searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
田布施座 https://blog.goo.ne.jp/tabuseza1952

演劇でつながる、役者で伝える。

一番やりたいことが役者ですが、現実は生活基盤が一番で、そして地域のこと、現実順位は三番ですね。だって演劇では食えない状況ですから。

田布施座
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/09/29

1件〜100件

  • アルジャーノンに花束を

    アルジャーノンとはまさかハツカネズミとは思わなかった!。男女の恋愛物語ではなかった。知的障害者施設の世話になり昼間はパン屋で働くチャーリ32歳の知能は小学生程度。ある学者と博士は脳の改造にアルジャーノンを動物実験に使った!ハツカネズミは見事に思惑通り思考力を得たかに見えたのだが・・・・その話を知的障害者施設の担任の女性教師アリスから聞く。チャーリーは何故かその話に引き込まれアルジャーノンと迷路勝負をするが負けてしまい、自分も手術を受けてその様になりたい思いで人体実験に。その結果IQは60から185に!記憶・思考力は彼を変え20か国の言語までマスターするほどに。しかし!かつての自分と変わった自分の狭間に落ち込むことになり様々な葛藤に苦しみ始める。その頃アルジャーノンに変化が出てきた!脳が委縮し始めてハツカネズミは...アルジャーノンに花束を

  • 賢秀がまた転げてた

    朝の連続ドラマに限らず行く手遮る出来事の連続の展開を表現して作品は出来上がっていきます。観る側はどうなるんだろうどうなるんだろうと引き込まれていきます。それなりに想像しながら観るわけですけれど思わぬ展開どんでん返しなどがあると続きを観たくなり、結果その作品はヒットします。暢子が東京に出たところから今週は始まりました。暢子にも一筋縄ではいかない展開が待ち受けている設定がいくつも仕掛けてあるのですが、賢秀はボクシングデビューで順風満帆と思わせておきながら、さにあらず作者はここでも想像を覆し、また賢秀はどうなるんだろう彼の居場所をどの様に落とし込んでいくのかなど、観る側に想像を仕掛けてくるのです。賢秀がまた転げてた

  • 忘れてた

    沖縄には具志堅用高がいた!♪居る。賢秀はボクシングでデビュウ♪賞金の60万円を送ってきた!♪。振り返って伏線は十分あった!気が付かなかった(^_^;)。片桐はいり!電光石火!転任!もう登場しないのか!♪忘れてた

  • 高齢者講習

    運転免許証の更新で70歳になるので初めての高齢者講習に自動車学校に行ってきました。運転実技と目の検査や安全運転の講習で2時間受けました。受ける前からなにしろ初めてのことで不適格だったらとか!?万一予約の日に行けない状況が起きたらとか心配もありましたが、8人の方と一緒に受けましたがみんな終了証をもらいました。やはり高齢になると運転能力に様々な問題が出てくることが改めて自覚できる講習でありました。ちなみに私は5月の誕生日で70歳で受けましたが69歳で免許更新した人は74歳で初めて高齢者講習を受けることになります(違反があれば72歳でしょうか)。高齢者講習

  • 今日のちむどんどん

    片桐はいり♪見せましたね。歌子を訪問した時は失敗しましたが、今回の賢秀に対してはお見通しで♪見事に鉾を収めました。賢秀も見せました♪詐欺師に騙されははしましたが、本音を吐露しましたね。詐欺師の言葉に生まれて他人から初めて自分を認められたこと、これも見事な演技でした。賢秀の倍返し♪どんな展開になるのか期待させられます。今日のちむどんどん

  • ななじゅう肩

    東側から竹の進出!水路の側溝と石垣の隙間に根を張る蔦!西側の茅や蔦!なんとか綺麗に?でも退治とはなりません!連休中にやりましたが昨日から右肩が痛くてなりません!50肩・60肩の記憶がないのですが70歳になってのななじゅう肩!?。ななじゅう肩

  • いつでも話せるように

    観光協会の昨日の動画配信を観てアクセスのスピード・数の増え方が思った以上多いので、これはジッとしていられない。新ネタもそうですが今までのネタもしっかり噺せるように時間を作らなければと気合が入りました。いつでも話せるように

  • 映像配信

    今日、田布施町観光協会より「第2回オンラインさくらフェスティバル」がユーチューブで発信されました。2時間の長尺ですが、わたしは49分ころに出て参ります。よろしかったら御覧になってくださいませ。落語なんですが途中猫が出てきたりして抜粋ですけれど、田布施のことがよく解る内容になっています。映像配信

  • 決め台詞

    「自慢の娘です」暢子が就職内定を断ったあと会社の担当者に言った母優子の台詞。かっこいいな!♪ちむどんどん観てて沖縄が舞台だと、どうしてこんなに踊りが似合うのかなって♪そのシーンを観るたびに思います。沖縄には2回行きました。決め台詞

  • 良子と母

    川口春奈と仲間由紀恵のシーン良かったですね♪貧乏が人を磨く場合もあれば不満から抜けれない人もある。片桐はいり♪出てきましたね♪個性豊かな女優さんで好きです。カムカムの松重豊さんのような♪良子と母

  • さくら保存会

    昨日は今年度の田布施さくら保存会の総会と桜河川敷草刈でしたがあいにくの雨のため草刈は中止になりました。家に帰って午後から自宅の屋敷と西側の赤線道の草刈やフェンスの蔦の処理などしました。小さな虫にも癒されながら自然豊かな我が家では草刈が始まりました(^_^;)。さくら保存会

  • 舞台転換

    来週から、あの小さな暢子観れないの♪バスを止める暢子意外な展開でした。見事な切り方繋ぎ方♪さて、どんな物語が待っているのか。舞台転換

  • 今日の見どころ

    暢子の演技が良いですね♪東京の伯母から「4人の子の一人を引き取って育てる」という話。暢子は東京の食べ物に興味津々でもあるけれど母親の許に居たい♪その葛藤のシーン♪3人の兄妹は最終的に沖縄の母親の許を洗濯する。口減らしに暢子は「東京に行く」という..・・・。今日の見どころ

