searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

hamatom2さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
YOKOHAMA lover
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/hamatom2/
ブログ紹介文
横浜DeNAベイスターズを応援します
更新頻度(1年)

121回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2017/11/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hamatom2さんの読者になりませんか?

ハンドル名
hamatom2さん
ブログタイトル
YOKOHAMA lover
更新頻度
121回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
YOKOHAMA lover

hamatom2さんの新着記事

1件〜30件

  • 明日の2軍練習試合、明後日のオープン戦のスタメンと、今季の先発投手

    明日の2軍練習試合中日戦のスタメンが発表されました。1  6 森 敬斗 2  D 石川 雄洋 3  9 楠本 泰史 4  9 細川 成也 5  4 伊藤 裕季也 6  5 知野 直人 7  3 デラロサ 8  2 益子 京右 9  8 桑原 将志 先発 阪口 皓亮ライトが楠本選手と細川選手の二人いますが、お

  • オースティン選手と今季の打線

    オースティン選手には、かなり期待していましたが、これまでのところ期待を上回るような活躍を見せてくれています。オースティン選手の活躍を確信して、毎日ウキウキした気持ちで過ごしているファンは私だけではないと思いますが、大物解説者は別の見方をしています。DeN

  • オースティン選手、2打席連続ホームランを含む3打数3安打 オープン戦初戦、まずは最高のスタート

    もともと守備と走塁に難がある上に、昨年は2016年ほどの打撃を見せられなかった筒香選手の穴なら、現役メジャーリーガーのオースティン選手の加入と、佐野選手の伸びしろとで埋めることは可能だろうと考えていました。もし、故障者が全く出なければ、筒香選手が抜けても、優

  • 紅白戦、東投手のTJ手術

    12月の初めぐらいから異常な忙しさで、元旦まで仕事をしていたという有様。毎年ブルグ13で見ていたFOR REALもとうとう見れずじまい。ようやく暇になったのかと言うとさにあらず。3月の終わりまで、この忙しさは続きそうなのですが、もう野球を見たくて我慢ができず、録画して

  • 新しい世代はもうここにいる 今季のオーダーを妄想してみる

    DeNA 今季スローガンは「NEW GENERATION IS HERE.」指揮官考案、日本一目指す スポニチ[ 2020年1月25日 18:00 ]「新しい世代は、もうすでにここにある。」ラミレス監督は「筒香嘉智選手が抜け、新たな横浜DeNAベイスターズをつくらなければなりませんが、多くの主力はこ

  • 今季の筒香選手のポジションは

    「30本、100打点」期待 ラミレス監督、筒香を祝福 神奈川新聞  2019年12月23日 23:19 「第二の野球人生に進むのにチームはすごく重要。レイズは出場機会がかなり多いだろう。逆にプレッシャーのかかる球団だと全然違うものになる。僕もヤクルトだったから今こうして

  • 今年一番期待している選手について

    筒香の後継者は誰だ?屈辱を脳裏に焼き付けた若武者・伊藤裕季也も候補のひとりに THEDIGEST2020.01.07リーグ優勝を決めた巨人の選手たちがマウンドで歓喜している。その状況を力なく見つめていたDeNAの選手の中で、最後までバックヤードに戻ることなく唇を噛み締めていたの

  • 来季のポジションを争う若手たち

    ベイスターズの来季は過渡期だと思います。筒香選手が抜けたのに、ルーキーの森選手はもちろん、伊藤裕選手も細川選手まだも成長過程にあります。しかし過渡期だからと言って、勝てなくていいわけではない。ラミレス監督には、過渡期なりの戦力で、どうしたら勝てるかを考え

  • 山口俊投手、トロント・ブルージェイズへ

    山口投手のことだから、どこも手を上げてくれなかったとか、手を上げてくれた球団の条件が気に入らなかったとかで、結局巨人に戻って来てしまうのではないかと心配していましたが、安心しました。私のルーツが九州大分だということもあり、大分出身の山口投手はルーキーの頃

