プロフィールPROFILE

ツカヤスさんのプロフィール

住所
愛知県
出身
愛知県

自由文未設定

ブログタイトル
ポケットの中で映画を温めて
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yasutu_1949
ブログ紹介文
今までに観た映画などを振り返ったり、最近の映画の感想や、本その他も綴っていきます。
更新頻度(1年)

53回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2015/07/04

ツカヤスさんのプロフィール
読者になる

ツカヤスさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(IN) 24,232位 24,542位 21,296位 21,014位 21,008位 21,036位 21,070位 978,446サイト
INポイント 9 0 9 10 10 10 20 68/週
OUTポイント 9 0 18 10 10 10 10 67/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 77位 79位 65位 63位 66位 64位 62位 10,649サイト
映画日記 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 917サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 45,545位 48,951位 45,956位 46,671位 46,527位 46,540位 46,797位 978,446サイト
INポイント 9 0 9 10 10 10 20 68/週
OUTポイント 9 0 18 10 10 10 10 67/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 126位 144位 122位 138位 137位 139位 134位 10,649サイト
映画日記 12位 15位 12位 16位 14位 14位 14位 917サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,446サイト
INポイント 9 0 9 10 10 10 20 68/週
OUTポイント 9 0 18 10 10 10 10 67/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,649サイト
映画日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 917サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ツカヤスさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ツカヤスさん
ブログタイトル
ポケットの中で映画を温めて
更新頻度
53回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
ポケットの中で映画を温めて

ツカヤスさんの新着記事

1件〜30件

  • イングマール・ベルイマン・3~『魔術師』

    『魔術師』(イングマール・ベルイマン監督、1958年)を観た。1846年。旅芸人のヴォーグレル魔術一座が馬車で森の中を行く。一行は、座長のヴォーグレル、彼の祖母、男装して弟子のアマンと名乗るヴォーグレルの妻、助手テューバル、それに馭者のシムソン、の五人。異様な雰囲気のなかを行く途中、男が道に倒れていて、馬車に乗せる。男は、元役者ユーハン・スペーゲルと名乗り、酒で身を持ち崩し自殺願望があった。なおも行く一行は、警吏たちに怪しまれて領事エーゲルマンの館に連行される。館には領主のほか、警察署長のスダルベックと医師ヴェルゲールスがいて、口のきけないヴォーグレルを尋問し、彼の魔術を怪しむ。警察署長はヴォーグレルに“磁力魔術”の興行許可を与えるが、「明日の日中、館で出し物を見せるよう」言う。そして今夜はこの館に泊まり外出し...イングマール・ベルイマン・3~『魔術師』

  • 『ジョーカー』を観て

    『ジョーカー』(トッド・フィリップス監督、2019年)を観てきた。“ゴッサム・シティ”の街は、市衛生局のストでゴミが大量に散乱している状態である。ピエロ派遣会社所属のアーサー・フレックは、商店の店じまいセール宣伝中に、ストリートギャングの若者から看板を奪われる。アーサーは必死になって追いつくが、袋叩きに遭ってしまう。看板を壊されたアーサーは経営者から責められて落ち込み、そのアーサーに同僚のランドルが身を護るためにと、拳銃を渡す。小児病棟での仕事の時、アーサーはうっかり拳銃を床に落としてしまい、そのために解雇されてしまう。しょげるアーサーが乗った地下鉄の中では、三人のビジネスマンが若い女性に絡んでいた。アーサーはそれを制止しようとし、逆に、寄ってたかって暴力を受けて、咄嗟に拳銃を取り出す。そして彼は、三人を射殺し...『ジョーカー』を観て

