chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
小泊
フォロー
住所
掛川市
出身
豊後高田市
ブログ村参加

2014/10/18

1件〜100件

  • 良心的なお医者さんと12年前の紅茶

    昨日は二か月一回の通院日、糖尿病です。「何か変わったことは・・」「いいえ・・」私が持ってるのと同じ器具で採血、すぐに数値が出ます。「お大事に・・」「じゃ、また・・」大体3分・・・大したことないと思ってても、やはり病院に行くのはイヤですね。出来るだけ早く終わらせたい。高いお金を払ってるのだから、出来るだけ長くあれこれ話を聞いたり検査したりしたいなんて思わない。薬も二か月分出してくれます。ですから、二か月一回・・・ホントは三か月分出してほしいところ・・・診察料690円・・・一割なので実際は6900円也。薬代:糖尿病と尿酸を抑える薬とで60日分1,950円・・・実際は19,490円也。これが次回から二割負担になるので倍に・・・こんな調子であと三年もてば・・・今朝の紅茶は、屋久島の紅茶・・・賞味期限2010年9月...良心的なお医者さんと12年前の紅茶

  • 何事もなかったような今日・・・

    安倍さんがいい悪いでもない、国葬がいい悪いでもない、大雨でまだ家に帰れない人もいる・・・でも、いつもと変わらない秋の一日・・・・・何事もなかったような今日・・・

  • まさかがまさかでなくなる日

    いつもの土手を歩いて胆をつぶしました!一昨日から昨日にかけての大雨・・・盛んに避難警報が出ていたけど、まさかこんなだとは・・・土手の草の色が灰色になってるとこまで、水が来てたのです!ということは、あの夜、この川一杯に泥水が流れてたのですね。壮観だったとは思うけど・・・もう少しでオーバーフローするところ・・・これからは、まさかではなくなるんでしょうね・・・まわりは秋・・・・・・まさかがまさかでなくなる日

  • 急に秋・・・

    急に涼しくなって半そででは寒い・・・庭に出てみたら、白い曼殊沙華が・・・秋ですね~お茶のつぼみもふくらんで・・・家に入って、何か熱いお茶でもって気になりますね・・・先日頂き物の蜜蘭香・・・なんでも20キロしか作ってない逸品。ホントに部屋中香ります・・・一人で飲むのが惜しい。こんないいお茶を飲んでるんだ‥と言うことを自慢したい。それでも、やはり秋は物悲しく・・・「才能なし」の身では、ひねっただけでは句も出でず・・・・・・・・・急に秋・・・

  • 台風一過

    台風一過のはずなのに、すっきりしない。最近はホントに変・・・すべてがもやもやしてて、終わった後もすっきりしない。オリンピックの後も・・・すっきりさせようとして、国葬っていってるけど・・・お相撲も、誰が強いのやら・・・みんな弱いすっきりしてるのは大谷選手くらい・・・・・・・台風一過

  • 1時間半歩いたら・・・

    昨日は、法多山で行われたお茶のイベントへ・・・有難いことに、行きは竹内さんのタクシーに同乗させてもらって・・・法多山の境内は大変広い。木立に囲まれて大変いいところ・・・名物団子の売り場は長蛇の列でしたが、こちらはかなりのんびり・・・ゆっくり楽しんで、あっという間に三時間も・・・帰りは計画通り、愛野駅まで歩きます。3.2キロ。一山超えるくらいの坂道。ほぼ予定通り、45分で愛野駅に着きました。余裕です。それから電車で掛川駅・・・そこから徒歩で自宅まで。いつもは25分のところ、・・足がつって!30分。併せて、一時間15分歩いたことに。これ、袋井駅から法多山までとほぼ同じ・・・と言うことは、袋井駅からもなんとか法多山まで行けるということ。でも、法多山一泊と言うわけにもいかんし・・・もう少し鍛錬が必要。でも、いろん...1時間半歩いたら・・・

  • だ~れも見ないブログにしたい

    昨日も・・ブログで見たから・・・法多山に車で行くので、よろしかったら一緒に・・・と、水野さんから電話が。ありがたいですね。でも、このブログ・・たまたま見たのか?いつも見てるのか?・・・いま、10月の世界お茶まつりに行こうと・・・プログラムを探したけど,な~んにもそれらしいものがない!あと一カ月と言うのに・・・いったいどうなってるんだ!なにやってんだ!・・・と言いたかったけど、もし、このブログ、関係者が見てたら、パワハラ?これ、たんなる個人的な寝言です。・・・・だ~れも見ないブログにしたい

  • ブログも書けば・・・望にあたる

    17日、法多山のイベントに行く話を書きました。タクシー代節約して徒歩で・・・愛野駅から3.2キロ、49分。ただし坂道。袋井駅から4.9キロ、1時間14分。一応平坦。で、行きは袋井駅から・・・なんてことを書いたら・・・きょう、東京の竹内さんからお電話が・・・私も行くのでよろしかったら、タクシーでご一緒に・・・地獄で仏・・?早速お願いして17日、袋井駅で待ち合わせることに・・・。それにしても、ブログ、見てる人がいるんですね‥驚き!これから、書くとき、意識しちゃうな~・・ブログも書けば・・・望にあたる

  • 一時間歩けますか・・・

    今週末、17日(土)、18日(日)、袋井市の法多山で「オチャノコサイサイ」と言うイベントがあります。全国の銘茶集合!試飲即売会ですね。奈良の心樹庵さんも来られるとのことなので、出かけることに・・・いま、もう車はやめたのでバスで・・・と思って、時刻表を探したら袋井駅ー法多山路線はとうに廃止に・・!観光協会に聞いたら、タクシーか徒歩!財政困難な折から、当然徒歩!で・・・一番近い道を聞いたら・・・愛野駅からだと40分程度・・しかし、坂道!平たんな道なら、袋井駅から徒歩1時間!!1時間くらいなら何とかと思って、行きは袋井駅から、帰りは下りなので愛野駅へ・・・・さて、体力試しなのか肝試しなのか・・・17日に決行します。・・・一時間歩けますか・・・

  • 朗報と満月

    昨日、高校生の孫娘のコロナ感染のことを書きました。その症状のひどいこと・・・・こちらがかかった時のことを大いに心配してたら、・・・若い人の方が症状がひどいんだってね・・・そうなんだ~朗報ですね!いつでもどうぞって気になってきました。現金なもんです。気持ちも晴々、きれいな満月です。今日は、何の心配もなく電車で静岡まで・・・・・・朗報と満月

  • コロナ体験記

    高校三年の孫娘が、コロナ感染。その手記です。ただいま37.2度、起き上がるとしんどいけど寝ていたら体が熱いのと頭がちょっと重く、だるいのでのど飴をもらったら少し喉は楽になりました。けど、寝ようとすると呼吸がしずらく、なかなか眠れない。今朝は36.3度、声がちょっと違和感があるなーくらいで、他に何も特に異常はなかったのでいつも通り元気に学校に向かいました。自転車をこいで15分、急に息が切れ始め、ふらふらしつつも登校。その時は単に飛ばし過ぎたせいくらいにしか思いませんでした。朝の休みが終わっても息が荒く、何かする気力もなく、ただぼーっとしていました。さすがに疲れすぎだろうと自分では思いつつも、昨日あまり眠れなかったことや文化祭直後ということもあって疲れが押し寄せたのだろうと一応納得。しかし、次第に容態は悪化。...コロナ体験記

