪なものを退散させる想像上の動物]としての方相氏に関...

  • 設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)を読み始める

     設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)学習 1 書店をブラブラ歩いている時、新刊書コーナーの目立つところに設楽博己著「顔の考古学 異形の精神史」(2021、吉川弘文館)が並んでいました。考古学関係新刊図書を見かけることは少ないので、また内容がとても興味深...

  • 山田康弘著「縄文時代の歴史」興味コンテンツベスト10

     山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 43 山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)を通読したので、ふりかえり、自分が興味を持ったコンテンツベスト10を抽出してみました。 1 山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)のコン...

  • 山田康弘著「縄文時代の歴史」の「おわりに」と今後の学習

     山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 42 「おわりに」を学習します。 1 おわりに ・縄文文化の本質は、後氷期における急激な温暖化、そして中期以降の冷涼化を伴いながらも総体的には安定的な気候の中で、日本列島域の各地方・各地域でそれぞれに個性的な環境適応...

  • 縄文時代・文化の本質

     山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 41 「エピローグ 縄文時代・文化の本質」を学習します。 1 もう一つの縄文文化 ア 後晩期の西日本縄文文化 ・中国地方の縄文遺跡は少なく、検出される住居跡も2~3棟と少ない。 島根県原田遺跡の集落 山田康弘著「縄文...

  • 縄文時代・文化の終焉

     山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 40 「第五章 精神文化の発達と社会の複雑化 後期・晩期(Ⅳ期)」の「7 縄文時代・文化の終焉」を学習します。 1 縄文時代晩期と言えば「亀ヶ岡文化」だが ・亀ヶ岡式土器とは、正式には大洞式土器という型式名で、精製土...

  • 階層社会へのきざし

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 39 「第五章 精神文化の発達と社会の複雑化 後期・晩期(Ⅳ期)」の「6 階層社会へのきざし」を学習します。 1 社会の階層化プロセス ・階層社会とは、「一つの社会がいくつかのグループに分かれており、財貨・名誉など、有...

  • 墓制と祖霊祭祀の発達

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 38 「第五章 精神文化の発達と社会の複雑化 後期・晩期(Ⅳ期)」の「5 墓制と祖霊祭祀の発達」を学習します。 1 配石墓・石棺墓の増加 ・後晩期には、日本列島域全体で墓の上部構造に石を用いる配石墓が増える。中には上部...

  • 多様な祭祀の展開

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 37 「第五章 精神文化の発達と社会の複雑化 後期・晩期(Ⅳ期)」の「4 多様な祭祀の展開と精巧な祭祀・呪術具の発達」を学習します。 1 土器の精製化・粗製化 ・後期に精製土器と粗製土器の分化 ・精製土器に...

  • モノの流通とネットワーク

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 36 「第五章 精神文化の発達と社会の複雑化 後期・晩期(Ⅳ期)」の「3 モノの流通とネットワーク」を学習します。 1 交易の発達と特産品の生成 ・ネットワークが拡大すればするほど、さまざまな資源そして各種の...

  • 後晩期の集落景観

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 35 「第五章 精神文化の発達と社会の複雑化 後期・晩期(Ⅳ期)」の「2 後晩期の集落景観」を学習します。 1 敷石住居の出現 ・柄鏡形住居の出現 ・柄鏡形住居の中には大型扁平な石を配置するものがあり、敷石...

  • 集落立地の多様化と生存戦略

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 34 「第五章 精神文化の発達と社会の複雑化 後期・晩期(Ⅳ期)」の「1 縄文社会の変質」の小見出し「集落立地の多様化と生存戦略」「広範囲における人の移動?」を学習します。 1 集落立地の多様化と生存戦略 ア...

  • 4.3kaイベント

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 33 「第五章 精神文化の発達と社会の複雑化 後期・晩期(Ⅳ期)」の「1 縄文社会の変質」の小見出し「遺跡数の減少」「4.3kaイベント」を学習します。 1 遺跡数の減少 ・中期のおわり頃から後期の初頭になる...

  • 精神文化の高揚

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 32 「第四章 人口の増加と社会の安定化・社会複雑化の進展 前期・中期(Ⅲ期)」の「6 精神文化の高揚」を学習します。 1 男と女からなる世界観の確立 ・縄文時代遺物には男性性と女性性を象徴したものが多い。 ...

  • 中期の社会構造

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 31 「第四章 人口の増加と社会の安定化・社会複雑化の進展 前期・中期(Ⅲ期)」の「5 さまざまな墓制の展開」の小見出し「中期の社会構造をさぐる」「特別な人物の出現」「ヒスイとコハクの利用」「「縄文威信財」を佩用す...

  • 墓制の展開

    山田康弘著「縄文時代の歴史」(2019、講談社現代新書)学習 30 「第四章 人口の増加と社会の安定化・社会複雑化の進展 前期・中期(Ⅲ期)」の「5 さまざまな墓制の展開」の小見出し「墓域、埋葬群、埋葬小群」「埋葬小群は何を表すか?」「小竹貝塚の墓域構造から前期の社会を考える...

カテゴリー一覧
商用