searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

チンギスハンさんのプロフィール

住所
広島県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
チンギスハン米国株永久投資
ブログURL
https://www.tingisuhan.com/
ブログ紹介文
67歳でリタイアしてます。米国株に永久投資中、投資歴40年余ですが達人ではないです。達人でなくても成功できる方法を実践してうまくいっています。その方法をブログ、ユーチューブで発信しています。みんなで成功しましょう。
更新頻度(1年)

258回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2016/11/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、チンギスハンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
チンギスハンさん
ブログタイトル
チンギスハン米国株永久投資
更新頻度
258回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
チンギスハン米国株永久投資

チンギスハンさんの新着記事

1件〜30件

  • 素人がインデックスを上回れない理由特別編「危機対応」総集編10回

    2020年10月22日木曜日記述 素人がインデックスを上回れない理由についてこれまで4つ紹介してきました。 ①買い ②投資期間 ③売り ④量 そして今度は特別編で「危機対応」です。まあ下落とか暴落とか決算ミスとか不祥事ですね。 これが一番能力、資質でばらつきが大きいでしょう。 1 下落への対応力は素人は期待できない ばらつきがあると言いましたがそもそも期待できないです。 だから「危機対応」ができなくても「おれはなんてだめなんだ」なんて思う必要は一切ないです。 経験を積んでもできないほうがデフォルトです。私もそうです。 これは思わず目をつむってしまうのと同じ「防衛本能」に起因しているからです。 …

  • 素人がインデックスを上回れない理由4つのうち4つめ「量」総集編9回

    2020年10月20日(火曜日) みなさんご機嫌いかがですか? 随分寒くなりましたね。 相場は神経質に上下していますね。 投資はしたいし、下げるのは怖いしですね。 計画的で着実な投資が求められます。 さて今回は4回中の4回めです。 動画でもコメントを多く頂いています。 「インデックスを使い切っていなかった」というどちらかというと経験者、上級者のご意見が多いです。 インデックスは初心者からバカにされ、上級者に敬愛されるという奇妙な図式があります。 ジムクレーマーさんも、広瀬隆雄さんも、川田重信さんも主力はインデックスでの運用です。ウォーレンバフェットさんもS&P500を高く評価していますね。 ち…

  • 素人がインデックスを上回れない理由3「売り」総集編8回

    2020年10月16日(金)記述 素人は「売り」が苦手 素人に限らず売りは難しいですね。プロでも手を焼いてます。 なので素人で凡人は苦手中の苦手です。 そしてそのことが成績を下げる原因でもありますね。 売りを整理して見ると 1 暴落での売り→成績を下げる原因 暴落で恐怖心から売ってしまうのは防衛本能なのである意味仕方ないです。 だから本能に逆らうよりも、売らずに済む投資対象にするのが賢明です。 さらに言えば「売るなら早いほうが被害が少ない」です。 我慢しきれずたまらず売ると、みんなが売る時期なので集中して「セリクラ」で大底になることが多いですね。 2 決算その他での売り 素人は決断・実行が遅れ…

  • 素人が個別株でインデックスを上回れない理由その2投資期間、総集編第7回

    2020年10月14日(水)記述 このシリーズは「個別株は良くないよ」と指摘するものではないです。 個別株をやるなら「上回れない理由の4つプラス1つの合計5つ」をチェックして、乗り越えて成功率を高めてもらいたいです。 ただし、コスパについては個人によって違うので「苦労して割に合う」かどうかは実際に体感してもらうしかないですね。 理由は全部で5つある。 1 買い 2 投資期間 3 売り 4 量 5 下落への対応(ストーリー崩れ) 当初は期間と売りを一緒にしていたのですが、売りは難しいテーマなので2つにしました。 なので全部で5つです。 「期間」は個人差がもっとも大きいテーマ 投資対象や銘柄よりも…

