プロフィールPROFILE

早川ゾンビさんのプロフィール

住所
渋谷区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
容姿と若さが武器の婚活
ブログURL
https://www.25ssst.xyz/
ブログ紹介文
容姿だけが取り柄な女の婚活記録。 オーネット、IBJ、パーティー、あとは主に奇妙な男のレポート。
更新頻度(1年)

230回 / 330日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2017/03/13

早川ゾンビさんのプロフィール
読者になる

早川ゾンビさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 19,125位 19,707位 18,215位 17,062位 16,440位 15,115位 14,224位 977,621サイト
INポイント 6 8 5 15 18 9 24 85/週
OUTポイント 24 48 36 42 51 60 57 318/週
PVポイント 534 252 238 576 393 627 234 2,854/週
恋愛ブログ 174位 181位 168位 153位 153位 138位 129位 25,153サイト
20代女性 婚活・結婚活動(本人) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 126サイト
婚活・結婚活動(本人) 51位 50位 49位 47位 48位 43位 40位 1,835サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 20,636位 20,389位 20,355位 19,728位 18,556位 18,338位 17,945位 977,621サイト
INポイント 6 8 5 15 18 9 24 85/週
OUTポイント 24 48 36 42 51 60 57 318/週
PVポイント 534 252 238 576 393 627 234 2,854/週
恋愛ブログ 258位 259位 258位 252位 237位 236位 235位 25,153サイト
20代女性 婚活・結婚活動(本人) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 126サイト
婚活・結婚活動(本人) 85位 85位 86位 84位 80位 79位 80位 1,835サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 5,782位 6,101位 5,560位 5,566位 5,448位 5,373位 5,415位 977,621サイト
INポイント 6 8 5 15 18 9 24 85/週
OUTポイント 24 48 36 42 51 60 57 318/週
PVポイント 534 252 238 576 393 627 234 2,854/週
恋愛ブログ 60位 65位 59位 58位 59位 56位 58位 25,153サイト
20代女性 婚活・結婚活動(本人) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 126サイト
婚活・結婚活動(本人) 16位 17位 15位 14位 14位 14位 14位 1,835サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、早川ゾンビさんの読者になりませんか?

ハンドル名
早川ゾンビさん
ブログタイトル
容姿と若さが武器の婚活
更新頻度
230回 / 330日(平均4.9回/週)
読者になる
容姿と若さが武器の婚活

早川ゾンビさんの新着記事

1件〜30件

  • すごいのはお前じゃない…最終回

    この食事会で、 「実は… A子と男1、 交際しました!!」 という発表を聞くことなぞ、勿論あるはずもなく。 ただ普通に飲み食いしました。 そこでサラリと、 男1が、 俺らの地元の岐阜ではさぁ~… という切り口で話始めました。 岐 阜 ! ? ぎぎぎ… G I F U ! ? さっき、愛知県の名古屋のはずれって言ったばっかりで、 それを信じていたもんだからびっくりなんてもんじゃない。 本当に早川が想像していた通り、 田舎出身の、 東京コンプレックスを抱える、 ミーハー そのものじゃないですか…。 あまりにもさらりと言ったもんだから、 当の男1は何の異変も感じていないようで、 そのまま話続けていま…

  • すごいのはお前じゃない…その48

    その後、街コンの感想などを話しました。 男1「あんまり飲食店に期待はしてなかったけど…酷かったよねw」 早川「私たちが知り合ったバーみたいな感じで、 自由に飲食店出入りして話したい人と話せる感じかと思ってたけど… 店側が話し相手を強制的に決めるお店が多かったね~」 男2「そうしないと、誰とも話せない人とか出てきちゃうからじゃないかな?」 A子「そうだね…確かに、話しかけたくないような人と同じテーブルにつかされたわ…。」 早川「あぁ…あのガリガリの人ね…。」 男1「俺らもそういう合コン形式の店で、 一昔前のギャルみたいな人と一緒になったよ。 眉毛細くて、まつげバサバサの…」 (adsbygoog…

