searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

いわい やすしさんのプロフィール

住所
ドイツ
出身
釧路市

4月30日にはロスヴァインという町で、パイプ≒オルガンコンサート、5月25日からはドレスデン市内DREWAGで個展が始まります。

ブログタイトル
独逸岩井泰的絵画音楽活動日記
ブログURL
http://yasushiiwai.blog.jp/
ブログ紹介文
ドレスデンで裸婦やバレエの人を描いてます。パイプオルガンで演奏会もします。ガンバ、最近は真面目に練習
ブログ村参加
2014/04/18
本日のランキング(IN)
フォロー

いわい やすしさんの新着記事

1件〜100件

  • どんぐりころころ7

    もうすぐ終わるのに足踏みしていますね。何につけても僕の悪い癖です。ちなみにこのやり取りは月曜日に行われていたと思いました。また、僕の悪い癖で意味も無く、レスに一週間とか時間をかけてしまうのですね。で、それを日曜の夜ぐらいに投稿すると、向こうは日本時間の月

  • 天気が良かった

    昨日は珍しく晴れてました。やっぱ、薄暗かったりするとダメ。当たり前だわ、まっ暗闇じゃ描けないもの。アクリルで描いてきて、この日はひたすら明暗だけを追求するつもりで、アクリルで続けるか迷ったけど、結局油+テンペラで。色をつけたい色気心をぐっと押しこめて。も

  • どんぐりころころ6

    さて、ころころシリーズ、最後に向かって型をつけて行きます。今回は、(ちょっと今日、グロッキー気味なこともあり)前回の彼のレスに対する僕のレスを載せます。○さん、いわゆるコロナ対策が実際には何の役にも立っていないのはすでに書きましたが、対策を取らなかったス

  • 初めてのガンバ 3 騙し、騙される事

    一度書いた事だけれど、言うまでも無く、僕に弦楽器の知識があれば、例え本当のガンバ職人に工房に招かれて、彼がたまたまタダ同然で手に入れた同じものを押しつけられたとしても、絶対買う事は無かったであろう。しかし、無かったのだからしょうがない。けれど、今回、こう

  • 室内楽してきました

    知り合いのヴァイオリニストから誘われたのでチェンバロを弾きに行ってきました。ガンバも持って。ヴァイオリン×2、ヴィオラ×2とヴィオローネの編成。当日になるとトラウマが…実はガンバ始めた頃、知り合いが、ある楽団でガンバ探してるからやらない?とか言うんでのこの

  • 初めてのガンバ 2

    僕の知人はメールでプラハにいるガンバ職人を3人紹介してきた。そのうち二人はちゃんとした楽器職人だったと思う。工房の写真も見せられ、お値段も2500―3500ユーロだったか。知人は、チェコだと物価も安いから、もし手放すことになってもドイツならその3倍ぐらいの値段で売

  • 鉛筆画

    久しぶりに鉛筆画を完成(まぁ、まだまだ描き込めるけど)しました。ブログ・ランキングに参加しています。良かったら下のバナーをクリックして応援して下さい。クリックすると→僕のブログのランキングが上がる→人目につきやすくなる→このブログの訪問者が増える→僕のやる

  • 裸婦

    あと一回で仕上げるところまで持って行きたかったのですが、もう二回はかかりそう。順調に行ってる筈なのに何故?ブログ・ランキングに参加しています。良かったら下のバナーをクリックして応援して下さい。クリックすると→僕のブログのランキングが上がる→人目につきやす

  • 初めてのガンバ

    ワシントンが桜の木の枝を折ったのを正直にゲロッたら誉められた、と言う話が嘘だとか。そうだよね、と思った。アメリカってそんな国じゃないもの。それこそ、清教徒の末裔で、宣教師とかクリスチャンには善人感てんこ盛りの人がいるけれど。イーデス ハンソンが対談の中で

  • ちょっと進みました

    昨日はこちらの絵を重点的に描き進めるつもりでした。二枚目に入ると集中力が落ちている様な・・・ブログ・ランキングに参加しています。良かったら下のバナーをクリックして応援して下さい。クリックすると→僕のブログのランキングが上がる→人目につきやすくなる→このブ

  • 顔、ようやく気に入りました

    本当は、昨日絵を描く予定で色々楽しみにしていたのですが、モデルが体調不良で…今までのモデルが体調崩し気味だったので増員したのに、その増員したモデルが体調不良とはどういう塩梅?でも、金曜に来るはずだった娘が、今日(水曜にくることになり)、体調崩した新人さんが

