searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

くらぶとろぴかさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
くらぶとろぴか
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/guminavo
ブログ紹介文
きもちはいつもボルネオを浮遊中。シパダン中心のダイビングとコタキナバルについての単なる旅の備忘録。終
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2017/09/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、くらぶとろぴかさんの読者になりませんか?

ハンドル名
くらぶとろぴかさん
ブログタイトル
くらぶとろぴか
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
くらぶとろぴか

くらぶとろぴかさんの新着記事

1件〜30件

  • かけこみGo To沖縄(1)2020/12/21~22

    12月21日(月)冬至の日。結果的に駆け込みとなったGoToトラベルで、沖縄本島へ。この日、約400年ぶりに木星と土星が大接近するそうで、チャンスは日没から2時間だとか。東京の日没は16時31分。きょうは最終便利用なので、18時に会社を出たら、見られるかもー、と期待。が、モノレールに乗って、南西側の窓の外を凝視しても、何も見えず。羽田空港に着いたら、急ぎ展望台へ出て、南西を見上げるが、それらしき接近中の☆はなかった。寒かっただけの展望台…。そして、JL925便、羽田19:55発→那覇22:45着は、悲しいほどガラガラ。月曜日ってのもあるだろうけれど、また自粛の嵐が吹き荒れ始めた感…。東京上空はクリアな空。でも、那覇に着くと、びっちゃびちゃ。季節がら、好天は期待できないけれど、どんより空の下でのダイビングになるの...かけこみGoTo沖縄(1)2020/12/21~22

  • 2020年2月 真冬の沖縄本島(3) 2020年2月8日 北部

    2020年2月7日。きょうでこの旅のダイビングはおしまい。朝、出発すると、恩納村界隈、穏やかな感じで、万座入れるんでね?という話がちらほら。でも、海チェックしてもらったら、だめだった。結局、きょうも北部。「ザ・ビッグエクスプレスもとぶ店」近くのビーチで3ダイブ。ダイビングサービスごとに、ポイントの呼び方が違うけれど、きょうはBIG裏。水底ドロドロ、泥ハゼの部。シマオリハゼ。ハゴロモハゼ属の1種かな?イソハゼ系、チークがかわいい。ガラスハゼ。一転、浅場はサンゴが美しく、キイロサンゴハゼなんかも。甲殻類の部。カクレエビ系。ムチカラマツエビ。バブルコーラルシュリンプ。なんらかカクレエビ。アカヒゲなの?シムランスさまざま。きょうテンション上がったのは…ハナオコゼ。そして、ハイライトは、一生懸命見つけてもらったオキナワハ...2020年2月真冬の沖縄本島(3)2020年2月8日北部

  • 2020 2月 真冬の沖縄本島(2)北部

    2月6日、晴れ。真冬だけれど、終日ダイビング。昼の部は、石切場。スベスベオトヒメエビ、かわゆす!ここのレギュラーメンバー、ハナヒゲウツボ。同じくレギュラー。ケラマハナダイ幼魚。冬場のレギュラー、ムラサキウミコチョウ。なんかの卵。ベンケイハゼ。きょうもシムランス。ツマジロオコゼ。かわいいコンペイトウコブシガニのペア。ヨコシマエビ、ずんぐり。夜の部は、ゴリチョでライトトラップ。エイリアンと言われるけれど、この足(?)つきは、ピグモンの手つき。寒いけれど、きょう1日も多様な生物に遭遇できて、満足度高。造形の神様、すごいな。あともう1日、真冬の海でがんばる。20202月真冬の沖縄本島(2)北部

  • 2020 2月 沖縄本島(1) 与那国のあと

    2020年2月5日。与那国から沖縄本島に戻ったら…そのまま、寒い寒いゴリチョで1本。極少カエルアンコウとか。シムランスいっぱい。そして、極寒でも、夜も浮遊。体を温めるため、またべぇ食堂でトンカツ。ライトトラップは、冬らしくウミウシ系がよく浮いてる。ピン合わなかった謎生物。寒かった〜。冷え切っているのに、1日の終わりには、やっぱりこれ。オリオン。キックザカンクルー缶!20202月沖縄本島(1)与那国のあと

