searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

りゅうさんのプロフィール

住所
港北区
出身
港北区

自由文未設定

ブログタイトル
酒・旅・FOOTBALL りゅう’S わーるど
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/ryu2017/
ブログ紹介文
浦和レッズを中心に試合の感想、遠征の模様、さらににビールネタを気ままに書いていきます。
更新頻度(1年)

83回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2017/07/13

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、りゅうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
りゅうさん
ブログタイトル
酒・旅・FOOTBALL りゅう’S わーるど
更新頻度
83回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
酒・旅・FOOTBALL りゅう’S わーるど

りゅうさんの新着記事

1件〜30件

  • 【コロナ禍でのEURO】2021年6月11日イタリア×トルコ

    この1年海外サッカーはほとんど観なくなっています。コロナ禍の影響だったり、自分の中での優先順位が変わったりと理由はいろいろあると思うんですけどね。それでもユーロ。4年に一度、今回は5年ぶり。やっぱり観ないと思い、久々にWOWOWに加入しました。開幕戦はローマでの

  • 【ベテラン健在、職人の一撃】2021年6月9日浦和×富山

    天皇杯。そっか去年はコロナの影響で出場していないのか。駒場で富山との初戦。帰宅後の追っかけ再生での観戦でしたが、まず「おっ!」と思ったのは相手GK。西部洋平。今季から富山に加入していたんですね。40歳。頑張っているなあ。JリーグがJ1からJ3まで57クラブあるから

  • 【運を手繰り寄せる?】2021年6月6日神戸×浦和

    先週末は代表ウィーク。A代表×U24代表はなるほどそうなるのかという展開。格の差を見せつけられたU24代表もガーナU24代表に対しては圧巻の試合っぷり。通常通り行われるJ2では甲府×新潟の上位対決が白熱のドロー。勝てば首位という京都は栃木のハードワークに勝ち切れず。J

  • 【精度と強度】2021年5月30日浦和×名古屋

    つい最近、ライターの西部謙司さんがチーム力は精度と強度で決まるということを書いていた記事を読んで、すごく分かりやすかった。めっちゃくちゃ上手い中学生がいるチームが大学生チームとやると強度で負けてしまう。その大学生も日本代表を相手にすると精度で差をつけられ

  • 【彩艶初失点。妥当なドロー】2021年5月26日広島×浦和

    ということで今年は遠征できずDAZN観戦となってしまった広島アウェイ。この試合では小泉、柴戸が先発復帰。やはり彼らの存在感は大きい。特に柴戸が首を振りながらポジションを修正しボールを引き出す動きを繰り返していたのが印象的だった。ボールを受けた時のターンも様に

  • 2021年広島アウェイ遠征

    2012年から2015年。Jリーグでいうと4シーズンを過ごした広島。多くの素晴らしい出会いもあり、関東に戻ってからも毎年欠かさず遠征に行く大好きな街です。コロナ禍にあった昨年も11月というJリーグのビジター席解禁&GOTOキャンペーンという奇跡的なタイミングで旧交を温める

  • 【主力投入で勝つ】2021年5月22日浦和×神戸

    前半は寝ていた。オレが。ハイボールを飲みながら鳥栖と鹿島の試合を観ていて、浦和の試合に切り替えたら急に睡魔が襲ってきた。眠りはしなかったけど、かなり朦朧としながらだったのは確か。眠気の原因は試合内容にもあったのかな。前半はいいところなし。ルヴァンカップか

  • 【進化、着々と】2021年5月19日浦和×横浜FC

    残業を終え帰ろうとしたのが19時直前。スマホでスタメンをチェックするとトーマス・デンの名が。さらに武田も復帰。汰木や山中といってリーグ戦でのスタメンから遠ざかっている選手もあわせ、なかなか興味深いメンバーだ。帰宅後、おっかけ再生すると、いきなりテンポ良いパ

  • 【楽しい週末】2021年5月16日G大阪×浦和

    昨日5月15日はJリーグ発足から28年目の誕生日。ステイホームが求められる中、今週末はJリーグ三昧。土曜日は鹿島×横浜、琉球×栃木。日曜は岩手×岐阜、川崎×札幌とDAZN観戦し、締めのG大阪×浦和。宮本恒靖が解任されブースト発動の懸念もあったこの試合でしたが、予想以

