searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ハイジの清里暮らしさんのプロフィール

住所
北杜市
出身
高山市

山を見て暮らしたいと思って東京から清里に来ました。念願通り富士山・八ヶ岳・南アルプス・金峰山と高名な山々に囲まれて暮らしています。猫のムム・犬のナナと薔薇と山野草の庭を楽しんでいます。

ブログタイトル
ミューのガーデン日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/meow5408
ブログ紹介文
八ヶ岳南麓清里高原「ゲストハウス ミュー」のブログです♪
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2015/01/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ハイジの清里暮らしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ハイジの清里暮らしさん
ブログタイトル
ミューのガーデン日記
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
ミューのガーデン日記

ハイジの清里暮らしさんの新着記事

1件〜30件

  • 年金暮らし

    確定申告書をポストに投函して、2月の大仕事が終わりました。お正月以降お客様はほとんどなくて、寒中見舞い書きや帳簿付けなどデスクワーク?に集中できました。炬燵に首まで入ってテレビ見ながら眠ってしまったり、ぐうたらな暮らしをしています。貧乏性な私はこんなことしてて良いのかと、不安になったりもしています。が、年金暮らしってこんな感じかな。毎日が休日。昨日近くの韓国料理店で、清里観光振興会主催の「清里ファンミーティング」があり、初めて参加しました。清里が好きで清里を何とかしたい人達が集まって、色々な議論が交わされて面白く思いました。「100匹の羊だけでは何も出来ない、1匹のトラかオオカミ的なリーダーと99匹の羊」という様なことを言われた人がいて(・_・Dフムフム。富士山と雲日の出年金暮らし

  • 苗字の順位

    明日は節分。何とかぎりぎりで、寒中お見舞い葉書をやっと書き終えました。今年の写真は6月の庭の薔薇にしました。お客様名簿を整理したら、テレビの番組の「日本人のお名前」ではありませんが面白いことを発見。アイウエオ順に分類してみたら下記のようになりました。多い順に①ア行イオアウエ②カ行コカクキ(ケは0)③サ行サスシセソ④タ行タツトチテ⑤マ行マミモム(メは0)⑥ハ行ハフヒホ(ヘは0)⑦ナ行ナ二ノヌ(ネは0)⑧ヤ行ヤヨユ⑨ワ行⑩ラ行は0暇な私?苗字の順位

  • 薪ストーブ ・ 寒中お見舞い

    この所、毎日食堂にある薪ストーブを焚いています。薪ストーブの暖かさは翌日になってもほんのりと部屋が暖かいのです。ガスストーブなどでは火を消すとみるみる温度が下がっていきます。薪はもう一昨年になりましたが、大きくなりすぎたハリエンジュとイタヤカエデを詰めてもらった後、薪用に切っておいてもらったのを使っています。有難いなぁと感謝して使っています。暖かくなった部屋で富士山を見ながら恒例の「寒中お見舞い」のハガキを書いています。毎年自分で撮った写真を絵葉書にして出しています。ずっと壁に貼っているとハガキを楽しみにしていてくださるお客様もいらして、今年はどんな写真にしようかと考えるのも楽しみです。薪ストーブ・寒中お見舞い

  • 薔薇色?

    12月、両足の下肢に赤い斑点が出て、何か悪い病気の前兆ではと心配しましたが、痛くも痒くも何ともないので、そのままほっていました。どんどん上のほうに広がっていくので、先週診療所に行ってきました。なんと「ジベル薔薇色粃糠疹」だそうで、初めて聞く名でした。20代から30代くらいの美しい人にできやすく、2~3か月で自然に治るのだそうです。医学書にそう書いてあるとかで先生は笑いながら、「当てはまらないね」と。原因も分からなく、痒かったらかゆみ止めを出すぐらいだそうです。まあ一安心でした。この薔薇色という名が面白くて言いふらしています。12月から咲いているビッケのクリスマスローズほかのクリスマスローズは春にならないと咲きません。ビッケは初めて飼った賢い猫です。薔薇色?