  • ひるまの浮遊系

    ことしの2月、はじめて昼間に浮遊してみた。それも、ハンマーヘッドシーズンの与那国で。もちろん、ほかのダイバーさんたちは、ハンマーヘッドをひたすら狙う人たちだから、深い方に。異端な浮遊系は、浅場でふらふらしているので、エグゾーストバブルにまみれることに。明るいからなんとかなると思っていたものの、力量なさすぎて、目当ての浮遊生物はみつけられない、ピン合わないところにもってきて、やっぱりハンマーも見たいよぉ~。結果、ティピカル「二兎を追うものは一兎をも得ず」そして、本意ではないクラゲコレクターになっちゃった。あとは、それらしきものをあぶりだし…そして、3度目の与那国で、なんとなく海底遺跡デビュー。与那国は、寒くないというけれど、(たぶん本島との比較において)おだやかだったと思いきや…最後は寒波襲来!海も荒れ荒れ!ひるまの浮遊系

  • Go To 屋久島(5)10月7日(水)せまりくる台風14号

    益救神社「おかげさまで、3日間のダイビングを無事終えました。これから帰ります。また来年、お参りにきます。」…と、けさも益救神社参拝。この第二鳥居から拝殿の間に足を踏み入れると、何かに守られているように感じ、日ごろの憂鬱や不安もどこかへ消えてしまう、真にパワースポット。けさは曇り、堤防越しの宮之浦川河口が、いつになくザバザバいっている。台風14号は、屋久島に向かってくるらしい。みやかふぇゆうべは向かいの「ルージュ」で朝食を、と思っていたが、結局けさも、「みやかふぇ」で朝食。どうしても、ハンバーガーが食べたかった。ビーフバーガーといっても、パテではなく、薄切りの牛肉をサンドしてあって、いい意味で裏切られる。このお店のお手製感あふれるメニューがとても好き。そして、民宿に戻ったら、落ち着く間もなく、空港への送迎が1時間...GoTo屋久島(5)10月7日(水)せまりくる台風14号

  • Go To 屋久島(4)2020年10月6日(火)台風まえ…

    秋晴れ!とてもすがすがしい朝。日課となった、朝の益救神社参拝のあとは、ネコも招いていることだし(!?)、「みやかふぇ」で朝食。午前7時から営業していてくれて、素泊まりダイバーにはありがたい。ハンバーガーもカレーもいいなと優柔不断になるけれど…。けさはおにぎりセット@600円。やさしい温朝食で、ほっこり。さあ、私にとっては、ことしの屋久島潜り納めのきょう。こんなにいいお天気なのに、進路がいまいちさだまらない台風14号で、海はだいぶ時化てきている。入れるポイントも限られ、今回は、一湊から出られずじまいになったけれど、タンク下もゼロ戦もお宮前も大好きなので、ぜんぜんオッケー♪ゼロ戦午前のゼロ戦。いろいろ幼魚。ツバメウオ。タテキン。砂地では…こどもたち。種を超えて、仲良し!?貝の卵ですって。シャコ。ハゲヒラベラ。様子が...GoTo屋久島(4)2020年10月6日(火)台風まえ…

  • Go To 屋久島(3) 2020年10月5日(月)日没後

    3ボート終えて、いったん屋久島ダイビングライフのお店にゆく。そこにトラちゃん登場!前回会ったときは、まだ外に出してもらえない子猫だったのに、わずか2か月半で、すっかり大人っぽくワイルドになったもんだ。サンセットタイム、ふたたび一湊へ。タンク下へのエントリー前、海を見て、「え!?」って感じのイタルさん。空は雲一つない晴れ。風でさざ波だってはいるけれど、まだまだ平和な海。でも、沖でときどきザバーンと大きな波が砕けるのが見える。きょうの風のせいもあるけれど、きょうできの台風の影響ももうここまで?サンセットの目玉は、タコベラかトラギスの産卵行動とのこと。私は「タコベラがいいでーす」とエントリー。そして、それらしきペア発見。でも、なんかまったり。うーん、ちょっと遅かったみたい。もう、ねむねむな感じ。つぶつぶワールド。沖の...GoTo屋久島(3)2020年10月5日(月)日没後