  • 『鞄を持った女』を観て

    少し前、クラウディア・カルディナーレの作品を観たので、今回も彼女の『鞄を持った女』(ヴァレリオ・ズルリーニ監督、1961年)を観てみた。イタリアのパルマ。偽名を使っているマルチェッロが、売れない歌手のアイーダを乗せ車を走らせる。マルチェッロはパルマ近くで、アイーダを捨てる。アイーダは鞄ひとつを持って、ある豪邸でマルチェッロのことを尋ねるが、応対に出た弟のロレンツォは、マルチェッロに言い含まれていて「知らない」と言う。困惑するアイーダをロレンツォは、ホテルに送っていく。翌日、アイーダから電話を受けたロレンツォは、ホテルにいる彼女を訪ね、そして、いつしか心持ちアイーダに惹かれていった・・・女性、世間に対して何も知らない青年が、年上の女性に恋い焦がれる。その想いは、一歩下がって控え目で、大人のやりとりの世界を見る。そ...『鞄を持った女』を観て

  • ジャック・ベッケル・3~『現金に手を出すな』

    十代の時に『現金に手を出すな』(ジャック・ベッケル監督、1954年)をテレビで観たと記憶していても、再度鑑賞してみると、その内容は初めて観た感覚と同じだった。ギャングのマックスとリトンは若い頃からの相棒であったが、初老にさしかかり、共にやくざ稼業からの引退を考えていた。最後の大仕事と、オルリー空港で5千万フランの金塊強奪に成功、ほとぼりが冷めるまでマックスが隠し持っていずれ換金する計画であった。静かな隠退生活を待ちながら素知らぬ顔で日々を送るマックスだったが、金塊をせしめた秘密を、日頃から不注意なリトンは自分の入れ込んでいたナイトクラブの若い踊り子・ジョジィに漏らしてしまう。実はジョジィは、売り出し中の麻薬密売組織のボス・アンジェロの情婦であり、マックスとリトンはアンジェロから付け狙われる事になる。アンジェロの...ジャック・ベッケル・3~『現金に手を出すな』

  • 『グリーンブック』を観て

    この春は都合により映画館に行けず、その時の作品『グリーンブック』(ピーター・ファレリー監督、2018年)を小劇場でやっていたので観てきた。1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる二人は、当初は衝突を繰り返すものの・・・(映画.comより)ドクター・シャーリーは、当時の時代の中で才能...『グリーンブック』を観て

  • 『ブーベの恋人』を再度観て

    『ブーベの恋人』(ルイジ・コメンチーニ監督、1963年)を観た。1944年、連合国軍が北上するイタリアの田舎町。若い女マーラの家に、戦死したマーラの兄と共にパルチザンとして戦った青年ブーベが訪れる。マーラのことを聞いていたブーベは、彼女にパラシュートの絹布をプレゼントする。ブーベがまた訪ねてくるのを願うマーラだったが、彼からの手紙の文面には愛の言葉がしたためてない。しかし父親は、その後訪れたブーベと、勝手にマーラを彼の婚約者に決めてしまっていた。怒るマーラだったが、もともとはブーベを秘かに愛していたこともあり・・・ジョージ・チャキリスとクラウディア・カルディナーレの甘く切ない恋愛物語。封切り当時、劇場で観たこの作品は、どうも甘ったるすぎる恋愛物だなとの印象で、そんな記憶を引きずってきた。だから、そんなに観ようと...『ブーベの恋人』を再度観て

  • ジュリアン・デュヴィヴィエ・19〜『肉体と幻想』

    『肉体と幻想』(ジュリアン・デュヴィヴィエ監督、1943年)を観た。夢と占いによる心理的現象が肉体に及ぼす影響について、二人の男の会話によって3つのエピソードが語られる。第1話。謝肉祭の日。ヘンリエッタは、自分が醜いために悲観して自殺しようとする。そこへ、老人が「奇跡の光が君を照らすかも知れない」と、ヘンリエッタを思い止めさせる。深夜までの約束で、老人の店から美人の仮面を借りたヘンリエッタは、それを着け謝肉祭の会場に行く。街中ではヘンリエッタを無視していたマイケルが、美人の仮面の彼女に恋をし・・・老人から、代償を求めない愛を教えられたヘンリエッタ。謝肉祭が終わった深夜、マイケルの前で仮面を外した彼女は、自分でも信じられない程の美人となっていて、それまでの身勝手さと妬みから開放される。仮面を付ける前のヘンリエッタ...ジュリアン・デュヴィヴィエ・19〜『肉体と幻想』

