searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

そしがやさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
そしがやのリタイア日記
ブログURL
https://sosigayax.hatenablog.com/
ブログ紹介文
リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。
ブログ村参加
2015/05/01
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、そしがやさんをフォローしませんか?

ハンドル名
そしがやさん
ブログタイトル
そしがやのリタイア日記
フォロー
そしがやのリタイア日記

そしがやさんの新着記事

1件〜30件

  • 株主優待は、やっぱりうれしい

    数日前に日本マクドナルドから株主優待券が送られてきました。 中身はというと優待食事割引券の冊子が1冊で、中には、「バーガー」、「サイドメニュー」、「ドリンク」の3種類の無料引換券が1枚になったシートが6枚あります。 さっそく、昨日、近くのマクドナルドで使いました。 ビックマック、サラダ、キャラメルカフェラテです。 値段としては、600円程度のものでしょう。 持ち帰りにして、家で食べましたが、久しぶりにマクドナルドを食べて、満足しました。 ちなみにマクドナルドへ行くのは、株主優待券を使う時だけです。 高配当株投資を心掛けているので、株主優待は、株式投資の本質からはずれていると考えています。 とは…

  • みずほ銀行よ、しっかりして

    公務員として勤め出し、生まれて初めて作った銀行口座が当時の富士銀行のものでした。 勤め先の幹事銀行ということもあり、職場内に富士銀行の派出所があったので、作りました。 それ以降、ずっとメインバンクは、富士銀行、その後合併によりみずほ銀行なりましたが、変わらず過ごしてきました。 以前は、現在は売却したものの株式も持っていました。 ですが、今年になってからは、トラブルが相次いでいます。 news.yahoo.co.jp 9月22日、金融庁は、システム障害が相次いだ問題をうけ、みずほ銀行とその親会社であるみずほフィナンシャルグループに対し、銀行法に基づく業務改善命令を出した 金融庁の改善命令は、みず…

  • 所得格差に対する誤解 再分配後の所得格差はむしろ縮小

    以前、ファクトフルネスという本を読んだときに、普段イメージとして持っている、例えば「世界がどんどん悪くなっている」とかの印象が間違っているということが詳細に説明されていました。 この本では、エビデンスのあるデータによって、貧困にある人は、過去20年で約半分になり、世界の平均寿命は70歳を超えるということを知りました。 なぜこのように思い込むかというのは、人間が物事のポジティブな面よりもネガティブなものに気づきやすい本能によるものだということです。 この本を読んだときには、目から鱗が落ちたように感じたものです。 ですが、一方ではいまだに悪くなってきたという印象を持っているものがあります。 日本で…

  • マンションの寿命

    そしがやの住んでいるマンションは、築20年ほどの物件で、数年前に大規模改修を行いました。 ですが、住んでいる部屋の内部は、だいぶ老朽化が目立っています。 壁のクロスは、剥がれかかっているものもあるし、床のフローリングも同様です。 クロスは、そのままですが、床は、自分たちで修復を行ったので、色の違うパッチワークのようになっています。 これまでには、水回りを中心に業者を呼んで、修理したことも何度かありました。 さすがに水回りは、自分たちでは無理でした。 税法上は、マンションの寿命は、47年になっているので、そしがやの平均寿命よりは長持ちしそうです。 ですが、妻が生きている間には、47年経ってしまう…

  • 来週から大学院の秋学期が始まる

    昨夜、来週から始まる大学院の授業の勉強会がありました。 有志の学生がオンラインで授業の事前の下調べをするという勉強会です。 授業についていくためには、大切なものです。 1時間半ほどの予定でしたが、伸びてしまい、2時間ほどかかってしまいました。 2か月近くあった夏休みが終わり、ほかの学生ともネット上ですが、久しぶりに会えたので、うれしかったです。 来週からの授業に向けての本格的な勉強モードになりました。 今年の3月に前の専攻を卒業したので、今は科目履修生という形で同じ大学院の別の専攻の1コマ取っています。 来年度は、その専攻を受験するつもりでいます。 今年は、その専攻へ受験しても合格する自信がな…

  • 配当課税30%をどう乗り切るか

    今、テレビのワイドショーを見ると自由民主党の総裁選の話題で持ちきりです。 自由民主党の総裁がその後の衆議院選挙で首相になる可能性が高いので、当然かもしれません。 何人かの候補が名乗りを上げていますが、株式の配当課税を30%に引き上げようという主張をしている候補もいます。 現在の20%から30%になるので、配当金でリタイア生活を支えている身としては、その影響は大きいです。 そんな中、こんな記事を読みました。 news.yahoo.co.jp 政権交代のタイミングで、配当課税が30%になるのではないかというウワサが聞こえてきています。 現在の配当課税は、所得税および復興特別所得税で15.315%、…

