searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

My Audio Life (趣味のオーディオ)さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
My Audio Life (趣味のオーディオ)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kontakun_2010
ブログ紹介文
真空管オーディオを中心に、私のオーディオチューンアップについて書いています。最近はPCオーディオにも取
更新頻度(1年)

65回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2014/11/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、My Audio Life (趣味のオーディオ)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
My Audio Life (趣味のオーディオ)さん
ブログタイトル
My Audio Life (趣味のオーディオ)
更新頻度
65回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
My Audio Life (趣味のオーディオ)

My Audio Life (趣味のオーディオ)さんの新着記事

1件〜30件

  • ミュージック・サーバー(NAS)のSSD化とファイル整理。

    簡易型サーバーをHDDからSSDへ交換しました。「簡易型」と言っているのは、WifiルーターのUSB端子を使ってNAS化しているからです。※メーカーや機種によっては、このUSB端子がファイルサーバーとして使えるものの、メディアサーバーとしては使えない物があるので注意が必要です。現在、我が家にはメディア・サーバーとして使えるWifiルーターが2台有ります。勿論、本来のNASよりは性能や機能的には劣りますが、ミュージック・サーバーとして使うには充分です。但し、以前にも書いたように「フォルダ・ファイル数の上限」が有ります。事実、先日HDDに音楽ファイルを追加していたら、メディアサーバーで扱えるファイル数を超えたのか、データ更新が出来なくなってしまいました。この際と思い、メディアサーバーをHDD⇒SSDへ置き換える事に...ミュージック・サーバー(NAS)のSSD化とファイル整理。

  • 真空管アンプ用に銘板を作り、貼付けました。

    作り上げた真空管アンプの外観にも拘り、自作の銘板を貼り付けてみました。見た目が重要!!!外観の良い方が、その後の愛着も沸きます。銘板は、市販のインクジェット・プリンタ用ポリエステル用紙へプリンタで印刷して作りました。45シングルアンプの虜になったので、まずはこちらへ「銘板」を貼り付けてみました。こんな感じ。いい感じです!RCAの45、Rogersの5X4Gのマグネシウム・ゲッターが眩いです。使ったのは、エプソンの「インクジェット・プリンター」とA-Oneの「プレミアム・メタリック・フィルム(シャンパンゴールド)」です。A-Oneは商品名で、メーカーは「スリーエム・ジャパン」です。専用の無料ソフトをダウンロードして作りました。このソフトを使えば、比較的簡単に作れます。名刺用途なので、割と厚みが有りシャキッとしてい...真空管アンプ用に銘板を作り、貼付けました。

  • WE421A ppアンプのカソード・パスコンを変更。~音質の微調整~

    性懲りも無しにカソード・パスコンの変更。今まではROE220uF/63Vをパラ接続。これをSpragueのExtralytic(タンタル?)440uF/20Vへ変更。かなりの長さが有ります。見た目がスッキリしました。換装後にカソード電圧も測定して確認しておきました。Ik=46mAとなる様に微調整。さすがにWEの球ですので安定しています。これにより、音に締りが出ると同時に輪郭がハッキリしました。やっぱりコレですね。最近は好んでこのコンデンサをカソード・パスコンに使っています。更に、初段のカソード・パスコンをSpragueATOM250uF/16Vから、先ほど取り外したROE220uF/63Vに変更しました。(換装前)SpragueATOM250uF/16V黒い円筒もともとATOMは音が籠り気味になるため私はあまり...WE421Appアンプのカソード・パスコンを変更。~音質の微調整~

  • 最高級抵抗Vishay VAR エージングその後。~音も最高!~

    世界最高(言い過ぎ?)抵抗VishayVARを使い始めてから100時間が経過しましたので、経過時間毎の音の印象を書きます。あくまでも私感です。その前にVARとは?「VishayAudioResistor」の略だそうで、文字通りオーディオ用途の抵抗です。そして、VARはZ201の「NakedType」でモールドが無いものです。Z201はZ-foilと言う銅箔を抵抗体に使ったもので、VARはこれを裸(Naked)の状態で実装したものです。Z201よりも更に音質が良いらしいですが、取り扱いには注意が必要です。オーディオ・マニアなら高級な抵抗として有名ですので、今更説明の必要もないでしょう。さて、エージングが経過してからの音質ですが、20時間あたりから一皮剥けて本領を発揮し始めました。まだまだ良くなって行きそうです。エ...最高級抵抗VishayVARエージングその後。~音も最高!~

  • DAC出力部にVisayの高級抵抗を投入!