  • 謹賀新年

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。松の内にご挨拶ができて嬉しいです。(関西の松の内は15日だそうですが。)今年も良いお天気に恵まれた穏やかな三が日で、毎朝朝焼けを見ることができました。昨年は気候が不順で、自然災害が多くありました。今年は穏やかな年であることを願います。5日の朝お客様を送り出して、やっと私のお正月です。猫たちと一緒に炬燵に入って、テレビを見たり居眠りしたり、のんびりしています。謹賀新年

  • 初雪 12㎝

    5時頃からチラチラしていましたが、夜中だだ〜だだ〜と屋根から雪の滑り落ちる音がしていました。ナナはこの音が嫌いで、小屋を飛び出し柵に絡まり、身動き取れなくなっていた事を懐かしく思い出しました。今朝は一面雪野原。初雪12㎝

  • 富士山・シモバシラ

    寒くなってくると、富士山が大きく見えるようになります。なぜだか分りませんが、晴れている日は本当に美しく「日本一!」と声をかけたくなります。「シモバシラ」はいわゆる霜柱ではなく、植物名で根元に霜柱のように氷(?)がつくのです。今年の発見はこの「シモバシラも」のように根元に霜柱ができる植物を庭で発見しました。ヒキオコシとアキチョウジです。庭からの富士山大泉から見た富士山アキチョウジシモバシラ富士山・シモバシラ

  • 今年も落語会

    30日、10回目の落語会がありました。もう10年やっていることになるんです。こんなに続くとは思いませんでした。東京からのフアンの方、地元の皆さんのお陰です。深く感謝しています。演題は「肥溜め」「文七元結」。私は夕食準備で聴けませんでしたが、「文七元結」とはしらず、笑い声がしないので心配していましたが師匠の熱演に「涙が出そうだった」と。今年も落語会

  • 晩秋  

    今日は11月第3木曜日。朝焼けの美しい季節になってきました。今年は紅葉が遅く、夕方暗くなりはじめる頃、黄葉の黄金色で回りが明るく見えます。何かが降っている、と思ってよく見ると落葉松の細かい葉が散っていました。ガビチョウのうるさい鳴き声もめっきり聞かなくなり、夏の間は見かけなかったスズメが来ています。いつもは最後まで残っているアオハダの実がすっかり無くなっています。ヒヨドリが食べてしまったのでしょうか。晩秋

  • 大阪ヌーボー

    「大阪ヌーボー」とおちゃめな表情で新酒のワインを大阪からのお客様に頂きました。大阪でもワインを作っていることが驚きでした。ブドウの生産高日本一の山梨県に住んでいると、ワインも山梨だけと思い込んでいました。国産のデラウェア・酸化防止剤無添加、柏原市のカタシモワインフード(株)のワインです。甘くていくらでも飲めそうな美味しいワインでした。ワインと26日の月大阪ヌーボー

  • しずか~

    今回の台風で、中央高速道もJR中央線も不通、小海線は1日5往復のみ。今日清里駅に確認に行ってきました。東京に行くにはと聞いたところ1案甲府に出て身延線で静岡に行って新幹線2案小海線で佐久平に出て新幹線だそうです。高速バスも本数が少なく、大月~八王子間は一般道で渋滞も考えられるのではっきりした到着時間は分からないとの事でした。清里は静かです。シーンと言う音が聞こえそうなぐらい静かです。天からの久しぶりの1週間の休暇。のんびりと思いながら庭仕事、あっという間に時間がたちます。しずか~

  • 赤い実

    テレビは一日中台風情報を伝えています。数十年に一度の大型台風と言う事です。清里も雨に降込められています。子供の頃、故郷飛騨での伊勢湾台風を思い出しました。家の近くの飛騨川の水量がどんどん増えて、濁った水流に流木が混じり、軽々と流されていました。夜中に山にポッンポツンと灯りが見えて、何だろうと思っていました。後で聞いたところによると、デマだったそうですが、一部の人達にダムが決壊すると情報が入り、山に逃げた懐中電灯の灯りでした。窓にへばりついて、ずっと川を見ていた私を思い出しました。今日は台風キャンセルで、思いがけない休日をもらいました。日頃後回しにしている事務仕事等々をかたずけたり、昼寝をしたり、台風の被害を受けている方達には申し訳なく思いますが、のんびり過ごさせてもらっています。庭にはガマズミの実・アオハダの実...赤い実

  • 森のほたて?

