子育ては楽しい・夫婦円満がコツ
住所
川越市
出身
阿蘇市
ハンドル名
💛7秒間のギュ!ツ💛さん
ブログタイトル
子育ては楽しい・夫婦円満がコツ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/riko2244
ブログ紹介文
子育ては夫婦円満の家庭に育まれるといわれます。男子は大胆に強く・女子はやさしくこまやかに天性のままに大きくなります。どんな家庭にするかはすべて私たちの掌の中にあるのです。
自由文
絵手紙や折り紙を愛好しています。
更新頻度(1年)

57回 / 330日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2014/10/01

💛7秒間のギュ!ツ💛さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(IN) 39,318位 38,910位 38,936位 34,971位 35,065位 35,139位 39,187位 972,222サイト
INポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 1,829位 1,825位 1,833位 1,640位 1,649位 1,651位 1,874位 64,578サイト
親子教室・子育てサロン 2位 2位 2位 1位 1位 1位 1位 118サイト
地域生活(街) 関東ブログ 377位 378位 371位 311位 317位 323位 392位 13,914サイト
川越情報 7位 7位 8位 7位 7位 7位 9位 183サイト
地域生活(街) 九州ブログ 282位 271位 265位 240位 245位 248位 286位 8,758サイト
阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 58サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 61,017位 56,171位 52,227位 46,540位 46,665位 46,740位 52,789位 972,222サイト
INポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 3,915位 3,473位 3,290位 2,917位 2,927位 2,910位 3,317位 64,578サイト
親子教室・子育てサロン 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 118サイト
地域生活(街) 関東ブログ 651位 543位 487位 395位 397位 402位 483位 13,914サイト
川越情報 20位 18位 17位 15位 14位 14位 16位 183サイト
地域生活(街) 九州ブログ 527位 496位 437位 388位 390位 399位 458位 8,758サイト
阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 58サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,222サイト
INポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,578サイト
親子教室・子育てサロン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 118サイト
地域生活(街) 関東ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,914サイト
川越情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 183サイト
地域生活(街) 九州ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,758サイト
阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 58サイト

💛7秒間のギュ!ツ💛さんのブログ記事

1件〜30件

  • 閃くとき

    9月は防災の日として…ランプをつくっている。千葉県の南房総地域のライフラインの復興を祈りながらこんな時でも気持ちが落ち込むのを少しでも和らげることができるかな・・と。祈りの中に何かが込められている。人はいろんなことを天災から学ぶ。日本中が災害で大勢の方の気持ちが暗くなっている。少しでも早く・・・寄り添えたらと思う。閃くとき

  • 成長の速さ

    生まれた時から下の孫とあったのは・・数えるくらいしかない。そんなに遠くない距離なのだが日々、いそがしいせいかいつの間にか・・・あっというまに1歳6ケ月になった。孫の成長の速さ共に・・自分も年を重ねてきた。・・・どんな子になるのだろうか・・どんな大人になるのであろうか・・。小さな出来事も楽しみにしていく日々がうれしいのだ。きょうなにをしているのかん???遊び道具を作ってみた。紙コップで作ったけん玉あそび。いっしょにあそぼおうね。mako成長の速さ

  • もうすぐ…秋かな??

    3月4月と暑かったせいか・・・秋がまちどうしい。いつまで続く・・この暑さ、蒸し暑さ。といったところで自然はどうにもできない。どんな力持ちでも、権力者でも。自然は美しいものと醜い顔をするものもある。その中でいつも・・・いつも大変お世話になっている。太陽の恵みに感謝の念をいだかずにはいられない。明日も天気になーれ。makoもうすぐ…秋かな??

  • 暑すぎてセミも・・・

    お盆が過ぎてセミの声もだんだん聞こえなくなってきた。今日は何度だ?現在33°なんてこった!だ。いや、参った参った。冷房からぬけだせないじゃないか。何事もはかどあらない。少し動けば汗びっしょりで、頭はぼーっとしてくるし。寝不足で、いつもうとうと状態が多い。盆休みで脱力感が充満している。いつも忙しいんだから、たまには息を思いっきり抜くのも大事と・・ぼーっとしている。昨日は15日の孫の誕生日で電車ごっこをして遊んできた。3才の孫はおしゃべりになり、何でも吸収して体中で物事を判断し、体をめいっぱい動かし、大人をメロメロにしてしまう天才!嬉しいうれしい時間をすごした。子どもは一瞬一瞬が将来を作る命の勉強をしているんだとつくづく感じた。今日も・・・おおきくなー(⋈◍>◡<◍)。✧♡暑すぎてセミも・・・

