searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hokusaiさんのプロフィール

住所
富谷市
出身
富谷市

自由文未設定

ブログタイトル
美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
ブログURL
http://nmaisake.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
購入した地酒の感想を中心に、仙台・宮城の酒屋や酒処等を紹介します。
更新頻度(1年)

78回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2015/12/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hokusaiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hokusaiさん
ブログタイトル
美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
更新頻度
78回 / 365日(平均1.5回/週)
読者になる
美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜

hokusaiさんの新着記事

1件〜30件

  • 田酒 純米吟醸山廃と貴醸酒

    田酒から秋酒と新商品のご紹介です。 渋い緑色のラベルは純米吟醸山廃。 そして、黒地に金文字が映えるラベルは、新商品の貴醸酒です( ´∀`) 山廃からいただきます。 田酒の山廃は特別純米でもそうですが、俗に言う「山廃らしさ」はあまり見られず、クリアで比較的ライトな飲み口となっています。 本品も、クセのないクリアなお米の旨味と、スッキリとした酸味に、どこか切り立てのリンゴのような爽やかな香りがする、バラ...

  • 鍋島 特別純米 吉川産山田錦

    先日、小牛田の齋林本店さんを訪れた際に購入したもう一本がコチラ。 数年前に発売になったという、鍋島の特純・吉川産山田錦。 高品質の山田錦を大吟醸として磨くのではなく、あえての六割磨きで飲ませるそのコンセプトに期待してしまいます(^^; グラスに注いで鼻を寄せると、凛とした麹主体の爽やかな香りを感じます。 含んで、回して、飲み込んで・・・鼻から吐息(*´Д`) どこにも引っ掛かることのない、絹のような滑ら...

  • 楽器正宗 session2

    久しぶりに小牛田の齋林本店さんを訪れ、色々と仕入れてきました。 お目当ての一つが自然郷・楽器正宗なのですが、お店のLINEで紹介されていた「session2」を見つけました。 楽器正宗の「session」シリーズは、これまでの概念方法にとらわれない試験醸造的な商品とのことで、裏ラベルには「麹歩合をできるだけ下げた」との記述があります。 麹歩合とは総仕込米に対する麹の重量割合をいい、一般的には麹歩合が高いと重厚な味わ...

  • 冩樂 純米吟醸 酒未来(R1BY)

    九月に入り、仙台はすっかり秋めいてきました。 最高気温は30℃を下回り、朝晩はすっかり涼しくなりました。 コロナさえ落ち着いていれば、「そろそろ芋煮会でもしようか」といったところでしょうか(゚ω゚) さてさて、本日は冩樂のご紹介です。 酒米は酒未来。 十四代の高木酒造が十数年をかけて開発したもので、説明は以前の記事をご参照下さい(^^; 穏やかながら、特徴的な香りがします。 含みますと、スッキリ美しいお米...

  • 勝山 純米吟醸 疫病退散(アマビエ・アマヒコラベル)

    新型コロナウイルスの猛威は第二波となって止まる様子は見えませんが、感染防止と経済活動とを両立させたいという社会方針は、否応なく浸透してきたかに思います。 仙台・国分町のいわゆる「夜の街」の様子はよく知りませんが、居酒屋さんでは多少なりとも人の賑わいが戻ってきているように見えます。 ※もちろんコロナ前と比べて全然空いていますが(ーдー) まだまだ大人数での宴会を気軽に開ける空気感はありませんが、馴染みの飲...

  • 廣戸川 純米吟醸 山田錦

    大好きな廣戸川から、今回は山田錦を使用した吟醸です。 通常の商品では一貫して福島県産「夢の香」を使用する廣戸川ですが、雄町と山田錦、それぞれの純米吟醸はまた違った味わいで、出荷を心待ちにしておりました(^^) 派手さのないリンゴ系の香りに、酸の抑えられた美しい甘味。 円やかな口当たりに、スッキリとした辛口が素晴らしい。 福島の酒らしく、やや端麗な中にも旨味と飲み応えもあり、食事と合うことこの上なし...

  • 新政 瑠璃(ラピス)2019

    少し前に購入していた新政のラピス。 止まることを知らぬ味わいの進化と、絶大な人気で、年々、入手し難くなってきています(ΘдΘ) 上品な香りに鼻を寄せ、含むと目が覚めるような果汁感(゚ω゚)!! 舌を潤すじんわりとした甘さと酸味。 至極ジューシー(о´∀`о) お米という穀物から、これほどまでの果汁感を産み出す技術に改めて称賛。 出だしには若干の炭酸も噛みつつ、後半には舌を程よく刺激するスパイス感もあり、後味はスッ...