    長野県のスーパーで何年か前に見かけて何だろうと思っていました。写真のように前には包装されていなくて、余計に不思議でした。長野県は「えのき氷」があったり、写真の「森のほたて」があったりえのきを食べつくすと言う感じがします。えのき茸の生産量が全国一だそうで、頷けます。森のほたてはおみそ汁に入れたり、炒め物にしました。森のほたて?

  • 90歳ふたり!

    敬老の日の前々日、期せずして東京からと名古屋近郊からのお客様に8月と9月で90歳と言うお二人が、それぞれ娘さん夫婦とご一緒にお出でになりました。夕食はたまたまこの二家族だけで、夕食後東京からの方の娘さんがお誕生日のお祝いにお母様のリクエストの「ノックターン」を弾き、お母様はコーラスをなさっているとかで、「里の秋」をピアノの伴奏つきで歌われ、「ハッピーバースデー」の歌もお二人の名前を入れてみんなで歌い、素敵な夕べになりました。名古屋からの方も体操に行ったり、お友達と名古屋名物(?)のモーニングにも回数券を持っていて行かれるとか。自転車にもまだ乗ってお買い物だそうです。お二人とも一人暮らし。こんな所で出会えたことを喜んで下さりちょっと胸キュンでした。去年の今頃はお隣の「ゴールデンアカシヤ」の木が庭に倒れてきてびっく...90歳ふたり!

  • チュウ―ル

    夜明けは遅く、日暮れは早くなり、あっという間に9月になっていました。8月はブログを一度しか書けなくて・・・・この間、1年生のさきちゃんが初めてママと離れて、祖父母とミューに来てくれました。猫が好きでキッキとミミと遊びたいと言ってくれ、「チュウ―ル」に弱い2匹をチュウ―ルで釣って、さきちゃんに食べさせてもらいました。チュウ―ルには何が入っているのでしょうか、何を差し置いても「チュウ―ル」を見せると飛んできます。特にキッキ。やはり猫好きの小学生裕太朗君も今ではチュウ―ル持参で来てくれます。チュウ―ル

  • お転婆 キッキ

    雨上がりの朝、庭巡りをしていたらヤマボウシの木が揺れて、しずくが首筋に、雨がまた?と思ったら猫のキッキが木登りしていました。今、猫はキッキとミミの2匹がいます。野良猫ミーコの子供たちです。ミミが1年お姉さん。ミューのまき置き場で生まれました。キッキは家で生まないでとミーコにお願いしたせいか、近所の武田さんちで生まれましたが、責任上と1匹引き取りました。引き取った2~3日は慣れるまでと思って、外に出さないようにしていました。どうしても外に出たかったのか、窓の網戸を破って外に出てしまいました。こんな猫は初めてです。網戸はいまだに修理できず、ガムテープを張ったままです。お転婆キッキ

  • やっと夏?

    うるさいガビチョウの声と「トッキョキョカキョク」のホトトギス・ウグイスの声で目が覚めます。時々「ケン!ケン!」の雉の声も。昨日は久しぶりに太陽が顔を出し、暑いと感じさせる1日でした。金峰山の上に入道雲、夏がやって来ます。4月中旬からアルバイトのお嬢さんが来てくれていて大助かりです。3月に坐骨神経痛が再発し、ゴールデンウイークをどうやって乗り切ろうかと悩んでいました。前から来てくださっている若いお客様の妹さんで、ちょうど3月いっぱいで仕事を辞めるからと言う事でしたので、来てもらえる事になったのです。こんな時だけなのですが、思わず神様に有難うございますと言いました。神経痛もGW前に良くなり、今に至っています。去年は全くできなかった庭仕事ができるようになり、毎朝庭を見てウットリ・ニンマリの日々です。金峰山の入道雲小鳥...やっと夏?

