searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

moon blinkさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
紅の君 (いつも2人)
ブログURL
http://moonblink247.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
基本、ホミンお二人が大好き。妄想、希望だけで書いちゃいました。
更新頻度(1年)

352回 / 365日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2017/11/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、moon blinkさんをフォローしませんか?

ハンドル名
moon blinkさん
ブログタイトル
紅の君 (いつも2人)
更新頻度
352回 / 365日(平均6.8回/週)
フォロー
紅の君 (いつも2人)

moon blinkさんの新着記事

1件〜30件

  • 願いが叶うなら・・・

    おはようございますm(__)mあの・・・大した記事ではないのでスルーしてください・・・m(__)m一つ年を取ったご褒美に、お2人に会いたいな・・・・・あの・・ちょっとしたジェラシー事件でも会えない時間を過ぎれば少し乗り越えられていてまたあの神々しいライブを体感したいと思うのは只のわがままの塊かな・・・。ユノー!!元気かな?きっとそばに・・・気持ちに・・・チャンミンが寄り添ってくれてるよね・・・。(希望であり絶...

  • ring(わっか)チャンミン

    一人歩くこの道・・・いつも通りの散歩道・・・ふと見上げれば星は出てなくて霞んだ三日月がそこには見える。「君からは僕がどう見えているのかな・・・」そんな呟きは誰にも聞こえるわけがないのにふと立ち止まり見上げた。そっと右手を上げてその三日月に手をかざし、人差し指と親指で輪っかを作る・・・。「これで満月か?ふっ・・・」ジッと立ち止まりその月を見ていれば滲むその月・・。今日がどうあるわけじゃない・・・そし...

  • ひとり言

    色んな事があり、いろんな状況でも信じている人を裏切らないと知っている・・・・・そんなあなたを大好き・・・・の、ひと言で済ますのは申し訳ないけどでも、いつもいつも見守ってます・・・。って、チャンミンの心の声が聞こえそう・・・・たぶん皆さんもだと思いますm(__)mにほんブログ村*仕事が追い付かなくて疲れがたまる一方な年でございますm(__)m...

  • 出逢い・・・birthday♡changmin

    「ユンホさん////」「ユノ!」「ユノさん////」「だから・・ユノだって!!」「/////ユノ/////」「そう!それでいいの!!」「//////」もう何度もの繰り返しなんだけど言い慣れなくって////恥ずかしいというかくすぐったくって/////あの後から急速に接近?・・・じゃなくて///その////親しくなることになって僕の隠していることも素直に伝えることが出来たんだ・・。そのことに対して驚くこともなく受け入れてくれて・・・そして//...

  • 出逢い・・・微笑みchangmin

    その人のやさしい瞳を遠くから見れればそれでよかったんだ・・・・大学に入学してすぐに友人となった人は僕と気がよく合ってそれでいて昔から知り合いのようなそんな存在の人。「テヨン・・・僕が遊びに行ってもいいの?」「勿論だよ。俺の友達だしなんにも言わないよ。」「ん・・・・でも・・・」僕はこの大学からちょっと離れている地方の出身。向こうでも大人しいほうで人と接することが苦手で家と学校を往復していた生活。僕か...

  • 出逢い・・・birthday♡yunho

    「ユンホさん////」「ユノ・・」「ユノさん////」「ユノ!」「/////ユノ/////」何度も繰り返したこの状況。やっとそう呼ぶのに1年近くもかかるなんて・・・どれだけ恥ずかしがり屋なんだかな・・・まあ、それがこの子なんだけど・・・・あの誕生会の後、帰りの方向が一緒だということで俺が電車の所まで送ったんだけどその時に交換した電話番号。最初に電話かけるまでがあれやこれやと模索してようやく映画でも見ないかと誘ったん...

  • 出逢い・・・微笑み yunho

    ・・・・・ただ・・そこに佇んでいるだけ・・・・・俺の目の前にある現実とも思えない灰色の世界に・・・・一般的な模範家族だった・・・人様に迷惑をかけるわけでもなく平々凡々な我が家。両親、妹1人・・・父親は現実的で自分にも厳しい人、母はやさしいほほえみで俺たちを包んでくれるような人。妹は俺にとって天使のような存在だった・・・。そう・・・だったんだ・・・過去形・・・・。大学の卒業で就職先も決まり仲間たちと...

