kazu4000のブログ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
kazu4000のブログさん
ブログタイトル
kazu4000のブログ
ブログURL
https://kazu4000.muragon.com/
ブログ紹介文
書籍のレビュー。 ほとんど図書館から借りてます。
自由文
-
更新頻度(1年)

496回 / 329日(平均10.6回/週)

ブログ村参加:2016/12/23

kazu4000のブログさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,012サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,639サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,876サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 85,963位 88,395位 88,526位 圏外 圏外 圏外 圏外 975,012サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 413位 444位 442位 圏外 圏外 圏外 圏外 12,639サイト
読書日記 111位 120位 118位 圏外 圏外 圏外 圏外 2,876サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,012サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,639サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,876サイト

kazu4000のブログさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kazu4000のブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kazu4000のブログさん
ブログタイトル
kazu4000のブログ
更新頻度
496回 / 329日(平均10.6回/週)
読者になる
kazu4000のブログ
  • 「セミコロン(;)」と「コロン(:)」の用法について

    セミコロン( ; )は、ピリオド( . )とカンマ( , )を縦に並べた形です。つまり、セミコロンはピリオドとカンマを合わせた意味を持ちます。ピリオドを打つほどではないけど、カンマだと弱すぎる、という時に使われます。 ■セミコロン(;)の使用法について 1)接続副詞の代わり...

  • 書籍:「日本のスパイ王: 陸軍中野学校の創設者・秋草俊少将の真実」

    この本も図書館で借りました。内容は、終戦までに二千人以上の諜報員を養成した陸軍中野学校の初代校長だった「秋草俊少将」は、校長解任後に単身ベルリンに渡り、謎の工作活動についていた。彼の生い立ちから最後までの経緯と日本のスパイ養成機関と呼ばれた陸軍中野学校について授業内容まで幅...

  • CIAスパイ養成官―キヨ・ヤマダの対日工作

    「CIA!」「スパイ!」「キヨヤマダ?」本のタイトルとカバー写真に惹かれて図書館で借りました。内容としては、「米国・アーリントン国立墓地で、静かに眠る日本人女性、その名前はキヨ・ヤマダ。彼女はCIAで工作員に日本語を教え、多くのスパイを祖国へ送り込んだインストラクターだった...

  • 書籍:「Trip Advisor(トリップアドバイザー)行ってよかった外国人に人気の日本の観光スポット」

    この本も図書館から借りてきました。よくある旅行スポットの案内本のように思えますが、旅行口コミサイト・トリップアドバイザーと、マップルのコラボの本で、実際に外国人観光客が訪れて「素晴らしい!!」と感じた観光スポットがランキング形式で掲載されています。1位は、京都の伏見稲荷大社...

  • 日本のガールズパンク【ロリータ18号】(ロリータじゅうはちごう)

    ロリータ18号(ロリータじゅうはちごう)は日本のガールズバンド。1989年結成。1997年日本クラウンよりメジャーデビュー。現在はインディーズで活動している。 ◆メンバー 石坂マサヨ(1972年8月29日 - )ボーカル、O型 ◆元メンバー エナゾウ(ギター、10月3日 -...

  • はじめてでも読みこなせる「英文契約書」

    私が代表を務める「阪本研究所」では、英文契約書解釈セミナーをやっています。英文契約書どころか、日本語の契約書でさえ関わったことがなかったが、人事異動で英文契約書が業務の中で関わるようになり、何も知識がないので「契約書」という初歩の段階から教えて欲しいという依頼が多いです。 ...

  • ローリングストーン「STICKY FINGERS Deluxe Edition」

    このCDも図書館で借りました。ローリングストーンズの「STICKY FINGERS Deluxe Edition」2枚組です。興味を持ったのは、2枚目のディスクです。クラプトンとの「Brown Sugar 」はいい感じです。その他のAlternate Version はTh...

  • ビートルズ THE BEATLES HELP! (ORIGINAL SOUNDTRACK)

    このCDも図書館で借りました。ビートルズの映画「HELP!」のORIGINAL SOUNDTRACKです。ステレオとモノラルバージョンが聴ける全24曲。音質は全般的に良好です。HELP!についてはステレオの方がいい感じがします。全曲、Dailymotionにアップしました。...