  • 裸婦

    今日は約束の20分ほど前にもうモデルが来て、焦った。しかも彼氏(軍人さん)と一緒に。随分前から、1時間前には来て、30分前ぐらいにはモデル台やイーゼルなどの大型の物の配置は済ませるようにしていたからまぁ良かったけど。しかもクリスマス休暇中帰ってた彼女の故郷

  • どんぐりころころ5

    まずコロナに免疫力は無力と書いたことの根拠を説明します。もちろん人体の免疫力がコロナに対して機能しないと言っているわけではありません。まずマクロに考えた場合ですが、おそらくご覧になっているかと思いますが、これはいわゆる第一波の時の超過死者数を国際比較した

  • 描き進めました

    ですね、こちらは。殆ど同じようなポーズで2,3 描いてますが、気にしない(●´ω`●)。モデルさんでも、時々、「だって、あのポーズ、あなた、すでに描いてるじゃないの。」言う人いますけど、同じ曲、オーケストラだって時と場所が違えば、また違った味わいがあると言うも

  • 補筆しました。

    前回のセッションが終わってコンスタントに描いていく体制が整ったかな(もう一人来週見ることになってるけど、たぶん採用する)と思っていると、病気で倒れていた娘から「今週来れるよ」との報。この娘は実は僕の所の仕事が決まった後で、同じ時間の別の仕事にも応募して、

  • 次回予告

    あなたはテレビなどでアレを打て打て、問題無いから打て打て言っている人たちが「打たない方がいい」と主張する人達から公開討論を呼びかけられても逃げ回っている事を知っているだろうか?「そんなのデマだ、デマだ」と威勢のいい事を言っている某大臣にしても自分の言って

  • 初仕事

    考えたら絵も音楽も或る程度社会が安定していないとやっていけない部分があるので、ちょっと「あの事」を集中して書こうかと思ったけれど、考えたら、だから普通の絵・音楽活動の事を書かないと言う法も無いのでした。なんだか昔からこう言う一体何の為にそう決めてやってい

  • レ・インボー

    「いやぁ、最近コロナ、コロナで」「本当にそうですね」「それにしても、あれ、陰謀論とか煩わしいですね」「そうですね」「先日も出来たばっかりの彼女が、初めて俺の部屋に来るって言うんでね」「それはおめでたい」「もう部屋、隅から隅まで綺麗にして」「当然ですわな」

  • 新年

    明けましておめでとうございます。今年は元旦から仕事をしてきました。と言っても、モデルに応募して来た娘を面接してきただけ。またちょっとお金かけて広告出した結果、16歳で小さいころからバレエもし、たっぱもある娘が名乗り出てきたので心躍るものありますが、去年気に

  • 大事な人へ 補遺

    昨日の文章、書き加えました。もう一回見返すのがめんどくさいと言う人、書き加えたのは末尾の以下の文章です。良く考えて下さい。あなたがあなた自身にとって大事であるなら。周りの人にとって大事であるなら余計に。それが他の人の為になるのだと言われていても。そうであ

  • 見られる

    何年か前、某匿名掲示板のある未解決事件のスレッドにハマっていた。失踪?あるいは誘拐かもしれないが、事件の起きた場所が同じ北海道、と言うこともある。その街には、少なくとも物心ついてから行った事は無いのだけれど、当時のニュース映像や記録を読むとやはり自分の生

  • 大事な人へ

    一昨日の記事で最後の方に「宗教で信じられている事は再現性の低いもの」と書きましたが核となる、信仰の本質で信じられているものは必ずしも再現性が低いと語られる様な事でもないし(勿論宗教にもよる)、それと日常で信じられているものの本質的な違いはそこでも無いです

  • 信じるということ

    いよいよ「あの事」について書く。書こう書こうと思いつつもこんな時期になってしまい申し訳が無い。なんだか周回遅れのテーマの様な気もして書く気も鈍り。何より、ハリウッド映画だって本当に言いたい事は最後の15分ぐらいに言うもので、そこに至るまでその主張を根拠づけ

  • どんぐりころころ1

    それでは予告通りアレについて知人とかわしたやり取りについて披露する。それをする目的の一番の理由は(あまり期待していないけれど)これが他の人がこの件について考える際の何かの参考になればいい、との思い。二人は勿論医者でも何でもない。実際、僕自身もある医者が『

  • どんぎりころころ4

    もちろんAfDのこと、マタイの話など共感します。それにしてもどういう経緯で受け取り方がこう異なるのか(完全に異なるとは思いませんが)不思議です。ワクチンの効果は科学的には明確で、僕はコロナの性質上それに依拠するのは無理からぬことという理解なのですよね。実際、

