プロフィールPROFILE

誘われて、山・あ・る・記さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
誘われて、山・あ・る・記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/a-yamahiro
ブログ紹介文
自然の中に咲く花を求めて、山野を彷徨い歩く”風よとまれ〜息を止めて”指先に一伝わる感動の瞬間♪
更新頻度(1年)

339回 / 365日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2014/12/02

読者になる

誘われて、山・あ・る・記さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48,375位 45,539位 980,362サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 760位 731位 11,951サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 58位 59位 658サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(OUT) 79,143位 圏外 79,143位 65,711位 65,627位 63,248位 57,126位 980,362サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 1,419位 1,221位 1,212位 1,178位 1,030位 11,951サイト
軽登山・トレッキング 88位 圏外 88位 72位 68位 67位 58位 658サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,362サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,951サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 658サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、誘われて、山・あ・る・記さんの読者になりませんか?

ハンドル名
誘われて、山・あ・る・記さん
ブログタイトル
誘われて、山・あ・る・記
更新頻度
339回 / 365日(平均6.5回/週)
読者になる
誘われて、山・あ・る・記

誘われて、山・あ・る・記さんの新着記事

1件〜30件

  • シシ肉が届く

    ジビエ愛好家じゃないけど・・・・夕方、お風呂に入ろうとしていた時、今晩は~と訊ねてくる男の人の声私達の住んでいる田舎では、陽が落ちてから訪ねてくる人は滅多にいません。(携帯もあるし)なので、カミさんは勿論出ませんが、私も、相手が名乗るまでは扉を開けません。(〇〇さ~ん)の聞き慣れた声を聞いて扉を開けると、レジ袋をぶら下げた我が家の直ぐ下のおじちゃん”はいよっ”と、差し出されたレジ袋の中身はシシ肉でした。シシ肉のブロック、良い部分だけのようです。1.3kg有ったようですが、200gは戴いて直ぐに焼いて胃袋の中です。300g前後に小ブロックにして、空気が入らないようにラッピング日付と重さを書いて、冷凍庫保存しておきます。この日みたいに、突然、”ホラッ、しし肉!カボス!竹の子!”とか持ってきます。”要らない”って、一...シシ肉が届く

  • ブロッコリーは、2度美味しい農作物

    ”スティックセニョール”を収穫しました。たた3株、貴重な我が家のブロッコリー春作で失敗(虫にやられて全て廃棄)してから、作付けを敬遠していましたがサッと茹でて、マヨネーズを付けて食べるとサクッとした歯応えと野菜の甘みが堪らないやっぱりブロッコリーは、栽培必須の野菜と改めて思い知る。今度の作付けから、冬季収穫のブロッコリー限定で栽培数を増やそうと考えを修正食べ頃を収穫出来るのが嬉しいね。ただ、ブロッコリーは、1回収穫したら終わりじゃないんですよ~収穫後のブロッコリー芯を切り取られて可哀想な姿になってしまいました。でも、葉の付け根に小さな細いブロッコリーが芽吹いています。これが育てば、”スティックセニョール”とも呼ばれる茎ブロッコリーです。畑の邪魔になら無い限り、収穫後のブロッコリー株は引き抜かずに置いておくと2度...ブロッコリーは、2度美味しい農作物

  • 生姜の収穫とヒネショウガに挑戦

    生姜を収穫しました。既に3株ほど収穫しました.他所様の足下にも及びませんが、思いのほか出来が良いようです。荒れ地か?畑か?酷い様ですね。霜が降り始めたので、葉が枯れ始めた生姜です。まだ、12株残っているので、掘り起こして収穫します。茎が結構たくさん立っているので、生姜も大きそうです。10/12株を掘り起こすと4.8kg有りました。畑に残している2株と既に使った分を合せると、7kg弱の収穫がありました。yamahiroの”なんとかなるさ農法”としては、上々の出来と満足しています。赤い丸で囲った部分が、春に植えた種生姜です。生姜って、凄い植物で、この種生姜も食べられるから、全く無駄のない野菜と言えます。ただ、困ったことに、収穫した生姜の保存(ヒネショウガ)は、農家さんで難しいそうです。近所に名人級の人が(83歳?)...生姜の収穫とヒネショウガに挑戦

