searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

そしがやさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
そしがやのリタイア日記
ブログURL
https://sosigayax.hatenablog.com/
ブログ紹介文
リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。
更新頻度(1年)

183回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2015/05/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、そしがやさんの読者になりませんか?

ハンドル名
そしがやさん
ブログタイトル
そしがやのリタイア日記
更新頻度
183回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
そしがやのリタイア日記

そしがやさんの新着記事

1件〜30件

  • なんと1日50人以上「インフル死者」が日本で急増する不気味

    政府が新型コロナウィールスの拡大を防ぐため、来週から小中高学校の休校を要請しました。 ほかにもいろいろな催し物が中止になっています。 そしがやの周りでも大学院の卒業式の中止の連絡が昨日ありました。 また英語のサークルの集まりも取りやめになりました。いろいろと影響が広がっています。 ですが、反面、このような中止がいたずらに不安感をあおっているような気もします。現在のコロナウィールスの死者は、以下の通りです。 新型コロナウイルスの死者は現在のところ8人で致死率は0.87% 2020年2月27日現在 comical-piece調べ https://comical-piece.com/korona-v…

  • 老後の幸せ、結局はお金次第?

    亡くなった父がよく言っていた言葉に「命の次にお金が大事」というものがあります。 若いころは、「へえ、そんなものか」と半信半疑でした。 お金以外にも大事なものがあると考えていたのです。 例をあげると愛情とかそういったものです。 ですが、最近は、世の中の問題のかなりの部分は、お金で解決すると思うようになっています。 リタイアも出来て、大学へ通えているのもある程度の資産があるからです。お金に対する考え方というのは、年齢を経るにつれて変わってきますが、いつまでも根源的な疑問は残るものです。 こんな記事を読みました。 www.msn.com 都内で自営業をしています。少しでも豊かになろうと毎日毎日働いて…

  • リタイア後の投資として株式優待を考えてみる

    現在、日本株12銘柄を所有しています。 そのうち9社は、株式優待を実施しています。 投資のスタイルとしては、高配当株式投資で年間3%の利回りを目指していますが、結果として優待株を割合としては、かなり所有することになっています。 個人的には、ずっと優待をするお金があったら、配当に回せとずっと考えていました。 ですが、このごろは優待投資もリタイア後の投資としては、そんなに悪くないのではないかと思い始めています。 そんなわけで株式優待のメリットとデメリットを挙げてみます。 メリット1 個人投資家ほど得する 株主優待制度を設けている企業は、保有株数に応じて優待品に差をつけることが多いです。例えば100…

  • 「欲しい物を何でも買ってもらえた子」が歩んだ予想外の人生

    子どものころを思い出すと欲しいものもそんなに買ってもらえなかった記憶があります。 時代的なものもあるかもしれないし、親がそんなに豊かではなかったせいかもしれません。 ただ結果的には、欲しいものを我慢してきたので、その後の人生には、いい影響があったような気がします。 子供のころに欲しいものをすべて与えられると子供を甘やかして、結局は、その子の人生をダメにしてしまうと多くの人は考えているでしょう。そんな欲しいものを何でも買ってもらえた子のことを書いた記事を読みました。 www.msn.com 欲しい物を何でも買い与えれば、子供が喜ぶのは目に見えているが、そんなことをすれば、我慢することの大切さ、限…

  • FIREって何だ

    FIREという言葉に、英和辞典に載っている以外の意味があるのを最近知りました。Financial Independence(経済的自立)とRetire Early(早期リタイア)の頭文字です。 知るきっかけになったのは、このブログを読んでからです。 三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた 名前:三菱サラリーマン 方針:給与の8割投資に回す 14歳 為替取引 15歳 ネトゲ廃人 19歳 慶應義塾大学経済学部 21歳 北京大学経済学部 22歳 日本株 23歳 入舎当日アーリーリタイア決意 27歳 外国株 29歳 経済的自由 30歳 セミリタイアFIRE 著者のプロフィールを見ると14…

  • 定年後の再雇用で年収1100万円が年収450万円になった60代会社員の悩み

    60歳で定年でリタイアするときには、再雇用で仕事を続ける道もありました。 勤務日数もいくつか選択肢があり、それによって給与も現役の時の2分の1から3分の1までとなっていました。 7割程度の人がその働き続ける選択をしました。 リタイアするという選択をしたそしがやは、少数派でした。 リタイア後、職場の人との付き合いがないので、働き続けるという道を取った人がどういう気持ちだったからは、わかりません。 経済的な事情、あるいは生きがいの問題、いろいろな思いがあったのでしょう。そんな会社員の記事を読みました。 president.jp お悩み:60歳、会社員。定年後の再雇用で年収1100万円が年収450万…