  • Go To 屋久島(2) 2020年10月5日(月)昼の部

    屋久島の朝は、益救神社へのお参りではじまる。7月には、クマゼミの大合唱で賑やかだったが、季節変わって、今は静まり返っている。誰もいない境内。奥に見えるお社は、木々が生い茂り、暗くて、こわいような気もするけれど、ここはパワースポット。お社に近づくにつれ、不思議に、何かとても安心するのだ。ざわつく心も、すとーんと沈静化。そういえば、7月には、アジサイやハイビスカスを浮かべた手水舎が素敵だったので、きょうのお花は?と、楽しみに向かうと、コロナ対策で、お水は抜かれていた。あしたもお参りに来よう。アース山口は、素泊まり民宿。帰りがてら朝食を、と思ったが、けさは益救神社通り界隈のお店は、軒並み休業していた。民宿のフロントに、向かいにある「ルージュ」というお店のモーニングのメニューが貼ってある。トーストセット、和朝食、朝カレ...GoTo屋久島(2)2020年10月5日(月)昼の部

  • Go To 屋久島(1) 2020年10月4日(日)

    My「GoToトラベル」第一弾都民には無縁と思っていたGoToの神が降臨した10月。やっと大手を振って旅行ができる!GoToと、2000円で5000円分のバリューがある「やくしま満喫商品券」との合わせ技で、今は屋久島がコスパ最高!というわけで、今年2度目の屋久島へGo!JAL641便羽田06:25発鹿児島08:15着今回は3泊4日。少しでも多く屋久島の海を潜るために、いわゆる「到着ダイブ」をしなくては。コロナの影響で減給の憂き目にあっているので、以前のように、鹿児島前泊なんて出費はできない。なので、きょうも4時起きの始発便利用で、午前中に屋久島入りだ。4時起きなので、朝食は空港でGETと思ったけれど、けさもまた買いっぱぐれ。東京のGoTo解禁で、羽田空港の売店営業も少しは拡大するんじゃないかと期待していたけれど...GoTo屋久島(1)2020年10月4日(日)

  • 沖縄本島 2020年9月(3) 9月29日(火)東海岸ボートとバター焼きと

    9月29日、火曜日。きょうも東海岸でボートダイビング。この旅、西海岸では潜れずじまいで、かなり無念。でも、まあ、切り替えて。まずは、平日の東海岸ダイビングならではのお楽しみ、「丸正おかず店」での昼食用お弁当調達。お弁当には、健康志向から、サバ、にんじんしりしりー、もやし炒め、雑穀米、でも、スタミナも必要と、メンチカツとうずら串も詰め込んで、結果、揚げ物率も高めに。いつもはゴーヤチャンプルーを必ず詰めるが、なぜかきのうきょうとゴーヤチャンプルーがなかった。ゴーヤって、通年店頭に並んでいるけれど、本来は夏野菜で、最盛期が終わった今、安くないので、季節的に出していないのかも、とのうわさ。朝食には、まさしくボールのようなじゅーしーにぎり。このお店のじゅーしー、おいしー。3日めにしてやっと念願の青空で、海中道路のドライブ...沖縄本島2020年9月(3)9月29日(火)東海岸ボートとバター焼きと

  • 沖縄本島 2020年9月(2) 9月28日(月)東海岸ボート

    2日めも、曇天。Mr.Kinjo石川インターに泊まると、キッチン設備があるのに食生活が雑になる。ダイビング2日めは、もう1人ダイバーさんが加わり、体力勝負の私だけではないので、東海岸ボートになった。平安座漁港への道中、昼食用お弁当調達に、石川でのお気に入り、「丸正おかず店」に寄るので、朝食用にげんこつのようなおにぎりをGET、車内でもぐもぐ。きょうのボート「クッカバラ号」は貸し切りでらくらく。宮城チャンネルサンゴがキレイなポイントで…毎度のイシガッキーに、アマミにそして猫目のクロミスちるどれん。ヒレグロスズメダイ。マルスズメダイ。ルリメイシガキスズメダイygはちょこまか動くけれど、大人よりシャッターチャンスはある。目のまわりのブルーが好き。ハマクマノミ。水面休憩は宮城島。テトラが面白い形。1本目のポイント、行動...沖縄本島2020年9月(2)9月28日(月)東海岸ボート

