chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
神経内科医ちゅり男のブログ https://www.churio807.com

気ままに、ほどほどにがモットーのゆるい神経内科医が資産形成や日々の気づきをつらつら書いていきます。

医師の仕事は多忙ですが、奴隷勤務医にならないために日々知恵を絞っています。 ブログでは、日常診療やニュースの気づき、投資・資産形成について気ままに言いたい放題書いていきます。 訪問いただいた方に、一つでも「ハッと役立つ」情報があればと考えています。 医療業界以外の人達とブログを通じて交流できればと思っています。よろしくお願い致します。

shinkei807
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2017/03/20

1件〜100件

  • 節約の域を通り越してケチにならないためには自動化、仕組み化が鍵

    おはようございます。 資産形成の初めの一歩として、節約をしてタネ銭を貯めることが重要なのは言うまでもありません。 特に、インデックス投資の場合、バイ&ホールドを前提とすれば誰がやってもリターンは大きく変わらないわけです。 となれば、いかに若いうちにまとまった金額のタネ銭を作り、それを長期で最も高いリターンが期待できる株式に回すかというのが勝負のポイントになります。 とはいえ、節約も度が過ぎるとただのケチになってしまいます。 お金に目がくらむあまり、本当に重要なことにもお金を効果的に使えなくなってしまっては逆効果と言えるでしょう。 本日はそのあたりのバランスを考えてみます。 節約の域を通り越して…

  • 株式を長く保有し続けることが難しい理由と対処法

    おはようございます。 株式投資、特に個別株投資において最も重要なことは何でしょうか? 私の意見では、保有株の株価が不調な時期が続いたとしても、その株を保有するシナリオが崩れていない限り粘り強く保有し続けられるかどうかだと思います。 どんなに優れた企業の株であったとしても、購入した時点から右肩上がりに上昇し続けることはほぼありません。 株価がしばらく低迷したとしても、その企業の成長性を信じられる限り保有し続けられるか否かが非常に重要になります。 株式を長く保有し続けることが難しい理由と対処法 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. どんな優良企業であっても株価は必ずしも自分の思い通りには動かな…

  • インデックス投資と個別株投資をうまく使い分けた投資をしよう

    おはようございます。 インデックス投資というと、「無難ではあるものの退屈」というイメージもあるかもしれません。 個人的には100%インデックス投資でも楽しめるので十分なのですが、刺激が足りない方はインデックス投資をコアにして、一部に個別株をトッピングすればよいでしょう。 インデックス投資にはインデックス投資の、個別株投資には個別株投資の魅力があります。 そして、両者の違いというのは、本やブログを読んで勉強するだけでなく、実際に自分のお金を投じて両方とも一度は経験してみないと分からないものです。 両方ともある程度かじってみて、その中で自分に向いた投資法を追求するのも面白いと思います。 インデック…

  • 投資を長く継続できる仕組み作りこそ最重要

    おはようございます。 株式投資において重要なことの1つに、投資を長く継続できる仕組み作りがあると思います。 投資が趣味の方は別として、毎日目の前の仕事やプライベートをこなすだけで精一杯の方は、できるだけ自動化、仕組み化するのが長期投資成功のコツです。 特に20代〜40代は結婚や出産、育児など様々なライフイベントが目白押しであり、ある時期は時間・体力的に余裕があったとしても、2〜3年後には投資に回す時間や気力がゼロになっているという可能性があります。 素人が投資で成功するためには、できるだけ投資期間を長く確保し複利の力を最大限に活かす他ありません。 となりますと、投資に回す気力、時間などのリソー…

  • 配当金は株価の変動よりも安定的で投資継続の大きなモチベーションになる

    おはようございます。 インデックス投資において、数十年後のトータルリターンを考えれば配当金は受け取らずに自動再投資するのが最適解なのは間違いありません。 配当金を得るのはこまめに利益確定をしていることと同じですので、その都度税金がとられているからですね。 このように、最終的なリターンだけ見れば不利になるにも関わらず、私自身は配当金を肯定的に捉えています。 配当を得る・得ないに関しては各個人の好みによるところも大きいですが、本日は肯定派として意見を述べてみます。 配当金は株価の変動よりも安定的で投資継続の大きなモチベーションになる インデックス投資で成功するためのポイントは「継続性」 株式投資、…

  • 国力が衰退する日本において外貨建て資産を積み上げることの重要性

    おはようございます。 日本では超少子高齢化がますます加速し、2065年までに約8,800万人まで人口が減少することが確実視されています。 2040年頃までは高齢者人口自体は増加しますが、それ以降は高齢者人口すら減少に転じるようです。 このように、人口の絶対数が減少するうえ、人口の30%〜40%が高齢者という世の中では国力の衰退は避けようがありません。 人口動態の推計というのはかなり正確な数字がはじき出せますので、この事実をよく踏まえたうえで自分の身の振り方を考えておく必要があります。 国力が衰退する日本において外貨建て資産を積み上げることの重要性 国民皆保険制度は財政的に維持不可能であり、医療…

  • 紆余曲折を経て最終的には安心・安全な投資に行き着く

    おはようございます。 若い頃にはやんちゃな投資で失敗を繰り返した人も、紆余曲折を経て最終的には安全・安心な投資に行き着くのではないでしょうか? 年齢を重ねて家庭を持ち、社会的な責任が増してきますと、投資の失敗は自分ひとりの責任では済まされなくなります。 よって、どうしても安全・安心を優先せざるをえないのです。 そして、投資経験を積むにつれて、他の人には真似できないような特別な方法を実践しなくても、時間をうまく使えばある程度のリターンが得られることがわかってきます。 本日はこのような投資に対する心理的変化を取り上げてみます。 紆余曲折を経て最終的には安心・安全な投資に行き着く 本日の記事の要点は…

  • 確定拠出年金のスイッチングを利用した逆張り投資の是非

    おはようございます。 確定拠出年金はスイッチングが自由で手数料がかからない点が大きな魅力です。 その利点を利用して、平常時は定期預金型の商品で現金を積み上げつつ所得控除の恩恵を受け、相場が乱れたら株式投資信託へ切り替えるといった逆張りの手法が考えられます。 そこで、本日は以下のご質問について検討してみます。 こんにちは、ちゅり男さん! いつもブログで勉強させて頂いております。 本日は確定拠出年金の投資手法についてアドバイスを頂戴したく問い合わせさせて頂きました。 数年前から企業型DCに加入しており、最初は定期預金にて拠出しておりましたが、昨年、思い切って外国株式投信に運用を切り替える事にしまし…

  • 会社員のリバランスはボーナス時期に合わせてノーセルで実施しよう

    おはようございます。 長期投資成功の鍵はアセットアロケーションにあると言っても過言ではありません。 自分のリスク許容度を適切に把握し、そのリスク許容度の範囲内でどのような資産配分を組むかを考えるのは非常に重要なプロセスです。 しかし、投資を始めたばかりの頃は自分の理想とする資産配分であったとしても、しばらく投資を続けていくと目標資産配分からずれが生じてきます。 この時に、資産の一部を売買することで目標資産配分に近づける作業をリバランスと言います。 本日は、リバランスの適切な頻度や方法について検討します。 会社員のリバランスはボーナス時期に合わせてノーセルで実施しよう 本日の記事の要点は以下の通…

  • 日本に住みながら経済力を維持するには「副業」と「外国への投資」が鍵

    おはようございます。 今後、日本に住みながら経済力を維持するには、「副業」と「外国への投資」が欠かせません。 また、これからはより流動的な世の中になりますので、刻一刻と変わっていく状況に対して臨機応変に対応できる能力が求められます。 同じものにずっとしがみついていると、知らない間に時代遅れになっている可能性もありますので、注意が必要ですね。 日本に住みながら経済力を維持するには、「副業」と「外国への投資」 高度経済成長期と今の日本は全く異なることを理解しよう 高度経済成長期の日本のように、 ・土地付きの一軒家を購入すれば、住宅ローンを返済し終わる頃には資産価値が倍増 →マイホーム購入こそが最高…

  • インデックス投資家は1ヶ月ごとの損益を気にしても意味がない

    おはようございます。 インデックス投資家にとって、「今月はいくら儲かった」「先月はいくら損した」というのはあまり意味がありません。 目先の損益を気にしすぎると長期的な大きな目標を見失う可能性があり、かえって害悪にすらなりえます。 インデックス投資とは長期目線で見た時に結果としては年平均5%程度で増えていればよいという投資ですから、仮に1ヶ月前と比較して+10%増えて気分を良くしたところで意味がないのです。 インデックス投資家は1ヶ月ごとの損益を気にしても意味がない インデックス投資のリターンは年間5%程度に過ぎない そもそも、過去の歴史からインデックス投資のリターンは年数%程度であることが分か…

  • 「人生100年時代」では若い時の投資失敗は取り返しがつく

    おはようございます。 一般的に株式投資と言えば個別株投資のイメージが強く、若い頃にいきなりインデックス投資に落ち着く方はまだまだ少数派なのだと思います。 つみたてNISAやiDeCoなど若い方に「貯蓄から投資へ」の流れを促すための制度は増えてきていますが、実際にそれをうまく活用している方はごく一部というのが事実です。 私自身は、つみたてNISAやiDeCoなどの非課税口座を活用したインデックス投資は長期投資の王道だと思っています。 とはいえ、初めからそういった考えだったわけではなく、10年くらい前はいろいろな投資を試してたくさん失敗をしました。 若い時に投資で少々の失敗をしたとしても、その後の…