  • どんぐりころころ3

    それでは、彼の投稿の再掲免疫が無力と書いたのは、基礎疾患もなくタバコも吸わない健康的な人でも例えば換気の悪い場所にいれば極めて容易に感染するし、そのうち(程度はまちまちですが)一定の割合で症状が悪化し、あるいは後遺症が残る、ということです。インフルエンザ

  • どんぐりころころ2

    前回の記事をアップしたらFBFから「いやな予感しかしない」と言われた事もあって、なるべくスピーディーにアップし、終わらせたいと思います。さて、僕の知人の発言を再掲免疫の原則として、常識として多くの人は理解していると思いますよ。しかし今回のコロナに免疫力は無力

  • 変態演奏を極める 完

    また間があいてしまいました。さて、前回バッハのオルガン曲、前奏曲とフーガロ短調の話をしました。終盤に現れるフーガの対位主題の4分音符が(ちなみに4つ)、終盤になって突然一度だけ8分音符+8分休符のコンビネーションで書かれていると言う事。これは、このモチーフの4

  • 変態演奏を5

    さて、こういう変態自慢をしていると「バッハ先生の教えを踏み外して下らない事ばっかしやがって」とお叱りの声を受けるのではないかと思う。僕は「演奏=作曲者の意図を忠実に汲み取って再現する」とはこれっぽっちも思っていないのでどうでもいいのだけれど(一流の方に言

  • offene ateliers

    またさぼってしまいました。変態演奏の話もまだ続きがあるのに。話題が新鮮なうちに offene ateliers の話をoffene ateliers は英語にすればオープン アトリエズ。ドイツの多分主要都市の芸術家協会がそれぞれやっているのではないかと思いますが、年に大体一回、市内の芸

  • 変態演奏を極める 4

    そんな訳でヴァージル フォックスは僕にとって永遠に手の届かない変態の星であった。ところが思いがけずその変態の星に手が届くかも知れない事態が勃発した。(合唱)指揮にとって大事なことは当たり前のことだが、演奏される曲の事が隅から隅まで把握できていると言う事。

  • 変態演奏を極める 3

    では、各声部を対等に扱うポリフォニーの性格上、しかし、耳に聞こえやすいのは外声部、特に最上声部と言う事実の前にオルガン・フーガのフーガ主題導入は、話を分かりやすくするため4声部として、テノール→アルト→ソプラノの順で、任意の所でバス(ペダル)かと言うと勿論

  • 変態演奏を極める 2

    さて、僕がヴァージル フォックスの変態ぶりで一番感銘を受けたのは、今までの変態ぶりも非常にうならせるものがあったと思うが、さらにまた別なことである。それは僕の様な耳の悪い者(別に難聴と言う意味では無い)が彼の録音を聞いていても中声部に出てくるフーガ主題が

  • 変態演奏を極める 1

    君は変態が好きか?高校生の頃よく一緒につるんでいた友達とは「変態」と言う言葉で盛り上がっていた。地元一の進学校だったので「真面目に見られたくない」みたいな反発心もあったのだろうか。思い出してみると小学校から一緒だった女の子の一人も「変態」と言う言葉が好き

  • 陰謀を見抜く

    さて、ここまで書きたい事、書かなければならないと思っていた事を書きなぐってきたと思っていたが、見返してみると結局いつもの悪い癖で本当に言いたい事はまだまだとって置いてあるのに気づいた。(これは何に関してもそうで、日本からわざわざ高い金と時間をかけて取り寄

  • マイセン しません

    明日からの週末、マイセンでグラフィック・マークトが始まる。去年は言わずもがなアレのおかげでその手の物コンサートも含めて殆ど中止。でも、結局辞退させていただきました。理由は簡単、ドイツ版ワクチンパスポート、3G 、即ち Geimpfte, Genesene, Geprüfte, 接種者、

  • 止めたれ 完結

    第二次大戦を題材として扱うウッドとか言う小説家の話ではこんなシーンがあった。主人公の属するレジスタンス組織が絶滅収容所に向かう列車を夜どこか原野の真ん中で立ち往生させて囚人を解放しようとする。え、「止めたれの完結編だから列車を止めた話かって?」だまらっし