  • 公務員の悲しき自殺

    今もっとも話題のニュースは、新型コロナウイルスでしょう。 テレビを見てもこのニュースが一番取り上げられています。 少し騒ぎすぎだと感じるほどです。 もうちょっと冷静になったほうがいいような気がしています。 そんな新型コロナウイルスの関係でこんな記事を読みました。 headlines.yahoo.co.jp 「ドサッという音を聞いた施設関係者が、寄宿舎近くで倒れている血だらけの男性を発見。すぐに119番通報しましたが、男性は搬送先の病院で死亡が確認されました。遺書は見つかっていませんが、遺体の状況から寄宿舎の上階から飛び降りたとみられています」 これは、2月1日午前10時15分ころに埼玉県和光市…

  • 高卒女性、高収入男性と結婚した結果

    勤めているころ、職場に大手新聞社の社員と結婚した高卒の女性がいました。 相手の収入が30歳代にも関わらず、1000万円台だと知ったときには、驚きました。 公務員には、ほぼ無理な金額です。 結局、仕事を辞めて、専業主婦になりました。 世間的に見れば、女性にとっての理想的な結婚相手を見つけたということでしょう。そんな女性の記事を読みました。 www.msn.com 女性が男性に求める条件として、上位に入る要素のひとつが「収入」。これを最優先事項として掲げる人も少なくないだろう。都内在住のY子さん(40代・女性)は、いつもお金の心配をしているような、あまり裕福でない家庭に育った。その影響もあってか、…

  • 腰痛になって考えるリタイア後の健康問題

    昨日から急に腰痛になりました。 重いものを持ったとかの、直接のきっかけは、思い当たる節がありません。 しばらく風邪っぽかったので、風邪のせいで腰が痛いのかなと思っていたのですが、もっと深刻でした。 今は、腰をかがめると痛いのです。 今朝起きたら、昨日より悪化していて、寝返りも苦しいほどでした。 今は急性期なので、1週間ほどしたら痛みは、落ち着くと思います。 ですが、日常の行動に影響が出ているので、痛みが早く引いてほしいと願っています。 今までも腰痛は、何度か経験したことがあり、その予防のために毎朝腰痛予防の体操をしていたのですが、今回は効果がなかったようです。 リタイアしてからは、いくつかの問…

  • リタイアするためにした3つのこと

    リタイアして5年目を迎えましたが、ほぼ想定の範囲内で過ごしています。 リタイアする前には、いくつかのことをしてきましたが、それらが比較的にうまく行ったのでしょう。 今回は、そんなリタイアする前にした3つのことを書いてみたいと思います。 リタイアを考え始めたのは、50歳くらいでした。 55歳くらいでアーリーリタイアがしたかったのです。 そのために1番目にしたのは、資産運用でした。 投資です。 株式は、30歳代から始めていましたが、バブル崩壊後、投資の熱意が冷めていたました。 リタイアに向けて、また投資を再開しました。 その際に始めたのは、個別株式ではなく、投資信託でした。 インデックス投資という…

  • デイトレードの危険性が判明?デイトレすべきでない3つの理由

    以前ある英語サークルに通っていた時に、デイトレードを仕事にしているという男性に会ったことがあります。 その時、1回しか話をできなかったので、あまり詳しいことは聞けませんでしたが、興味を持ちました。 その後、そしがやは、その英語サークルへは行かなくなってしまったので、その男性がどうなったか、わかりません。 デイトレードというと何かリスキーがイメージがあったので、実際にデイトレードで暮らしている人がいるということが驚きでした。そんなデイトレードですが、その危険性についての記事を読みました。 www.msn.com YouTubeで生放送をしていると、「株取引だけで生活できるようになりたい!」という…

  • リタイア後に人間関係で悩まないために

    60歳でリタイアしたのは、大学へ通うためということが一番大きかったのですが、ほかには人間関係で煩わされたくなかったということがありました。 勤めているころは、上司や同僚との人間関係で疲れていたのです。 もともとコミュニケーション能力が高くないということがあったかもしれません。 そんなわけでリタイアしてからは、余計な人間関係に気をつかわなくなり、気分的にかなり解放されたものです。 とは言え、この世は、人の住む世の中です。 勤めていたころほどではありませんが、人間関係で悩むことはあります。 いまの大学院の生活にも職場と同じように人間関係があります。 教授や学生たちとの関係です。 全体的には、うまく…