  • 右脳思考の本を買う

    昨日も今日もものすごく暑い。でも、なんとなく秋の空の感じも・・・デザイン思考の考えがいまいちすっきりしないので、右脳思考について、参考書を探します。内田和成氏の似たような本を二冊・・・送料込みで1,238円也。10月22日、世界お茶まつりの時、地紅茶学会で20分ほど話します。目下、脳みそをかき混ぜ中・・・型に入れて冷やします。・・・右脳思考の本を買う

  • 頂き物の中国のお茶

    思いがけず、素晴らしい中国のお茶を四種ほど・・・まずは、広東省潮州の鳳凰単叢・・・海抜1000m、うーとん山の蜜蘭香…ちょっとお湯を入れただけで素晴らしい香り!1人で飲むのは惜しいけど、・・・残念ですね。地紅茶サミットの準備で人が集まってきたら、こんなお茶を楽しむ会も開きたい。なんだか明るくなってきました。・・頂き物の中国のお茶

  • ふほう

    エリザベス女王が亡くなられた。最近亡くなる方がやたら多い・・・今年になってご近所の方が何人か・・・組内で最高齢になりました。でも、次は自分だという意識はありません。それで、三年後の地紅茶サミットの準備を始めました。手始めに、来年予定している長崎県対馬の大石さんに、進捗状況を聞くためお電話を・・・お留守でしたので、また改めて。今日はこちらの計画を作ろう。・・・ふほう

  • そうはいっても・・・

    新聞の社説なんかの終わりによくある言葉です。「・・・官民であらゆる知恵を絞らなければならない。」そりゃそうだけど・・じゃ具体的にどうする・・?いろんな問題で官民で知恵を絞ってるはずなのに今のあり様・・・座右の書にもありました。ねーー・・・そうはいっても・・・

  • 座右の書

    私のパソコンは、起動してもすぐには画面が変わりません。その時のために、座右に手のひら大の小冊子を置いています。MOE別冊付録ヨシタケシンスケさんの「STAYHOME」それをパラパラ見ます。こんなことが書いてあります。いいですね~・・・気持ちがかわります。・・座右の書

  • おおたにしょうへい

    いまこうやって大谷翔平選手を見られるということは、べーブルースを見ることと同じくらい貴重な体験をしてることになるのです。同時代を過ごすことができて幸せです。とかいって、毎日、3時間近くテレビを見ているのです。限られた余命だというのに・・・・こんなことでいいのだろうか・・・・・・・おおたにしょうへい

  • よめい・・・

    余命を告げられた方が、がん闘病記を書いたりします。読んだことはないのですが、どんなお気持ちなんでしょう。健康な人が想像しながら書くのとは違います。思えば、誰だって余命があるわけです。それがわからないので、のんきにしてるだけです。それで、わたしは、2025年秋までとすることにしました。地紅茶サミットをやって終わり。それに向けての一日一日をどう過ごすか・・・とりあえず、きょうはここまで・・・カットの写真は、手じかなものを意味もなく・・・日本茶インストラクター協会の機関誌に原稿を頼まれました。出す直前に気が変わって全文書き直し。筋が変わったので不要になった写真が上の物。中国河南省の観光茶園。・・・よめい・・・

  • 昔はよかったという話・・・

    2001年、もう20年前の話です。中国の品評会で金賞受賞のお茶を80点ほど持ち帰りました。聞きつけた日本茶インストラクターの人たちが組織を作って、国際名茶品評会日本大賞を選ぶ会を企画しました。地紅茶サミットもあんな具合にできないかな~・・と勝手に思ったのです。でも、あれから二十年。結構なお年です。山下さんは入院してたというし・・・・若い人たちでもう一度と思ったけど・・・最近の若い人は・・・・ってはなしになって・・・・・・昔はよかったという話・・・

  • 待ち人来たらず

    地紅茶サミット、一緒にやる人・・って募集したけどだ~れも・・・ただ、山下さんから電話が・・・昨日まで入院してたとか。ほんの少し動き出したような・・・・今日で8月もおしまい。異常なお天気がしばらく続きそう・・・そんな雲行き桜の葉もかなり落ちて、ツクツクホウシが弱弱しく鳴いて・・・秋の気配が・・・・・・待ち人来たらず

  • 禅問答

    暑い!甲子園大会が終わったら涼しくなるはずだったのに・・畳がオンドルのように熱い!心頭滅却すればとは言うけど・・・因みに・・・僧問う、「いかなるか是れ仏」「鍋に火をかける」・・・・・昨日から頭を離れないのです。立派な禅問答ですね。ホントウに何か意味があるのかもしれませんね。・・・禅問答

  • 地紅茶サミットをやろう!

    これは、2005年に鳥取県で行われた地紅茶サミットのチラシ・・・20年後の2025年に島田市で地紅茶サミットを開くことを思いつきました。最近、突如、こんな考えが浮かぶのです。(もし生きていればのはなしですが・・・)で、とりあえず、そりゃ面白そうだ・・一緒にやろうという人を募集します。第一回の締め切りは今月(8月)の30日。こういうことは衝動的に判断するに限ります。shigehiro2017@outlook.jpまでご連絡ください。・・・地紅茶サミットをやろう!

  • またまた鍋に火をかける・・

    以前、サントリーのサプリメントの折り込み広告に面白い間違いがあったのでお知らせしました。そしたら、他の会社の同じようなサプリメントのテレビCMでも・・・これは、昨日のこと、まだ見ることができるかも・・・違う人が作ってるはずなのに同じ間違いとは・・・・?・・・またまた鍋に火をかける・・

  • 話題のだしと本を買いました

    女の人は、あのコマーシャルを見ると買ってみたいと思うようです・・梅澤さんがやってる「ねこぶだし」・・・うちでも・・それで、どれくらい安く手に入るかネットで見てみました。コメントが沢山・・・そして面白い・・テレビでやってる6本まとめ買いが一番安いようですが、賞味期限内に使いきれなかった‥と言うコメントが多いので、3本買うことに・・・結局、1本送料込みで1,160円・・・・昨日頼んで今日つきました。早い!・・早速、テレビでもやってる卵かけごはん・・・でう~ん、こんなもんか・・といったところ。お豆腐に合うというコメントがあるので、今夜は冷ややっこ・・・それから、知り合いの前田さんが自著出版のチラシ(本だとよかったのですが・・・)を送ってきたので、アマゾンに注文。まだ、古本はありません・・・お茶屋さんの考え方を知...話題のだしと本を買いました

  • 真夏の怪・・・

    18日、茶の都ミュージアムに行きました。前から気になって、そのたびに係の方に検討をお願いするのですがそのままに・・で、思い切って責任者の方にお目にかかりました。お話を伺って、驚愕!触れてはならないものに触れてしまったような・・・暗闇の底をのぞいたような・・・これが何を指しているのか・・・ミュージアムで探してみてください。答えはお教えできませんけど・・・・・・真夏の怪・・・