  • 素人が個別株でインデックスを超えられない4つの理由その1「買い」、総集編第6回

    2020年10月11日(日)記述 前回の「個別株を推す強い情報バイアスがかかっている」「その環境下で個別株を始めてしまいうまく行かない例が多い」 については多くの賛同をいただき、コメントも多数いただきました。感謝です。 その多くが経験者で有ることは注目です。 個別株がうまく行かなくてインデックス中心にしてうまくいくようになったという意見 高配当株で始めたが転換した・・・ 多くの方が同じ経路をたどっていますね。わたしもですが。 個別株でもうまく運営できているという手練の方のコメントもいただきます。 経験が浅い方もいて、「向いている」と感じますね。うらやま! この番組ではそんな適正豊かな方以外を対…

  • 総集編5回め、素人が個別株に魅せられる理由、強い情報バイアスがかかっているから

    2020年10月9日(金)記述 米国株も一時的な調整を経て戻ってきましたね。 弱気になって投資を縮小するのは賢明な選択ではないでしょう。 さて、私もバイクにも乗りますしいつまで書けるか、発信できるかもわからないので思っていることを全部出しますね。 あまり視聴者の方に受けない内容であることは承知しています。 しかし動画に広告も貼っていないので視聴者数を気にすることもないのです。 実はこの広告収入とか視聴者数、読者数というのが今回の鍵になります。 といって媒体やインフルエンサーの方々を非難するつもりは全くありません。 単に個人投資家、凡人投資家の自衛の目的です。 個人投資家が個別株に魅せられるわけ…

  • 総集編4回め、結論、素人はこれで十分な成果、個別株は必要ない、その理由

    2020年10月8日(木)記述 私なりに株式投資の結論に至りました。 そこで記録するとともにシェアしたいと思います。 <私の結論> 素人はインデックスで十分 具体商品 1 だれでもおすすめできる先進国インデックス ◇イーマクシススリム先進国株式とその同等商品 年間経費0.1023%(税込み)以下すべて税込み 2 債券なら ◇イーマクシススリム先進国債券インデックス 年間経費0.154% ♣ここで注意 新興国株式、債券はリスク(シグマσ)が高く、つまり上下動が激しい割にリターンが良くないので避けるべきだ! 店頭ではすすめることもあるのでシニアは特に注意! 薦める理由は手数料が高く、売る側が有利だ…

  • 失敗しないリタイア生活2回め、リタイア生活でかかるお金はあなたしだい

    10月4日記述 米国株投資の分野は多くの優秀な方がおられるので、リタイア生活の方を重点的に書くことにしました。投資も時々は書きますが。 なので現在「チンギスハン米国株」でブログもツイッターも動画も発信していますが「チンギスハンリタイア生活」とかに変更の必要がありそうですね。 <投資についてのスタンスと結論> リタイア後にいろいろ試した株式投資ですがこのたび私なりの結論を得ました。 1 一般的な基本の投資 先進国株式インデックス 具体的な商品名 emaxis slim先進国株式インデックス年間経費0.1023(税込み) 2 米国に限定した場合 (1)S&P500 商品名 ①ドルから VOO 年間…

  • リタイアするのはいつ?失敗しないリタイア生活1回目

    2020年10月2日記述 リタイア準備軍の方々へ、リタイア者からの手紙 私は65歳でリタイアしてから3年半が経ちました。 この機会にこれまでの経験をまとめてこれからリタイアを迎える方の参考になればと思います。 内容は、とりあえずざっとですが (1)リタイアの時期はいつがいい? (2)リタイア後のライフスタイル、リタイア後は価値観が変わる、変える (3)リタイアしてからのお金はどうする? (4)生活費は劇的に下がる! (5)リタイア後の生活レベルは? (6)住むのはどこがいい? (7)リタイア後の価値基準は? (8)リタイア後の投資とお金の管理 (9)リタイア後の問題点、落とし穴、誤解 (10)…