  • 新築マンションに住んでいた47歳妻が「夫が倒れた」で破産したワケ

    現在は、中古の分譲マンションに居住しています。 10年ほど前に購入したものです。 それまではずっと公団の賃貸住宅に住んでいました。 個人的には、賃貸でもいいと考えていたのですが、妻の分譲がいいという意見が強く、結局負けてしまい、購入に至ったというものです。 その際には、ローンを組まず、一括現金での支払いでした。 ローンだと何か不測のことがあって、払えなくなるかもしれないと恐れたからです。 そんなマンションですが、夫が倒れたことで破産してしまったという妻の記事を読みました。 president.jp 持ち家のローン返済が終わらないうちに、一家の大黒柱が倒れたらどうなるか。司法書士の太田垣章子氏は…

  • 試験監督のアルバイトを9日間してみてわかったこと

    一昨日まで、大学の学部の試験監督を9日間、していました。 前半の6日間は、午前9時半から午後6時まででした。 後半は、開始時間は、同じですが、終了が4時半と早くなりました。 試験科目が少なくなったためです。 大学院へ入学してからこの2年間このアルバイトをしていますが、今年が一番長い期間でした。 昨年の夏は、7日間でした。 もう2年間しているので、だいぶ仕事にも慣れ、アルバイトをする大学院生の中でもベテランの方になり、チーフを任されることが多くなりました。 今回は、そんなわけで期間が長いので、もらえる賃金も7万円ほどになりそうです。 今まででは、一番、多い額です。 時給は、1000円ほどですが、…

  • 43歳で無収入「子供部屋オバサン」の危険な末路

    以前、法事で親せきが集まったときに、40歳代でいまだに無職で未婚の、その場にいない親戚の娘さんの話題が出たことがありました。 大学は、出たものの就職も結婚もしないまま、家事手伝いという名のもとに実家にずっといるというものです。 アルバイト程度の仕事は、したことはあるようですが、定職には就いたことがなさそうです。 もうだいぶ高齢になった彼女の両親が亡くなったらどうするのか、親戚の間でも心配する人がいました。 多分、こういったケースというのは、どこにでもあるので、いろんなところで耳にしたことがあると思います。 そんな女性のことについてふれた記事を読みました。 president.jp 近年、中高年…

  • 教員を辞めた、悲しい現実に殺到した声

    通っている大学院には、高校の非常勤講師をしながら学ぶ人や卒業して教員になる学生が多いところです。 そういうこともあって、教員という職業に関する噂はいろいろと耳にします。 その一つには、なかなか年休が取りにくいというものがあります。 そんな教員の休暇に関する記事を読みました。 www.msn.com ただいま、春*教員2年目(@sinmaikyouin)さんのツイートが話題となっています。 先日、年休を取ったら保護者からクレームが入った。1ヶ月前から学年に伝えて、自習課題も用意した。私の人生においてとても重要な日だった。 管理職から「自分のことを優先するな生徒を第1に考えろ」と叱責された。 体調…

  • 東京生まれとそれ以外は人生の質が違う?

    そしがやは、田舎に生まれ、18歳で東京に出てきて、ずっと都内に住んでいます。 田舎に帰ろうと思ったことは、一度もありません。 それは、都会の方が生活の質が高いからです。 特にリタイアした人間には、都会の方が暮らしやすいです。 そしがやと同じ考え方の人が多いのか、地方は、人口は減っているのに、東京だけは日本で人口が唯一増えています。 ですが、都会育ちの人間には、田舎暮らしにあこがれる人もいるようですが、そんな考え方に対しての記事を読みました。 article.yahoo.co.jp 先日、おーぷん2ちゃんねるで「東京に産まれるか否かで人生の難易度変わるよな」というスレッドを見つけた。これが結構地…

  • 団塊ジュニア世代の男性の貧困問題は、女性の貧困よりももっと悲惨になる

    現在、大学は、学部の試験期間中でそしがやは、試験監督のアルバイトをしています。 来週も続き、全部で9日間の予定です。 リタイアしてからこんなにまとまって長く仕事をするのは、初めてです。 そんな試験監督ですが、休憩時間中には、他のメンバーと世間話をすることがあります。 現役の大学院生が多いのですが、卒業生もかなり来ています。 いろいろと話ができて、面白いのです。 中には、今年の4月から別の大学の准教授の職に就くという人もいれば、博士課程を出たものの現在いろいろなアルバイトで食いつないでいるという人もいます。 どちらかというと後者の方が多いです。 30~40歳代の人たちなので、ちょっとこれからどう…