  • 世界緑茶コンテスト

    17,18日は恒例の世界緑茶コンテスト。各国からいろんなお茶が出品されます。大変貴重な体験です。でも、とても大変!体力、気力の限界を感じて、今年で引退・・・名残惜しいけど・・・これらの出品茶は、10月の世界お茶まつりで展示されます。・・・世界緑茶コンテスト

  • 夏空よ・・・

    家の中で扇風機をつけて高校野球を観てて、ふと立ち上がったら、めまい!これ、熱中症!家の中でもホントに熱中症になるんですね。どうせのことなら日射病の方が・・・夏空大好き!・・・夏空よ・・・

  • さけをのむおんな

    「いいちこ」のエピソードが面白い・・「いいちこ」の宣伝はすべて河北秀也さんにお任せ・・・任せたのは、当時の社長の西さん・・ある時、西さんが・・「女性誌に広告を出したら・・」と河北さん「あなたの奥さんや娘さんが焼酎を飲むようになっていいのですか」西さん「いや~、それはこまる・・」河北さん「じゃ、やめよう」いま、ビールやお酒のCM、殆ど女性ですね・・・アルコール業界のターゲットは女性・・・いま、「いいちこ」の戦略はどうなってるのでしょう・・・西さんも亡くなったし・・・・時代の流れは速い。・・さけをのむおんな

  • 気持ちのいい酷暑・・・

    部屋の中で窓を開け放して、扇風機を回しても34度!でも、子供のころからこんな暑さが大好きです。不要な外出を控えるようにというお達しもものかわ・・・散歩に少しやせ我慢した気がしないでもない・・・無事に帰宅・・・昔の暑さとは違うみたい。気を付けなくっちゃ・・・・・・気持ちのいい酷暑・・・

  • 虹は生き物・・?

    今朝5時ころ目が覚めて外を見たら、西の空に虹が・・・久しぶりの虹です。何か良いことでも・・と思って調べたら・・・面白いことがいろいろ・・・むかし、虹は生き物と思われていた。だから、虫偏・・・日本でも、1200年頃までは生きものだった!それから、虹は七色・・・これもいろいろ・・アメリカでは6色・・・最近は、日本でも6色と言ってるよう・・勉強しないと置いて行かれますね。・・・虹は生き物・・?

  • 国際シンポの思い出・台湾1983年

    昨日、新聞のコラムに31年前の国際シンポジウムの思い出を書きました。思えばずいぶん昔の話・・故人になられた方もかなり・・・それであれこれ思い出したのです。そこにも書いたけど、発端は、1983年3月のこと・・かれこれ40年前台湾の茶業改良場から頼まれて講演に行ったのです。着いた日の夜、場長官舎で歓迎会をしてくれました。右端が、邱再発場長。日本語と英語に堪能な方です。左から二人目は総務課長さん。場内で日本語の勉強会を開いていると言ってました。日本語のわかる人が沢山いました。飲んでるのは紹興酒。魚地の近くに産地があります。翌日はこんな感じで試験場の研究員の方々に日本のお茶の紹介など・・通訳は邱再発場長。その他意見交換会も・・講演料として、日本円で4800円頂きました。そのとき、こちらの質問に的確にこたえる研究員...国際シンポの思い出・台湾1983年

  • 猛暑の始まり・・・

    部屋の中で33℃・・・そとは・・?なんだか少し胸苦しい・・・今日は外出をやめます。今年の天候が異常なのか・・・こちらの体力が落ちてるのか・・・これは今日・・雲も溶けてるような・・・セミも鳴かないこれは2020年8月14日これは2021年8月3日どれが一番暑そうかな・・・明日は今日より3度高いとか…猛暑の始まり・・!乗り切れるかな・・・・・・猛暑の始まり・・・

  • 十年前の今日・お茶の郷博物館

    ちょうど十年前、なぜかお茶の郷博物館に行ったのですね。今日みたいに暑い日のようです・・・・・・十年前の今日・お茶の郷博物館

  • 清水の舞台から飛び降りる

    窓を開けてても暑い・・・眠れないこれでいつもは夏を過ごしてたのに・・・平成8年に付けたエアコンはとっくに壊れて・・・2500円で、新品の扇風機を買った来ました。イイ扇風機です。直に風が当たるので眠れない・・・・しょうがない。エアコンを買うことに・・・家内と相談したのです。あと何年生きてるかわからない。もしかすると今年が最後の夏かも・・だとするとエアコンつけても無駄・・・・でも死んじゃえばお金を残しても無駄・・・じゃ使っちゃオ~てなことで、昨日ヤマダ電機にいって一番安いのを・・・それでも、10万円!それに電気工事代がかかる様になってます。結局いくらになるのやら・・・清水の舞台から飛び降りるって、こういうことなんですね。・・・それにしても暑い・・清水の舞台から飛び降りる

  • ワシもいるぜとアブラゼミ・・

    家に飛んできたクマゼミとニイニイゼミを紹介したら、今朝はアブラゼミが・・そう・・・しばらく見なかったですね。懐かしかった。もしかして、ツクツクホウシも来るかも・・・やはりモデルナの副反応はかなりきつい・・・三日目に散歩してきたけど、かなりきつい・・昨日、四日目・・・40分ほど歩いたけどかなりきつい。回復に時間がかかりますね。もっとも外は猛暑・・・雷が鳴ったり雨が降ったり、不安定・・・よく見たら、なんだか秋の空も・・・あと一カ月、猛暑の後は急に秋かも・・・・・・ワシもいるぜとアブラゼミ・・

  • ニイニイゼミと耳鳴り

    モデルナの副反応思い出しました・・とにかくだるい・・・体中の力が抜けて座ってるのもだるい・・・三回目は二月だったので、布団をかぶって寝てました。でも、いま7月・・・窓を開け放って寝てても暑い!気分も悪いし・・・ふとみたら、網戸にセミが・・・ニイニイゼミ!ホントに久しぶり・・・この辺にはいなくなったのかと思ってました。でも待てよ・・・いて、鳴いててもわからなかったのかも・・・・ニイニイゼミの鳴き声と耳鳴りが全く同じことに気が付きました。暑い夏、withモデルナの午後でした・・・・・・ニイニイゼミと耳鳴り

  • 四回目のワクチン、またモデルナ

    昨日四回目のワクチン接種・・・前回、かなりひどい副反応に見舞われたので、今回は・・?前回どんなだったのか、忘れてしまったので比較ができません。熱は37.4℃・・頭が少し痛くって気分が悪い。それに大変だるい・・・今日中に治るといいのだけど・・・「も、でるな洒落にもならぬ副反応」・・・四回目のワクチン、またモデルナ

  • 去年の今日

    去年の今日、何があったか覚えている人がどれくらい・・・?私は全く記憶がありませんでした。SDカードを開いてびっくり!7月23日、オリンピックの開会式!内容について全く記憶がないのです。これが私だけだとすると、大変なことです!暑いのに急に背筋が寒く・・・・・・去年の今日

  • 難聴すすむ・・・

    明け方豪雨!いま、夏空が・・・暑くなりそう昨日、お相撲を見ながら夕飯にそうめんを・・・家内「今日のめん、どう・・?」わたし「負けたよ・・」家内「・・?・・」わたしには「今日の炎鵬、どう・・?」と、聞こえたのです。最近、こんな会話がしょっちゅうです。・・・難聴すすむ・・・