  • 漬けものの逆襲

    最初の結婚をする時、まず彼女の母親と市内のケンタッキー・フライドチキンで会った。彼女の第一声は「なんだ、この店は漬物も出さないのかい」で、僕は大変衝撃を受けた。当然だろう。その土地は漬けものどころで、彼女も農家を営んでいた。東京に送りだした娘に口を酸っぱ

  • 石を投げる (止めたれ その3)

    なだいなだが書いていたのだけれど、軍隊と言うのは悩みがあってはいけない。命令に対して「自分はそう思わない」とか一々議論していていつまでたっても軍事行動に移れないでは困る。そう言う意味では、宗教改革の頃、いちいち議論をして一つにまとまれない弱みをローマ・カ

  • 止めたれ

    今は J1 で快進撃を続けるコンサドーレ札幌だが、かっては1,2年で J2 に戻ってしまう、J1, J2 を行ったり来たりしているチームであった。僕がドレスデンでまだ学生をやっていた事、学校にPCルームが出来た。PCを使って楽譜を書いたり、聴音の自習をするためだが、インターネ

  • 戦場にかける橋 (やめたれ その2)

    「戦場にかける橋」と言う映画があった。あ~!折角、戦場の唯一の楽しみ、飯の時間が来たと思ったら、箸がかけてて思うように食えないよって、馬鹿かお前は!一休さんのダジャレじゃないんだ!今は知らない人の方が多いかもしれないが、(ここから6,7行ネタばれ)第二次大

  • 誰が為 1

    シュッツガルトの近くに住んでいたころ、地下鉄の駅にアメリカンフットボールのステッカーが貼ってあった。2チームがお互い睨み合っている絵なのだが、一緒にやろうぜ!とか言う事ではなく、電車が来たら、まず降りる人を先に降ろしましょうとか言う呼びかけである。そしてこ

  • 礼拝で奏楽

    昨日あんな記事を書いたら、今日そのモデルさんから体調不良で今日、お休みとか言う連絡があった。(´;ω;`) なんかジンクス?陰謀?でも実は、ちゃんと今日、とメモしたにもかかわらず、いつの間にか描くのは明日だと思い込んでいたのでそれはそれで良かった。(´∀`)

  • 良い裸婦モデルさんが見つかりました

    View this post on Instagram A post shared by Yasushi Iwai (@kunst_fuge)いやあ、駄目ですね。やっぱり話題は新鮮でなくては。今、日本でもそう言えばようやくパンダが見られるようになりましたね。カンカンとランラン…とか始めても、いつの話じゃ、

  • かぼちゃ帝国の野望

    南瓜とネギを栽培するため、かれこれ10年ぐらい前から畑をしている。日本にいる人は何で?と思うかもしれない。が、FBの海外在住者のコミュでもちょっと話題になっていたように、こっちの南瓜が美味しくないから、と言うごく当たり前の単純な理由である。人によっては、こ

  • 軟弱野菜、焼きそばになる

    今年の夏は暑くなると言うので、ベランダで色々小さな噴水を置いたりと相変わらず男のロマンを驀進していたが、花だけでは無く実のある事もしようと水耕栽培もしようと思った。これと言ったものも特になかったので、家で余っていたもの、クレソン、ミツバ、青梗菜を試してみ

  • 世の終わりの夜 蛇足

    これは前回「世の終わりの夜1,2」を書いた後、すぐ書かなきゃと思っていたが、なんか気分が乗らないとかふざけた事を言って今になってしまった。恐縮だが聖書の話をする。僕もあのバッハと*同じカントァの資格を持っているくらいなので聖書の話をしたって別に良いだろう。

  • 10月になりました。

    今年は9月からまた畑仕事やるぞ、9月からまた畑仕事やるぞ、と周りに言い続け…10月になりました(´∀`*)。礼拝の仕事があったり、絵の仕事があったり、まぁ暑かったり寒かったり雨が降ったり色々ありましたがどんなに言い訳を言っても9月には戻らない。と言うより、

  • 世の終わりの夜 2

    しかし、今回、3年前に思いついた「世の終わりの夜」と言うタイトルで文を書こうと思ってはたと気づいた。そのタイトルはC. S. ルイスの論文のタイトルだった。 念のため読んでみたが、それはキリストの再臨に関する、どちらかと言うと信仰的なテーマについての論文であった

  • 世の終りの夜

    さてこうして、しれっと3年ぶりにブログを再開したのだが、「ああ、あの事について書きたい為に再開したのだな」と思う人もいるかもしれない。実は再開するにあたってずっと「世の終りの夜」と言う題で始めようと思っていた。そう書くと、「やっぱり」と思う人が多いだろ