  • ジュリアン・デュヴィヴィエ・18〜『リディアと四人の恋人』

    『リディアと四人の恋人』(ジュリアン・デュヴィヴィエ監督、1941年)を観た。障害児孤児院を設立したリディア・マクミランを讃えるラジオ放送を聴いていたマイケルは、リディアを訪ねて行き、再会を喜ぶ彼女に水曜日に来てくれるよう申し出る。リディアがマイケルの家を訪ねると、そこにはナイトクラブの支配人のボブ、盲目の音楽家フランクもいた。マイケルは、あと一人リチャードにも声を掛けてあると言う。この男性4人は40年前、それぞれがリディアを愛していた相手だった。リディアは、ここにいる3人が愛してくれているのを知っていながら、なぜ結婚しなかったのか。そして、今現在もなぜ独身なのか・・・回想が始まる。ボストンの名家の娘リディアは祖母に育てられている。リディアは、執事の息子で医者になっているマイケルと、初めての舞踏会に行く。その舞...ジュリアン・デュヴィヴィエ・18〜『リディアと四人の恋人』

  • ジュリアン・デュヴィヴィエ・17〜『運命の饗宴』

    デュヴィヴィエがアメリカに渡り、ハリウッドで監督した第二作目作品、『運命の饗宴』(1942年)を観た。燕尾服。この服が、奇妙な因縁から持ち主が変わって渡り歩いていく。その運命を6つのエピソードに描いたオムニバス映画である。第1話。人気舞台俳優は、新調した燕尾服を着て舞台を成功させ、その足で元恋人の屋敷に走る。結婚している彼女は、彼と駆落ちすることをやっと承諾するが、そこへ夫が現れ、猟銃をもてあそんで俳優を射ってしまう。動揺する夫婦に、俳優は立ち上がり「芝居ですよ」と立ち去るが、車の中で倒れる。第2話。男は、結婚に燕尾服が必要で、それを手に入れる。ところがその服にはラブレターが入っていて、婚約者が読んでしまう。男は親友に応援を頼み、燕尾服を昨晩取り違えたと言わせる。だが、婚約者は親友の方に興味が行ってしまい、とう...ジュリアン・デュヴィヴィエ・17〜『運命の饗宴』

  • 『秋津温泉』を観て

    『秋津温泉』(吉田喜重監督、1962年)を観た。昭和20年の夏。東京の学生、河本周作は、岡山の叔母を頼って来たが、家が空襲でやられたために鳥取まで行こうとする。列車の中で県北の秋津温泉の女中と知り合い、彼女の案内で“秋津荘”に着いていく。周作は結核を患っていて、何かと気を遣ってくれたのは、この旅館の娘である新子だった。そして、終戦が来て・・・3年後、ふたたび秋津を訪れた周作は、作家をめざしているが芽も出ず、やけになって死のうとし新子に心中を頼む。だが、いざと言う時、屈託のない新子の心持ちを知って、周作は死を断念する。また3年後、周作が“秋津荘”に訪れた時は、周作本人は結婚してした。そして、翌年訪れた時、二人は初めて肉体の関係を持つ。最初の出会いから17年が過ぎた昭和37年。“秋津荘”は売られ、結核の周作を介抱し...『秋津温泉』を観て

  • 『アメリカの影』を再度観て

    ジョン・カサヴェテス監督(1929年-1989年)の作品は、『グロリア』(1980年)に刺激されて、随分と以前にミニシアターでまとめて鑑賞している。今では、題名と内容の記憶が噛み合わなくなっていて、それでも気になる映画監督の一人だから、いずれはある程度観直そうと思っている。そんな訳で、今回ひとまず『アメリカの影』(1959年)を観てみた。ニューヨークのマンハッタン。20ドルを手にしたベニーは、仲間2人と連れだってバーに入り、ボックス席にいた女の子たちと飲む。その後で、ベニーは兄のヒューがいるコーラスガールの練習場を訪ね、使ってしまった20ドルを借りる。歌手のヒューは、経営者からコーラスガールの司会も頼まれるが、フライドが許さない。が、金のためやむなくフィラデルフィアに行くことにする。毎日ぶらついているベニーと仲...『アメリカの影』を再度観て