  • 秋を迎え、リタイアしてよかったこと

    9月も半ばになり、だいぶ秋めいてきました。 日中は、まだ暑いものの朝晩は、だいぶ涼しくなり、街で見かける人の服装も長袖が多くなりました。 以前は、夜になっても気温が下がらず、なかなか寝付かれなかったものですが、いまは、ベッドに入ると比較的すぐに入眠できています。 夜中に蒸し暑さで目覚めることもなくなり、熟睡感があります。 これからしばらくは、一年でも一番いい季節なので、この秋を楽しみたいと思います。 リタイアする前のことを思い出すとこういう季節の変化を楽しむ余裕がありませんでした。 日々、仕事に追われていたので、季節の移ろいに気づくこともなかったのです。 本当のことを言えば、楽しむ時間が全くな…

  • 「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛ぶ」アマゾンの電子書籍が抱える根本的な落とし穴

    本は、毎月10冊程度読んでいます。 紙の本が多いのですが、アマゾンのキンドルでも読んでいます。 保管スペースがないので、紙の本は、できるだけ図書館で借りるようにしており、どうしても手元に置きたいものだけ購入しています。 キンドルを読み始めたきっかけは、そんな保管スペースのなさが一番の理由です。 タブレットの中にかなりの冊数が入るので、部屋の中が本であふれることがないのが、うれしかったのです。 ですが、1年ほど前までは、キンドルで結構本を読んでいたのですが、最近は、また紙の本に回帰しています。 キンドルでは、あまり読まなくなりました。 その訳を考えてみるとやはり本は、紙で読む方が集中できるし、一…

  • 資産課税されたらどうなる?

    村上世彰と言うとかつては物言う株主として名をはせた人物です。 株主の権利よりも経営者の論理が優先される日本社会に異議を申し立てたその姿は、カッコいいと思ったものです。 そしがやもその著書の生涯投資家を読んで、投資家として、正論を述べる彼には、興味を持ってきました。 そんな村上世彰ですが、ちょっと意外な発言をしていたので、取り上げたいと思います。 business.nikkei.com 村上世彰氏(以下、村上氏):今、一番気になっていることを言ってもいいですか。日本の貧富の差の拡大です。このままだと日本で暴動が起きますよ。リーマン・ショックの後に米ウォール街で暴動が起きたのと同じことが日本でも起…

  • 株式投資で大失敗…メンタルをやられる原因と鍛え方

    昨日は、日経平均が5か月ぶりに3万円を超え、株価は好調です。 先月の資産の収支をまとめましたが、そしがやの持ち株も過去10年ほどで見ると最高益を出しています。 多分、多くの人にとっても同じような結果が出ているかと思います。 ですが、こういう時こそ株価下落のリスクについて考えておくことが必要です。 そしがやは、長い株式投資の中で大きな下落を2度経験しています。 バブル崩壊とリーマンショックです。 その2回では、かなりメンタルをやられ、もう株式投資なんかしまいと思ったものです。 しかしいずれも株価は、いずれは戻ると思いなおし、株式投資を再開して、現在に至っています。 そんな株式投資の失敗でのメンタ…

  • 以前よく読んでいたブログを久しぶりに読んでみたら

    他の人の書いたブログは、毎日1時間程度読んでいます。 純粋に面白いから読んでいるものもあるし、自分のブログに参考にしようと目を通しているものもあります。 ただ考えるとよく読むブログは、少しずつ変わってきています。 このブログを始めた6年前からずっと愛読しているものもありますが、いつも間にか縁遠くなってしまったものもあります。 先日、このブログを始めた6年ほど前には、毎日のように読んでいたブログに久しぶりに遭遇しました。 ある人のブログを読んでいたら、その中で引用されていたので、どこかで聞いた名前だな、と思い出して、そのブログのリンクをクリックしてみたのです。 最初は、懐かしかったです。 いまだ…

  • 41億円宝くじ当せんは地獄」英50代女性、死亡した状態で発見

    宝くじは、買ったことがありませんが、いろいろとニュースを読んでいると宝くじで当たって幸せになった人の記事って、ほぼ、ないような気がします。 特に外国の高額当選者の記事には、その傾向が強いようです。 今回は、イギリスのそんな記事です。 news.yahoo.co.jp 英国で約41億円の宝くじに当せんした50代の女性が死亡した状態で発見された。 2日(現地時間)、英国のデイリーメールなどの現地メディアはこの日、マーガレット・ラフレイ(56)さんが自宅で死亡した状態で発見されたと報道した。 この女性の死亡のケースには、事件性はないようですが、外国の宝くじの記事でびっくりするのは、高額なことと当選者…

  • 「定年後も働く人」を若手社員はどう見ている?

