searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

管理人Sさんのプロフィール

住所
未設定
出身
瀬谷区

クラシックギターを練習する際の気づきやアイディア、他の方の演奏を聴いた際に感じたことなどを綴っています。 上達したいけれども伸び悩んでいる方のヒントになれば幸いです。

ブログタイトル
クラシックギターを極める日記
ブログURL
https://cguitarkiwametaru.seesaa.net/
ブログ紹介文
ギター歴20年のギターフリークスによる考察。楽譜、コンサート、練習法など
更新頻度(1年)

73回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2015/01/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、管理人Sさんの読者になりませんか?

ハンドル名
管理人Sさん
ブログタイトル
クラシックギターを極める日記
更新頻度
73回 / 365日(平均1.4回/週)
読者になる
クラシックギターを極める日記

管理人Sさんの新着記事

1件〜30件

  • MuseScore Ossia

    楽譜を書いていて「この部分は別の弾き方もあるよ」というときに使われるのが、 Ossiaです。 例えば、山下和仁編の展覧会の絵にも出てきます。 ↓

  • 意外な緊張の克服方法

    怒りと緊張は同居しない と、神様のバレーに書いてありました。 (怒りの感情によって緊張が消える)

  • オンラインレッスンの感想

    私が受講したようなタイトルにしてしまってすみません。 ギタリストの大萩康司さんがオンラインレッスンをやられているのですが、そこに感想がたくさん寄せられていて、読ませていただきました。 こちらの表、大萩康司さんの「特設ページ」から読むことができます。 ↓ クラシックギター オンラインレッス…

  • 動画配信や深野先生の名言など

    ありがたいことに、今、YouTube等で見たい動画が非常に増えています。 多くの演奏家、アーティストの方が動画を発信・配信してくださっており、音楽以外でも映画などが無料公開されたりしています。 いくら暇な時間が増えているとはいえ、見たいものが増えてしまってすべてを見ることはできなくなってきました。 少し前、 SNS上の演奏動画は飽和してきている ということをTwitterで見たの…

  • 勇気が出る?動画

    こちらの動画。見ていると本番への恐怖心が薄れる ↓ かもしれません。

  • ドクターキャピタルのギター教室

    ドクター・キャピタルさん。ご存知でしょうか。 普段は日本のポップスの曲の弾き語りをされているYouTuberです。 なぜドクターなのか。 音楽博士号を持った、正真正銘の博士なんですね。 だから、説明がとても分かりやすい。 そう。弾き語るだけでなく、その曲が魅力的である理由、背景にある音楽理論を分かりやすく解説してくれるのです。 普段はJ-POPを扱っているのですが、ここ最近、ギターのテ…

  • 山下愛陽

    ブログ村からこちらの記事を訪問させていただいて動画を観たのですが・・・ ↓ 山下愛陽さんのシャコンヌ: ギターと私 集中してしっかり最後まで聴きたいなと思う演奏動画でした。 派手さも奇抜さも一切なく、ただ音楽と向き合った演奏だと感じました。 山下愛陽さんというギタリストについ…

  • クラシックギター オンラインレッスン一覧

    クラシックギターのオンラインレッスンの情報をまとめました。 本ブログ管理人が個人的にまとめた情報のため、気をつけて書いたつもりではおりますが不正確な点がある可能性がございます。詳細・正確な情報はURL欄のリンク先等を参照し、各自お問合せくださいますようお願いいたします。 名前

  • クラシックギター YouTubeのすごい編集の動画

    インターネット上で演奏をアップする方が増えてきて、演奏は飽和しているなんて意見を見かけるようになりました。 これは一理あります。 現実のコンサートでは、足を運べる場所に演奏家がいることに価値がありますから、演奏家はお客さんの数だけいてもよい。 ところが、ネットは誰もが同じ動画にアクセスできますから、極論、世界最高の演奏があれば、他の演奏はいくつあっても意味がない、不要なものとなって…

