プロフィールPROFILE

チンギスハンさんのプロフィール

住所
広島県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
凡人チンギスハンの米国株永久投資
ブログURL
https://www.tingisuhan.com/
ブログ紹介文
2017年リタイア済のふつうのおじさんです。投資歴40年。永久保有を目指して投資中。みんなで一緒に成功しましょう!保存型ブログ「チンギスハンの安心の資産運用」もどうぞ。ユーチューブもやってます。
更新頻度(1年)

393回 / 365日(平均7.5回/週)

ブログ村参加:2016/11/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、チンギスハンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
チンギスハンさん
ブログタイトル
凡人チンギスハンの米国株永久投資
更新頻度
393回 / 365日(平均7.5回/週)
読者になる
凡人チンギスハンの米国株永久投資

チンギスハンさんの新着記事

1件〜30件

  • 凡人はミスを少なくすることが成功へのポイントです【だれでもできる米国株第13話】

    投資で大成功を目指すならハードルは高い! 「人にうらやましがられる成績を収めたい」「投資のカリスマになりたい」という希望なら投資も他のスポーツなどと同じくハードルは高いです。 やはり才能や能力も大いに関係すると思います。 スポンサーリンク // 普通の成功なら才能に関係なくだれでも達成できるのが株式投資の特徴 だけど、成功の定義をもっと下げて現実的なものにするとハードルはぐっと下がります 投資期間さえ十分に、私は20年以上としていますが、確保できれば「先進国インデックス投信」あるいは「米S&Pインデックス投信」への投資で、ドルでも日本円でも構いませんが、一定の成果が上がることがわかっているから…

  • 債券のあらましとおすすめの利用法【だれでもできる米国株第12話】

    債券は株式の補完になるって聞いたけど? 債券については誤解が多いです。 そこで今回債券のあらましと、凡人にとっての手頃な投資対象を選びましょう とはいえ変動が少ない以外は素人には魅力が少ないと感じますね。 がっかりなさいませんよう、初めに言っときます! スポンサーリンク // まず質問です Q1 債券の価格が上がると利率はA上がる、B下がる Bですね。 株と逆なので面倒です。慣れるしかないですね。 Q2 長期金利とは何?そして今いくら? 10年国債の金利です。発行された時の額面金利ではなくて市場でつけられた値段です 現在の米国では1.8%程度。インフレ率より若干低いです。日本はマイナス0.1%…

  • 暴落を避ける作戦は凡人にはメリットなし【だれでもできる米国株第11話】

    株式は高いリターンが見込める代わりに暴落がある 先進国株式で平均リターンが6%が見込める代わりに株式市場は時たま暴落を演じます 21世紀では2つの大きな暴落がありました。 ITバブルの崩壊とリーマンショックです。 ITバブルの崩壊は長く続きました。 リーマンショックは信用不安から、まれに見る谷の深さでした。 下はS&P500の1995年からのチャートです。 ITバブルは山が高く回復までに7年くらいかかっています。そして次のリーマン・ショックが来ました。 このようなチャートを見せられるとちょっと株式投資に対して引け腰になりますね。 いくら長期リターンが・・・とか言われても波が大きすぎると感じてし…

  • 変動幅の予測は標準偏差でわかる【だれでもできる米国株第10話】

    どのくらい上下が激しいかが前もって分かれば便利! 投資ってリターンばっかりに目が行くけど、激しく上下する株は素人・凡人には扱いにくいですよね。 ところでよく凡人・凡人って言うけど勘弁してください。 「自分は能力がチンギスハンよりはあるわ」 と思われる方は、「凡人でもこのレベルはできるんだな」 というくらいに受け取ってください。 私にできないことでもあなたはできます。 そして私にできることはあなたには必ず実行できます。 そのための私は便利な試金石なんですよ。つまり年寄りも利用価値アリってことで。 スポンサーリンク // 標準偏差のことを投資ではリスクと呼んでいる 今回は標準偏差のお話です。前にも…