  • すごいのはお前じゃない…その47

    早川「2人は?どんな知り合いなの?? 仕事が違うってことは、会社の同僚じゃないだろうし… 大学の同級生とか?」 男1「お、惜しい! 俺ら、地元が一緒なんだよ。 中学と高校は一緒で、大学は違うんだけど一緒に上京したんだ。」 A子「そうだったんだ~。 地元ってどこだっけ?聞いたことあったっけ??」 早川「あ、男2さんから聞いたよ~ 名古屋でしょ??」 男1「…え?」 早川「え??」 男1と共に、 男2を見ると、 「あはは…あの、えっと~…」 みたいなセリフ吐きながら漫画みたいに目が泳いでいました。 何で動揺してる人って、分かりやすくグラスを弄るんだろうな。 男1は何かを察したようでした。 (ads…

  • すごいのはお前じゃない…その46

    帰りの電車。 男2と出会った街コンに一緒に参加した、A子にメールをしました。 彼女のバイト先であるレストランにはちょくちょく行っていましたが、 連絡をとるのは街コン以来です。 早川:久しぶり! 街コンのバーでアドレス交換した感じ悪い人覚えてる?w A子ちゃんが上から目線ってバッサリ伐ってた人w A子:覚えてますよ! 医療関係の人ですよね? というか、その相方の営業の人とあの後ご飯行きましたよw 早川:えっ!?本当にw!? 私、あの上から男とご飯行ってきたよ! そこから、 4人でご飯に行こうか! という流れになりました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || …

  • すごいのはお前じゃない…その45

    男2「なんかショックだわーw」 全然その感覚分かんないんだけど。 東京モンぶりたいのって、 埼玉県民の専売特許じゃん?? 前回の、 「芸能人に浮かれる田舎モン」 よりも、これは確か。 早川「えっ、なんでー? 別によくない?都会っぽいし…。」 男2「行ったことある?」 早川「あると言えば…ある。 乗り換えかなんかで駅ビルでお茶しただけだけど… 駅ビルの最上階から名古屋城が見えた覚えがある。 駅から随分近いんだなーって思った。」 男2「そうそうー 名古屋城しかないからね…。」 自分で「そこそこ都会」と言っときながらそりゃないよ不二子ちゅぁん…。 …芸能人と同じところに通っていることをアピールしてい…

  • すごいのはお前じゃない(かっぺのイントネーション)…その44

    都会にずーっと住んでいて、 「芸能人も通っているから。」 という理由で整体やエステなどを選んでる人なんて見たことないもん。 いや、馬鹿にしてるわけではないけれど、 芸能人に浮かれるのって、 田舎モンの特権じゃん?? …ごめん、普通に馬鹿にしてるわ。 男2「そうかぁ…もうずっと東京に住んでるから馴染んでると思い込んでたんだけど…w」 早川「出身地当てる、当てる! えっと~… 東北の方??」 男2「うっそぉー!そんなになまってる!?」 東北の人に失礼だよっつーくらいショックうけてるところ悪いけど、 その、 「なまってる!?」 もなまってんかんな。 標準語のイントネーションが、 「ラリってる」 と同…

  • すごいのはお前じゃない…その43

    目の前の早川という女が、 公務員という肩書よりも、 弁護士や医者の方が魅力的に思う奴だと知ってのアピールだったのだろうな。 …たりめぇだろがッッ! 公務員なんて、 早川ですらなれンだかんよっっ!! 馬鹿高校卒のくるくるぱぁでも、 堂々たる就職だったかんよっっ!! 公務員だからと言って、すべてが平等とは限らないんだなと思いましたよ。 権力ある人の顔利き、マジ重要。 美人 というだけで勉強せずとも、 履歴書ボロボロでも、 楽々公務員になれる人生。 (ちなみに、同期はみんな有名大学新卒だったよ…!!!) そんなこと抜きにしても、 公務員なんかよりも、弁護士、医者の方が魅力的に決まってるだろうが。 (…

  • すごいのはお前じゃない…その42

    もうこのタイトルに他ならないわけなんですけど。 弁護士や医者の知り合いが多い。 大学の同級生は有名企業の研究職。 会話はまだ続きます。 好きな芸能人の話になった時。 「あ、〇〇(アーティスト)うちの病院に来たよ。 診断書出した。」 「〇〇(俳優)見たことあるよ。 すごく好青年だった。」 趣味の話になった時。 「俺が通ってる整体、 〇〇(某歌劇団員)も通ってるところなんだよ。」 「あと前は、〇〇(モデル)が通ってるところにも行ってた。」 後半からは、会話の一言目がすべてこんな感じになってました。 早川は… それに気が付いてから、 中学生の時の同級生のMちゃんを思い出しました。 (adsbygoo…

