プロフィールPROFILE

健康を科学する!さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
健康を科学する!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/goto2272
ブログ紹介文
豊橋創造大学大学院健康科学研究科生体機能学のつぶやき
更新頻度(1年)

299回 / 334日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2016/04/25

健康を科学する!さんのプロフィール
読者になる

健康を科学する!さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(IN) 33,505位 31,462位 31,510位 31,521位 31,527位 31,587位 31,598位 980,145サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 10 30/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 430位 371位 358位 359位 354位 357位 351位 30,900サイト
健康情報 5位 5位 5位 5位 4位 4位 3位 1,411サイト
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(OUT) 70,445位 62,284位 81,869位 81,733位 81,704位 74,105位 73,563位 980,145サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 10 30/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 1,028位 802位 1,223位 1,200位 1,201位 1,118位 1,120位 30,900サイト
健康情報 14位 11位 17位 18位 19位 18位 16位 1,411サイト
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,145サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 10 30/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,900サイト
健康情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,411サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、健康を科学する!さんの読者になりませんか?

ハンドル名
健康を科学する!さん
ブログタイトル
健康を科学する!
更新頻度
299回 / 334日(平均6.3回/週)
読者になる
健康を科学する!

健康を科学する!さんの新着記事

1件〜30件

  • 第65回日本宇宙航空環境医学会大会

    本研究室の大学院生および客員研究員が、研究成果の一部を第65回日本宇宙航空環境医学会大会(令和元年11月29日(金)~12月1日(日)、松本大学)で発表しました。発表タイトルは以下の通りです。1)萩原ありさ,大野善隆,横山真吾,後藤勝正「骨格筋細胞可塑性発現におけるTRPV4と機械的刺激の受容」2)江川達郎,横川拓海,木戸康平,後藤勝正,林達也「後肢懸垂時に発生する糖化ストレスによるマウスヒラメ筋萎縮への影響」本研究室では、大学院生や研究員に研究成果を積極的に発表するように指導しています。https://www.facebook.com/SOZOMUSCLE/第66回大会は、2020年11月に京都市で開催予定だそうです。第65回日本宇宙航空環境医学会大会

  • 医師・コメディカルのためのメディカルフィットネス

    分担執筆した書籍「医師・コメディカルのためのメディカルフィットネス」が出版されました。一般社団法人日本体力医学会(日本医学会第39分科会)が編集した書籍です。現代社会で、様々な医学的問題を抱えた人への運動のあり方について解説しています。一読の価値ありです。価格もお手頃(1,500円+税)です。https://www.shaho.co.jp/shaho/shop/detail.php?no=282後藤勝正:筋力の測定と評価.日本体力医学会(日本医学会第39分科会)(編著)、p.51-55、株式会社社会保険研究所、東京、2019年.医師・コメディカルのためのメディカルフィットネス

  • 大学院生が第65回日本宇宙航空環境医学会大会で研究成果を発表します

    本研究室の大学院1年生が、11月29日(金)から12月1日(日)まで松本大学を会場として開催される第65回日本宇宙航空環境医学会大会で、研究成果の一部を発表します。発表日時とタイトルは以下の通りです。12月1日(日)9時30分~10時20分一般演題5OB-9「骨格筋細胞可塑性発現におけるTRPV4と機械的刺激の受容」http://65jsasem.com/images/program.pdf65jsasem.com/menu%201%20Schedule.html大学院生が第65回日本宇宙航空環境医学会大会で研究成果を発表します

  • 教育訓練給付金制度

    豊橋創造大学大学院健康科学研究科は教育訓練給付金制度を利用できます。例えばですが、本研究科2年間の学納金205万ですが、112万円の給付が受けられます。つまり、2年間83万円で修了できます。http://www.sozo.ac.jp/department/health-science/news/2015/160226http://www.sozo.ac.jp/items/department/health_science/pdf/gakuhi_180706.pdf教育訓練給付金制度

  • 大学院生募集

    大学院で骨格筋研究を考えている方、大学院生を募集しています。本研究科には修士課程しかありませんが、博士課程への進学希望があれば、サポートできます。また、様々な修学支援制度があります。学費や研究活動費など経済的な負担を大きく軽減できます。骨格筋は伸展刺激に応じて肥大します。収縮刺激に応じて肥大するのではないかという疑問を持たれる方がいるかと思いますが、収縮しながら長さ変化すること、筋細胞膜が変形することがポイントであることが最近わかってきました。この研究成果は、トレーニングやリハビリテーションはもちろんサルコペニア・フレイル対策として有用です。ぜひ、研究プロジェクトに参画してください。応募を待っています。研究室Websitehttp://www.sozo.ac.jp/professor/goto_katsumas...大学院生募集