  • おわりに・・自分のこと

    この「郷土新聞」、数年前、廃刊になりました。・・・おわりに・・自分のこと

  • 二十年前の出来事 その十一

    ・・・二十年前の出来事その十一

  • 夜汽車の思い出

    ・・・夜汽車の思い出

  • 思い出の曲で忘れえぬ人

    新聞を見たという老婦人が博物館に尋ねてこられました。わざわざ掛川から・・「ドリゴのセレナード」に思い出があるそうで・・ただ「セレナード」ではなく「セレナーデ」ではと・・・そうなんです。私が間違っていました!そのご、わたしが掛川市内に「チャ茶」というお店を出してから、散歩の途中だと言ってよく立ち寄られました。左の方ですが、当時、95歳くらい・・・大変お元気。なんでも若いころ大変苦労されたそうで、伺うと「おしん」の比ではない・・まさに事実は小説よりも奇なり・・・そんな境遇のなかで、俳句を学び、当時、生徒さんに俳句を教えておられました。そして、毎朝、掛川から法多山まで歩いてお参りに行ってました。満願を記念して、ご住職が境内に句碑を立ててくださった・・・何年か前、104歳で亡くなられました。いろんなとこでいろんな...思い出の曲で忘れえぬ人

  • 二十年前の感性 その九

    ・・・二十年前の感性その九

  • 今年のセミ・・

    7月15日、初めて蝉の声を聞きました。調べたら、去年もちょうど7月15日でした。そして、今日初めて蝉を見ました・・・・いよいよ夏ですね・・・・・・今年のセミ・・

  • 創造性とは・・・

    ・・・創造性とは・・・

  • 二十年前の感性その七

    二十年前の感性その七

  • 二十年前の感性その六

    ・・・二十年前の感性その六

  • 二十年前の感性その五

    ・・・二十年前の感性その五

  • 二十年前の感性その四

    ・・・二十年前の感性その四

  • 二十年前の感性その三

    ・・・二十年前の感性その三

  • 二十年前の感性その二

    たまたま1昨日20年前に書いた文を出しました。あのとき、郷土新聞に月一で雑文を書いたのです。自由に・・・いま読むと、何を考えていたのか、どんな心理状態だったのか、興味がわきます。第三者的に・・・で、継続して読んでみます。・・・二十年前の感性その二

  • 忘れえぬ人・・・

    字が小さかったけど国木田独歩の「忘れえぬ人々」を読みました。独歩の作風のすべてがここに凝縮されているという名作・・・なるほどなるほど・・・もう二十年以上前、こんな小文を書いたことがあります。このなかで、忘れえぬ人とは誰だったでしょうか・・・・楊枝をくわえて乗り込んできたバスの運転手・・・・・忘れえぬ人・・・

  • しわいくらし

    国木田独歩の文庫本を買いました。初版が昭和24年。330円也。紙も茶色に・・・読もうと思ったら字が小さくって読めません!左が、73年前の本。右が今年出版された本・・・字の大きさ、何よりも行数が違います。おまけにかなを振ってあるので余計に行間が狭い!読みにくい!昔はこんな本を平気で読んでいたのですね。目が良かったのかも・・・そして、昔はこのような本を喜んで買っていたのです。本を買う時の基準が、いかに1ページの字数が多いか・・・CDもそうでした。内容よりも演奏時間をチェック・・・長いものを食べるものも・・・安くて量のあるもの。お味は二の次三の次・・・とにかくすべてが質より量でした。この習性は今でも変わりません。ZOZOTOWNで、90%offを見かけたら合う合わないは関係なく買ってしまいます。ですから、とんで...しわいくらし

  • 炭鉱王のお宅を訪ねる・・

    なぜ私が宇部にいたのか・・・父親が炭鉱の附属病院に勤めていたのです。宇部は炭鉱の町でした。その宇部を作ったのが「宇部興産」・・・創業者・渡辺祐策・・・翁を記念して作られた公園の中にすごい銅像が建てられています。朝倉文夫作。市民皆がお金を出して作ったんだそうです。宇部の大恩人。勿論、亡くなって久しい・・・その子孫を訪ねたのです。どんな豪邸か‥興味津々庭は広いけど普通のお宅ですね・・・あれって感じ。ひ孫の方にお話を伺いました。77歳だそうですが気さくな方でした。石炭は掘りつくしたら終わりだ・・という考えでセメント工業や化学工業など積極的に事業展開し、同時に利益は市のインフラ整備、教育などへつぎ込みました。子供も孫もお医者さんなんです。京都大学医学部卒・・実業家で医者というのも珍しい。そんな経緯もあって炭鉱附属...炭鉱王のお宅を訪ねる・・

  • 77年前立ってた場所に立つ・・・

    7月2日、宇部に出かけました。「第3回宇部大空襲を知るつどい」東京からお呼びした海老名香葉子さんの戦争孤児体験のおはなし・・・300名の参加者が涙していました。で・・・77年ぶりの宇部の街・・記憶にある場所があるだろうか・・・木立の中の渡辺翁記念館・・・戦災に会わずにそのまま残ってるそうです。だとすると、ここで「のらくろ」の漫画映画を見たような・・・翌日、岡本さんにあちこちご案内頂きました。そしたら・・・これは、当時の宇部銀行(現在の山口銀行の一部)の入り口。77年前、ここに立ってたのです。あの空襲の後、母がお金をおろしに行ったのでしょうね。まわりは、いまのウクライナみたい・・・階段の上で前の道を見ていたら、着物もボロボロ、ススで真っ黒、髪を振り乱した女の人が何か叫びながら歩いてるのです。家族を亡くしたの...77年前立ってた場所に立つ・・・

  • 宇部大空襲標柱物語

    1945年7月2日の宇部大空襲。米軍が機上から撮った写真です。このとき、私は、この下にいたのです。宇部市役所のすぐ前に2006年、宇部大空襲の跡を残す標柱が建てられましたしかし誰も管理する人がないらしく、草ぼうぼう、ポイ捨て禁止の板が立てかけてあります。岡本さんが気付いたのが2019年8月のこと・・・柱も曲がっています。市長さんに手紙を出したそうです。おかげで、2019年9月頃には、きれいになって説明文も添えられました。ところが、なんと2020年6月頃、標柱が消えているのです!誰かが根元から折り取って捨てたらしい。近くの川や土手など探したけど見つかりません。川に捨てられて海へ・・ところが、7月30日のこと、発見の報が・・・隣町の海岸に流れ着いていたそうです。岡本さんは、海に沈んだ多くの御霊を感じたそうです...宇部大空襲標柱物語

  • 2008年の今日は上海・・・

    14年前の6月30日、上海にいたのです。上海国際茶城・・・お茶の市場ですね・・・中国の主な都市にはあちこちにあります。お茶のお店が軒を連ねて・・・時間が経つのを忘れます・・・あるお店に入ったら・・・2001年、日本で開催したときの品評会の賞状が飾ってありました。私のサイン入り・・・日本では、このような賞状は殆ど居間など・・・人目のつかないところ。自慢してると思われるのが嫌だから・・・まあ、それはそれとして・・・翌日は、品評会の審査会場の寧波へ・・当時は、まだ、こんな感じが残ってました。いまは、大都市・・・・・・2008年の今日は上海・・・