  • すごいのはお前じゃない…その41

    早川「へぇ~医療訴訟…。」 男2「そうそう…ここのところなかったんだけど、 最近久しぶりにあって。」 早川「そういうお仕事してるんだね~」 男2「まぁ普段は事務だけどね~ 訴訟を起こされた時にはそれにかかりっきりになっちゃうんだけど…。」 早川「弁護士みたいなもん?」 男2「いや、弁護士ではないよ。 でも弁護士の知り合いはたくさんいるよ~」 早川「ふぅん~。」 男2「記者会見とか開いたり。」 早川「あー、病院ってよくやってるイメージあるわ。」 男2「そういう仕事してるよ、あの病院で。 あ、ちなみに公務員だよw」 隙あらばアピールタイム。 ちなみに、10代の最強美人の早川にとって、 公務員という…

  • すごいのはお前じゃない…その40

    男2「ゆっくり話したいなーって思ったから個室で落ち着いてるところにしたくて。」 早川「実は…お肉かマグロ食べたいなぁって思ってたから嬉しいw」 話をしていると、 男2は早川が入院したことのある病院に勤務しているとのことでした。 仕事の話から切り出されたわけではなく、 たまたま話題にしていた場所の近くで働いている、 というので判明しました。 早川「えっ、私そこに入院したことある! そういえばお仕事、医療関係って言ってたね~」 お仕事、まで口に出した瞬間、 街コンで出会った時の、 Q:お仕事は? A:医療関係です…(フッ を思い出してしました。 性格の悪い早川、 「医療関係って、なに?」 とまでは…

  • すごいのはお前じゃない…その39

    街コン参加から半月すぎて改めて思いました。 あぁ… やっぱり、街コン参加者の顔面レベルってすごく低かったのだな…。 街コンで最初に見た時、 あら、いいかも…? 今の、この店の中では。 位に思っていたのですが。 不細工だらけの状況から脱すると、 ただの不細工。 男2「あー…あの時は感じ悪かったよね…ごめん。 一緒にいた子…A子ちゃんにも上から目線って言われちゃったしね。 ただ緊張してただけなんだよ。」 いや、ごめんね、 早川の言うところの、 「雰囲気変わりました?」 の、ウエイトは、 顔面8:態度2の配分であって、 不細工に拍車かかってっけど大丈夫? という意味に近い。 (adsbygoogle…

  • パワースポットって信じる?

    美容室で読んでた雑誌にね、 「パワスポ」 って単語が出てて、 2秒くらい考えてパワースポットのことって理解できたよ。 新しいハラスメントの種類かな、とか思ったのちょっと恥ずかしいよ。 タイトルの問いかけ。 みなさん、どうです?? 婚活中の方、そうでない方、 どうです?? 早川はね、 ぜぇんぜんそんなの、 信じてませんね。 ↑の記事の行動から見て取れるように、 早川は偶像を信じる力の欠落が著しい人種です。 だって、神を信じる祖父がとんでもねぇ人物だったかんなぁ…。 変換が「髪を信じる」になって、 そういや糞爺ハゲてたなぁって思い出した。 家族には金を使わせない極貧生活を強いておいて、 自分の育毛…

  • すごいのはお前じゃない…その38

    しかしだね、 この欲望ダダ漏れブログを読んでくださっている方には御察しの通り、 「A5ランクの和牛からのトロが食べたい。」 と言えない早川なのであった…。 なんでだろうね。 今考えたら、言うだけ言ってみればよかったですし、 多分その食事代程度で早川との縁を途絶えさせようとするような男はいないのに。 そんなわけで、 早川の「いい肉と生魚」という気持ちを察してくれることを勝手に願い、 お店選びは男2に任せました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 〜当日〜 平日夜、駅にて待ち合わせ。 先に到着しているとのメールをもらっていたので、…

