プロフィールPROFILE

EAT,SLEEP,TAG.さんのプロフィール

住所
八王子市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
EAT,SLEEP,TAG.
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tagrugbymax
ブログ紹介文
東京の西端で子供たちが、がんばっている タグラグビーチームのことを、ほそぼそと書いています。
更新頻度(1年)

3回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2014/10/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、EAT,SLEEP,TAG.さんの読者になりませんか?

ハンドル名
EAT,SLEEP,TAG.さん
ブログタイトル
EAT,SLEEP,TAG.
更新頻度
3回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
EAT,SLEEP,TAG.

EAT,SLEEP,TAG.さんの新着記事

1件〜30件

  • ,

    サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京都代表七国スピリッツ優勝させていただく事ができました、ありがとうございました。冠スポンサーのサントリーホールデンィグ株式会社様、大会を運営していた協会の皆様、開催に向けご尽力いただいた皆様、ありがとうございました。今大会WEBでの全試合ライブ観戦可能、凄い取り組みでしたね。AIカメラによるライブ中継。21世紀のスポーツ中継を垣間見た感じです。【AIカメラ】2/17<Aコート②>サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権決勝大会それにしても、熱い大会でした。W杯イヤーだからの盛り上がりか?ラグビーというスポーツへの関心か?タグラグビーというスポーツは本当に面白いです。普段運動をしていない大人でも簡単にその醍醐味を味わえるスポーツって、そんなにあるも...,

  • Spirits of Spirits.

    前夜。三年前のあの日から彼等のタグラグビーが始まったのかな。チームのみんなで観ていた気がする。あの日、HCがチーム全員に語った言葉「今日、一番、七国スピリッツらしい魂を持っていたのは、四年生だ」彼等の分岐点。取れないタグに悔し涙を流し、走れない自分を変えようとランニングをし、クタクタの身体でタグ練習のあとに合宿に参加していたり、スタミナ不足を補うために走り込みしたり、自身への期待と不安と反発心を浸透させ浄化してきた彼等。「スピリッツになりたい」という真っ直ぐな想いが先輩達の苦悩や活躍をみて「スピリッツになるんだ」という意志にかわり、周りを巻き込んいった。毎年々、子供たちの真っ直ぐな想いがみたいからこのスポーツの近くにいるのだ。それでも涙を流してきた子供たちを何年もみてきた。彼等も間違いなく七国スピリッツ。東京代...SpiritsofSpirits.

  • 七国スピリッツ

    サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京都代表七国スピリッツいざ!全国大会へ!!平成31年2月16日(土曜日)・17日(日曜日)アミノバイタルフィールドで会いましょう!!サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京都代表七国スピリッツ七国スピリッツ

  • サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京代表決定戦

    サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京代表として、トップチームの七国スピリッツは全国へ挑みます。今年度の東京代表ベスト4は、凄かった。ドラゴン率いるいずみの森ユナイテッドベアーズ、無尽蔵に湧き上がるいずみの森らしい戦法はお見事の一言。プレー中にIQの高さを随所にみせてくれた白小フェニックス、落ち着いた崩れないディフェンスは安定感抜群。スピードと身体能力が持ち味の小柳ライトニングスアタック。そして七国スピリッツ。これがサントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京代表決定戦のベスト4だ。自チームに目を移すと先ずは稲妻。対戦相手はどこも、強かっただろ?これが代表決定戦だ。今のトップチームも四年生の時に代表決定戦へ出場し手も足も出ず文字通りコテンパンにやられた。負けても負けても積み重ねてい...サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京代表決定戦

  • 前夜

    サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権代表決定戦が全国各地で行われる事が多い。今年もこの日が来た、一年て本当に早い。明日は大寒。関東地方は暖かいらしいね。"小寒の氷、大寒に解く"何事も順番通りににはいかないって意味のことわざだ。何が起こるかわからない代表決定戦。頑張れ!全国のタグラガー!東京代表決定戦には七国スピリッツから地区予選を突破できた、スピリッツ、侍、稲妻。地区予選に3チームエントリーして、3チーム全て代表決定戦へ駒を進めることができた。四年生で構成された稲妻。インフルエンザの猛威と思わぬケガにさらされてしまったね。辰巳ラウンドでの進撃は見事だった。彼ら自身が勝ち取った代表決定戦出場。伸び代しかない彼らの初のサントリーカップ。思いっきり暴れこい!上級生の本気を目の当たりにしてこい。どうみて...前夜

  • ウガイ、手洗い、マスク。

    ウガイ、手洗い、マスクを忘れずに。最高のコンディションで子供たちにタグラグビーをしてほしい。もうすぐ代表決定戦。http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/01/08/04.htmlウガイ、手洗い、マスク。

  • On the feild.