  • 和音内の特定の音を強調する

    これを見てから ↓ これを見ると、重要性がすごく腑に落ちました。 ↓

  • BⅢ4 意味

    ヨーク著のJazzの教本を持っています(3冊分?が1冊にまとまっていてお得です)。

  • 大萩康司 オンラインレッスン

    こんな日が来ることを、誰が想像しただろうか・・・ https://mosh.jp/yasuji_ohagi/home ↑ ギタリストの大萩康司さんのレッスンを誰でも受けることができます。 普段も、たまに現代ギターでマスタークラスの募集がかかっているので、それに応募すれば受けることはできるのでしょうけれど、かなりハードルは高いですよね。 …

  • 第49回 神奈川新人ギタリストオーディション 中止

    締め切りが4月10日に迫っていた第49回 神奈川新人ギタリストオーディションですが、先ほど公式ホームページを見たところ、2020年の開催は中止の旨が告知されていました。 ↓ 神奈川ギター協会 official site 「神ギ協 」 長い時間かけて準備してきた応募者の方々、そして神奈川ギター協会の方々にはとても気の毒なことだと…

  • クラシックギターのオンラインレッスン

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、対面でのレッスンをしにくくなったということで、オンラインレッスンを行う例が増えてきています。 私が見ているのはクラシックギター界だけですが、若手のギタリストを中心にオンラインレッスンを開始しているようです。 オンラインレッスン自体はかなり昔、15年くらい前から見られたと思うのですが、当時は単純に動画でテクニックの説明をするだけというものだったと思…

  • 失われた足跡

    『マチネの終わりに』を読んだ方は、クラシックギター界隈には多数おられることと思います。私も、映画を先に観たのですが、小説版も無事に読了することができました。 やっぱり、映画だと話が省略されている部分があるんですね。コンサートのプログラミングの疑問なんかもあったのですが、小説を読むことで解決したものもありました。 さて、それはともかくとして、記事タイトルの『失われた足跡』。カルペンテ…

  • 著作権の検索

    ご存知の方はご存知だと思いますが、音楽には著作権がありますよね。 作者の死後一定期間が経過していないような近現代の曲の場合、勝手に演奏会や動画で音楽を使ってはいけないわけです(多くが黙認されているのが現状でしょうが・・・)。 著作権の管理団体で日本最大のものがJASRACです。楽曲が利用される場所は多数ありますから、一つ一つを作曲者が把握して許可を出して・・・ということはとてもできません。…

  • コンクールの開催可否

    相変わらず、演奏会やコンクールの開催可否の判断が難しい状況が続いていますね。 コンクールの場合、東京国際のように例年チケットが売り切れるものは別として、客席はまばらなものが多い(行ったことのないコンクールも多いので一概に言えないですが)と思います。 ただ、出場者の控室に関しては、どうしても一人一室というわけにもいきませんから、狭い部屋に複数人が集まる形になると思います。 最初に受付で一…

  • 練習における録音に対する抵抗感について

    ギターの練習において、自分の音を録音して聞いてみること。私はこれに、抵抗感がありました。 理由はこちら (手元にあるのが記事のコピーで、下の方にOCTOBER 2006と書いてあるのですが、その前の回もOCTOBER 2006、次の回はFEBRURY 2007であることから、おそらく誤植で、間のDECEMBER 2006が正しいと思います※ちなみにこの雑誌は2か月に1回出版されていました) ↓

  • 上野星矢 大萩康司 タンゴの歴史

    フルーティスト、上野星矢さんのチャンネルにて、ギタリスト大萩康司さんとのタンゴの歴史の動画がアップされています。 ↓ Astor Piazzolla:Histoire du tango II. Café 1930 by Seiya Ueno and Yasuji Ohagi お二人の阿吽の呼吸がすばらしい! Café 1930は色んな方が演奏されていますけど、ここまでピッタリハマった演奏は多くな…

  • 池田慎司さんの動画

    抜群のリズム感を持ったギタリスト、池田慎司さんの演奏している動画です。 ↓ https://youtu.be/jGS8pu24l20 ギター聴き比べのインストアライブですかね。こういう企画、いろんなショップで結構行われているんですね。