    定年でリタイアした理由のひとつに若い社員からの冷たい視線を浴びるだろうという考えたことがありました。 給料は下がるものの、それに見合った仕事をできるかどうか疑問に思っていたからです。 そしがやが若手だったころ、定年後も働く人は、それに見合った仕事をしているようにはとても思えないケースが多かったです。 年齢を重ねると仕事の能力が落ちることもあったでしょう。 あるいは、若いころに身に着けたノウハウが今の進んだ職場の中では、時代遅くれになってしまったということもあるかもしれません。 そんなわけでそしがやが若手だったころは、リタイア後も働く人へは、冷ややかな目で見ていました。 だから自分もそう見られる…

  • NY在住の大江千里「日本は安すぎる」発言の波紋

    かつて日本は、世界でも物価が高い国として有名でした。 そのためか老後を物価の安い外国で過ごそうという人も多かったようです。 今でも、リタイアのブログを見ると東南アジアの国でリタイア生活を送っている人のブログが結構あります。 そしがやも検討したことがあります。 そんな中、日本は、今では、長年のデフレのためか世界でも逆に物が安い国になってしまいました。 来日する外国人からすると日本では、品質がいいのに、物が安くて、素晴らしい国だという評価がされています。 反面、日本人が外国に旅行すると外国の物価高に驚くということがあるようです。 そんな日本の物価についてニューヨークに在住するジャズミュージッシャン…

  • 小説家になって億を稼ごう

    以前、小説家になりたいと小説教室に通っていたことがありました。 ただ教室に通ってみると何人かの受講生が新人賞を受賞して、デビューしましたが、一作で消えてしまった人もいるし、いまだに小説家として頑張っている人もいますが、今回読んだ「小説家になって億を稼ごう」の著者の松岡圭祐が主張するように年間1億を稼ぐ人は、耳にする範囲では、いないようです。 ですが、この本では、そんな夢も実現できると述べています。 いろいろな小説家になる本を読んできましたが、ここまではっきりと小説家は、儲かると強調している本は、初めてです。 それにこの本は、小説家になる方法となってからのノウハウがかなり具体的に述べられているの…

  • リタイアして止めてよかったこと

    リタイアして6年経ちますが、リタイアして止めてよかったことがいくつかあります。 一番大きいことは、無論、仕事を辞めたことですが、それ以外の2つについて触れたいと思います。 一つは、酒を飲むことを止めたことです。 勤めているころから家で酒を飲むことは、ほぼありませんでしたが、職場の飲み会があったので、居酒屋等で飲んでいました。 ただ酒を飲むとなかなかアルコールが抜けない体質のようで、翌日1日ずっと調子が悪かったです。 胃腸が弱いせいか、飲んだ後は、ほぼ毎回下痢をしていました。 それにムカムカして、頭も回らなくなり、仕事の能率も圧倒的に下がっていました。 本当は飲み会に参加しなければいいのですが、…

  • 大企業を辞め30歳でFIRE達成

    そしがやが60歳でリタイアした6年前には、FIREという言葉はまだなかったように記憶しています。 最近は、FIREが流行りのようでいろいろなところで目にします。 そしがやがもし22歳で就職したころにこの言葉を知っていたら、もっと早くリタイアしていたかもしれません。 そんなFIRE関係のブログで一時期よく読んでいたものに穂高唯希さんのブログがあります。 しばらく読んでいなかったのですが、今回、トウシルの記事で取り上げられていました。 media.rakuten-sec.net ▼Profile社会人1年目に、30代前半でのセミリタイアを計画。給与の8割を高配当株・連続増配株に投資し、金融資産約7…

  • 国会審議は、オンライン化できないのか

    コロナ渦になって、不思議に思うことがいくつかありますが、その一つに国会では、相変わらず議員や政府委員が実際に出席して、審議をしているということです。 テレビで国会審議の様子を見ているとほぼ3密の状態になっています。 みなマスクはしているものの、狭い空間にかなりの人数が押し込められている状態です。 政府が3密を避けてくださいと言っているにも関わらず、何か矛盾しています。 テレビ番組でよく見られるようにリモート出席というのは、できないものでしょうか。 国民にいくらリモート勤務を呼び掛けても、国会の審議が3密状態なのでは、国民に対しての説得力がないように感じます。 ずっとそう思っていたのですが、リモ…