    Onthefeild.帝京大ラグビー部が十連覇を目指したが達成する事ができなかった。序盤から歯車が噛み合わず、相手側の圧倒的な力に対応していくだけという王者らしからぬ戦い。彼等だって準備を怠っていたわけではないだろう。"本番の様な練習、練習の様な本番"この冬、何度も秩父宮へ緊迫した試合を観に行っていた子のタグラグビープレーが変わった。誰に教えられるではなく、自分の眼でみて、試合の流れの中でのタイミングを自ら掴んで行ったんだろうな。幸いにも明日1/7、高校ラグビーの決勝戦が花園ラグビー場で行われる。ネット配信もあるので、是非みてほしいな。サッカーとは違い選手たちのプレー中の声も聞くことができる。どういうコミュニケーションをとっているのかを聞くこともできる。https://www.mbs.jp/rugby/sp/n...Onthefeild.

  • 辰巳ラウンド。

    サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京都地区予選辰巳ラウンド。東京都ラグビーフットボール協会の皆様、辰巳ラウンドを運営していただいた皆様、ありがとうございました。IK君、ありがとうございました。完璧な大会運営、流石です。子供達みんなの兄貴分、誰よりもタグラグビーを知っていて、自らもプレーする若者にタグの未来は明るいと感じました。12/4には、季節外れの南風が吹き12月としては、稀に見る20℃近くある気温を経験したが、今日の風は冬だ…辰巳の森海浜公園ラグビー場、まさしく、冬に入りかけの海風。七国スピリッツからは、調布ラウンド、府中ラウンドで代表決定戦に進めなかった稲妻スピリッツが参戦させていただきました。トップチームがあって、侍があって、稲妻がある。一時の七国スピリッツはこれにミニリッツ、疾風、...辰巳ラウンド。

  • 調布ラウンド

    サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京地区予選調布ラウンド。サントリーカップの予選で会場が河川側のグラウンドとなると風が吹けば有り得ない寒さになることがある予想を覆して、大会開催中は半袖でブラブラ観戦できるくらいの暑さ。子供たちに少しでもいい条件のグラウンドで試合をして欲しいという想いで、工夫されたタグコートの配置、懸念されたコートの凹みには、朝、新たに土を入れたりしてくれていた、本当にありがとうございます。レフリングも素晴らしかった、5-6分おきに鉄橋を通る電車の騒音下でも、キレのある笛と笛の音の大きさ、一つひとつのジャジングジェスチャーで、轟音の中で選手も観客も判断できていたよね。素晴らしいレフリング、本当にありがとうございました。会場でみていて、「おし〜ぃ!」「ひょぇ〜」「う〜ん…」と思...調布ラウンド

  • For the Team.

    FortheTeam.明日、サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権東京地区予選が始まる。調布ラウンド、府中ラウンド、辰巳ラウンド、各ラウンドの上位4チームが2019年1月の東京代表決定戦へ進む。タグラグビー界では、サントリーカップ=全国大会ということは、認知されているが、タグラグビーに触れて間もない方達にはピンとこない単語がもしれないですね。サントリーカップ=タグラグビーの全国大会。全国のタグラガーが集大成として目指す大会。ここが全てではないことは、もちろん理解している。ここに至るまでの練習や想いが4年生〜6年生の子供たちを成長させてくれる。これこそがサントリーカップの意味だろうな。この大会を企画、運営していただいている、日本ラグビーフットボール協会、冠スポンサーの株式会社サントリーに感謝です。今...FortheTeam.

  • 徒然。

    秋晴れ、目線を上げてみると銀杏の葉は黄色くなり始め青空とのコントラストが美しい。交流会をする公園まで朝の散歩がてらテクテクと歩いて行った。もうこんな季節だ。あれだけ熱かった夏が少しばかり恋しい。灼熱のグラウンドを走り、紅葉が始まる街並みを走り抜ける子供たち。アッというまに、またまた、この季節。でも、ここから。まだ何も始まっちゃいない。本番のような良い練習を積み重ねてこれたかどうかで、子供たちの顔つきが変わる。自分の好きなように、やりたい様にやって来た子は、伸び止まり、真摯に良い練習をやってきた子はこれから魔法にかかった様に圧倒的に伸びる。Everythingispractice.まだ自分を変えられる時間はある。もう一度やってごらん。すべては練習のなかにある。"Alwaysinmotionisthefuture....徒然。

  • タグラグビー神奈川県大会。

    Newwecanfight!2018年シーズンF1バーレーンGPのレース終了後にトロロッソホンダのピエールガスリーがピットクルーに向かって叫んだ言葉だ。我々は闘うことができる!一昨年のタグラグビー神奈川県大会、当時四年生だった現六年生。ミニの部決勝でラストワンプレーでなんとか同点に持ち込みサドンデス勝負。サドンデスでトライラインぎわの攻防に敗れ結果準優勝。今年こそは…と、挑んだ秋のタグラグビー神奈川県大会。普段、パパリッツがタグラグビーのコーチングをしているのは、3-4年生がメイン。楕円球が身近に無かったオヤジ達と子供たちがタグラグビーというボールゲームの難しさ、楽しさを一緒になって体験して行くのが3-4年生の時。ボールを投げる基礎から、ルール解説、ゲームの進め方、仲間の為に懸命に走る大切さ、練習毎にちょっとず...タグラグビー神奈川県大会。

カテゴリー一覧
商用