  • インデックス投資家は低コスト、分散、長期保有の大原則を厳守しよう

    おはようございます。 かれこれ10年以上に渡って投資をしてきた経験から、投資に手間暇をかけたくない方にとって絶対に守らなければならないルールは「低コスト・分散・長期保有」だと思います。 この原則を守り続けることによって、個人投資家にとっての最大の武器である時間を最大限に活かすことができます。 そして、個人投資家にとっては大きなリターンを得ることよりも大きな失敗を避けることのほうが重要だからです。 なぜこの3つが重要なのか、以下で詳細を検討します。 インデックス投資家は低コスト、分散、長期保有の大原則を厳守しよう 1. コストを徹底的に省くことの重要性 まず最も重要なことは、徹底的にコストを省く…

  • 脳パフォーマンス向上のため有酸素運動の習慣を取り入れよう

    おはようございます。 近年の様々な研究結果から、運動習慣が脳機能の向上に直結することが広く知られています。 本日は、『一流の頭脳』という書籍の紹介です。 この1冊を読めば、運動、特に有酸素運動の習慣がいかに脳のパフォーマンス向上に関連が深いか効率的に学ぶことができます。 もし時間に余裕があれば、『脳を鍛えるには運動しかない』をあわせて読めば無敵でしょう。 脳を鍛えるには運動しかない! posted with ヨメレバ ジョン・J.レイティー/エリック・ヘイガーマン NHK出版 2009年03月 楽天ブックス Amazon Kindle 脳パフォーマンス向上のため有酸素運動の習慣を取り入れよう …

  • 投資初心者ほど再現性の高い長期投資を軸にしよう

    おはようございます。 投資を始めるうえで絶対に考えなければならないのは、自分がどういった戦略で戦うかです。 戦略を練らずに思いつきのままに売買を繰り返すとほぼ確実に負けることになります。 個別株投資かインデックス投資か、投資信託かETFか、日本株か海外株どちらで勝負するかなどいろいろと考慮すべき点はありますが、 その中でも最も重要なのは短期投資か長期投資かという時間軸の取り方でしょう。 私個人の意見としては、再現性を考えますと投資初心者の方ほど売買回数を少なくして長期投資にじっくり取り組んだ方がよいでしょう。 投資初心者ほど再現性の高い長期投資を軸にしよう 本日の記事の要点は以下の通りです。 …

  • 【書評・ストレス脳】運動習慣と孤独を避けることで健康なメンタルを保つ

    おはようございます。 『スマホ脳』で一躍有名になったアンデシュ・ハンセン氏の最新本『ストレス脳』を読みましたので、本日はその書評です。 現代社会はこれまでの人類史上もっとも安全で豊かであることは間違いなく、昔の人からすれば「誰もが羨むような理想的な生活」を手に入れたかのように見えます。 ところが、実際にはメンタルの不調から精神科を受診する人の数は増加しており、必ずしも物質的な豊かさが精神的な豊かさには直結していないようです。 本書はこの問題点を脳科学の観点から明らかにし、現代人はストレスとどう向き合って対処すべきかを明らかにしてくれます。 【書評・ストレス脳】運動習慣と孤独を避けることで健康な…

  • 会社に依存しないお金を用意することは経済的自立のための必須条件

    おはようございます。 会社に依存しないお金を用意することは経済的自立を実現するための必須条件です。 収入を複数化しておき、仮に1つの道が絶たれてもその他の道で生き抜くことができればメインの会社への依存度は大きく下がります。 今までメインの勤務先から給与をもらい、その一部を銀行に預けて将来へ備えることしかしてこなかった方には、 いきなり「会社に依存しないお金」「収入の複線化」と言われてもピンとこないかもしれません。 そこで本日は会社に依存しないお金を用意することの重要性について検討します。 会社に依存しないお金を用意することは経済的自立のための必須条件 本日の記事の要点は以下の通りです。 会社に…

  • まずは小さく、月1万円の投資から始めよう

    おはようございます。 ブログやTwitter界隈では「毎月20万円を投資」「貯蓄率50%」といった派手な文言が毎日のように並びます。 しかし、これはあくまでごく一部の例外であり、他人は他人・自分は自分と割り切れるかどうかが重要です。 彼らもいきなり「毎月20万円の投資」「貯蓄率50%」の領域に達したわけではなく、コツコツ積み上げてきた結果その領域に達しただけです。 それまでに積み上げてきた努力というのはブログやTwitterでは見えにくいため、初心者の方は結果だけを見て焦ってしまいます。 まずは小さく、月1万円の投資から始めよう 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 長期投資では他人の投資…

  • TIME SMARTな人生を手に入れよう(お金と時間のバランス)

    おはようございます。 資産形成や投資関連の本はお金を効率的に増やすことにフォーカスが当たりますが、よく考えてみればお金だけで人生がうまくいくはずがありません。 お金は人生を豊かにするうえで重要なファクターの1つではありますが、それと同程度、もしくはそれ以上に重要な要素に時間や健康が挙げられます。 最近お金にばかり意識が向いているという方は、ぜひ本日ご紹介する『TIME SMART』を読んでお金と時間のバランスを取り戻しましょう。 TIME SMARTな人生を手に入れよう(お金と時間のバランス) 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. テクノロジーにより時間が細分化されている 2. 「お金」が…

  • 【4%ルール】年間生活費の25倍を目指して資産形成を続けること

    おはようございます。 先日、FIREについて以下の記事を書きましたが、予備知識を入れるために数冊FIREに関する書籍を読みました。 www.churio807.com その中で、どの書籍にも共通して記載されていたのがトリニティ・スタディという研究に基づいた「4%ルール」です。 最近のFIREブームによってすでに4%ルールについては聞いたことがある方も多いかもしれませんね。 本日は、「4%ルール」の詳細について検討します。 【4%ルール】年間生活費の25倍を目指して資産形成を続けること 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. トリニティ・スタディからの重要な学び 2. 年間生活費の25倍のポー…

  • FIREで真に重要なのは早期退職ではなく経済的自立である

    おはようございます。 最近、FIREという言葉を耳にすることが増えましたが、そのFIREとはFinancial Independence, Retire Earlyの略です。 前半部分のFinancial Independenceは経済的に自立すること、後半のRetire Earlyは文字通り早期退職を意味します。 もともとは、米国の若者を中心に急速に広まったFIREという考え方ですが、近年では日本においても若くしてFIREを成し遂げた方が出てきています。 そこで本日はFIREについて勉強するのにおすすめ書籍の紹介と、FIREに関する私の考えを述べます。 FIREで真に重要なのは早期退職ではな…

  • 資産形成では世間の常識の逆を行く勇気が必要

    おはようございます。 資産形成を効率的に行うためには、一般的に世間の常識とされていることの逆をいく勇気も持ち合わせる必要があります。 世の中の大半の人が資産形成に苦労し、いつもお金の悩みが耐えない状況なわけですから周囲の人と全く同じことをやっていて自分だけが抜きん出ることは不可能です。 とはいえ、やみくもに反対のことばかりやっていてはただの「非常識な人」に成り下がってしまいます。 適切なポイントをおさえたうえで戦略的に世間の常識の逆を進める人になりましょう。 資産形成では世間の常識の逆を行く勇気が必要 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 資産形成では世間の常識の逆を行く勇気も必要 2. …

  • 余計な行動を起こして自らゲームを難しくしている人が多い

    おはようございます。 2022年に入り、世界中の株が下落するとともに、米国と他の先進諸国の金利差拡大により米ドル高が顕著になっています。 2021年が嘘であったかのように難しい相場になっており、不安になってあれこれ売買を繰り返している方も多いのではないでしょうか。 私のこれまでの経験から、焦ってあれこれと売買を繰り返すと損失を拡大させるだけの結果に終わることが多いです。 難しい相場ではたとえプロが参加しても利益を出すことは難しいので、苦戦しているのは自分だけではないと冷静になることが重要です。 余計な行動を起こして自らゲームを難しくしている人が多い 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 余…

  • 「インデックス投資」x「非課税口座(iDeCo、NISA) 」x「年数」は最強の投資法

    おはようございます。 数ある投資法の中でも、「インデックス投資」x 「非課税口座(iDeCo、NISA)」x 「年数」は最強の投資法だと思います。 何をもって最強とするかは個々人の意見が分かれる所かと思いますが、少なくとも老後の生活資金を調達するという目的においては最強でしょう。 iDeCoとつみたてNISAの掛金分だけは、なんとか頑張って上限いっぱい利用しておくと将来大きく報われる可能性が高いと思います。 サラリーマンならば毎月5万円前後ということになりますね。 iDeCoやNISAなどの非課税口座とインデックス投資との相性は抜群 インデックス投資の2大メリットは? インデックス投資のメリッ…