  • 凡人が必ず成功できる株式投資総集編第3回、「高配当株は当分考えない方がいい」

    2020年9月19日記述 今回はリクエストにお答えしてです。 私自身はもう高配当にこだわってはいないので視界の外ですが「凡人を対象にするならぜひ高配当株のわな」についても触れるべきだというご意見をかなりいただきました。 例によって結論から書きますね。 高配当株投資というか配当の要素はここ当分は考えないほうがいいと思ってます。 理由は 第一は そんな余裕はないと思うから 現在は非常時であり過去の定説や常識が当てはまりません。 マネーの供給がまだ増え続けるので株式市場全体は膨張を続けます。 だから株式市場全体は伸びると予想されます。 市場全体に投資するインデックスは報いられます。 ただし市場の一部…

  • 凡人が必ず成功できる株式投資総集編第2回、「個別株はこれから特にヤバい!」

    2020年9月18日記述 個人投資家の夢を打ち砕くような不人気の内容にも関わらず多くの方に読んで、視聴いただき、またコメントをいただき感謝しています。 今回も個別株を諌める内容ですが、個別株がダメと言っているわけではないです。 今までの投資でうまくいっている個別株は保有継続で問題ないです。 ただ、これから買う分についてはどうぞこの記事でチェックしてからでも遅くないと思います。 非常時で特に難しくなっている。 なぜなら今は非常時だからです。常時でも難しいのに加えてコロナの非常な事態で将来が読みにくくなっています。 1 前回の補足 一般消費財セクターETF VCR、XLYについて 複数の方からこの…

  • 凡人が成功できる米国株、総集編1

    お久しぶりです。2020年9月16日記述 あの「もみあげさん」が本を出されるそうです。楽しみです。 ユーチューブでおなじみの両学長の本もベストセラーになっています。 私もと言いたいところですが、そんなまとまった記事は書けそうもないし、第一量が足りません。 「初心者を対象にして本にまとめたら・・・」という話もありがたくもいただきましたが需要をかきたてる内容は書けそうもありません。 とはいえ、これまでのまとめ、総集編として「凡人」に対象を絞ったものを書き記して、残しておきたいと思います。 そして私のブログの最後の記事になってもいいようにすべてを出して書きます。 今までにもまとめは書きましたがさらに…

  • 休筆のお知らせ

    2020年9月7日記述 元気でおります。 夏バテは少ししておりますが元気で暮らしています。 ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。 ツイッターやユーチューブの方に 「病気とかしてませんか?」というご連絡をいただきました。 ブログの方をそのままにしていて申し訳ありませんでした。 もっと早くにお知らせをしておくべきでしたね。 現在ツイッターとユーリューブでの発信が中心でブログは更新できないでいました。 2ヶ月間、間があいてしまいました。 これからもちょっと書けそうにないのでお休みさせていただきます。 その理由 1 他の方のブログが充実しており出る幕がないと思われること。 素人目線からそして「凡…

  • 休筆のお知らせ

    2020年9月7日記述 元気でおります。 夏バテは少ししておりますが元気で暮らしています。 ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。 ツイッターやユーチューブの方に 「病気とかしてませんか?」というご連絡をいただきました。 ブログの方をそのままにしていて申し訳ありませんでした。 もっと早くにお知らせをしておくべきでしたね。 現在ツイッターとユーリューブでの発信が中心でブログは更新できないでいました。 2ヶ月間、間があいてしまいました。 これからもちょっと書けそうにないのでお休みさせていただきます。 その理由 1 他の方のブログが充実しており出る幕がないと思われること。 素人目線からそして「凡…

  • <LVGO>リボンゴヘルス20%の急上昇、新高値は買いのチャンス!