  • タマネギに1回目の追肥

    タマネギに追肥を行いました。玉葱を植付けてから、1ヶ月が経過して根が活着した頃合いで1回目の追肥です。中早生品種です。晩生の品種です。寝かせて植付けた苗が起き上がってきています。植付け前に”ネキリエース”を蒔いておいたけど、2本ヨトウムシにやられた様で425本が元気です。これは助かりそうです。残念ながら、影も形も残っていません。追肥は、”ハイポネックス”と言う液肥を1/500に希釈して与えます。5000ccのペットボトルが、濃度調整に役立ちます。現役20cc/水5000ccに薄めると、250倍希釈って計算が楽です。5000cc作って(427+8)に与えたので、1株当り11.5cc相当です。たったこれだけの作業で、タマネギへ追肥作業は完了です。2回目の追肥は、1月末~2月上旬に行います。ニンニクにも追肥しておきま...タマネギに1回目の追肥

  • ホトトギスの花

    何時まで咲き続けるのでしょうか?正式な品種は判りませんが、たぶん「タイワンホトトギス」だろうと思っています。2~3年前に、我が家から畑に行く途中にある家の奥さんに貰ったホトトギスです。10/22に咲き始めて、未だに咲き続けています。九州ですが、決して暖かい地方ではありません。今朝も、2℃を切っていて霜が降りていました。1輪だけじゃありません何時まで咲き続けるか、ウオッチングしてみたいと思っています。そう言えば、これも季節を無視しています。もしかして、植物たちも家主に似てくるのでしょうか?ホトトギスの花

  • シイタケへの投資、クヌギの伐採編

    クヌギの伐採作業でした。(12/05)2年に1度、シイタケの原木を作るためにクヌギを伐採します。最初の予定では、お友達の田圃に葉を落とす邪魔なクヌギが有り、伐採のお手伝い⇒木を戴くでしたが今年は伐採しないとのことで、我が家の裏山のクヌギを4本伐採することにしました。庭先~菜園~木戸口に葉を落とす裏山のクヌギどんぶり椀位が、シイタケの原木に適した大きさだそうです。太くなりすぎると、伐採も運搬も大変だし菌糸の回りも遅いらしいです。写真に写っていない手前の1本と丸印の3本、今年は4本を伐採したいと思います。我が家にあったのは、電動の小型チェーンソーです。(😂)エンジンチェーンソー(30cc程度)が欲しいなと思っているんですが・・・・目立ての真似をしてみましたが最初は、こいつから伐採したいと思いますが、倒したい方向と反...シイタケへの投資、クヌギの伐採編

  • 干し大根作り開始

    寒さが増し、北風の吹く日が多くなってきました。今年は、早めに干し大根作りを始めることにしました。大根の様子ですが、大部太くなってきていて、1本引き抜いても1度には食べきれなくなっています。大きくなりすぎている大根から、干し大根に使っていきたいと思います。本数は少なめに植えたんですが、2人じゃ食べきれん~因みに、第2段の播種分は、本葉が4枚になったところです。今年は、耕す深さと細土が足りなかったのか、又棒になった大根が多い<(__)>丁寧に水洗いして、切り干し大根にします。煮物用は、1cm厚みの半月切りか、1cm厚み*2cm幅の棒状が使いやすいそうです。繊維を縦に断ちきるか、横に断ち切るかで食感が全然違ってきます。網籠に入れて、カラカラになるまで乾燥します。干しやすい”イカんテ=イカの足”も作ってみました。冬に冷...干し大根作り開始

  • 足回りの冬対応完了(P未)

    スタッドレスに履き替えて冬装備完了雪道や道路凍結にオタオタしないために、スタッドレスタイヤに履き替えました。相変わらず、手回しのジャッキでギーコギーコとアップします。タイヤも中腰で扱うと大変重たいです。タイヤサイズ=215/60R17です。45分後、4本のタイヤ交換が終りました。これで、雪道も凍結道路も安心ですね。お役を解かれたノーマルタイヤは、小石などを取り除いて綺麗に洗って風通しの良い日影で乾燥させて、来年の4月までお休みさせます。足回りの冬対応完了(P未)