  • 過去のリターンを確認してみよう!【だれでもできる米国株第9話】

    株式は毎日動くが長期ではリターンは安定する 投資での目標を立てる前に前知識として過去のリターンを確認しておきましょう スポンサーリンク // <過去10年の各投資のリターンをみてみる> 下は株式、リート、債券に投資した場合の2010年から2019年までの年率のリターンです 米ドル VT IVV VEA 作成 VWO RWR BIV 全世界 S&P 米以外 先進国 先進国 新興国 米リート 中期債券 配当 % 2.32 1.84 3.05 2.32 3.24 3.36 2.75 リターン 10年 8.73 13.31 5.34 10.12 3.23 11.24 4.77 1万ドルは? 23953…

  • FRBの緩和でハイテク株の恩恵は大きい!【だれでもできる米国株深堀り編】

    前回は金利と高配当株の関係をやりました。 今回は「金利とハイテク株」です。 高配当株好きのこうちゃんと一緒に旅を続けたいと思います。 みなさまには退屈なところもあるでしょうが適当にスルーしてお楽しみください。 スポンサーリンク // 前回はFRBの緩和姿勢が続く見通しで高配当株は有利に展開している まででした。 今回はFRBの緩和で恩恵を受けるのはハイテク株も同じ という テーマでお送りします。以前の記事との重複はお許しください。 さてこうちゃん、昨日は高配当株をやったけど今日はハイテク株をやるよ 「ふーん、あんまし興味ないなあ、配当が少ないでしょう!勝手にやってって感じ」 「配当も出さずに株…

  • 金利と株価の関係、高配当株は?【だれでもできる米国株深堀り編】

    みんなで一緒に成功しよう! 凡人投資家チンギスハンの【だれでもできる米国株】深堀り編です。 今回は金利と高配当株の関係です。 初心者用の記事ですがどうぞお楽しみください。 高配当株大好きな「こうちゃん」も登場します。 スポンサーリンク // 「ねえねえ今日は僕の好きな高配当株についてやってくれるそうだね」 そうだよ。高配当株は配当が魅力だけどその分金利の変動を受けやすいからね。 「株の配当と金利の何が関係あるんだろう?」 高配当株だけじゃなくてすべての株式はその国の「政策金利」米国の場合はFF金利っていうけど、現在は1.5%から1.75%だね、影響を受けるよ。 「へー、幅があるんだ」 うん下限…

  • コメントなどをまとめてみました

    高値更新の米国株です。下はナスダックの半年チャート 現在9251とちょっと前まで8千当たりにいたのにと改めて上昇を実感! ただしRSI14は80に近くかなり「過熱感」があります。 米中が調印されれば「達成感から」一時的な調整の可能性はあります。 スポンサーリンク // 高値を反映していくつかのコメント、ご質問を、ブログ、ツイッター、ユーチューブなどで頂いておりました。 どなたにも当てはまるものも多いのでその内容を要約してお伝えしたいと思います。 ブログに書いた内容と重複するのもあります。素人凡人の考えですのでその点はご容赦を。長くてくどいので気になるところだけお読みください。まとめるの下手なの…

  • 米株は割高なのか?ハイテク好調!データで検証!

    米国株が好調です、その中でもMSFTなどハイテクが好調です この記事は素人・凡人向けのものです。また「買い」「売り」を促すものではありません。「買うな」ということもないです。「売るな」とは言いたいですが(笑) また論文でもないので個人の感想が多く含まれています。 スポンサーリンク // 「市場に取り残されたくない」というコメントをいくつかいただきました。 まとまったお金があるので市場が好調なうちに投資したいということです。 私も同じ悩みを抱えているので人ごとではないです。そこで自分なりに考えて記事にしました。 S&Pは自己ルールの適正水準の上限に来ている 予想PERで17から20が自分が決めた…