    2020年7月8日(水)記述 個別株持っていると動きが気になりますよね。 えっ?気にならない? それは投資にピッタリ向いていますね。 スポンサーリンク // ところで気になって買予定だった銘柄が月・火と暴騰しました。 $LVGOです。お持ちの方はお目が高いですね。 昨日は93.76ドル16.1ドル上昇、上昇率はなんと20.8% 原因は売上高のガイダンス上方修正です。 広瀬隆雄さんの情報によると 17%の上方修正ですから株価上昇は当然と言えますが20%とはちょっと大きい気もします。月曜にも6.6%上げていますから2日で27%の大幅上昇です。 さらに特殊要因の300万ドルを差し引けば上方修正は12…

  • QQQが強い5つの理由と選ぶべきハイテク株

    2020年7月7日(火曜日七夕の日) 昨夜は大幅上昇でした。 上昇が大きい方から順に ナスダック2.2%、ダウ1.8%、S&P1.6%、ラッセル0.8%です。 S&Pは3179.7です。 QQQは2.5%VGTは1.6%の上昇。 スポンサーリンク // QQQの伸びが群を抜いています! 米株がリスクオンで大幅上昇といっても中身には大きなムラがあります。 対して上昇していない、あるいは下落している銘柄も多いです。 自分のポートフォリオがQQQの2.5%を上回っている方はほとんどいない と推察します。私も全然下回っています(笑) なぜこうまで強いのでしょうか? そしてQQQ以外で持つべきハイテク株…

  • 迷ったらとりあえずQQQでいいんじゃない?

    2020年7月4日(土)記述 普通レベルの投資家目線でブログやユーチューブを発信しています。 その中で昨日、イデコやつみたてNISAの枠以外での自由投資としてはQQQが最適と思っています。 そのことを昨日動画に上げました。 それがこちら youtu.beたくさんの視聴と反響をいただきました。感謝です。 スポンサーリンク // ブログにしなかったのは「初めて間もない方用」だったからです。 しかしコメントなんかでかなりの経験者や熟達者もQQQは買われており、特に日本円で買えるアイフリーの投信や上場投信【東証1545ナスダック100ETF】についての運用報告やあるいはレバレッジ型など私の知らないこと…

  • 現在確かなことと不確かなことを整理→行動は?

    2020年7月3日(金) 底堅い米国市場 先週末はチャート的には下落トレンド入りも心配されましたが見事に今週は上昇を続けています。 今日は3月の底以来明確なことと不透明なことを整理しました。 まずS&Pのチャートは ◇ボリンジャーバンドの中心線を越えて復帰しました。 ◇50日線に近づいて離れるいい形です。 ◇出来高は伴っていないので力強い感じはありません。 ◇ひとまず下落トレンドは避けられました。 ○チャートを見る意味はあるのか? こう何度も20日線を割りながら、そして下落トレンドもあると見せかけての復帰がチャートなんか無視して安値では「買っていった」方が結果的には良かったことになります。 と…

  • 今注目の金鉱山株、金投資

    2020年7月1日(水) とりあえず下落トレンド入は回避しました。 「何を言っているんだ!そんなことになるわけないだろう!という強気なあなた、そういう姿勢好きです!」しかしチャート的には下落トレンド入りしててもおかしくなかったのです。ナスダック以外はですが。 下はS&Pのチャートです。 ◇RSIは54とほぼ中立。 ◇200日線にタッチして反発。これは6月で2度め。 ◇50日線にはタッチせずに近づいて今離れているところ。 →とりあえず下落は止まったと見ている。 もう一つのナスダックは、上昇トレンドが継続していましたが QQQのチャートです。 ◇RSIは60とやや高いです。 ◇ボリンジャーバンドの…

  • 株を売るのはどんな時?その方法は?

    2020年6月28日(日) コロナ感染拡大で下落が濃厚な情勢だがどうする? チャート的には①上昇トレンドの終了②下落トレンドの開始 6月5日の3230をピークに下落トレンド入りしたと見られる 下はS&Pのボリンジャーバンドです。 ◇過去の例のように反発せずに下げている。 ◇ スポンサーリンク // MACDの下げも明確になってきた。またプロであるダン高橋さんの解説でヒストグラムのマイナス圏が大きいとの指摘があった。 チャートだけから今後を予測すると(FRBのテコ入れ策が出て過去は持ち直した) 1 今週からかなり大幅な下落トレンド入りの確率が高い。 2 一目均衡表で見ると短期中期ともに「売り方優…

  • S&Pとナスダックの現状は?大きな違いは何?いったん売って買い戻す作戦は?