  • ちむどんどん

    面白くなって来ましたね♪仲間由紀恵の演技の見どころが増えてきました。子どもたちも明るく力強くて良いですね。運動会のシーン良かったですね♪沖縄の踊り音楽ピッタリでした♪小学校の運動会を思い返しながら観ました。運動が苦手な私は5年生のとき新聞配達をしました。次の徒競走で1位になったことも懐かしく思い出しました。ちむどんどん

  • 達成

    やればできる♪やることはたくさんある♪達成

  • あれから

    今日、長男が病院から退院して施設に戻りました。およそ2か月、私の役目は週2回の洗濯物交換でしたが、それもお終いです(^_^;)。午前中かかりました。帰って午後、茅退治の続きを1時間余りやりました。根気のいる作業は焦らず気が向いたとき少しづつやるのが良いですね。これだけ纏まって処理できると気持ちがいいですね(^_^;)。今日はここまでです(^_^;)。あれから

  • 今日は焼いてみた

    昨晩は煮物。今晩は軽く塩振って焼き筍、3日続けて筍、いずれも五橋の純米酒に合う。(^_^;)。今日は焼いてみた

  • 今年もご近所から筍を頂いた。昨夜は刺身でいただいた。今夜は煮物にしよう(^_^;)。昼は外食ですが定食にも筍・・・(^_^;)。旬

  • 茅退治

    秋にはススキが楽しめる茅ですが、フェンスの外側に出ています。フェンス周りの木や蔦など処理していますので茅退治に取り組み始めました。ここまでやるのに結構時間がかかりました。蔦も絡んで大変です。手前の土から石垣のコンクリートの上のフェンス下方にまで根が這っています。茅の根は硬いのです。この状態で暫く様子を見ることにします。茅退治

  • 1週分

    昨日で終わりと思っていましたが、土曜日は1週分の放映があることで終幕を改めて観賞することができました。ある意味というより正に叙事詩の感を強くしました。朝の連続ドラマ♪家内が亡くなって2年と4カ月弱こんな機会もできました新たな発見も多い今日この頃1週分

  • 最終回

    終わりましたね♪カムカムエブリバディー♪三代に渡って繋がり笑顔の最終回♪人生の艱難辛苦が笑顔に変わる♪安子とるいそして明るいひなた♪ひなたが知る母親とおばあちゃんの苦労♪ある意味叙事詩の完結を観たような心持ちの作品でした。カムカムエブリバディーありがとう。最終回

  • クライマックス

    アニーヒラカワとるいが抱き合うシーン♪アニーの顔が安子の顔(上白河萌音)になっていました。森山良子さん見せましたね、深津絵里さんも良かった。もうこれで完結ですね(^_^;)。あしたの最終回どんなメッセージが・・・(錠一郎のアニーに言った台詞も「お母さんるいを産んでくれてありがとう」)クライマックス

  • 目が離せない

    カムカムエブリバディーあとわずか。どのようにまとまるのか!?。しかし虚無蔵の登場シーン♪いいなあ~時間が巻き戻されるような目が離せない

  • 裏切られた

    アニーヒラオカが安子だった。どこが決め手かと言えば、大月の回転焼の餡子を抓まんで食べたシーンが思い当たる。大逆転の感がする。良い作品ではある。裏切られた

  • BS日本の歌

    よく観ます。昨晩は石川さゆりさんがメインでデビュー50年ということで、10曲前後歌われました。上手の域を超えられて、わたしの心の襞に響いてくるものばかりでした。名人・本物という言葉が自然に思い浮かんできた石川さゆりさん。本物になるには表現者として技術は必要な訳ですけど、上手だけでは本当には伝わらない。本物の表現者に出会うことはありますが、本物の表現者になることは難しい。BS日本の歌

  • 田布施川の桜

    今日満開でした♪駐車場も満車♪すごい人出♪田布施川の桜

  • お勧めします

    劇団パレットさんの3月20日の公演♪「にんじん」ユーチューブで観れます。是非お勧めします。ホームページ・ブログも読んでいます。お勧めします

  • 大詰めの序

    多岐川裕美の雪衣の演技良かったですね♪それにこたえるるいの台詞が良かった♪「みんなまちがえるんですみんな」♪大詰めの序

  • ザッツ ライフ

    ひなたと五十嵐♪予想を裏切る展開♪ますます期待が強くなりますね♪今日も虚無蔵「かたじけない」の台詞に吹いてしまいました♪ザッツライフ

  • 伴虚無蔵

    良い役どころだなあ♪松重豊さん♪昔かたぎの堅物を見事に演じてらっしゃいます。真面目な演技が思わず笑いを誘います。その極意が見えた(わたしに)気がします。午後は収録(落語の撮影)です。伴虚無蔵

  • 期待の展開

    今日のカムカムエブリバディー♪五十嵐の再登場も良いし♪アニーヒラカワ♪?平川唯一?関係があるの?大詰め♪なんかハッピー♪期待の展開

  • 出来るときに出てくる

    70年の我が人生には色んなことがありました。振り返ってみて若い時だからこそ出来たこと、歳を重ねて判ってきたこと。人生という舞台での配役を演じてきました。反省あり懺悔ありです。舞台は終幕に入っています。にわか雨も降りますが大根役者から千両役者になりたいものでっす。出来るときに出てくる