    納期が11月に遅延すると案内のあったVishayの高級抵抗(VAR)ですが、早々に届きました。これで2本揃いましたので、さっそくDACDAS-703ES(SONY)の出力部に導入してみました。袋を見ると「MadeinUnitedKingdom」と書いてあります。えっ?英国で作っているの?抵抗体(金属箔)が剥き出しになっているので取り扱いには注意が必要です。外観からして危なそうです。写真は表と裏です。このVAR抵抗に関しては、海神無線さんのページが参考になります。使用前に抵抗値を実測。まあ、精度を気にする所に使う訳ではないのですが一応。この様な小さい抵抗値を精度良く測定するには、本来であれば4端子法を使うべきでしょうが、測定器を持ち合わせていないので、普通のテスター(FLUKE)で測定。2本とも「100.1Ω」で...DAC出力部にVisayの高級抵抗を投入!

  • プリアンプのホワイトノイズ解消。

    プリアンプのホワイトノイズの原因が判った。ボリュームの前段に有ったアッテネータが原因だったようだ。このアッテネータからボリュームへシールド線も使わずに単線で引き回し。アッテネータの接点も多い。ここでノイズを拾っていた様に思う。入力レベル調整用のアッテネータ。このアッテネータは以前から気になっている部分だった。アッテネータを切り替えるとその位置によって、ソース機器側から見た負荷インピーダンスが変わってしまい、場所によっては低すぎる。一方でボリュームは250kΩと大きいために、アッテネータからボリュームの間でノイズを拾いやすく、ボリュームまでの浮遊容量の影響で高域減衰にも繋がる。そこで、このアッテネータを取り除き、入力セレクターからボリュームまでをダイレクトにシールド線で繋ぎました。シールド線には「Belden」を...プリアンプのホワイトノイズ解消。

  • プロジェクトX 挑戦者たち 4Kリストア版

    NHK『プロジェクトX』が再放送されている事をご存じでしょうか?この番組は20年ほど前に、シリーズで放送されていましたが、これをリストアしてNHKBSプレミアムとNHKBS4Kで放送されています。私が気が付いたのは、4Kテレビに買い替えた2か月ほど前ですが、この番組は3月30日からスタートしていたのですね。見たい番組だったのに随分と見逃してしまった。再々放送してくれないかな?技術者、開発者、巨大プロジェクトに携わった事のある人には堪らない番組です。そうでない人も日本が技術大国となるプロジェクトの裏にはこんな事があったのだなと感動します。絶対に諦める事なく野心に燃えた人達のドラマです。田口トモロヲさんの語り口も良いですね。中島みゆきさんの冒頭の「地上の星」、エンディングの「ヘッドライト・テールライト」も番組にぴっ...プロジェクトX挑戦者たち4Kリストア版

  • 高級抵抗を手配したら納期が11月?!。

    DACの出力段の抵抗を換装してみようと、Vishayの金属箔抵抗をRSコンポーネンツに手配したら、到着予定が当初8月上旬から11月に遅延の案内が来た。まあ、いつ入るか分からないよりは良心的だけど。。。それにしても11月とは。海外から輸入するみたいなので、コロナの影響?それとも単純に在庫切れ?。2本注文したんだけど、1本だけは国内に在庫が有り、すぐに発送。しかし、、、ステレオで使うので、1本だけじゃねえ~。この抵抗は、1本が2千円くらい。高い~!こんな事なら、海神無線さんに注文すれば良かったかな?。税込み単価は海神さんのほうが安い。あれ?海神さんでも私の欲しい抵抗値は「在庫なし」となっている。ひょっとして、メーカーはこれから生産?RSには他の部品も注文したので、送料を節約するために一緒に発注。6,000円以上は送...高級抵抗を手配したら納期が11月?!。