  • お詫びとお礼m(__)m

    いつもありがとうございますm(__)m。色んなことの重なりで身動きの取れない状態で、イライラもしたり、癒しを求めてつい昔のDVDを見て癒されています。気持ちの余裕が出来ればまた、書きたいと切に願っている所です。もうしばらくお待ちいただけるのであればその時はまたお寄りいただけると幸いです。人それぞれの事情があってたぶん、辛いことがおありの方もいらっしゃるのに比べればたぶん、大したことではないと思う私の事情...

  • もう一つのゆりかご・・・番外編

    *おはようございますm(__)mお2人の話ではないのでつまんないと思われた方はごめんなさいですm(__)m。そう、あの人たちに出会ったのはきっと必然性がもたらしてくれたものだろうな・・・・僕の名前はテミン。保父さんになってまだ、5年。施設で育ったせいもあって子供の面倒を見るのはお手の物・・・かな?・・・育った施設はそれぞれ成長したらその施設を出なきゃならないんだけどその先は自分たちで決めなきゃならない。僕も同...

  • あの・・・

    いつも読んでいただきありがとうございますm(__)mあの・・・読み物ではないのですが、ちょっと心配で・・・東北地方の方・・・大雪とか予報で聞きまして・・・・大丈夫ですか?コロナも収まる気配もなく、けれど仕事はあるし・・・。お正月もお正月どころじゃない方が多かったのではないかと・・・雪かきも大変ですよね・・・ごめんなさいm(__)mこちらの寒さは斬れるように痛い風が吹くのですが雪はあまり降らないので中々想像が出...

  • 明けましておめでとうございますm(__)m

    どうもどうも、お久しぶりでございますm(__)m明けましておめでとうございますm(__)m中々更新できなくて申し訳ございません。それでもご心配下さる方がお返事もしないこの私目にメッセージを下さり感謝感謝でございます。コロナ禍が異常なくらい増えて1時間かかるところの大型スーパーにも行けず、大人しく家にいます。おいおい、またお話は書かせていただきたいなって思っています。あのかわいらしいお2人にまた逢えればそれで十...

  • 朝でーす( ̄▽ ̄)・・m(__)m

    おはよーございますm(__)m陰性でした(^-^)/ご迷惑な独り言をつぶやいて申し訳ございませんでしたm(__)mうつりたくてなったわけでない方もいらっしゃるとは思いますがほんと、旦那曰く、試験よりも怖かったと・・・。おいおい、マジかよなんてことは言わなかったですがそれくらいだったそうです。でも、退院日が決まったのでまたそこから羽田からとんぼ返り。お兄さんと合流して田舎に連れて帰って来るので検査して1週間仕事は休み...

  • おはようーございますm(__)m

    おはようございますm(__)mこの度はたくさん休んでおります(´Д⊂グスン主人が東京経由の千葉から戻り、今日PCR検査を受けるので待機している所です。田舎には県内に一ヶ所しか民間でしてくれるところが無いのでそこまで、1時間かけて検査に行くみたいです。勿論、コロナの疑いがあれば検査する指定の所はあるのですが・・・。他人事ではないのですが家はローカを隔てた母屋に主人はいるのでご飯などはストックしたものを冷蔵庫に入...

  • 仮初(かりそめ)・・・続・8

    今回の出展は成功に終わった。俺的にはだけど/////でも、いろんなことに挑戦してそしてそれが少しだけど実を結んで出展してくれた人たちからも感謝を言われた。・・・若い人たちにも受ける商品だとわかった・・・・・・もう少しアレンジを加えて次回に向かうからまた、呼んでほしい・・・など、多数の意見が俺のもとに寄せられたんだ。実はこれも、彼の所に来ていた人たちがこちらの倉庫にも多く寄ってくれて写真をアップしたイン...

  • 徒然・・・ひとり言

    いつも応援いただいてありがとうございますm(__)m今回のはまったくお2人のことに触れていませんのでたぶん、興味のない話かなと思いますので回れ右ー!!///して頂いても構いませんのであしからずでございますm(__)m今年の7月の中頃に主人のお兄さんが脳出血で倒れて手術いたしました。倒れた所が病院だったためよかったと安どしておりましたら何日も目覚めなくてどうしたことかと心配してました。1週間ほどして目覚めたら記憶...