    2020年6月27日(土) 昨日は大きな下落でした。各指数ともにそんなに差はなかったです。 S&Pが3009で-2.4% ナスダックが9757で2.6%ダウが25016でー730ドルー2.8% ラッセルが1379で-2.4% 下落の原因については「もみあげ」さんのブログに詳しいです。 コロナ感染者が過去最大に増えているのですね。 スポンサーリンク // チャートを見てみるとS&P500の日足でボリンジャーバンドです ◇RSIは45と3月の底以来では初めてです。 ◇水木金で、木曜は上がったものの20MA日線を割ってバンドの下限に近づきました ◇MACDではまだ下落を示唆しています。 ◇先週に続い…

  • 「マネーボックス」の誤解。大きくするのが正解!勘違いすると大きな損

    2020年6月25日(木) 先日も出しましたが中田敦彦さんのユーチューブ大学は初めて米国株に投資する人のことをわからせてくれました。 その中で彼も配当収入、マネーボックスについて出していました。 これには多くの誤解があると思いますが彼も同じような誤解をしていたので教材として使わせていただきます。彼みたいな賢い人が誤解するのだから多くの人が誤解するのは当然なので。 スポンサーリンク // 誤解1 米国株は高い配当収入が魅力だ 誤解している点 1 高配当を出す会社もあるしそうでない会社もあるが株主としては有利さにはほぼ関係ないこと 配当は会社が株主に報いる一つの形でしかありません。 米国の会社は日…

  • クラウドはプロ&上級者の売り抜けに気をつけよう。QQQ、VGT、MSFTなら安全

    2020年6月24日 ハイテクの勢いが止まりません。 下はQQQの週足チャートです。ボリンジャーバンドを付してあります。 ◇ボリンジャーバンドを私はユーチューブで「ボンジャリーバンド」と言ってましたね。間違えて覚えていたのです。ウケ狙いではなく本当に間違えていたのです。申し訳ありませんでした。何人もの方にコメント頂いて自分の動画を見直してやっと気づきました。 日足のチャートは次です ◇RSIは69とやや過熱気味です。 ◇ボンジャリーバンドの上限を航行してきました。 ◇出来高は大きくないので「売りが減って」上昇していると言えます。 年初来のQQQのリターンは17.5%、3ヶ月で46%の上昇 と素…

  • 【第2波懸念,夏枯れ、視界不良】結局何を買えばいい?

    2020年6月22日(月) 大きく戻してきましたがこれからどうすればいいのでしょう? これは主に自分のための整理です。 現状の把握 1 ハイテクが順調に上昇中 FRBの大胆な、無制限の緩和によりマネーがあふれて株価を、特にハイテクを大きく押し上げてきました。 下はナスダック100のETFQQQの日足チャートです。 上からRSI、ボンジャリーバンド、25日移動平均線、MACDです 1 底以来25日線の上方で推移しています。 2 ボンジャリーバンドは中心線の上方を推移 ♣ボンジャリーバンドは下落時の買いのポイントを探るために使用する方が多い。 しかし2月、3月の下落時を見てみると確かに2シグマを下…

  • 中田敦彦さんのユーチューブで米国株に参戦される方が増えそうだ

    2020年6月21日(日) 有名ユーチューバーの中田敦彦さんの動画を見ました さすがの説明力でした。さらに株式投資を始める方に適切な内容となっています。 この中で米国株の本を2冊紹介されています。 1つ目は「バフェット太郎さん」の「バカでもできる米国株投資」 2つ目は「たぱぞうさん」の「お金が増える米国株楽ちん投資術」 です。 そうです、中田さんは米国株を推されているのです。 これはまさしく的確だと思いません? ♣個人的にはもう一冊「はちどう」さんの「世界一やさしい米国株の教科書」もぜひ入れて欲しいですね。とてもわかり易くてすべてかいてありますからね。どうして中田さんの目に止まらなかったのでし…