  • 沖縄本島 2020年9月(1)9月27日(日)北部2ダイブ 

    台風にビビりながらも、夏にすがりたくて、9月も沖縄。9月27日、日曜日。始発のJAL901便、羽田6:20発に乗るために4時15分起きだ。到着しだいダイビング開始なので、夕べはヨル9時には就寝したけれど、つらい。セブン限定キングダムのクリアファイルにひかれて買った「即攻元気」のグレープ味だけ飲んで、家を出た。最寄り駅からの電車がまだない時間帯なので、京急品川駅まで30分ほどてくてく。薄暗い町を歩きはじめるが、やはり朝はコーヒーを飲まないと調子が出ない。道すがら、セブンに寄ってコーヒーGET。コーヒー片手に、キャスターのゴロゴロ音を、まだ寝静まっている住宅街に轟かせながら、京急品川駅まで、長い徒歩。余裕をもって家を出たつもりだったけれど、セブンでのタイムロスで、5時15分の羽田空港ゆき始発には、駆け込みセーフ。京...沖縄本島2020年9月(1)9月27日(日)北部2ダイブ

  • 沖縄本島 2020年梅雨明けのあと...(6)2020/7/1  雨の天願

    7月1日、水曜日。なかどまinnの朝食、けさは洋な感じ。洋だって、島らっきょやゴーヤのピクルスと、県産素材たっぷりの沖縄テイスト満載。デザートも、スープも、すべてお手製なのがうれしい。ダイビング最終日は予報どおりの雨で、天願へ。お目当てはアイスズメダイ極小。だけれど、アイに出会う前に、アツクチスズメダイの子らがいっぱいいてかわいかったので、まずアツクチKidsでスタート。このちびたち、ちょこちょこ動き回って、撮影困難。頭の先から尻びれまで、バッチリ撮ることなんて無理!ついで、ダルマハゼ。こちらも小さいのがサンゴの枝間をちょこちょこするので、キーっ!となる。そして、お目当てのアイの子、なかなか見つからず、やっと見つかったのはちょっと大きめ。で、しっかり写らない。スカシテンジクダイバックに…エントリーエキジットは楽...沖縄本島2020年梅雨明けのあと...(6)2020/7/1雨の天願

  • 沖縄本島 2020年梅雨明けのあと...(5)2020/6/30 朝から晩まで真栄田岬  ソワレ

    6月30日、夜の部。人気のない真栄田のパーキング。浮遊じゃないけど、エントリーしたら、ギンユゴイがライトに飛び込んできた。沖に出てライトトラップはじめたら、小さな小さなテンジクダイの仲間が、光の粒をぷーっ、ぷーって、吹いていた。稚魚たち、口内保育から旅たちのとき。あんなにプープーしたのに、まだまだお口パンパン。アポゴンパパはたいへん。通りすがりの人。甲殻類。ギンポかな?体のやわらかいこと!ヨウジウオ系。トリクチス幼生かな?けっこう正面から迫ってきた割には、最後は逃げるモードで、浮遊やめてリーフに着底。そして、こともあろうに、モズクショイにすがり、頭隠して尻隠さず。タコ。腕組みでかっこつけてみました。どうみてもニザダイ仲間、どうみてもハギ。光り方や、金箔の入り方がとってもキレイ。え!?その顔はテングハギ!?幼少期...沖縄本島2020年梅雨明けのあと...(5)2020/6/30朝から晩まで真栄田岬ソワレ

