searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ひめのさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

介護も子育ても終わったので これからは自分が主役。  生活スタイルを見つめ直して 快適を目指します。

ブログタイトル
道草の記録
ブログURL
https://himenokuni.hatenablog.com/?_ga=2.36781090.363349977.1566447732-1702979471.1547619085
ブログ紹介文
ストレス解消のパチンコ ときどき株主優待 どこまで続くのか・・誰も知らない お楽しみに〜〜〜 
更新頻度(1年)

985回 / 365日(平均18.9回/週)

ブログ村参加:2015/03/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ひめのさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ひめのさん
ブログタイトル
道草の記録
更新頻度
985回 / 365日(平均18.9回/週)
読者になる
道草の記録

ひめのさんの新着記事

1件〜30件

  • 医療費「同じ検査で負担額違う」「同じ薬なのに割引」のワケ

    同じ病気でも、“病院のかかり方”で払うお金は変わる──その仕組みを知らないと、多額のムダな医療費を負担することになる。賢い患者となるための必須知識を紹介していく。 同じ検査に「3割負担」と「10割負担」がある 「保険適用」と「全額自己負担(自費)」の境界を知ることは重要だ。代表的なのが検査。同じ病院でMRI検査を受けたのに、ある人は健康保険が適用されて9000円、別の人は全額自費で3万円──こうしたことが実際に起きている。その違いはどこにあるのか。医療経済ジャーナリストの室井氏が指摘する。 「保険が適用されるか否かは、病名がつくかどうかで変わります。治療のための検査なら保険が適用され、予防が目…

  • 独りで生きて、独りで死ねる未来ができてほしい

    先日、世間では孤独死が増えている、もう既に問題だ、と提起する記事を東洋経済オンラインでみかけた。孤独に死ぬことを凄絶とみなし、また、死後の片づけの問題にも触れている。もう既に問題なのは、指摘のとおりだろう。 一方、ここ最近のスマートメディアの発展・普及や、新型コロナウイルス感染症に際して片鱗のうかがわれた健康をモニタリングする統治可能性をみるに、孤独死への対策は不可能ではないというか、将来は大っぴらに行われ、案外うまくいきそうな気がしてきた。 孤独死に関しては、まあ、AIかなんかを駆使した安価な見守りサービス(スマートウォッチかスマホと連動してバイタル観測しておいて、生体反応が一定時間消えたら…

  • 9月25日の相場を見てみたよ チュン

    NY上げて ひと安心ちゅん ( ^Θ^) _旦~~ NYは52ドル高で返ってきたちゅん ひっくり返したちゅんね NY先物 18ドル高 為替 105.4円 0.1円の円安 原油 40.3ドル 0.7ドル高 225先物 配当落ち入れると150円高 だいたい寄りついて130円高 無難なスタートちゅん (´-⊝-)ウム 上方修正・増配・分割の9143SGHDがS高~~ 基本きょうはNY先物がヨコヨコで 動きがないちゅん こういう日は 小型株に火柱がど~~~~ん まったり見ていられるちゅん きょう動いた株は 4186応化工業 3% 6101ツガミ 3.6% 7269スズキ 3% 7729東京精密 3.3…

  • 病院代 通院回数で負担額は変わる「月2回」は病院が大儲け

    同じ病気でも、“病院のかかり方”で払うお金は変わる──その仕組みを知らないと、多額のムダな医療費を負担することになる。賢い患者となるための必須知識を紹介していく。 大病院に「紹介状なし」で行くと負担激増 「急な腹痛に襲われ、近所のかかりつけの診療所ではなく、精密検査をしてもらいに大学病院に行ったらびっくりするような金額で……」 そう嘆くのは、都内に住む60代男性だ。実は大病院に行く際は、「紹介状の有無」で医療費が大きく変わる。医療経済ジャーナリスト・室井一辰氏が解説する。 「紹介状なしで200床以上の大病院に行くと、初診で5000円以上、再診でも2500円以上の『選定療養費』を徴収されます。紹…