  • 『ファントマ/ミサイル作戦』を再度観て

    『ファントマ/ミサイル作戦』(アンドレ・ユヌベル監督、1967年)を観てみた。スコットランド。ロールスロイスに乗ったブラウン卿が、ネス湖近くの城の主で友人のマクラシュリー卿を訪れる。だが実際は、ファントマが変装していて、世界の富豪の一人マクラシュリー卿に次のことを言う。「金持ちの生存権、つまり命の保証に600万ドルの課税をする。1ヶ月以内に払えなければ増税し、それもダメな時は処刑する」と。そして、迎えのヘリコプターの乗ったファントマは、ブラウン卿の遺体を投げ落として行く。マクラシュリー卿からパリのジューヴ警視に電話があり、警視は部下のベルトランとスコットランドへ飛ぶ。そして、ファンドール記者と恋人でカメラマンのエレーヌも行くことになる。マクラシュリー卿が世界の富豪を集めて会議をする。彼は、ファントマをこの城にお...『ファントマ/ミサイル作戦』を再度観て

  • 『5時から7時までのクレオ』を観て

    ここのところ、ジャック・ドゥミとアニエス・ヴァルダ夫妻の作品が続き、今回は『5時から7時までのクレオ』(アニエス・ヴァルダ監督、1961年)である。パリの午後5時。占い師の所から出てきた歌手のクレオは、イヤな占いの結果で落ち込む。自分が癌ではないかと疑っているクレオは、今夜、先生に電話して精密検査の結果を聞くことになっている。カフェで、クレオは付き人のアンジェールに不安を訴える。二人はそこを出て帽子屋に入り、クレオは気休めに気に入った帽子を買う。家に着いて休みかけたところへ、恋人のジョゼが「近くに来た」と言い、立ち寄る。仕事が忙しいジョゼは、クレオが重大な病気かもしれないのに、ちっとも心配してくれない。ジョゼが帰った後で、クレオの歌の練習のために作曲家のボブが来る。ボブは、「恋の叫び」を歌うよう勧める。<ミシェ...『5時から7時までのクレオ』を観て

  • 『天使の入江』を観て

    『天使の入江』(ジャック・ドゥミ監督、1963年)を観た。パリ。銀行員のジャンは、ギャンブル好きの同僚キャロンに連れられて、市営カジノに行く。ギャンブルに興味のないジャンが、ルーレットで少額を賭けると運よく当たり続け、大金を手にする。気をよくしたジャンは、今までの消極的な人生とはおさらばしてもっと儲けようと、ニースへ行こうとする。それを聞いた父親は、賭けで身を滅ぼした人間をたくさん見てきているため、意見を聞こうとしないジャンを勘当する。ニースに着いたジャンは、“天使の入江”(アンジェ湾)の海岸通りで安ホテルに投宿し、カジノへ行く。ジャンが賭けるルーレットの数字に、そこにいたブロンド髪の女性、ジャッキーも乗り、それを機会に二人は意気投合する。二人は同じ数字を賭け、それが当たり続け・・・ジャッキーがジャンと知り合っ...『天使の入江』を観て