  • 大学院入試二期募集開始

    大学院健康科学研究科入試二期の募集が明日かた始まります。11月21日(木)が出願締め切りです。試験日は11月26日(火)午後です。http://www.sozo.ac.jp/department/health_science/examinationまずはお問い合わせください。大学院入試二期募集開始

  • 大学院生・研究員 募集

    大学院で骨格筋研究を考えている方、ぜひ相談してください。様々な修学支援制度があります。骨格筋に関する研究では〇ストレッチ、機械的刺激〇運動刺激(功罪)〇ストレスがキーワードになります。その他、健康一般として〇臓器間コミュニケーション(ネットワーク)がキーワードです。それ以外でも対応可能な分野がありますので、まずはお問い合わせください。研究室Websitehttp://www.sozo.ac.jp/professor/goto_katsumasa/修学支援制度http://www.sozo.ac.jp/department/health_science/support入試情報http://www.sozo.ac.jp/examination/nyushi/other/health.html大学院生・研究員募集

  • 豊橋産官学連携推進フォーラム2019で講演します。

    豊橋産官学連携推進フォーラム2019で講演します。http://www.city.toyohashi.lg.jp/40682.htm豊橋産官学連携推進フォーラム2019で講演します。

  • 投稿頻度を落とします。

    都合により、投稿頻度を落とします。今後は、重要な情報を厳選して投稿します。よろしくお願いします。投稿頻度を落とします。

  • 難病患者が遠隔で接客

    重い病気などで外出が困難な人が、ロボットを自宅で遠隔操作して接客するカフェが、東京・大手町の大手門タワー・JXビル1階に期間限定でオープンしたそうです(読売新聞オンライン)。寝たきりの人の社会参加の可能性を広げるのが目的だそうです。https://www.yomiuri.co.jp/science/20191007-OYT1T50224/難病患者が遠隔で接客

  • クラゲの大量発生

    クラゲが大量発生し行楽客を怖がらせているそうです(AFPBBNEWS)。クラゲは人類のはるか以前、約6億年前から地球上に生息していると考えられているそうですが、魚の乱獲やプラスチックごみ、気候変動など人間の活動が、クラゲにとって以前よりも暮らしやすい環境をつくり出してきたそうです。先月25日に発表の国連(UN)報告書の草案によると、クラゲの増殖は大規模な変化に直面している海洋の「ジェリフィケーション(クラゲ化)」につながる可能性があるということです。https://www.afpbb.com/articles/-/3246262クラゲの大量発生

  • 四肢まひの男性が歩行

    事故で肩から下がまひしたフランス人男性が、脳信号によって制御するパワードスーツを装着し再び歩けるようになったとする論文がLancetNeurologyに掲載されたそうです(AFPBBNEWS)。患者はアバターを使って、基本動作を実行する脳信号を制御する訓練を数か月にわたり行ってから、実際にパワードスーツを着て歩いたそうです。実験を行った医師らは、実用化には時間がかかるが、患者の生活の質の向上や自立促進につながる可能性があると強調しているそうです。被験者となったのはフランス・リヨン(Lyon)出身のチボーさん(28)で、4年前にナイトクラブに出掛けた際、高さ12メートルのバルコニーから転落し脊髄を損傷、肩から下がまひしたそうです。実験では、チボーさんの頭部両側の脳と頭皮の間に埋め込まれたエンコーダーが、脳信号を符...四肢まひの男性が歩行

  • 115億光年先の宇宙

    115億光年先の宇宙で、複数の銀河やブラックホールの源になったとみられる網状のガスの広がりを見つけたとする発表があったそうです(読売新聞オンライン)。銀河やブラックホールは、水素などのガスが供給されることで成長するそうですが、理論からは、広範囲にガスの供給源となる網のような構造があると考えられていたが、網状のガスが発する光は弱く、見つかっていなかったそうです。研究では、米国ハワイ州にあるすばる望遠鏡や、チリにある欧州南天天文台の望遠鏡などを使った観測結果から、みずがめ座の方角に、縦450万光年、横300万光年の領域で網状に広がる水素ガスを確認。この広がりに沿うように、銀河やブラックホール計18個が形成されていたそうです。https://www.yomiuri.co.jp/science/20191005-OYT...115億光年先の宇宙