  • 配当金をもらうとお金に働いてもらっている実感が湧く

    おはようございます。 私はポートフォリオの主力として、VT、VTI、VEA、VWO、QQQ、VYMなどの商品を保有しています。 主力にしているバンガード社のETFは、毎年3月、6月、9月、12月に4回分配金の支払いがあります。 ほぼ全てインデックス型の商品ですので、分配金といってもその利回りは1.5%〜3%程度に過ぎません。 しかし、私自身は、投資を始めて10年以上が経過してもなお、配当金・分配金をもらうと「お金に働いてもらっている」という実感が湧きます。 ETFの分配金は悪名高い毎月分配型投資信託の分配金とは全く異なるもので、株主であれば当然受け取る権利のあるものですので、喜んで受け取ってお…

  • 定期的に自分と向き合う時間を確保しよう(健康、人間関係、お金、趣味)

    おはようございます。 24時間ネットにつながるのが当たり前の現代においては、オフラインの時間を確保することが思いの外難しくなっています。 しかし、そういった時代だからこそ、オフラインの時間を意識的に作って自分と向き合う時間を確保することは非常に重要です。 特に、仕事以外の側面に意識的に目を向けるとよいでしょう。 仕事に関しては真面目に考えていても、健康や人間関係、お金や趣味に関しては、「ただなんとなく」やり過ごしているという方も多いかもしれません。 人生はこれらの要素のトータルバランスですから、定期的に仕事以外の要素についてもブラッシュアップをはかりましょう。 定期的に自分と向き合う時間を確保…

  • ジュニアNISAはETFではなく配当再投資の効率がよい投資信託を選ぼう

    おはようございます。 当ブログの読者の方から、ジュニアNISAについて以下のご質問をいただきました。 いつも楽しく拝見させていただいております。突然のご連絡で恐縮です。 私は39歳の公務員で妻(33歳)と子供(2歳)の3人家族です。 世帯年収は1,300万円で以下のような資産運用を行っています。 1.楽天証券にて、iDeCoで毎月12,000円(楽天VT)、積立NISAで毎月33,333円(楽天VT)+33,333円(楽天VTI)。 2.SBI証券にて、毎月1,600ドル(VT)+1,400ドル(VTI)を定期積立(SBI銀行にて毎日2万円分のドルを定期積立)。 3.国内株式350万(数銘柄保…

  • 2022年夏休みにこれだけは読んでおきたいオススメ投資本5選

    おはようございます。 昨今はブログやYoutubeなどでお金や投資の勉強をする方も多いようですが、ある程度の予備知識がないと書かれている内容や語られている内容が信用に値するものかどうか判断ができません。 昔と比べて個人レベルでも非常に有益な情報を発信している方が増えていますが、お金儲けを目的とした詐欺的な情報も蔓延しており玉石混交と言えます。 一方、書籍に関しては、出版する以上情報の信頼性を担保する必要があり、その過程で数多くのチェックが入りますので情報の信頼性という点では信用がおけます。 よって、順番としては初めに何冊か本を読んで一通りの知識を身につけ、その上でブログやYoutubeなどで最…

  • 固定費の支払いを定期的に見直して家計改善を

    おはようございます。 固定費の支払いを定期的に見直す癖をつけておくと、様々な改善点が見つかり家計改善につながることが多いです。 後に詳細を述べますが、私は先方のミスで約5年間にわたってNHKの受信料を二重に支払っていた経緯があり、それ以降固定費を定期的にチェックする癖をつけました。 特に、加入当初は使っていたものの、最近はほとんど使わなくなっているサブスクリプションや有料アプリなどは要注意です。 知らない間に加入サービスの数が増え、どのサービスにいつ加入したかもわからなくなり、気が付かないうちに膨大な金額のお金を無駄に支払っているという事態に陥りやすいからです。 固定費の支払いを定期的に見直し…

  • Amazonプライムデーのおすすめアイテム・セール品まとめ

    おはようございます。 7月12日、13日の2日間限定で年1回のAmazonプライムデーが開催されています。 セールだからといって全ての商品が必ずしも割安になっているわけではありませんが、うまく見極めれば大変お得に買い物をすることができます。 私は昨日すでにセール攻略を済ませましたが、時間がなくてセール会場をチェックできていない方もいると思います。 そこで、我が家で何度もリピートしていたり、実際に購入してよかった物を中心にオススメ商品を紹介します。 Amazonプライムデーで購入すべきおすすめ商品 1. 洗濯用洗剤・柔軟剤(詰替え用) 洗濯用洗剤や柔軟剤の大容量詰め替えタイプはプライムデーで大変…

  • 長期投資では大怪我を避け堅実に運用することが重要

    おはようございます。 長期投資では「大怪我を避けて堅実な運用を続けること」が何よりも重要です。 一般的なサラリーマン投資家の場合、投資に回せる資金は限られており、一度大怪我を負ってしまうとそこからのリカバリーに長い年月を要します。 このリカバリーに使った時間というのは堅実に運用していれば使わなくても済んだ時間であり、せっかくの「複利の効果」を大きく損なってしまいます。 本日は資産形成において大怪我をするとゴールがいかに遠のくかを考察してみます。 長期投資では大怪我を避け堅実に運用することが重要 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 資産形成では一度「大怪我」をしてしまうとリカバリーに時間を…

  • 金融資産1000万円という最初のゴールをいかに早く達成するかが重要

    おはようございます。 長期投資をモチベーションを保ちながら続けていくためには、その途中途中で中間ゴールを設定するとよいです。 資産形成において、初めのタネ銭を貯める時期というのは一番苦しい時期ですね。 20代の頃の話ですが、私は初めのゴール地点として、 「金融資産1000万円をいかに達成するか」 という目標を設定していました。 金融資産1000万円というのは誰もが途中で超えていかなければならない大きなゴールの一つです。 そのゴールを何歳の時点で達成するかによって、その後の資産形成のやりやすさが大きく変わってくると思います。 金融資産1000万円という最初のゴールをいかに早く達成するか なぜ金融…

  • 楽天キャッシュ利用の投信積立へ切り替えて1%ポイント還元を維持しよう

    おはようございます。 これまで、楽天証券では楽天カードを利用した投信積立で1%ポイント還元が受けられるサービスを提供してきました。 今回、投信積立の決済方法に「楽天キャッシュ」が追加されることになり、それに伴い「楽天カード」決済利用時のポイント還元率にも変化が生じます。 同じ金額を払って投信積立を行うのであれば、少しでも多くのポイント還元を受けてお得に実践したいですよね。 そこで今回は、楽天証券の投信積立でお得にポイント還元を受ける方法について検討します。 楽天キャッシュ利用の投信積立へ切り替えて1%ポイント還元を維持しよう 本日の記事の要点は以下の通りです。 楽天証券の投信積立は「楽天キャッ…

  • マイナポイント第2弾を家族全体で攻略する方法

    おはようございます。 2022年6月30日からマイナポイント第2弾が開始されました。 マイナポイント第2弾では、 「マイナンバーカードの健康保険証としての利用申し込み」 「銀行口座をデジタル庁に登録」 の2点をこなすと、それぞれ7,500円分(合計15,000円分)のマイナポイントを受け取ることができます。 子どもの分も親が代理申請することが可能ですので、家族全員で登録することで大きなポイント還元を受けることが可能です。 マイナポイント第2弾を家族全体で攻略する方法 本日の記事の要点は以下の通りです。 マイナポイント第二弾の概要(1人15,000ポイント獲得可能) シンプルに利用頻度の高い決済…

  • 自分に合う挫折しない副業を選ぶための3つのポイント

    おはようございます。 私自身、このブログを開設した2017年までは副業経験は一切なく、まさか自分が副業を5年以上も続けることになるとは思ってもいませんでした。 日本では長らく賃金が伸び悩んでおり、さらに健康保険や年金などの社会保険料は年々増加、急激な円安やインフレの進行と家計管理は厳しくなるばかりです。 そのような状況の中、本業以外に副業をやって少しでもお金が稼げれば生活が楽になると考えるのは自然な発想でしょう。 ところが、副業に興味をもって始めてみたものの、なかなか続かずに挫折してしまう方が非常に多いのも現実です。 そこで、本日は自分に合った挫折しにくい副業を選ぶための3つのポイントを考えて…

  • 日本円、株、債券、REIT、仮想通貨のどこにも逃げ場がない相場が来ている

    おはようございます。 皆さんも日々実感されていると思いますが、2022年前半は厳しい相場でした。 世界株、債券、REIT、仮想通貨のどれに投資をしても下落しており、頼みの日本円も急激な円安で価値を下げ、何をやってもダメという状況だったからです。 以前から世界株に投資していた方は、円安の進行によって円ベースの資産額ではそこまでダメージを受けていないかもしれません。 とはいえドルベースでは世界株全体が大きく下落しており、2022年に入ってから投資を始めた方には大変厳しい相場であったと言えるでしょう。 日本円、株、債券、仮想通貨のどこにも逃げ場がない相場が来ている 本日の記事の要点は以下の通りです。…

  • 電力供給が安定しない非常時の「新電力会社」への乗り換えは慎重に

    おはようございます。 資産形成の王道は、 1. 家計管理を徹底して余剰資金を最大化する 2. 余剰資金で適切に分散された株式に長期投資をする ことです。 家計管理を効率的に実践するためには固定費を削減することが重要であり、その中でも電気・ガスは自由化によって各個人が販売会社を自由に選択できるようになりました。 多くの新電力会社は大手電力会社よりも電気料金が安いことを売りにしており、顧客を囲い込むため様々なキャンペーンを打ち出しています。 確かに、新電力会社に乗り換えることで電気料金に限ればメリットはあるのですが、新電力会社に乗り換えることによるデメリットも知っておく必要があります。 私個人の意…

  • 2022年夏の読書におすすめの本10選(投資・歴史・小説)

    おはようございます。 今年も暑い日が続いており、自宅にこもって過ごすという方も多いのではないでしょうか。 私も仕事や散歩などで外出することはありますが、外で長時間過ごすのは危険と言わざるをえない暑さが続いています。 そこで、本日は夏の自宅こもりにオススメの本10選を簡単な書評とともに紹介します。 良質な本を読んで有意義な自宅時間を過ごしましょう。 2022年夏の読書におすすめの本10選(投資・歴史・小説) では、さっそく各分野ごとにおすすめの本を紹介していきます。 楽天ユーザーなら、お買い物マラソンの店舗数にカウントされ、ポイント還元も受けられる「楽天ブックス」で本を購入するのがオススメです!…

  • インカムゲインとキャピタルゲイン、どちらを重視した投資戦略をとるべきか?