  • 美人の自虐に苦悩する27歳女性

    世間では、美人は得だとよく言われます。 科学的に分析した本もあり、経済学者のダニエル・S・ハマーメッシュの「美貌格差」では、美人であることによる生涯年収の差は2700万円と述べられています。 どこまでも客観性があるか分かりませんが、多くの人が見た目が重要だということは、経験的に感じているでしょう。 さて、そんな中、職場の美人の自虐的な発言に耐えられない、どう返していいかわからないという27歳の女性の記事を読みました。 news.nifty.com 美人は美人というだけで妬まれる苦労があるようだが、ガールズちゃんねるに8月中旬、「美人の自虐に耐えられない…」というトピックが立ち注目を集めた。トピ…

  • 50代主婦が参加した「海洋葬」体験

    60歳代半ばという年齢的なこともあり、死んだときのことを考えることがあります。 普通だと墓を作り、そこに埋葬されるということでしょうが、子どもがいないので、墓を作っても妻が亡くなった後は、管理する人がいません。 妻とは、具体的に話したことはないのですが、管理の要らないような方式に関心を持っています。 世の中には、墓の要らない方法としては、樹木葬や樹林葬といったものがあります。 また海に散骨する海洋葬というものもあるようです。 海のそばに町に育ったので、この方法にも興味があります。 そんな中、海洋葬を体験した主婦の記事を読みました。 www.msn.com 時代とともに、故人の弔い方も変化するも…

  • 財政破綻の自治体が出てくるか

    地方自治体の公務員だったので、自治体のニュースには、関心を持って読んでいます。 幸い、そしがやが勤めていた自治体は、都内にあり、財政的には、そんなに悪くはありませんでした。 住民サービスも他の自治体に比べると比較的恵まれていました。 ですが、今、意外な自治体が財政破綻に近い状態であるという記事を読みました。 news.yahoo.co.jp (京都市 門川大作市長) 「このままでは10年以内に、京都市の財政は破綻しかねません」 なんと、財政は火の車。将来見込まれる借金などの負担の重さを示す「将来負担比率」が、政令指定都市でワースト1、実質的な借金の残高は8500億円に上り、財政破綻の危機に直面…

  • リタイアすると毎日が日曜日か

    リタイア前は、リタイアすると毎日が日曜日になるって、言われたことがあります。 個人的に言われたこともあるし、世間的にもよく耳にするフレーズでした。 その意味は、否定的なものだったような気がします。 毎日が日曜日のように何もすることなく、退屈で暇を持て余してしまうといったニュアンスがありました。 ですが、そしがやの場合は、いざリタイアして毎日が日曜日になってしまうとそんなことはありません。 明日から仕事をしなくていいと思うと気持ちが本当にラクです。 仕事に関係なく、自分のペースで一日を過ごせるのがうれしいです。 こういう風に感じるのは、そしがやの性格的なものかもしれません。 勤めているころの日曜…

  • ゴールデンバンバー鬼龍院さんの貯蓄額は「2億円」

    芸能人というと一時的にお金が稼ぐが、気が大きくなってか、すぐに後輩たちに大盤振る舞いをしたりして、浪費してしまい、売れなくなると困窮するというイメージがありました。 もちろん、いつまでも現役で稼いでいる人もいますが、そういう人は、例外的な存在という印象があります。 ただ最近は、稼いだ金を浪費することなく、堅実に芸能生活を送っている人や投資をしている芸能人も増えてきたように思います。 先日、日中は、暑いので、夕方の涼しくなり始めたころに、川に沿った遊歩道へ散歩に行こうと幹線道路を渡ろうとしたら、歩道の信号が青になり、歩道の前で車が停車したことがありました。 渡るときに、ちょっと車の中を見たら、ゴ…

  • 本当の自由を手に入れるお金の大学

    両@リベ大学長のyoutubeは、よく視聴しています。 お金に関する内容で、いつも勉強になっています。 これだけの内容のものが無料で見ることができるとは、いい時代になったものです。 そんな両@リベ大学長が書いた「お金の大学」を読みました。 内容はと言えば、節約、副業、投資等について網羅的に解説したものです。 イラストや表を多用して、分かりやすく書かれています。 以前、ファイナンシャルプランナーの勉強をしていたことがあるので、その時の教科書の内容に近いです。 ただファイナンシャルプランナーの教科書から見るとかなり踏み込んだ部分もあります。 例えば、副業の部分では、お勧めの8つの副業が紹介されてい…