  • 『愛おしい孫のなみだ』

    久しぶりのブロアップです。忙しさにかまけてやっと、おちついたところで・・。先日、もうすぐ3歳になる女の子の孫が遊びに来てくれました。ちょっと合わない間におしゃべりが上手になっていました。遊び足りないのか…帰る時間になり、玄関にみんな集まったのにあれ??○○ちゃんがいない・・。なんと、リビングで帰りたくないと泣いていました。うれしいのと、愛しいのと、こっちまで泣いてしまいました。『もうすぐお誕生日だね、また行くからね、また遊んでね」となだめ矢っと泣き止んで帰って行きました。パパとママと妹と四人の乗っている大きな車を見送りました。私たちが子供を育てたように、息子夫婦も同じように子供を大切に育て愛しています。親子はこれほど似通うものなのですね。mako『愛おしい孫のなみだ』

  • 『ギュッとしたら』

    久しぶりの投稿です。先日、埼玉子育て大会がさいたま市の家庭総合センターあいぱれっとで子どもの保育を手伝いました。子どもはエプロンしている私のほうへたくさん集まってきました。エプロンは便利です。エプロンを拡げて「ここに入れて見てー」と声掛けしたら丸いボールを色別にかわるがわるに入れてくれる子供たち目をキラキラしながら遊びに夢中になりました。パズルを3にんの女の子で仕上げたり、ママたちがお話を聞いている最中も子どもたちはそれぞれにあるおもちゃでおりこうさんにしてくれました。おばちゃん目線での保育はとても楽しくて子供たちの無邪気なありのままに癒しを覚えていました。子育てから随分年月が経ってしまった今も、こうして子供たちと接していける環境に感謝ですね。帰りにママがお迎えに来たのでまたね!といってそっと『ギュッと』したら...『ギュッとしたら』

  • 『平凡な才能』

    見出しの絵手紙は観音様を割りばしで描いたこの絵を大切に携帯の待ち受け画面にしている友人がいる暑い夏に描いた頬にピンクの薄い頬紅をいれたら生きているようだった不思議な感覚の絵自由で伸び伸びとしていてこれでいいのよ!という感性?平凡だけど一人でも大切にしてくれている人がいるというだけで人生を輝かせてくれる・・・だから平凡だけど才能は生き生きするものだねmako『平凡な才能』

  • 『㋅の花嫁』

    ㋅30日に入籍した長い間お付き合いしてついにゴールインどうせなら、幸せになりたい6月の花嫁になろうそうして決めていたそんな雨の6月は結婚した思いを思い出すだから、雨でも気持ちは「ルンルン」長靴はいて踊りたい気分😊「6月の花嫁はしあわせになれる」そんな言い伝えを信じたおかげか今もしあわせはつづいているmako『㋅の花嫁』

  • 『福の守』

    電車で4か月くらいの子供をベビーカーに載せて若いお母さんが正面に座っていた。ベビーカーはお母さんのほうを向いていたので赤ちゃんの声だけ聞こえる。おっつくん、おっくん、と赤ちゃん言葉が聞こえたり時々、ぐずり声など発している。ふと、お母さんの顔を見ていると携帯をみていて、一度も笑顔を見ることが出来なかった・・・。赤ちゃんとの対話はお母さんの笑顔であったり、声から安心をキャッチするのではなかろうか・・。急に・・二人の2歳半と1才の女の子の孫に無性に会いたくなってきた。7秒間のギュ!ツをしたくなった。mako『福の守』

  • 『子育て中はいろんなことが出来る』

    アガパンサスの茎が長く伸びてきた。最近は本数がすくなくなってきている。手入れせず、株わけもせずにいるからかな?数年か前に初めて咲いた記念に額に入れて押し花にしていた。今日はその画像をつかってみた。すこし、妊娠中のことを今日は思い出した。長男の子どもが1ッ歳半までは2人目の子供を見もごりながらタイプの仕事を座って毎日ぱちぱちと音をたてていた。おなかの子供に聞かせながら朝から夕方まで働いた。長男も同じように、タイプの音を聞いていたせいかゲームが大好きで大好きで勉強と勘違いしている?かのように没頭している子だった。そこの子が‥二児の父親になっている。子どものすることには意味があるんだと今だから言える。母親は毎日、キーボードを仕事でたたいていた。子はおなかの中でずーと、一日中聞いて育っていた。「うるさいなー」「なんだ?...『子育て中はいろんなことが出来る』