  • 家族

    今日のカムカムエブリバディー♪安子・ルイ・ひなたと3代を軸にドラマは展開していきます。舞台は太平洋戦争から始まり現代に繋がっていくようです。その中で困難に立ち向かいながらも、それぞれの人生を選択して物語は進んでいきます。今日のルイと錠とひなたと桃太郎家族を観ながら、わたしは中村家の祖父の時代の様子は少しは聞き覚えていますが、父の時代そして私の時代は体験から振り返ることが可能です。困難ということではわたし自身の人生でしか実のところ判らないと思います。そんなことが今日のシーンを観ながら自然と心に甦り錠一郎家族は私に問いかけてきました。これからどうのようにドラマが展開し私になにを伝えてくれるのか期待して視聴したいと思った朝でした。家族

  • 木こり打ち止め

    このシーズン終わりと思っていましたが気になる木梅ノ木がでてきました。これを伐ろうと切りましたが柿木に引っかかって!柿木も伐りました。木が密集している我が家では蔦屋敷などで1本の木を伐るにも大変です。結構頭の体操になります。木こり打ち止め

  • 29日の撮影まで

    一日一日と締め込み諳んじながら噺家として、いささか大仰ですが視聴して頂く方々に伝わるためには何が必要かとの思いが出てきています。笑いはどこから出てくるのかとか話芸はとか。そこそこは判っているつもりなのですが。まだまだ気付きの余地が多くあると、発見がどれだけ出来るか。究極の話芸とはと想像しながら前向きに取り組んでいます。今持ってる表現力を正直に出すこと、その表現力はどこから出てくるのか、それは70年生きてきた自分の人生からに他なりません。そのあたりをよく見つめて締め込みを進化していきたい。追い求めていきます。29日の撮影まで

  • 今朝のカムカムエブリバディー

    そろそろ物語の終わりに近くなったのでしょうか、映像の編集が集大成され全体像が纏まってきたように視聴しました。今日のシーンは、ロシアとウクライナの現実を考えさせられるような働きかけを感じさせられました。さて久しぶりの雨でたっぷりと本読みができそうです。今朝のカムカムエブリバディー

  • けっこう覚えてた

    今までやったなかで「文七元結」70分が私的には一番好きな内容でしたが、振り返って4回やったんですけれどまだまだ精進が足りません。そして「締め込み」30分も5回と前半分だけを2回やったと記憶していますが、一番受けたと思っています。この作品で撮ってみようと昨日配達の車の中で諳んじてみました。思いのほか言葉が出て繋がっていきました。この噺、新米泥棒が空き巣に入って途中主人が帰って来たので盗った着物の風呂敷包をそのまま置いて床下に隠れ、それがもとで帰って来た女房と大喧嘩になり夫婦別れ手前までいったところ床下から出てきた泥棒が仲裁をするという噺です。この部分が後半で前半部分が新米泥棒の滑稽な描写があります。どこをどう取って短い動画として伝わるかを考えながら日々組み立てていきます。けっこう覚えてた

  • 今週に入って

    なんかやる気が出てきたところ、昨日、落語の撮影の話が舞い込んで来ました。2週間後です。だいたいこみこみで5分程度でと言うことで、噺は3分弱と自己紹介みたいな。田布施町からの発信です。今日から準備します。今週に入って

  • 心模様

    我が家から見る今朝の東の空このところ記事のネタがなくてブログも芳しくありません。世間はコロナ過のなかでもなんとか活動をの傾向があるのですが、私はやらなければならないことだけを粛々とやっているような次第で、それだけで日が過ぎていきます。長男の入院で週2回の病院通いと洗濯、日々の家事、青色確定申告は月初めに済ましましたが、国・県のコロナ過における支援金の申請など、また運転免許更新のための事前運転講習などしなくてはなりません。木こりシーズンは終わり片付けが残ってるくらい。稼業の方はコロナのため影響を受け暇です。さて本題ですが演劇・落語・朗読については怠けてなまくらです。目標は持っているのですが実行が出来ていません。プロの知り合いの頑張っている様子をSNSなどで拝見します。わたしはそれで生活している訳ではないので焦りは...心模様

  • コロナの影響

    オミクロン株の感染拡大で田布施に住んでいる私も行動が制限されていることを増々実感させられます。今年に入ってそれまでの感染数の2倍を超えています。その様な状況のなかで家の中でできることや屋敷の木の整理などの時間は多く取れますが、やはりバランスがおかしいなと感じ始めています。国や県の感染数の動向を注視していますが、棒グラフではピークを過ぎている様子が窺えますが下降線を辿ると5月の連休前までかかりそうです。このようななかで自分をしっかり見詰めブレないように、今やらなければならないことを見失わず時間を有効に使っていこうと。コロナの影響

  • 今朝はこの冬一番の寒さ

    毎朝の日課で洗濯・風呂掃除などありますが、風呂の窓枠の水滴が氷っていました!魂消ました。家事をやってますといろんなことに気が付きます。身体障害者の長男が施設から病院に入院しました。週2回洗濯が私の役目です。日曜日の洗濯物は多く洗濯機を3回回しました。風が強く大変でしたが急ぎだったので今日届けました。今朝はこの冬一番の寒さ

  • 久々の投稿

    今年の2月は何かと多用でブログが書けませんでした。その一つが我が屋敷の大木の伐採です。冬の時期かれこれ5年かけているでしょうか。一本一本地道に伐っています。プロに頼まないといけない大きな木もありますが、自分で出来るものは可能なかぎりやっておこうと取り組んでいます。やっと半分が済んだところでしょうか。久々の投稿

  • 電気と水

    前の日曜日電柱工事のための停電がありました。今朝我が家の地下水くみ上げポンプの調子がおかしくなりました。洗濯機を回して干したのち朝食のとき水が出なくなりました。ポンプの点検しましたが原因がわかりません。8時ごろだったと思いますが電気屋さんに電話しましたが通じません。30分後に繋がって10時ころ来てもらいました。電気のことやポンプについて知らない私はホッとしました。どっかの部分が弱っていて応急処置していただき3日後に新しいポンプが来ます。いっぺんに壊れるのではなくてホッとしました。20年前には、その日に取り換えてもらったと記憶しています。今回はなんとかしのげて良かったのであります。水や電気の有難味改めて感謝。電気と水