  • 筒香選手タンパベイ・レイズへ

    筒香レイズでも背番25へ 毎試合出場へ複数守備も 日刊スポーツ[2019年12月14日7時9分]2年契約で総額13億円前後となる見込み。背番号は、DeNAで慣れ親しんだ代名詞の「25」昨季、ワイルドカードでプレーオフに進出したレイズは、〜昨季33発の右打者レンフローをトレードで獲

  • レッズのバウアー投手が横須賀に来る

    DeNA・今永、大物メジャー右腕に学ぶ!5年連続2桁勝利のレッズ・バウアーと横須賀で交流 (湯浅大)サンスポ2019.11.30 05:03 今季まで5年連続2桁勝利をマークしているレッズのトレバー・バウアー投手(28)が、神奈川・横須賀市にあるDeNAのファーム施設「

  • イースタン・リーグ ベストナイン

    昨日下のような記事がありなした。もちろんファームに公式のベストナインはなく、これはあくまでこの記事の記者の独断です。でも私は2軍の試合はほとんどみておらず、どんな選手がいるかもあまり知らないので、参考になります。もしもファームに「ベストナイン」があったら

  • 来季の外国人事情

    来季は育成の3人も加えるとベイスターズの外国人選手は9人を数えることになります。これは球団史上最多です。もちろん育成の3人は将来への布石というか投資で来季の1軍の戦力にはなりませんが、それでも6人の選手達が1軍の外国人枠4つを争うことになります。11月16日の”

  • ドミニカのトライアウトにDeNAの外国人選手育成戦略を見る。

    昨日こんなニュースがありました。【巨人】メルセデス1100万円、デラロサ1億3000万円で来季残留決定 2019年11月26日 15時40分スポーツ報知 推定年俸はメルセデスが今季の850万円から250万円アップの1100万円 メルセデスは今季22登板(全て先発)で8

  • 今朝のニュースから

    DNA関根、メキシコWLで好走塁! “よそ見”一塁手のスキを突く本塁生還 full-Counte2019.11.25Taiki Sekine vuela por las bases y pone a @yaquis_oficial en ventaja.関根選手、メキシコで存在感を示しているようです。ベイスターズに足りなかったのは、こういうプレーな

  • オーストラリア、台湾、メキシコでプレーする若手たち

    今日は外出中の空き時間に阪口投手のオーストラリア初登板の投球を少し見ました。YoutubeMelbourne Aces @ Canberra Cavalry | Round 1, Game 4で見ることができるのですね。実況はベイスターズではなくてバイスターズと発音していて、なるほどここはオーストラリアなのだと

  • 来季の2軍事情

    DeNAになって8年が過ぎました。この間、暗黒時代の焼け野原状態から、チーム作りはちゃくちゃくと進んできていると思います。1軍のレベルにない選手を1軍で使わざるを得ないことは、8年前に比べると格段に減ってきています。次第にレギュラーを確保できる選手が増えてきたと

  • レギュラー人数とペナントレース順位

    下の表は各シーズンのレギュラーを示します。ブルーは規定打席、規定守備イニングの両方に到達した選手で、グリーンは規定守備イニングのみの到達者です。 この数年のうちにもレギュラーは変遷してきており、この7年間常にレギュラーだったのは筒香選手だけです。来季はその

  • 私が来季ベイスターズは優勝できると思う理由

    打者有利の横浜スタジアムでは、一見逆に見えるかも知れませんが、球場補正を加えたWARを見ると、ベイスターズはここ数年ずっと投手のチームWARは20を超えており、投手力のチームと言えます。今季あれだけ投手に故障者が出ても投手WARは26.6と優勝した巨人に引けを取らない値

  • 足を使える選手 ラミレス監督のインタビューから

    Sportivaにラミレス監督のインタビューが出ています。DeNAラミレス監督が采配を語る。 筒香の穴埋め、打順問題、投手起用 Sportiva2019.11.19  「私は3割を打つよりも選球眼がよく、粘ることができて出塁率が高い選手を1番に置きたいと考えていますし、実際にそうい