  • 仮初(かりそめ)・・・続・7

    僕ったら何やってるんだろう//////今日は彼の晴れ舞台?というか初の自分で手掛けた出展の日。お手伝いも兼ねて自分の所の商品を展示即売してるんだけど・・・。裏方で頑張っているはずの彼がこっちを見てたかと思えば今度は俯いてしょんぼりとし始めた。もう、ビックリしちゃってそばに行けばテヒさんが教えてくれたんだ。・・・・焼きもち/////・・・・だって//////ぶっ/////この人ったら、ほんといろんな顔を見せてくれる////僕...

  • 仮初(かりそめ)・・・続・6

    その時を待って走り始めた。商品をお願いする会社に出向いての交渉。老舗の所からはチョン家の名前があったからそちらに出店すると玄関前で断られることもあったし、君自身の情熱にほだされているからと応援してくれたりと色々な反応だった。親父が俺たちの行動を見張らせて妨害まがいな事をしていると仲の良かった同級が教えてくれたんだ。・・・同時期に物産展をするらしい・・・・と。そんな事はどうでもいいんだ。人は人、その...

  • 仮初(かりそめ)・・・続・5

    何の相談もしてくれない・・・っていうか、僕って頼りないとか?まあ、あんまり頼りにはならないかもしれないけど。僕はいつも通り自分の家の仕事場でお母さんの経理を手伝ったり後は決算期だから要らなくなったものの処分をしたりとまあまあ忙しくしてるんだ。けど、気になるし・・・会場を借りたりできるのかな・・・結構、時期時期によっては犇めき合ってるから前もっていい場所は抑えられてるものね・・・んー・・どうしたもの...

  • 仮初(かりそめ)・・・続・4

    なんでだ?ヒョンの言う事ならじっと話を聞いてくれる俺のいとしいひと。可笑しいだろう?俺が話せば怪訝な顔をしたり、心配そうなまなざしを向けるくせにヒョンが話せば頷いたり質問したりとするんだ・・。だた、まあひとつ許せるなら、俺の手をギュッと握って聞いているからそこのところは百歩譲ってチャラに近いかな/////納得はいかないかもしれないが渋々だが頷いて許可を貰った俺はその日の夜、お仕置きに近いくらい彼を鳴か...

  • 仮初(かりそめ)・・・続・3

    その・・・・なんて言えばいいんだ?すご~~い////!!って、言えばいいのかな・・・。まったく違う気がする、突拍子もない出来事。「会社を設立する!!///」「・・・・・・・」意気揚々と嬉しそうに話すユノさん・・・隣で少しだけため息交じりにしょうがない奴だと目を伏せるテヒさん・・。「決めていたんだ!!///ねえ、ヒョン///」≪・・・まあな・・・≫「ん?どうかしたの?まあ、いいや、ねえねえ・・」「何ですか?」新し...

  • 真綿の回廊・・・28

    急に怒ったり、ほっとした顔をしたりと忙しく変わる彼の顔が面白くって・・・それでいてかわいくってさ/////家の中を案内すれば回廊があることに気付いた彼。洋風な家にだけあるわけじゃない回廊・・・。家の中に仕込んだものもあるから景観が上目線で見えるんだ。静けさの中にあるこの時代には見えない風景が見えそうになる。俺も初めてこれを見たときに引き込まれてしまって声も出せずにいたんだ。まだ、専門学生だった頃の話だ...

  • 仮初(かりそめ)・・・続・2

    親父とのケンカが決め手だった。いずれは彼と過ごしたいと思っていたし、俺自身も自立しなきゃなんて思っていたからな・・。貯金もそれなりにできていた。昔はまったく興味もなかった金だけど、贅沢に海外にいたりもしていたがそれは会社の展覧会の買い付けだから経費。あくまでも経費で処理!!特にこの一年はほとんど使わずに貯金だった俺。まあ、少しは使ったけど////テヒに白い目で見られることもあったがそれはやはりヒョンだ...

  • 真綿の回廊・・・26

    彼が取りに行ってくれたカメラは結構性能が良くてそれを彼のパソコンへと転送できる。「あまり使った事が無くてさ・・。」「・・・・・・」どこまでも機械音痴なのか?もしかして取説、読んでいなかったりして・・・。「説明書きに書いてなかったですか?」そんな事はあるわけない!!僕の知る限りでは小さい字でも書いてあるはずだ!!「ああ~~~・・・」「ああ~~?」「あんまり読んでないなあ・・・。」「あ~~?え~~~っ...