  • 過去10年の各投資のリターンとリスクを数字で知ろう【だれでもできる米国株第8話】

    はい、初めての方でも安心のシリーズも8話まできました。 今回は残念ながら数字中心です。ゴメンナサイ! スポンサーリンク // イデコ、つみたてNISAでは投資できる商品に制約があります。 だから示されたメニューの中から選ぶわけです。 不自由ですが、期限といい、金額といい、商品といい、限定的なのはメリットもあります。それは 「迷わなくていい」「リスクも限定される」 ことです。昨日大まかなリターンを示しました。 昨日各証券会社で示されている商品を見ました。 説明がバラバラでわかりにくかったので、各商品の元になる資料を一覧にしました。 イデコ、つみたてNISAの商品選びの参考にしてください。 過去1…

  • 高配当株の長所と短所は同じ場所にある!【だれでもできる米国株第7話】

    さて、初心者向けのこのシリーズも第7話まで来ました。 前回まででイデコとつみたてNISAによる土台作りはできます。 具体的な投信の紹介が残っていますが、それは各証券会社によって投資商品の制約があります。 <過去10年のリターンをざっと紹介すると> イデコ、つみたてNISA用にざっとご紹介しておきます。 とはいえ数値ばかりは嫌でしょうから最小限にとどめました。 詳しくはこれにリスクが必要ですが20年を越える長期では気にする必要はないです。 全世界→先進国→米国S&Pの順に尖って行きます。 その代わりリターンは逆になります 10年でのリターンは丸い方から順に並べると(先進国はVEAとIVVで作成)…

  • 自分の投資のベースを確認して前に進もう!【だれでもできる米国株第6話】

    初めての方用の記事ですが、ご支持ありがとうございます。 本来経験者の方が多いこの場所は不釣り合いなのですが「確認、チェック」の需要もあるかと思い好意に甘えています。 人間いつどうなるとも限らないし、私は年もあるので、早く完結させたいと思っています。 スポンサーリンク // 今回は投資のベース部分の確認です。 株式投資の議論は意味がない! よく言われる「高配当株投資」「インデックス」「個別株」「成長株」「ETF」・・・などの投資のスタイル、手法は実は意味が無いのでは?と思っています。 投資家の置かれている立場や目的が全く違うからです。 そしてその立場を明確にするのが今回の作業です。 自分のベース…

  • 売らないならいつ買ってもOK!とはいえ・・・【だれでもできる米国株第5話】

    はい、経験者の方には初めからの確認、チェックにご利用ください。 いつものように楽にいきますね。 スポンサーリンク // 前回までで素人・凡人は株は永久保有で売らないのがベスト そして暴落時にも売らないで済むような株を保有しましょう。 それはまずインデックスが基本形で、あとはお好みでということでした。 今回は買うタイミングについてです。 結論からいうといつ買ってもOKです。 少しでも安く買おうとしてませんか? 人間の心理ですね。 しかし米株は過去35年で22倍になっています。(配当別) 1985年2月18日のダウ1282ドル 現在28900ドルです。 35年前に例えば5%安く買うことがどれだけの…

  • 【だれでもできる米国株第4話】暴落にどう対処する?売らずに済む株を持つ

    みなさんは確認にお使いください。 今回は「暴落にどう対処する?」です 前回 素人・凡人には米国株で長期投資が向いている 20年をこえる投資では大きなリターン(4倍位)が期待できる としました。 今回は長期保有の障害となる「暴落」に対しての対処です スポンサーリンク // さてこの1995年からのS&P500指数のチャートを見てどう思う? 2000年からの下落はITバブルの崩壊、2008年のはリーマンショックと言われているね。 「すごい下落してるね」 「持ってる人は不安になると思うな」 そう、だから多くの人が手放したんだよ。 そして 「今後もう一切株式投資なんてやめようと心に誓ってね」 「でも前…

  • 【だれでもできる米国株第3話】米国株を選ぶ理由は?長期投資に向いているから素人・凡人にできる!