  • 今年の薔薇

    バレリーナ今年の薔薇

  • 庭仕事

    抜いても抜いても抜ききれません。庭の雑草と増えてほしくない草花を、毎日のように抜いていますが、切りがありません。去年は足が痛くて庭仕事もほとんどできませんでしたが、今年は感謝しつつ動いています。薔薇たちも咲くのが遅く、今咲きそろいつつあります。黄色と黒の毛虫が薔薇のあちこちに潜んでいて葉を食べてしまいます。ごめんねと言いながら葉に包んでつぶしています。ちょっと見ていなかったらバイカウツギは葉を全部食べられて、花も咲きませんでした。これは毛虫ではなく白い毛のない虫でしたが。毎朝庭を見るのが幸せの時間です。庭仕事

  • 湯治

    おときゅうパスを利用して、3泊4日の湯治の旅に行ってきました。おときゅう=大人の休日倶楽部を言うそうです。坐骨神経痛で悩んでいたので、前から神経痛に効く温泉に誘ってもらっていましたが、なかなか行けず今回やっと岩手の大沢温泉と山形の肘折温泉で温泉三昧してきました。どちらも昭和にタイムスリップしたような懐かしい宿でした。清里~新花巻~新庄~新潟~清里新幹線にも乗って15,000円の交通費。宿も湯治の宿で格安旅ができました。こんなに何回も温泉に入ったのは初めてでした。これで神経痛が出ないことを願っています。借りていた去年の直木賞受賞の「宝島」を今回の旅でゆっくり読むことが出来たのも嬉しい事でした。いつも沖縄の人には申し訳なく思っていますが、この本を読んでますますその気持ちが強くなりました。思うだけではと思いつつ・・・湯治

  • 6月の庭

    6月の庭は白い花がいっぱい。オルレアは庭のあちこちに散って咲いています。フタマタイチゲも自由に咲き、抜いても抜いてもあちらこちら。ヤマボウシ・マーガレット・名前の分からない白い花たち。今年はモッコウバラの白も何年かぶりで咲きました。清里に来て知った山椒薔薇はピンク、クレマチスの薄いブルーも素敵です。山椒薔薇クレマチスオルレアヤマボウシ6月の庭

  • 緑・みどり・緑

    緑・みどり・緑

  • 山梨の木

    ゴールデンウイークが長かったせいか、気が付けばもう5月中旬。GW中にお見えになったお客様が庭を見て「まだ早春ね」と言われました。東京とは一ヶ月は遅い清里の季節です。昨年はGW前に散っていた山梨の木が芽も見えず、枯れてしまったかと心配しました。7日を過ぎてやっと咲き、ホッとしました。山梨の木は清里に来て初めて見る木でした。あの太さと花付きの見事さは私にとって大切な木です。持ち主が変わった時も、切られるのではないかと心配しましたが、そのまま今もあります。山梨の木

  • 黄色から~

    春一番にダンコウバイそして山茱萸、今はアブラチャンと黄色い花のリレーです。そう水仙も咲きました。赤紫のカタクリの後には黄色のカタクリも咲きました。11日は思いがけなく沢山雪が降ったそうです。私は仙台に行っていて知りませんでしたが、留守番を引き受けてくれた友人からのメールで知りました。今頃の雪は地面が暖かくなっているので、溶けるのも早いのですが、13日はまだ雪が残っていて、水仙と雪と言う取り合わせになりました。黄色から~