  • 古いデスクトップパソコン【ACCER Aspire X AXC605-F54D】のCPUグリス(MX-4)で塗り直し

    あるYouTuberの方が勧めていたCPUグリス(型式:MX-4)を購入し、古いパソコンのCPUと冷却装置の接触部のグリスを新しく塗り替えました。 Amazonで999円でしたが、すぐ必要なので増税前に日本橋PCワンズで1080円(税込)で購入。 型式:MX-4の上のクラス...

  • 「シャイン / シンディ・ローパー」Shine / Cyndi Lauper

    このCDも図書館で借りました。久しぶりにシンディ・ローパーを聴きます。けっこう前に発売されたCDですが、彼女の大ヒット曲「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」を彷彿とさせるタイトル曲の「シャイン」以下、かなり多彩な楽曲がそろっています。借りた人も多かったのか、CDには薄...

  • 「Bob Dylan - Shadows In The Night」

    このCDは図書館で借りました。Bob Dylanの Shadows In The Nightです。まだ借りている人が少ないためかキズもなく殆ど新品です。36作目のアルバムです。Bob Dylanが普通にメロディーを歌っています。 Bob Dylan - Shadows In...

  • ビートルズ The Beatles 「ALL TOO MUCH」

    ビートルズの CD、 The Beatles 「ALL TOO MUCH」海賊盤です。当時、秋葉原の石丸電気で新品で購入しました。全18曲のライブ集です。音質はモノラルでクリアーなサウンドではありません。コレクター、マニア向けです。 1から6曲目まで:1964年6月12日の...

  • ビートルズ The Beatles「On Air-Live at the BBC Volume 2 / The Beatles」

    これも図書館で借りてきました。全部聞いて音を確認しましたが、全体的にこれまでに出回っている海賊版と音質は同じです。ライナーの写真が綺麗なことぐらいです。目玉とされた"I'm Talking About You"も音質的にはこれまでに出ていた海賊版と同じです。Youtubeに...

  • ポールマッカートニ ー & デニーレイン Paul McCartney & Denny Laine「Rock and Roll Jam Sessions」

    このCDはブートレッグ(海賊盤)です。かなり前に買ったCDです。セッションやLIVEの寄せ集めです。音質はかなり悪いです。曲名についてもCDのライナーには、(?)がついているものがあります。下記のDailymotionの動画は数年前にこのCDをアップしたものです。(最初はY...

  • ジョンレノン John Lennon 「 Acoustic」

    このCDも図書館で借りました。以前からあるジョンレノンのCDですが、全16曲中、未発表音源音源7曲、「アンソロジー」から9曲で、新曲はないです未発表音源についても、特に珍しい曲はないようです。公式盤に入っていなかったバージョンからギター弾き語りの曲を寄せ集めたという感じです...

  • ビートルズ 「BEATLES '65」ステレオとモノラルバージョン

    このCDも図書館で借りました。1つのアルバムに同じ曲でステレオとモノラルバージョンが収録されています。よく聴くとやはり微妙に違います。音質は両方とも良好です。全22曲。ジャケットは裏と表はカラー写真ですが、中は歌詞だけで、その他の写真などはないのが残念です。 収録曲: 1....

  • ビートルズ 「 The Beatles Live In Atlanta Whiskey Flat」&「 Washington DC

    ビートルズのCD,1964年のライブ「Live At Atlanta Whiskey Flat 」と 「 Washington DC 」分が収録されています。全45曲。海賊盤。 [収録曲] Twist And Shout You Can’t do That All My L...

  • ビートルズ「Abbey Road Special」絶滅シリーズ CD

    ビートルズCD : 絶滅シリーズ「Abbey Road Special」です。 全21曲「正規アルバム+アウトテイク」日本製。コレクター、マニア向けです。  正規アルバムと海賊盤を合わせたCDで、海賊盤のテイクの中でも音質が良いものが収録されています。 収録曲; 1. Co...

  • ビートルズ The Beatles「 BBC STUDIO SESSION 」①

    ビートルズ CD The Beatles「 BBC STUDIO SESSION 」① ビートルズ CD 「BBCスタジオセッション」1963年~1964年に行われたBBCスタジオでのセッション集です。未発表曲も収録されてます。このCDも秋葉原のCDショップで購入しました。...