  • 沖縄本島 2020年梅雨明けのあと...(4)2020/6/30 朝から晩まで真栄田岬  マチネ編

    6月30日、火曜日のはじまりは、なかどまinnの朝食から。コロナのせいで、なかどまinnの居酒屋「我空我空」が休業になったかわりに、朝食サービスを始めたのだ。宿泊費に+800円で、どんなもんかな、と思ったら、おさかなに、サラダに、バランスのよい沖縄朝食で感激!じゅーしー、もずく、紅芋に、じーまみー豆腐もあって、豪華メンバー!ヘルシーなのに、腹持ちよくて、最高!ダイビングは、きょうも真栄田岬。きょうも、3ダイブとも、ハゼZoneに足しげく通い…きのう、さんざんホタテツノハゼの幼魚にロックオンしたので、きょうは他にも向き合ってみる。ヤシャハゼペアのは、常にシンクロ。ちょっとズレてるか…。いっぽうホタテツノハゼペアには、きょうも撃沈。ヒレナガネジリンボウは、全開ホバリング。深めベラは、ベニヒレイトヒキベラ。浅めベラは...沖縄本島2020年梅雨明けのあと...(4)2020/6/30朝から晩まで真栄田岬マチネ編

  • 沖縄本島 2020年梅雨明けのあと...(3)2020/6/29 朝から晩まで真栄田岬 ソワレ

    6月29日の4本目は、ライトトラップ。ひさびさにウェットスーツでライトトラップ♪とはいえロクハンだけれど、夜でも、水中もエキジット後も、寒くないって素晴らしい!まずは、幸先よく、大好きなクダリボウズギスの仲間が登場。でも、ヒレの開きが思わしくなかったり…後追いだったり…バッと円形にヒレを開いたっところを、正面から撮りたいので、敗北感ひしひし。くやしーーーーー!!!!!ついでチョウチョウウオの子。トリクチス期幼生で片付けよう。カサゴ系でしょーか?わかりにくいけれど、小クラゲとの対比で、極小。オウゴンニジギンポらしい。体がやわらかいこと!これもものおじせず、ぐいぐい寄ってくる。変な目つきだけれど、成魚にくらべると、ずいぶんと愛くるしい。ふたたび、なんらかチョウチョウウオの子、トリクチス期幼生。トリチクス期幼生って、...沖縄本島2020年梅雨明けのあと...(3)2020/6/29朝から晩まで真栄田岬ソワレ

  • 沖縄本島 2020年梅雨明けのあと...(2)2020/6/29 朝から晩まで真栄田岬 その1

    6月29日月曜日。石川インターに着いたら、即、真栄田岬へ。ちょうど3週間前の月曜日、びちゃびちゃと振り込む雨がテーブルに描く輪っかを、潜水案内Okinawaさんと眺めていたっけ。でも、きょうは晴れ。快晴とまではいかないし、とっても暑いけれど、やっとベストシーズンの真栄田に再会できてうれしい!まず1本め、ハゼZoneへ。ハナハゼの下には、ほぼもれなくヤシャさんがいるものだが...きょうのターゲットは、ホタテツノハゼ。黄X茶とシルバーX茶がペアでいたけれど、さっさとシルバーX茶が引っ込み…しばし黄X茶につきあってもらう。しばらくして、シルバーX茶復帰!と思ったら、こんどは黄X茶が引っ込んだ。浮上しながら、真栄田のレギュラーメンバーたちに、お邪魔します!クマノミ。オキナワベニハゼ。2本めも、再度ハゼZoneへ降り立つ...沖縄本島2020年梅雨明けのあと...(2)2020/6/29朝から晩まで真栄田岬その1

  • 沖縄本島2020年6月 梅雨明けのあと…(1) 那覇前泊 Mr.KINJO in 旭橋駅前

    「梅雨明け」直後の沖縄でのダイビングははずせない。幼魚でにぎやか、ナイトも寒くない(といいな)、台風の心配もまだ少ない(はず)、夏休みで混む前(ことしはちょっと違うだろうけど)で、いちばん好きな季節。ちょうど3週間前の沖縄本島では、梅雨末期の豪雨にみまわれた。その2、3日後、沖縄の梅雨は例年より早く開けたけど、先週には戻り梅雨…。こんどこそ、真夏の沖縄!と、6月28日日曜日、昼下がりのANAで、今月2度目の沖縄へ。さて、「都道府県をまたぐ移動」の自粛要請が緩和されたいま…運休便が増えたこともあって、15時40分羽田発のNH477は、密な感じだった。降機のときは、蜜を避けるために、「何列目までのお客様」ってアナウンスがあるけれど、乗客はそんなのおかまいなし、われ先に降りようとする。那覇着定刻は18:15で、着いた...沖縄本島2020年6月梅雨明けのあと…(1)那覇前泊Mr.KINJOin旭橋駅前