  • 『ジャック・ドゥミの少年期』を観て

    『ジャック・ドゥミの少年期』(アニエス・ヴァルダ監督、1991年)を観た。1939年、フランス西部の港町ナント。ここで生まれ育ったジャコ(ジャックの愛称)は8歳。兄弟には弟のイヴォンがいる。父は自動車修理工場を営み、母は髪結いをしていて、他に祖母もいる。家の中では母の歌声が流れ、家族は幸せに満ち、よく映画も観に行ったりする。ジャコは、「白雪姫」や「シンデレラ」に影響されて操り人形を作り、それを人形劇にして夢中になる。しかし、バレエを習っている向かいの家の少女レーヌは、一緒に曲芸ショーで世界巡業をしようと、踊れないジャコに言ったりする。第二次大戦が迫ってきて、ジャコの父にも徴用令がくる。街にはドイツ兵の姿が現れるようになり、ジャコとイヴォンも田舎へ疎開させられる・・・世の中がきな臭くなり、それでも基本的には少年ジ...『ジャック・ドゥミの少年期』を観て

  • 『ローラ』を観て

    ヌーヴェルヴァーグ左岸派の監督、ジャック・ドゥミと言っても『シェルブールの雨傘』(1964年)と『ロシュフォールの恋人たち』(1967年)しか知らず、今回初めて第一作目の『ローラ』(1961年)を観た。フランス西部の港町、ナント。ローランは、使用期間の身でありながら寝坊し、遅刻したために会社をクビになる。当てもないローランが本屋を覗いてみると、デノワイエ夫人と娘セシルが客としていた。セシルは仏英辞書を欲しがり、店に無いことを小耳に挟んだローランは、プレゼントすることを申し出る。彼は、セシルという名で、戦争以来15年間会っていない幼なじみを思い出していた。アメリカ人の水兵たちがキャバレー“エル・ドラド”に入っていく。その内の一人、フランキーとダンサーのローラは、一時的にできている。ローラはフランキーが、昔の男で水...『ローラ』を観て

  • イングマール・ベルイマン・2~『鏡の中にある如く』

    『鏡の中にある如く』(イングマール・ベルイマン監督、1961年)を観た。北欧の、海に面し他に誰もいない孤島の別荘。登場人物は4人。作家である父親のダヴィッド、その娘夫婦である医師のマッティンとカーリン、カーリンの弟で17歳のミーヌス。夕暮れ近く、4人が海から上がってくる。カーリンとミーヌスがミルクを取りに行っている間、マッティンは義父のダヴィッドにカーリンのことを打ち明ける。友人の精神科医によれば、カーリンの病状は再発する可能性があるかもしれない、と。夕方、庭での食事時間。夏の間は父親と過ごせると思っていたミーヌスだったが、また外国に出掛けなければならないと言う父親に失望する。ダヴィッドは、その場の気まずさを察し3人に土産を渡すが、4人の気持ちはギクシャクする。それを取り直すつもりで、ミーヌスが書いた戯曲を彼と...イングマール・ベルイマン・2~『鏡の中にある如く』

  • イングマール・ベルイマン・1~『沈黙』

    イングマール・ベルイマン監督の『沈黙』(1963年)を観た。スウェーデンに戻る国際列車の客室に三人の旅行者が乗っている。翻訳家のエステル、それに妹のアンナと子供ユーハン。蒸せるような暑さの中、エステルが身体の調子を崩し、三人は途中下車する。一行は、言葉も通じない、軍事的緊張下にあるらしい見知らぬ街の大きなホテルに入る。アンナはバスタブで入浴した後、ユーハンにローションを塗ってやり二人して眠ってしまう。中仕切りのある部屋の一方のベットに伏せっていたエステルは、多少元気になって飲みながら翻訳の続きを始める。目覚めたユーハンはホテルの廊下を歩き回り、こびと一座の部屋で、こびと達に女装されられて一緒に遊ぶ。このホテルには、他に誰ひとり客がいない。アンナは、止めようとするエステルを無視して、一人で街に出掛ける。部屋に取り...イングマール・ベルイマン・1~『沈黙』