  • 【ターニングポイントの予感】2021年5月9日浦和×仙台

    福岡戦の記事で鈴木彩艶をリーグ戦で起用するきっかけになるかもと書いたら、その通りになった。そして立ち上がり小泉のひっくり返るようなパスミスから至近距離のシュートを浴びる。それを止めたことで乗った。持っているというより実力で流れを引き寄せた感じだ。試合はビ

  • 【ユンカー参上!】2021年5月5日柏×浦和

    ルヴァンカップ・グループステージ第5節。ついにキャスパー・ユンカーがスタメンで初出場。そしていきなりのゴール。あのシーンは中盤で汰木がいい形で持ち出して、「よっしゃ独力で剥がしてみろ!」と力んだところだった。ユンカーが左に流れたので「どうするかな、あ、パス

  • 【ポロリと落とした勝ち点】2021年5月1日福岡×浦和

    大分戦の記事で山中の起用について疑問を呈した、ぶっちゃけ「明本のがいいんじゃない?」というニュアンスのことを書いたら、左サイドバックは明本だった。この試合ではその前のポジションには小泉。プレースタイル的に中に入る時間が多いので、高い位置で幅をとるのは明本

  • 【スコアレスの中での期待】2021年4月29日浦和×湘南

    GW突入前夜。お酒も入り、さらに追加しつつの録画観戦。意識も遠のきかけ後半途中で諦めて、朝見直しました。まずは阿部と梅崎がコイントスで交差するシーンにグッときました。しかし試合は立ち上がりから湘南の勢いあるプレスにたじたじ。このあたりはあまり試合に絡んでい

  • 【踊り場での勝ち点3】2021年4月25日浦和×大分

    ドタバタした試合だった。いや、立ち上がりから小泉が何度も縦を狙うパスを出していたので、今日はいいぞと思ったんです。そして西が絶妙の飛び出しから先制。しかし前半の途中から大分ペースに。この間、何度も左サイドの裏をつかれて槇野が引っ張り出されたシーンがあった

  • 【カップ戦の楽しさ満載】2021年4月21日横浜FC×浦和

    いきなり工藤が空振りしたのにはびっくりした!その後も失点に絡んでしまったりしたけれども、徐々に慣れてきて決勝点の起点となるフィードもみせた。これがルヴァンカップの楽しみだと思うのです。若い選手は公式戦の経験を重ねることが成長につながる。サブにレギュラーと

  • 【4連勝するほど強くはない】2021年4月18日C大阪×浦和

    コロナ感染拡大が止まらない大阪は飲み食いが楽しい遠征地。いろいろな思いでが過ります。さて、試合は前節とは逆にCKからの失点で0-1の敗戦。4連勝はなりませんでした。実感としてはこれが実力かなと。このところの3試合も劇的に得点力が増したわけじゃないですからね。ボー

  • 【この先の成長を楽しみたい】2021年4月11日浦和×徳島

    リカルド・ロドリゲスがつくりあげた徳島との対戦でしたが、CKから関根のヘッドが決勝点という渋い勝ち方で3連勝です。渋いというのはゴールだけじゃなく、徳島ペースの時間帯が長かった試合内容による印象でしょうか。立ち上がり早々に武田が負傷して杉本がイン。どうも上手

  • 【成長曲線】2021年4月7日清水×浦和

    変えてきたスタメンでいい試合ができた前節から中3日。ベンチ含め全く同じメンバーをそろえてきましたが、いい流れはそのまま続き2-0で勝利。やはりボールは良く回りました。この試合では柴戸が目を惹きましたね。特にビルドアップで両CBの前に位置する場面。解説者も「厳し

  • 【いろいろ動き出したぞ!】2021年4月3日浦和×鹿島

    今季初参戦。変えてきたスタメンを往きの電車でみた時には右は明本で左が関根かと思った。しかししばし考えると右に関根で左を明本にしたほうが良さそうだと気づいた。サイドバックとの関係的に。試合が始まるとその布陣だったのでちょっと嬉しかった。その見立て通り関根と

  • 絡め、サイドアタッカー!