    おはようございます。 株式投資で得られる利益というのは、大きくインカムゲインとキャピタルゲインに分けられます。 インカムゲインというのは、配当などの定期的に得られる収入のことです。 キャピタルゲインというのは、株の値上がり益のことを指します。 私は欲張りですので、インカムもキャピタルも両方欲しいと思ってしまいますが、どちらも優れた株というのは意外と見当たりません。 本日は、どういった人がインカムゲインを狙いにいくべきか、キャピタルゲインを狙いにいくべきかを考えてみます。 インカムゲインとキャピタルゲイン、どちらを重視した投資戦略をとるべきか? 1. キャピタルゲインを狙いにいくべき人 以下に該…

  • 何もしない「余白時間」を意識的に確保する重要性

    おはようございます。 昔ならば毎日当たり前のように存在していた「ゆとり時間」「余白時間」が、スマホなどのデバイスにどんどん侵食されています。 LINEやSNSを四六時中せわしなく触っている方がいますが、通知がくるたびにスマホに意識が分散することは大きな問題であり、ゆとりや集中力の欠如につながっていると思います。 アイデアや新しい気付きというのは余白時間から生まれることが多く、多忙の中にもほんのちょっとのゆとり時間を持つ工夫をしたいものです。 何もしない「余白時間」を意識的に確保する重要性 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 何もしない「余白時間」を意識的に確保することが重要な時代 2. …

  • Amazon Prime Mastercardはプライム会員なら必携の1枚

    おはようございます。 私は何年も前からずっとAmazonのプライム会員であり、そのサービスにめちゃくちゃお世話になっていることからプライム会員をやめようと思ったことは一度もありません。 日本ではプライム会員の年会費が4,900円と他国と比べて安く、送料無料やお急ぎ便などの追加サービスも受けられることからアマゾンユーザーならば絶対に加入すべきでしょう。 さて、日頃アマゾンでお買い物する機会が多い方は少しでもポイント還元率の高い方法で買い物をしたいものです。 Amazonギフト券(チャージタイプ)を活用するのもよいですが、気軽さという意味ではAmazon Prime Mastercardに勝るもの…

  • 若い時期から金融資産投資と自己投資の両輪を回し始めよう

    おはようございます。 人生を豊かにするためには、若いうちから「金融資産投資」と「自己投資」の両輪を回し始めることが重要です。 金融資産投資に関しては、若年から始めることで「時間」という武器を最大限に活かし、複利の効果を存分に享受することができます。 自己研鑽、自己投資によってスキル向上に努め、自分の市場価値を向上させ、それが正しく評価される場所に身を置くことができれば、収入アップを実現することは可能です。 自己投資によって収入アップを実現すると、余剰資金を生み出すことが容易になり、金融資産投資が加速するという好循環を生み出すことができます。 若い時期から金融資産投資と自己投資の両輪を回し始めよ…

  • 自分の置かれたポジション、実現したい生活やお金の使い方を明確にしよう

    おはようございます。 スマホ全盛期を迎え、TwitterやInstagram、TikTok、YoutubeなどのSNSや動画配信サービスが我々の「余暇時間」をターゲットにしのぎを削っています。 サービスを提供されている側は「自分の時間が狙われている」ことを自覚すらしていないことも多く、GAFAなどのメガ企業に心身ともに支配されていると言えるでしょう。 これらのメガ企業の養分にされないためには、自分の置かれたポジションや実現したい生活、時間やお金の使い方などを定期的に見返す習慣を作ることが重要です。 自分の置かれたポジション、実現したい生活とお金の使い方を明確にしよう 本日の記事の要点は以下の通…

  • 住信SBIネット銀行の外貨預金の為替コストが変更されます

    おはようございます。 2022年7月25日約定分から、住信SBIネット銀行の外貨預金の為替コストが改定されます。 www.netbk.co.jp 通貨によって為替コストが値上げになるものと値下げになるものがありますが、最も利用者の多い米ドルに関してはわずかに値上げとなります。 SBI系列で米国株投資をやっている方はぜひチェックしておきましょう。 住信SBIネット銀行の外貨預金の為替コストが変更されます 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 住信SBIネット銀行の外貨預金為替コスト変更の詳細 2. 米ドルに関しては外貨普通預金で6銭、外貨積立で3銭へ値上げ 3. SBI証券で円貨決済を選択し…

  • 読書をしてアウトプットするだけで人に先んずることが可能な時代

    おはようございます。 通勤電車に乗って周囲の人を眺めていると、大半の人は「スマホでゲームやSNS、動画などに興じている」か「朝一番なのに疲れすぎて眠っている」のどちらかです。 読書をしている方は20人に1人いるかいないかといったレベルでしょうか。 これは、毎日通勤時間を利用して読書をし続けるだけで、上位5%に入れる可能性があることを示しています。 本日は読書を通じて学び続けることとアウトプットの重要性について紹介します。 読書をしてアウトプットするだけで人に先んずることが可能な時代 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 読書をしてアウトプットするという基本を続けられない人が多い 2. 読書…

  • 現代の投資では無数に入ってくる情報をあえて絞りこむ勇気も必要

    おはようございます。 一昔前までは、投資に関する有益な情報を手に入れるということ自体が難しい時代でした。 最近では、投資に関する書籍も優れたものが数多く出回るようになりましたし、個人の発信するブログでもその内容・質ともに非常に高いものが増えてきています。 それ自体は大変喜ばしいことなのですが、一個人レベルで得られる情報の量が爆発的に増加しており、人によっては情報の取捨選択がうまくできずかえって判断に悩むケースも多いようです。 情報の海で溺れないようあえて自分の中に入ってくる情報を絞り込む勇気も必要だと思います。 現代の投資では無数に入ってくる情報をあえて絞り込む勇気も必要 インターネット全盛期…

  • iDeCoとつみたてNISAを別々の証券会社で運用することは問題ないか

    おはようございます。 当ブログの読者から以下のご質問をいただきました。 はじめまして、ちゅり男様。 いつもブログを大変参考にさせていただいております。 都内で外資系企業に勤めている44歳のHMと申します。 現在都心で一人暮らしをしております。 これから積立NISAとをIDECOを始めたいと考えております。 現在、楽天証券とSBI証券に口座を開設しております。 積立NISAもIDECOともに全世界株式にしたいと思いまして、 ちゅり男様もお勧めの信託手数料が安いemaxis slim 全世界株式オールカントリにIDECOも積立NISAも両方とも買いたいと考えています。 ただ、IDECOの方はマネッ…

  • SBI証券の「米ドル定期自動入金サービス」の概要と活用法

    おはようございます。 SBI証券では、2022年6月3日から「米ドル定期自動入金サービス」が開始されました。 詳細は以下のページを御覧ください。 www.sbisec.co.jp 住信SBIネット銀行で両替した米ドルをSBI証券に自動的に入金してくれるサービスで、このサービスを用いることによりSBI証券へのドルの移し忘れを防ぐことができます。 「外貨積立」や「米国株・ETF定期買付サービス」と組み合わせることにより、米国ETFに完全ほったらかしで積立投資できる可能性がでてきました。 本日は「米ドル定期自動入金サービス」の概要と活用法を紹介します。 SBI証券の「米ドル定期自動入金サービス」の概…

  • 住信SBIネット銀行の外貨積立は為替変動の影響を平均化するために有用

    おはようございます。 住信SBIネット銀行は「外貨積立」というサービスを提供しており、外貨積立を利用すると米ドルの場合、為替コストを2銭に抑えることができます。 SBI証券で日本円のまま外国株を購入しようとする(円貨決済)と通常は25銭の為替コストがかかりますので、事前に一手間をかけることで為替コストを大幅に節約できます。 また、外貨積立では「毎日」「毎週」「毎月」の中から自分の好きなペースで日本円を米ドルへ両替できるため、購入タイミングを分散することで為替変動の影響を平均化することができます。 昨今の急激な円安進行に驚いている方も多いと思いますので、このタイミングで住信SBIネット銀行の「外…