  • 空飛ぶ電動タクシー

    ドイツ南部シュツットガルト(Stuttgart)のメルセデス・ベンツ博物館(Mercedes-BenzMuseum)で先月14、15両日、未来のモビリティーを体感するイベント「ビジョン・スマート・シティ(VISIONSMARTCITY)」が開催されたそうです(AFPBBNEWS)。目玉は独企業ボロコプター(Volocopter)の空飛ぶ電動タクシーで、欧州の都市としては初めて、飛行が披露されたそうです。https://www.afpbb.com/articles/-/3244787空飛ぶ電動タクシー

  • 先史時代の哺乳瓶

    先史時代、現在の欧州にあたる地域に住んでいた人類の祖先が、現代とほぼ同じ方法で子どもを乳離れさせていたことを示す初の証拠が見つかったそうです(AFPBBNEWS)。研究に関わった考古学者らによると、離乳のプロセスでは、子どもに動物の乳を与えるための専用の哺乳瓶が使われていたというとこです。この発見は、古代人の幼児期と子育てに関する希少な手掛かりをもたらすものとなったというのです。英国科学誌Natureに発表された今回の研究では、現代のドイツ南部バイエルン(Bavaria)地方にある鉄器・青銅器時代の墓地遺跡中の子どもの墓で発見された3個の土器に着目。うち2個は紀元前800~450年の墓地遺跡群から発見され、もう1個は紀元前1200~800年の遺跡から発見。土器は細い注ぎ口があり、動物に似た形をしたものもあったそ...先史時代の哺乳瓶

  • 宇宙飛行士がスロベニアの地下洞窟で訓練

    スロベニアのカルスト(Karst)地方の地下深くに形成された肌寒く、暗く、ぬかるんだ洞窟で、宇宙飛行士6人が将来のミッションに向けて極限環境を利用した訓練を行ったそうです(AFPBBNEWS)。国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産(WorldHeritage)にも登録されているシュコツィアン洞窟群(SkocjanCaves)で6日間の訓練を終えた6人は先月25日、地上の光に目をしばたたかせながら姿を現したそうです。https://www.afpbb.com/articles/-/3247083?cx_part=top_category&cx_position=1宇宙飛行士がスロベニアの地下洞窟で訓練

  • 干ばつでコウモリが大量死

    オーストラリアで、長引く干ばつによって餌が減り、痩せ衰えて餓死したコウモリが大量に見つかっているそうです(AFPBBNEWS)。コウモリの保護に取り組んでいる非営利団体(NPO)「バッツ・クイーンズランド(BatsQLD)」によると、豪東部クイーンズランド(Queensland)、ニューサウスウェールズ(NewSouthWales)両州ではこの2週間、衰弱したオオコウモリの数が急激に増えているそうです。https://www.afpbb.com/articles/-/3246197干ばつでコウモリが大量死

  • ノーベル物理学賞

    2019年のノーベル物理学賞(NobelPrizeinPhysics)は、宇宙論における業績で、スイス人科学者のミシェル・マイヨール(MichelMayor)氏とディディエ・ケロー(DidierQueloz)氏、カナダ系米国人のジェームズ・ピーブルズ(JamesPeebles)氏の3氏が受賞となったそうです(AFPBBNEWS)。賞の半分をピーブルズ氏が、また残る半分をマイヨール氏とケロー氏が分け合う形での受賞だということです。https://www.afpbb.com/articles/-/3248399ノーベル物理学賞

  • ノーベル生理学・医学賞

    2019年のノーベル医学生理学賞(NobelPrizeinPhysiologyorMedicine)は、米国のウィリアム・ケーリン(WilliamKaelin)氏と同じく米国のグレッグ・セメンザ(GreggSemenza)氏、英国のピーター・ラトクリフ(PeterRatcliffe)氏の3氏に授与されると発表がありました(AFPBBNEWS)。受賞理由は、「細胞による酸素量の感知とその適応の仕組みに関する発見」。https://www.afpbb.com/articles/-/3248368ノーベル生理学・医学賞