    柏戦の記事でサイドアタッカーについて書けなかったので、ここで触れておきたいと思います。4-2-3-1を基本システムとするなかの両ワイド。一番試合に出ているのが左の汰木。右は明本、田中と続き、関根や大久保の出場機会も少しずつ増えている。オフィシャルには各自のデータ

  • 【続く試行錯誤】2021年3月27日浦和×柏

    代表ウィークでのルヴァンカップ柏戦。リーグ戦で苦しい戦いが続く中、この試合で見たかったのはこの先に向けての明るい兆しでした。スタメンに興梠が復帰し、西も初登場。彩艶、柴戸、伊藤涼太郎らも楽しみだった。興梠が杉本とツートップを組み、興梠は下がり気味で収める

  • 【へこたれるな、覚悟を決めよう】2021年3月21日浦和×川崎

    前半は意外とやるじゃないかと思った。それなりにつなげていたし、杉本のボレーは凄かった。しかし終了間際に先制を許し、後半立ち上がりからは怒涛の失点ラッシュ。思い出したのはスラムダンク、山王工業のプレスだ。これにかかると「平常心」が奪われ、冷静な「判断力」を

  • 【依然苦しいものの粘ってドロー】2021年3月17日浦和×札幌

    連戦の中、スタメンに変更あり。伊藤敦樹に代わり金子が入り、宇賀神の代わりに関根?阿部を最終ラインに下げて3バック。札幌に対してミラーゲームで臨むという予測もあったが、蓋を開けてみればシステムは同じで阿部が右SB。関根はウイングの位置で小泉、金子のダブルボラン

  • 【その差まざまざ】2021年3月14日横浜FM×浦和

    このまま日産スタジアムまで歩きたいと思うほどのよい天気。しかし近場のアウェイも緊急事態宣言中とあって5000人上限のためDAZN観戦でした。試合は0-3で完敗。もう選手個々のクオリティ、チームとしての完成度で相当の差があることを目の当たりにしました。小泉、明本、伊藤

  • 【初勝利】2021年3月10日浦和×横浜FC

    今日は在宅勤務だったのでキックオフから観られると思いきやDAZNなのか自分のPCなのか両方が原因なのか分からないけど試合映像に入っていけない。直前にPCを再起動してみてようやくつながった時には既に試合が始まっていた。スタメンは第1節と同じ。しかし小泉と明本の位置が

  • 【そりゃ簡単じゃない】2021年3月6日鳥栖×浦和

    鳥栖アウェイというと、うなだれて電車に乗り中州で盛り返すというのがいつものパターンですが、リカルド・ロドリゲス監督の2試合目(カップ戦入れると3試合目)もそういう結果になってしまいました。爽快だった初戦。試合内容への評価も総じて高く、このまま順風満帆にいく

  • 【戦術理解度がポジションを左右する】2021年3月2日湘南×浦和

    リーグ開幕戦から中二日、ルヴァンカップの初戦となる湘南ベルマーレ戦。注目のスタメンは槇野以外の10人を入れ替え。そうきたか。多くの選手を実戦で試していくことは重要だと思うので歓迎。というか興味津々。結果からいうとスムーズさを欠いたというか、FC東京戦のような

  • 【上々の出航!】2021年2月27日浦和×FC東京

    立ち上がり早々杉本のゴールが決まる!びっくり!あのケンユーが!と思ったらVARでオフサイド。というか最初からオフサイドと思っていたので、そりゃそうだよなと。今季の開幕戦、杉本健勇はよく知っているケンユーだった。ゴールに絡むところ以外は素晴らしい。まあ、それは

  • さあ!2021年Jリーグ開幕!

    コロナ禍で2回目の緊急事態宣言。それが解除されぬままで2021年のJリーグが開幕します。スタジアムに通うという長年の生活習慣がなくなってしまった2020年。オンが例年と違ったけどオフもさらに違い、遠征ではない旅行を楽しんだりすることもできず、欧州サッカーを観るわけ

  • 柏木陽介について

    キャンプ中に禁止されていた外での飲食を行った柏木陽介はチームへの合流を許されず、そのまま移籍する方向で調整。浦和レッズを退団することになると報じられました。今回の件を聞いての率直な気持ちを言葉にするなら「ふざけんな、͡この野郎!」である。柏木を初めて知っ

カテゴリー一覧
商用