  • 『COLD WAR あの歌、2つの心』を観て

    久し振りに映画館に行き、『COLDWAR』(パヴェウ・パヴリコフスキ監督、2018年)を観てきた。1949年、ポーランド。プロデューサーである音楽家のヴィクトルは、郷土音楽を広めるために合唱舞踊団の養成オーディションを行う。その中にズーラもいて、晴れて民族合唱舞踊団マズルカへの入団が実現する。ダンス、歌と練習を重ねて、合唱舞踊団マズルカは1951年、ワルシャワでの公演を成功させる。ヴィクトルとズーラは、その頃には愛する関係になっていた。片や政府は、スターリンや農業改革を称賛する歌を歌うように圧力をかけてくる。1952年、ベルリンでの公演。祖国での息苦しさを感じているヴィクトルは自由を求めて、二人でパリへ亡命しようとズーラを誘う。ズーラもその気だったが、ヴィクトルが待つ約束場所にはいつまで経っても現れなかった・・...『COLDWARあの歌、2つの心』を観て

  • 『ラ・ジュテ』を観て

    ヌーヴェル・ヴァーグの左岸派映画作家、クリス・マルケル監督の『ラ・ジュテ』(1962年)を観てみた。この作品が以前から気になっていた理由は、クリス・マルケルが製作した『ベトナムから遠く離れて』(1967年)を上映当時観ていたことに加え、あの『12モンキーズ』(テリー・ギリアム監督、1995年)がこれを原案にしているということに興味があったからである。作品は、30分弱の短編でSF仕立ての内容となっている。それを、モノクロの静止画像で繋いでいき、その画面にナレーションが無駄なく静かに被さっていく。これがラストまで続く中、一瞬だけの動画が目を引く。このような作品には、よかったとか良くないとかの評価はあまり意味がないのではないか。受け手がどのくらいのイマジネーションを感じるかによって、評価がそれぞれ分かれるかも知れない...『ラ・ジュテ』を観て

  • 『ファントマ/電光石火』を再度観て

    十代に観た映画は粗筋とかはぼけてしまっても、そこから受けた印象は何かの弾みで記憶の片隅から現れる。そんなファントマシリーズの第2作、『ファントマ/電光石火』(アンドレ・ユヌベル監督、1965年)。当然に、サスペンスコメディである。一年前、国民を恐怖に陥れたファントマを追い払った功績のジューヴ警視への勲章授与式。盛大に行われているその会場に、ファントマからの伝言が入る。「受勲おめでとうファントマまた会おう」場所は変わり、ファントマが部下を従え科学研究センターに乗り込み、マルシャン教授を拉致する。マルシャン教授と共同研究をしているルフェーヴル教授。二人とも催眠術の専門家で、他人の思考を制御し離れた場所から指令を送れるテレパシー光線の装置を開発中である。これが完成し、ファントマが手にすれば世界征服する可能性がある。だ...『ファントマ/電光石火』を再度観て

  • 高校生のころ・10~『ファントマ/危機脱出』

    中学生の頃から映画の魅力を覚えて観だしたが、それはほぼテレビでの鑑賞だった。高校になると、多少自由が利くようになり映画館に足を運び出した。だが、観る基準もなくあれこれ観ていると、随分とつまらない作品にも当たって失望したりする。なので、以前にも書いたようにキネマ旬報で評価されているシリアスな作品を意識して観るようになった。と言っても娯楽作品も好きで、面白くて単純に大喜び出来れば、それはそれで大満足の至福の時だった。そして、それに合致したのが『ファントマ/危機脱出』(アンドレ・ユヌベル監督、1964年)であった。鮮やかな手口で宝石を盗み出す怪盗ファントマがパリの街に出現。ファントマは好き勝手に暴れまわり、パリ警視庁も手を焼いていた。市民の不安を消すため、ジューヴ警視がテレビで「ファントマを必ず捕まえる」と宣言する。...高校生のころ・10~『ファントマ/危機脱出』