  • 電磁波による健康への影響懸念

    次世代通信規格「5G」の通信網整備がいち早く進められているスイスで、5G用アンテナから出る電磁波による健康への影響に対する懸念が浮上し、全国的な反対運動が広がっているそうです(AFPBBNEWS)。首都ベルンの政府庁舎前での大規模な5G反対デモのほか、ジュネーブ(Geneva)州など多くの州でアンテナ設置工事の凍結を求めるオンライン署名が多く寄せられているそうです。また、5G用のアンテナが発する電磁波にさらされることによる健康被害への懸念から、住民投票によりこの問題を直接国民に問うべきとの声も上がっているそうです。新規に設置されているアンテナはないものの、通信事業各社は既存4G用アンテナの5G用への改修作業を進めているそうです。通信事業会社スイスコム(Swisscom)によると、2019年中に人口の9割が5Gを...電磁波による健康への影響懸念

  • 火災や犯罪捜査で活躍するドローン

    ドローンが米国における緊急時対応に大変革をもたらしているそうです(AFPBBNEWS)。火災の発見、有毒ガスの検知、行方不明者や容疑者の捜索などに使われており、今後ますます利用が増えると専門家は指摘しているようです。ロサンゼルス消防局で使用しているドローン12機は、空中のヘリコプターと地上の消防士との間の隙間を埋めるものだそうです。ドローンにより、素早く正確な情報を得られるため、資源の配置や緊急事態の緩和についてより的確な判断を下すことができるそうで、もはや推測しなくても、状況を確認できるということです。ドローンは広範囲を短時間で巡回し、赤外線技術による録画も可能なため、火災発生地点(ホットスポット)の特定にも役立つそうです。さらに、約1.6キロ離れた場所からも自動車のナンバープレートを捉えることが可能で、容疑...火災や犯罪捜査で活躍するドローン

  • AI搭載ドローンがワニのパトロール

    オーストラリア東部クイーンズランド(Queensland)州ケアンズ(Cairns)近郊で、上空からワニを検知するドローンの試験飛行が行われたそうです(AFPBBNEWS)。設計者によると、このドローンには世界初の人工知能(AI)のアルゴリズムが搭載されており、小川や川、海辺にいるワニを検知することができるそうです。ドローンのアルゴリズムが映像を精査し、危険を察知した場合に操縦士に警告を送る仕組みだそうです。設計者によれば、人の裸眼の正確度が16~19%前後であるのに対し、アルゴリズムの正確度は93%だそうです。観光客に人気のクイーンズランド州北部では、2017~18年にワニによる襲撃が5件発生し、うち2件は死者が出ているそうです。沿岸から40キロ以上内陸でも通常はないワニの目撃情報があり、当局は懸念を募らせて...AI搭載ドローンがワニのパトロール

  • 新種トカゲ

    マレーシアのボルネオ島の熱帯雨林で、手足が退化したトカゲの新種が発見されたという発表があったそうです(読売新聞オンライン)。手のひらに収まるほどの小さなサイズで「コガタラルティアトカゲ」と命名。2018年3月、同島西部で爬虫類と両生類の調査中、地中に逃げようとしていたトカゲを捕獲。同島などに生息する手足が退化した珍しいトカゲ「ラルティアトカゲ属」の一種とみられたが、顔のうろこの付き方やDNAを調べた結果、新種とわかったそうです。新種は尻尾を除いた長さが8.4センチで、手足の長さは1センチ以下だったそうです。https://www.yomiuri.co.jp/science/20190928-OYT1T50187/新種トカゲ

  • 「こうのとり」がISSに到着

    「こうのとり」がISSに到着国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ日本の無人補給船「こうのとり」8号機が9月28日夜、ISSに到着したそうです(読売新聞オンライン)。鹿児島県の種子島宇宙センターから9月25日に打ち上げられたこうのとり8号機は、水や食料のほか3基の超小型衛星など約5トンの荷物を搭載。https://www.yomiuri.co.jp/science/20190928-OYT1T50225/「こうのとり」がISSに到着

  • 2023年月の旅

    米国宇宙企業スペースX社は9月28日、テキサス州の同社関連施設で、月や火星への有人飛行を目指して開発中の大型宇宙船「スターシップ」の試作機を公開したそうです(読売新聞オンライン)。半年以内に軌道投入試験を行い、2022年までに火星への無人飛行試験を実施するということです。2023年に予定されている月周辺への宇宙旅行にも使うとのこと。この旅行には、衣料通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOの前社長、前沢友作氏が乗客として契約していますね。スターシップは全長約50メートル、直径約9メートルで、最大約100人が搭乗可能。スペースXが開発中の大型ロケットで打ち上げ、繰り返し使用。宇宙空間で燃料補給ができるようにして、月や火星より遠くへの飛行も目指すそうです。https://www.yomiuri.co.jp/sci...2023年月の旅