  • 入院費 同じ病気でも「出来高」と「包括」で10万円も違う

    同じ病気にかかっても、医療費の仕組みを知らないと、多額の無駄なお金を負担してしまう可能性がある──。賢い患者となるための必須知識を紹介していく。 「出来高払い」か「包括払い」か 同じ病気の入院費でも大差が生じる。それは計上方法が2通りあるからだ。 治療や検査などの医療行為をした分だけ費用が発生するのが、従来のやり方である「出来高払い」。一方、大病院を中心に2003年から導入されたのが入院費の「包括払い(DPC)」だ。病気ごとに「1日の診療報酬額」が決められた“定額制”である。医療経済ジャーナリスト・室井一辰氏が解説する。 「DPCは入院1日あたりの医療費の上限が決まっているので、患者に検査など…

  • ペットが路頭に迷う悲しい現実

    たった一匹で最期を迎える犬や猫たち……高齢者が飼いきれずに「ペットが路頭に迷う」悲しい現実 捨てたんじゃなくて「置いた」 - 渡辺 陽 人懐っこく、くったくない表情が可愛い。その可愛さに癒されるからと、猫や犬とともに暮らす高齢者は少なくありません。しかし、高齢者の場合、死亡や施設への入所、入院などで突然ペットを飼えなくなることがあります。そして今、高齢者が飼いきれなくなり「ペットが路頭に迷ってしまう」ことが問題になっているのです。 猫の不妊手術や保護活動をしている大阪府八尾市のHappy Tabby Clinic(ハッピータビークリニック)では、里親を募集している猫のシェルターがあります。保護…

  • 犬が『くさいもの』を好む理由3選!飼い主の靴下や洋服を好むのはなぜ?

    犬が『くさいもの』を好む理由1.「くさい」という概念がないから 犬にとっては「好きなニオイ」か「嫌いなニオイ」か まず、犬には「くさい」という概念はないと考えられます。私たち人間は、「くさいニオイ」イコール「不潔」「汚れている」と考えますが、それは人間の概念であって、犬にはその概念はありません。 犬は自分の寝床や居心地の良い場所を自分の糞尿で汚さないようにするだけで、自分の体臭が浸み込んで強い獣臭がしていても、その寝床を不潔だとは思いません。 ですから犬にとっての「くさいニオイ」とは「嗅ぎたくない嫌なニオイ」ということになり犬にとっての「好きなニオイ」が人間にとって好ましいニオイとは限らないの…

  • たばこ増税が迫り「500円超えたら禁煙」勢がアップ開始 第3の選択も話題に

    JT(日本たばこ産業株式会社)は10月1日からのたばこ増税に伴い、たばこの価格を値上げすると発表。喫煙者からは悲鳴の声が多数上がっているが、10月以降の新たなスタイルに体を合わせようと早くもウォーミングアップに勤しむ人々も少なくないようだ。 ■今回の値上げで… 非喫煙者にはなかなかピンと来ないが、冷静に推移を見直すとエグいほどの上昇を続けているたばこの価格。特にここ数年はたばこ税だけでなく、二度に渡る消費税の増税を挟んでいるため、余計に金額が上がって感じられることだろう。 記者は全くたばこを嗜まない側の人間なのだが、都内の「ドン・キホーテ」数店に立ち寄った際に、多くの喫煙者が「2箱が1,000…

  • 9月24日の相場を見てみたよ チュン

    あれ~~??おかしいちゅ~~~んσ(・⊝・,,`)? NYは525ドル安 下げっぱなしでいいところなし~~ NY先物も168ドル安 さっぱりちゅん 為替 105.3円 0.2円の円安 原油 39.3ドル 0.2ドル安 225先物 配当落ち入れると140円安 どーして?? おかしいちゅん!!*1 波乱なく130円安で寄りついて110円すと~~ん(⊃。⊝。)⊃ピクピク からの130円戻り~~前場はNY先物が強かったちゅん よくわからんちゅんね~~ 上げまくった反動なのはわかるけどね~~ 後場13:30ころからNY先物が前場の上げを帳消しの140ドル下げ 225もおつきあい~~70円↓ 225の…