    ズバリ素人・凡人に有利なこと! 「弘法筆を選ばず」といいますが素人・凡人の私達は「筆を選びまくっても」許されるはずです。 というか「市場選び」こそがカギを握っていると思います。 投資法はその次です。 では始めましょう! スポンサーリンク // あなたは米国株についてどう思ってますか? 「時価総額が大きい会社がそろっている」 「コカコーラとかマクドとかアップルとか知っている会社が多い」 「どんどん上がっているイメージ」 「世界で一番大きな株式市場だって聞いたよ」 逆に 「日本から買えるのかなあ?」 「税金とかめんどくさそう?」 「情報とかないんじゃない?」 「日本株で十分でしょう?日本人なんだし…

  • 【VUG】【MGK】大手成長株が全部入っていて魅力的、2020年もハイテクは好調予想!

    タイムリーなコメントを頂きました。 川崎太郎 2020-01-07 00:07:21 さんより いつも拝見しております。 qqqかvgtかというのは悩みどころですか、GAFAMにV MA全て入ってるMGKやVUG VOOGなどグロースインデックスはいかがなんでしょうか? <ご返事> コメントありがとうございます。 確かにVGTは情報技術に偏って攻めすぎているし、QQQはナスダックという市場での選択なのでNYSEの会社はもれています。さらにちょっとだけですが年間経費が0.2%とヴァンガード系に比べると高いというご指摘もありました。 その点でヴァンガード、グロース系のETF3つは経費も安く、市場の…

  • 【だれでもできる米国株原稿】第2話 なぜ株式投資なの?その1大企業はその国の成長率より儲かる

    株式投資をすでにされている方が多いこちらではどうかな?とも思いましたが 「基本からの確認にちょうどいい」 「そういう見方もあるのかと再発見がある」 「気楽に見られる」などの好意的なご意見を頂いたので引き続きこちらに掲載させていただきます。 いつものようにラクーにいきますね。今回はメインストーリー第二話です。 詳しい資料やグラフは載せていません。 #だれでもできる米国株#入門編#メインストーリー#第2話#なぜ株式投資なの?#その1 スポンサーリンク // 例によって聞いてみましょう。 あなたは投資の中で、素人凡人にはですよ 「なぜ株式投資?」と思ってます? 「長期では高いリターンが得られる」 「…

  • 【VGT】将来ハイテクの優位性が失われたらどうすればいい?・・・コメントにお答えして

    コメントを頂きました 素人凡人投資家 2020-01-05 15:25:20 いつも拝見させていただいています。 30半ばの素人凡人投資家です。 現在VOO一本積立中ですが、VGTも検討中です。 現時点では考えられませんが、将来的に5年10年後に、経済の中心がハイテクから他の物へ移行した場合、VGT高リターンというストーリーが崩れる時が来るかもしれません。 その場合どのように資産配分を変更するのが良いと思われますか? VGT売却して未来の成長セクターに乗り換える。 VGTの買い増しをやめて成長セクターに投資する(VGTは保持)。 など考えてみましたが、アドバイスいただければと思います。 <ご返…

  • 【だれでもできる米国株】【入門編】第一話 なぜ投資なの?

    #だれでもできる米国株 #入門編 #メインストーリー お待たせしました! 「だれも待ってませんよ!」 いきなりジャブありがとうございます! スポンサーリンク // 「だれでもできる米国株」by凡人投資家チンギスハン 第一話です まずこちらに書いて「ご意見を頂いて整理してから」「チンギスハンの安心の資産運用」の保存ブログに収めようと思っています。 なのでまずはラクーに書きます。 もうみなさん投資されてる方がほとんどでしょうから「投資の意義」とか聞き飽きてますよね。 だから普通の本には書かれてないことを中心に書きますね。 それでもくどいところはあるでしょうから、かる~く読んでってください。 書店に…

  • 【だれでもできる米国株】【入門編】原稿 はじめに

    ブログと動画でお送りする「だれでもできる米国株」 の原稿です。#だれでもできる米国株 #入門編 #メインストーリー 入門編なのでみなさまはササーと読み流してください。 改良点をお教えください。 スポンサーリンク // 株式投資の本、記事はたくさんありますが「素人・凡人」が書いたのは少ないと自負しています。変な自負(笑) シンプルなので味気ないかも知れません。 きっと本だと全く売れないでしょうね(笑) これは確信しています。 だって、需要の高い「推奨株」や「今年の予測」「上がる株ランキング」「10倍株」あるいは「暴落が来るぞ」とかもないですから。がっかりの内容です。 その分シンプルで誰でもが実行…