  • 忘れ得ぬ作品・11~『かくも長き不在』

    『かくも長き不在』(アンリ・コルピ監督、1961年)を観た。この作品は、世の中を映画によって知り始めた頃の高校の時、その印象が余りにも強烈で、今日に至っても忘れ得ない映画となっている。そして、前から再度観てみたいと思っていたら、偶然にも“GYAO”が無料放映していた。第2次世界大戦後、パリ郊外のうらびれた街角でカフェを営む女性経営者テレーズはある日、自分の店に立ち寄ったホームレスの男性を見て強く衝撃を受ける。彼が第2次世界大戦中、出征し、ナチスドイツに拉致されてから行方知れずとなっていた彼女の夫、アルベールにそっくりだったからだ。テレーズは、過去の記憶を失ったホームレスの男性と寄り添うように交流しながら、なんとか彼の記憶を蘇らせようと懸命に努力を続けるが・・・(GYAO!より)浮浪者がテレーズのカフェの前を通る...忘れ得ぬ作品・11~『かくも長き不在』

  • ブニュエルの『小間使の日記』

    ルイス・ブニュエル監督の『小間使の日記』(1964年)を観た。パリから小間使いとして田舎のサントーバン駅に降り立ったセレスティーヌ。出迎えた使用人のジョゼフの馬車で向かった先は豪華な屋敷だった。ここのモンテーユ家では夫人が全体を仕切っていて、夫はその陰で精力を持て余し何かと欲求不満の状態にある。また、夫人の父親は靴フェチで、早速セレスティーヌに自分の好みの靴で歩かせたりする。モンテーユ夫婦が出かけた日、セレスティーヌが庭に行くと隣人の元大尉が石を投げ入れてきた。それを切っ掛けにセレスティーヌは元大尉と親しくなるが、実はモンテーユ家とは犬猿の仲であった。ある日、モンテーユ家の父親がベットで婦人靴を抱かえた状態で急死する。そして丁度その日、使用人部屋に出入りしていた少女クレールが行方不明になって・・・セレスティーヌ...ブニュエルの『小間使の日記』

  • ジャン・ルノワール・16~『小間使の日記』

    『小間使の日記』(ジャン・ルノワール監督、1946年)を観た。パリからの汽車で、片田舎に降りたったセレスティーヌ。ランレール家の高慢な執事ジョゼフが出迎え、セレスティーヌは不器用なルイーズと共にメイドとして雇われる。セレスティーヌの望みはこれまでの経験から、愛はいらないから相手が金持ちであるかどうかだけ。館の主人ランレールは妻に実権を握られていて、金銭の持ち合わせがほとんどない。隣家には、ランレールと犬猿の仲の調子者モージェ大尉が住んでいる。モージェ大尉は一目でセレスティーヌを気にいるが、彼女にその気が起きない。そこへ、ランレールの息子で病弱なジョルジュが屋敷に戻ってくる。息子を溺愛する母親は、ジョルジュがまた家から出て行ってしまわないよう、セレスティーヌを着飾らせて気を引かせようとする。そしてセレスティーヌは...ジャン・ルノワール・16~『小間使の日記』

  • ロベール・ブレッソン・7~『ラルジャン』

    『ラルジャン』(ロベール・ブレッソン監督、1983年)を観た。現代のパリ。高校生のノルベールは、父親にお金をもらおうとして断られ、借金を返せなくなり、クラスメートの友人に相談。彼はノルベールに一枚の500フラン札を渡すがそれはニセ札で、カメラ店で安い額縁を買い女主人からツリを貰う。後にニセ札だと気づいた主人は妻をなじったが、ガソリンの集金に来た若い店員イヴォンに黙って支払った。それをカフェの昼食代に使おうとしたイヴォンは、カフェの店主と争って警察に通告された。イヴォンは刑事とともにカメラ店に行き、潔白を証明しようとするが、主人はイヴォンの顔に見おぼえがないという。幼い娘と妻エリーズがいるイヴォンは裁判に掛けられ、カメラ店の若い店員リュシアンも偽証して・・・(MovieWalkerより)その後、イヴォンは有罪には...ロベール・ブレッソン・7~『ラルジャン』