  • 真空管プリアンプの改造を検討中。

    やはりプリアンプが必要なので、今のプリアンプのラインアンプ部を回路構成から再検討し改造してみようと思う。前の投稿で書いた様に、ラインアンプを通さないでパワーアンプ直結にすると音がスッキリするので、このラインアンプは改良の余地がありそう。現行E80F+12AU7(ECC802S)では、定常的なホワイトノイズも気になります。このノイズの原因は初段のE80Fの所為かと疑っています。E86Fに交換すると更に大きくなる。それに、この球自体、私には使い方が難しくて上手く動作出来ているか?気になっている。ネットや本を調べても、使用例がほとんど無い。現回路路図は以下です。※ヒーターバイアスを40V程度掛けています。そこで、初段E80Fをやめて、単純な12AU71本でラインアンプを構成してみた。構成は、前段直結のカソード出力回路...真空管プリアンプの改造を検討中。

  • やっぱりシングルモルト・ウイスキーはこれでしょう。~定番『グレンフィディック』を久しぶりに飲んだ~

    父の日プレゼントの『BOWMOW』を飲み干してから、久々に『グレンフィディック』も飲みたくなった。以前、特に海外に住んでいる頃は、この『グレンフィディック12年』ばかり飲んでいた。このスモーキーな感じが好きだった。世界で一番売れているシングル・モルト・ウイスキーらしい。久々に手にした『グレンフィディック12年』。特徴的な三角柱ボトルは変わらず、ラベルデザインが変更になりトレードマークの鹿が目立つ様になっています。私はAmazonでお安く買いました。シングルモルトウイスキーグレンフィディック12年[イギリス700ml]原材料:モルトサントリー⇐クリックでAmazonに移動が出来ます。さて、久々に飲むお味は。。。『BOWMOW』に比べると、う~ん、やはり辛口でスモーキーな感じ。独特な癖が有る。香りはあまり無い。後味...やっぱりシングルモルト・ウイスキーはこれでしょう。~定番『グレンフィディック』を久しぶりに飲んだ~

  • 結局、ブルーレイ・レコーダーも購入。

    先日購入したBRAVIATVの録画機能が、あまりにも使い勝手が悪いので、結局のところソニーのブルーレイ・レコーダーも買いました。まあ、TVの録画機能はオマケみたいなものなので仕方がないですし、ブルーレイ・レコーダーも一緒に買うようになっているのですね。ソニーの販売戦略の思惑通りになってしまいました。まず、TVの録画機能のどこが使い勝手が悪かったか。(TV購入時の過去記事がこちら)①ルーム・リンク機能が無い。(DLNAサーバー機能が無い。)TVの外付けHDDに録画した番組をネットワーク上に接続した他の機器で再生出来ない。家族に邪魔されずに他の部屋で見る事が出来ない。②2番組同時録画が出来ない。(この機種の仕様。BRAVIAでも同時録画が可能な機種が有る。)そして、こちらが今回購入した機種。仕様と価格をよく確認して...結局、ブルーレイ・レコーダーも購入。

  • DAC出力を直接45シングルアンプに繋いだら音が良かった。

    プリアンプは不要なのか?「プリアンプ不要説」。この議論はいつも湧き起こる。レコード再生にはEQアンプが必要だが、それ以外の音源にラインアンプは必要か?試しに、DACDAS-703ESの出力を直接真空管パワーアンプに繋いでみた。そしたら、音がクリアーで輪郭がハッキリして良い感じ。真空管45シングルアンプの出力は、たかだか2W程度ですが、ボリュームを絞っても結構音が大きい。ボリューム位置が8時くらいで充分。しかし、これではボリュームの調整が難しいので、DAS-703ESのVariable出力(HP出力兼用)を使い、出力レベルを調整。ボリュームを2箇所通ることになるが、これでも音が良い。DAS-703ESのVariable出力(可変出力)を調べてみると、出力にはタンタルコンデンサ(10uF)とフィルムコン(0.01u...DAC出力を直接45シングルアンプに繋いだら音が良かった。

  • 無線から有線LAN接続へ変更で音の厚みが増した様な。

    ブルーレイ・プレーヤー(SONYUBP-X800)へのネットワーク接続は、便利さから無線LAN(WiFi)接続していたのですが、これを有線LAN接続にしたところ、音が良くなった様に感じる。我が家では、主にUBP-X800を使ってNASに保存した音源を再生しています。今迄、このNASを繋いだルーターとプレーヤーの接続には無線LANを使用していた。先日TVを2階に設置したので、ネットワーク接続のために、ルーターも2階に移設。(写真左)このルーターは、親機を中継器モードで使用し、ここにメディア・サーバーとしてNASを接続(写真奥中央のポータブルHDD)。その下はTV番組録画用HDD。ルーターとTVは有線LANで接続。(前回も書きましたがREGZA47J8は無線LANが不安定のため)ブルーレイプレーヤーの傍にルーターが...無線から有線LAN接続へ変更で音の厚みが増した様な。