  • 大分弁俳句集

    「大分弁俳句集」と言うのが出たので買いました。川柳みたいな感じです・・・「あちいなぁ云う気にならんこの暑さ」6月と言うのに梅雨明け!この暑さ!でもセミの声が聞こえません。体内時計が合わないのでしょうね・・・セミも大変・・・大分弁で一番有名なのは「いいちこ」・・・・・・大分弁俳句集

  • 忘れえぬ人々・・・その四

    沖縄のお茶、素朴ですね。さすがに暑いときに合いますね・・・国木田独歩の短編に「忘れえぬ人々」と言うのがあって、印象に残ることが書いてあったような気がするけど、よく思い出せないので、買って読むことにして注文。文庫本で330円(送料込み)。明日あたり届くかな・・・楽しみ。で・・・やはり変わった人達の思い出が強い・・・「あの人とは付き合わない方がイイ・・」と言われる人達ともお付き合いがあります。この人公務員?と言うほど型破りのSさんは、歌舞伎町にクラブを持ってて、上京するときは言って・・と。Aさんは、まさに怪男児・・会うといつも「男はロマン!」と言ってました。スケールが大きくって、国賊扱いされて後年不遇に・・・韓国、台湾、中国、インドネシアで日本向けのお茶を作るんだと、風当たりものかわ、やくざの親分顔負けの貫禄...忘れえぬ人々・・・その四

  • 忘れえぬ人々・・・その三

    一天にわかに掻き曇り豪雨!いつのものかわからない太平猴魁を飲みます。もっとも忘れがたい人・・・職場に入ってすぐに上司からパワハラ・・いまの比ではありません。向うがむこうならこちらもこちら・・・うちではかなわないので、外に出たときみんなの前でやり合います。二人の仲が他県でも有名になりました。骨は俺たちが拾ってやるから、ヤレヤレとけしかける人たちも・・・そうこうしてるうちに、互いに出すものを出し尽くしたせいか、逆に肝胆相照らす親密な間柄になり終生続きます。93歳で亡くなるまで、年に一度電話をくれました。「お~ぃ・・元気か・・会いたいな~・・」と・・・忘れえぬ人々・・・その三

  • 忘れえぬ人々・・その2

    2010年7月、台湾で二六さんが作った紅茶が出てきました。袋あけっぱなしだったのに、飲めますね・・・忘れえぬ人・・今日は益川敏英さん・・・そう、ノーベル物理学賞(2008年)を受けた先生。勿論面識はありません。なぜ・・・受賞の報を受けてテレビに出たとき、顎の下にひげのそり残しがあったのです。無頓着さがいかにも研究者らしい・・・で、毎朝ひげをそる時、いつもそのことを思い出すのです。それで、忘れえぬ人・・・ふと思ったのです。益川先生について他のことは何も知らない・・・で、ウィキペディアで調べました。(そこにある写真を拡大すると、確かに顎の下にそり残しがあるのです)驚いたことに、私と同年!「いちゃもんの益川」と言われた議論好き。当時はみんなよく議論をしました。組合運動盛んな時で、先生は京大職員組合の書記長だった...忘れえぬ人々・・その2

  • 忘れえぬ人々・・・その一

    これは2014年3月10日製造の中国の紅茶。詳しい製造場所は不明ですが、たしか浙江省だったような・・・花の香りが残っていていい紅茶です。しばらく飲める・・・ところで、昨日のテレビで久しぶりに石川嘉延元知事さんのお顔を拝見。マスク越しですが、やはりそれなりのお年を・・・私と同年。これまでの知事さんと違い50代で就任、おまけに地元の学校を出ています。ですから、県職員の中に同級生がいるわけです。私の職場の総務課長さんも同級生。よっちゃん・・と言っていました。個人的にもいろんな思い出がありますが、いい知事さんでした。静岡空港建設が難航。最後の最後、滑走路先の地主が木を切ることを頑として認めない。で・・・切ってくれたら知事をやめると・・・・首と引き換えですね。で、空港が完成したのです。それを聞いて、当時の石原東京都...忘れえぬ人々・・・その一

  • 親子の会話

    NHKの「ファミリーヒストリー」で、よく見るシーンですが、出演者が、自分の親や祖父母の生い立ちを聞いて、初めて知った!と驚くところ・・・そうなんです。親のことを一番知らないのは、その子供たち・・・特に父親は、自分のことを話さなかった。うちだけかと思ったら、よそも同じだったんですね。私が父親のことを知らなかったように、うちの息子も、私が何者か知らないだろうな~でも、これでいいのだ・・・と思っているのです。所詮、違う人格なのだから・・・う~んと年を取ってから、自分が父親と同じことをやってるのに驚きます。それを楽しみに、息子も長生きしてくれるといいですね。貴重な写真が出てきました。これは多分昭和16年。写ってるのが私。頭におできができて包帯巻いてるのです。後ろが私の家、前が道路で、自転車が走ってますね。街中のは...親子の会話

  • いま世界で一番有名な人

    7月、77年ぶりに宇部に行くことにしましたが、どこに行けばいいのかわからない。戸籍で見ると、生まれたところは、宇部市小串1295番地とありますが、いまの地図にはありません。そこで、ネットで昔の市街地図を探しました。そしたら、昭和13年の地図が・・・ある方がブログで、当時の地図と今を比べていたのです。興味深く拝見しましたが、私のうちの近くはありませんでした。元の地図を見るといいのでしょうね・・・図書館にあるのかしらん・・・そのブログに興味深い写真がありました。拝借・・・いま話題の人、プーチン大統領が宇部空港に到着した時の写真!2016年12月だそうです。こんなことがあったんですね。この方のブログ、2018年で途切れているので心配です。お元気なのか・・・NHKの「ファミリーヒストリー」のように、先祖をたどるの...いま世界で一番有名な人

  • 77年ぶりに生まれ故郷へ

    偶然が重なって、7月2日に山口県の宇部に出かけることにしました。第3回宇部大空襲を知るつどいが開かれるのです。この写真は1945年4月、アメリカ軍が写した宇部市街地の写真です。当時の私の住所からすると、ちょうど中央辺りに家があったのではないかと思われるのです。貴重な写真です。まさに空襲直前です。原爆投下のために偵察してたみたいですね。模擬爆弾も落としています。そして7月2日の大空襲!その年か、翌年宇部を離れるのです。以来、一度も訪れたことがないのです。殆ど焼けてしまって当時の面影はないでしょうが、行ってみます。今日、あの近くに4500円のホテルも予約しました。最初で最後の生まれ故郷への旅です。・・・77年ぶりに生まれ故郷へ

  • 安くていいお茶を買う方法・・・

    昨日、掛川城の下の「こだわりっぱ」に寄りました。60~70グラム入りで400円、三つ買うと1,000円というコーナーがありました。それで、三つ買ってみました。どれも掛川では有名なお茶屋さんです。右の二つ。飲んでみました。残念ながら値段相応・・・たしかに、いいお茶をこの値段で出したら、高いお茶を買う人いなくなっちゃう・・・でも、大変厳しい時期です。なんとかお茶を飲む人を増やしたい。左は、お茶屋さん(産地問屋)の店先で100g、税込み648円で買ったものです。香りもよくって美味しかった!小売店には申し訳ないけど、問屋さんの店先で買うのがお買い得かと・・・・・・安くていいお茶を買う方法・・・