  • 今年は見れない

    かなり伐採しました。藤蔓が舞い付いて宙ぶらりんになって(伐る前に状態を観察はするのですが)難儀しました(^_^;)。我が屋敷には父親が植えた木が数百本あります。昨年の藤蔓。一昨年はまだ多く咲いていました。年々伐採していくうちに少なくなって今年は消えてしまいます(++)。ああ無常今年は見れない

  • 今日のエンドのシーン

    ジョウとルイの海のシーン綺麗だったですね。ドラマの面白いのは立ちはだかる障害をどう展開していくか、予想しながら観ていきます。ある意味他人事であるのにのめり込んでいきます。実人生で自分が困難に直面することは誰にでもあるのですが、いざ自分のこととなるとどうでしょうか!?。ドラマと人生の相乗関係。そんなことを考えながら。今日のエンドのシーン

  • クライマックス ♪

    カムカムエブリバディー♪佳境に入ってきました。何回か前から面白くなってきましたが今日はトミーが良かったですね。鍋もいい演技しました。クライマックス♪

  • 学び

    家内が亡くなって2年が経ちました。家事全般のこと家の外の草刈木こりなど、家内の分までやってきて多くの学びを実感します。何事も合理的に対処していこうと取り組んでいますが、時には順番を間違えて無駄な時間や無駄使いをして、気が付き気を付けるのですが。朝起きの時間も重要です。翌日の予定を寝る前に改めて。若いときには気が付かなかったことの多くを齢を重ねるごとに判ってくる、家の中のことの些細なこと一つをとっても。我が子に伝えることは沢山あります。学び

  • 木こりの時期

    年末からやっています。このシーズン最大の柿木。足場を刈込、枝の張り具合を確かめロープをとって切断。蔦蔓も舞いついていないので見事に倒れてくれました。片付けまでおよそ2時間かけて終了、手鋸で幹の部分を抱えられるように切断して、今日は心地よい筋肉痛(^_^;)。木こりの時期

  • オミクロン株

    2022年年明けから岩国市の新型コロナウイルスが!世界的にパンデミックをどこか日本は大丈夫と思っていた私も目が覚めました。感染力の強いオミクロン株を実感させられる事態に遭遇しています。コロナウイルスは変異を続け人の細胞の中で増殖!生き延びようとしているのでしょうか、重症化には至らないとの見解があるようですが人が重症化死に至るとコロナウイルスも居場所がなくなるというのでしょうか・・・。自然の一部である人類です、自然の摂理に従うとは。正月早々世界は新たな局面に遭遇しました。オミクロン株

  • 感想

    発信キッチン♪礒嶋さんからご案内受けて行ってきました♪室積のキッチンとばかり思って行きましたが、わたしの勝手な思い込みでした(^_^;)’’。どうも様子が変でラインしたらスポーツセンターの方のキッチンでした。風雪が心配で早めに行っていたので間に合いました(^_^;)。勘違いというよりおっちょこちょいの爺です。作品の内容は礒嶋さんらしい出来上がりで何本か拝観していますが、一番良かったのではないかと振り返っています。企画・構成の意図が中盤から見えてくる今までにない作品で次が期待されます。感想

  • 目標

    自分を振り返り見直しながら本来の人間の在り方に戻る。普段の生活を通して我が身の欠点・悪癖に気が付くことがあります。人に相場をつける、人を知る事は大切なことと思いますが、相場には何かと比べている嫌な自分に気が付きます。一見人がよさそうに見えるわたしにはこんな欠点があるのです。だいぶ前のことですが「話しているとグサッとくることがあるよ」と言われました。わたしの言葉にです。その方は言葉は乱暴なんですが人が良く反感の気持ちが出てこないのです。人に教えられ又自らが気が付き前述のような行動がとれるようにと。我が子の結婚のことも気になっているこの頃です。目標

  • アヒル歩き

    昨日、小学校の放課後教室の人形劇今年最後の練習がありました。25分弱の構成で人形ダンス3つと人形劇「おおきなかぶ」。わたしは幕開きピエロから人形ダンス全部と「おおきなかぶ」でお爺さんを演じます。通しで2回やりました。さすがに足に来ましたので2回目のお爺さんは立って演じることをお願いせざるを得ずやりましたが、2月の発表会までにアヒル歩きを日課にすることを皆さんの前で約束しました(^_^;)。古希のわたしは老化の段階に突入していますが、特に膝・腰・背中・肩・ひじ・首の柔軟性と筋力の持続に注意しなければなりません。そのことを自覚させられる放課後教室です。アヒル歩き

  • 変化

    12月は稼ぎ時で家庭への販売も多くあります。御用聞きで暫く忙しいのですが今日もある家庭の奥さんが、主人が入院したので今年は集まっての正月はしないとおっしゃいます。そのかわりでのことではないのですが、落語をぜひ聴きたいとおっしゃって頂きました。駅前の友末旅館で2年前と3年前にやったのをご存じで、行けなかったことを話してくださり、わたしは次回開催の折りにはご案内に伺いますと言ってお暇しました。御主人思いの奥さんでした。人間、私もそうですがなにか変化があって不安に陥るとき、元の元気に立ち戻りたいと思います。そんなとき落語で元気になってもらえるような噺ができればと。そんな気持ちが出てきた御用聞きでした。変化

  • 面白くなってきました

    カムカムエブリバディー♪世良公則が出てきて演技も歌も良くて♪若い頃よく聴いたものです(^_^;)。面白くなってきました

  • 昨日の支援学校

    メビウスの輪♪切って子どもたちの予想が!ワッと歓声があがりましたので成功と言えば成功!(^_^;)。しかし百均で紙テープさがしてみましたが適当なのが無くて自宅にある印刷物で間に合わししたので効果がいまいちでした。小学校放課後教室と支援学校の「読み聞かせ」ずいぶん違いを体験しています。手ごわい客席に負けないように伝えていきたいものと新たな世界に飛び込んでいます。昨日の支援学校