  • 新手順でコンニャクを作る。

    3度目のコンニャク作り昨夜から明け方まで、雨が降って地面はたっぷり水を含んで農作業を始めアウトドアは御法度です。アウトドアがダメならインドアに精を出せば良いだけのことと、課題のコンニャク作りを行った。蒟蒻芋と木灰の灰汁から作るコンニャク、なかなかオフクロの味が再現できず今回が3回目1回目と2回目は、最後の整形以外同じ手順で作ったが、やはり”味”と”硬さ”がイマイチだった。今回は、前回作りながら思い出したことを試してみたいとる思います。①蒟蒻芋=:620g,灰汁=155cc前回と同じ物,お湯,鍋,ミキサー,ボール(大小2),温度計計量カップ,ヘラ,手袋、全ての材料を準備して、スタンバイです。①タワシで綺麗に洗った蒟蒻芋を3cm角にカットします。**皮は剥きません、芽と瘤だけカットしました。②カットしたコンニャク芋...新手順でコンニャクを作る。

  • 春先の細工の成果は?(P未)

    春先に自生の山芋に細工をしておきました。細工をした場所、何が何だか判りませんね。ハヤトウリの棚の裏に自生の山芋が生えていますが、土手際だし掘る事はほぼ不可能な状況でした。山芋(長芋,つくね芋)の特性を利用して、収穫出来ないか春の芽出し前に細工をしておきました。山芋類は、毎年、鬚根の下から昨年の蓄えた分を新しい芋として取り込みながら根を伸ばします。この特性を利用して、深く掘らなくても収穫出来る細工をしました。鬚根の少し下まで掘って、鬚根部分を雨樋の上に曲げておきました。こうすることで、今年新たに延ばす根は樋の上に伸びることを期待します。では、細工の効果を確認してみましょう。鬚根まで手で掘ると細い山芋にぶつかりジャーン、雨樋に沿って斜め下に延びてくれています。🙌あらら~、やっぱり樋の長さが足りていません。130cm...春先の細工の成果は?(P未)

  • 我が家の冬野菜達

    冬野菜が間に合いました。寒い冬、鍋やおでんが良いですね。鍋やおでんに欠かせない野菜達、虫たちの活動期が終ってやっと大きくなってきました。初めてまともなブロッコリーが出来ました。=虫の活動期に、少しだけ農薬を散布しました。(無農薬は無理!減農薬にシフトチェンジ)ぷっくり、今が旬の食べごろです。もちろん、朝取りの鮮度ばっちり、自家栽培ならではの新鮮野菜です。14株植えた白菜もしっかり巻きました。予防しなかったために、メッシュになった白菜もあります。キャベツの栽培は、難しいイメージがあって4株しか植えていません(一株は×)綺麗な玉になって、瑞々し葉の色をしてくれています。今年の春菊は、葉の生育が非常に良好なようです。本葉10枚くらいの時点で、本葉を5枚残して芯止すると脇芽がどんどん出て来ます。株収穫と違って、脇芽収穫...我が家の冬野菜達

  • イチゴを植え、庭木の散髪でした。

    ランナーが延びて、勝手に育ったイチゴほったらかしにしていたら、カミさんに他のイチゴに比べ不公平だと言われました。改めて植える場所を作るのは面倒だったので、プランターに植えて簡単にビニール掛けました。ちょっと狭いけどプランターです。すでに、花芽を付けていました。簡単な防寒対策をしてあげます。。軒下の一番暖かい場所の置いてあげました。これで、畑に降りて、やり残した刈草に焼却をしようと思ったが思いのほか水を吸っていてダメそれでは、気になっていた植木の散髪に精を出しました。木斛とは、「庭木の王様」と言われ、花ことばは”愛情家”だそうです。もう少し愛情を注がないといけませんね。どうですか?私の愛情で、奇麗になったでしょう。おいおい、yamahiroよ『お前の愛情はそんなもんかよ!』と、根元の十両~万両達が言っていました。...イチゴを植え、庭木の散髪でした。