  • 廣戸川 純米大吟醸

    毎年楽しみにしている廣戸川の純米大吟醸。 天栄村産の夢の香を45%まで磨いています。 今年のお味はどうでしょうか(゚ω゚) 香り穏やか。 しっとりとした舌触りで、美しいお米の旨味に溢れています。 どこか白桃を想わせる含み香に、程よい辛味。 んまい(о´∀`о) 廣戸川は昔と比べるとずいぶんと辛口になったと思っているのですが、昨年よりも柔らかな味わいに感じました。 購入日:2020年8月5日 購入先:阿部八酒店...

  • 而今 純米吟醸 千本錦(火入・2019BY)

    お盆前に仕入れておりました而今の純吟(*´艸`) お米は千本錦、火入れです。 余計な話はさておいて、さっそく飲みましょうっ(^^; どこか甘酸っぱいような、ベリーちっくな上立香。 含んでみますと、火入れながら十分にジューシーな甘味と酸味で、やはりベリー系の吟醸香が鼻を包みます。 そのジューシー感たるや、じゅわ~っと唾液がにじみ出るかのような舌奥の刺激と、程よい苦味。 うん~、これこれ( ´∀` ) 而今の...

  • 雅楽代 可惜夜(火入れ)

    オラにしては珍しく、始めてのお酒を購入してみました。 佐渡の酒蔵天酒造の新ブランドで、雅楽代は「ウタシロ」と読みます。 商品名に当たる可惜夜は「あたらよ」と読み、“明けるのが惜しいほど美しい夜”の意味で、古くは万葉集にも詠われた言葉とのことです。 天領盃酒造は2018年に経営権の譲渡を行い、当時24才の若者が買収して最年少蔵元が誕生したとのニュースがありました。 酒造りはまだ2年目ですが、意欲的に取り組ん...

  • 醴泉 大吟醸 夏吟

    久しぶりに醴泉が飲みたくなり、塩釜の大山酒店さんに行って来ました。 訪れたのは夏酒も出揃った頃で、ショーケースには涼しげな出立ちの酒瓶が並んでおりました。 お目当ての醴泉は~、あったあった、夏吟とな!? 東条産山田錦を五割磨きした大吟醸。 スペックに対してお値段は控え目で、期待の持てる一本です(*´艸`) 香りは穏やかですが、鼻を寄せるとスーッと冷涼な雰囲気。 含んでみると、比較的軽快で爽やか。 ス...

  • 19 Twinkle twinkle little star

    ポップなイラストと爽やかな味わいで話題の19(ジュウク)。 長野市の酒蔵で、生産量が少ないことでも知られますが、県南は角田市の丸正酒店さんで取り扱っていると聞き、7月の4連休に訪問してきました。 お店には19だけでも4~5商品、十分な在庫がありまして、手に取りましたのはコチラ。 美しいブルーのボトルにキラキラの天の川。 遅れながらも梅雨明けしましたし、時節柄ピッタシのお酒ですね(゚∀゚) 上立香は穏やか...

  • DATE SEVEN EPISODE Ⅵ(ダテセブン2020)

    宮城の七蔵が技術研鑽を目的に集い、精米・洗米から始まる醸造作業を各蔵が分担して醸す取組「ダテセブン」も、今年で六年目を迎えました。 今回は宮寒梅の寒梅酒造さん(大崎市)が幹事蔵を務め、世界農業遺産に登録された“大崎耕土”で育った「ササニシキ」(食用米)を使用しています。 ボトルデザインは毎年様々ですが、今年は真っ赤でグラマラスな出立ち。 写真では分かりませんが、ロゴの下には稲穂のエッチングが施されて...

  • 梵 五百万石 無濾過 純米大吟醸

    しばらくぶりに塩釜の大山酒店さんを訪問。 手に取りましたのはお久しぶりの梵。 福井県鯖江市のお酒です。 このお酒は、生酒のまま1年間-10℃で熟成してから火入れしたそうで、グラスに注ぐとうっすら金色。 鼻を寄せると、麹の香りの奥にリンゴ系の爽やかさを感じます。 含むと透明感のある甘味と共に、舌をじーんわりと潤す豊かな旨味(´ω`) 熟成感もありつつ、ジューシーさもあり、終いにはちょっとした苦味と、ふん...