  • 「親になってわかる事などいっぱい!」

    親だって若いときあったよね。でもね、親になるとその時のことを忘れて、子供は自分のものと勘違いするからおかしくなるんだよね。母親の愛は3歳までに注ぎきる。それからさきは・・・目をはなさず、心を忘れず・・いくもんなんだと・・今頃になってわかってくる。子どもは預かりもの。子どものことがわからなくなったら自分の子供の時を思い出せば自然と・・答えは返ってくる。親になれて・・・ほんとよかったと思う。出ないと・・・もったいない、つまらない。親に感謝する心から思えるひと時を富士山のふもとで学んだ。昨日より、若くなった気がする。素直になった気がする。人は怒ると…ストレスホルモンが多量に出て認知症とお友達になる割合がおおくなるそうな・・。それを聞いて以来・・なんだか穏やかになった気がする。人は脳をいいほうに騙せばいいよね。mako「親になってわかる事などいっぱい!」

  • 『イヤイヤ期と人見知りを経て』

    ママの抱っこで安心してママ以外のお顔を見て赤ちゃんは泣きます。いかにママが安心安全かという証。脳の働きが影響するようです。大きくなるためにいろんな脳がいろんなことを指令しながら段階を経て、赤ちゃん、幼児と育っていきます。赤ちゃんは肌を離さず、幼児は目を離さず、そして・・・反抗期には・・心を離さず・・と、成長に合わせてお母さんも子供に合わせていきます。決して、押し付けず、そっと見守るそっと…できるまで待つ・・。あせらず、あわてず、せかさず。おおらかな子育てが一番の親子の幸せ時間のような気がします。mako『イヤイヤ期と人見知りを経て』

  • 『元気を朝から』

    旬の野菜にニンニク近くの家庭菜園の方が毎朝、ワンコイン100円で提供してくれる。今日はニンニクが10粒くらいが4つ。ありがたくいただく。身近に取り立て野菜を食できることに感謝。恵まれた生活環境だと思う。お昼はニンニクを入れてチャーハンに!(^^♪mako『元気を朝から』

  • 『三つまでは丁寧に』

    子どもの育児本を見ると今まで体験した親たちの記事が載っている。初めての子供はおそるおそる、何事も初めてだからおっかなびっくりで育てる。特に初めての子供は神経質になりがちで、そしてやたらと心配をしてしまう。それだけ、たいせつに丁寧に育てようと努力する。二人目となると、、、親も経験から度胸がつくので自信を持てる、余裕の子育てが出来るようになる。自分の子育てを振り返ると実際、年子を持った母親は働ないことがありがたく思える(自分の体験から)年子は忙しいから働いていたらもっと、イライラしていただろうと。それでなくても、一歳半の長男はまだまだお母さんにくっつきたいのに、次の赤ちゃんが出来たらやきもちをやいて、生まれたばかりの長女の枕を外したりして、気を引くこともあった。小さいながらも自分を主張していたんだなとあの頃のシーン...『三つまでは丁寧に』

  • 『きらびやか』

    昔、井上陽水の歌をよく歌っていた。(^^♪人生は・・という歌詞から始まる。ギターを片手に歌っていたこと、舞台に立つ彼の姿があまりにも若かったこと・・。かっこよかったこと、青春だったこと、などなど。タイトルの絵手紙は伏見稲荷の鳥居。昔、伏見稲荷にいったとき、あまりにも赤い鳥居がきらびやかなのには驚いた。不思議だけど、なんだか元気になったのを覚えている。だから、きっとそんな感動を絵手紙にしていたんだろうか。mako『きらびやか』

  • 『引き寄せる訳は?』・・・

    お母さんの存在は家にいるだけでは気づかなかったのか・・・ある娘さんのお話です。骨折したあるお母さんの娘さんは中学一年生になったばかり。あることがきっかけでお母さんは大きな骨折をしてしまいました。全治、何ヶ月もかかるようです。リハビリもしなければならなくなり、まだまだ、自宅には帰れません。お母さんには、お子さんが4人いてまだまだ、手のかかる子が3人います。長女のAちゃんはお母さんがいないのでだんだん、寂しくなり不安になり・・離れているお祖母ちゃんに毎日、ラインしてくるそうです。そうこうしているうちに・・・ひきつけをおこして学校で倒れました。・・親と子はこんなにも心身の思いが続くと潜んでいた病を引き寄せてしまうんだな・・・と。小さいころひきつけを起こしたことがある娘さんはお母さんの長期入院で、昔かかった病気を引き寄...『引き寄せる訳は?』・・・