  • すごいのはお前じゃない…その37

    リストバンドを付けた男女が、外で街コンの延長戦を繰り広げているのを横目に駅に向かい解散しました。 人生経験として、良い体験だった…かな? とかなんとか思ったかもしれません。 この数年後… 街コンに毛の生えたような婚活パーティに足しげく通うようになるとは想像していなかったので。 家に帰ると、 唯一連絡先を交換した2人からメールが届いていました。 そのうちの片方、 職業を尋ねた際に、 「医療関係です…(フッ」 と、カッコつけた方が、 「今までの人生で出会った中で一番美しい人です。」 とか、言うタイプでした。 この人のカッコつけって、ナチュラルなやつなのか…! と、衝撃でした。 いや正直、早川自身、…

  • デブとババアとガールズと

    子どもの頃は好きなテレビ番組が遅れたり、最悪休止になったり、 裏で放送されている場合はチャンネル権を父に強奪されたり、 野球なんてロクでもねぇな と思っていたのですが。 …というか、上記の理由で野球嫌いになった人って少なくないんじゃなかろうか。 あ、あと、大体、ボールの大きさに対して球場のデカさおかしいだろ とも思ってた。 そんな野球嫌いから転じて、 主人の影響で球場に足しげく通うようになったにわかファンが、 野球に関係あるようで全く関係ない話をしまーす。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 横浜ベイスターズに限らず、なのですが…

  • すごいのはお前じゃない…その36

    街コン終了のアナウンスがなされると、 店内では「この後、どっかで飲みなおさない?」という決め台詞が宙を舞っておりました。 早川とA子は、 対面で話していた男1と2に「それじゃ、私達これで帰るね…。」と言い残し席を立ちました。 店を出ると… 「あの!」 えっなに、忘れ物でもした?? と振り返ると、 「店の中で見かけて気になってました! これからどこか行かれるんですか?よかったら僕たちと二次会しませんか?」 と、1人の男が声をかけてきました。 お見合いで見る、 最後の告白タイムでの、 「ちょっと待ったぁーー!!!」 を思い出しました。 …お見合い番組とかバチェラーとか出演して、 ボディタッチとか甲…

  • すごいのはお前じゃない…その35

    嘘か本当か分かりかねますが、 自称・運営に呼ばれて来た30代半ば女性 の登場により、 怯んでしまった男子大学生。 なんとこの度の街コンの成果は、 0人との連絡先交換 という惨敗だったようで。 しかしこれではだめだと、 最後のチャンスである早川&A子ペアに勇気を振り絞って連絡先を聞いたのでしょう。 A子「0人て…。 他の人は年近かったりしたんじゃないの?」 男1「そうなんですけど…。」 早川「こういう場とは言えども、女の方から連絡先って聞きにくいと思うし、 聞いてみるだけはタダなんだから気軽に聞いてみたらよかったのに…。 旅じゃないけど、街コンの恥はかき捨てだよ。」 女の方から、このオタク理系男…

  • すごいのはお前じゃない…その34

    合コンを開いてくれ、との打診をものの見事に突っぱねたA子。 男1「えぇっ…だって、お2人共、俺たちなんか相手にしない感じでしょぉ?」 A子「いや…その言い方が卑屈っぽくて相手したくなくなるわw」 早川「…ていうかさ、 私たちが相手しないって思ってるのに、 なんで私たちの友達は相手してくれると思うの…?」 モテない男の気持ちは実に不可解です。 男2「…そうですよね、本当に調子乗ってすみません…」 早川「いやいや、君(男2)じゃなくて、 合コン持ちかけてきたそっちの方(男1)よ。 なんで友達ならいけると思ったの? あっ全然怒ってるわけじゃないよ! 頭がいいはずなのに、その思考になるのはなんでなの?…

  • すごいのはお前じゃない(ごちゃごちゃ言ってんじゃねぇ)…その33

    「タイミングを逃して、なんとなく気乗りしない。」 「スポーツ苦手、わいわいするのも。」 「でも、出会いは欲しい。」 理系男子大学生はそうのたまいました。 …。 早川「う~ん…。 そういう風にいつまでも行動しないからいい結果を得られないんじゃないの…? せっかく頭がいい大学に入ってるんだし、 大学生活の内に好きな彼女を作っておかないと、理系男子人生まっしぐらだよ…。」 理系男子人生、とは。 大学受験の為に勉学に勤しみ、 女っ気のないキャンパスライフを送り、 研究職など女っ気のないところへ就職し、 孤独死すること。 …最後から2行目~1行目間、めちゃくちゃはしょったけど察してくれよな。 (adsb…