  • 勝駒 純米吟醸

    またまた勝駒に遭遇しましたっ\(^^)/ 今回は純米吟醸です。 酒米が全量山田錦となりますが、精米歩合は純米酒と変わらずの五割磨き。 前回の純米酒がとてもんまかったので、楽しみな一本です(^^) 香りは穏やか。 麹が主体なからも、微かにリンゴのような清涼な香りがします。 円やかな甘味に、濃厚な旨味。 しっかりと骨格のある味わいで、日本酒らしさに溢れていますが、スッキリと嫌みのない後口に好感。 先日の純米...

  • あたごのまつ 大吟醸 出品酒

    みやぎを代表する酒蔵の一つ、新澤酒造店のあたごのまつから、全国新酒鑑評会への出品酒を購入しました。 兵庫県社下久米産の特等山田錦を40%まで磨いた大吟醸にもかかわらず、かなりのお値打ち価格。 オラ的にはもう、(メチャうま)間違いなしと期待の一本です(*´艸`) ワイングラスでいただきます。 ふんわりと華やかな上立香。 期待が高まります。 舌にのせると、絹のような滑らかさ。 柔らかなお米の甘味に、適度な...

  • 爽醇 久保田 雪峰(純米大吟醸)

    久保田とsnow peakのコラボ商品「雪峰」から、昨年新たに発売された純白の紙筒(゚ω゚) 美しい磨りガラスのような細身の酒瓶は、あたかも残雪に触れているかのようです。 久保田らしく、香りは極めて穏やかで、どことなくメロンのような印象もあります。 含むと至極クリアな味わい。 じ~んわりとした旨味・甘味に穏やかな酸味で、久保田らしい端麗。 低アルのためか意外と柔らかな飲み口です。 後半には淡いニガ渋も待って...

  • 勝山 純米大吟醸 伝

    お世話になっている方から、嬉しい地酒の贈り物を頂きました。 地元の銘酒、勝山の「伝」。 山田錦35%磨きのキレッキレの純米大吟醸酒です(゚∀゚) ワイングラスでいただきます。 のっけから強く華やかな吟醸香(*´∀`*) 爽やかな麹の香りは花のようで、白桃や、微かに柑橘の感じもあります。 シルクのような舌触りに、美しく透き通った甘味。 適度な酸味と辛味に、高貴な香りが相まって、ハイクラスの白ワインのよう 後半...

  • 作 純米吟醸 雅乃智

    ここ数年、欠かさず購入している作の純米吟醸 雅乃智。 数多くの商品ラインナップを有する作の中でも、特にお気に入りの一本です(゚∀゚) スーッとした舌触りに、お米の美しい甘味。 バランスの良い甘辛酸に、気品あるマスカットのような香りは、まるで白ワインのよう( ´∀` ) 爽やかな香りの奥には、どこか柑橘を想わせる雰囲気もあります。 後半には旨味やコク、微かな苦味などをじーんと感じつつ、総じて凛とした味わい。...

  • 勝駒 純米酒

    初めて購入したお酒です。 富山県高岡市の勝駒は、300石ほどの極・少量生産ゆえに入手困難で知られる、のんべ垂涎の地酒です。 一度はお家で~と思っておったところ、安倍八さんで思いがけずの遭遇っ(゚Д゚)!! 最近絶好調の酒運に感謝しつつ、じっくりと味わってみたところです(^^; 上立香はとても穏やか。 麹の香りがふんわりと漂います。 お猪口でぐいっといきますと、おお。クリアな旨味(゚ω゚) 美しい甘味とコクが舌に広...

  • 裏鍋島 純米吟醸(隠し酒)

    今では様々な蔵から出荷されるウラ酒。 規格外とか、ブレンドだとか、とにかく通常商品とは違った仕様の商品で、多くの場合お得な価格であることが多いと思います。 鍋島ではラベルの文字を反転させておりますが、これも多く見られるスタイルですね。 まあとにかく、裏ビ◯オ世代の男子としては、もう、その名前だけで興味津々なわけです(;^_^A ところでこの裏鍋島は、米違いで仕込まれる純米吟醸の責めとあらばしりのブレンド...

  • あたごのまつ 純米大吟醸 あさがお

    伯楽星などで人気の新澤醸造店から、ちょっと変わったラベルの小瓶。 折り紙と張り紙による、ほのぼのとした朝顔の絵がラベルに描かれております。 実はこれ、小牛田の酒屋「齋林本店」さんの娘さんが描いた絵だそうで、中身はあたごのまつの純米大吟醸なのです。 酒名のない絵だけのラベルが、ほっこりとした気持ちにさせてくれますね(о´∀`о) お味はといいますと、流石、あたごのまつ。 スッキリと美しいお米の甘味に、...