  • 速報!祖母山系の冠雪

    2019/11/29-祖母山系の冠雪です。我が家からみた祖母山、山頂付近が白く見えます。ズームアップ、冠雪だと思いますが、霧氷だったら、スミマセン・・・僚峰の傾山の山頂も白くなっています。速報!祖母山系の冠雪

  • ストーブを出しました。

    南国九州大分県も冬到来です。まだ、氷点下まで下がる予報は出ていませんが、日中も10℃に達しない日がやって来るようです。年を重ねると暑さ寒さに弱くなるもので、ホットカーペットに続いてストーブを出しました。何の変哲も無いストーブです。お洒落な「アラジンブルーフレームヒーター」が欲しいなと思っているけど高価だしノーマルながら、他にも2つ石油ストーブがあるから、新たに買うことないよねッエアコンと違って、石油ストーブの良さは、夜間を乗せておけばお湯が沸いている。濡らした新聞紙とアルミホイルで美味しい焼き芋も作れます。《簡単手間いらずで美味しい焼き芋の作り方》1,サツマイモは、皮ごと食べるので焼く前に綺麗に洗います。2,新聞紙ですっぽり包みます。3,サツマイモを包んだ新聞紙を濡らします。(内部まで湿らす)4,濡らしたらアル...ストーブを出しました。

  • ボケの実レシピ

    クサボケの実が落下しちゃいました。今年始めて実を付けて、1個は大部大きな実になりました。何かに使い道はないかと調べようと思っていたら、遂に落下してしまっていました。クサボケの木、まだ小さい実を残しています。落下したクサボケの実。拾ってみると、腐っているわけでも虫食いによる落下でもないようです。ネットでレシピ検索すると、①ボケのジャム,②ボケの果実酒,③ボケの蜂蜜漬けがヒットしました。たったの1個なので、ジャム作りには遠く及びませんし、果実酒にも実が足りないようです。蜂蜜漬けなら、ボケの実が少なくても出来そうなことからトライしてみることにしました。51g有りました。皮ごと、薄く(5mm)スライスして、種を取り除きます。密閉できる瓶にスライスしたボケの実を入れて、蜂蜜を100g入れました。1週間、毎日掻き混ぜて、皮...ボケの実レシピ

  • 霧氷に誘われて、久住へお山歩

    久住山~星生山を歩いて来ました。(11/26)足・腰・腕の違和感が薄れてきたので、フラフトレーションを解き放ちたくてお山へ出掛けて来ました。ザックの重量を何時もより幾分か軽くして、足場の良い久住山へ運良ければ霧氷鑑賞(期待)のお山歩と、勇んで出掛けた物の意外と気温が下がっていない、そしてあろう事か瀬の本交差点付近ではガスガスガスそして、今にも降り出しそうな雰囲気に、『私は、合羽を着てまで歩かんよ』と牧ノ戸の駐車場も黒岩の形も判らないほどガスでした。天気図と天気予報通りなら、きっと晴れてくるはずと思っていると、急に陽射してきたり・・・意を決して車から出るとひんやり、長袖Tシャツに半袖Tシャツを重ね着、更にヤッケまで着込んでスタート牧ノ戸の登山口、コンクリートの階段道は好きになれません。帰りの疲れた足での階段下りは...霧氷に誘われて、久住へお山歩

  • 恩恵の裏では

    裏山にクヌギが植えてあります。シイタケ栽培の恩恵を受けますが、良いことばかりじゃ有りません。落葉に時期になると風向きによっては、庭先~菜園~木戸口と落ち葉が舞い散ります。2~3年に1度、仕込みすれば春と秋に勝手(?)にシイタケが生えてきます。裏山のクヌギ、シイタケの恩恵を授けてくれます。本伏せ込み1年目は、菌糸の生育が不十分で生えるシイタケは少ないです。春になってくるとたくさん生えるので乾燥シイタケにしています。一方では、庭先に落ち葉をプレゼントをくれます。芝に絡まって、箒で掃いてもなかなか取れない(>_<)箒が使えないので、手で拾うしかありません。ハクサイやキャベツに巻き込んだら最悪です。春菊は、茎と葉の間に挟まって取るのに手間取ります。木戸口、掃いても直ぐに舞い散ってきますが、放っておくのもみっともないので...恩恵の裏では