  • 仮初(かりそめ)・・・続・1

    ユノさん・・・何考えているんだろうか・・・・僕が退院してそのまま僕の家に居候中・・・そりゃ、反対されたから反抗していることはわかるけどでも、このままでいることはダメだよね・・。きちんと話し合わないと。いや、ちょっと待って・・話し合うって・・・?僕らの事を認めろと強制すること?違う違う・・・そうじゃなくて・・仕事の事もあるだろうし・・・だから・・その話し合いを・・・ああ・・・ダメだ・・・思考回路が回...

  • 仮初(かりそめ)・・・58(最終話)

    yunhosideその人は俺の顔が見えた瞬間に涙を零して俺が出ない声で愛を紡げばうんうんと頷いてくれたんだ・・・やっと彼の元へと帰ることが出来たんだと安心してしまったのか瞼が重くなってまた俺はそのまま寝てしまったんだ・・・。翌日からはきっちりと目が覚め、しっかりと受け答えもできてそれから、時間を追うごとに事故に遭う前の記憶が甦って行った俺。程なくして隔離された部屋から出れることになったんだ。≪頭を強く打...

  • 仮初(かりそめ)・・・57

    恋しい人がカーテンの隙間から見えて涙が零れていることも忘れじっと見ていた僕・・・いつ目が覚めるかもわからないと言われてそれでも小さく呼んでいた彼の名前・・・「・・・ユノさん・・・・」≪大丈夫ですよ・・・あの子はこれくらいではくたばりませんよ・・。頑丈に生んだんですから・・≫「・・・・・・・・・・」ユノのお母さんが僕の肩をそっと撫でながらそう言ってくれた。≪チャンミンさん・・・行きましょう・・。≫「もう...

  • 仮初(かりそめ)・・・56

    見えなくなる?ユノさん・・・・僕のせいでせっかく見えるようになっていて、それもカンナの瞳の持ち主・・・。いや、もう、その瞳はユノさんのもので他の誰のものでもない・・・・「・・・ユノさん・・・」会いたい・・・彼のそばに行きたい・・・。「テヒさん、僕を彼の所に連れて行ってください・・。」≪ヒョン、無理だよ。目が覚めたばかりなのに!!≫≪そうですよ、ユノが目が覚めた時でもいいんじゃないですか?≫「嫌です、む...

  • 仮初(かりそめ)・・・55

    夢を見ていた・・・・穏やかでそれでいてポカポカと温かいんだ・・・・たぶん、無意識の中で彼を求めていたのかもしれない・・・「ん?あれは?・・・」そんな中で親子が仲良く笑って食事をしている・・・「あのラーメン屋か?・・・」その中で取り分けてあげている兄の姿が目の前にクローズアップされる・・・可愛くて愛しい思いが見てわかるほどに箸でお椀に入れてくれている。えっ?俺に?って・・・俺に向かって笑顔を醸し出し...

  • 仮初(かりそめ)・・・54

    呼び止められてもその足を止めることが出来ない・・・。なんて言えばいいの?何を話せばいいのかわからないから・・・でも、彼の足の速さにはかなわなくて捕まった腕を引き寄せられた僕・・。それでも目が合わせられない・・・彼の瞳を見ることが出来ないんだ・・。「話をしよう・・こっちを向いて・・・。」「・・・・・・・」引き寄せられた腕が彼の顔を見せようとしたときだった・・。「あっ・・」「??・・・えっ?」彼の瞳に...

  • 仮初(かりそめ)・・・53

    カツン・・・・「ん?」物音?その音に怯えてしまった俺・・。もしかしてと・・・・必ず店舗に着いたときに俺の部屋に挨拶に来てくれるのは仕事仕様の彼のスタイル。それをわかっていただけの早めに切り上げたかった親父との話。これを昨日の夜から繰り返していたんだ。旅行から帰ってきた俺はテヒに親父が俺らの事を調べていたことを聞いたんだ。「なんで?今頃になって・・。」≪彼女でもできたんじゃないかと言って俺に尋ねてき...

カテゴリー一覧
商用