  • メビウスの輪

    支援学校のわたしの出し物♪6日月曜です。5分から10分、3人のチームでそれぞれ出し物がありますので当日調整。次は「おおきなかぶ」放課後教室成器塾発表は来年2月予定、8日水曜までに約1500字、時間にしておよそ5分を暗記します。「佐々木政談」約30分の噺、引き合いが2か所ありますので、これも早く覚えたい。メビウスの輪

  • あら さみしや

    おとといの強い風雨でこのありさま!。中央のイチョウと左のもみじが無残にも!。例年ならもっと長く楽しめたのに!あら悲し。。あらさみしや

  • ウオンテット

    我輩の車止めてるところの傍。午後に気が付いた。猪か!?それにしては小さい穴?狸にしては大きい。我が家の西に隣接している従兄の畑一反余り5年くらい前に掘り返されていた。最近も毎年小さいが猪の跡がある。我が家は畑としてはないのではあるけど?!。スマホのカメラが古いのでわかりにくい写真ですが。ウオンテット

  • 覚える

    「佐々木政談」とにかく早く覚えたい。来年には自主公演が出来ると判断して、「柳田格之進」もセットで覚えたいが中学校のことを考えると佐々木政談が先行する。朗読活動はコロナ過でも切れ目は殆んどなくやって来れましたが、落語の新作挑戦は疎かにしていました。ゼロコロナにはならなくても収束していき舞台活動が再開する環境が整う事を念じながら。職業舞台人ではない私なので舞台に立てない危機感はそれ程ありませんが、2年が限界で来年は客席に向かって落語を噺たい、もう待てない待ちたくないと言うのが本音です。わたしも20代駆け出しの俳優生活を僅かなあいだしましたが、それでなくても舞台の仕事は生業として厳しいもの、2年近いコロナ過での仕事を考えるとウエブ配信など工夫されていても大変だろうと察します。文化は人間としての喜びにつながるものと、そ...覚える

  • 倒木

    前から気になっていた倒木を撤去しました。この日曜日から左足の違和感も続いていますが、思い返せば10年前でしょうか40歳から体調を崩していた家内と取っ組み合いになり、倒れるとき柱に頭が当たりそうになり咄嗟に私が下に潜り込んだ時左足膝を強く打ちました。以来左足裏のしびれや膝に時折襲われていましたが(軽度)一昨年の今頃の家内の入院を思い出します。倒木

  • 見ごろ

    今日の我が家の紅葉元畑のもみじ倒木を伐採したところ見ごろ

  • 下松市文化協会70周年記念大会

    朝10時過ぎに自宅を出ました。左足に違和感がありましたが激しい動きもないので。光で不発弾処理のため通行止めの情報を得ていましたので、避けて出発しましたが光消防署交差点に迂回する車で大渋滞うっかり予測忘れていました。それでもスターピアくだまつに11時過ぎに到着12時から舞台発表があるので早めの昼食。始めから客席に座り観賞、出番後また客席で最後まで観ました。私たちの朗読劇「とりつくしま」ロージン東直子作。やっぱり本番は良かったです。財政豊かな下松市はなにかにつけて感じていましたが立派な施設に文化活動、田布施町も目標にしたいなって思いました。下松市文化協会70周年記念大会

  • 色付き始めました

    我が家の紅葉近所の紅葉従兄の紅葉今年は楽しめそうです(^_^;)。色付き始めました

  • 放送係

    わたしが小学4年生の時の学校の写真上の白い建物が新しい校舎建設中です。かなり遠い記憶ですが何年生の時か忘れましたが、左の校舎Sの上の建物が体育館で、その一角に放送室がありました。そこで放送係の記憶があります。テープレコーダーに録音された自分の声に驚きを感じたのは鮮明に覚えています。違う人の声に聞こえたのです。それから長じて劇団の養成所から入団できたのも、その声の御蔭だったんだろうなって振り返っています。4年前に周南文化会館に同期生がやってきて出演しているので会いに行きました。その時先輩の役者(高校公演で半年一緒に)Wさんが、私のことを「声ですぐわかったよ」って言ってくれました。また先日市民劇場の会合に初めて参加した時初めて会う方が多かったのですが、これも4年前から私の落語を聴いてくれてる方で私はご無礼にも気が付...放送係

  • どんどん増えてきた

    昨夜の中学校運営協議会。小中学校連携、地域連携。地域代表者の一人である私は、先ずは地域から学校に関わり、そして子どもたちが先生方が地域に関わる。この順番でコミュニティースクールの進化に資したいと思います。ある企画が提案されていて徐々にですが展開しています。わたしも話術でもって中学校に入り込み演じる側と観る側のコミュニケーションを使って、双方の伝え受け取る感じる仕組みを通じて、人間本来の関係性である御互いの行動が協調性が次の時代を形成していくこと、喜びが共有できる世界を多く体験することなどお伝えしていきたいと思っています。中学生に聴いてもらいたい落語を用意しているのですが、そのままでは伝わりにくいかなと思いますので、わたしなりにきもだけは外さないように書き換える準備に入っています。どんどん増えてきた

  • 支援学校へ

    学習ボランティアで小学校には時間が許すとき参加していましたが、このたび支援学校に初めてボランティアに出かけました。支援学校にはこれまで何度か行事やお願いごとなどで行っていました。特に文化祭などでは絵画・墨字などはハットした印象を今も思い出すことができます。子どもたちの感性に驚いたのです。そんなことを思い出しながら参加しましたが前からボランティアやってる方と3人でチームを組んで打ち合わせ。その一つに子どもたちの視覚に応えること。現場に行ってそのことが直ぐに理解できました。ぶっつけ本番ほとんどアドリブ対応。1回の参加で次回のネタのヒントを沢山頂いて帰りました。支援学校へ