  • VT、VTI、VOOの買付手数料が無料は反則級

    おはようございます。 当ブログで以前にも紹介していますのでご存知の方も多いと思いますが、SBI証券、楽天証券、マネックス証券では買付手数料が無料になる米国ETFが存在します。 3社共通してVT、VTI、VOOはラインナップされており、金融理論上「最強」に近い商品の買付手数料が無料というチート状態になっています。 我々個人投資家としては、この願ってもない有利な状況を活かすしかありません。 急激な円安の進行により外国株投資を躊躇してしまう方もいると思いますが、為替の先行きを読むことはできませんので、これらの反則商品をコツコツ積立投資をした方がよいでしょう。 VT、VTI、VOOの買付手数料が無料は…

  • 【書評】齋藤孝『孤独を生きる』:孤独感と上手に付き合う方法をマスターしよう

    おはようございます。 本日は斎藤孝先生の新刊『孤独を生きる』の書評です。 我々現代人は、ネットを通じて一日中人や情報と繋がっているため、真の意味で「孤独」というわけではありません。 その一方で、SNS上の人間関係など一昔前では存在しなかった人間関係の難しさにより、「SNS疲れ」「いいね・フォロワー至上主義」といった新たな問題が発生してきています。 その結果、孤独ではないにも関わらず「孤独感」に苛まれる方が増えているというのです。 そのような誰にでも発生しうる孤独感に対して、どのように付き合い・対処すべきか本書を通じて学ぶとよいでしょう。 【書評】齋藤孝『孤独を生きる』:孤独感と上手に付き合う方…

  • 「遠い将来より目先の利益」がゴール達成を困難にする

    おはようございます。 株式投資を難しくしている大きな理由の1つに、人間は遠い将来の利益を思い浮かべることが難しく、目先の利益を優先してしまいがちだという点が挙げられます。 本当にやらなければならないことはその逆であり、一般に株式投資というのは投資期間を長く確保すればするほど利益を出すことが容易になります。 もちろん、投資を長く続けていてもいつ暴落に巻き込まれるかはわかりませんが、投資期間が長くなるほどそれまでに積み上げた利益があるため、暴落に対しても落ち着いて対処できます。 暴落の時期や程度を正確に読むことは不可能ですので、我々個人投資家としてはあらかじめ決めたアセットアロケーションを守り、相…

  • 個人投資家の強みは「休むも相場」を実践できること

    おはようございます。 機関投資家の世界というのは、毎年コンスタントに投資成績を出し続けることが求められるプロ同士が戦う厳しい世界です。 一方、個人投資家の最大の強みの1つはすぐに結果を求められないことにあります。 というのも、株式投資においては何をやってもダメな時期というものがあるからです。 株式市場に大きな逆風が吹いている状況下においては、個人レベルで何をやっても無駄です。 個人投資家は時に「休む」ことも戦略と心得ましょう。 個人投資家の強みは「休むも相場」を実践できること 投資格言:「休むも相場」「売るべし 買うべし 休むべし」 昔からの投資格言に、 「休むも相場」 「売るべし 買うべし …

  • 【DIE WITH ZERO】「今を楽しむこと」と「将来への備え」のバランスを大事に

    おはようございます。 本日は『DIE WITH ZERO』という本の書評です。 資産形成を効率よく進めるためには、初期段階である程度の種銭を貯める必要があります。 よって、資産形成に関する書籍を読むと大半の本に家計管理や節約の重要性が書かれているわけですが、それも程度問題です。 お金というのは最終的に何かと価値を交換しなければ意味がないわけで、お金の貯め方と同時に上手な使い方も学ぶ必要があります。 これまで節約一辺倒で頑張ってきた方にこそ、この『DIE WITH ZERO』を読んでいただきたいです。 【DIE WITH ZERO】「今を楽しむこと」と「将来への備え」のバランスを大事に 本書の要…

  • 人はなぜ高い時に買って安い時に売ってしまうのか?

    おはようございます。 「安い時に仕入れて、高い時に売るのが投資の大原則」 と頭では理解していながら、大半の人は真逆の行動をとってしまうのが投資の奥深さであり面白いところです。 「周囲が株を買わなきゃ買わなきゃ!」という雰囲気になると自分も乗り遅れまいと株を購入し、ブームが去っていつでも割安で購入できるようになると逆に買わないのです。 ビットコインなどまさにその典型ですよね。 2017年末や2020年後半のように、価格がピーク近い時に我先にとビットコインに群がり、今のように価格が下がった時には誰も欲しがりません。 本当に不思議だと思います。 人はなぜ高い時に買って安い時に売ってしまうのか? 投資…

  • 【書評】『人生を変えるモーニングメソッド』:朝の1時間が人生を好転させる

    おはようございます。 本日は『人生を変えるモーニングメソッド』という書籍のレビューです。 結論から申し上げますと、朝1時間の早起きをして、 1. 瞑想 2. 読書 3. アファメーション 4. イメージング 5. 日記 6. エクササイズ などの有益な活動を10分ずつ実践しましょうという内容です。 当たり前と言えば当たり前なのですが、これらの活動が有益であることを頭では理解していても、毎日実践できている方は少数ではないでしょうか。 【書評】『人生を変えるモーニングメソッド』:朝の1時間が人生を好転させる 以下が本日ご紹介するハル・エルロッド氏の『人生を変えるモーニングメソッド』です。 朝時間を…

  • 暴落時こそ相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を心がけたい

    おはようございます。 「頭と尻尾はくれてやれ」は有名な相場格言でありご存知の方も多いと思います。 相場が順調な時にはこの格言の重要性を忘れてしまいがちですが、今現在のような暴落時には大変重要なアドバイスになります。 暴落の底を正確に見極めることは誰にも不可能であり、欲張らずにそこそこのタイミングで売買できれば良しと割り切って相場に臨んだ方がうまくいく確率が高いでしょう。 本日は「頭と尻尾はくれてやれ」の投資格言を参考に、暴落時の資金管理の重要性について検討します。 暴落時こそ相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を心がけたい 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 「頭と尻尾はくれてやれ」は重要な…

  • 暴落を乗り切るための「仕組み作り」に力を入れよう

    おはようございます。 2022年はロシアによるウクライナ侵攻、燃料や各種原材料費の高騰、急激な円安、欧米を中心とした極端なインフレと急激な金融引き締め策など波乱の展開になっています。 2021年末までものすごく平和で順調な相場が続いていましたので、たった半年で嘘のような変化と言えますね。 暴落というのはいつ何をきっかけに起こるか予想することはできず、気が付かないうちにズルズル巻き込まれていたというケースが大半です。 暴落を予想して自分だけが適切なタイミングで逃げられるなどと思わないようにしましょう。 そこで本日は、我々個人投資家が暴落を乗り切るための方法について考察します。 暴落を乗り切るため…

  • 学資保険とつみたてNISAはどちらを優先すべきか

    おはようございます。 学資保険とつみたてNISAに関する以下のツイートが話題になっていました。 息子の学資保険解約して積立NISAに入れたいなーと思ったけど、それは旦那に反対された💦(積立NISAは了承してくれてる)学資保険はもし旦那が死亡したら払込免除になるし、うちは余裕ないんだからNISAとは別にちゃんと確保しておいたほうがいいと。わかるけど、積立NISAに入れたほうが…と思ってしまう💦 — しい🌼投資初心者🔰積立NISA🌏 (@shii_nisa) June 11, 2022 学資保険とつみたてNISAは全く異なるシステムですので、各家庭の事情によってどちらを優先的に利用すべきかは変わっ…

  • インデックス投資の初めの一歩はつみたてNISAがおすすめ

    おはようございます。 インデックス投資をこれから始める方には、その取っ掛かりとしてつみたてNISAをおすすめしています。 まず、つみたてNISAはあらかじめ少額・積立・分散投資に適した商品しか選択できないようになっているため、大きな地雷を踏む可能性が低いです。 また、少額から気軽に始めることができるため、投資初心者の方にもハードルが低いです。 さらに、20年以上の長期投資を前提とした制度であるため、インデックス投資の最大の武器である時間をうまく活用することができます。 本日は、つみたてNISAがおすすめ理由を考察します。 インデックス投資の初めの一歩はつみたてNISAがおすすめ 本日の記事の要…

  • 金融機関の「おすすめ商品」は買った瞬間に負け確定

    おはようございます。 銀行に足を運ぶと、「おすすめ商品」「イチオシ商品」となっている金融商品が必ず存在します。 多くの場合、金融機関側が売りたい商品ですので豪華なパンフレットが用意されていたり華美な広告宣伝が行われています。 もちろん、その広告宣伝費用は商品を売ることによって取り返す必要がありますので、その商品を販売して儲かるのは販売元であり顧客ではありません。 商品の内容自体はまともなものも存在しますが、そういった商品であっても明らかに割高な手数料を要求するものが多いです。 「金融機関のおすすめ商品は買ったら負け確定」と考えておくくらいでちょうどよいと思います。 金融機関の「おすすめ商品」は…

  • 雑誌やインターネットでブームになっている株に手を出すのは禁忌

    おはようございます。 現実世界で歩いた分だけお金が稼げるブロックチェーンゲーム「STEPN」が話題になっています。 www.itmedia.co.jp ゲームの認知度向上とともに仮想通貨の価値が急騰し、「歩くだけで誰でも稼げる」と話題になりましたが、その後ゲーム内トークンの価値が急落し「バブル崩壊」と言われています。 私自身はSTEPNをやっていないのでこのゲーム自体について何も言うことはありませんが、雑誌やインターネットでブームになっている株・金融商品にあわてて飛びつくのは絶対にやめましょう。 雑誌やインターネットでブームになっている株に手を出すのは禁忌 本日の記事の要点は以下の通りです。 …