  • 第38回産業祭でした。

    地区イベントの最後は、飲み放題食べ放題の産業祭です。(11/24)毎年、11月の最終日曜日と決まっているので、日程調整は楽(地区行事への不参加は不味い!)です。ところが、今年は、誰かさんの行いが悪かったのか、生憎の雨になってしまいました。それでも、テントを張って強行します。たった1株でこの大きさです(O_O)競りに掛ける品物を持ち寄ります。何でもないそこらの畑に有る物が、目が出る高値になる事も我が家の供出物は、いつもながら大根2本/1組でしす。恒例の”焼きそば”、100食準備します。(¥200)ゼンザイも恒例で、100杯準備します。(¥200)2年前までは、餅つきがあったけど、美味しい糯米と評判の人が病気してから糯米の提供がなくなり、餅つきが無くなってしまいました。食べ放題の焼き肉が準備され、早くも良い匂いが漂...第38回産業祭でした。

  • 紅葉に誘われて、普現寺を参拝

    普現寺(臼杵市野津町)を訪ねました。(11/23)鹿嵐山のお散歩で、今年最後の紅葉を楽しむ予定だったが、1昨日、残されていた最後の難所の草刈りで少し前から違和感を感じていた足の指先と膝が痛くなり、足をかばって腕と腰で斜面を踏ん張って草を作業しました。3時間掛って作業を終えたら、ホッと気が緩んだのでしょうか、肩から腰回り足の膝が悲鳴を上げ始めました。こんなんじゃ、お山歩で紅葉を楽しむどころか苦痛を感じるだけだろうと、鹿嵐山行きを中止したのでした。でも、折角の休日(365日休日で、365日勤労日ですが・・・)なので、温泉にでもと思っていたら紅葉が素敵なお寺があると知り、お寺なら足腰への負担も少なかろうと出掛けてみました。トンチで有名な「吉四六」さんのお墓吉四六さん(左)と奥さんのおへまさん(右)の墓が並んでいます。...紅葉に誘われて、普現寺を参拝

  • 天竺の越冬準備

    いよいよ霜が降り始めました。寒さに弱い天竺は、1回の霜で完全にダウンしてしまいました。来年も頑張って貰うために、お布団を被せてお休みさせたいと思います。すっかり萎れてしまいました。茎の根元から刈り取ります。先日草刈りした草を被せて霜対策完了です。チョット手抜きの感じがしないでもないが、これでも天竺は頑張って冬越ししてくれます。天竺の越冬準備

  • エンドウ豆

    エンドウ豆(2種類)を植えました。スナックエンドウ&グリーンピーススナックエンドウは、サッと茹でてパキポキ音を立てながら食べるのが好きなので植えることにしました。グリーンピースは、ご飯に炊き込んだり、ポタージュスープ、煮物に美味しいですね。スナックエンドウは、南側のグリーンカーテン用として4ポットに苗を作ります。子葉~本葉~花まで、グリーンピースと見分けが付かないのでポットに品名を書いておきます。グリーンピースは、西側のグリーンカーテンスペースで栽培してみようと思います。コンテナ用に6ポット苗を作ることにしました。1P*2粒を少し離して蒔きます。種を蒔く前に土を湿らせて、種を蒔いたら発芽まで土が乾かない程度に水をあげます。*1cmの深さに埋めました。発芽~本葉6枚までは、育苗ハウスで管理します。畑で多量に栽培す...エンドウ豆

  • イチゴとニラの防寒対策

    イチゴとニラに労いの防寒対策を施しました。植え替えが不味かったのか元気がないイチゴ達頑張って花を咲かせているものもあり、ビニールのトンネルで暖房しましょう。折角開花してくれているので、人工授粉しておきましょう。例のごとく、竹を切り出してきました。直径95cmの半円アーチなので、2mの竹を切り出しました。半割り~1/4割り~1/8割りにして、アーチの桟を4本作りました。半割りした残りの竹は、棟木に使います。柱を立て半割りした竹を被せてネジ釘で固定します。棟木(棟竹)を軸に、竹桟でアーチを作り基部を枠木に固定します。このために、無粋な枠木で囲いを作ったのでした。端っこにペットボトルを付けておくと、ビニールが傷みません。トンネルの両サイドを纏めて支柱に固定します。風でビニールが捲れないように、マイカ線で押さえておきま...イチゴとニラの防寒対策