  • 「離婚相談が4割増」ステイホーム中に"残念な夫"に気づいた妻たち

    コロナ禍では夫婦が一緒にいる時間が増える。それは離婚の原因にもなりかねない。夫婦問題研究家の岡野あつこさんは「離婚の相談者が通常の4割増になっている。夫の言葉や態度、嫌がらせの相談も少なくない」という――。 ■「コロナ離婚」に悩む相談者は通常より年齢層が低い 新型コロナウイルスによるステイホームの常態化がきっかけとなり、コロナ離婚という新たな問題を抱えた夫婦は少なくない。私の相談所に訪れる相談者も通常の4割増となっている。 ステイホームが長引くにつれ、増えている相談内容のひとつに、「モラハラ夫に、これ以上耐えられない」という妻からの悩みがある。夫からの心ない言葉や態度、嫌がらせにより、精神的な…

  • 9月23日の相場を見てみたよ チュン

    うわ~~~あ・・あ・・あれ?こんなもん?ε-(´⊝`;A NYは4連休中に613ドルの急落(⊃。⊝。)⊃ピクピク 為替 0.5円の円安 原油 1.2ドル安 225先物 150円安 ??? よくわからんちゅん NASが上げてるのが原因なのかねん? だいたい寄りついて120円安ちゅん このくらいでよかったちゅん 500円は下げるかなと思ってたのでε-(´⊝`;A NY先物の下げに連動して10:30には200円安まであったちゅん そこから戻して終わりましたとさ めでたしめでたし☆⌒☆⌒☆⌒ヾ(*^⊝^)ノ きょう動いた株は 4041日本曹達 -3.4% 4109ステラケミファ -4.1% 461…

  • 遺族も驚愕のへそくり発見現場 ソファの中から2000万円の現金が!

    夫婦共働き世帯が増え、自分の収入は自分で管理する夫婦や“夫婦別財布”の家庭も増えている。その結果、互いの収入を知らない人や教え合わないケースも多く、“へそくり”も専業主婦が一括管理をしていた昭和時代とは大きな変化が起きている。 本誌『女性セブン』では読者による“セブンズクラブ”の会員916人にへそくりに関するアンケートを実施(全国の20~80代の男性・女性916人が回答。実施期間2020年8月20~26日)。へそくりの隠し場所を聞いたところ、「現金を家のどこか」に隠す「タンス預金」より、「自分名義の銀行口座」に入れる人が圧倒的。その数は296人で、次点のタンスやクローゼットは176人だった。 …

  • 6人に1人貧困も生活保護には偏見

    「所持金が300円しかない……」 「働いていたキャバクラ店の休業で収入が途絶えて、家賃を滞納してしまった」 「派遣切りに遭ってしまい、来週には寮を出ないといけないと言われた」 「ネカフェで寝泊まりしながらテレホンオペレーターをしていたが、仕事を切られて行き場がない」 新型コロナウイルスの影響で、生活が苦しくなってしまった人が急増している。毎週土曜日、東京新宿の都庁下の路上で行われている食料品配布と相談会の支援活動に、筆者はメンバーとして関わっているが、上記のような悲痛な声を数多く耳にした。 コロナ禍で困り果てて相談に訪れている 仕事がなくなり収入が激減した人、貯金も底をついて家賃が払えなくなっ…

  • 39歳会社員 在宅勤務1か月で「意識高い妻」と離婚決意の裏

    コロナによって「家族の時間」が増えた人は多いが、それがもたらす影響はさまざまだろう。夫婦が向き合うことによって危機を迎えた一組の夫婦をレポートする。 * * * ◆テレビばっかり見て……きっかけは妻の小言 裕樹(ゆうき)さん、39歳は、都内の大手企業で働くサラリーマン。3月下旬から仕事をリモートに切り替え、今も出社は週に半分程度にしている。だが、“ニューノーマル”になったのは働き方だけではない。コロナを機に私生活も一変した。この夏から、結婚して10年になる妻と一人娘と別居中。離婚を望む妻と話し合いを続けている。裕樹さんの家庭に何が起きたのか。 「共働きで、小学生の娘が一人。妻とは決して不仲と思…

  • 進化する高速道路のSA・PA コロナ禍でもリニューアル着々

    コロナ感染拡大に伴う人の移動制限が徐々に解除され、9月19日から始まる4連休は久々にクルマで遠出を予定している人も多いだろう。いま、高速道路にあるSA(サービスエリア)とPA(パーキングエリア)は、単なる休憩ポイントではなく、敢えて立ち寄りたい人気スポットになっている。そんなSA/PAの進化の歴史と新潮流について、モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。 * * * 高速道路にあるSAとPAには、レストランやフードコートが用意されています。最近では、どこのSAやPAにも、独自の凝った料理が用意されていますが、20年も時代をさかのぼれば、まったく状況が変わります。 その昔の高速道路…