  • すごいのはお前じゃない…32

    本来出会うはずのなかった人種同士が、 恋愛を求めてやってくる街コンに小宇宙~コスモ~を感じた早川。 目を閉じれば 億千の星 一番光るお前がいる なんて、どっかの風が聞こえてきそうであります。 一番光るお前、とやらがこのコスモで見つかる気がしませんが。 何度かこの曲について書いたような気がして、 過去記事検索で湘南乃風と検索したところ2件ヒットしました。 あ、いや、すみません全然ファンじゃないんですけどね。 湘南乃風のファンがこんな性根腐ってそうなディスブログ書きそうにないしね。 あの人ら、面と向かってやりあいそうだからね。 想像だけど。 話を進めていると、 男子大学生1&2は某賢い理系大学だそ…

  • すごいのはお前じゃない…その31

    男2「お2人が今までお話した中で一番若いですよ。」 早川「そうなんだ~女の人って年齢分かんない感じの人が多いけど… 何歳くらいの人が多いの?」 男2「一番年上で…35らへんって言ってたな。 でも、その人たちは運営の人に誘われてきたって言ってたから、 人数合わせみたいな感じがしました。」 あぁ、早川達の方が年下なのに、 敬語で話しちゃうこの感じ… オタクあるある、とでも申しましょうか…。 早川「え、サクラみたいな人がいるってこと?」 男2「いやサクラとは言ってなかったですけどね!」 ふぅん… やっぱり、男性の方が少々参加費が高いのもありますし、 (婚活パーティーのような露骨な値段の差ではなかった…

  • すごいのはお前じゃない(ダサい服の話)…その30

    A子「ねぇ、 その (糞だせぇ) ネクタイ、 どこで売ってんの?」 ()←内は早川の幻聴。 男1「えっ、あ…どこだったかな…。 原宿?かな? あ、原宿だ、そうだ、竹下通りで…。」 文で表現できないのですが、 オタクっぽいもしょもしょしたしゃべり方でした。 原宿、竹下通りーー…。 それは、田舎者が、 「これさえ知っていればお洒落に見えるであろうシリーズ」 の、目次の次辺りすぐに出てくる単語。 この他に、 ・キャットストリート ・セレクトショップ ・キレカジ …などがある。 大体それらの単語を使うだっせぇ奴は、ジーンズメイトで買い物している説を提唱します。 (adsbygoogle = windo…

  • すごいのはお前じゃない…29

    頭の悪い不細工をスルーした早川。 ガラス越しのやりとりを眺めていたA子。 A子「今の人、入ってこなくてよかったですねw」 早川「なんなのあれ…。 リストバンド見せてたらこの席目がけてやってくるつもりだったのかな。」 そんな話をしていると、男性が案内されてやってきました。 今まで見てきた参加者の中で一番若そう。 若そう…。 だけど…。 男1&2「こんにちは~…」 早川&A子「どうも~」 早川「若そうですけど、いくつですか??」 男1「20です! 2人も若く見えますけど、いくつですか?」 A子「若く見えるっつーか、 若いし。」 (adsbygoogle = window.adsbygoogle |…

  • すごいのはお前じゃない(久々に美人あるある言いたい)…その28

    5店舗目。 一番近いお店に移動することにしました。 信号渡ってすぐ。 関係ないけど早川、昔から信号運悪い。 そこのお店の店長はA子のバイト先の店長と顔見知りだと聞いていたので、 そこまで変なお店ではないだろうな、と思っての選択。 しかしもう食事のクオリティなどは気にしないことにしました。 時間的にも、気力的にも、 ここが最後のお店になりそうだね~と会話しながら到着しました。 う… ここも 2店舗目と同じパターン かぁ…。 合コン形式。 しかし合コン形式じゃなくとも、結局一組としかうまくしゃべられないので、 まぁいっか、と。 最後のお店ですし。 (adsbygoogle = window.ads…