  • 2019年最後の草刈りを終える🙌

    足かけ5日も掛ってしまいました。2019年も残り1月余り、ここらで一念発起して畑の草刈りに精を出しました。いざ草刈りに取り掛かったものの、全く使っていなかった畑は、法面は太い茅が生い茂ってしまい畑自体もトラクターの爪が跳ね返されて、空転しそうな草勢で原野化の寸前になっていた。畑も草原に近い法面は背丈も高い茅!何とか頑張って刈り取った草をカミさんが草掻きしてくれました。前回、法面で草を焼却したのだったが、法面で草焼きしたらとんでもない事が判りました。(>_<)草を焼いた後の法面は、土が傷んで砂礫状態になってしまっていました。野焼き後、すっかり砂礫化してしまいました。草刈り機の風圧で砂埃が舞い上がるし、砂礫は踏ん張りが利かず何度も滑り落ちてしまった。で、以前の様に刈り取った草は、手間がかかっても草掻きして畑で焼くこ...2019年最後の草刈りを終える🙌

  • 玉葱を植える

    今年も玉葱を植えます。作付けするのは、長期保存が可能な「晩生」だけを300本植えることにしました。(実家用100本)作付けする畑は、事前に元肥(堆肥)の鋤き込み~油粕投入~マルチングまで済ませてあります。元肥の牛ふん堆肥投入天地返ししながら堆肥を鋤き込んでいきます。マルチングする範囲を決めて仮り畝を作って置きます。油粕とネキリエースを撒きます。土を細かく砕きながら、油粕を混ぜ込みます。土を平らに均して、L=420cm*W=85cm*H=8cmの細長い平畝を作ります。孔開き(15cm*15cm)の黒マルチをマルチングします。一向にマルチングが上達しません。ここまでの作業を済ませておいたので、今日は玉葱の苗を植えるだけです。・・・(11/07までの作業)予定より早く玉葱の苗が届いてしまいました。(11/09)晩生3...玉葱を植える

  • 巨人軍の秋季キャンプへ

    巨人軍の秋季キャンプを観に行きました。(11/16)春のペナントレース前のキャンプに比べると、①ペナントレースの反省②打力アップの振り込み③守備力アップの激しいノック④制球力+体力アップの投げ込みと見所多いと聞いて出掛けた。道の駅「フェニックス」に車中泊で、綺麗な朝陽を拝んでスタート春のキャンプと違って、人気の巨人でも来場者は少なかった。パスを貰って、球場内に入り身近にウオーミングアップを見学練習開始前のミーティング、投手陣は中央の高橋sを始め若手の11人だけ野手も飛躍が期待される若手の人だけのキャンプのようです。岡本s(左)、でっかいお尻と太ももにビックリ!たっぷり、1時間近くのウオーミングアップ本木ヘッドコーチ(77)と宮本コーチの打ち合わせ腰に伸縮ロープを張ってトスバッティング選手もロープを引くコーチも結...巨人軍の秋季キャンプへ

  • 朝食バイキング

    リーズナブルなバイキングでした。「朝食からバイキングかよ!」って、言われちゃいそうですが・・・・延岡市北川町の”道の駅はゆま”の、朝食バイキング¥600に立ち寄りました。道の駅”はゆま”11品チョイスしましたが、15品+漬け物6種+生卵+納豆+海苔+etcご飯の味噌汁にバイキング定番のカレーもありました。パン食希望なら、パン+ジャム+バター等食後には、コーヒー(ココア,牛乳)+フルーツポンチAM7:00~AM10:00(9:30ラスト)と言う事ですが、かなり大勢のお客さんが来ていました。味の方は、¥600のバイキングですから想像にお任せいたします。そんな中、一番美味しかったのは”ヨーグルト+イチゴジャム”で、お替わりしました。朝食バイキング