  • 文学座「牡丹灯籠」

    落語の神様三遊亭圓朝師匠原作「牡丹灯籠」音読で6時間。このサイズを文学座は2時間で上演。公演前からずーっとどの様に2時間でおさめるのか期待していました。萩原新三郎とお露伴蔵とお峰のお札はがしは外せない。が、お露の親飯島平左衛門と黒川孝助対お国と源次郎も、師匠はもう一つの主題として書いているわけですが。文学座では、脚本大西信行氏は割愛しておられます。2時間ではどうしても無理なのかなって思いもしました。私は師匠の「文七元結」70分を4年前だったと思いますが高座をつとめました。「牡丹灯籠」は原作だけは印刷していますが、それより「真景累ヶ淵」フルサイズ12時間の挑戦を夢見ているわけです。落語は日にちを分けてやれますので長い噺でもできるのですが、お芝居になると難しいのかとも思いますが、歌舞伎などは昔弁当幕があったと聞いて...文学座「牡丹灯籠」

  • 最近のこと

    夜寝ているときよく夢をみます。子どものころは空飛ぶことが出来てよくみましたが、長じて楽しい夢は少なくなっています。最近高校の恩師に連絡が付かなくて案じておりましたが、ある会でお亡くなりになっていることを知りました。私の人生で大きくお世話になった方です。数日前の夢の中で。その方がどういう訳かお二人存在されて居り、お一人は生きておられて電話でお話しできたのでした。「先生お亡くなりになったんじゃなかったのですね」なんとも話しにくい言葉がとっさに出てしまい動転した夢でした。また自分の弱点に気が付かされる夢も時々みるようになっています。残された人生最後まで自分直しですね。最近のこと

  • 昨夜の雨風

    キンモクセイの花が散っていた。恥ずかしながら我が家は木が重なるように密集していて、こんな大きな木になっていたんだと香りに癒されました。また木こりの季節がやってきました。昨夜の雨風

  • ひさひさ

    煮干しのしごしました。稼業で仕出し屋のお客さんのところで煮干しの腸を取り除くお手伝いをしたことがあります。指先の細かい作業は利き腕でない方が上手くできますが、この歳になると指が引きつってしまいます(+_▲)。その仕出し屋さんは出しのとり方がとても上手で、昼時弁当をお邪魔して食べさせてもらうとき、よく二番出汁で味噌汁を頂いたものです。その味噌汁がいりこ出しでおいしかったのを思い出します。ひさひさ

  • 今度の作品

    ≪スターピア下松での発表作品。中学生の子どもと夫を残し死んであの世に行く前のモラトリアムの世界。≫2年前に妻を亡くした私は、設定としては3人の子どもも既に成人しているので、作品と比べると時間差がかなりあります。が、子どもを残して死んでいく母親の心情は子どもの年齢によって変わってくるとは思いますが、家内が子どもに残した最後の言葉は「いっぱいいっぱいありがとう」でした。そして私に残した最後の言葉は「死にたい」でした。言葉だけで母親の気持ち妻の気持ちを察することは、正に今わたしがモラトリアムの世界に居ることに違いないとは思います。それは執着でも蟠りでもなく家族の死後残された者の生きる指標さがしなにか偶然とは言えこの度の作品の発表はわたしにとって待っていたかのような。熱が入ります。今度の作品

  • 草刈

    昨日は田布施川桜並木の草刈でした。桜保存会では桜の管理と春先から秋にかけて月一で草刈りしています。私はこのシーズン2回参加しました。町内では多くのボランティアが田布施川の草刈りをしています。家に帰って元畑の草刈りもしました。もみじが色づき始めていました。草刈

  • 表現

    画家は絵の具を使い、音楽家は譜面を使い、小説家は文字を使い、俳優は肉体を使い、声優は声を使い表現しています。そして表現するとき、なにを表現したいのかがはっきりしているか、それから表現する技量がどれだけあるか。最近朗読をしていながらこんなことを思っています。表現

  • 落語やらないと

    11月21日のスターピア下松の出演は朗読劇♪分担してやるので負担もそれだけ減るのですが、逆にみんながそれぞれに言葉を繋いでいくことが欠かせないし、言葉に乗せるものをしっかりと表現できなければいけません。ところで私こともう2年も(4月9日にやったのは1年半前にやらなければならなかった分です)落語やってません。やりたい気持ちがやらなければの気持ちに変わってしまっています。昨晩久しぶりに焼酎亭山口支部のラインが鳴りました♪10人のメンバーリストの細かい確認でした。なにか始まるのかな♪って期待(^_^;)。家内が亡くなってもうすぐ2年になります。加えてコロナ。状況が激変してることは確かなのですが、そんななかでも自己を見失わず目標に向かって行動していかないとって自分に言い聞かせています。落語やらないと

  • 稲刈りが済んで

    ビフォアーアフターここに居るかもしれないと注意して。やはり居た!気を付けていて良かった。蝮(ハミ)。遠い親戚の田んぼの稲刈りが済んで我が家の石垣の下の草を取った。春の田植えから(猪対策の柵がしてあるので)随分草ぼうぼうに。やはり綺麗になると気持ちいい。稲刈りが済んで