  • 【父の日にも】楽天スーパーセールで購入すべきおすすめ商品7選

    おはようございます。 2022年6月11日まで楽天市場で3ヶ月に1度のスーパーセールが開催されています。 私は楽天プレミアムカードのユーザーですので、普段から楽天市場をよく利用しますが、急ぎでないものは楽天スーパーセールやお買い物マラソンの時期にまとめ買いするようにしています。 特にお得なのは楽天スーパーDEALのポイントバック対象になっている商品ですね。 セールを攻略するために無駄遣いをしては元も子もありませんが、うまく活用すれば一気に楽天ポイントを貯めるチャンスになります。 【父の日にも】楽天スーパーセールで購入すべきおすすめ商品7選 本日は、楽天お買い物マラソンやスーパーセールの時期に購…

  • 円安とインフレのダブルパンチで銀行預金の価値が大幅に低下

    おはようございます。 2022年に入り、円安とインフレのダブルパンチで銀行預金の価値が気が付かないうちに大幅に低下しています。 長期的には円安が避けられないだろうとは思っていましたが、まさかここまで急激に円安が進行するとは考えていませんでした。 また、ロシアのウクライナ侵攻に伴う燃料や原材料費高騰の波は日本にも押し寄せてきており、光熱費上昇や食料品価格上昇といった形で家計を圧迫しています。 現金はインフレに対して脆弱であり、他のアセットや通貨への分散が欠かせない時代に突入したことが実証された形になります。 円安とインフレのダブルパンチで銀行預金の価値が大幅に低下 本日の記事の要点は以下の通りで…

  • コロナ保険の保険金額減額措置から考える正しい保険の入り方

    おはようございます。 今週号の『週刊ダイヤモンド』は保険特集でした。 その中で、少額短期保険会社のjustInCase(ジャストインケース)が販売していたコロナ保険が既契約者に対する保険金額減額措置をとったという記事がありました。 保険最強ランキング(週刊ダイヤモンド 2022年6/11号 [雑誌]) 作者:ダイヤモンド社 ダイヤモンド社 Amazon 通常、既契約にまで遡及して保険金の支払いを減額するのは保険会社が破綻した時くらいであり、まさに「禁じ手」とも言える措置をとったわけです。 このニュースを通じて、我々一般人が保険をどう考えて加入すべきか改めて検討したいと思います。 コロナ保険の保…

  • 日経マネーのハワード・マークス氏のインタビューは必読です!

    おはようございます。 日経マネーの2022年7月号の中で、ハワード・マークス氏のインタビュー記事が紹介されており、それが非常にためになる内容でした。 日経マネー 2022年7月号 [雑誌] 日経BP Amazon マークス氏は投資経験50年以上のプロであり、『投資で一番大切な20の教え』は大ベストセラーになっており当ブログでもレビュー記事を書いています。 本日はマークス氏のインタビューの中で重要なポイントをピックアップしてご紹介します。 日経マネーのハワード・マークス氏のインタビューは必読です! ハワードマークス氏のインタビューのハイライトは以下の通りです。 1. 株価の先行きを予測することは…

  • お金の知識を身につける時も大局を見失わないよう注意しよう

    おはようございます。 資産形成に関するブログを運営していてこんなことを言うのは問題かもしれませんが、お金の知識というのはそこそこあれば十分で、必要以上に勉強しすぎてもあまり意味がないのかなと思っています。 例えば、金融商品に関してはVTやVTIを買ってあとはひたすら放置しておけば十分に合格点なんですよね。 無駄に知識がつきますと、余計な投資判断を下してしまいがちでそれがかえってリターンを毀損している可能性があります。 節約に関しても同様で、たかが数円にしかならないポイントを獲得するために毎日神経をすり減らすのはバカバカしいです。 大局を見失わない目を常に持ち続けられるよう意識しなければなりませ…

  • 【6月・楽天スーパーセール】ふるさと納税のおすすめ返礼品5選

    おはようございます。 2022年6月4日(土)〜6月11日(土)まで、3か月に1度の楽天スーパーセールが開催されています。 楽天市場を上手に使うコツは、急ぎでないものは楽天スーパーセールやお買い物マラソンの時期にまとめ買いすることです。 特にお得なのは楽天スーパーDEALのポイントバック対象になっている商品ですね。 いくらセールで安くなっているとはいえ、無駄遣いをしては元も子もありませんが、うまく活用すれば相当な節約になります。 また、楽天ふるさと納税では納税した自治体も買い回りの1店舗としてカウントされますので、セールの時期にあわせてまとめて納税するのがオススメです。 そこで本日は楽天ふるさ…

  • 投資を始めると貯金・節約も楽しくなり好循環が生まれる

    おはようございます。 投資を始める前と後ではお金に対する考え方が変わることが多く、投資を始めた後の方が家計管理も上手になり貯金・節約自体が楽しくなることが多いです。 そのためには、少額でもよいのでできるだけ若いうちに投資を始め、資産運用でお金が増える喜びを早い時期に経験できるとよいでしょう。 そこで本日は、いち早く投資を開始することによるお金の点でのメリットを、単純に運用益という視点にとらわれず考察してみます。 投資を始めると貯金・節約も楽しくなり好循環が生まれる 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 投資を始めるとお金に対する考え方が変わる 2. 運用でお金が増える喜びが節約・貯金も楽し…

  • 「国民皆歯科健診」導入の可能性と歯科健診の重要性

    おはようございます。 以下の記事によれば、「国民皆歯科健診」が導入される可能性があるようです。 news.yahoo.co.jp この施策が投入する金額に見合った価値があるか私には判断ができませんが、定期的な歯科健診の重要性は言うまでもありません。 「国民皆歯科健診」が将来導入されるかは不明ですが、他人から強制されずとも最低年2-3回は自主的に歯科医院を受診し歯のチェックを受けましょう。 「国民皆歯科健診」導入の可能性と歯科健診の重要性 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 歯の健康が肉体の健康にもつながるのは常識 2. 自主的に最低年2-3回は歯科健診を受けましょう 3. 家庭での歯のケ…

  • iDeCoの加入対象年齢が65歳以上に拡大か?

    おはようございます。 iDeCoの加入対象年齢が65歳以上に拡大される可能性があるというニュースが話題になっています。 www.nikkei.com この背景として、 ・少子高齢化の流れがますます加速する中、これまでの「60歳定年」が常識ではなくなり、70歳近くまで働く人が増える可能性があること ・政府は「貯蓄から投資へ」のスローガンのもと、国任せでなく個人で老後資金を用意する流れを作りたいこと などが挙げられます。 本日はこの「iDeCo加入対象年齢拡大」について考察します。 iDeCoの加入対象年齢が65歳以上に拡大か? 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. iDeCoは2022年5月…

  • SBI証券でVポイント投資が開始!

    おはようございます。 SBI証券で、2022年5月30日(月)からVポイント投資が可能になりました。 Vポイント投資の詳細は以下のページを御覧ください。 www.smbc-card.com 基本的には楽天証券のポイント投資と変わらず、「1ポイント=1円」換算で投資信託のスポット購入が可能になります。 本日はSBI証券のVポイント投資の詳細、具体的な活用方法やその意義について検討します。 SBI証券でVポイント投資が開始! 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 「1ポイント=1円」換算でVポイントで投資信託を購入可能 2. Vポイントが貯まるクレジットカードと「SBI証券Vポイントコサービス…

  • 楽天証券の「買付手数料無料 海外ETF 15銘柄」の活用法

    おはようございます。 米国株・ETFを購入する時には約定代金の0.495%の買付手数料が必要ですが、取引回数が増えれば増えるほどこの手数料が馬鹿にならなくなってきます。 この買付手数料を節約可能なサービスとして、楽天証券では2020年から「買付手数料無料 海外ETF」サービスを実施しています。 今年度から対象銘柄が15銘柄へ拡大しさらに使いやすいサービスになりましたのでご紹介します。 楽天証券の「買付手数料無料 海外ETF 15銘柄」の活用法 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 楽天証券の「買付手数料無料 海外ETF」サービスの概要 2. 対象15銘柄のうち新規追加された注目商品:QQQ…

  • バイ&ホールドにこだわらず柔軟に投資戦略を変更しよう

    おはようございます。 個人投資家の中には、一度買ったら永久保有するバイ&ホールドを基本方針とされている方も多いです。 もちろん、VTなどの適切な商品を選べば、少々購入する時期を誤ったとしても長期のスパンでは報われる可能性が高いです。 一方で、あたかも宗教のようにバイ&ホールドのルールを守り続ける必要はどこにもありません。 キャッシュポジションを高めたくなれば適宜売却するのはOKですし、むしろ個別株であれば適切なタイミングで売却する術を持ち合わせないと大怪我をする可能性が高いでしょう。 バイ&ホールドにこだわらず柔軟に投資戦略を変更しよう 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 高配当銘柄をバ…