  • 田酒 純米酒67 美山錦

    ちょっと珍しい?お酒。 田酒の美山錦を使用した純米酒なんですが、精米歩合は67%とちと高め(゚ω゚) ちょうど一年前、田酒から米違いで低精白の純米酒3本セットが発売されました。 今年はそれらを単品で発売した模様ですが、昨年いただいて一番好みに合った美山錦を購入してみました(^^) (昨年の記事はコチラ) どことなく酸っぱさを連想する、流麗な香りがします。 じんわりとしたお米の旨味を、綺麗な酸がまとめてお...

  • 十四代 中取り純米吟醸 播州山田錦

    とっておきのお酒です。 十四代の中取り純吟 播州山田錦! もちろん一升瓶ですっ╭( ・ㅂ・)و 新型コロナウイルスによる自粛が呼び掛けられていたGW直前、はせがわ酒店オンライン店では「STAY HOME」キャンペーンという、十四代を含むセット販売が展開されていました。 販売開始時刻を告知せずに、一週間近く日替わりで販売される十四代。 買えたら良いな(゚∀゚)くらいの気持ちで何度かアクセスしましたところ、3日目くらいかな...

  • 而今 純米吟醸 雄町(火入・2019BY)

    而今の中でも特に好みがこの雄町。 いつぞやの特上雄町は別格としても、而今と雄町の組み合わせにはいつも感心させられます(^^) 注いだハナから香り高く、華やかで爽やかな洋梨&リンゴ系。 含めばジューシーな甘味と旨味、酸味がジュワ~っと舌に染み入り、心地よい香りが鼻腔を駆け抜けます。 適度な辛味で、飲み込むと余韻はほどほどにスッと去る切れの良さ( ゚д゚) んまい(*´∀`*) 而今の雄町は鉄板だと、改めて確認...

  • 廣戸川 純米吟醸 雄町

    本日のお酒は廣戸川の雄町。 毎年購入しているお気に入りの一本です。 今年のお味は如何に(゚ω゚)? 良く冷やしてグラスでいただきます。 鼻寄せると、上品な糀の爽やかさの奥に、微かなセメダイン香を感じます。 含むと、スルリと絹のような舌触り。 いつもの美しい甘味と、バランスのとれた酸味。 最近の廣戸川らしくスッキリとした辛味がありつつも、そこは雄町。 お米の旨味や滋味が豊かに含まれ、仕上がりとしてはと...

  • 射美 GOLD

    大切な方への贈り物を用意するため、塩釜の大山酒店さんに行ってきました。 お目当ての磯自慢もあったのですが、ビビッと目に入ったのがこの射美GOLD(゚Д゚)!! 美しい甘味が多くのんべを惹き付けて離さない、射美の中でも最高峰の逸品。 馴染みの居酒屋さんでは何度かいただいたことがあるものの、自宅でゆっくりと味わうことのできる貴重な機会となりました(^^) 利き猪口に注ぐとオリがらみのうっすらと山吹色。 香りは高...

  • 飛露喜 特別純米

    新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が落ち着きを示し、緊急事態宣言も一部の都道府県を残して解除されましたね。 少しずつ、経済活動を再開していくことになりましたが、まだまだ予断を許さぬ状況です。 仕事の都合、大好きな居酒屋さんに多人数で訪れるようなことはまだ難しく、もうしばらくはテイクアウト中心で応援しようと思っております。 今回のお酒はみんなダイスキ、飛露喜の特純。 連休前に小牛田の齋林さんか...

  • 義侠 純米吟醸 生原酒 令和元年度産仕込30号

    自宅飲みでは初めて購入したお酒。 愛知の義侠から、兵庫県特A地区(東条地区産)山田錦を使用した五割磨きの純米吟醸で、生酒となります。 東条山田錦と言えば「フロンティア東条21」。 フロンティア東条21とは、義侠の他に十四代の高木酒造や磯自慢酒造といった全国12蔵元をメンバーとする、兵庫県加東市東条地区産の山田錦を使用して最高級品質の日本酒を造ることを目的に1994年に設立された団体ですφ(..) 「酒造りは米造...

  • 而今 特別純米(火入れ・2019BY)

    少し前に仕入れていた而今の特純。 ストックが増えており、開栓が遅くなってしまいました(^^; 年始に頂いた無濾過生に対しまして、今回は火入れ。 生との違いを楽しめるかしらん(゚ω゚)? 落ち着いた中に、爽やかな果実香。 口をつけるといつものマスカットに、甘辛酸のバランスのとれた美しい味わい。 後半に感じる微かな渋ニガ味も心地よく、キレも良し。 もはや鉄板。んまし( ´∀` )b 無濾過生のピチピチ感に対し...

カテゴリー一覧
商用