  • モンブランに表れる地球温暖化の影響

    モンブランに表れる地球温暖化の影響アルプス(Alps)山脈にある欧州最高峰のモンブラン(MontBlanc、標高4809メートル)には、地球温暖化の影響がはっきりと表れているそうです(AFPBBNEWS)。モンブラン山麓のフランス最大の氷河、メール・ド・グラース(MerdeGlace)氷河は年々後退しており、登山電車の終着駅から氷河までの距離は毎年20歩ずつ長くなっているそうです。渓谷の端には「1990年の氷河の位置」を示す標識が立てられているが、現在の氷河はそのはるか下に位置しているそうです。氷穴は現在、日光を遮るために白いシートで覆われ、その上に石を置いて固定してあるそうです。https://www.afpbb.com/articles/-/3239101モンブランに表れる地球温暖化の影響

  • ピアノ演奏

    スイスのイヴェルドン・レ・バン(Yverdon-les-Bains)で開催された、音楽やインスタレーション、舞台など幅広い分野を扱ったアートの祭典「第20回ジュー・ドゥ・カストラム(JeuxduCastrum)」で、グランドピアノとともにクレーン車で宙につるされ、「仕事場」を意味する「シャンティエ(Chantier)」というピアニストで作曲家のアラン・ロシュ(AlainRoche)さんのパフォーマンス(AFPBBNEWS)。https://www.afpbb.com/articles/-/3240887ピアノ演奏

  • 図書館から「ハリー・ポッター」排除へ

    米国テネシー州ナッシュビル(Nashville)の学校で、エクソシスト(悪魔払い師)の助言を受けて、英国の人気児童小説「ハリー・ポッター(HarryPotter)」シリーズが図書館から排除されることになったそうです(AFPBBNEWS)。悪霊を呼び出しかねないという懸念からだそうです。世界的に人気を博している英作家J・K・ローリング(J.K.Rowling)氏の同シリーズは、悪魔崇拝や黒魔術を奨励しているなどの理由で、米英の学校で何度も禁止されているそうです。https://www.afpbb.com/articles/-/3242831?cx_part=top_category&cx_position=1図書館から「ハリー・ポッター」排除へ

  • 4か月近くの間脳死状態にある女性が健康な女児を出産

    チェコで、4か月近くの間脳死状態にある女性が健康な女児を出産したそうです(AFPBBNEWS)。同国第2の都市ブルノ(Brno)の大学病院の医師らが記者会見で明かしたところによると、女児は先月、妊娠34週目に帝王切開で生まれた。母親の脳死判定から117日後だったそうです。女児の体重は2130グラムあり、脳死の母親から生まれた中で最も体重が重く、最も成熟度の高い赤ちゃんの一人だということです。母親は妊娠16週目だった今年4月、出血を起こして脳死判定を受けたそうです。https://www.afpbb.com/articles/-/3242620?cx_part=search4か月近くの間脳死状態にある女性が健康な女児を出産

  • コンゴのエボラ死者が2000人超え

    コンゴ民主共和国で昨年8月から続くエボラ出血熱流行の死者が、2000人を超えたことが分かったそうです(AFPBBNEWS)。また隣国ウガンダでは新たに1人が死亡しているそうです。ウガンダで死亡したのは、コンゴから入国した9歳の女児。ウガンダでエボラ熱感染が確認され死亡した犠牲者は4人目で、容易に行き来が可能なコンゴ国境を越えて感染が拡大する恐れが再燃しているそうです。コンゴの保健当局が8月29日夜に行った発表によると、昨年の8月以降の死者は2006人(うちエボラ熱感染が確認された患者は1901人、感染の可能性が高い患者は105人)で、902人が治癒したとのこと。この死者数は、エボラ熱対策の直接評価を目的とした国連事務総長のコンゴ入りを直前に控えた中で、エボラ対策の後退を示す形となったそうです。https://w...コンゴのエボラ死者が2000人超え

カテゴリー一覧
商用