  • やっぱり株をやっていてよかった

    投資に関するブログをよく読んでいます。 その中でも株式は、投資の王道ともいうべきもので、投資のブログの中心です。 なぜ株式をやっているかと言うと早くリタイアしたいとか、すでにリタイアした人は、生活費のの足しにしたいという人が多いようです。 そしがやも20歳代後半から株式投資をしていて、多かったときは、資産全体の30%位を株式に振り向けていました。 今から考えるともう少し割合が多くてもよかったかな、とも思っています。 かなり堅実なポートフォリオでした。 とはいえ、リスクのある投資ですから、山あり、谷ありでしたが、全体としては、現在のリタイア生活ができるようになることに、かなり寄与しています。 た…

  • リタイアした大学院生の夏休み

    今日でオリンピックも終わりです。 開催前は、反対論も強かったのですが、始まってみるとやってよかったという風に世論も変わってきたように感じます。 そしがやも面白そうな競技は、テレビで観戦していました。 昨夜は、野球の試合で日本とアメリカが戦ったあとに選手同士が握手しているシーンをちょっと感動しながら見ていました。 無論、日本が決勝戦に勝ち、金メダルを獲ったこともうれしかったのですが、終わった後にお互いの健闘をたたえ合うのは、気持ちいいものです。 ほかの試合では、必ずしもそうでない場面も見受けられたので、なおさらでした。 7月下旬に大学院の春学期の授業が終わって、すぐオリンピックが始まったので、今…

  • リタイアしてから作った金融機関の口座を解約する

    昨日、ずっと使っていなかった銀行の口座を解約しました。 その口座は、60歳の退職の時に退職者向けの優遇定期をやっていた銀行のもので、その優遇定期が終わってからは、使っていなかったものです。 このあたりについては、何度か記事にしました。 退職の時には、退職者向けの優遇定期をやっているいくつかの金融機関で口座を作り、優遇定期を利用してきました。 2年目あたりでほとんどの金融機関の優遇制度が利用できなくなり、その時に作った口座がそのままになっていました。 少しづつそういった口座を解約しようとしてきましたが、面倒くさかったりしたので、なかなか解約作業は進みませんでしたが、昨日の口座解約で、現在使ってい…

  • 海外メディアは日本の「コンビニ」をベタ褒めしているが、外国での普及が難しいワケ

    ほぼ毎日コンビニで買い物をしています。 弁当、パン、お菓子、飲み物などです。 公共料金の支払いもしています。 コンビニは、日々の生活に欠かせないものになっています。 そんなコンビニですが、今回の東京オリンピックでは、外国人から評価されているようです。 news.yahoo.co.jp 「セブンなしでは何もできない」 五輪で来日のカナダ人記者、セブン-イレブンの虜になる(J-CASTニュース 7月26日) この見出しからも分かるように、このカナダ人の記事は、日本のコンビニの豊富な品ぞろえや、パンやお菓子のクオリティーの高さに驚き、感激しているというものです。 開催前はネガティブな話ばかりだった五…

  • バッハ高笑い!? 東京五輪「やってよかった」が77%も!

    オリンピックが始まってからは、テレビは、オリンピック一色になっています。 始まる前は、開催に否定的だったテレビ局ですが、その手のひら返しは、見事なほどです。 個人的には、オリンピック以外の番組で見たいのもあったので、そういったレギュラー番組が放送されないのが、ちょっと寂しいです。 そんなオリンピックですが、世論の変化について触れた記事を読みました。 news.yahoo.co.jp 一向に収まらない新型コロナウイルスの影響に加え、開会式のドタバタもあって開催前は否定的な声が圧倒的に多かった東京五輪。しかし、いざ開幕してみれば日本選手団が過去最多の金メダル数を獲得する大活躍となり、無観客でも大い…

  • いらない土地は国に返す!「国庫帰属制度」が創設

    そしがやは、田舎に両親から相続した土地があります。 100平方メートルほどです。 現在、建物は建っておらず、空き地になっていますが、近所からのクレームがあり、年1回草刈りを業者にお願いしています。 その費用が毎年4~5万円掛かっています。 それが毎年のことで、負担になっていて、売却を考えていますが、田舎の土地なので、売れる見込みはありません。 こういう土地は、全国各地にたくさんあり、問題になっているのは、周知のことです。 国が引き取ってくれればいいな、と考えていたのですが、そのような制度ができたとのニュースを読みました。 www.l-faith.com 相続又は遺贈により土地を取得した所有者は…

カテゴリー一覧
商用