  • インデックス投資家は毎日・毎月の総資産の変動を無視しよう

    おはようございます。 インデックス投資家にとって、「今月はいくら儲かった」「先月はいくら損した」というのはあまり意味がありません。 ましてや「今日は+2%だった」「昨日は−3%だった」などの議論は全く無意味と言ってよいでしょう。 目先の損益を気にしすぎると長期的な大きな目標を見失う可能性があり、かえって害悪にすらなりえます。 インデックス投資とは長期目線で見た時に結果としては年平均5%程度で増えていればよいという投資ですから、仮に1ヶ月前と比較して+10%増えて気分を良くしたところで意味がないのです。 インデックス投資家は毎日・毎月の総資産の変動を無視しよう 本日の記事の要点は以下の通りです。…

  • リスクオフにより株式からコモディティへ資金が移動

    おはようございます。 2022年2月以降、インフレやロシアのウクライナ進行などの影響で株式市場は調整局面を迎えています。 株式から逃げた資金がどこに移っているかですが、その1つとして金を始めとするコモディティ(商品)が挙げられます。 詳しくは以下の記事を参考にしてください。 jp.wsj.com そこで、本日は金などのコモディティ投資の考え方について考察します。 リスクオフにより株式からコモディティへ資金が移動 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. コモディティ、特に金への投資判断について 2. コモディティへの分散投資は有効だが、有事になってからでは遅い 3. アセットアロケーションを決…

  • ビッグテック暴落は終わりの始まりなのか

    おはようございます。 これまで米国株の成長を牽引してきたビッグテック銘柄ですが、2022年の調整局面に入ってからは厳しい局面を迎えています。 一部の評論家の中では、この現状を2000年のドットコムバブル崩壊になぞらえ「ビッグテック崩壊」と呼ぶ声もあるようです。 私個人としては、2000年のドットコムバブル時代とはこれらのビッグテックの企業価値やこれまでに挙げてきた業績が桁違いであり、「崩壊」とまでは呼べないのではないかと考えています。 ビッグテック暴落は終わりの始まりなのか 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. ビッグテック暴落の現状について 2. 2000年のドットコムバブル崩壊とは状況…

  • 資産運用が国任せでなく自己責任の時代になった

    おはようございます。 バブル崩壊後の日本はかれこれ30年にわたって賃金が上昇せず、その一方で超少子高齢化の影響で健康保険や年金などの社会保険料は上がり続けています。 その結果、実質賃金が下がり続けているという世界の中でも類を見ない異常事態となっており、もはやそれが当たり前になってしまいました。 このような状況において、資産運用を国任せにしていては老後の生活は保障されず、自分の生活は自分で守る時代になっています。 本日は日本人こそ資産運用が必要である理由について考察します。 資産運用が国任せでなく自己責任の時代になった 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 「稼いだお金は貯蓄するだけでOK」…

  • ビッグマック指数によれば日本円の価値は先進国で最低レベル

    おはようございます。 皆さんは「ビッグマック指数」をご存知でしょうか。 マクドナルドは世界100カ国以上にグローバル展開しているため、世界各国でビッグマックが販売されています。 ビッグマック指数とは、その価格を国ごとに比較したものですね。 本日はビッグマック指数を題材に、日本円がいかに他国と比較して弱くなっているかを考察したいと思います。 ビッグマック指数によれば日本円の価値は先進国で最低レベル 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. ビッグマック指数の2022年最新版について 2. ビッグマック指数で日本は中国、韓国、タイよりも下位 3. 米国や欧州諸国と比較して3〜4割安 以下詳細をみて…

  • 面白い本に出会うために心がけるべきこと3選

    おはようございます。 面白い本との出会いは人生を豊かにしてくれますよね。 世の中の大多数の方が面白いと絶賛している本であっても、それが自分には合わないということもありますが、それも含めて本選びというのは大変おもしろいものです。 私は最低でも月に10冊は本を読みますが、私のこれまでの経験からコンスタントに読書をしているか否かで文章のインプットやアウトプットの効率・スピードに劇的な差が生まれると思います。 学生だろうと社会人であろうと、どんな職業に就いている方であっても、読書をして損をすることはありません。 さて、本日は面白い本に出会うために私が心がけていることを3つ紹介します。 面白い本に出会う…

  • 楽天通常ポイントは投資に、期間限定ポイントは固定費の支払いに活用しよう

    おはようございます。 普段から楽天市場、楽天カード、楽天証券、楽天銀行などの楽天系サービスを利用されている方は、楽天ポイントがどんどん貯まっていると思います。 ポイントはただ貯めるだけでは意味がなく、その上手な使い道を検討することも同じくらい重要です。 私個人としては、楽天の通常ポイントは投資に、期間限定ポイントは固定費の支払いに充てるのがよいと考えています。 楽天通常ポイントは投資に、期間限定ポイントは固定費の支払いに活用しよう 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 楽天ポイントの使いみちは多岐にわたる 2. 楽天通常ポイントは資産形成のため投資信託の購入に充てる 3. 期間限定ポイント…

  • 楽天モバイルが7月から「0円」廃止に

    おはようございます。 Yahooニュースでも話題になりましたので皆さんすでにご存知だと思いますが、楽天モバイルの「0円枠」が廃止になります。 news.yahoo.co.jp これまでは毎月のデータ利用量が1GB以下の場合、毎月の通信量を「0円」にすることができました。 7月以降もしばらくは移行措置があるようですが、基本的に「0円」での利用はできなくなると考えた方がよさそうです。 楽天モバイルが7月から「0円」廃止に 本日は楽天モバイルの「0円廃止」騒動についてのまとめと感想を述べます。 1. 楽天モバイルの新料金プランと「0円廃止」について 2. 「0円廃止」は営利企業としてはやむを得ない …

  • 【要点まとめ】難しいことはわかりませんが、マンガと図解でお金の増やし方をおしえてください!(山崎元著)

    おはようございます。 最近、山崎元さんの『難しいことはわかりませんが、マンガと図解でお金の増やし方をおしえてください!』を読みました。 私はKindle Unlimitedで読んだのですが、読み放題の対象となっている本の数が劇的に増えており、どんどん利用価値が高まっていますね。 以前は読み放題とはいうものの実際には読みたい本が全く選べないという状況だったのですが、今現在はこれで月額980円でよいの?というクオリティの高さです。 さて、本日は『難しいことはわかりませんが、マンガと図解でお金の増やし方をおしえてください!』の中から私が重要と思った部分を取り上げます。 【要点まとめ】難しいことはわか…

  • 定期預金をする感覚で投信積立ができれば成功は近い

    おはようございます。 2022年はロシアによるウクライナ侵攻に各種原材料の高騰、欧米諸国の極端なインフレーションの影響が株価にも波及し、なかなか厳しい相場になっています。 こんな厳しい局面を乗り越えるためには、投資していること自体を忘れられる仕組み作りが重要であり、あたかも定期預金をする感覚で投信積立を続けることができれば資産形成の成功は近いです。 投信積立の設定をした後は10年〜20年と続けられるか否かだけであり、この投資手法に面白みは全くありませんが、勝てる確率は非常に高いと思います。 定期預金をする感覚で投信積立ができれば成功は近い 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 20年定期預…

  • 散歩は何歳になっても続けられる最強の趣味

    おはようございます。 本日は、結局は散歩が最強ではないかという当たり前の話です。 現代人、特にオフィスワーカーは1日中座りっぱなしで、座りすぎのせいで健康を害していると言われています。 www.churio807.com 1日中座りっぱなしで普段運動習慣のない方に、いきなりあれもこれも運動しなさいと言っても続けられるわけがありません。 そんな人は、1日30分でもよいので余分に歩く、もし可能であればスマホ無しで公園など自然の中を歩くのがよいでしょう。 本日は散歩のメリットについて考察します。 散歩は何歳になっても続けられる最強の趣味 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 散歩は何歳になっても…

  • 個人投資家が「為替」で勝負するのは厳禁

    おはようございます。 2021年10月頃までは「1ドル=110円前後」で為替レートは安定していましたが、そこから1年もたたないうちに「1ドル=130円」が当たり前になりました。 ロシアによるウクライナ侵攻や日本と先進諸国の金利差など様々な要因が考えられますが、ここまで急激に円安が進行するとは全く想像もしていませんでした。 さて、FRBが段階的な金利引き上げに動く中、日本では金融緩和策が維持されており、今後も日米の金利差は拡大する可能性があります。 よって、これからも円安がさらに進行する可能性は十分にありますが、必ずしも予測通りに動かないのが為替の難しいところです。 我々個人投資家としては、「為…

  • 【書評】『投資で一番大切な20の教え』はバリュー株投資家必見の一冊です

    おはようございます。 ハワード・マークス著『投資で一番大切な20の教え』は、私の最も好きな投資本の1つです。 続編の『市場サイクルを極める』という本もおすすめの1冊ですね。 本書は「本質的価値を下回る割安な価格で買う」ための心得をまとめたバリュー投資家必見の一冊です。 本書では、財務諸表の読み方や各種指数の解釈の仕方などは全く取り上げられず、市場サイクルや人間の心理面、大きな落とし穴を避ける方法などにフォーカスを当てています。 これを読んだら即座に投資がうまくなるという本ではありませんが、定期的に読み返したくなる渋い一冊です。 【書評】『投資で一番大切な20の教え』はバリュー株投資家必見の一冊…

  • なぜ自分のよく分からない金融商品を買おうとするのか?