  • 森永卓郎さんが暴落前に株を売り抜けた話、投資をしなくてもいい立場の人達の基準

    2020年6月20日(土曜日)記述 森永卓郎さんが暴落前にバブルを売り抜けて難を逃れた話 (はじめに)私は森永卓郎さんのフアンです。動画もよく見ています。なのでこれはディスる記事ではありません。 さて、森永さんが2月にバブル状態にある日本株を3千万で無事売り抜けたという記事をネットニュースで見ました。 要約すると、同席したエコノミストから米国株が「割高のバブル状態」であることを聞かされて急いで処分したのが良かった。 その指標はシラーパーである。25が基準なのに30近いバブル状態にあった。 バブルが弾けるのは確実で、時間の問題だし、そうなれば日本株も下落するので処分した。というものです。 そして…

  • 【米国株】買い時や保有株の立ち位置がわかる一目均衡表の使い方、実践編

    2020年6月18日(木) 米国株に一目均衡表を使ってみたらぴったりだった という声を多くいただきました。 前回簡単な説明を上げたのですが続編のリクエストもありました。 そこで実践編を書きました。 と言っても私はチャートの専門家ではないので「極力削ぎ落として最小限」の使い方に絞ります。 スポンサーリンク // また以前の記事を確認いただくのも面倒でしょうから初めての方にもわかるように書きますので、重複もあります。 以前の記事はこちら 1 一目均衡表が米国株と相性がいい理由 (1)トレンドが単純である。 トレンドがはっきりしている場合に特に有効です。 米国株は日本株と比べて「為替の影響がなく」そ…

  • FRBの政策には素直に乗ろう!生まれ変わったFRBの政策!

    2020年6月17日(水)記述 昨夜は小売の数字が良く、また月曜のFRBの個別社債直接買付けが効いていてS&Pで1.9%上昇と堅調でした。 スポンサーリンク // FRBは正常化の道をずっと探ってきた リーマンショックの際に非常措置で資金を供給したことはFRBの宿題としてずっと残っていました。 だからバーナンキさん、イエレンさん、パウエルさんの歴代の議長がチャンスがあれば金融を正常化して元の状態に戻したいと思ったのは当然のことです。 しかしいったん金融緩和の恩恵に味を占めた市場が納得するはずもなく、金融正常化の動きのたびにバーナンキショック、2018年秋からの金利上昇に対しての大幅下落と、下落…

  • まず投資枠を埋めるのに電力・通信株は適している!リターンにこだわるのは枠を埋めてからでいい。

    2020年6月15日(月)記述 調整は1周間ほど長引きそう 黒人男性が警官に射殺される事件が起きました。 今回は小型の武器を持っていたので警官の暴走とは言い切れません。 もちろんより慎重に発泡すべきであり、人命を軽んじたことは確かです。 今週末には買いのタイミングかなと昨日書きましたが、1周間ほどずれるかもしれません。先物も1%ほど下げています。 スポンサーリンク // 高配当から始める人が多いけど 投資については多くの意見があります。 株式投資に限っても、米国株に限っても多くの考えがあります。 今まで多く論じられてきたのが、ハイテク、インデックス、高配当ディフェンシブ相互の優劣です。 ざっく…

  • 今週の買いの時期をチャートから探る

    2020年6月14日(日) 先週末は暴落がありました。 ちょっとチャートで確認してみましょう スポンサーリンク // S&P500はどうか? S&Pの日足は 結果がわかっているのであとからだと好きなことが言えますね(笑い) ◇火曜水曜と横ばい、やや安値で来てドカンと下げた形です。 ◇金曜日はリバンドで高く始まったもののかなりの下ヒゲをつけたあと前日比プラスで引けています。 ◇今週の動きはよくわかりませんが50日線で反発していく展開もありそうです。 ◇MACDは火曜日くらいから上げ止まりを示唆していますね。 ◇RSIは月曜には75まであったし調整が待たれていた状況はありました。 最近見ている一目…

カテゴリー一覧
商用