  • プレミア12優勝と今朝のニュースから

    プレミア12は、韓国との決勝戦に勝利して、ジャパンが世界一となりました。私は稲葉監督が好きなので、稲葉監督の涙と胴上げは、しみじみ嬉しかったです。そしてその世界一のチームの左腕エースとクローザーが、ベイスターズの選手なのですから、喜びもひとしおというもので

  • はっきりしてきた来季の陣容

    まだロペス選手とエスコバー投手との残留交渉という大切な事が残っていますが、来季の陣容がはっきりしてきました。捕手伊藤光捕手、嶺井or戸柱or高城捕手伊藤光捕手が正捕手に座り、嶺井捕手or戸柱捕手が第二捕手として週1試合に先発するという今季の捕手二人体制は、来季も

  • メジャーリーガー、タイラー・オースティン選手を獲得

    DeNA、メジャー33発右の大砲オースティン獲得 日刊スポーツ 11/15(金) 5:00配信 今季は8月までサンフランシスコ・ジャイアンツで主に代打、 時に一塁あるいは外野を守り、8月にDFA→FAとなってミルウォーキー・ブルワースとマイナー契約となりましたが、すぐにメジャー

  • 日本のエース今永投手

    昨夜のプレミア12のメキシコ戦で、実況アナが今永投手をしつこく”日本のエース”と連呼して、さすがに周りの解説者たちは引いていましたし、テレビで見ているファンの私でさえちょっと引きましたが、確かに今の今永投手は、日本を代表する投手のひとりであることは間違いあ

  • 筒香選手来季DeNA残留?

    筒香の米挑戦にエージェント「多くの球団が興味を」 日刊スポーツ[2019年11月13日5時56分] 代理人事務所ワッサーマンの担当者ジョエル・ウルフ氏が「多くの球団が興味を示している」と明かした。「三塁、一塁、外野も守れる。柔軟性は今のメジャー球団にとって高い価値があ

  • 残る補強は?

    そうでなくても弱点である野手の中から筒香選手が抜けるのですから、今季のままでは来季は厳しい戦いを強いられることになります。ドラフトでも、即戦力と考えられる野手の指名はありませんでした。さらに、11月末の保留者名簿提出まで約2週間となった今も、ロペス選手との

  • 投手の補強は完了か

    おそらく投手の補強は、ピープルズ投手の獲得で、最後のピースが埋まったと思われます。先発投手は、来季もエース今永投手が中心になりますが、東投手と濱口投手にも必ず復活してもらわなければなりません、国際試合に強いDeNA今永昇太 侍ジャパン4登板で13回連続0封&26奪

  • DeNAここまでの補強とマイケル・ピープルズ投手について

    10月10日の”今季の戦力評価と補強ポイントについての私見”と題したブログで、毎年恒例のGMviewを作成して、私が補強ポイントとしたのは、以下のような選手たちでした。(年齢はいずれも来季開幕時)18歳(ドラフト高卒)先発右腕投手22歳(ドラフト大卒)先発右腕投手24歳

  • 裏方

    10年以上前に発行された「裏方 物言わぬ主役たちープロ野球職人伝説」という本を読んでいます。なんでこんな古い本を読んだかと言うと、DeNAの裏方の方達について知りたくて調べているうちに、スコアラーの田中彰さんがこの本に取り上げられていることを知ったからです。以

  • 短期決戦の鬼?とソフトバンクの強さ

    かつて須藤監督がチームを大洋ホエールズとしては最後のAクラスに導きながら、翌年高校の後輩でもあるN投手の不祥事などもあって低迷して途中休養となって監督を辞め、その翌年巨人のヘッドコーチになった時には、かなり悔しい思いがありました。大洋なら監督になる人材が、

カテゴリー一覧
商用