  • 十両&百両千両&万両

    十両,百両,千両,万両の実が色付きました。千両がなかなか実を付けてくれなかったけど、今年ようやく実を付けてくれました。験を担いで、木斛の根元に揃えて植えてあるのですが、まだ夢は叶いません。十両の葉十両の実(ヤブコウジ):花言葉=明日の幸福ヤマタチバナ(山橘)とも呼ぶらしい百両の葉百両の実:花言葉=富、財産カラタチバナ(唐橘)十両~万両の中で、一番個体数の少ない貴重品種だそうです。千両の葉千両の実:花言葉:可憐富貴クササンゴ(草珊瑚)十両~万両の中で、一番縁起外衣とされます。実(お金)が一番上から溢れていると例えられています。万両の葉万両の実:花言葉=固い誓い慶祝ヤブタチバナ(薮橘)「千両、万両を持っていても、一両=アリドオシがないと「千両、万両、有り通し」にならないそうです。と言うわけで、木斛の根元に十両~万両...十両&百両千両&万両

  • ピーナツバターを試作

    落花生を煎って、ピーナツバターを試作しました。山友達とピーナツバター作りの予行練習です。殻付き落花生300g(ピーナッツ=230g),グラニュー糖(110g)無農薬の自家栽培の落花生を天日乾燥させた物です。落花生を300g準備しました。落花生の殻を剥いてピーナッツを取り出します。この作業は面倒くさいです。(ピーナッツ230gに成りました)。今回は、確実に熬りピーナッツにするためにオーブンレンジを使うことにしました。クッキングシートにピーナッツが重ならないように広げます。オーブンレンジの中段に入れます上段が早く煎れるけど、焦げの発生を避けました。余熱なし*160℃*20分で煎り具合いを見ます。20分では全然足りず、20分+20分+10分=計50分ローストしました。オーブンレンジから取り出すと、薄皮の弾ける音がしま...ピーナツバターを試作

  • 紅葉に誘われて、鞍ヶ戸~鶴見岳周回:ver-2

    未踏の鶴見岳裏街道を歩いて来ました。(11/11-ソロのお山歩)後半は、恐怖の崩壊地~馬の背~鶴見岳~南平台~ゴールです。歩いた全コース図です。スタートして、2時間弱で鞍ヶ戸のテッペンまで来ました。ここまでは、チョットした彷徨いもあったものの、ほぼ順調に歩いて来ました。ここからが、展望を楽しみながらの馬の背の縦走路を歩くはずだったが・・・目指す鶴見岳は、目の前のピークに隠れて見えません。それにしても、縦走路なのに踏み跡がなくなっています。ミヤマキリシマの強い枝を掻き分けながら、手探り足探りで進みます。馬の背の片側が崩壊地になっています。この頃から、朝から吹き続けていた西風が強くなってきて、時折、身体毎持って行かれそうになり崩壊地を通過するときは、風が弱くなった瞬間に通り抜けなければならなくなりました。やっと、鞍...紅葉に誘われて、鞍ヶ戸~鶴見岳周回:ver-2

  • 干し柿を作る。

    今年も干し柿を作りました。山の渋柿を見に行ったら余り成っていなくて不作のようだったし、栽培柿もスーパーや道の駅で見かけず今年は、干し柿作りは中止と諦め掛けていました。But、昨日、カミさんが偶々覗いたスーパーに手頃な大きさで、値段も格安な渋柿を見つけて買ってきました。¥476/25個のちょうど手頃の渋柿です。11/12、干し柿作りに適した時期です。(空風が欲しいけど・・・)丁寧に包丁で皮を剥きます。紐で括って、12対(1個半端)が準備できました。なんで、奇数個なんだと思ってしまいますね。カビ防止のために、熱湯に浸けて殺菌消毒します。柿が煮えると不味いので、浸す時間は10秒で充分です。軒下に吊して乾燥させます。25この干し柿、チョット淋しい光景です。山の柿が手に入るときは、100個以上は作っていたんだけど・・・願...干し柿を作る。

カテゴリー一覧
商用