  • モラトリアム

    生と死の間のモラトリアム。11月のスターピアくだまつでの朗読劇。ネタバレは今ん処できませんが、書かれている内容が素晴らしいので演者としては、その分助かります。が、アンサンブルとしては難しい局面が出てくると思いますし、そこをどこまで組み立てていくか底力が試される作品です。このモラトリアム二つの間のクッションは、夜夢に見る世界を思い出してみると、これかな!?って思い当たる節があります。現実があって夜は眠りの中で夢を見る。目が覚めて現実に戻る。Uターンですけど。もし夢から現実に戻らず逝ってしまったら・・・そんなことがあるのかないのか解りませんが・・・構図的にはモラトリアム!?。この手の作品はモラトリアムの手法を使って生きてきた時間を振り返り、その出来事を昇華しながら、生きることを問い直すとでも言ったらよいのでしょうか...モラトリアム

  • キッズイベント

    デザインプラザHOFU・サンライフ防府の2会場で開催れました。会場写真は私たちの出番前の「エイサー演舞」。出番後仲間と昼食後サンライフ防府の催し物観に。防災ゲームは指導者が下松から来られていました。わたしも田布施町の防災に関係していますので大変勉強になりました。その次は山口の朗読屋さんの出し物。子ども向けの作品をページごとに日本語と英語で朗読。共に達者な朗読でした。防府市の子どもイベントの充実に感銘を受けて帰途につきました。久しぶりの電車でした(^_^;)。キッズイベント

  • 町内イベント

    12月の町内一周駅伝の中止が発表されました。コロナ過で感染状況は国内県内で減少傾向が続いていますが、まだまだ安心というわけでは無いようです。わたしの稼業の方もイベント出店への納品が昨年よりゼロが続いています。たぶん年内の町内イベントは開催されないように思います。そんななかで有効に時間を使って今できること、沢山ありますがやっていこうと取り組んでいます。ありがたいことに表現の機会を頂いている自分を幸せに感じています。そのほかキリがないほどやらなければならないことを一つ一つやっていこうと。町内イベント

  • すぐれもの

    森林組合のチップソー!チップが飛んでもワンシーズン使えると知り合いから勧められて!その通りでした!「青鬼」すぐれもの

  • 10月11月

    10月の10日の朗読発表会。そして11月のスターピアくだまつでの朗読発表会。小学校の放課後教室での人形劇の取り組み。コロナに気を付けながら活動を続けています。自主公演の企画はまだ今のところ出来ませんが!こんな機会があることにありがたく思っています。10月11月

  • 朝の腰の具合

    明け方4時ごろトイレに立つとき腰を心配しながら起きましたが、横になって休んだ御蔭か腰をまっすぐにして歩くことが出来ました。昨日の午後からは腰を曲げて(腰痛を庇うため)の歩行でしたが。そして夕方からユーチューブで日本昔ばなしを2~3時間聴きました。そのなかに「養老乃瀧」タイトルだったと思います、今で言えば中学生くらいの男の子と父親の二人暮らし。父親は働くことができず寝込んでいます。男の子は毎日父親の世話をし薪を山に採りに行って生計を立てています。薪採りは山を越えながらある日男の子は養老の滝を見つけそれがお酒であることを知り、瓢箪に一杯汲んで家に帰り父親に飲ませると元気になって仕事が出来る様になりました。とこういうまことに簡潔なストーリーなのですが、観ていて心に迫り泣けてくるのでした。母親は亡くなったのだと思います...朝の腰の具合

  • 何年ぶり

    朝の家事が終わって昼前から下半身に違和感。じわじわとお尻から腿・腰に広がって!これはいかん!と今は静かにしています。ぎっくり腰!しばらく出ていなかったので!背中の方から腰に来ることもあります。もろに腰に来ると!経験されたかたはわかると思いますが、こんな情けない気持ちになることはありません。いっぺんに爺(今でも古希爺ですが)になった気持ちになります。自民総裁選をテレビ中継しています。何年ぶり

  • あぐり再放送終了

    どんな幕締めか興味津々でした。この連続ドラマにふさわしい終わりかただったと思いました。テーマは自由な夢とでも言ったらよいのか人間模様の関係のなかから表現されて、多くの視聴者に元気を届けたのではないかと思います。あぐり再放送終了

  • 昨夜の満月

    雲が多くて切れ間のお月様もありましたが小生のスマホでは夜の月の光に上手に写りません(^_^;)。よってこんな写真しか。昨夜の満月

  • 運動会もおわり

    今日は誰もいない小学校。明日は十五夜。日中はまだまだ暑いけど。コロナも一年九か月。もうそろそろ変わりそうな気配。時は確実に過ぎていく。残された人生を有意義に。運動会もおわり

  • 今年の台風14号

    へんてこりんの進路!?温帯低気圧に変わらず直撃の予報なので対策完璧にして早めに休みましたので、風も雨もへそてんで寝てましてまったく記憶にありません(^_^;)。入口の例の木房がたくさん落ちていました。東側の例の木こちらは太いので入口の倍落ちていました。枝も少し。被害も無く無事でしたが台風後でいつもの家事が倍かかりました(^_^;)。今年の台風14号

  • 山本晋也さん

    あぐりに登場する磯部役の山本晋也さん。映画監督であり役者であり多彩な面をもってらっしゃいます。わたしはドラマや報道を観ても表現ということを、どうしても物差しにしてみてしまいます。また自分だったら、こうするとか。素晴らしいものには、それを目標にしたり。演劇に携わってきた自分として役者として、どんなキャラクターが向いているのか、そんなことも考えながら。あぐりはすべてにわたって優れていると感じていますが、磯部役の山本晋也さんの演技にツイツイ目が行ってしまいます。楽しくなります。あのような役どころをやってみたいな。そんなことを思いながら観ています。様々な表現に挑戦してみたいとも思っています。多様なキャラクターを表現することも目標であります。そんな思いのなかで、やはり一番のはまり役はなどとの思いは、自分自身の性格や癖を客...山本晋也さん