  • ディープ・パープル DEEP PURPLE 「Live In Japan」

    このCDも図書館で借りました。音質はレコードの時代とほとんど変わらないと思います。現在はリマスターされたCDが販売されているようです。全6曲。ジャケットは裏と表はカラー写真ですが、中は歌詞だけです。解説書1枚(日本語)が付いています。 収録曲; 1. Highway Sta...

  • 本のレビュー:「東大阪市の指定文化財」

    この本も図書館で借りました。内容としてはどの項目も興味深いですが、すべて白黒印刷なので古さのイメージが視覚的に分かりにくいです。少しはカラー印刷の部分も欲しいところです。

  • 本のレビュー:「なつかしき大阪 写真でたどる大阪の歴史・魅力再発見! 」

    この本も図書館で借りました。内容は、大阪の過去と現在(この本は2012年出版)との比較を写真をのせて大阪の歴史・魅力を解説しています。大阪の昔の写真を載せて解説する本はたくさんありますが、この本はすべてカラー印刷ではなく、昔の写真は白黒で仕方ないと思いますが、現在の写真まで...

  • 本のレビュー「大阪環状線めぐり―ひと駅ひと物語」

    この本も図書館で借りました。内容は、大阪環状線の各駅についての歴史や出来事を書いた物語です。従って、ガイドブックのようにカラー写真や、駅周辺の観光スポットやグルメ情報は載っていません。

  • 本のレビュー「大阪のおばちゃんコレクション 」

    この本も図書館で借りました。大阪のおばちゃんを頭からつま先まで標本のように詳しく解説している本です。この本持って大阪の街にでて、大阪のおばちゃんを観察すればもっと理解が深まると思います。イラストにもあるように、柄もの+柄もののコーディネートの発想は世界でも大阪のおばちゃんだ...

  • 「あなたの知らない大阪府の歴史 」

    この本も図書館で借りました。内容はこの手の本で「大阪府謎解き散歩」「古地図で歩く大阪 歴史探訪ガイド」などと同じような内容ですが、「歴史」に焦点をあてて書かれています。全てQ&A形式で、各項目は2ページでまとめてあります。軽い「読み物」という感じです。

  • 本のレビュー:「事典にない大阪弁 絶滅危惧種の大阪ことば 」

    この本も図書館で借りました。本のタイトルと厚みから、かなり正統派の大阪弁をきっちり調査した辞典かなと思いましたが、内容は薄いです。調査されているベースが、著者自身が、自分の祖父母の時代に聞いた大阪弁、著者の地元の大阪で使った、または使われている大阪弁を紹介しているエッセイの...

  • 本のレビュー:「英語はいらない!?」

    英語の必要性を主張する本が世の中の大半ですが、まれに、「不要」系の本もあります。世の中に逆行する本はどんな内容だろうと図書館で借りて読んでみました。 この本の著者は慶応名誉教授で、6.7カ国語が話せるという方らしいですが、どうも右っぽい主張も多く、途中で日米安保条約の話にな...

  • 本のレビュー「その英語ネイティブは笑ってます 」

    これも図書館で借りてきました。この手の本、「日本人の使う英語はネイティブに・・・・・」系は昔より流行っていて、今なお書店ではこれ系の本はたくさん販売されています。 この著者もこの手の本は多く色々読んだ事がありますが、どうも口語の説明をしていた頃の本はまだしも、最近ではそのネ...

  • 本のレビュー【 英語放送は「第三の耳」で聴く!】

    このCD付の本も図書館で借りてみました。「第三の耳」という言葉はこの著者が考えた言葉と想像しますが、昔、この言葉をどこかで聞いた記憶があります。この本の内容はどういう風に聞こえるのかを詳しく解説していて分かりやすいです。ただし、CDの方はネイテイブが普通より早く話しているよ...

  • 本のレビュー:「シンプルに考える」

    この本も図書館で借りました。ビジネス関係の書籍で、このシンプ思考系の本は図書館でも多くあります。タイトルに合わせて表紙をわざわざ真っ白にしてあることから、思ったとおり書かれている表現はシンプルでページ当りの文字数が少なく読みやすいのですが内容は薄いです。出版社との関わり、こ...

カテゴリー一覧
商用