  • 【好調米ハイテク大手】凡人が取り入れる方法は?トランプ以降で検証

    米大手ハイテクが好調です 今年からの景気後退が遠のいたのが大きいと思います。 さらにはFRBの金融緩和の月600億ドルが効いているでしょう。これは6月までの措置ですが事態によれば延長もありえます。 じゃぶじゃぶのお金は実体経済を支えるためのものですが株式市場にも流れ込みます。 スポンサーリンク // 時価総額で見て大きいところに流れるのは当然の成り行きです。 12月の時価総額上位は 1位AAPL、2位MSFT 3位GOOGL 4位AMZN 5位FB 6位バークシャー7位アリババ8位テンセント9位JPM10位JNJです 上位はハイテク大手が独占しています。 トランプ政権誕生時からの上昇率を見てみ…

  • 凡人の私が「だれでもできる米国株」の記事を始めようと思う←「何回やっとんのや!」

    米国株には確信を抱いています 私は達人ではありません。むしろ下手な投資家!です 誰でもできる、失敗しない方法を探してきた みんなで一緒に成功して行きたい! 参入する人に時間を短縮して欲しい 私の凡人度が役に立つかも知れない! 私の凡人度を生かした記事であなたの時間が短縮できるかも知れない 「一人でも株式投資で失敗する人を減らしたい」という思いです。 編集・構成が著しく下手です→ブログのメリットを生かした構成 動画は 今年のライフワークとしてがんばりたい! 米国株には確信を抱いています 2016年末に本格的に始めた米国株も紆余曲折がありました。 はじめの1年は「リタイア後の収入確保で高配当株中心…

  • 【米国株】買い増しルールを策定したら有名な数列になった!

    米国株は初日から上げてましたね! S&Pが0.84%高の3257.85ナスダックは1.33%上昇で9092.19ダウも1.16%上昇で28868.8ドルと年初から調子がいいです。中国の「準備率の引き下げ→金融緩和」が好感されたそうです。 特に大手ハイテクは軒並み2%以上の大幅高でしたね。MSFTは1.85%とやや控えめ S&Pのヒートマップを見ると視覚的にわかっていいですね。 今日のはこちら、サイトはこちら→S&P 500 Map 特定の分野にこだわるのが愚かなことを教えてくれる スポンサーリンク // これを眺めていると一目で今の勢力がわかります。 面積が大きいところが有利とは言わないですが…

  • 【米国株】好調時だから気をつけたい3つの「予測」「思い込み」

    保有の方はみなさん「含み益」どっさりでおめでとうございます。 しかし好調の今こそ確認して、ハマらないようにしたいことがあります。 それは自分の「予測」「勝手な思い込み」です。 私も何度もこれで失敗してきました。 まだ失敗していない方は、どうぞこの記事で「失敗から逃れて」いただければ嬉しいで す スポンサーリンク // 予測、思い込みは「正常な判断」を狂わせる 自分では気づかないけど「罠にハマってしまうんですよね」 「自分には思い込みなんかない!」という方も多いでしょう。 「思い込み」を「予測」と言い換えれば思い当たる人はたくさんになるでしょう。 この時期書店を見渡せば「予測」であふれています。…

  • 【米国株配当重視】60歳からの「配当重視で最強」のポートフォリオは?

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいします。 昨年はS&Pがトータルリターンで30%と予想外の伸びの年でした。 トランプが米中合意の第一弾署名を1月15日にするそうですから1月も好調が予想されますね。ソースは例によってもみあげさんです。”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!- スポンサーリンク // さてユーチューブもやっているんですが、年代に応じた米国株のポートフォリオを解説している番組がなく、また質問もいただきましたので60台からの最適ポートフォリを(私が考える)を書きます。参考にしたのはジェレミー・シーゲル教授の「株式投資の未来」です。291ページあたりです。名著…

  • 米株は結局は「投資した者勝ち!」市場に居続けるコツは?