  • 6キロ歩いてお茶を買いに・・・

    車をやめたので歩いてお茶を買いに行きました。往復で約6キロ・・・片道約50分。旧国道一号線・・・ずいぶん車が少なくなりました。昔はすごかった。帰りは、裏道を・・・掛川城の下の川沿いに、いま、百合が満開です。こういう街づくりの意識が高いのが掛川の特徴です。それにしても、これだけ歩けるのだから捨てたもんじゃないなあ~・・と思った一日でした。・・・6キロ歩いてお茶を買いに・・・

  • メルカリで本を買う

    最近デザイン思考に関心があります。昔はやったKJ法に似てますね。立花隆さんがけちょんけちょんにけなしていましたが・・・そう・・・めんどくさい方法ですね。でもデザイン思考的思考はいいのでは・・・で、一番わかりやすそうな入門書を買いました。あくまでも入門書なので、出来るだけ安いものを・・・で、メルカリで・・・定価が税込みで1,980円。結構出展されています。一番安いのは700円・・・でも売り切れ!1000円のも売り切れ・・・1400円も・・結局、1,800円が残ってたのですぐ注文。昨日到着。まったく新品!満足!これからは、まずはメルカリをあたってみよう。取り敢えず、デザイン思考で緑茶を売る方法を考えてみよう・・・・・・メルカリで本を買う

  • 中国茶品評会

    中国は緑茶の国です。数えきれない種類のお茶があります。形も違いますが、その製法が・・・想像を絶する作り方をしています。各種各様の形や味、香りなので日本のように相対評価は困難です。それで、絶対評価です。すごいですね・・・いくつかお見せします。百点満点で、何点付けますか・・・?始めてみるお茶でも、さっと点を付けるのはまさに神業・・!それに、いろんな茶種を対象にしてるので、紅茶の部、烏龍茶の部、そしてティーバッグの部、餅茶の部・・などなどこの品評会に参加すれば、中国の主なお茶すべてを見ることができるのです。これはかれこれ14年前の品評会・・・なつかしい・・・・もう、審査員の先生達にも会うことはないな~いつも今頃やってた・・・・・・中国茶品評会

  • エンジェルスかつ!

    毎朝、仏壇にお茶を供えながら家内安全を祈ります。でも、昨日は・・・エンジェルスが勝ちますように・・と。そしたら、なんと大谷が好投して、そして、逆転のホームランも・・・マンガチックですね。おまけに、チームで一番打てなかった選手が、救援に出てきた沢村投手から貴重なホームランを・・・その時の面白い写真が撮れました。茫然自失の沢村投手。ホームインする選手と歓喜するスタンド。肉眼では見えない一瞬の残像ですね。ところで、大谷選手は本当に人気者・・!彼が塁に出ると相手の野手が彼と話をしたくって寄ってくるのです。野手だけでなく審判もにこやかに・・・どんな会話をするのでしょうかね・・・すばらしいキャラクターです。最初の打席に入る時には、相手ベンチの監督に軽く会釈も・・・相手の監督も、帽子に手をやって返します・・・その監督が...エンジェルスかつ!

  • エンジェルスまた負けた!

    エンジェルス、ついに14連敗。個人ならともかく集団でもこんな心理状態になるなんて・・・。また負けるのでは・・と思ってしまうのでまた負ける。ところで昨日、写真間違ってました。昨日の試合は、ボストンではなくエンジェルスの本拠地アナハイム(ロスアンジェルス近郊)でした。あの前日、フィラデルフィアで試合やったので、近くのボストンと思ってしまったのです。ところがなんと4000キロも離れた西海岸で。これ、東京から直線にするとラオスまでの距離・・・こんな長距離移動しながら試合やてるのですね。よほどタフでなければできない!で・・・今日は、いよいよ15連敗阻止をかけて大谷が登板!もし、大谷の活躍で阻止したら、漫画の世界ですね。半分期待・・・・・・・・・・・エンジェルスまた負けた!

  • 頭を変えると体が変わるか・・・

    これは、約30年前のフェンウェイパーク、ボストンレッドソックスの本拠地ですね。当時のグリーンモンスターってこんなんだったのですね。今日、大谷のエンゼルスが14連敗脱出をかけて、ここで試合するのです。今年は調子いいと思ってたら、あれよあれよと12連敗!それで、監督を解任!やはりこれしかないのでしょうか・・・手っ取り早いカンフル剤としては・・先日、調子の出ない清水エスパルスもとりあえず監督を変えました。ただ、それで優勝したチームはない(はず・・)。昨日のエンゼルス、監督交代の第一戦、でも負けました。選手は一緒なので・・・やはりって感じで・・・13連敗。今、茶業界は大不況!頭を変えたいけど、頭がないのが一番の問題。さて、今日のエンゼルス、どうなるかな…興味津々。・・・頭を変えると体が変わるか・・・

  • 古い紅茶を新しい紅茶に混ぜるとどうなるか・・

    賞味期限2011年の国産紅茶が出てきました。静岡紅茶さんの川根の紅茶です。懐かしい・・・封を切ってそのまま室内放置。開けてみたら、やはりかなりの古茶臭が・・・生活防衛のため、少し取り出して焙烙で火を入れてみます。古茶臭が飛ぶかな・・・焦げない程度に。かなり変質臭が減って、味は少し酸味が残るけど軽くて飲めないことはない・・で、念のため残った缶の中のお茶をかいだら、変質臭が殆どない!飲んでみます。飲めんことはない・・・表面の空気に触れる部分が変質してたのですね。面白い発見。その部分を取り除けば十分飲める。で、欲を出して、いま飲んでる新しい紅茶に少し加えてみました。イイのと悪いのを合わせれば中くらいのものになるかと思って・・・でも、悪い方に引きずられました・・イイものに悪いものを混ぜるのはやめた方がイイですね。...古い紅茶を新しい紅茶に混ぜるとどうなるか・・

  • 菊川の赤レンガ倉庫

    赤レンガ倉庫ってあちこちにありますね。そういえば、レンガって赤いので、レンガ造りはみんな赤レンガ・・・菊川にもあります。菊川駅から100m、歩いてすぐです。昔のお茶の再製工場。ポツンと一軒家って感じ・・・昨日はそこに行ってきました。袋井の茶文化資料館と同じように、ボランティアの人が半日交代でお店番に・・昨日は水野さんが加わって呈茶も・・・それで出かけたのです。久しぶりに人と話をしました。時の経つのも忘れて閉館時間の3時まで・・・展示物よりも、このレンガ倉庫が残った裏話がすごい!以前、テレビでもそのことが紹介されたことがありましたね。なんでも裏話ほど面白いものはない・・・お暇な折に是非どうぞ・・・・・・菊川の赤レンガ倉庫

  • 美人図鑑

    西村元大臣がホームページに美人図鑑をのっけて物議をかもしていました。「美人」が悪いのか「図鑑」が悪いのか・・・たしかに「美人」と「美しい人」ではニュアンスが違いますね。そして、「図鑑」とは・・「絵や写真を中心にしてその事物の実際の形などを示しながら解説した書物」とあります。「昆虫図鑑」「動物図鑑」「怪獣図鑑」などでは、「美しい人アルバム」ではどうでしょうか・・・・・・美人図鑑