  • すごいのはお前じゃない(珍しく真面目な婚活のアドバイス)…その27

    A子は、自分のバイト先なのにも関わらず堂々としていました。 バイト先だからと言って面白い出来事が起きるわけでもなく…。 しかし後日再びランチにお店を訪れると、 店長「いや~やっぱり断トツで綺麗すぎて浮いてたよ。 みんな…男も女も関係なくチラチラ見てたもん。」 なるほど、早川自身も、 ↑の男のような状態になっていたわけですね。 必死に糞面白くない会話を続ける男2人に未来は感じないので、 再び「次の店行きたいからじゃぁね~」と別れました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 一応、婚活ブログ書いている身としてアドバイス的な事を書かせ…

  • すごいのはお前じゃない…その26

    話しかけてくれた女性の話を聞いても、 4店舗回った早川達の経験から言っても、 これは町おこしを含めたガチの「街コン」ではないことを悟りました。 だって、早川が見たニュースの特集で取り上げられてた街コンは、 街の飲食店の宣伝も兼ねて、今後のお客さんの増加も見込んでやってるって言ってたもの。 だからそのお店のオススメメニューとか進んで提供するとか。 …あ、よくよく考えたら、 ここ、 都内某所、 そこそこの繁華街。 そんなことやらずとも、 お客さんに困らないじゃん。 納得納得。 自己解決したところで、女性たちは他の店へと移動していきました。 いろんなお店の料理を楽しみに参加した人には非常に残念な会だ…

  • すごいのはお前じゃない…その25

    さて、次に行く店は既に4件目となるわけですが。 A子「私のバイト先行きません?」 早川「A子ちゃんが気まずくなければ行きたい!」 そんなわけで、のこのことA子のバイト先に向かうことにしました。 店前まで行くと、いつも早川に過剰なサービスをする店長とガラス越しに目が合いました。 その瞬間に、 「ブッフォwww」 って聞こえるくらい噴き出してたよね。 必死に腕で口元隠してたけど。 A子が先に入店。 ここでバイトしてるんです~という雰囲気を出さなかった為、 店長も一般客として敬語でシステムの案内をしてくれました。 めっちゃニヤニヤしてたけどね。 (adsbygoogle = window.adsby…

  • すごいのはお前じゃない…その24

    男1と平和に面白みのない会話をしていたのですが、 男2が「ぐぬぬ」となっているのが面白かったので、まぁよしとしましょう。 A子「そろそろ全体的に人が移動してきてる感じかな? 私達、他の店にも行ってみたいから、じゃあね!」 メールアドレスを交換して解散。 外に出ると、 A子「ねぇ、まじあの察して君ヤバくなかった?」 早川「『医療関係…(フッ』の方? すごォい☆って言われ待ちヤバかったねw」 A子「早川さん形だけでも『すごーい』って言ってあげるのかと思ったら全力スルーで笑いそうになったわw」 早川「言うわけないよねw なんで参加費払って接待しなきゃいけないのよw」 さて、A子の思惑通り、 外は参加…

  • すごいのはお前じゃない…その23

    「ご職業は?」 との問いに、 「医療関係…(フッ」 と返されたときの正しい反応。 「えっ!?医療関係ってなんですかぁ!? すごそう!頭よさそう!!!大学は(ry」 ↑これが正しいのは分かってる。 場の空気を読みすぎる日本人としての正しい姿。 ええわい、 そんならニッポン人やめたらァ!!! おいらたち、 無料のキャバ嬢するために生まれてきたんじゃねぇンだ。 早川が一瞬でここまで思ったことは、 A子もまた同じように思っていたようで、 2人揃ってそこに食いつきませんでした。 早川「へぇ…営業と、医療関係…。 …営業ってどんなですか?」 男1「えっ、あ、飲食系だよ!」 男1も、まさか相方の男2の全力察…

  • すごいのはお前じゃない…その22

    急に上から発言をしてきた男2。 結局のところ、「上から目線」と感じたり、イラっとするのは冴えない人間がそういう発言するからなんだよね。 例えば、同じ発言をアラブの石油王がしたとしたら、 「光栄です!!!もしよろしければ何番目でもいいので夫人にしてやってください!!」 と、こちらからへりくだってへりくだって懇願することでしょう。 上からマリコ、ならぬ、下からゾンビです。 明らかに年下から「どうした?」と言われ、苦笑いの男1,2。 多分ね、彼らもそこそこ自信があったからそういう風な発言をしちゃったんだと思います。 「あれ?街コンの参加者のレベルって…こんな感じ…? もしかして俺…イケてるんじゃね……

カテゴリー一覧
商用