    大晦日となりましたね。 この時期になると「◯千万円増えました」とか「◯十万円の配当金ゲット」とかの記事が多く投稿されて逆に「自分との比較で凹む」人も多そうです。 スポンサーリンク // 特に今年はしっかり投資できた人、あるいはフル投資を維持できた人と、投資できなかった人との差が顕著でした。 その原因を探り解決策を見出したいと思います。 「米株は結局は投資した者勝ちだ」 ということを心底理解している人とそうでない人との差だと思います。 逆に言えば「現金」にどれだけ信頼を置くか?重視するか?という差でもあります。 日本人は30年に渡って株価は低迷し、デフレで現金の目減りは少なかったです。 だから、…

  • 【VGT】ETFの指数は誰が決めている?

    コメントをいただきました マツダ さんより2019-12-29 02:06:20 こんばんははじめましてマツダといいます。 アホみたいな質問で申し訳ないのですがVGTって指数連動ETFなんですか? 自分でネットで調べたところ「MSCI USインベスタブル・マーケット・情報技術25/50インデックス」という指数に連動しているようなのですが、この指数と構成銘柄の%は誰かファンドマネージャーが決めているのでしょうか? 自分の感覚として「機械的に決められた、または(偶然にも)同一の株式市場に上場している銘柄群」が指数で、人(ファンドマネージャー)の手が関与したら指数ではないという感覚でいます。 スポン…

  • 高配当投資の一番の(隠れた)長所は何ですか?

    高配当投資の方は最大勢力です。 80%くらいの方が高配当で米株に入ってくるんじゃあないでしょうか そんな人気の「高配当株投資」ですが意外にも(失礼!)やっている当人がその最大の長所をご存知ないんじゃあないかと思って記事にしました。 スポンサーリンク // あなたは高配当株投資の一番の長所はなんだと思っていますか? 「バカにしてんのか?配当がもらえることに決まっているじゃあねえか」 という声が聞こえそうですね。そんなにガラが悪い人はいないでしょうが心の声としては。 配当はまだ一面です。まだ大きな長所があるのです。 実際に高配当株投資を手掛けている人も、これから始めようとする方にもぜひ「再発見」と…

  • 買いが難しい一年だった、「安く買う方法」「高く買う方法」あなたはどちら?

    振り返ると買うタイミングが難しい年でした 結果を見れば米株は3指数ともに最高値圏で終了するでしょうから「良い一年だった」と言えるでしょうが、個人的には不満の方が多いと思います。 その理由は 「もっと仕込んどきゃあ良かった!」「保有が少なすぎる!」 という方が多いのではないでしょうか? あなたはどうでしたか? スポンサーリンク // 買いのタイミングはいつだったのか振り返ってみます。まず「安く買う方法」で S&Pの2年チャートです。 思い起こせば昨年の今頃は株を持っている人は「先が見えない」状態でした。 FRBの方針・姿勢が見当がつかなかったからです。 結果を知っている私達は、その後FRBが柔軟…

  • 米国がけん引した今年の株高を地域、分野で見る

    米S&Pが年初来30%上昇と異例の年となった 昨日も書きましたがリクエストもあったのでまとめました。 スポンサーリンク // <地域別では米が突出している> チャートでは 上から米S&PのVOOが30.3%全世界VTが24.6%欧州VGKが20.6%米以外先進国VEAが18.9%米以外全世界VXUSが18..8%新興国VWOが16.7%でした。 また配当を含めたトータルリターンは次のとおりです、yahoo finance(米)です。 12,28 銘柄 YTD% 配当 経費 VT 全世界 26.92 2.23 0.09 先進国 27.97 2.31 0.04 VOO 米 31.81 1.88 0…

カテゴリー一覧
商用