  • パソコン不調なのに室温30℃・・

    昨日の暑かったこと・・・暑い写真を一杯とって、お裾分けしようとしたら、パソコンが動かない!ときどきこうなるけど、あれこれやってたら偶然なおる・・・なぜ直ったのかわからないので、毎回同じことの繰り返し・・・今回は重症!今日までかかってやっと・・・・室温30℃!暑い写真が余計暑い!!疲労困憊の一日・・・・・・パソコン不調なのに室温30℃・・

  • 思い出さない写真

    十年以上前だったような・・・西安の博物館だったような・・・欲しくなるような置物です。・・・思い出さない写真

  • あてのない旅・・・

    その昔、マレーシアに行きました。ある会合で・・いまでこそ、お茶のことなら何でも知ってると豪語してますが、その頃は全くの専門バカで、関係する仕事以外は何にも知りませんでした。行きの機中の機内誌でカメロンハイランドの茶園の写真を見て、マレーシアにもお茶があるんだ・・・と思った程度・・で、会議の後、主催者の先生が、どこか行きたいとこがありますか、と言ってくれました。で、即座にカメロンハイランドと・・・クアラルンプールから車で結構あります。途中はジャングルを切り開いた高速道路・・興味深い風景が次々に・・・道端ではジャングルでとれたてのいろんな果物を売っています。ドリアンも食べました。鳥のような大きなバッタが羽音高く飛んでいたり、吹き矢を持った土地の人が歩いていたり・・・で、カメロンハイランドに着いたときにはフイルムがな...あてのない旅・・・

  • 街の時計屋さん

    以前、時計のバンドが切れたので取り替えようと思ったけど結構高い・・・で、ネットで見たら時計を丸ごと買う方が安い!で、そんな時計を買いました。大体時間もあうし、不便を感じないので使ていました。ところが、先日、外出しようとしたら時計が止まっているのです。電池切れかもしれません。電池を取り換えるより時計を買い替えた方が安くつくのではないかと、ネットで探そうと思って、そのままになっていました。一昨日、静岡に行くのに時計がない。やはりこんな時、時計がないと不便ですね。しょうがない。腹時計で・・と思ったのですが、やはり、使ってないのでうまく作動しない。スマホで何とかしのいだけど、限界。探したら、ふるい時計が出てきました。自動巻き!振ったら動き始めました!でも、痩せたので腕に合わない。で、近所の時計屋さんに行きました。いつも...街の時計屋さん

  • 雨と花とジャガイモ

    梅雨みたいな天気になってきましたが、まだ・・・梅雨のシンボル、アジサイが咲いてきたので・・・これは、ヤナギハナガサ・・・いまあちこちにこれは、雨に濡れるばら・・・そして、ジャガイモ・・・いただきもの持つべきものは物くるる友・・・玉ねぎくれる友いないかな~・・・雨と花とジャガイモ

  • 忘れない花の名前

    オオイヌノフグリ意味が分かってれば、長い名前もすぐ覚えるものです。・・・忘れない花の名前

  • すぐ忘れる花の名前・・・

    ここ一二年ことのほか物忘れが激しい。殆ど、物、人の名前が出てこない。訓練のため、買い物に行ったとき値段を覚えて帰って、レシートで確かめることにしています。それから、花の名前を覚えるようにしていますが、こちらはすぐ忘れます。モノの値段と花の名前とでは関心お持ち方が違うからです。この花の名前、すぐ忘れます。シレーネコロナリア・・・日本ではスイセンノウ(酔仙翁)と言うらしい。あるいはフランネルソウ。でも、シレーネコロナリアで覚えるようにしています。1時間後にはきれいさっぱり忘れています・・・・意味のない言葉を覚えるのは難しい・・・・・・すぐ忘れる花の名前・・・

  • 花の素顔その二・・

    咲いたら一日で色が変わる花もあります。目立たない花もあります。目立つ花もあります。咲く前のほうがきれいな花もあります。・・・花の素顔その二・・

  • 花の素顔・いま庭の片隅で・・・

    勿論、花にも名前があるのですが、自己紹介はまだ・・・つづく・・・・花の素顔・いま庭の片隅で・・・

  • 掛川の街をご案内・・・

    コロナ禍の中、横浜からわざわざ池田さんが来られたので、半日、掛川の街中をご案内・・・残念ながらお目当ての「二の丸茶室」とお茶カフェ「たまゆら」はお休みとのこと・・・まず、掛川城と御殿・・・特に御殿がいいですね・・・昔の殿様の生活の様子がよくわかります。こんなところは珍しいのでは・・・必見。それから、竹の丸へ・・ここも中の部屋でお庭を見ながらゆっくりできていいですね・・・それから、ステンドグラス展示館へ・・これが素晴らしい!写真を撮るのも自由!19世紀終わりころ、実際にイギリスなどの教会にあったもの・・・これだけで満腹。掛川っていい町ですね。お城周辺だけで十分お客さんを案内するだけの見世物があるのですから・・・ところが、食事するとこがない!飲み屋さんは沢山あるけど・・・で・・・「天金の天丼」を食べました。お味は‥...掛川の街をご案内・・・

  • 15年前、香港で焼き物を見る

    きょうは予報通りに雨。暇つぶしに撮りためた写真を・・雑然とCD,その他に入ってます。フィルムじゃこんなに撮らない・・・便利な世の中。2007年3月、香港城市大学に行きました。陶磁器博物館に行きました。自由に写真が撮れます。手あたり次第、撮ります。有名なのか無名なのか・・・展示してあるのでそれなりのものです。こうして、ゆっくり鑑賞するとさすがにいいですね。立派な図録です。目の保養・・・きりがありません・・・・・・15年前、香港で焼き物を見る

  • 静岡であれこれお茶の半日を・・・

    一昨日は、藤原一輝さんがO-CHAパイオニア賞を授与され、その授賞式。県庁へ行きました。久しぶりの静岡。駅から正面の地下に降りたら、大きなお茶のお店・・しずチカ茶店。前からあったけど倍の大きさに拡張・・・いいですね。目立ちます!静岡茶商工業協同組合が運営。お菓子付きのお茶も飲めます。でも、評判らしく、完売!飲む場所の机と椅子も面白い。ずらりと市内の新茶が。どれでも一袋500円。50種以上あります。男性スタッフがアレコレ説明してくれます。お客さんも結構います。いいですね!県庁に行きました。玄関前で何やらイベントが・・・アレコレマスコミが沢山・・・県内お茶どころから茶娘さんがそれぞれ自慢のお茶を知事さんに贈呈・・・新茶時の恒例行事・・・ついでに、場所を借りて?O-CHAパイオニア賞の授与式が行われたというわけ・・・...静岡であれこれお茶の半日を・・・

  • 初夏!いいですね~

    一番精気を感じる季節ですね。・・いつもの散歩道ノアザミチガヤノイバラヤナギハナガサオオキンケイギク・・・咲き始めましたマツバギクマーガレットコバンソウ道端の花や植物あれこれ・・・先日は、ヘビも・・・・生きとし生けるもの・・・みな同じ・・とは言っても・・・・・初夏!いいですね~