  • 『なんでもできること』

    令和にはどれだけの思いが込めれらているだろうか。人々の作り上げた人生をこれからどうすごすか。様々な課題はあるがいつも『和』を意識していればこの年号の意味がもたらす出来事が沢山起きてくるような気がしてならない。美しく柔軟に強く生きよう。mako『なんでもできること』

  • 『物の見方』

    令和になって世の中は気分がお正月のようです。こんなにも、物事、前向きに、ひたむきに考えられるのかと思うと物事の見方はとても大切ですね。「色眼鏡で見る』とかいう言葉があります。いろんな色を見るにもいろんな見方があります。色の特質は深くて一言では表せないくらい美しい世界です。美しいと受け止めるかどうかは、今の気持ち次第ですね。心ころころというではありませんか。心の目を大切にですね。mako『物の見方』

  • 『よく働く手』

    もうすぐ令和の元号が始まる。令和元年に生まれる子供どのくらいいるのだろう。この日はとびぬけた記念日が重なる日で日本中、たくさんのドラマが演じられるに違いない。わくわく、どきどき。今日のトップ画面は以前に描いていた自分の手。平成は…よく働いたな~。💛えらいえらいと・・自分育て。これからももっと、ワクワクが止まらなくなるに違いない。mako『よく働く手』

  • よそのお弁当が気になる2才のお子さんの場合

    ある2歳の娘さんを育児中のお母さんのお話です。自宅で昼食をすませて児童館に出掛けたのですが遊んでいる途中でいなくなるそうです。捜していると・・・お昼を食べている親子のところにいってじっと食べているのを見ているんですとお母さんから聞きました。しっかり食べさせているのに・・どうしたものかなと。困惑しているそうです。食べることにとてもこだわっているのかな?・・将来はコックさんになるのでは?研究心が今から芽生え始めている気がしました。どんどんと大きくなってどんな職業につくのでしょうか。今から、楽しみ女の子です。よそのお弁当が気になる2才のお子さんの場合

  • 愛するということ

    桜の時期はなぜか、心ウキウキするのはなぜ?きっと、桜は大和心の象徴だから。ずーと昔からある桜に秘められた思いが桜には・・・ある。桜を見ながらお花見・お酒をいただくと開放感がいっぱい!きれいの桜にみとれて心もうるうるわくわく。きれいなものを見るとなぜか…幸せな気分になりますね。今日もどこかで…何かを愛する・・・。😃今日の言葉・・『花になる』mako愛するということ

  • 初めての言葉にママは・・・!

    赤ちゃんになる前からおなかの中に居るときから私はお話していた男の子がいます。ママのおなかに向かって「元気に生まれてきてねー」と声をかけていました。その子がもうすぐ2歳半久しぶりに会ったら「おばちゃん」と呼んでくれた。「え!おばちゃんって言ってる」初めて聞く言葉を発する男の子のママはびっくり!!今まで聞いたことがないそうです。初めていったおばちゃんという言葉に今日の私にはじめて言ってくれたんだと思うと‥子供の成長の一瞬を見ることが出来てとてもうれしくもあり、成長を願うことのうれしさがいっぱいになりました。こどもって・・・ほんとうにいいなーーー💛初めての言葉にママは・・・!

  • 『そんなにせかさないで』

    近くのスーパーに夕方買い物でトイレに行こうとしていたら5歳くらい?の女の子のお母さんがなんだかいらいら?おしっこをするトイレの前で『いいから、早くして!』と女の子をせかしていました。お母さんの顔を見たら厳しい顔をしていました。・・夕方だからいそいでいるのかな・・・。・・おしゃべりしながら女の子はマイペースです。・・そのうち、お母さんと一緒にトイレに入って行きました。やさしい声を聞くのならいい気分なのですがなんだか、私までも怒られているようでした。お母さん、やさしく優しくトイレをね・・とつぶやてしまいました。mako『そんなにせかさないで』