  • 『やさしくキスをして』を観て

    『やさしくキスをして』(ケン・ローチ監督、2004年)を観た。スコットランド・グラスゴー。カトリックの高校で音楽教師をする女性ロシーンはある日、パキスタン移民二世の女子生徒タハラの兄カシムと出会う。別居中の夫がいるロシーンだったが、クラブのDJをするカシムの誠実さに好感を抱き、ほどなく二人は恋に落ちる。しかし、敬虔なイスラム教徒であるカシムの両親は、子どもの結婚相手は同じイスラム教徒と決めており、カシムについてもすでに勝手に縁談話を進めていた。ロシーンにそのことを打ち明けられずにいたカシムは、二人でスペイン旅行へ出かけた際、ついに婚約者の存在を告白するのだが・・・(allcinemaより)男と女が愛し合う。どこにでもある話だが、しかし、ここに示される二人に対しての壁はとてつもなく大きく重い。スコットランド社会の...『やさしくキスをして』を観て

  • 『にがい米』を観て

    めずらしく、『にがい米』(ジュゼッペ・デ・サンティス監督、1949年)を観た。舞台は北イタリアのポー川流域の大水田地帯。毎年この地域へ、田植えの出稼ぎに大勢の女性がやってくる。今年も、ヴェルセリ行きの出稼ぎ専用列車がトリノ駅から出る。その駅の中に、宝石を盗んで手配されているワルターと愛人フランチェスカの姿があった。警察に見つかったワルターは逃げ、その間に、フランチェスカは出稼ぎ列車に飛び乗り、大勢の中に紛れる。それを一部始終見ていた若い女シルヴァナが、列車の中でフランチェスカに声をかける。シルヴァナは、失業しているフランチェスカのために交渉して、彼女も出稼ぎ仲間として扱ってもらう。だが農場に着いてから、正規に契約した者と契約なしで来た者との間で一騒動が起きる。それを軍曹のマルコが、どちらも共に働けるようにと地主...『にがい米』を観て

  • ジャック・ベッケル・2~『エドワールとキャロリーヌ』

    『エドワールとキャロリーヌ』(ジャック・ベッケル監督、1951年)を観た。パリのアパルトマンで、睦まじく暮らしている若夫婦のエドワールとキャロリーヌ。ある日の夜、無名のピアニストのエドワールを売り出すために、キャロリーヌの叔父クロードが屋敷でパーティーを開く。そのために、キャロリーヌはエドワールに花を買いに行かせ、自分は古いイブニング・ドレスを引っ張り出す。帰ってきたエドワールが、パーティーのためのタキシードを着ようとするとベストが見当たらない。そこでキャロリーヌが叔父の家に電話を掛け、その後で、叔父の息子アランのベストを借りにエドワールを行かせる。その間に、キャロリーヌはドレスを今風にするため、裾の前側をハサミで短かくしてしまう。帰ってきたエドワールは、喜ぶキャロリーヌのその姿を見て、大事なドレスを切ってしま...ジャック・ベッケル・2~『エドワールとキャロリーヌ』

  • 『幸福の設計』を観て

    『幸福の設計』(ジャック・ベッケル監督、1947年)を観た。パリの下町。製本工場に勤めるアントワーヌと、デパート店員の妻アントワネットは、洗面所もない安アパートに住みながらも夫婦仲がいい。アントワネットは、夫の仕事場からの乱丁本を店員仲間たちに貸したりしている。この日の帰りには、デパートの隣りにある宝くじ売り場のおばさんからも貸した本を返してもらった。この美人のアントワネットには何かと男が言い寄ってくる。仕事が終わりアントワネットが、アパートの向かいの食料品店に買い物に寄ると、店主のロランは缶詰をオマケにくれたりした。丁度その時、アントワーヌも帰ってくるが、止めた自転車をうっかり店の者にトラックで潰されてしまう。ロランは、自転車の持ち主の妻がアントワネットと分かると、下心丸出しで、自転車を直すことを請け負う。数...『幸福の設計』を観て

カテゴリー一覧
商用