  • 8年前・5月天台山の思い出

    今頃になるとよく思い出すことがあります。あの霧深い木立、お寺、あのお坊さん・・・浙江省・天台山・華頂寺・・・満山のつつじ・・・そして霧ある催しが行われ、中国全土から若者が集まりました。華頂講寺のご住職・・・今までお会いしたお坊さんで、なぜか一番印象に残っていて、もう一度お会いしたい・・・2014年5月のちょうど今頃でした。・・・8年前・5月天台山の思い出

  • 初夏・紅茶を作りました・・・

    家の窓から見たお隣の茶園・・・もうずいぶん長いこと無肥料無農薬・・放任今年も一番茶は取らないみたい・・・葉っぱがかなり育って・・硬く・・もったいないので、少しもらって紅茶を作ります。ひとばん陰干し・・それをすり鉢で摺ります。5~6分でこんな具合に・・・それをトレイに広げて濡れたティシュをかぶせます。今回は、まだコタツがあったのでその中に入れて加温・・1時間ほどでこの程度に赤くなります。だから紅茶と言います。(写真の色がよくないけど、実際はもっと赤い・・)それをホットプレートを使って殺青・・100℃に設定して30分ほど。次いで保温程度にして2時間。できあがりです。少し揉んで形を作ればこんな具合に・・・売れそうですね淹れてみます。あの葉っぱだと、この程度の水色かな~・・・お味は、そこそこのキレがあって飲めますね~お...初夏・紅茶を作りました・・・

  • お茶のコマーシャル

    昨夕、茶神888の活動が地元のテレビで紹介されました。私の姿もチラリと・・・こんなお手伝いをしてるのです。茶業界も、こんなテレビコマーシャルを流すとお茶離れにブレーキが・・・・・・お茶のコマーシャル

  • 9年前・5月2日のこの一枚・・・

    昨日から、「世界お茶まつり」春の祭典が始まりました。今年は、コロナの影響でかなり開催方式が変わっています。「世界お茶まつり」の春の部が始まったのが9年前、2013年からです。3年ごとに開催するので、今年が4回目ということになります。で・・・2013年5月2日に開会式が華々しく開かれたのです。これがその写真・・・静岡空港そばの有名なお寺の本堂で・・・光陰矢の如し・・・・・・9年前・5月2日のこの一枚・・・

  • 13年前、5月2日のこの一枚・・・

    2009年5月2日・・・掛川城下のねむの木学園ショップの前・・・八十八夜ですね・・・きょうは八十八夜・・・茶神888が動画をアップ・・・見てください。「茶神888」で検索。・・・13年前、5月2日のこの一枚・・・

  • 八十八夜直前のお茶畑に行く

    茶神888のカウントダウンも大詰め・・昨日は、近いとこで菊川・掛川へまさに一番茶真っ盛り・・・いまではこのように一人で大量のお茶刈ができます。この方は、79歳とのこと・・・通りかかった軽トラが止まって、降りてきたおばちゃんと記念撮影。888もこの辺りでは有名・・・最後は掛川の有機栽培茶園で…新聞・テレビの取材・・・テレビでは、明日、八十八夜の午後6時15分からのニュースで紹介・・SBS有機栽培茶園なので、天敵もいます。クモがなにやら昆虫をくわえています。見たら、害虫に着く寄生バチを・・・そうなんですね・・・クモは害虫なのか益虫なのか区別して獲ってるのではないのですね・・・・自然界は単純ではありません。・・・八十八夜直前のお茶畑に行く

  • 13年前のこの一枚・・・

    13年前の4月28日・・・・良いお天気でした。日本平・舞台芸術センター近くの茶畑だったような・・・・・・13年前のこの一枚・・・

  • ポツンと一軒家に黄色いお茶を見に・・

    昨日は、静岡市の山中、諸子沢というところに黄色いお茶を見に行きました。テレビの「ポツンと一軒家」で紹介されたお宅です。こんな看板もあります。が・・ここまで来るのが大変・・・そして、さらにここから徒歩で20分。これがそうですが、いまは、きれいに片付いて観光客用に開放されています。目の前に広がる景色がまさに絶景!!これが黄色いお茶です。中国の「黄金芽」とは違う印象…白葉茶に近い・・・?テラスがあって、存分に黄色い茶畑と深緑の山々が楽しめます。この日は、4組の見学者が・・・皆さん県外から、東京、横浜などなど凄い好奇心ですね。それだけの価値があります。・・・ポツンと一軒家に黄色いお茶を見に・・

  • 新聞読み比べ・・・

    新聞屋さんが1週間、希望の新聞を試読させてくれるというので・・・「朝日新聞」を・・・何十年かまえ、朝日新聞を購読していたのです。でも、いろいろ気になるとこが出てきてやめたのです。で、どんな具合になってるかな・・と思って。まず、広告が多いのにびっくり・・で、どれくらいあるのか調べてみました。全紙面の35%を広告が占めています。じゃ・・いま取ってる「静岡新聞」は・・・そしたら、32%・・・あまり変わらない。でも、なにか「朝日」の方が読むとこが少なく感じるのです。無駄な空間や、写真、絵の占める部分が大きい・・スポーツ面を比べると・・・これが「朝日」・・・・・こちらが「静岡」・・・・情報量が全く違います。字の数が違いますね。全文字数を調べようと思ったのですが、そこまで暇じゃなくって・・・「朝日新聞」朝刊だけで一か月の購...新聞読み比べ・・・

  • 黄色いお茶と白いお茶

    今度の28日、静岡に黄いろいお茶を見に行きます。それでちょっと勉強・・・中国では、いたるところに芽が白いお茶があります。11年前のちょうど今頃、寧波に行きました。ここにも白葉茶がありました。11年前の寧波のまちです。行った目的は、茶と健康シンポジウム・・・開会式もいたって健康的・・いつもの顔触れ・・・産地見学で望府へ・・望府白茶があります。ちょうど製造中・・・温度感応性なので、気温が上がってくると緑になります。確か、25℃程度が境だったような・・・これだけ葉が大きくなってるとかなり緑に・・マイクロウエーブを使って殺青。日本にも白葉茶があります。いまでは結構あちこちに・・・これは、袋井にある白葉茶「きらか」・・・11年前。先日新聞に載った写真を見たら立派な園になっていました。右の普通の園と比べると、色の違いが判り...黄色いお茶と白いお茶

  • 手作り茶・二種

    「藤枝大茶樹」横の200年以上前からあるのでは・・と言われる在来種(当然、誰も知ってる人はいないのですが・・)の芽を頂いて、白茶を作りました。こうしてみると、なにやら後光がさしてるような・・・一つまみマグカップに入れてお湯を注ぎ飲みます。いいですねぇ・・・としか表現できない。家の横の無農薬無肥料園の芽がよく伸びてきたので、少し頂いて蒸し製の煎茶を・・家庭の蒸し器で蒸します。それを揉んで・・乾かして・・・出来上がり!揉み不足で、味が薄いけど新茶の香りは十分に・・・今年の新茶を味わいました。・・・手作り茶・二種

ブログリーダー」を活用して、小泊さんをフォローしませんか?

ハンドル名
小泊さん
ブログタイトル
一碗
フォロー
一碗

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用