  • カヴァティーナ組曲のいきさつなど

    大萩康司さんへの、このロングインタビューは貴重です。 ↓ http://www.toppanhall.com/archives/voice/bn_17.html カヴァティーナ組曲にダンサ・ポンポーサが加えられた経緯についてや、音楽を学ぶ上で大萩さんが気をつけていることなどが書かれています。

  • 展覧会の絵 ギター

    ムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』。ご存知の方も多いと思います。 私はラヴェルのオーケストラ版が家にCDがあったので、それで知ったのが最初でしたが、最近はピアノ版も好んで聞いています。 本当は、最初はピアノ曲なのですよね。 クラシックギターはピアノ曲がレパートリーとして取り入れられることが多いです。弦楽器であり、1台で和音が出せるという性質が似ているからでしょうか。音も似ていると感じるこ…

  • 神奈川ギターフェスティバル2020 中止

    新型コロナウイルスの影響がまだまだ止まらないなというところで、先ほど神奈川ギター協会のページを確認したところ、神奈川ギターフェスティバル2020の中止が発表されていました。 ・当初想定よりも状況が悪化 ・閉鎖空間の危険性 ・出演者の年齢層 などを考慮してのことだそうです。 安全性のことをいうと、どんな些細なイベントでもやらないよりも安全なことはないので、仕方ないのかなと思う一方で、なんでも…

  • 面白いレッスン動画

    これまでに2回ほど記事で触れている金谷幸三さんというギタリストがいらっしゃいます。 ↓

  • リメンバーミー

    ギターが出てくる映画といったら、今は『マチネの終わりに』だと思いますが、少し前には『リメンバーミー』がありました。 ※こちらはリメンバーミーモデルのギター ↓

  • ホンマこんなときやけど やっぱ(音楽)好きやねんTV

    大手音楽事務所のKAJIMOTOさんがYouTubeライブを利用して行ったコンサートが「ホンマこんなときやけど やっぱ(音楽)好きやねんTV」です。 アーカイブ残ってます(2020/3/3時点) ↓ https://www.youtube.com/watch?v=WJ3TViQHBxA こちらに、鈴木大介さん、大萩康司さん、荘村清志さんが出演されています。 ギ…

  • 複弦トリルの弾き方

    複弦トリルってありますよね。2本の弦を使って弾くトリルです。 ハンマリングとプリングを使って弾くトリルよりも1つ1つの音のキャラクターがはっきりして、そしてそれぞれの音が伸びるので、より、ピアノやチェンバロのような雰囲気が出ます。 私は複弦トリルが全然得意ではなく、そもそも右手の指使いがよく分かっていませんでした。 松本大樹さんがツイッターでやり方を解説してくださっているのでご紹介…

  • 神奈川新人ギタリストオーディション 応募要項

    先ほどホームページを確認したら、2020年の神奈川新人ギタリストオーディション 応募要項が公開されていました(2020年2月13日現在)。 ↓ >オーディション | 神ギ協 会場はいつも通り杉田劇場です。 しかし、日付は5月17日ということで、例年より早いです(確か、例年は6月が多かったはず・・・)。 …

  • 【暗譜】メロディーが歌えるのは当たり前

    暗譜って、ギターを人前で弾くときの共通の悩みではないでしょうか。 発表会やコンクールで、暗譜せざるを得ない場面というのは存在します。 暗譜の必要性については議論のあるところで、必要ないという見方もあると思います。音楽性とは別問題のパフォーマンスであるといった意見ですね。 しかし、ここではそれは置いておいて・・・ メロディーは、だいたい覚えられるじゃないですか。 音名を歌えるかどう…

  • これは素晴らしい動画だ

    と、思います。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=iCLsisiRXm0 すでに楽譜を入手しているので耳コピ云々は(こう言ってしまうとあれですが)どうでもよいのですが、もっと価値のあることがあります。 小暮浩史さんは、2017年の東京国際ギターコンクール1位受賞者です。東京国際覇者の手がこんなにじっくり見れるんですよ…

カテゴリー一覧
商用