  • 屋久島2020 梅雨明けダイビング(3) 2020/7/30(木)-31(金)

    7月30日、木曜日。「潜り屋」さんでのダイビング2日め。でも、もうダイビング最終日。けさも、午前7時の益救神社参拝ではじまる。おかげさまで、本日も、完璧なダイビング日和。1本目沖の瀬志戸子沖のポイント。青い海に、ダイナミックな地形が爽快。黒潮にはヒカリモノがよく似合う。クロヒラアジ。あ!高級魚!どこもかしこも、コガネスズメダイだらけ。2本目芽瀬大きなエイ。ムレハタタテダイはきょうも潤沢。しっかりピグミーなんかもいる!しかも、ウチワに3つも4つもついてた!3本目横瀬黒潮が気持ちよいので、きょうは水底を這わないことにした。TG片手にすいすい泳げる。印象的だったのは、ホシカイワリども。ふてぶてしー!!屋久島の外洋は、主に巨岩ゴロゴロのロックな水底に、しぶいヒカリモノ。華やかさはあまりないが、豪快な景観。なによりも、黒...屋久島2020梅雨明けダイビング(3)2020/7/30(木)-31(金)

  • 屋久島2020 梅雨明けダイビング(2) 2020/7/29(水)

    目覚ましいらずの屋久島。6時半になると、クマゼミがいっせいにシャーシャー鳴き出して(明るくても、6時半までは沈黙の不思議)、7時になると、島内放送のエーデルワイスが鳴る。そして近所の犬が、エーデルワイスに合わせて、「あうぅ〜〜、おうぅ〜〜」と歌う。そして、さまざま救われたい私は、この旅の間、「益救神社」参拝を、日課にすることにした。もう、すっかり見慣れた境内の景色だけれど…手水舎にも夏。お花が、アジサイからハイビスカスやフランジパニ系に変わっていた。けさも貸し切り参拝。朝日を浴びて、狛犬さんたちも、生き生き。さて。ダイビングも後半戦。きょうあすは、「潜り屋」さんでダイビング。はじめてのショップは緊張する…ヨコセ1本目は、横瀬、ヨコセ。巨岩ごろごろ。ニザダイに、ムレハタタテダイに、コガネスズメダイ。青くて、適温で...屋久島2020梅雨明けダイビング(2)2020/7/29(水)

  • 屋久島2020 梅雨明けダイビング(1) 2020年7月28日(火) 夏が来た日

    夏が来た!来る、来るとは思っていたけれど…天気予報は渋めだったけれど…目が覚めたら、夏になっていた。午前7時、気持ちがいいので、きょうも益救神社へ散歩。待ってましたとばかりに鳴くクマゼミがやかましいが、なんか元気が出る。そして時折、ウグイスの声。晴れてたって、神社ひとりじめ!降っても照っても、この神社の、心洗われる効果はすごい!ダイビングは、きょうは志戸子沖のポイントへ。ポイントへ向かいがてら…もう、屋久島のどこを切り取っても夏!大瀬初めて潜るポイント、「大瀬」。外洋な感じが爽快。水底に、背びれがふたまたに割れたハタタテハゼがいた。ホシゾラワラエビ。実は卵もち。ニシキフウライウオ。どーしても、同じ画角に入らない。キンギョっこたちがガン見してくるのが萌え。コケギンポ。ランチはなっちゃん食堂のカツカレーをテイクアウ...屋久島2020梅雨明けダイビング(1)2020年7月28日(火)夏が来た日

  • 屋久島2020 梅雨末期のダイビング(2) 2020/7/27(月)