  • さくら

    久し振りに車で上京しました。国立の桜通りを行くと桜が7分どおり咲いていて、心が浮き立ち気分を明るくさせてくれました。まだ桜の芽も固い清里とは大きな違いです。久しぶりのせいか細い通りのすれ違いが、ぶつかるのではとひやひやして運転しました。すっかり田舎道に慣れてしまい、細かい注意力が遠くなってしまったようです。気をつけねば!友人宅で夕食をご馳走になり、これも久しぶりのおしゃべり。夜の中央ハイウエイを走り、家に着いたのは深夜。空いっぱいの星々。やっぱり清里大好き・・・です。そういえば、東京の桜の開花宣言の前日、当日とテレビで放映していましたが、それを待つ人々も多く、日本って何と平和な国と思いました。さくら

  • 春の雪

    明け方、外がうるさくてなんなんだろうと目が覚めました。屋根を雪が滑って落ちる音でした。夕べは雨で、さほど寒くなく雪が降るとは思えませんでした。起きて外を見ると8センチほどの雪が積もっていました。雪は雨に変わって道路はぐちゃぐちゃでした。生活クラブ生協のエリア大会が、韮崎であるので出かけましたが、長沢の信号の所で、警察官が国道は通行止めだから迂回するように指示していました。道路に木が倒れたそうです。雨を含んだ雪は重く木が倒れたのでしょう。下に下るにしたがって、雪はほとんどなく清里だけが雪国でした。この冬は雪が少なく、積もったのは2回でしたが、3月になったのに5日・今日ともう2回も積もりました。春の雪

  • 手作り

    この所良く働いています。手作り自家製ベーコン作り。塩漬け・・・もみ込み・・・塩抜き・・・乾燥・・・燻製・・・熟成3週間かかりました。恒例の味噌作りもやっています。今日は麦麹で4Kの豆を仕込みました。明日は米麹で作ります。面倒と思うこともありますが、作ることは楽しい事です。ベーコンも味噌も私が作るのですが、麹やスモークウッドの力を借りて後はお任せの部分が多くあります。5日は目が覚めたら真っ白の世界でした。八ヶ岳も周りの山々も白く幻想的な風景でした。野辺山から見た八ヶ岳は観音様が眠っているように見えます。手作り

  • 弥生3月

    今日から3月。なんか嬉しい。2月とは何と言う違いだろう。1日たっただけなのに。昨日の雨で乾燥していた空気も土もしっとりして、気持ちもしっとり。弥生3月

  • きざし

    22・23日と牧場通りで「北杜シェフズバル2019」が開催されました。昨日午後覗いてみると広場の周りにテントが張られ、北杜のシェフのお店が出店していました。焚き火を囲んで椅子が並べられ、地元のジャズバンド「Swinng`nMelrose」の生演奏が流れ、沢山の人が食べたり飲んだりお喋りしたりで楽しんでいました。2月とは思えぬ暖かい日で、心地よくこの場を楽しむことが出来ました。庭には福寿草・スノードロップ(裏の日陰なのに)が咲いて、散歩道にはダンコウバイの蕾も膨らんでいます。きざし

  • 歩く!

    今年は暖冬と言われ、寒いには寒いのですが、陽がさすと日なたは気持ちが良く、お風呂の前の廊下は「縁側で日向ぼっこ」みたいになります。足の痛みがよくなってから、朝の散歩に入れてもらって小母さん3人で歩いています。今朝は他の2人がお休みで一人で歩きました。何時もその家の前を通ると吠える犬も一人のせいか吠えませんでした。見晴らしの丘から見える赤岳・南アルプスが雪を冠り、青空にくっきりと綺麗でした。北岳がやはり一番雪が多いようで、真っ白です。治る薬はないから、とにかく歩いて筋肉を鍛えなさいと、整形外科のお医者様に言われました。家の中で歩くのとは違い、大地を踏んで歩くのは股関節も気持ちよく、帰りはうっすらと背に汗をかきます。30分4000歩ほどを歩いています。今朝の赤岳歩く!

カテゴリー一覧
商用