  • 父の日プレゼント。~シングルモルト・ウィスキー~

    昨日6月20日は、父の日(Fathers'Day)。私からのリクエストのウィスキーを買って貰いました。久々に飲む「シングルモルト・ウイスキー」です。普段は、1,000円程度の「Teachers(ティチャーズ)」ばかり飲んでいて、これはこれで値段の割には美味しいウイスキーなのですが、やはり12年物のシングルモルトは美味しいです。贈って貰ったのは「BOWMORE12年」です。ストレートと氷水のチェイサーで頂きましたが、口をつけた瞬間、口の中一杯に広がります。上品で口当たりは柔らかく滑らかで、ピートの香りが広がります。少々スモーキーな感じが私好みです。やはり1,000円のウイスキーと4,000円のウイスキーは違うなって感じです。本格的で歴史のある定番シングルモルトのウイスキーは美味しい!。これって、海外に住んでた頃に...父の日プレゼント。~シングルモルト・ウィスキー~

  • 音響空間はどの様に変化したか?

    窓を塞ぎ、そこへ47型のテレビを設置したことで、音響空間はどの様に変化したか?オーディオをやってる者にとっては、リスニングルームの環境変化も気になるところです。以前はテレビの後ろに窓が有りました。900mmx1200mm位の窓が有り、そこにカーテンを下げていました。カーテンの裏には防音用カーテンも付け3重カーテンでした。私なりに直観的に感じたのは、音が更に前に出る様になった事です。低域から高域までよく届き、そして音が立体的に部屋一杯に広がります。以前はカーテンで吸収していた音が、壁やTV画面で反射する様になったのでしょう。やはり音を出す後面は、音を反射した方が良いのでしょう。コンサート・ホールでもその様になっていますね。私好みの音空間です。音響調整パネルも、この様な理屈なんでしょうね。自分好みの音空間に調整が出...音響空間はどの様に変化したか?

  • オーディオ・ルームに47型TVを設置。~壁掛け~

    1階リビングのTVをBRAVIA55型に新調したので、以前の47型(REGZA47J8)を2階に持って上がり、オーディオ・ルームに設置しました。設置方法は、以前から構想を練っていた壁掛け。出窓に板を張り、そこへTVを壁掛けしました。出窓を潰したので、防音も兼ねてます。使用した板は15mm厚のJAS規格合板。TVや金具は重さがあるので最低でもこの板厚が必要です。ホームセンターでサブロクサイズ(900mmx1,800mm)を購入し、その場で希望の寸法に裁断して貰う。裁断後は、重さサイズ的に取り扱い易くなり、車への積み込みも楽です。何より自宅での裁断作業の必要が無くなるので、楽ですね。この板に化粧用の壁紙を張ります。柄は部屋の壁に合わせました。壁紙はいつものアサヒペンの「生のりパックカベ紙」を使いました。アサヒペン生...オーディオ・ルームに47型TVを設置。~壁掛け~

  • 大型TVの画面保護用パネル ~小さいお子様の居る家庭には必須。~

    壊れてからでは遅いです!!!。小さいお子様やペットの居る家庭では、不意な事故やいたずらから大切なテレビを守るため必須アイテムです。我が家でも孫から守るために購入しました。サンワダイレクト液晶テレビ保護パネル55インチ対応アクリル製テレビカバークリア200-CRT018【重要】対応インチ数の液晶テレビでも型式ごとに対応不可の場合もございます。必ず対応表をご確認の上...サンワダイレクト⇐クリックでAmazonに移動が出来ます。新しくテレビを購入してから1か月で子供がおもちゃをぶつけて画面が割れたと言う話を聞きます。また、猫が爪で引っ掻いたという話も聞きます。薄型テレビは画面が割れてしまったらゴミと同然です。画面の交換修理は、新品を買うのと同じくらいの出費となります。※尚、不意な事故で壊れた場合、家財保険でも修理可...大型TVの画面保護用パネル~小さいお子様の居る家庭には必須。~