    きのうタンク下をエキジットしたときは、素敵にダブルレインボーだった。夕虹は晴れって言う。なのに、なのに、けさも明け方のすさまじい雨音で目が覚めた。けさは、トッピーで到着する方をピックアップしてからのダイビングなので、9:45スタンバイとゆっくり。でも、Eテレのテレビ体操の6:25に合わせて起きた。ダイバー仲間で、リモートワークしている人々の間で、今、ちょっとテレビ体操が熱いのだ。なになにちゃんがかわいいとか、ピアニストがイケメンだとか。もっとも私はリモートしていないし、6:30からのラジオ体操派だが…益救神社「いわかわ」でもらったマップを見ると、「いわかわ別館」のすぐ近くに鳥居のマーク。気になってググったら、「益救神社」。「やくじんじゃ」と読む。テレビ体操のあと、チャンネル変えれば、梅雨末期の豪雨にコロナとネガ...屋久島2020梅雨末期のダイビング(2)2020/7/27(月)

  • 屋久島2020〜梅雨末期のダイビング(1) 2020/7/26(日)

    午前4時ごろ、ものすごい雨音で目が覚めた。窓の外は、先が見えないほどの雨。はぁー、この雨ん中、出かけるの?日頃の行い?それは令和2年の、変則海の日&体育の日からの4連休最終日のこと。もうミンミン鳴き出しているのに、いっこうに明けぬ梅雨。感染拡大がおさまらない新型コロナウィルスに加え、この異常気象…令和2年、いったいどうなってんの?6時前、家を出る頃には雨は弱まっていたが、荷物もあるし、またいつザーッと来るかわからない恐怖で、ケチな私でも、珍しくタクることにした。でも、流しのタクシーがなかなかつかまらず、配車アプリ使うか〜、と思ったまさにその時、親切な運転手さんがUターンしてきてくれた。「助かりますぅ」と乗り込むと、「これからご旅行ですか?」と問われ、ちょっと間があく。不要不急の外出をしないで!の東京都なので、「...屋久島2020〜梅雨末期のダイビング(1)2020/7/26(日)

  • 那覇空港展望デッキ 沖縄海の生き物図鑑

    那覇に午前中に着いたものの、ホテルのチェックインまで時間もあって、天気も良かったので、時間つぶしに展望デッキに出てみた。どこの展望デッキもそうだけれど、網やらで、飛行機は撮りにくかった。で、ダイバー的には、柱ごとに埋め込まれた、沖縄の生き物のタイルに注目。サカナの顔が険しかったり、微妙だけれど、うちなーぐちがあるものは、名前が併記されていて、ちょっと興味深かったので、見た順番にパチリ。よく晴れた日だったので、思い切り影がさしているけれど…クジラヒトヅラハリセンボンサンゴオキナワハクセンシオマネキイソマグロスジアラギンガメアジトゲチョウチョウウオタカサゴスミレヤッコトノサマダイサラダゴンベハマクマノミハナヒゲウツボコブシメカクレクマノミケラマハナダイオニイトマキエイミスジリュウキュウスズメダイナンヨウハギフエヤッ...那覇空港展望デッキ沖縄海の生き物図鑑

  • 徳之島クジラ見2020年3月 スイム少々と食べ歩き

    ことしの春も、徳之島へ行った。くじらたちが、もう北上を始めた3月で、少ないチャンスに賭けて、だ。マリンサービス海夢居さんこと、ホエール・アドベンチャーさんの、ホエールウォッチング/ホエールスイムは大人気すぎて、クジラたちが一番熱い時期には、なかなか予約がとれないのだ。まだ今年で3回目だけれど、年々とりにくさを増している。そんなこんなで、空いていた3月11-12日のみトライで、2泊3日、離島旅としては、タイトな日程となった。3月10日。0.25日だけ働いて、羽田空港へ向かうべく、浜松町への山手線に乗っていたら、10時46分ドクターイエローとすれ違った!なんて幸先のいい!!くじらと同じくらいうれしい!!!テンションあがるぅー!!!!が…羽田空港は雨。乗り継ぎ地の鹿児島空港も雨。徳之島空港に近づくと、白波たって、波ザ...徳之島クジラ見2020年3月スイム少々と食べ歩き

  • 沖縄本島 2020年3月 with fill color(2)