  • 「結婚しなくても幸せを実感できる」 43歳独身「ジャニオタ」女子の結婚観

    リタイア系のブログをよく読んでいますが、独身の人も多いようです。 そしがや自身は、結婚していますが、独身だったら、今のリタイア生活はどうだったか考えることもあります。 結婚するしないは、人それぞれの価値観なので、何とも言えませんが、独身でも幸せという女性の記事を読みました。 headlines.yahoo.co.jp 50歳までに一度も結婚したことがない人の割合を表す「生涯未婚率」。2015年の国勢調査の結果、男性は23.4%、女性は14.1%に達しました。この数字は増加の一途を辿っており、2035年には、男性が29%、女性で19.2%になると推計されています。 生涯未婚率ですが、これからも増…

  • 二宮和也、綾瀬はるかも 「芸能人の友達が少ない」事情とは

    もともと友達は、少なかったのですが、リタイアしてからは、ますます少なくなりました。 勤めているころは、無理してでも付き合わなくてはいけない人間関係があったのですが、今は、そんなわずらわしくて、余計な友達関係がなくなって、ホッとしています。 これは、リタイアしてよかった点の一つです。そんな人間関係ですが、友達の少ない芸能人の記事を読みました。 www.msn.com ドラマや映画で共演する芸能人たちが舞台挨拶や番宣などで仲良くしている姿を見ると、プライベートでも仲良し、と思われがちだが、そうとは限らない。仕事以外の場では、共演者とつき合いをもたない芸能人は決して少なくない。そんな”芸能人の友達が…

  • 年金の少なさを冗談と思った58歳主婦の言い分

    勤めているころは、そしがや自身の年金の保険料は、給料から天引きされていたので、あまり負担感はなかったのですが、かなりの金額を引かれていました。 一方、妻の国民年金の保険料は、リタイアしてから払うようになりましたが、自分自身の共済組合の保険料に比べると金額は安いのに、負担感は結構ありました。 納付書で払うせいだと思います。 これって、ちょっと不思議な感覚です。 天引きって、負担感を減らすマジックとも言えるかもしれません。 そんな国民年金にまつわる記事を読みました。 president.jp 長年、公務員として働いてきた服部さんの夫を、定年後、民間企業で役付として迎えたいという話が持ち上がった。勤…

  • コインランドリーに寝泊まりする39歳

    以前、トランクルームに住む40歳代の男性の記事を書きました。 トランクルームに住むということにビックリさせられたのですが、今回は、こんな記事を見つけました。 www.msn.com 都内で日雇いの倉庫作業を中心に働く田中洋一さん(仮名・39歳)。就職氷河期を経験した“ロスジェネ世代”、雇用の壁で連敗し、東京のネットカフェを住まいにしていた。しかし……。 「1週間の料金は1万5000円だったのが、増税をきっかけに1万7000円まで値上がりしました。ほかにも携帯電話代、ご飯代を考えれば簡単に寝泊まりできなくなりました」 田中さんは節約のために、週1~2回はコインランドリーで朝を迎えることがあると話…

  • 定年後に「持ち家を売った」年金暮らし夫婦たち、そのヤバすぎる末路

    そしがやは、現在分譲住宅に住んでいます。 それ以前は、賃貸住宅に住んでいました。 個人的には、ずっと賃貸でいいと考えていたのですが、妻が分譲に住みたいという意見を持っていて、10年ほど前に現在の分譲住宅を購入して住んでいるというわけです。 今は、年金暮らしとなり、まあ、現状に満足しています。 今のところこの住み替えは、成功したのではないかと思っています。 ところが、現実の年金暮らしの夫婦の中でも自分たちの住み替えで、後悔している例も結構あるようです。 こんな記事を読みました。 gendai.ismedia.jp 一生に一度の大きな買い物が、「持ち家リスク」とまで言われる時代になった。だが、はた…

  • 大学院の中国人留学生にぜひ尋ねてみたいことは

    現在通っている大学院は、中国からの留学生が圧倒的に多いです。 ほかの国のいないわけではありませんが、割合で言うと9割以上は中国です。 そんな中国人留学生は、卒業しても日本に残る人がほとんどで、日本の会社に就職することを目指しているようです。 その辺の理由について、彼らと話したことはありませんが、そんな中国人について触れた記事を読みました。 news.nifty.com 留学や就職などの理由で日本で暮らす中国人の数は増加している。日本経済は近年低迷を続けており、中国経済の方が勢いがあるはずなのに、なぜ一部の中国人は日本で暮らすことを決めたのだろうか。中国メディアの今日頭条は5日、「日本社会の何が…