  • 65歳はもはや「高齢者」ではない

    昨日は敬老の日でした。日本経済新聞の記事によれば、総務省の人口推計で65歳以上の高齢者人口は3617万人で、前年比で30万人の増加。総人口に占める割合は、28.7%で過去最高です。 また、65歳以上の就業率は24.9%で、6年で約5%上昇しているそうです。 このような報道を聞いて感じるのは「65歳は高齢者なのか?」という素朴な疑問です。 65歳が高齢者というのは、数十年前のライフスタイルを前提にした区分けに過ぎません。今や定年は55歳だったのが65歳が当たり前になり、定年後も働き続けるのも珍しいことではありません。 また、そもそも自然年齢というものに、最近あまり意味を感じなくなってきました。同…

  • デキる人はやっている、体調不良の悪循環を断ち切る「食べ方」の極意

    和定食は、ご飯、野菜や海藻入りの味噌汁、魚か納豆などたんぱく質のものを少し。朝食には、これくらいの軽いものが良さそうです。栄養価の高い食材の一品は、たとえば納豆にかつお節やごま、亜麻仁油、醤油を加えたものや、アボカドとブロッコリーやアスパラガスにオリーブオイルを少したらし、かつお節とぬちまーす(沖縄の海の塩。ミネラルが多い)や醤油で味付けしたものなどがオススメです。納豆は中庸ですが、やや陰性に近く、オイルやアボカドは陰性なので、陽性のかつお節を加えるとバランスが良く、うま味も加えられて満足感も高くなります。 これらは、たいして料理ができない私でも素早く用意できますし、量も少ないので、午前中のパ…

  • 紀子さま“大幅譲歩”の陰にあった眞子さまへの「結婚条件」

    《長女の結婚については、対話を重ねながら、親として娘の気持ちを受け止め、一緒に考えていくことが大切だと考えています。その中では、共感したり意見が違ったりすることもありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ、長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております。現状や見通しを含め、話したことの内容をお伝えすることは控えさせていただきます》 9月11日、秋篠宮妃紀子さまは54歳の誕生日を迎えられ、宮内記者会からの質問にお答えになった。 今回もっとも注目を集めたのは、眞子さまの結婚に関しての言及だった。結婚延期から2年半という状況で、紀子さまはこれまでにない踏み込んだコメントをなさったのだ。 …

  • 美智子さま「自力で解決なさい」に、眞子さま「お前こそ、とっとと引っ越せ!」の罵倒 小室圭さん「ニヤリ」 2020年2月4日 / 2020年2月7日

    風雲急を告げる小室問題 眞子さまと小室圭さんの“納采の儀”が延期されて2年が経つ。とうとうこの2月は当初発表されていた延期の期限となるのだが、宮内庁から発表は何もない。関係者も「先行きの不透明さ」を嘆く。 「2月に何か発表されるのか、宮内庁も把握していません。今のところ白紙状態です。秋篠宮殿下は、今後の見通しについて何らかの発表をするように眞子さまを促したのですが…」(宮内庁関係者) また問題に詳しいジャーナリストは、今後の予想を次のように語る。 「眞子さまの想いはいまだ冷めていません。『本当なら今すぐにでも…』と考えているのでしょうが、2月は今上陛下の誕生日、4月には父・秋篠宮殿下の”立皇嗣…

  • 「秋篠宮家」からキャリア官僚が次々と逃げ出している

    立皇嗣の礼はコロナ禍で延期、長女の婚約は相手方のスキャンダルで不透明。そんな難しい状況が続く宮家から、エリート公務員たちが次々と逃げ出している。未来の天皇家の揺れる内幕を覗いた。揺れる内幕について、発売中の『週刊現代』が特集する。 紀子さまの逆鱗 「このボタンは何?」「それはモードダイヤルだね」 「じゃあ、これは?」「それは絞りです」 「あ、トンボだ。ちょっと貸して下さい」「両手でしっかり持つんですよ」 長い望遠レンズをつけたカメラを息子に手渡す。機種はニコンDF。スマホ撮影が当たり前の現代ではマニアックともいえる、操作の難しい一眼レフだ。 そうやってカメラの操作方法を教える姿は、いたって普通…