    3月19日、木曜日。けさも6:20ピックアップ…パンドカイトのパンも、ホーメルの四角いハムも尽きた最終日。朝はきのうローソンで買ったぐしけんパンの「ポークたまごバーガー」だけ。部屋のレンジでチン。のっぺり。まあ、惣菜パン。きょうは真栄田岬で3ダイブ!石切場からの真栄田だと、エントリーした瞬間、なんて水がキレイなんだろ?と思う。目が慣れれば、そうでもないんだけれど。雨で、海の中も暗い。階段でゼーハーしても、エントリーでもたついても、やっぱり真栄田がいい!そしてここにも、各種幼魚ちらほら…まずは、いつもどおりスズメダイのチビッコたち。成魚なら素通りな子らだけど…アマミスズメダイ。クマノミ。セナキルリスズメダイ。続いて、本日のウミウシ。チギレフシエラガイ。ゾウゲイロウミウシ。またまた、趣味のベラっこたち。セジロノドグ...沖縄本島2020年3月withfillcolor(2)

  • 沖縄本島 2020年3月 with fill color(1)

    3月18日、水曜日。ダイビング3日めは、ナカモトイロワケハゼをしっかり撮りたくて、fillcolorさんの門戸を叩く。ピックアップは午前6時20分!きょうも石切場のテトラに苦戦しながら、3ダイブ。まずはお目当てのホネホネハウスに棲むナカモト夫妻。お腹が卵で真っ赤の、強気めなヨメと。たまにしか出てきてくれない、気弱めのダンナ。お団子みたいに、仲良くひっついているところが撮りたかったけれど…あたりまえだけど、思うようにはさせてくれない。ヨメ、なんどもなんども、ぶおーっと開口。1ダイブの大半を粘ったけれど、思い描くものにはならず!お邪魔しましたー!オキナワベニハゼ。ジャパピグことジャパニーズピグミーシーホースだそうで。初めて見た!頭のてっぺんがアホ毛っぽくて、かわいい。でも、ペアでゆらゆら、時にふらふらと別の枝に動く...沖縄本島2020年3月withfillcolor(1)

  • 沖縄本島 2020年3月 with ドルフィンキック(2)

    3月17日、火曜日。きょうも北部へ。「パルプンテⅥ」で3ダイブ。すっかり春めいて。でも、海ん中は、冷たい。冷たくったって、楽しい海の中…。カワイイの部。ベラっこコレ。セジロノドグロベラ。ノドグロベラ?ヒレグロベラ。ツユベラ。ウミウシの部。シラナミイロウミウシ。オレンジモウミウシ。フジナミウミウシ。ムラサキウミコチョウ大発生中。浮遊するもの、ひっついているもの、さまざま。トレイントレインするマダライロウミウシ。甲殻類の部。ハナイカ登場!オウギガニ科の一種。知らん…シムランスは、きょうもあちこちで登場。ホヤカクレエビ属の一種。カクレソコナイ?その他。ピグミーシードラゴン。相変わらず撮れない、超苦手科目。イナセギンポ。アマミスズメダイ。ヒレグロスズメダイ。これからもっとチビッコ増えるから、4月、5月が楽しみ!(と、ま...沖縄本島2020年3月withドルフィンキック(2)

  • 沖縄本島 2020年3月 with ドルフィンキック(1)

    冬のうちに、エビカニ見たい!だから、「ドルフィンキック」さんの門戸をたたく。それは、コロナウィルスの脅威が、いよいよ迫り来た感が強くなっていた3月15日。コロナの翳りに不安をおぼえつつ、まだ、これまでどおりの生活を送れていた、最後の日々…。なので、キャンセルというアイデアはなく、予定どおり、沖縄本島へ!!とはいえ、すでに旅行者は減っており、羽田空港の売店は品薄、さくらラウンジのおかきも、衛生上なくなっていた。はじめてA350に乗ったが…日曜のフライトにもかかわらず、機内は悲しいほどガラガラだった。超高性能フィルターで空気は清潔に保たれ、2分にいちど機内の空気は入れ替わるとか。羽田を夜明けに旅立ち…那覇スティでダイビングはあしたから。急ぐ旅ではない。ポーたま那覇空港到着早々、「ポークたまごおにぎり」に寄って朝食。...沖縄本島2020年3月withドルフィンキック(1)

カテゴリー一覧
商用