  • SONY BRAVIAに落とし穴が。~私の見落とし。欲しい機能が無い。~ 

    今回購入した『SONYKJ-55X9500H』ですが、今までSONYのブルーレイプレイヤー等を使って来たので、当然備えている機能だろう、機器間のリンクも良いだろうと思い込んでいた。が、しかし、、、。落とし穴が。「ルーム・リンク」「ホーム・リンク」機能が無いーーー!!!。『SONYKJ-55X9500H』の詳細スペックは、こちら。折角、新しいTV用に4TBのHDDも同時購入したのに、リンク機能が無ぁ~~い。ネットで調べてみると、以前のモデルまでは有った様だが、いつの間にか無くなっている。これでは、新TVで録画したTV番組を2Fのオーディオ・ルームで見る事が出来ない~!。えぇ??どうも、最近のBRAVIAはDLNAのサーバー機能を持っていない様だ。クライアント機能のみ。ならば、他の機器で録画した物は見れる筈なのに、...SONYBRAVIAに落とし穴が。~私の見落とし。欲しい機能が無い。~

  • TVの進化に驚愕!!~55V Android TV購入~

    約7年ぶりにTVを購入した。前回TVを購入したのは、日本帰国後の2014年だったと思う。機種は、東芝製『REGZA47J8』。店頭で他社製と画質を比較して購入した。この機種、画質も良く気に入っていたのですが、後に曰く付きの無償修理対象となった。内容は、音声は出るのだが画像が映らなくなり、電源基板と液晶パネルを丸ごと交換。さらに、交換後の画面の中央の線が気になって液晶パネルを再度交換。そしてつい先日、今度は『miniB-CASカード』を読み込まなくなり、カードを洗浄、挿入口を洗浄しても回復せず。miniB-CASカードを使った他製品が我が家に無く、原因の切り分けが出来ない。仕方なく近くの家電量販店に頼み込み持ち込み、確認して貰った。原因は、カード自体の問題とわかった。この時、最近のTVは内蔵CASだと言う事を初め...TVの進化に驚愕!!~55VAndroidTV購入~

  • コンデンサの音質傾向 ~PIO(Paper in Oil) オイルコンデンサ編~

    過去に使用した実績のあるコンデンサの個人的な音質評価、感想です。私の備忘録的な簡単なコメントだけですが、何かの参考になればと思い投稿しました。あくまでも私個人の主観ですので、人により評価が違ったり、使用箇所、印加電圧によっても違う結果になる事を断っておきます。個人のメモ書き程度に捉えて下さい。また、このブログを始めた頃からの経験ですので、記憶も曖昧になっている物も有ります。フィルムコンデンサについては、このブログの前回記事で纏めました。以下のタイプ名は、略称・呼称で書いている物もあります。今回はペーパー・オイル・コンデンサ編です。オイルを使ったコンデンサは、フィルムコンデンサに比べ、殆どの物がオイルによりダンプされた様な音で、音艶が乗り味わい深い音になります。真空管の音によく合います。ハマると癖になります。主に...コンデンサの音質傾向~PIO(PaperinOil)オイルコンデンサ編~

  • サラウンドを試してみる。

    以前に使っていた『FOCAL製Chorus807V(MadeinFrance)』を久々に引っ張り出してきた。見え難いですが、前面カバー(サランネット)の下部分にあるのが、FOCALのロゴマークです。粋ですね。『FOCAL』ってメーカーは、あまり馴染みがないかも知れませんが、フランスに在るスピーカー・ユニットの設計・製造メーカーです。ユニットの駆動力は強力です。カー・オーディオ用のユニットとしても使われています。有名なスピーカーシステムでは、当時ペアで1,000万円超の『UTOPIA』が有ります。私は、海外の展示会で『UTOPIA』を聴いたことが有りますが、凄い音に圧倒されました。でも一般家庭向きじゃないです。今調べると、ウーハーは励磁方式だったのですね。私所有の『Chorus807V』は、2.5cm逆ドーム型ツ...サラウンドを試してみる。