  • たとえ新型コロナワクチンが完成しても…日本を待ち受ける「ヤバい現実」

    そんなに新薬実用化は簡単なのか 新型コロナウイルスは世界中で猛威を振るっており、命運は治療薬やワクチンの完成にかかっているといっても過言ではない。政府も治験手続きの簡素化や薬事申請の迅速な審査を打ち出している。だが、治療薬やワクチンが完成しても問題は山積みだ。 厚生労働省は8月28日、「新型コロナウイルス感染症に関する今後の取組」を発表した。この中で治療薬については「現在開発中の薬剤について治験手続きを簡素化するとともに、今後、薬事申請がなされた場合は最優先で審査を行い、有効性等が確認されれば速やかに承認するなど、早期の実用化を図る」としている。 また、ワクチンについては、「令和3年(2021…

  • 「バラマキのつけは10年後に払わされる…」コロナと共存すべきワケ

    幽霊の正体が分かった後どうすべきか? 人間は「未知なる恐怖に弱い」存在だ。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という有名な言葉があるが、「よくわからないもの」に恐怖を感じても「正体がわかれば」何でもない。 もちろん、人間が「未知なるもの」に恐怖を感じるのは、「未知であればリスクは無限大」であり、最上級の警戒が必要だからだ。逆に正体が分かれば「リスクを見積もる」ことができるし、「対策を立てる」こともできるからそれほど恐れることはない。 したがって、「未知なるものに対して大騒ぎする」のは人間の生物進化の過程で備わった本能であることは、3月26日の記事「『火星人襲来』パニックと武漢肺炎、人の漠然とした不安の…

  • 停滞の外食業界で独り勝ち「からあげ店」の原価と出店コスト

    最近、からあげ店が街に大増殖している。2018年に全国1408軒だった店舗数は、今や2487軒にまで増えた。コロナ禍で外食産業が軒並み不振に陥る中、からあげが一大トレンドとなったのはなぜなのか。 からあげは子供も大人も大好きだが、ブームの理由はそれだけでは説明できない。外食ジャーナリストの中村芳平氏が解説する。 「からあげ店はテイクアウトの需要が多く、コロナ禍の巣ごもり消費とマッチしたことが大きい。それに有名チェーンはどこも原材料や人件費などを抑える工夫を凝らしており、それが急速な新規出店を可能にしています」 からあげ専門店の中でも特にテイクアウトに注力しているのが、国産鶏のみ使用にこだわる店…

  • 高齢者の生活を破壊するスガノミクス 病院代は2倍に

    叩き上げというイメージがある菅義偉・新首相。“庶民に寄り添う”リーダー像を期待させるが、必ずしもそうではない。すでに菅新政権は「経済再生」の名のもとに、国民に厳しい鞭を振るうシナリオを作り上げている。“スガノミクス”には罠があるのだ──。 スガノミクスは高齢者の生活を破壊する。社会保障政策では、団塊世代が後期高齢者になる2022年に向けて、後期高齢者の病院代(窓口負担)を1割負担から2割負担へ実質2倍に引き上げる医療制度改革が進行中だ。 経団連の中西会長が委員を務める政府の「全世代型社会保障検討会議」の結論はコロナの感染拡大で年末に先送りされたが、経団連は「高齢者にも応分の負担を求める」と2割…

  • 菅首相の父は地元の名士 「叩き上げの苦労人」説の真相

    病に苦しむ安倍首相の無念を引き継ぐのは官房長官として長年政権を支えてきた菅義偉氏しかいない──そういう空気のなかで菅政権は誕生した。菅氏は総理になるにあたり、「叩き上げの苦労人」というイメージを巧みに利用してきた。 だが、ノンフィクション作家の森功氏は著書『総理の影 菅義偉の正体』(小学館刊)で、その人物像に疑問を呈す。菅氏の父・和三郎氏は名産いちごの出荷組合長で、「(組合は)いちごだけで年三億円の売上があったほど」(菅氏の友人の由利昌司・元湯沢市議会議長)だった。 〈和三郎はいちご組合を率いるかたわら、雄勝町議会の選挙に出馬し、町会議員にもなる。地元の名士として、頼りにされる存在でもあった〉…