  • 漬けた (完結編)

    (前回までのあらすじ 突如現れたペダン星人のスーパーロボット!ウルトラセブン危し!!)実はしば漬けは以前に一度漬けた事がある。近くに出来た Bio (低農薬、無農薬ものを扱う店)に梅酢があったので、それで漬けて見た。ところが、なんかしまらない味。茄子の水気が絞

  • 漬けた

    なんだか、料理を作らなければならないと思いつつ、やる気の起きないのが結構長く続いていた。そんなある時、ネットで「シンプルしば漬け」のレシピを見つけたのである。材料も茄子、紫蘇、塩(もう一つ何かあった気がする)とシンプル。先日、バーベキューで他の日本人たち

  • モーリッツブルグに飛べ!

    ご無沙汰していました。ちょっと体調を崩していた、と言うほどではないのですが。昔読んだ新聞のコラムで、「春眠暁を覚えず」とか言うけれど、春は草花の成長に身体がついて行かず、それで眠いとか、書いてありました。今回もまた、そんなかと思っていましたが、どうやらほ

  • 契約しに

    昨日は今月29日から始まる(オープニング28日)個展の件でライスニッヒと言う町のミルデンシュタイン城に行って正式に契約書を交わしてきました。日本にいるころは、こちらは契約社会と言って、何かにつけてすぐに契約書を交わす、とか思っていて、来た頃には、「ああ、やっ

  • 個展の準備

    今日は個展で展示する絵のパスパトゥアを切ってもらいに Bösner に行ってきました。ドイツでは Bösner と Gerstecker と言う画材2大チェーン店があります。Bösner の方が Gerstecker よりちょっとだけ専門家向きと言う印象。ドレスデンには二つともあるのですが、 Bös

  • 僕らのヒーロー 完結編

    前回までのあらすじ中田先生は激昂すると黙って掃除を始める人だった。ある日僕が放課後一番乗りで部室に行くと黙って掃除をしている中田先生の姿があった・・・話は少し時間を遡る。美術室に備品として新しい霧吹き器が幾つか届けられた。早速水鉄砲合戦が始まった。それは

  • ホームページ 新装開店

    イースター休暇と言うか、イースターの週も終わりました。以前はイースターと言うか、受苦日(イースター前の金曜日)が近づくのが楽しみでした。と言うのも僕は受難曲マニアでシュッツガルトで学生をやっていたときにはお金と時間が許す限り受苦日やその前後に演奏されるいろんな受難

  • お知らせとお詫び

    家族がイースター休暇でうちに居ない間にちょっと集中してやることがあるので、ブログもお休みさせて頂きます。特に前回のこの記事とかさらに続きがあるのですが・・・と言っても、今週末には再会すると思います。それと、ここの記事で受苦日前の木曜日を Gründonnerstag か

  • 続・われらのヒーロー

    前回の記事はもう長いことブログを再開したら書こうと決めていたのだけれど、書いたり遂行したりしているうちに「俺は中田先生のことを書いて何が言いたいのだろう。中田先生のことを知らない人に何の意味があるのだろう」とか考えて(僕は優柔不断なせいなのか、長いこと「

  • Lukaskirche その2

    演奏した曲はオリジナルは3本のガンバの為に書かれた、コントラ・プンクト、コントラ・プンクトした作品群の中から上声部をそのままリコーダーで吹ける曲を。僕は真ん中の声部をアルト・ガンバで弾きました。(写真に写ってるのはこの教会の牧師さん)バッハは合奏とかでチェ

  • Lukaskirche

    昨日は「嘆きの木曜日」と言う教会の行事・礼拝の音楽演奏で聖ルカ教会へ (写真はカメラに納まりきらなかったので、画像切り合わせ)ここの教会はまだ学生やってる頃やはり受苦日に催されたバッハのマタイ受難曲を聞きに来て以来。マタイは教会自前の合唱団でやったのだと

  • われらのヒーロー

    東京のゲーテ・インスティテュートでドイツ語を勉強していたときに知り合った娘から聞いた話。ある教室で先生が「あなたたちのヒーローは誰か」と質問したところ、それはやっぱウルトラマン、がしかし、ウルトラマンのマンは、男 (Mann) なのか人間 (Mensch)なのか生徒たちが

ブログリーダー」を活用して、いわい やすしさんをフォローしませんか?

ハンドル名
いわい やすしさん
ブログタイトル
独逸岩井泰的絵画音楽活動日記
フォロー
独逸岩井泰的絵画音楽活動日記
カテゴリー一覧
商用