  • 歴史的ライブ・イベントのDVDを鑑賞。~LIVE AID 1985~

    以前からみて見たいDVDを購入しました。このDVDは、2018年に映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された時に、再度話題になり価格が高騰、一時中古品でも3万円位にまでなった様に覚えています。私は、このDVDの存在をそれ以前から知っていたのですが、この高騰で手に入れるタイミングを完全に逃してしまってました。今では中古品価格が1万円程度になったので、やっと手に入れて観る事が出来ました。このDVDの内容については、歴史的背景、内容をご存じの方も多いと思いますが、こちらを参照してください。『ライブ・エイド』とにかく、出演アーティストが多いです。これだけのアーティストが出演するイベントは、他に類を見ません。(冊子の解説を拝借)1985年と言う時代は、携帯電話どころかファックスも殆ど無い時代。テレックスの穴の開いたテープ...歴史的ライブ・イベントのDVDを鑑賞。~LIVEAID1985~

  • 音楽・映像の再生システム構成。 ~更新~

    前回の投稿で書いた様にレコードの再生系統を変更したので、現状の音楽・映像の再生系統図を更新します。この様な構成に成りましたが、音楽再生はSSDに収めた音源を聴く事が多くなっています。音源サーバーをSSDにした事と、DACに少し手を加えた事により、デジタル音源が本当に良く鳴っています。音数が増え、今迄聴こえなかった音が聴こえます。にもかかわらずデジタル臭さも後退しています。ハイレゾ云々と言う前に、CDに収められている音源、つまりCD-DA規格の44.1kHz/16bitをキッチリと再生すべきと思います。1TBのSSDは、すぐに一杯になりましたので、CDにして1,500枚分位は保存されていると思います。オリジナルCDも所有していますので、部屋の壁面はCDで一杯です。おまけにレコードも。(笑)しかし、これだけ音源が有...音楽・映像の再生システム構成。~更新~

  • レコード再生をシンプルに。

    アナログ・レコード(vinylRecordという言い方が流行らしい)の再生系をどうしようかと考えていた。SONYのAVアンプ(DA3600ES)にPhono入力があるものの、真空管PhonoEQと比べるとやはり何か違う。レコード本来の音を引き出すには、やはり真空管PhonoEQが必須と思った。私の真空管プリアンプのEQは音が良いとされているマランツ7型。これを何とか上手く生かす方法はないか?しかし、この真空管プリアンプ出力をAVアンプに入れるとVR(ボリューム)を2回通る事になる。これは嫌だな~。かと言ってAVアンプを通さず、この出力を直接真空管パワーアンプに入れるとなると、レコードを聴く度に繋ぎ換えるのが面倒。そこで、真空管プリアンプに2系統ある出力のひとつをVRやセレクター、ラインアンプを通さずEQアンプか...レコード再生をシンプルに。

  • DAC DAS-703ESの出力カップリングCを変更。

    メディアプレーヤー(と言ってもBDプレーヤーですが)のストレージのSSD化により更なる音質向上に気を良くして、接続先のDACも弄りたくなりました。このDACは先日ランプをLED化したSONY製の銘機『DAS-703ES』。今回換装したのは、アナログの最終出口のカップリング・コンデンサです。オリジナルでは、特注の大型フィルムコン6.8uFが使ってあります。「SONYAUDIOCAPACITOR」と書いてある部品です。大きい~。双信電機のセラミックパウダー入りマイカ・コンらしい。これをまずは「WIMAのフィルムコン2.2uF(BlackBox)」に交換してみます。WIMA製でこの様なコンデンサは一般的には見かけませんが、本当にWIMA製か懐疑的。見た目は良いのですが、音質は?以前に他の回路で使った時の印象と同じで、...DACDAS-703ESの出力カップリングCを変更。

  • 音楽用ストレージをSSD化。

    遅ればせながら、ミュージック・サーバーをHDDからSSDに交換しました。私がミュージック・サーバー再生用として使っている『SONY製UBP-X800(BDプレーヤー)』には、USB入力も有ります。以前から感じていたのですが、ネットワーク・オーディオとしてルーターに繋がったHDDをWiFi経由で再生するよりも、USB端子に直接HDDを接続して再生した方が音がクリアーでスッキリしている。さらには、HDDよりもUSBメモリーの方がよりクリアー。HDDは2TB、USBメモリーは64GBを使用。ここで、私なりに要因を考えてみました。一つ目は、HDDの様な回転系を持つ記憶装置は、データそのものには影響しない様な回転系のノイズが発生、或いはジッターが生じるのか。二つ目は、WiFiでもデータそのものには影響しないノイズ発生や不...音楽用ストレージをSSD化。