  • 『こんにちは、赤ちゃん』

    赤ちゃんを抱っこしてお店のソファーで座っている方がいました。『赤ちゃん、何ヶ月ですか?』『三か月です』つい、赤ちゃんを見かけてしまうと『何ヶ月ですか?』と声をかけてしまいます。すやすやと抱っこされながら、寝顔はまるで天使です。子どもを抱っこするおばちゃん、子供をおんぶするパパママはベビーカーで買い物。近くに大型スーパーマッケットがあるので毎日のように赤ちゃんを見かけます。赤ちゃんを見るとなぜかほっとする自分がいます。保育士さんになりたかったんだよね。そんな思いを忘れかけていたけれど、赤ちゃんが大きくなるスピードは速すぎて、まごまごしてしまいます。もうすぐ・・31日で2歳。何回会えたか??触れ合う機会が遠いと少ないのですが成長の度合いを会うたびに楽しみしています。mako『こんにちは、赤ちゃん』

  • 『大きくなったね』

    3歳の頃に会ったはる君・・いつの間にか幼稚園を卒業した・・。ドタバタどたばたとじっとしていなかったはる君。がちゃがちゃのぬいぐるみをもってきてわんちゃんの名前を一つ一つ説明しながらそばに寄ってきて教えてくれる。いつの間にか男子になった?・・子供の成長の速さにびっくり。春から・・小学一年生。大きくなっても、いつまでもそばに寄ってきてほしいな。mako『大きくなったね』

  • 『子供のような素直さ』

    大人になると子供のような素直な気持ちをすててしまうのか・・・な。例えば、「○○君、これ頼めるかな?と頼まれたら、はっきり、間髪言えずに『はいっ!』という返事がいえるだろうか・・訓練しなければとっさに出てこない。それだけ、何かを身に着けてしまって要らない心を持ち合わせてしまうから、頼まれ事しても素直に『ちょっと、今忙しいんで…』などと受け答えしてしまう。『はいっ!なんでしょう?』と拝とたまわれないものだろうか。「受け答え」というではないか。mako『子供のような素直さ』

  • 『整理整頓はこころの整理』

    家の中の整理整頓は子どもを育てるのにとても大切なことだと思います。親を見て子供は育ちます。大きくなって整理整頓が上手にできないのはきっと、親が教えて差し上げていないかだらしなくしていた姿を見ていておそらく、自然自然のうちに真似るを身に着けてしまったのかな?と。丁寧な子育て上手なお母さん、お父さんはきっと普段も仕事もきちんとされている家庭なのかもしれませんね。きちんとしていれば、何も心配することはないので子育ても楽しくしていれば、自分育ちの上手ないい関係になりそうですね。子どもを見れば親がわかる・・これが物語っています。mako『整理整頓はこころの整理』

  • 『調和するということ』

    子供が大きくなるにつれて児童館などに行ってママ友となくよくなり子どもも共に成長していくよね。ママ次第、外に行って触れ合う機会を沢山作ることに注ぎ、そこで何を体験するかその場その場で『調和』することで幼児から子供青年成人として調和する世界をスキルとして身に着けていく。どんな場面を見たかで大きな違いが子どもの成長に現れる。だから・・・子育ては真剣勝負。💛mako『調和するということ』

  • 『思っただけ、満足する』

    子育ては今一瞬一瞬がいつも新しい発見。ぼやぼやしていたら子どもの才能や秘めたことなどを見逃してしまう。だから…いつも真剣勝負育児はいただいた・・大切な玉手箱煙にならないように・・・大切に見つめよう。今日もどんなことが待っているかな?mako『思っただけ、満足する』

  • 『じじばばもたいりょうくしょうぶ』

    しばらく会っていない孫たち・・といっても2ヶ月会っていないだけなのに、すごーく大きくなってしまったんだろうなーと思う。忘れられはしないだろうか、そばに寄って来てくれるだろうかとか‥要らない心持を持ってしまいそうになる。若ければ、往復2時間なんて運転も疲れることはないのにね。孫に会いに行くのも一仕事になってしまったなーと体力がついていけないことに残念がる自分がいる。次、会いに行くときのためにペットボトルのふたで作った音のする数遊びを作って用意している。一緒に遊ぶために「おもてなし遊び道具」ミッキーさんのボールペンとミッキーさんのハンドタオルも用意して。(笑)それを手にしてどんな表情で遊んでくれるのか実はそれがばばは見たいのだ。今日もおおきなーれ💛かわいい子供たち。mako『じじばばもたいりょうくしょうぶ』