  • 戦後75年は終わった。新たなる成功を目指すべき時。

    8年間の長きに渡った安倍政権に代わり、菅内閣がスタートしている。 私は期待を込めてまずは見守っている。今までに語られた菅首相の言葉がまさに今の日本の問題点をよく突いているからだ。 総裁選のさなかに語られたのが「自助・共助・公序」。 この順番に異を唱える方もおられたが、この順番であることこそ大事。 今の日本が、衰退しつつあることは誰もが感じているところ。その理由の一つに精神の衰退がある。 あまりにいい環境に置かれ続けると、争いは少なく、温和な理想社会が築かれる。ところが、外敵の襲来で厳しい競争環境に置かれると外敵に太刀打ち出来なくなって滅びてしまう、というのが自然の摂理の一つ。 孤島の環境に置か…

  • 他人に給料聞く人は品性がない?

    あなたは他人に給料を聞けるだろうか。ガールズちゃんねるに9月13日、「友人から給料を聞かれたら」というトピックが立った。 「親しき仲にも礼儀ありだよね。これ聞いてきた友達いて、すぐに縁切ったわ」「『あんまり良くないよー』と、苦笑いで誤魔化す。そしてその人とは絶交する。人に給料聞いてくるなんて社会人として品やモラルの欠片もないね」 給料を聞いてくる人は品性がなく、関係性を絶つという極端な人もみられた。(文:石川祐介) 「納税しまくり」と言って煙に巻く トピック内には、切り返しに使えそうなコメントが多く寄せられた。 「『想像より少ないよ。そっちはー?』って聞く。いってくれたらそれより少なめ答える。…

  • 菅首相「庶民派宰相」の凄腕 裸一貫から2億円蓄財するまで

    庶民派を売りにする菅義偉・首相だが、資産面では、いまや政界有数のセレブ政治家と見るべきだ。その富はどのように築き上げられたのか。ルーツは横浜市議時代にあった。 雪深い秋田の農家の長男に生まれ、「集団就職」同然に東京へ。「地縁・血縁のない私が政治の世界に飛び込んで、ゼロからのスタートだったが、歴史と伝統ある自由民主党の総裁に就任させていただけた」──それが菅首相が語るサクセスストーリーだ。 菅氏の自宅は横浜駅から徒歩数分のウォーターフロントに建つタワーマンション。広さ約100平米の、「時価1億5000万円は下らない」(地元の不動産業者)という億ションだ。 閣僚の資産公開によると、このタワマンの他…

  • 9月18日の相場を見てみたよ チュン

    いい調子ちゅんね~~☆⌒☆⌒☆⌒ヾ(*^⊝^)ノ どうなることかと思ってたNYは130ドル安 ラスト30分で140ドルの上げを見せていい感じちゅん(*´⊝`)o∠;∴☆゚。+。゚゚。+。☆… NY先物52ドル安 為替104.7円 変わらず~~ 原油40.9ドル 爆上げ~~ 225先物 配当落ち入れると50円高 30円高ではじまって 10:00すぎにNY先物80ドルの急落でマイ転(*ノ⊝ノ) そこからNY先物が120ドルじわじわ戻して 225もじわじわプラ転 大きく動かずにヨコヨコで引け~~ 優待株はお祭り状態φ(*´⊖)ノ[☆ネ兄☆][☆ネ兄☆][☆ネ兄☆] さすが9月の権利取り きょう動いた…

  • 小室圭さんが“借金踏み倒し“を画策、皇室侮辱か!秋篠宮紀子さまが眞子さまの結婚を「できる限り尊重」に込められた裏メッセージとは?

    秋篠宮眞子さまと小室圭さんの“結婚問題”について、母・紀子さまが“お言葉”を寄せられた去る11日、54歳の誕生日を迎え、宮内記者会からの質問文書にこう回答した。 「長女の結婚については、対話を重ねながら、親として娘の気持ちを受け止め、一緒に考えていくことが大切だと考えています。その中では、共感したり意見が違ったりすることもありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ、長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております。現状や見通しを含め、話したことの内容をお伝えすることは控えさせていただきます」 ポイントは2つ。1つは眞子さまとの意見の相違を公式にお認めになられたことだ。同時にいまだ双方…

カテゴリー一覧
商用