    おはようございます。 最近、ブログの読者の方からご質問をいただく機会が増えました。 それだけ多くの方にブログをお読みいただいている証拠であり、感謝致します。 その中で、「◯◯は買いだと思いますか?それとも今手を出すのは危険でしょうか?」といった内容のご質問をいただくことがあります。 この質問は大変危険です。 質問の内容もさることながら、他人に買いの判断を委ねる、特にネットのような相手の素性が100%正確に分からない媒体で他人の判断を信じることが大変危険だと思います。 私自身は読者の方を騙してまでお金を手に入れようという気は全くありませんが、ネットの世界には様々な人が混在しているのも事実です。 …

  • NISAは売却時点で損失があると損益通算できないのが最大のデメリット

    おはようございます。 当ブログの読者の同業の先生から、以下のご質問をいただきました。 ちゅり男様 いつも楽しくブログを読ませて頂いております。 現在SBI証券のNISA枠でVT、VTIを月3回に分けて買い付けしております。 NISA枠の120万/年を使い切る予定なので、月に10万円程になります。 つみたてNISAにしない理由は、投資に回せるキャッシュが現在1000万ほどありNISA枠の方が年間の買い付け枠が大きく、SBIなら買い付け手数料無料でVT、VTI購入できるためです。 NISAの控除期間は5年間ですが、その後は特定口座に移行して長期保有のつもりでいます。 NISA制度がなくなる予定の2…

  • インデックス投資と個別株投資の片方しかやってはならないというルールはない

    おはようございます。 当ブログの読者の方にも、これから投資を始めようという方が増えているのか、 「インデックス投資と個別株投資はどちらにすべきですか?」 といった内容のご質問をいただくことが増えました。 投資の最適解は各個人の置かれた経済的・社会的な状況によって変わりますし、もっと言ってしまえば、その人の性格に合った投資法でないと長続きしません。 やったことがなければどちらが自分に向いているか分からなくて当然ですので、個人的な意見としては、 「少額で両方やってみる」 のがよいと思います。 インデックス投資と個別株投資の片方しかやってはならないというルールはない インデックス投資と個別株、両方や…

  • 投資よりも「収入ー支出」を最大化することが最も重要

    おはようございます。 最近は投資に関するご質問をいただくことが多いですが、資産形成の基礎として、投資成績よりも「収入ー支出」を最大化することが重要です。 投資成績というのはどんなに腕が良い人でも運の要素が絡みますが、収入や支出というのはある程度コントロール可能だからです。 よって、「収入ー支出」を最大化する工夫をした後に投資のスキルを上げるようにした方が結果的に効率がよいのです。 この順番を間違えますと、いつまでもお金が貯まらないということになります。 投資よりも「収入ー支出」を最大化することが最も重要 以前に当ブログで何度もご紹介していますが、資産形成の本質は、 資産=(収入ー支出+運用益)…

  • 投資未経験の方が60代からインデックス投資を始める方法

    おはようございます。 当ブログの読者から、「投資未経験の方が60代からインデックス投資を始めるべきか否か」について以下のご質問をいただきました。 ちゅり男様、ブログを拝見させていただき勉強させていただいております。 初心者でもわかりやすい説明をありがとうございます。 今回は私の母の運用について相談があります。 母(68才、無職、父は死別のため1人で賃貸住まい) 3000万ほど老後のための貯金があるのですが、そのまま円で置いとくことに不安があるようで少し投資に回したいと相談を受けました。 私は積立てNISAとidecoをやっていますが、母は投資未経験です。 1/3くらいを投資に回したらどうかと考…

  • 「株安・円安」は日本人外国株投資家には難しい局面

    おはようございます。 当ブログの読者から「2,000万円のキャッシュをeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に一括投資すべきか、分割投資すべきか」について以下のご質問をいただきました。 ちゅり男さん、はじめまして。 40代のサラリーマンです。 毎朝このブログをチェックするのが習慣になっており、 現在、積み立てNISAと特定口座でeMAXIS slim(オールカントリー)に毎月10万円の積み立てをおこなっています。 このたび家庭の都合により自宅を売却することになり、ローンの残債を完済しても、2000万円ほどの現金が入ることになりました。 手元に一定の現預金はあるため、このお金もす…

  • どの金融商品を購入するかよりアセットアロケーションが重要

    おはようございます。 当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 いろいろあって積み立てニーサを始めてみましたが、emaxis slimシリーズの米国株式と先進国株式の違いについてはあまり意識しなくてよいでしょうか? やはりemaxis slimシリーズであれば米国株式がおすすめなのでしょうか? idecoはオールカントリーにするつもりですが、NISAはすこしせめてみたいとおもい、米国株式中心にしようとおもっている素人です。 よければご教授ください。 ご質問ありがとうございます。 株式投資と言うとどうしてもどの金融商品を購入すべきかという点に話題が集中しがちですが、もっと大きな視点で…

  • インデックス投資では下手な行動はせずにプラスサムゲームに乗っかるのが正解

    おはようございます。 インデックス投資に関しては、多少ぼーっとしていて自分の資産状況について無頓着なくらいの方が成功する確率が高いのかもしれません。 実際、私も今よりも本業がずっと忙しく、投資のことなど考える暇がなかった時期に知らない間に積み上がっていたインデックスファンドがけっこうなパフォーマンスを示してくれています。 ほったらかしにできるという点において、投資信託、特に低コストのインデックスファンドはやはり万人向けの投資法だと思います。 インデックス投資では下手な行動はせずにプラスサムゲームに乗っかるのが正解 自分オリジナルの考えというのは存在せず、謙虚に相場に臨みたい 投資の世界では、素…

  • インデックス投資家の最大の武器は「時間」と「タイミング」

    おはようございます。 インデックス投資における最大の武器は「時間」です。 インデックス投資のリターンが年間数%しかないことを考えれば、複利の力は偉大であり、インデックス投資であれば複利という武器に賭けるしかありません。 一方で、複利の力はプラス方向に毎年コンスタントに働くわけではなく、時に激しく上下に振れながら長年かけて徐々に増えていくというものです。 よって、仮に数年で儲けが出なかったとしても、数十年に渡って株式市場の中で生き残り続ければ一定の成果が出る確率が高いです。 本日はこのあたりを考察します。 インデックス投資家の最大の武器は「時間」と「タイミング」 インデックス投資家の保有する最大…

  • 株式投資をしなくてはという強迫観念に駆られるのはやめよう

    おはようございます。 投資というのは不思議なもので、肩の力を抜いて気楽に相場とお付き合いしている方が好成績をおさめることがよくあります。 逆に、長時間かけてあれこれ考えを巡らせて、自分なりに確信を持って起こした投資判断が実は完全な過ちであったということもよくあることです。 労力をかけて、しかも結果が伴わなかった時の落胆は非常に大きいですね。 「投資は余剰資金で」とよく言われますが、これは投資において精神的にリラックスした状態で相場に臨むことの重要性を示しています。 株式投資をしなくてはという強迫観念に駆られるのはやめよう 実質賃金が増えない一方、税負担ばかりが増え続ける日本においては、これから…

  • 暴落時に相場からいったん離れるか、嵐が過ぎ去るまでじっと耐えるか

    おはようございます。 2020年3月のコロナショックの後、驚くべき回復力を見せてきた株式市場ですが、2022年5月は調整局面を迎えています。 投資歴が長く含み益が十分にある方は全く慌てる局面ではありませんが、最近投資を始めたばかりの方は試される局面ですね。 今回のような調整局面は気が付かないうちにそっと忍び寄ってきますので、あらかじめ自分なりの対応策を十分に練っておく必要があります。 暴落時に相場からいったん離れるか、嵐が過ぎ去るまでじっと耐えるか 暴落時にマネーフォワードを確認すると、自分の積み上げてきた資産があっという間に溶けていくので悲しくなりますね。 暴落局面を迎えるたびに、含み益はあ…

  • インデックス投資は思いついた時が始め時である

    おはようございます。 最近当ブログの読者から、 「インデックス投資を始めたいのですが、今現在のように円安の局面で投資を始めて損をするのが怖いです」 といった内容のご質問をいただくことが増えました。 私も投資を始めたばかりの頃は全く同じことを考えていましたのでお気持ちはよく分かります。 その後10年以上投資をしてきて思うのは、インデックス投資は思いついた時が始め時であるということです。 インデックス投資は思いついた時が始め時である 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. インデックス投資はいつ開始してもよい 2. 暴落が怖ければ少額から始めてみよう 3. 20年以上使わなくてよいお金は投資に回…

  • 楽天ポイントで毎月の楽天カードの支払いを減らそう

    おはようございます。 以前に楽天ポイントを利用したポイント投資についてご紹介しました。 単なるポイントが資産に変わるポイント投資はもちろんおすすめですが、投資に馴染みがない方にはハードルが高いかもしれません。 それ以外のポイント活用法として、楽天ポイントを毎月の楽天カードの支払い分に充てることができる「ポイントで支払いサービス」もおすすめです。 www.rakuten-card.co.jp 本日はこの「ポイントで支払いサービス」についてご紹介します。 楽天ポイントで毎月の楽天カードの支払いを減らそう 本日の記事の要点は以下の通りです。 1. 楽天ポイントで楽天カード決済分の支払いが可能 2. …

ブログリーダー」を活用して、shinkei807さんをフォローしませんか?

ハンドル名
shinkei807さん
ブログタイトル
神経内科医ちゅり男のブログ
フォロー
神経内科医ちゅり男のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用