  • 言葉

    言葉で考え言葉で伝え感じたことを言葉で表す心すら言葉から出てくる言葉は行動に繋がり反省も言葉でする言葉の持つ力を改めて感じ入る言葉

  • 元気に児童

    我が家の隣の小学校運動会の練習の真っ盛り♪。おとといの土曜日!我が家と地続きの山を削った小学校の法面!戦車のような小型のラジコンキャタピラ草刈車!傾斜45度もなんのその。わたしも負けじときのう道普請から帰って草刈、側溝の掃除しましたが途中でギブアップ。運動会に備えての環境整備(^_^;)。ところで今日のあぐりも良かったですね(^_^;)。元気に児童

  • おギャーと生まれて

    小さい子どもの頃、朝目覚めて「ああ今日もきのうの続きの自分だ」と思ったことがよくあります。よその家庭で其処の子どもになって目覚めることを考えたりしたことを思い出します。もっとお金持ちの家に生まれたかったという気持ちがあったと言うより、自分にはからだと心の二つがあって切り離せないということに気が付いていなかったのでしょう。あれから何万回の朝を向かえたことか、肉体と精神の繋がりはすっかり大人になってしまいました。子どもの空想をなつかしく思い出しました。おギャーと生まれて

  • そろそろ季節かわり

    夕方から秋の気配を感じ始めるこの頃。21年前に亡くなった父が屋敷に沢山の木を植えて、木こりを始めて5年くらいかな。その1本がこれです。名前は知りませんが、この時期種だと思いますが多くの房に数十個の黒い豆粒、燃やすとパチパチと弾け花火の音のように鳴ります。この音がなんとも言えず毎年癒されます。さて、コロナ感染の5波は減少傾向に向かっていると思われますが、医療関係の方はまだまだ限界状況の真っただ中と思います。わたしの稼業のほうも昨年から今年も3分の2が過ぎましたがイベントの納品がゼロ。仕出し屋さんや飲食店の納品も減少が続いています。演劇の自主公演も同様に止まっていますが、関係している朗読教室や依頼されての公演は3回出来たのかな。今までに経験したことがなかった生活も2年が経とうとしています。そんななかでの季節のかわり...そろそろ季節かわり

  • これは良い

    コロナ対策四つの柱。何故今まで出来なかったのだろう!?。自民党改革!方針を打ち出し実行に移し改善していき国民に見える化する。頑張って欲しい。これは良い

  • 今日の見せ場

    辻村燐太郎が戦時中若い兵士を死に追いやった小説の呪縛に追いやられていたとき、彼の書いた詩が戦争未亡人と4人の子どもを救った新聞記事を、あぐりが読んで聞かせます。芸術が人を救うことの解りやすい表現でした。表現者の一人として心しなくてはと、また勇気づけられる場面でした。今日の見せ場

  • 危機意識は

    天災と人災!コロナパンデミック!政策が見えてこない!何故か76年前の敗戦に至る経緯と重なる!危機意識は

  • いつのまにやら

    ブログのいいねのボタンが形を変えて選択が増えている。丸いボタンで(いいね)(応援)(続き希望)(役立った)の四種。変わってからポチッとがない(^_^;)。いつのまにやら

  • 星由里子さん

    今日が最後の出演になりました。あぐりの義母の役いいですね。自分の死を悟り終活の心境・・・見事です。わたしの希望はあと20年・・・子どものこと自分のやり残したこと。自分の死を悟る境地には至っていません。子どもに伝えること落語で伝えることを中心に考えています。星由里子さん

  • 演劇表現力について

    コロナ過のなかで継続しているのは朗読。肉体表現はスポーツと同じで定期的にやってないと上手になりません。演劇と朗読は全く同じ表現ジャンルではないと感じていますが、相通じるところが多くあります。表現力を幅広くしていくためには、一つ一つその幅を壊しながら広げていきます。壊しながらと表現しましたが、幅から出れないと新たな表現は出来ないのです。朗読の場合、演劇で配役を演じるのと比べると、様式的に部品が多いかなって感じます。演劇表現力について

  • やっぱり良い

    今朝のあぐり泣けました。やはり原作・脚本が優れているのですね。今日の見どころは星由里子と里見浩太朗の場面でしたね。星由里子の受けの演技、流石と感じました。そもそも野村萬斎の出演に惹かれ観始めましたが、なんのなんのすべてが揃っている。やっぱり良い

  • 38年前

    亡くなった家内と結婚したのは38年前のことですが、私より6歳若く学校の先生をしていました。自分にとっては勿体ない相手で、振り返ってみると其処に打算がなかったかと言えば、ありました。平均寿命は女性が長い上まして6つも若いのですから、私は看取って貰えると思っていましたし経済的にも安定と思っていました。その目論見は見事に外れたわけです。このことは何を意味するのか、いろいろあるとは思いますが一つに因縁というものがあると思っています。人間の思考では理論づけ出来ない、正に「真景累ヶ淵」の世界。それ故に三遊亭圓朝師匠の超大作に挑戦したいと改めて思っています。38年前

  • モチベーション

    稼業に関すること、家庭内のこと、自身の体調管理など自分にかかわる対処。地域にかかわる事への対応対処。戦後76年の歴史認識と自然災害(コロナのパンデミックなど)の受け止め。ざくっとこんな中で生きていると思います。そんな中でライフワークとして伝える仕事、様式として演劇・朗読・落語に取り組んでいるのですが停滞しているのではと我が身を振り返っています。生活の中から糧を得て人格形成が出来、そこから表現に繋がるわけですが、表現への移行が、その時間が失われていると。仕方ないと思えば、そのまま止まっていますし落ちていきます。その間でも受動的に感じたり発見はあるわけですが能動的表現に至らないとライフワークにはなりません。端的に言えば、その時間が無い、というかその時間を作りだせて無い自分が今居る。ここから早く脱出しないと、と思って...モチベーション

ブログリーダー」を活用して、田布施座さんをフォローしませんか?

ハンドル名
田布施座さん
ブログタイトル
田布施座
フォロー
田布施座

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用