  • DAC DAS-703ESのランプ切れ修理 ~LED化しました。~

    いつかは切れると思っていましたが、とうとうその時が来ました。SONY製DACDAS-703ESのモード表示ランプのうち、2個が切れてしまいました。この際なので、LED化を施しました。分解してみると、もともと使われていたのは、Φ5mmのムギ球です。このムギ球に色付きのビニールキャップを被せて発色させて有ります。ムギ球を取り外したところです。この機種が発売されたのは1986年頃。その当時、流石に青や白色のLEDは存在してませんでしたが、緑や赤、橙のLEDなら存在した筈なのに、わざわざムギ球を採用したのには何か理由があるのかな?交換用に手配したLEDは白色LEDです。これにムギ球に付いていたビニールキャップを同じ様に被せて発色させます。LED自体は安価なので、色合いが気に入らない時のため、緑と橙発光のLEDも数量分手...DACDAS-703ESのランプ切れ修理~LED化しました。~

  • 45 シングルアンプの製作(22) ~ACインレットとヒューズ交換~

    今回部品手配した際に、ACインレットとヒューズも購入した。ACインレットは、オリジナルに使用されていた物がフィルター付きだったため、音痩せを気にして交換してみた。個人的には、デジタル回路なら兎も角、アナログだけの回路には必要ない様に思う。確かに、家庭電源からの高周波ノイズの重畳には効果ありそうだが、それがアナログ信号にどれだけ影響があるか疑問です。それよりも音が痩せるのが気になります。今回、交換したACインレットがこちら。左が元々使われていた物。LCフィルタが入っている様です。右が新たに購入した物。Switchcraft製です。ヒューズはこちら。左が変更前。Littelfuse製のスローブロータイプ。セラミック管です。右が購入した物。スローブロータイプ、シングルエレメント、ガラス管。Bussmann製?交換後の...45シングルアンプの製作(22)~ACインレットとヒューズ交換~

  • 45 シングルアンプの製作(21) ~NFBの調整~

    やっと必要な部品を注文。纏めて注文しないと送料が勿体無いです。発注の翌日に届きましたので、先ずNFBの調整をしてみました。部品手配前に、手持ちの抵抗を並列にしたりして適当な抵抗値を作り出し、何通りか試して大体の見当を付けました。NFBの検討で必要なのは、①帰還量と②時定数の設定です。計算例です。尚、初段のR2は定格56Ωを使用していますが、A&B製なので実測は60Ωでした。①帰還量について結論は、やはり3.0dB近辺が良さそうです。2.5dB以下に減らすと、無帰還の時の音に近づき、中域音にハリはあるのですが、繊細さ上品さが無く荒っぽくなります。低音がドンッ、ドンッと鳴り、締まりが有りません。弾く様な音になりません。かと言って、4.0dB以上に増やすと、高域の伸びは良いのですが、音に躍動感がなく神経質過ぎて面白く...45シングルアンプの製作(21)~NFBの調整~

  • 45 シングルアンプの製作(20) ~毎日、ロードラインを眺めている~

    色々な方から、今の電圧設定、ロードラインについてアドバイスや指摘を頂いたので、毎日ロードラインを眺めながら、あーでも無い、こーでも無いと引き直しをしています。頭の中がロードラインでいっぱい(笑)。グラフも試行錯誤で線がいっぱい。何が何だか分からなくなってきました。電源電圧等、限られた条件の中で引き直し、理想とする形を作るのは大変です。あちらを立てれば、こちらが立たず。いやぁ~、難しい。今の電源電圧では理想とするドライブ段のロードラインは出来ないのでは?と思ったりします。そこで思ったのは、設計指標と言うのはあるだろうけど、最適解は自分の耳で聴いて見つけるしか無いのではと。ある本にも書いてありました。「どのロードラインが良いかは一長一短があり何とも言えない。」と。やはり、あちらを立てればこちらが立たないのかな?と思...45シングルアンプの製作(20)~毎日、ロードラインを眺めている~

カテゴリー一覧
商用