  • 資産1億円 日本人なら「むづかしくない」

    勤めているころ、資産運用に関心を持ち始めたのは、30歳ころだったように記憶してます。 職場に株式をやっている先輩がいて、影響されて、そしがやも株式投資を始めたのです。 バブル前だったので、株は値上がりを続けましたが、バブル崩壊とともに下がり、株への関心も急に薄れました。 その後、株は塩漬け状態になり、持っていることさえも忘れるくらいでしたが、50歳くらいでまた資産運用を意識し出しました。 それは、早くリタイアしたいので、経済的自立をしたいと考えたからです。 ファイナンシャル・インディペンデンスというものです。 そのころによく聞くようになった言葉でした。 当時の具体的な目標は、資産1億円でした。…

  • 2022年の大河ドラマは三谷幸喜氏作で北条義時が主人公

    大河ドラマは、見るときと見ない時があります。 2019年の「いだてん」は、最初の数回は見ていたのですが、飽きてしまい、途中からは全く見なくなりました。 その理由は、金栗四三と田畑政治という二人の主人公の物語と五代目古今亭志ん生が語る架空の落語『オリムピック噺』の語りにのせて進行するという多層的な形式が分かりにくかったということです。 また明治から昭和にかけてのストーリーが大河ドラマとしては、馴染めなかったのかもしれません。 2020年は、「麒麟がくる」で舞台は、大河ドラマの王道の戦国時代になり、明智光秀が主人公です。 最初に俳優交代のトラブルがありましたが、ちょっと楽しみにしています。 さて気…

  • 儲からないブログ16年続けた結果

    ブログを始めて5年目になりました。 当初は、ブログで稼ぎたいという気持ちがなかったかと言えば、ウソになります。 ですが、実際に続けてみるとブログで儲けるというのは、なかなか難しいことだとわかります。 これは、多分、ブログを書いている多くのブロガーが実感していることでしょう。 今は、ルーティンの仕事のように2日に1度書き続けているだけです。 そんなブログですが、16年という長い期間続けていて、100万PVを誇っているブロガーの記事を読みました。 www.msn.com YouTubeなどネットでの情報発信でお金を稼ぐ人が増えている。その一方、お金儲けを意識せず、ただ文章を発表するだけのブロガーも…

  • 母親の遺体を自宅に放置で逮捕の54歳の男

    以前、法事で田舎に帰ったときに地元に住む親戚に久しぶりに会いました。 その時に、そしがやが両親とかつて住んでいた場所の近所の男が、自分の母親が亡くなっても何もできずにそのまま放置していたという話を聞きました。 そしがやもその男の子供のころを知っていました。 そのころから父の話は、聞くことはなかったので、早く亡くなったのか、シングルマザーだったのでしょう。 そしがやは、18歳で上京して、その後、両親も引っ越しをしたので、男のその後の噂を聞くことはありませんでした。 男の年齢は、50歳代後半です。 親戚の人の話によるとその男は、母親が亡くなってもどうしていいかわからなくて、葬式の手配の仕方もわから…

  • 手取りが親の年金より少ない男の嘆き

    今年は、年金額が増える予定です。 65歳になったので、国民年金相当の金額が加増されるというものです。 これまでは今までに貯めた貯金をだいぶ取り崩して暮らしてきたので、少しホッとしています。 今後は、できるだけ年金と株の配当等の収入だけで生活できるようにしたいですね。 そんな年金ですが、親の年金よりも自分の収入が少ないという男性の記事を読みました。 www.msn.com 仕事のやりがいを給与だけに求めてはいけないが、あまりに給与が少なければ、情熱を失っても責められない。現在都内で塾講師をする40代男性のNさんは、30代の時に“ある事実”を知ったことをきっかけに、マジメに働く意欲を喪失。結婚など…

  • 帰省中に「妻より母」を優先した夫たちの末路

    正月になりました。 リタイアして5年目の元旦です。 健康面でも経済面でも順調に過ごしています。 昨日は、去年1年間の損益計算書を作りました。 まず下期の損益計算書を作り、上期のものと合体させました。 1年間の収入と支出をまとめたものです。2019年を前年の2018年と比較するとそんなに大きな相違は、ありませんでした。ほぼ予想通りでした。2020年は、年金額が増えるので、今年は、収入面では、余裕ができるはずです。 さて、正月というと帰省をする人もいるかと思います。 そしがやは、両親が大分前に亡くなっているので、田舎に帰ることも久しくありません。 ですが、両親が健在の場合は、帰る人も多いでしょう。…

カテゴリー一覧
商用